白い巨塔 村上弘明。 白い巨塔2019のミスキャスト俳優は誰?ひどい演出とBGMでつまらない評価?

白い巨塔の歴代キャスト比較 財前や里見、ケイ子や東佐枝子に鵜飼、大河内教授役の俳優は?

白い巨塔 村上弘明

と大野木オフィスの共同製作。 全2話。 の小説『』を映像化した作品の1つ。 テレビ朝日による映像化作品としては、NETテレビ時代に連続ドラマとして放送された(全26話)以来となる。 本放送翌年の1991年に、テレビ朝日が関東ローカルの新春特別企画として本作のを行ったことがある。 また、にあるでは本作の視聴が可能である。 詳細は「」を参照• 花森ケイ子: - (財前五郎の愛人。 バー「アラジン」のホステス)• 東佐枝子: - (東貞蔵の娘)• 里見三知代: - (里見脩二の妻)• 財前杏子: - (財前五郎の妻)• 関口弁護士: - (原告側弁護士)• 河野弁護士: - (被告側弁護士)• 船尾教授: - (東都大学教授)• 菊川教授: - (能登大学教授)• 今津教授: - (第二外科教授)• 葉山教授: - (産婦人科教授)• 野坂教授: - (整形外科教授)• 大河内教授: - (病理学科教授)• 河合教授: - (小児科教授)• 佐々木庸平/安田太一: - (胃癌患者)• 佐々木よし江: - (佐々木庸平の妻)• 岩田重吉: - (浪速医師会長)• 亀山君子: - (第一外科病棟婦長)• 亀山君子の夫:• 加奈子: - (バー「アラジン」のホステス)• 裁判長:• : - (第一外科医局員・佐々木庸平の担当医)• ナレーター/ニュースを読むアナウンサー:• 財前又一: - (財前産婦人科院長・財前五郎の義父)• 鵜飼医学部長: - (浪速大学医学部長・第一内科教授)• 、、、、、、、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 原作:• 脚本:• 監督:• 音楽:• 選曲:• 医事監修:岡田英彦• 法律監修:鈴木俊光• 助監督:河村毅• 技術協力:、• 制作協力:• プロデューサー:大野木直之、大野秀樹、稲垣健司• 制作:テレビ朝日、大野木オフィス 原作、1978年版との主な相違点 [ ]• 原作に登場する東教授夫人・政子、里見の兄・清一、病院長で大阪市議会議員の鍋島貫治、国平弁護士、佐々木庸平の弟・信平、近畿がんセンター病理室長の都留利夫、早期患者の山田うめ、野田薬局の一人娘・野田華子は本作には登場しない。 また、財前の子供も一人息子の設定となっている。 原作では財前の海外出張先はドイツになっているが、本作ではアメリカに変更されている。 里見が浪速大学退職後、近畿がんセンターに再就職できた理由は、原作では「大河内教授の尽力」となっているが、本作では「東前教授の尽力」に変更されている。 原作では里見と三知代との間の子供は男の子となっているが、本作では女の子に変更されている。 原作では実在の「」・「」・「」となっているが、本作では架空の「能登大学」・「睦大学」・「房総大学」に変更されている。 東教授が財前の手術の執刀をする場面で、癌転移を見つけた時の病状が原作およびでは肝転移による手遅れとなっているが、本作では墳門部への転移と腹膜播腫による転移に変更されている。 脚注 [ ].

次の

白い巨塔(令和)の昭和・平成の歴代キャストを比較!それぞれの内容の違いも調査!

