大手 ゼネコン コロナ。 【新型コロナ】工事は中止か継続か…ゼネコン各社で対応に苦慮(ニュースイッチ)

ゼネコン、広がる工事中断 新型コロナで、費用負担や工期遅れ懸念:時事ドットコム

大手 ゼネコン コロナ

工事中断を知らせる現場の工程表=24日、東京都内(一部、画像処理してあります) 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、建設工事を中断する動きが広がっている。 は、政府の緊急事態宣言が当初から発令されている7都府県で9割の工事を見合わせているほか、鹿島建設は26日までに全国260カ所以上で中断。 も順次停止している。 中断すれば人件費など追加費用が発生してゼネコンの収益を圧迫する一方、工期の遅れで暮らしへの影響も懸念される。 ゼネコン各社では、清水建設や大林組で社員や作業員の新型コロナ感染が判明した。 当初は工事継続方針だったところも、人命最優先の判断から中断に踏み切らざるを得ない状況になっている。 中断した場合、追加費用を誰が負担するのかが課題だ。 中断している間も機材のリース代がかかり、工期に間に合わせるためには再開後に増員して工事を急がなければならない。 人手不足に伴い人件費は高騰しており、コストが膨張する恐れがある。 マンションなど既に入居予定者がいる建築物での工期延長は補償問題になりかねない。 入居者にとっては生活設計などに狂いが生じる。 道路整備などの公共工事が遅れれば、幅広い地域に支障が出る恐れがある。 ただ、中断には発注者の同意が必要で、全ての現場で作業を止められるわけではない。 建設現場特有の慣行なども事態を複雑にする。 大手ゼネコン関係者は「日給制のため工事を止めてほしくないという作業員がいる」と明かす。 別のゼネコン関係者は「別の動いている現場に作業員が行ってしまい、再開時に人を確保できなくなる」と懸念。 中断に踏み切れない現場もあるという。

次の

増益は大成建設1社 大手ゼネコン4社の20年3月期決算

大手 ゼネコン コロナ

工事中断を知らせる現場の工程表=24日、東京都内(一部、画像処理してあります) 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、建設工事を中断する動きが広がっている。 は、政府の緊急事態宣言が当初から発令されている7都府県で9割の工事を見合わせているほか、鹿島建設は26日までに全国260カ所以上で中断。 も順次停止している。 中断すれば人件費など追加費用が発生してゼネコンの収益を圧迫する一方、工期の遅れで暮らしへの影響も懸念される。 ゼネコン各社では、清水建設や大林組で社員や作業員の新型コロナ感染が判明した。 当初は工事継続方針だったところも、人命最優先の判断から中断に踏み切らざるを得ない状況になっている。 中断した場合、追加費用を誰が負担するのかが課題だ。 中断している間も機材のリース代がかかり、工期に間に合わせるためには再開後に増員して工事を急がなければならない。 人手不足に伴い人件費は高騰しており、コストが膨張する恐れがある。 マンションなど既に入居予定者がいる建築物での工期延長は補償問題になりかねない。 入居者にとっては生活設計などに狂いが生じる。 道路整備などの公共工事が遅れれば、幅広い地域に支障が出る恐れがある。 ただ、中断には発注者の同意が必要で、全ての現場で作業を止められるわけではない。 建設現場特有の慣行なども事態を複雑にする。 大手ゼネコン関係者は「日給制のため工事を止めてほしくないという作業員がいる」と明かす。 別のゼネコン関係者は「別の動いている現場に作業員が行ってしまい、再開時に人を確保できなくなる」と懸念。 中断に踏み切れない現場もあるという。

次の

浮き彫りになった「リモートワーク」の功罪

大手 ゼネコン コロナ

大手ゼネコン建設工事中止へ、18日には休止産業の拡大 未だ猛威を振るう新型コロナウイルス。 本日4月17日に、大手ゼネコンの鹿島建設が建設工事中止へと踏み切りました。 緊急事態宣言が全都道府県へと拡大する中、今後の経済にどのような影響を与えることになるのでしょうか。 当サイト独自の見解を合わせて解説していきます。 大手ゼネコン鹿島建設の休止、その影響は? 大手ゼネコンの鹿島建設の全都道府県における建設工事中止は5月6日まで現状継続予定とのことです。 鹿島建設によると、全国では700を超える建設現場を抱え、その中には1現場で数千人を抱えている建設現場もあるようです。 これによる一時的な失業を受ける個人はもちろん、経済損失は計り知れないものとなります。 また雇用情勢の悪化も懸念され、都心部のみではなく地方経済にも大きな影響を与えることとなりそうです。 更に今回の鹿島建設工事中止を受け、同じくゼネコンの清水建設でも拡大前の7都道府県で建設中止を表明しており、今後も同じような事例の起きることが予想されます。 大手ゼネコンである鹿島建設が自粛をしたことにより、同系列のゼネコン各社でも同様のプレッシャーを抱えることでしょう。 いずれは全建設工事中止にも繋がりかねない事態となっています。 日経平均といった株価には終値が600円高となっていることから大きな影響はないと考えられますが、これら多くの建設工事中止によって起きる一時的失業によって、大きく個人レベルの経済活動が低迷すると思われます。 既に飲食店でも8割以上の売り上げ減少などが確認される中、多くの事業者が危機に瀕すると今後考えられます。 日経平均1万9782円、2万円台も目前 飲食店を始めとした多くの事業で閉業や重荷が囁かれる中、日本経済の指標でもある日経平均は本日17日に1万9782円を終値としました。 一時600円超の高値を付けた本日、2万円台目前も相まってその期待値が上がっています。 多くの業界でネガティブニュースが流れている中では、日経平均の持ち直しは明るいニュースとなっているでしょう。 今後の動きとしては鹿島建設を始めとするゼネコン各社の建設中止は大きく日経平均に影響は及ぼさないでしょう。 それよりも、本日拡大化された緊急事態宣言による影響の方が今後は注視するべきと思われます。 明日からは京都府休業申請 これまで都心を中心とした関東圏で自粛や休業申請などが多かった新型コロナウイルスですが、今日17日に全都道府県に緊急事態宣言が拡大したことを受け、京都府では明日18日から休業申請を行うことが決まりました。 期間は18日から5月6日までとなりますが、都内同様大きな影響は免れ得ないと考えられます。 対象となる内容は 1. 外出自粛の要請 2. イベントの開催自粛の要請 3. 施設の使用制限の要請等 の3点となります。 外出自粛は既に都内含めた多くの都道府県で公布されている通りですが、その影響は大きいものです。 更に自粛要請に合わせて休止要請を受ける施設もあるため、営業時間の制限も早い段階で来ると予想されます。 現状と今後の見通し 現在飲食店やその他多くの施設で影響の出ている自粛要請ですが、日経平均などの指標では徐々に回復する傾向を見せ始めています。 特に本日4月17日の終値では、前述の通り600円超高を付けていることからも、日本経済に対する見通しは少し明るいものも見えます。 ただ、現状は飲食店を始めとした閉業に追い込まれる事業も少なくないため、今後の生活基盤がどのように脅かされるかは予想の付けられないものとなるでしょう。 日経平均からの視点としては3月中旬を底値に徐々に2万円台へと戻しつつあるため、経済の安定化が期待できるでしょう。

次の