ベビー ローチェア。 【価格.com】ベビーチェア・豆椅子

ベビー用・子供用『ローチェア』おすすめ10選

ベビー ローチェア

ベビー用ローチェアとはどのようなもの? ローチェアとは、赤ちゃんを座らせるベビー家具のひとつ。 座面が低いため、落ちたり転倒したりする危険性が低く、比較的安全な椅子です。 赤ちゃんを座った状態で遊ばせたり、離乳食をあげたりするシーンで活躍します。 ベビーチェアには、座面が高いハイチェアや高さや背もたれの角度調整もできるハイローチェアもありますが、ローチェアは座面が低く足をつけて座れるため安定します。 また、コンパクトなものや折りたためるものもあり、場所を取らないこともメリット。 さまざまなタイプのローチェアがあるので、成長やライフスタイルに合わせて選んでみてください。 ベビー用ローチェアってそもそも必要なの? ローチェアはそもそも必要なのか、まだ実際に使ったことがないと気になりますよね。 そこで、どんなときに必要になるのかをまとめました。 ママの近くで座らせておきたいときに必要 赤ちゃんは座れるようになると視界が変わり、機嫌よく過ごせるようになることも多いようです。 ローチェアは、ママが家事でちょっと忙しいときや、赤ちゃんを近くに座らせて遊ばせておきたい場面で活躍します。 座面が高い椅子は、万が一、目を離した隙に落ちてしまうと危険です。 その点、ローチェアは高い位置から転落することがなく、比較的安全性が高いと言えるでしょう。 離乳食を食べさせるときに必要 ローチェアは、離乳食が始まると食事チェアとして使えます。 特にローテーブルで食事をするライフスタイルには、ローチェアがぴったり。 座面が低いので足が床面に着きやすく、噛むことに集中しやすくなります。 また、赤ちゃんがひとりで座ってくれるとママの両手が使えて便利です。 離乳食が進むと、つかみ食べや食べちらかしも激しくなってくるので、専用チェアがある方が片づけもしやすいでしょう。 座って遊ぶときに必要 ローチェアは赤ちゃんが成長した後も、座ってお絵かきや塗り絵などをして遊ぶときに役立ちます。 幼稚園や保育園でも椅子に座って作業する時間があるので、座る習慣づけにも良いですね。 ローチェアがないと生活できないわけではありませんが、あると便利!というママが多いようです。 どのような場面で使いたいのかイメージし、必要性を判断すれば良いでしょう。 ベビー用ローチェアは、いつからいつまで使う? ローチェアはいつから使い始め、いつまで使えるのでしょうか?商品によっても対応年齢が異なりますが、首がしっかりすわった後、腰がすわり始める5~6ヶ月頃から使えるものが多いようです。 いつまで使うかは、商品によって対応年齢や耐荷重が異なり、一概には言えません。 クッションタイプの包み込むようなローチェアは2歳頃まで、椅子タイプのローチェアは3~5歳前後まで使えるでしょう。 子どもが窮屈に感じず、安全に座ってくれるまでが目安です。 ベビー用ローチェアの選び方をチェック! ローチェアはどのように選べば良いのでしょうか。 選び方のポイントをあげてみます。 素材で選ぶ ローチェアは、さまざまな素材で作られ種類もいろいろあります。 木製、パイプ製、ポリウレタン製など、素材によって特徴があり、選ぶポイントになります。 木製はしっかりして安定性が高く、インテリアとしてもなじみやすいです。 ただし、重さがあるので持ち運びや移動にはあまり向いていません。 パイプ製やポリウレタン製の素材でできているものは軽いので、室内での移動や外出時の持ち運びもしやすいでしょう。 汚れても拭き取りしやすくお手入れも簡単なので、食事椅子に向いています。 タイプ別に選ぶ ローチェアにもさまざまなタイプがあります。 それぞれの特徴やメリットを考えて選んでみましょう。 折りたためるタイプは、持ち運びに便利です。 収納場所も取らないので、使わないときに部屋を広く使えるメリットがあります。 テーブル付きタイプは、離乳食を与えるときに便利。 安定感も増しますが、赤ちゃんにとって同じ姿勢を持続するのは難しいもの。 赤ちゃんがローチェアから出たがったとき、どうするか考えてみましょう。 テーブルの取り外しができるか、落下防止の支えが外れてしまわないか、確認してみてください。 ハイローチェアは高さ調節が可能です。 使いたいシーンに合わせて高さを変更できます。 