白い巨塔 村上弘明

白い巨塔ってどういう作品? 「白い巨塔」は、社会派の作家・山﨑豊子さんの小説です。 大学病院を舞台に、医学界の腐敗を批判した小説で、「サンデー毎日」に連載されていました。 山崎豊子が若い頃大学病院を受診して外来Drから「こんな軽い症状で大学病院受診するな帰れ帰れ」と酷い扱いをされたのがきっかけで膨大な取材の後に完成したのが白い巨塔だとか。 不快な体験をもとにこれだけの作品を生み出せてしまうのは天才 — つねぴー tsuneeet 原作は、今も名著として読み継がれています。 筆者もこの作品で「象牙の塔」などの言葉を覚えました。 財前悟朗も出世欲が極端に強い人物。 もともとは父を早くに亡くし、母の内職と父の遺産、篤志家(社会・慈善活動を支援する人)の支援で医学部に入学した、苦学生でした。 猛勉強の末に医師となった財前五郎。 恩人の知りあいで大阪医師会の実力者・財前又一に認められ、財前家に婿入りし、出世の道をみいだします。 社会的に地位のある人物や有名人の執刀医を務め、マスコミなどを利用し、知名度を高めます。 そして、教授のポストを巡った、権力争いをくり広げていくことになります。 財前悟朗は、義父のバックアップをうけ、政治工作をおこなっていきます。 三つ巴の第1回投票を辛くも勝ち抜き、決選投票でも勝ちを収めます。 権力争いは当然組織につきものですが、派閥が勝利するために調略を繰り返せば、組織は崩壊していきます。 財前五郎は誤診がきっかけで医師としての信用を失ってしまいます。 自身の病気により医師の仕事からは離れる財前五郎。 かつて権力を欲しいままにした彼の傍にいたのは、かつての学友である里見だけで…。 思いっきりざっくりまとめてしまいましたが、50年以上も映像化されてきた「白い巨塔」。 それぞれに時代に即したアレンジがされてきました。 半世紀の間に、医療もずいぶん進歩しましたしね。 令和版にもかなりのアレンジが加えられるはずです。 財前五郎にはモデルがいた! 浪速大学にはモデルがあり、財前五郎のモデルとなった人物も存在するといわれます。 モデルの1人は、作者・山崎豊子さんの主治医でもあった、大阪帝国大学の教授で、外科医の神前五郎さんだそうです。 もちろん、権力争いに身を投じていたわけではありません。 名前や肩書という骨格を借りただけで、神前五郎先生は敏腕で人格者でした。。 国立浪速大学も、国立大阪大学医学部がモデルとされています。 しかし、作者自身が複数の大学をモデルにしたと明言しています。 特定の大学がモデルではないようですが、財前五郎のような性格で食道癌の権威だった教授が、千葉大にいたといわれます。 モデルは千葉大という説もあるそうです。 現在はともかく、以前の千葉大は医学部内での権力争いが激しかったそうなんです。 衝撃的な内容だっただけに、さまざまな憶測を呼びました。 スポンサーリンク キム・ミョンミンさんは、芸術肌の俳優さんだと聞いています。 唐沢平成版にはかなわなかったとの批評がありますが、なかなかの迫力だったそうです。 岡田准一 こちらはもう説明の余地もないと思いますが…。 出典:excite. jp 財前五郎が呪われた役と言われるのはなぜ? 財前五郎という役は呪われている。 こんな都市伝説をきいたことがありませんか。 たぶん、シニアの方ならご存じだと思います。 1977年11月、田宮二郎さんからの強い働きかけで実現したドラマ化。 しかし、田宮二郎さんは当時心を病んでいました。 役柄に意欲的に挑んだものの、私生活は荒れていました。 債権や不動産をめぐるスキャンダルや、撮影現場での不遜な態度など、田宮二郎さんと財前五郎は、二重写しに感じられたと言います。 最期のシーンには、3日間絶食して病人になりきり、自分で遺書を書いて台本に加えさせたそうです。 壮絶な絶命シーンが放映までもう少し、という時。 田宮二郎さんは自死してしまったのです。 役に入り込みすぎていた、あるいは心の病のため、借金などのトラブルのため、など諸説が乱れ飛んだといいます。 皮肉なことに、「白い巨塔」最終回は31. 4%の視聴率を記録したそうです。 田宮二郎さんは、まだ43歳でした。 40年も前のことです。 