秒速 5 センチ メートル 主題 歌。 映画「秒速5センチメートル」の主題歌がストーリーにマッチして泣ける!!

秒速5センチメートル : 作品情報

秒速 5 センチ メートル 主題 歌

秒速5センチメートルは、東京の小学校の同級生であった貴樹(たかき)と明里(あかり)の恋愛模様を描いたストーリー。 2人は小学生ながらもお互いに心を寄せていた。 中学も同じ学校へ通うものと思っていた2人だが、明里が親の転勤の理由で小学校の卒業を機に栃木へと転校してしまうことに。 東京と栃木、離ればなれになってしまった2人だが手紙のやりとりをして関係を続ける。 しかし、中学1年の時に今度は貴樹が鹿児島へ転校することとなりさらに距離が遠くなることに。 お互いに思春期を離ればなれで過ごす2人は、成長するにつれ手紙のやりとりも少なくなり、気づかない内に心の距離までも遠くなっていく。 でも、心のどこかで貴樹は明里のことをずっと思い続けていた。 年月は過ぎ、社会人となり東京に再び戻ってきていた貴樹。 いつも見えない何かを求めながらモヤモヤしていた。 その理由は、ずっと心の中で明里のことを思い続けていたからだ。 ある日、小学校時代に明里と登下校で渡っていた踏切を歩いていると1人の女性と通り過ぎた。 貴樹は、すぐに明里だと気づき踏切を渡ったところで後ろを振り向く…。 秒速5センチメートルの主題歌「One more time,One more chance」 秒速5センチメートルの主題歌は、シンガーソングライターの山崎まさよしが歌う「One more time,One more chance」。 秒速5センチメートルの主題歌「One more time,One more chance」は、1997年に発売された音楽作品です 秒速5センチメートルは、貴樹が転校して離ればなれになった明里のことを忘れることができずにずっと思い続けながら成長していくというストーリーです。 途中、貴樹を好きだと思っている女の子が現れたり、お付き合いをする女性が現れますが、いつも貴樹の心には明里の存在がありました。 そんな秒速5センチメートルの物語に主題歌が絶妙にマッチして、ストーリーをより魅力的なものへと昇華しています。 これから作品を観るという方はご注意を。 秒速5センチメートルは3つの章(話)から成り立って1つの作品となっています。 第一話:桜花抄〜小学・中学時代〜 第二話:コスモナウト〜高校時代〜 第三話:秒速5センチメートル〜大人になってから~ 第三話は、「大人になった貴樹と明里が今どのように過ごしているのか」「離ればなれになった貴樹と明里がお互いを思いながら成長してきた過程」の様子が描写されています。 貴樹は大人になった今も明里のことをずっと思い続けていて、それが理由で前を見て人生を進むことができずにいました。 そんな離れてしまった明里のことを思いながら、中学・高校・大学・社会人となっていく貴樹の様子を描写するシーンで、秒速5センチメートル主題歌「One more time,One more chance」が流れ始めます。 この貴樹が明里を思い続ける心情と主題歌の歌詞が絶妙にシンクロし、貴樹のせつなくやるせない気持ちが手に取るように伝わってきます。 ========== この秒速5センチメートルの主題歌「One more time,One more chance」の歌詞を見てみると、一つ一つの歌詞がまるで貴樹の明里への気持ちを表しているかのように感じられます。 「寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに」というフレーズがありますが、貴樹は大人になるまでに何回か恋愛をしています。 こんなにも明里を思い続ける貴樹ですが、大人になったある日、東京の小学校時代に登下校で明里と通っていた踏切を歩いていると偶然に明里とすれ違います。 明里も貴樹に気づいた様子ですが、その瞬間に電車がきてしまい過ぎ去ったころには明里はその場から立ち去りどこかへ行ってしまっていました。 さらに、その時点で明里は違う男性と結婚することが決まっていました。 すでに、明里は貴樹と一緒になることはないんだと思い、違う人生を歩み始めていたのです。 「いつでも捜しているよ どっかに君の姿を」 「いつでも捜しているよ どっかに君の破片を」 「いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を」 この主題歌の歌詞のように明里を思い続けながら思春期〜大人へと過ごした貴樹の心情を想像すると、とっても切なくなってしまいます。 秒速5センチメートルの主題歌は映画用に作られたの? 秒速5センチメートルのストーリーと主題歌の歌詞の内容があまりにもマッチしているので、映画用に主題歌が作られたのかなと思いますよね。 しかし、これはどうやら違うようです。 秒速5センチメートルの映画が制作されたのは2007年。 対して、主題歌の「One more time,One more chance」が公開されたのは1997年です。 このように、映画が制作されるずっと前に主題歌は制作されています。 ですので、秒速5センチメートルの主題歌は映画用に作られたというわけではありません。 秒速5センチメートルのストーリーと主題歌がマッチして泣ける! ここまでは、秒速5センチメートルの主題歌についてご紹介をしてきました。 秒速5センチメートルは1つの作品が三部構成となっており、第三話「秒速5センチメートル」の中でずっと明里を思い続けて来た貴樹の様子が描写されます。 このシーンの主題歌の「One more time,One more chance」の歌詞がシンクロして、とにかく切なくなります。 ぜひ、こんな部分にも注目しながら秒速5センチメートルを改めてご覧になってみてください。 秒速5センチメートルの関連記事.