ベッドとしても使える機能もありますが、ローチェアとして使う場合は、ベルトやテーブルで安全に座れるかチェックしてみてください。 ベビー用ローチェアを選ぶときの注意点 赤ちゃんは急に立ち上がったりのけぞったり、行動の予知が難しいもの。 比較的安全なローチェアですが、しっかりと安全性を考慮して作られたものを選びましょう。 安全ベルトやバー、テーブルがついていれば、転落や抜け出しを予防できるので安心ですね。 また、他に持っている育児用品と用途が重複していないか、どのように使うか、使い方も考えた方がいいかもしれません。 ローチェアが、家庭のライフスタイルや目的にマッチしているか、注意してみてください。 ベビー用ローチェアの人気おすすめ15選 おしゃれなローチェア 大和屋 アーチ木製ローチェア N ナチュラルNA 曲木を使ったおしゃれなデザインチェア 大和屋 木製のしっかりしたローチェア。 曲木のナチュラルなデザインがリビングになじみますね。 テーブルを使わないときには、後ろに回して簡単にテーブルなしにできます。 持ち手があるので、折りたたんで持ち運びしやすいです。 子どもが折りたためないようにロックがあり、安全面も配慮されています。 口コミ 「アーチ型の足とやわらかな木の雰囲気がお気に入り。 こたつ机で食事をしていたときは、ママやパパの膝の上で食べていましたが、ローチェアが来てからは娘も椅子に座って食事に集中してくれるようになりました。 使わない時はたたんでしまっています。 囲うようなデザインなので、小さな子も落ち着いて座れます。 こう見えて座面の高さを4段階に変更でき、大人のスツールにもなります。 口コミ 「木がしっかりホールドしてくれるので、6ヶ月の娘もご機嫌!座っている娘を見ているだけで、かわいくてほっこりした気分になれます。 腰がすわったらローチェアとして、離乳食時には椅子に取り付けてハイチェアとして、大きくなったらクッションを外してブースターシートとして3通りの使い方が可能です。 カラーはイエロー・グレー・ブルー・ライム・ライラック・マジェンタの6色展開。 どれを選んでも明るい空間になりそうですね。 口コミ 「バンボは使える時間が短いと聞いて購入を躊躇しているうちに、腰がしっかりしてきました。 バンボマルチシートなら3歳頃まで長く使えることが決め手となり購入。 ベルトもしっかりしているので安心して使えます。 椅子も塩化ビニルで汚れをサッと拭き取れます。 離乳食をローチェアで食べさせたいママにおすすめです。 口コミ 「離乳食を食べさせる椅子は、汚れを拭き取りやすいものがいいと思って探しました。 これはいかにも赤ちゃん用という感じではなく、シンプルでクールなデザインなのもお気に入り。 コンパクトで軽く、さっと持って移動できます。 汚れも拭き取れてお手入れが楽です。 離乳食用に別売りの豆イス用テーブルを買ったり、引きずり対策に足にボールをつけたり、使いやすいようにアレンジもしやすいですね。 静かなパイプイスシリーズは座面のデザインやフレーム色のバリエーションも多いので、部屋の雰囲気やお好みに合わせて選べます。 口コミ 「上の子のときは音がする豆イスを使っていましたが、下の子が生まれてからうるさく感じるように。 豆イスはあると便利なので、音のしないものに買い替えました。 赤ちゃんが寝ていてもうるさくないので安心です。 上の子も豆イスに座ってテレビを見たりおやつを食べたり、赤ちゃんのお世話に忙しいときも待ってくれるようになりました。 固定ベルトで大人用の椅子に取り付けたり、テーブルを取り付けてテーブルチェアとして使用することもできます。 テーブルが汚れたときは、取り外して丸洗いできます。 背面にはおもちゃなどを入れる収納ポケット付き。 重さは約2kg。 コンパクトに折りたたんで、公園や旅行にも持ち出せます。 2kg 対象月齢:6か月~ 対象体重:約16. 7kgまで ユーカンパニー U-company ファニーフェイス ステップスツール ユーカンパニー 参考価格:¥2,080 スマイル型の型抜きがかわいい、カラフルなスツールです。 赤ちゃんを少しの間座らせておくのにも便利。 少し大きくなってから、洗面やお手伝いの時の踏み台としても使えます。 軽くて持ち運びがしやすいので、必要なときにさっと出し入れできますよ。 低座面・低重心構造を採用しているので、赤ちゃんが前倒れしにくく安全に使えます。 