今なら、心の病にも理解が深まり、治療も進んでいますから、ショッキングな事態にはならなかったと思います。 「財前五郎」はいわく付きの役柄、呪われている、などと騒がれてしまったわけです。 令和版白い巨塔の視聴率は? 第1夜 12. 5% 第2夜 11. 8% 第3夜 12. 2% 第4夜 13. 5% 第5夜 15. 2% 録画してご覧になる方が多いと思いますので、ご考慮ください。 やはり注目の作品になりましたね。 平成版・唐沢寿明さんの白い巨塔全21回の平均視聴率は23. 放送スタイルが特殊なので、簡単には比べられませんが、賛否両論のようです。 — いぬぬ inunu10000 白い巨塔に都市伝説をぶつけてくるんだもんなあ明日・・・ — Erie DCTNKDC ファン目線で観ても、今夜の市川実日子さんは可愛くて賢くて強かな女医役で、日本酒セクシーに飲んでて、実弾にちょっとビックリしてて、本棚越しに会話しているところも最高オブ最高でした。 どなたか存じませんが、キャスティングしてくださって有難うございます。 — やたか yataka28 の第2話観た。 めちゃくちゃ面白いぞ!! 岡田財前はとにかく弱い、今どきの男性像。 傷つきやすく大人になれない。 寺尾東教授に対して、まるで父親を求めているようにも見える。 不器用で卑小で、どうしようもなく感情的で脆いが、そこに魅力がある。 すっかり肩入れしてしまった。 しかしとにかく今作の財前の「体幹めっちゃ鍛えてる動作の数々」に目がいってしまう(笑)!白衣の上からでも尋常でない鍛え方が伝わる…これはこれで確かに筋肉は嘘つかないのであった。 そうじゃない。 財前はどれだけ性格に難はあっても有能なのだ。 しかしその有能な人間が、たった一つの嫉妬によって医療ミスしてしまうってのが、人間の業と醜さを描き出してるんじゃないか。 物語の本質をまったく捉えられてない。 筆者は10ヶ月ほど前に乳ガンの手術を受けましたが、普通にPET検査受けました。 ガンが見つかったら必ず受ける検査だと説明されました。 ガンが見つかっていれば、保険が適用されます。 ガンに関する記事を書いたときに調べましたが、ガンが見つかった患者さんは、必ず受けるということ。 まして、すい臓ガンであれば、検査しないはずがないし、入院患者だからと言って病院持ちだしの検査になるはずがありません。 入院したときの請求書を見ても、検査した項目はそれなりに請求していますし。 PET検査は少し時間がかかりますが、患者に苦痛もなく、もともとしないはずのない検査だとされていますが…。 原作の時代にはなかった検査ですから、今回の脚本で入ったのでしょうが、無理があるな、という感じがしました。 白い巨塔、医者になってから観ると財前は性格にちょっと難があるだけで医者としてはまともで、里見先生がヤバ医者であることに気づく — チー太郎 精神科医 n5dhBKCHJEcOAzR えっ、そうなんですか!? 白い巨塔を見ていての違和感は、「先人たちの努力」が全てすっ飛ばされたまま、舞台だけ現代にしているところ。 現場ではあんなにお金飛び交わないし、チーム制が普通になって一人の治療方針に口出しできないというのもないし、医療ミスで個人だけを責めるのも常識ではなくなった。 — Dr. 奥方の美智代さんがくれない会から圧力を受け、裁判に行くなら家を出ると告げられていた事。 それでも出廷する確固たる決意、信念。 ここをカットしてはいけなかった気がします。 とても残念です…。 — ふなふな funachan6817351 なるほど。 医療の進歩と、5夜にむりやり詰め込んだ感が不評の正体のようですね。 財前の品性下劣コッテリ演技にはリスクが伴う。 怖気付いて尻込みする俳優もいるが、 は勇気ある筋金入りの役者だから嫌らしい演技も潔く出す。 VS もスリリング。 との冷え切った関係もヒリヒリ辛い。 ! の頃を思うと隔世の感がある。 時は流れゆく — 戸髙正啓 dylan9dylan9 これも確かに言えそうです。 やはり、魔の役柄なんですね。 今夜は、ドクターXネタが多いように思います。 やはり、現代に財前五郎を持ってくるには無理がありましたか? やっぱり5日間で白い巨塔をやるというのは無理があったのかな。 