次の

秒速5センチメートル

秒速 5 センチ メートル 主題 歌

秒速5センチメートル 5 Centimeters per Second a chain of short stories about their distance 監督 脚本 新海誠 原作 新海誠 製作 伊藤耕一郎 製作総指揮 川口典孝 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 新海誠 編集 新海誠 制作会社 製作会社 新海クリエイティブ コミックス・ウェーブ・フィルム 配給 コミックス・ウェーブ・フィルム 公開 2007年3月3日 上映時間 63分 製作国 言語 興行収入 1億円 『 秒速5センチメートル』(びょうそく5センチメートル)は、のによるの。 配給は。 『』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品にあたる。 題意は「のが舞い落ちる速度」。 新海が監督・原作・脚本・絵コンテ、および演出までを手掛けた劇場作品で、惹かれ合っていた男女のとによる変化を「桜花抄」、「コスモナウト」、ならびに「秒速5センチメートル」という短編3話の連作構成で描く。 全63分。 連作短編という構成について新海は、「最初に脚本として小説的なスケッチをいくつか書いてみたのですが、そのうちの3本をピックアップしたときに、登場人物がひとつにつながるなと思ったんです。 そこで連作という形にしました。 」と述べている。 「」やイタリア・「ランチア・プラチナグランプリ」などの映画賞を受賞した。 キャッチコピーは、 どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。 概説 [ ] 公開に先立ち、「」会員ならびに「」会員限定サービスとして、2007年、2月16日から3日間にわたって第1話「桜花抄」の無料配信が行われた。 3月3日に公開。 渋谷シネマライズを皮切りに、日本全国の単館系劇場で順次公開されることとなった。 6月にはにおける劇場配給権、化権、および放映権の獲得をが発表。 劇場公開中のアニメ映画のライセンス化がこのように日本国外で発表されるのは珍しいことであった。 、、およびの共同運営によるのを同年に受賞。 さらにイタリアのにて最高賞にあたる「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞した。 7月にからが 、翌2008年には版が発売された。 さらに初回限定生産という形式ながら、版も発売された。 刊『』誌上で新海自身の筆による同作のも連載され、2007年9月に『小説 秒速5センチメートル』として単行本化。 2010年には作画の漫画版『秒速5センチメートル』が『』()誌上で7月号より連載開始。 翌2011年5月号にて完結、全2巻の単行本となった。 による小説版『秒速5センチメートル one more side』()も同年に発売。 2012年には17刷のロングセラーを記録していた『小説 秒速5センチメートル』がから文庫化 、2016年には角川文庫からも発売された。 劇場公開7周年を迎えた2014年には、第1話「桜花抄」での遠野貴樹と篠原明里の最後の逢瀬の日付にあたる3月4日から2日間にわたり、監督・新海誠の上で各種制作資料が公開されるなどしている。 には、新海誠特集と称して同監督の『』に続いて3月16日に系列で地上波放送された。 ストーリー [ ] 物語は前半ごろのの小学校を舞台に始まる。 桜花抄(おうかしょう) 「桜花抄」の舞台、映画のポスターにもなった前 東京の小学校に通う遠野貴樹と篠原明里は精神的に似通っており、互いに「他人にはわからない特別な想い」を抱き合っていた。 クラスメイトたちのからかいを受けながらも一緒に時間を過ごすことが多かった2人だが、明里の父親の仕事の都合で小学校卒業と同時に明里はへ転校してしまい、それきり会うことがなくなってしまう。 貴樹が中学に入学して半年が経過した夏のある日、栃木にいる明里から手紙が届く。 それをきっかけに文通を重ねるようになる2人。 しかし中学1年の終わりが近づいたころ(1995年)に、今度は貴樹がへ転校することが決まった。 鹿児島と栃木では絶望的に遠い。 「もう二度と会えなくなるかもしれない……」そう思った貴樹は、明里に会いに行く決意をする。 約束をした3月4日、関東では大雪となり、貴樹の乗った列車は途中で何度も長い時間停車する。 さらに、からへの乗り換えののホームで、明里に渡す手紙を風に飛ばされ紛失してしまう。 