また、足で踏んで本体を固定できるから、子供を抱き上げる際、チェアが一緒に付いてくることもナシ。 約2分で空気を入れることができ、逆に空気を抜けば小さく折りたためるので、旅行や帰省のときに持っていけるのも便利!保管の際も場所をとりません。 テーブル付きローチェア 澤田木工所 ティンバーローチェアクッションセット 澤田木工所 参考価格:¥11,771 6ヶ月頃から5歳頃まで長く使える木製のローチェアです。 テーブルを使わない時は、ワンタッチで後ろに回せます。 クッションもセットなら、お尻も痛くなりにくいですね。 クッションはブラックドットとベージュドットの2色。 アイボリーホワイト色のローチェアもあります。 さて、どの組み合わせがお好みですか? 口コミ 「離乳食をあげ始めた頃に購入しました。 ローテーブル派のわが家にぴったりです。 ゆっくり食べる子なので、時間がかかってお尻や背中が痛くなるかも?そこで、手洗いできるクッション付きのものを選びました。 赤ちゃんのお尻にフィットするデザインです。 太もも周りがゆったりめなので、大きめ赤ちゃんでも大丈夫。 トレイ付きならお座りの練習だけでなく、離乳食をあげるときにも使えます。 汚れても濡らしたタオルで拭き取ればOK!軽くて持ち運びしやすく、お手入れ簡単な人気チェアーです。 5cm[脚入れ部分の周囲]:約14. 5cm [適応年齢]3・4ヶ月~14ヶ月 [適応体重]4~10kg 大和屋 アルク 木製ローチェア 大和屋 参考価格:¥7,680 横から見たカタチが、まるで歩いているかのようなキュートなデザインのローチェア。 テーブル付きですが、使わないときはサッと後ろに回してテーブルのない状態にもできます。 また、折りたたんで立て掛けておくことも可能。 食事はもちろん、お絵かきやおままごとなどにも頼れるチェアです。 ローテーブルでの食事や遊びのときには「フロアシート」として、ダイニングチェアに取り付けて家族で食事するときには「ブースタチェア」として使えます。 そして大きな特徴は椅子が180度回転すること!横並びで離乳食をあげるときや、乗せおろし時に便利です。 3点ベルト&テーブルでズレ落ちや抜け出しを防止。 テーブルやクッションシートは取り外しできるんので、いつも清潔に使えます。 95Kg(テーブルなし)/約2. 20Kg(テーブル付) 梱包重量:約3. 08kg ハイローチェア 日本育児 ベビーチェア スマートローチェア ブルー 日本育児 参考価格:¥5,070 ローチェアとしてだけではなく、椅子に固定させてハイチェアとしても使える2WAY仕様。 トレーを外して丸洗いできます。 軽く折りたたんで持ち運びできるので、帰省やおでかけにもおすすめです。 カラーは、オレンジ・グリーン・ブルー・ピンク・パープル・レッドの6色。 赤ちゃんの性別やママの好みで選べます。 口コミ 「実家に度々帰省するので、持ち運びできるローチェアを探しました。 家ではダイニングの椅子に取り付けてハイチェアとして使い、実家では座卓に合わせてローチェアとして使っています。 5cm、13. 5cmと2段階に調整できるローチェア。 足を床につければご飯に集中できそうですね。 椅子に取り付ければハイチェアになります。 テーブルを外し、ダイニングテーブルに近づけて、大人と一緒に楽しく食事!隙間が少なくなり食べこぼしが減ります。 カラーは、アイボリー・イエロー・ピンク・グリーンの4色。 ママの意見が数多く取り入れられたローチェアです。 口コミ 「椅子への取り付けがワンタッチでできるので、子どもをサッと座らせて食事させられます。 テーブルも外して丸洗いできるから清潔。 食後も座椅子として床置きしておけます。 赤ちゃんがご機嫌になるので、食事も後片づけも楽になりました」 [材質]ポリプロピレン、ABS樹脂、エラストマー、ポリアセタール [製品重量]1. 新生児期はベッドとして、離乳食期は食事椅子として長い期間使えます。 5段階の高さ調整、足元のステップは自由に上げ下げでき、テーブルの奥行の調整も可能。 赤ちゃんにちょうどいいスペースを確保できますよ! 口コミ 「新生児の頃からリビングで寝かしつけに使っていました。 洗濯物をたたむときには、近くでローチェアとして使うことも。 離乳食を始めてからは、ダイニングテーブル横につけてハイチェアとして使う場合が多いです。