ダイジェスト版みたいで、あの人間の欲と傲慢さが渦巻くドロッドロした、人間誰もが持ってる醜さとかがイマイチ伝わってこない。 — チョコチーノ HarmonyReiwa なるほどなー。 今回の五郎ちゃんは、弱くてずるくてダメな子で、なのに天才的な腕を持ってしまったゆがみという、そういう解釈なんだなあ。 その弱さを知って認めてそれでも好きでいてくれるのが、里見先生しかいない、という孤独。 教授の権力も当時ほどではない。 何より医療過誤が起こりにくいシステムができあがっている。 医師の姿勢も違う。 裏を返せば少しづつ少しずつ、治せるようになっているんだなあっていう……。 お医者さんたち凄いよね……。 医療裁判の場面 ・財前教授「私は患者に真摯に向き合った」(どうみても嘘) ・財前一味「そうだ!財前教授に罪はない」 ・里見「どうして嘘をつくんだ。 医者として恥ずかしくないのか」 ・財前一味「嘘というなら証拠を出せ!」 国会を観てるようだった — Dr. ナイフ knife9000 個人的に岡田版で一番グッときたシーンは財前が里見に「お前だったら誰に切ってもらう?」と尋ねて「俺だったら、お前に切ってもらう」って言われた時の財前のお顔 — 蘭子 madokaranko 個人的に岡田版で一番グッときたシーンは財前が里見に「お前だったら誰に切ってもらう?」と尋ねて「俺だったら、お前に切ってもらう」って言われた時の財前のお顔 — 蘭子 madokaranko 『』最終話まで観て 小説も田宮版も唐沢版も、終わり方がパセティックで乾いていたが、岡田准一版はもっとも情にあふれウェットで、これも良かった。 医療過誤訴訟の行方や財前自身のがん治療の経過は従来と違っていたけど、悪くはない。 全体的に、人間と医療への信頼と希望がにじんでいた。 — Tatsuhisa tatsuhisa33 五夜連続ドラマ 「白い巨塔」 良かったですね!! 最後の、財前さんがお母さんに電話するシーン。 息子の病状を知った上で、 「母さんに会いたいな。 岡山に帰りたい。 」って、 電話越しに息子から言われる母の気持ちを考えて、号泣した。 岡田財前がミスキャスト? んなこたないね。 背が低いとかどうでもよくね? — みっきぃ PokemonG🇯🇵Red Mickey MickeyPokemonGo どうやっても過去作と比べられる 例え2時間で納めようが2クール以上使おうが、異なる部分も近い部分も悪しように言われるおそれがある そんなことはきっと百も承知でこの作品に臨んだスタッフ・キャストに敬意を表したいです 5日間じっくり楽しませていただきました お疲れ様でした! 今回はそれ以上に、里見に宛てた遺書という側面が。 自身の診断画像を裏紙に、ままならない筆跡で。 最期に「自分のため」を離れた医療への志に触れ、涙が止まらない・・・この二人だからこそのエンディングで、前作と一線を画す。 テレビ朝日にとっては大きな賭けだったわけです。 市川実日子さんの野坂教授の登場がアクセントになったと思われます。 ただ、皆さんご指摘のように、白い巨塔を例えば15年後にリメークするのは難しいでしょうね。 すい臓癌以上に見つかりにくく、治りにくい癌もないようですし。 現代に移し替えての医療ドラマという難しいチャレンジ、最終的には大成功だと言っても良いのではないでしょうか。 白い巨塔・財前五郎のモデルと6人の主役まとめ• 白い巨塔の主人公や浪速大学にはモデルがあると言われている。 財前五郎を演じた役者は6人いる。 唐沢寿明の平成版は人気で、岡田准一の令和版も話題だ。 田宮二郎の昭和版には都市伝説があり、呪われた役と言われたこともある。 白い巨塔は、当時の大学医局の問題を脚色して追求した小説です。 あまりにも肉食系の医師たちは、現代人には理解できないものかもしれません。 それが令和版でどう表現されるのか。 あまりにも大きな作品。 これからも繰り返し映像化されるのかもしれませんね。 岡田准一さん・白い巨塔の記事を書いています。 よかったらお立ち寄りください。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