貴樹には、遅れている列車をホームで待っていたり、停まった列車の中で運行再開を待っていたりすることしかできず、時間だけが流れていった。 深夜になって、ようやく貴樹は待ち合わせのに到着する。 人気のない待合室で明里は待っていた。 貴樹と明里は雪の降る中、桜の木の下で唇を重ね、近くの納屋の中で寄り添って夜を明かした。 翌朝、明里は駅で「貴樹くんはきっとこの先も大丈夫だと思う」と言って貴樹を見送った。 明里も手紙を用意していたが、貴樹に手渡せなかった。 貴樹は走り去る列車の中、彼女を守れるだけの力が欲しいと強く願いながら、いつまでも窓の外の景色を見続けていた。 コスモナウト 「コスモナウト」の舞台となったの 1999年、 の高校3年生・澄田花苗は、中学2年の春に東京から転校してきたクラスメイトの貴樹に恋をしていたが、その想いを伝えられずにいた。 しかも、卒業を間近に控えながら自身の進路も決められず、趣味のでも波の上に立つことができないというスランプに陥っていた。 しかし、一つずつできることからやると決めてサーフィンに挑み、ついに波の上に立つことができた。 今を逃せば二度と気持ちを打ち明けられないと思った花苗は、秘めていた自身の想いを貴樹に告げようと決心する。 しかし、想いを告げようとした瞬間、貴樹から無言の圧力を感じた花苗は告白することができず、貴樹のやさしさを悲しく思いながら帰り道に泣き出してしまう。 そしてその時、2人の後ろで打ち上がったロケットを見た花苗は、貴樹が自分のことなど見ておらず、ずっと遠くにあるものを見つめているのをはっきりと悟るのだった。 結局その日の帰り道、花苗は何も言えずに告白を諦めてしまう。 そして彼女は貴樹への想いが一生報われなくても、それでもなお彼のことがどうしようもなく好きだという想いを胸に、泣きながら眠った。 秒速5センチメートル 東京で社会人となった貴樹は高みを目指そうともがいていたが、それが何の衝動に駆られてなのかはわからなかった。 ただひたすら仕事に追われる日々。 3年間付き合っていた女性からは「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と言われ(2008年2月2日) 、自身の心が彼女に向いていないことを見透かされてしまう。 貴樹も自分自身の葛藤から、若き迷いへと落ちてゆき会社を辞める。 貴樹の心はあの中学生の雪の夜以来ずっと、自身にとって唯一の女性を追い掛け続けていたのだった。 2008年3月 のある日、貴樹はふと桜を見に外に出かける。 小学生時代に毎日通っていた場所だ。 踏切に差し掛かかると前方から一人の女性が歩いてくる。 踏切内ですれ違う瞬間、2人は何かを感じ取る。 踏切を渡り立ち止まり、貴樹と彼女がゆっくりと振り返った瞬間、の急行列車が2人の視界をふさいだ。 列車が通り過ぎると、そこに彼女の姿はなかった。 しかし、貴樹は何かを決心したように笑みを浮かべながら静かに歩きだした。 主な登場人物 [ ] 遠野 貴樹(とおの たかき) - 「桜花抄」「秒速5センチメートル」の主人公。 家族は両親のみの一人っ子。 小学3年生の春に、(小説版・漫画版ではから)の小学校に親の仕事の都合で転校してきた。 その1年後の春に、同じクラスに転校してきた明里と初めて出会う。 ともに親が転勤が多く転校続きであったこと、体が弱く(漫画版ではの発作を起こしている描写がある)、外で大勢と遊ぶよりもで本を読むことが好きだったことを共通点として親しくなる。 性格は大人しいタイプだが、クラスメイトに自分との仲をからかわれて泣き出しそうになっていた明里を堂々と助けた。 種子島では、地球ではない上で明里に似た女性と2人でいる夢をよく見ていて、宛先のない携帯メールを入力しては送信することなく消す行為を繰り返していた。 中学1年時は部に、高校時代は部に所属。 結局、明里への想いを引きずり過ぎたために他の女性と付き合っても破局を迎え、淡い想いも消えて行くことで物語は終わりを告げる。 貴樹の片想いではなく、幼いながらも両想いの仲であった。 貴樹と同じく家族は両親のみの一人っ子。 小学4年生の春に、(小説版・漫画版ではから)世田谷に親の仕事の都合で転校し、貴樹と同じクラスになる。 貴樹と同じくこのころは身体が弱く、外で遊ぶよりも図書館で本を読んでいることを好んでいた。 そのため貴樹と親しくなるが、内向的な性格ゆえにクラスメイトに貴樹との仲をからかわれても受け流すことが出来なかった。 そんな自分を常に守ってくれる貴樹に対して淡い恋心を抱く。 父親の仕事の都合で小学校卒業と同時に栃木へ転校する。 中学時代に部活をしているが、どの部活かは明らかにされていない(小説版・漫画版では部とされている)。 