次の

【安いけど良質】ベビーチェアのロータイプおすすめ10選!木製・パイプ素材別

ベビー ローチェア

【ハイ?ロー?】ベビーチェアは結局どれを選べばいい?編集部おすすめ15選 2019年2月28日 こそだてハック ベビーチェアは赤ちゃんに食事をさせたり遊ばせたり、多くの場面で活躍します。 ただ、ハイチェア・ローチェアなど種類が豊富で、付属品や機能も多様。 どれを買おうかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ベビーチェアの選び方と、おすすめ商品を15点ご紹介します。 ベビーチェアの選び方 ハイチェア・ローチェア ハイチェアとローチェアのどちらにするかは、インテリアや使い方によって変わってきます。 食事のときだけ使うのか、遊びのときにも使うのか、使う場所は洋室か和室かといったように「どこで」「どのように」使うかをイメージして選びましょう。 テーブル付き・なし テーブルが付いていると、食事ができるのはもちろんのこと、赤ちゃんが抜け出しにくく、スペースを確保することができるという特徴もあります。 やんちゃな赤ちゃんのいたずら防止にもなりますよ。 ママやパパと同じテーブルを使って食事をしたい場合は、テーブルなし、または着脱できるベビーチェアがおすすめですよ。 機能性 長期間使いたい場合は座板と足置き板の高さを調節できるもの、室内の移動が多い場合は折りたたみができるものなど、重視したい機能を先に決めておくと選びやすいですよ。 デザイン性 ベビーチェアにはおしゃれなデザインのものがたくさんあります。 カラーも充実しているので、たくさんの種類の中から部屋のインテリアに合いそうなものを選ぶと、気分も楽しくなりそうですよね。 ベビーチェア!ハイチェアのテーブル付き 1. 大和屋 すくすく スリムプラス ベビーチェア テーブル&ガードつき 出典: 発売から15年の間に何度も改良を重ねている大和屋のすくすくチェアシリーズ。 なかでも、こちらの「すくすくスリムプラス」は、座板と足置き板の高さが細かく調節でき、省ペースで使うことができる優れものです。

次の

【2020最新】ベビー用ハイチェアおすすめ8選【6か月・1歳】

ベビー ローチェア

ベビーチェアのロータイプの種類 ベビーチェアのロータイプには大きく分けて3つに分類されます。 ベビーチェアといえばこれをイメージする人も多いと思います。 2、小さい椅子のベビーチェア 【ローチェア】と呼ばれるタイプですね。 離乳食に対応できるようテーブル付きになっています。 重心が低いので安定感があり、食事はもちろんお絵描きなど幅広く活用できます。 3、自立ベビーチェア 豆イスなどが有名ですね。 腰ベルトやテーブルのない普通の椅子です。 「生後8・9か月頃~」が対象になるベビーチェアです。 このようにベビーチェアのロータイプは3種類あるので、この記事では分けて紹介していきます。 【床置き】ベビーチェアのロータイプおすすめ5選 まずは床置きロータイプから見ていきます。 安全性が高いのも特徴ですね。 うちの子はむちむちしてる~って場合は、カリブがおすすめ。 jellymomのワイズチェアは世界で8万台以上販売されている実績があります。 ようやく日本でも購入できるようになったので、少しずつ人気が出始めている商品です。 リッチェル 2wayごきげんチェア 対象年齢 : 生後7カ月頃~5歳頃 上記で紹介したジェリーマムのワイズチェアと同じタイプ。 床置きで使用したあと、成長に合わせて椅子に取り付けて使えるので使用期間が長いです。 ローチェア(小さい椅子)のおすすめ5選 続いてベビーチェアのローチェアを見ていきます。 食事はもちろん、お絵描きなどにも活用できます。 ティンバーローチェア 対象年齢 : 生後6カ月~5歳 「ベビーチェア(ローチェア)で1番人気があるのはこれ!」 澤田木工所のオリジナルベビーチェアになります。 楽天・Amazonともにレビューが多いので、参考にしやすいです。 木製ローチェアS-2K 対象年齢 : 生後6か月~5歳頃 西松屋で販売されているローチェアです。 店舗へ行けば必ず置いてあるので、直接触ったり座らせたりして確認できるのが魅力ですね。 腰ベルト付きで1番目に紹介したティンバーローチェアと見た目的にはほぼ同じです。 テーブルの距離を調節できるのが魅力で、口コミの高評価にも繋がっています。 木製に比べると安定感の面では劣りますが、安くて軽いというメリットがあります。 自立タイプはテーブルや腰ベルトなどのサポートが一切ありません。 そのため、安全に使用できるのは9か月頃からになります。 商品によっては対象年齢が1歳以上となる場合もあります。 KATOJI 静かなパイプイス 対象年齢 : 生後6カ月~3歳 「ずっと人気の自立ベビーチェアならこれ!」 昔からある豆椅子になります。 名前の通り、座った時のピーっていう音は鳴らないので静かです。 メーカーは生後6か月~としていますが、実際には使えるのは8~9か月頃です。 とにかく安いのが魅力ですね。

次の