白い巨塔の歴代キャスト比較 財前や里見、ケイ子や東佐枝子に鵜飼、大河内教授役の俳優は?

白い巨塔 村上弘明

と大野木オフィスの共同製作。 全2話。 の小説『』を映像化した作品の1つ。 テレビ朝日による映像化作品としては、NETテレビ時代に連続ドラマとして放送された(全26話)以来となる。 本放送翌年の1991年に、テレビ朝日が関東ローカルの新春特別企画として本作のを行ったことがある。 また、にあるでは本作の視聴が可能である。 詳細は「」を参照• 花森ケイ子: - (財前五郎の愛人。 バー「アラジン」のホステス)• 東佐枝子: - (東貞蔵の娘)• 里見三知代: - (里見脩二の妻)• 財前杏子: - (財前五郎の妻)• 関口弁護士: - (原告側弁護士)• 河野弁護士: - (被告側弁護士)• 船尾教授: - (東都大学教授)• 菊川教授: - (能登大学教授)• 今津教授: - (第二外科教授)• 葉山教授: - (産婦人科教授)• 野坂教授: - (整形外科教授)• 大河内教授: - (病理学科教授)• 河合教授: - (小児科教授)• 佐々木庸平/安田太一: - (胃癌患者)• 佐々木よし江: - (佐々木庸平の妻)• 岩田重吉: - (浪速医師会長)• 亀山君子: - (第一外科病棟婦長)• 亀山君子の夫:• 加奈子: - (バー「アラジン」のホステス)• 裁判長:• : - (第一外科医局員・佐々木庸平の担当医)• ナレーター/ニュースを読むアナウンサー:• 財前又一: - (財前産婦人科院長・財前五郎の義父)• 鵜飼医学部長: - (浪速大学医学部長・第一内科教授)• 、、、、、、、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 原作:• 脚本:• 監督:• 音楽:• 選曲:• 医事監修:岡田英彦• 法律監修:鈴木俊光• 助監督:河村毅• 技術協力:、• 制作協力:• プロデューサー:大野木直之、大野秀樹、稲垣健司• 制作:テレビ朝日、大野木オフィス 原作、1978年版との主な相違点 [ ]• 原作に登場する東教授夫人・政子、里見の兄・清一、病院長で大阪市議会議員の鍋島貫治、国平弁護士、佐々木庸平の弟・信平、近畿がんセンター病理室長の都留利夫、早期患者の山田うめ、野田薬局の一人娘・野田華子は本作には登場しない。 また、財前の子供も一人息子の設定となっている。 原作では財前の海外出張先はドイツになっているが、本作ではアメリカに変更されている。 里見が浪速大学退職後、近畿がんセンターに再就職できた理由は、原作では「大河内教授の尽力」となっているが、本作では「東前教授の尽力」に変更されている。 原作では里見と三知代との間の子供は男の子となっているが、本作では女の子に変更されている。 原作では実在の「」・「」・「」となっているが、本作では架空の「能登大学」・「睦大学」・「房総大学」に変更されている。 東教授が財前の手術の執刀をする場面で、癌転移を見つけた時の病状が原作およびでは肝転移による手遅れとなっているが、本作では墳門部への転移と腹膜播腫による転移に変更されている。 脚注 [ ].

次の