「秒速5センチメートル」では貴樹への淡い想いを断ち切り、彼ではない別の男性と結婚する。 澄田 花苗(すみだ かなえ) 声 - 「コスモナウト」の主人公。 3年1組12番に在籍(小説版では3組)。 貴樹と種子島の中学で同じクラスになった少女。 身長158センチメートル。 家族は両親と、自身が通う高校の教師の姉(声 - )が1人いる。 中学2年生の春、東京から転校してきた貴樹に他の男子とは違う雰囲気を感じ取り、恋心を抱くようになる。 高校も貴樹と同じ場所にいたい一心で必死に勉強して合格を果たした。 高校では貴樹が部活を終えるのを待って一緒に下校する間柄になったが、3年生になるまで告白することはできなかった。 内面に情熱を秘めるタイプで、一途に貴樹を想い続けている。 自分の将来が定まらないことに不安を感じ、得意のサーフィンでもずっと波の上に立てないというスランプ状態に陥っていた。 自信を取り戻し、再び波の上に立てるようになったとき貴樹に告白しようと決意していたが、波に立てた当日、彼からの拒絶の態度を感じ取ってしまい、結局告白には至らなかった。 貴樹が自分では届かないような高みを目指しているのを確信しながらも、この先もずっと自分は貴樹のことを愛し続けるだろうと思うほどの一途な少女である。 しかし新海小説版では、雨の日のロケット運搬があった夜に見た夢の中で、今の姉と同じ年齢になった頃には、貴樹への恋は過去のものであると認識している描写がある。 一方、漫画版では、成人後も貴樹への想いを断ち切れずにいる様子が描かれている。 なお、新海はインタビューで「花苗は強い女性として描いた」と述べている。 水野 理紗(みずの りさ) 声 - 貴樹と3年間付き合っていた女性。 貴樹の退職などの理由もあり、「1000回にわたるメールのやり取りをしたとしても、心は1センチほどしか近づけなかった」と最後のメールに綴って破局した。 制作スタッフ [ ]• 監督・脚本・原作・・・・・・・・ワーク・:• 作画監督・キャラクターデザイン:• 美術:・• 音楽:• アフレコ演出:• 主題歌:「」()• 1996年にリリースされた山崎の初期代表作で、監督の新海が「大学時代によく聴いていた、一番好きな曲」。 映画公開に伴い、作中のシーンをジャケットとミュージックビデオに起用したCDシングル「One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」がリリースされている。 挿入歌:「」(第2話)• 挿入歌:「あなたのための世界」(第2話)• 制作・配給: アニメ版と小説版・漫画版の違い [ ] 小説版・漫画版の基本的な登場人物設定はアニメ版と差異がないが、登場人物それぞれの細かい行動等に若干の違いがある。 『小説・秒速5センチメートル』ではアニメ版と同様、主人公視点が1話・貴樹、2話・花苗、3話・貴樹となっていたのに対し、『one more side』では1話・明里、2話・貴樹、3話は明里・貴樹の両方の視点から描かれている。 アニメ版では高校3年時の貴樹のクラスは不明、花苗は1組だが、『小説・秒速5センチメートル』では貴樹が1組の進学組、花苗が3組の商業科に在籍している(なおアニメの絵コンテでは花苗が3組となっており、『秒速5センチメートル』の作画アプリでも同様)。 「桜花抄」終盤で2人が互いに「渡そうとした手紙」はアニメ版では全文が見えずに内容が不明だが、小説版・『one more side』版・漫画版ではそれぞれの手紙の内容が書かれている。 花苗から貴樹への告白について、アニメ版では貴樹が乗る飛行機を見送る際に「言えなかった『好き』という言葉も」という歌詞が被せられており告白の有無は不明だが、新海小説版・漫画版ではどちらも空港で見送る際に貴樹に告白をしている。 なお、『one more side』版では告白の描写はない。 水野理紗に関する設定が、小説版・漫画版のいずれもアニメ版に比べて非常に細かくされている。 漫画版のみ貴樹から理紗と呼ばれている。 なお、前述の兄がいるという設定は『one more side』版のみである。 漫画版がストーリー上最もオリジナル要素が強く、花苗と貴樹の中学での出会いから高校と描写が細かくなっている。 また、アニメ版の3話に相当する部分から大幅にアレンジがなされ、さらに本編が終了した後に初恋の相手である貴樹への想いを引きずったまま成人した花苗の完全オリジナルストーリーが組み込まれている。 備考 [ ] 秒速5センチメートル• 意味するところは、あるいはを思わせもする「舞い散る桜の花弁」が地面に向かって落ちゆく速度。 