危険 な 好奇 心 哲学 ニュース - [B! 怖い話] 【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』:哲学ニュースnwk

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも…“食糧危機の救世主”に意外な危険性

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 車に触りたい 子どもの「好奇心」からくる行動は時に危険…親はどうすべき?(オトナンサー)

自分で思っているより、あなたは頭が良いことを示す13のサイン

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも…“食糧危機の救世主”に意外な危険性

[B! あとで読む] リゾートバイトより怖い話ある?:哲学ニュースnwk

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 「本を書きたい」人が読むブログ:「無用な好奇心」が創造性を育てる

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 [B! 怖い話]

「本を書きたい」人が読むブログ:「無用な好奇心」が創造性を育てる

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 車に触りたい 子どもの「好奇心」からくる行動は時に危険…親はどうすべき?(オトナンサー)

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも…“食糧危機の救世主”に意外な危険性

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 「本を書きたい」人が読むブログ:「無用な好奇心」が創造性を育てる

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 考えるな、悟れ。東洋哲学の「身もふたもない」神髄に迫る入門書

ニュース 危険 心 哲学 な 好奇 日本雑誌協会、改正児童ポルノ法成立に「断固抗議」 「表現規制につながる危険性がある」

日本雑誌協会、改正児童ポルノ法成立に「断固抗議」 「表現規制につながる危険性がある」

父親が家に帰ると家が燃えていたが、子どもたちは「火事」というものを知らず、家の中で遊んでいる。

  • 県警は周辺を走っていた車のドライブレコーダーの映像などから、乗用車が事故の直前、法定速度(時速60キロ)を大幅に超える時速140キロ程度で走行していたとみている。

  • 児童ポルノの単純所持を禁止する改正児童ポルノ禁止法が6月18日、参院で可決、成立したことについて、日本雑誌協会は18日、抗議声明を発表した。

  • しかし著者は、東洋哲学のこのような側面を知識として知ってしまうことはむしろマイナスである、とも書いている。

「死にたい」とつぶやく18歳少女を救った言葉

なんともワクワクさせる話ではないか。

  • 大麻をきっかけに、覚醒剤などより強力な薬物に手を出してしまうケースも少なくない」と指摘。

  • だからその最終回を見た者たちは口々に、「あの登場人物はこんな生い立ちに違いない」「あのシーンの主人公のセリフはこんな意味に違いない」とあーだこーだ議論を重ね、その解釈の違いによって様々な流派が生まれるのだ、という。

  • ネット上では「扇風機を不思議に思った息子が指を突っ込んだことがある」「『動いているタイヤに触りたい』と、走行中の車に向かって駆け出したときはゾッとした」などの驚かされた行動や、「子どもの好奇心を邪魔したくないけど、危険な目には絶対に遭わせたくない」「何がどうして危ないのかを教えるのは難しい」など、子どもの安全を守りながら、好奇心を育むバランスの難しさに頭を抱える親も少なくないようです。

車に触りたい 子どもの「好奇心」からくる行動は時に危険…親はどうすべき?(オトナンサー)

だからお前が後継者だ。

  • この違いを、著者はテレビドラマで喩える。

  • 「やりたくないことはやらない。

注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも…“食糧危機の救世主”に意外な危険性

東洋哲学の場合、テレビドラマは全12話ではなく、最終話しかない。

  • 県内では昨年、大麻取締法違反で40人が検挙された。

  • さて、僕がここで説明してきた話は、本書の中ではほんの十数ページだろう。

  • 日本国内に限らず、イギリスに「Curiosity killed the cat(好奇心は猫を殺す)」といった字面も穏やかでないことわざがあるように、「好奇心」とは、余計なことに首を突っ込むと命の保証はないぞ……と言わんばかりの不吉な響きを伴って伝えられることが少なくないようです。

「本を書きたい」人が読むブログ:「無用な好奇心」が創造性を育てる

まずは西洋哲学から。

  • しかし東洋哲学はそうではない。

  • しかし東洋哲学はまったく違うのだ。

  • 首都圏の大学に通う18歳の女性も「死にたい」とつぶやいたことがある。

「死にたい」とつぶやく18歳少女を救った言葉

先程東洋哲学というのは、「いかに悟るか」という体系にこそ本質がある、と書いたが、この「ウソも方便」もまさにその一環である。

  • 「私、メンヘラだわ」とネットでつぶやくと「私も!」と共感される。

  • DMで「会おう」と誘われることもあったが、行かなかった。

  • 本書ではこう説明されている。

大麻の危険性知って 若者中心に検挙増:紀伊民報AGARA

そうやって、大勢で知恵を振り絞って遥かな高みを目指そうではないか。

  • 乗客4人は空調設備会社の同僚らで国道沿いの飲食店で忘年会を開いた後、タクシーに乗車。

  • タクシーは店の駐車場から国道に出て、中央分離帯の開口部を横切って反対車線に出ようとしていた。

  • 症状としては、湿疹、皮膚炎、皮膚掻痒から結膜炎、気管支喘息、下痢症状など一般的なアレルギー反応と変わりがありません。

注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも…“食糧危機の救世主”に意外な危険性

『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』河出書房新社 飲茶/著 本書で扱われるのは、東洋哲学である。

  • しかし、のちにガラパゴス群島で生物分布の不思議に気づいたのは、好奇心に培われた観察力、収集癖の賜物に違いありません。

  • 「元祖サブカルチャー」は未踏領域への案内人 1960年代後半から70年代にかけて、若い世代の圧倒的な支持を受け、日本においてサブカルチャーという社会現象の始祖的存在となったひとりの粋なじいさんがいました。

  • で、禅を生み出した達磨から数えて五代目である弘忍の元に、慧能という天才がやってくる。




2021 cdn.snowboardermag.com