a chain of short stories about their distance• 本作のサブタイトルであり、日本語に訳すと「彼らの距離についての連続した短編」となる。 「桜花抄」「秒速5センチメートル」に登場。 作中では、貴樹と明里の待ち合わせ場所が当路線のである。 この駅を選んだ理由について監督の新海は、「中学生が一人で行くには遠く、大人にとってはたいしたことがない距離で北関東をイメージし、訪れた雰囲気で決めた」と述べている。 作中では、の列車が使用されている。 深宇宙探査機「ELISH(エリシュ)」• 「コスモナウト」「秒速5センチメートル」に登場。 (宇宙開発事業団、現)によって作られたとされる架空の。 にで打ち上げられ、太陽系内を通過後、太陽系外の深宇宙を探査するための探査機。 打ち上げ日時は1999年9月16日(金)18時55分 - 19時5分。 打ち上げ予備期間は 1999年9月12日 - 12月22日。 漫画版では、「の大気の調査を行ない、では解明されなかったデータを多く地球に送った」とされている。 チョビ・ミミ• 作中で登場する2匹の猫。 作中では回想でチョビのみが登場し、ミミは名前のみ登場。 監督の新海自身、かなりの愛猫家とのことで、他の作品(『』および『』)にも「チョビ」と言う名前の猫が登場している。 コスモナウト• 第2話の題名。 君のいちばんに... 第2話に登場する曲。 日本のバンド「」発表。 花苗の姉が車でかけていたり、花苗が失恋した日にコンビニでかかっていたりした。 草原について 第2話で登場する、貴樹が夢の中で見る草原と、花苗が紙飛行機を飛ばした種子島の草原のデザインは全く同一のものである。 関係の継続をテーマに据えた『』、関係の再現をテーマに据えた『』。 対する『秒速』がそのテーマに据えるは、すなわち関係の遷移、時の流れとともに失われてゆく何かを惜しむ気持ちとの決別、今そこにある幸福を追求することによる過去との決別、これであります。 そうした意味で、これまでの新海作品のなかで最も大人びた、深みを備えた作品にあたるのがこの『秒速』です。 なお、新海は本作について、登場人物たちを美しい風景の中に置くことで「あなたも美しさの一部です」と肯定することにより誰かが励まされるのではないかと思っていた。 しかし、意図と逆に「ひたすら悲しかった」「ショックで座席を立てなかった」という感想がすごく多く、その反省から第3話のラストを補完するかたちで『小説 秒速5センチメートル』 を書いたと述べている。 2 新海誠特集として放送。 3 『』が地上波初放送されることを記念して、『』とともに放送。 4 『』が公開されることを記念して、『星を追う子ども』とともに放送。 5 『天気の子』が公開されることを記念して、翌日の『星を追う子ども』と連日放送。 6 『心霊の窓』騒動 [ ] 2009年、中国の国営テレビ局・が「感動の大作」と銘打ったアニメ『』の放映を開始。 ストーリーや音楽は本作と全く接点がないものの、本作のカットと酷似した描写が作中に多数あり、背景の一部に本作の背景が使用されていたことにより盗作疑惑が持ち上がった。 やがて制作会社にあたる柳州藍海科技有限公司が剽窃の事実を認め、制作を委託していた下請け会社の行為によるものであったとの旨の見解を示すに至っている。 小説 [ ]• 新海誠(著)『小説 秒速5センチメートル』• 単行本(、2007年11月刊)• MF文庫ダ・ヴィンチ(メディアファクトリー、2012年10月刊)• 角川文庫(KADOKAWA、2016年2月刊) また映画公開から約10年となるより原作小説をオーディオブック化した版が配信されている。 朗読は水橋研二、花村怜美、水野理紗が全3話をそれぞれ担当しており、各話ごとに区切った分冊版も配信されている。 新海誠(原作)、(著)『秒速5センチメートル one more side』• 単行本(、2011年6月刊) 漫画 [ ]• 新海誠(原作)、(漫画)『秒速5センチメートル』講談社〈アフタヌーンKC〉、全2巻• 2010年11月22日発売、• 2011年4月22日発売、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2016年9月23日. 2018年8月11日閲覧。 『』 -• 『』 -• 『』 - (ノルウェー語)• 『』 -• 『』 -• 『秒速5センチメートル』公式パンフレット内のインタビュー。 『』 2014年9月9日• 『』 2007年2月5日• 『』 2007年2月5日• 『』 2007年3月1日• 『』 2007年6月23日• 『』 2007年11月14日• 『』 2008年1月22日• 『』 2007年7月20日• 『』 2008年2月7日• 『』 2008年2月23日• 『』 - 公式ウェブサイト• 『』 2010年5月24日 (英語)• 『』 -• 『』 2011年11月17日• 『』 2011年6月22日• 『』 2012年10月25日• 『』 2014年3月7日• HUFFPOSTオリコンNewS 2017年2月27日. 2017年3月10日閲覧。 『』 2007年3月30日 (英語)• アニメイトTV 2013年3月8日. 2013年6月2日閲覧。 『』 2015年4月1日• 『』 2013年2月26日 (ドイツ語)• 2014年2月17日. 2017年2月11日閲覧。 旅と鉄道 増刊12月号『アニメと鉄道』125頁、山と渓谷社、2017年• 「種子島にアニメ聖地の顔 地元コンビニ、作品舞台に」 2015年1月28日。 「中種子町」と明記はないが、作中店舗のモデルとなったコンビニ店が実名で紹介されている。 『』 - ・『』• 『』 『』 2013年5月17日• 『』 2014年4月1日 (朝鮮語)• 『』 2008年3月6日 (英語)• 『』 2008年5月31日 (英語)• 『』 2007年7月24日 2017年3月16日閲覧. 」まで』のインタビュー「観客との対話と共同作業で歩んできた」179頁、、6月• 映画ナタリー 2017年12月31日• 『』 2009年9月2日• 『』 2009年9月5日• Amazon. 2018年12月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2019年11月1日アーカイブ分)• - 新海の個人サイト内のページ。 - 新海の旧個人サイト内のページ。 - (英語)• - 早川恭只、成城大学、成城文藝第240号 2017.

次の

四ノ宮那月(谷山紀章)・一ノ瀬トキヤ(宮野真守) Still Still Still 歌詞

秒速 5 センチ メートル 主題 歌

個人的に新海誠作品で最高傑作認定している「秒速5センチメートル」。 時代背景は1990年代の作品となっています。 秒速マニアを自称する私が感想と考察をこのページで書きました。 秒速5センチメートルについてもっと詳しく知りたい、色んな見解を目にしたい方は最後までご覧ください。 かなり濃密な内容となっています。 自信あり 秒速5センチメートルのあらすじ まずは秒速5センチメートルのあらすじから。 「既に秒速5センチメートル見終わったよ!」という方はあらすじ部分を飛ばして感想部分から読んでください。 第1章 桜花抄 貴樹と明里はともに転勤族という家庭環境。 貴樹は東京の学校に通い始めてから1年後に明里も転入してきた。 家庭環境や性格が近いこともあってか、自然と二人の仲は縮まっていく。 しかし、明里は小学校を卒業するタイミングで栃木へ転校することが決まってしまう。 その後二人は文通を始めるが、貴樹も中学1年の冬というタイミングで鹿児島 種子島 へ引っ越すことが決定してしまった。 焦燥感を覚えた貴樹は、3月に明里に会いに行くことを決める。 1995年3月。 季節外れの大雪により電車は遅延したが無事に2人は会うことが出来た。 雪降る桜の木の下で二人は唇を重ねる。 お互いに手紙を渡すことはできなかった。 第2章 コスモナウト 中学2年より貴樹は種子島の学校に転校する。 別れの時に約束した文通や電話も時間の流れと共に自然消滅。 時は過ぎ1999年。 高校3年生の澄田花苗は貴樹が転校してきた頃 中学2年生 から彼に恋をしていた。 これからの進路や恋にも悩み、趣味のサーフィンでも思うように波に乗れない。 それでも、自分だけでなく貴樹も悩みながら生きていることを知り、気持ちが吹っ切れて告白することを決意する。 ある日二人で帰宅していると、その帰り道で花苗のバイクが故障してしまう。 花苗は告白しようとするが、その瞬間に貴樹が遠い場所を見つめていることを察してしまい気持ちを伝えることが出来なかった。 その晩、花苗はどうしようもできない想いを吐き出すように自分の部屋で泣きじゃくり眠りについた。 第3章 秒速5センチメートル 社会人となった貴樹は東京のIT関連会社でエンジニアとして働いていた。 はっきりとした目標はないものの、高い場所を目指してただ黙々と仕事に励んでいたがついに限界がきて退職を決意する。 東京で3年間付き合った彼女もいたが、「心は1センチしか近づかなかった」というメールとともに別れを告げられた。 貴樹の心がここに無い事を見透かされたかのように。 2008年のある日。 貴樹は小学校時代から馴染みの踏切を歩く。 その時、明里と思わしき女性とすれ違いざまに遭遇する。 踏切を歩き終えた貴樹は後ろを振り向くが、そこには女性の姿はなかった。 それを見た貴樹は、軽く微笑みながら再び歩みを始めた。 秒速5センチメートルの感想考察。 鬱になるのか? あらすじも書いたところで、次は感想と考察です。 基本的に男が鬱になりやすく、明里を叩く奴は恋愛経験に乏しい にしても正月から秒速は鬱になるな… 何を言おうが、3話目が特に… — ぴょん吉. あくまでも個人の意見ですが、秒速5センチメートルで鬱になるのは男性が多いのでは無いでしょうか。 貴樹は男ですから思わず感情移入してしまう人もいたはずです。 貴樹と明里が結ばれずガックリしたというパターンですね。 貴樹はラストシーンで微笑んだ 明里への思いを吹っ切れた ので個人的には鬱になりませんでしたが、事実だけを抜き取ると二人の関係は完全に破綻したわけなので。 また、2ch 5ch で見かける意見に、「明里は裏切り者」、「明里は最低」というものがあります。 まあ、でもそういうやつに限ってリアルの恋愛経験は少ないと思いますね。 恋愛経験0は言いすぎたかもしれません。 笑 まあ冷静に考えたら、そのような意見は独りよがりだと分かるはずですが。 恋愛ってうまくいかない事のほうが多いし、都合よく進行しないんですよね。 二人の環境的にも自然消滅で妥当でしょう。 思春期に遠距離恋愛なんて現実的に成立しずらいです。 そういった意味で、私は秒速5センチメートルは「等身大のラブストーリー」であると評価しています。 コミュニケーションが密接じゃないと恋愛はうまく続かない やはり、種子島と栃木では地理的にも心理的にも遠すぎます。 現実的にコミュニケーションを取る手段が文通だけでは、やはり気持ちは離れていくのは必然でしょう。 お互いどんな風に成長したのか視覚で分からないですし。 もし、貴樹が思い切って直接会いに行くことがあれば結末も変わっていたかも知れませんが・・・。 「今のようにテレビ電話がある時代だったら・・・」なんて思っちゃいますね。 花苗は貴樹への告白を決意したものの、結局思いを伝えられず終わってしまいました。 では、「花苗は貴樹へ告白していれば成功していたのか」という疑問を考察してみます。 結論から言えば、告白は成功していたでしょう。 まず、貴樹と花苗は二人一緒に帰宅するほどには親密な関係です。 普通に考えたら、ちょっと仲が良い程度の異性が一緒に帰るなんてことはないはずですからね。 実際、貴樹のクラスメイトは花苗のことを「遠野 貴樹 の彼女」と言っているシーンも作中で登場しています。 宇宙を眺める草原のシーンでも貴樹が花苗に「嬉しい。 今日は会えなかったから」というセリフもありましたし確実に友達以上、彼女以下の関係であったことは間違いないです。 しかしながら、あの場面で告白が成功しても本当の意味で二人が結ばれることは無かったと思います。 社会人時代に貴樹が3年間付き合っていた女性との関係のようになってしまう可能性が・・・。 やはり、貴樹にとって明里の存在はあの時点ではかなり大きいものであったことが推測されるので。 そのため、花苗が想いが届かなかった少女として物語の幕は下りてしまうわけです。 しかし、秒速5センチメートルの放送後に「漫画版 秒速5センチメートル」の発売が決定されました。 漫画版の秒速5センチメートルでは最終話に「空と海と詩」というタイトルで花苗のエピソードが収録されています。 まあ、花苗の10年後を描いたエピソードになりますね。 高校卒業後、花苗も前に進もうと一生懸命努力していますが貴樹のことがずっと脳裏に浮かんでいる状態です。 漫画内でも「亮」という男性に告白されますが、貴樹への感情を捨てきれられずにいます。 この感情に区切りをつけるため種子島から東京へ貴樹に会いに行き、結局会えなかったものの電話番号を知ったことで最終的に気持ちに区切りを付けました。 ただし、亮からの告白は断る そして最終シーン、種子島へ帰ろうとした花苗ですが貴樹らしい男性と偶然遭遇します。 そこで、物語は終了です。 まあ、「この後の想像は個人にお任せします」な展開でしたね。 私はひねくれものではないので、新しい恋が始まるんじゃないかなと思いました。 貴樹も明里に囚われていた過去から決別できましたし、お互いフラットな関係で恋をスタートできるのではないでしょうか。 個人的に花苗は秒速で一番好きなキャラなので、幸せになってほしいという願望込みです。 笑 結局、秒速5センチメートルはハッピーエンドなのかバッドエンドなのか? 漫画版の話題も交じりましたが、秒速5センチメートルはハッピーエンドなのかバッドエンドなのかという点を考察します。 私は秒速5センチメートルは「バッドエンド」ではないという考察です。 ラストの踏切で、貴樹の表情が曇ったのならそりゃあバッドエンドでしょう。 しかし、貴樹は明らかに「前」を見て微笑んでいます。 これは過去 明里 との決別を意味し、自分の道を進んでいける事を暗示していると解釈しました。 明里が高校時代に貴樹との出会いを思い出に替えられたように、貴樹も明里との出会いを思い出へと変換できたのではないでしょうか。 もし、秒速5センチメートルが「鬱アニメ・鬱映画」だと思った人はもう一度鑑賞してみると世界が変わって見えるかもしれませんね。 「秒速5センチメートル」に込められた意味、思いについて 「秒速5センチメートル」というタイトルに込められた意味・思いですが、ネットで検索するとかなり諸説があるようです。 純粋な意味としては「桜の花びらが落ちるスピード」ですが。 諸説の中でも有力だと感じたのが、「物事のスピードを強く感じてほしい」という意味・思いですね。 新海監督自身が秒速5センチメートルは「速度 時の流れ をテーマにした作品」とインタビューで語っています。 シンプルだけど時間が流れていることが伝わるタイトルを考えた際、「秒速5センチメートル」というタイトルが脳裏に浮かんだのではないでしょうか。 秒速5センチメートルの主題歌「One more time,One more chance」について 秒速5センチメートルの主題歌ですが、山崎まさよしさんの名曲「One more time,One more chance」です。 実は1996年にリリースした曲であり、「月とキャベツ」という映画で主題歌として使われた歴史があります。 その曲が10年の時を経て再び世間の注目を浴びることになりました。 秒速5センチメートルのストーリーとマッチしている 秒速5センチメートルを見た。 — akashi hatiue1 「One more time,One more chance」の曲調や歌詞は、秒速5センチメートルの世界観・ストーリーとマッチしていると感じました。 一部歌詞 いつでも捜しているよどっかに君の姿を 向かいのホーム路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに 願いがもし叶うなら 今すぐ君のもとへ 寂しさ紛らわすだけなら誰でもいいはずなのに 貴樹は社会人の現在に至るまで恋愛を経験していますが、ラストの踏切を渡り終えるシーンまでは貴樹の明里への感情は消えていません。 当然ですが、誰かへの感情を抱えたまま恋愛しても成功しませんよね。 貴樹の中学から社会人までの気持ちを表現した歌と解釈しても頷けるような内容です。 秒速5センチメートルの聖地リスト 秒速5センチメートル 舞台探訪(聖地巡礼)コスモナウト(種子島)編 — 藤横巡礼日記 『憧れの地』へたどり着いた感動を抑えながら、島内に散らばる聖地を巡ってきました。 個人的には、お金があれば種子島に行ってみたいです。 コスモナウトで種子島の美しい風景に感動しましたからねー。 秒速5センチメートルの聖地 東京都 ・豪徳寺、代々木公園、代々木八幡宮、参宮橋駅周辺、新宿駅 栃木県 ・小山駅、岩舟駅、岩船山入口 鹿児島県 種子島 ・種子島中央高校、県道75号線、中山海岸、増田宇宙通信所、アイショップ石堂大平店、種子島空港跡地 結局のところ、秒速5センチメートルはかなり評価が分かれる作品。 ここまでダラダラと秒速5センチメートルの感想・考察を書いてきました。 書いていて思ったのが、やはり「評価が分かれる作品だなあ」ということですね。 私個人としては好きな作品ですが、過去に似たようなトラウマを抱えている人にとっては鬱展開に感じるかもしれないので。 実際に、秒速5センチメートルが合わなかったという人の意見を総括すると「鬱になった」という意見がとても多いですから。 あのラストは過去と決別し新しい人生を歩んでいく決意を示していると思いましたが、2人の恋愛が成就できなかったことに不満がある人は何だかんだで多いです。 君の名は。 以前の新海作品自体は、割と人を選ぶタイプの作品が多いので仕方ないですね。 秒速5センチメートル 新海誠作品 を無料で見るならU-NEXT 「秒速5センチメートルをもう一度見たい、新海誠作品をもっと見たい、全部見たけど高画質で楽しみたい!」 そんな人におすすめなのがU-NEXTです。 31日間の無料お試し期間があるので金銭的負担はありません。 新海誠作品自体がコンパクトで上映時間が短いものが多いので、新海誠全作を無料期間だけで十分楽しめるはずです。 何より新海誠作品の美しい作画は高画質で見るからこそ味わい深くなると私は実感しています。 気に入ったならば契約を継続しましょう。 まとめ.

次の