レイシズム の 意味。 レイシズムとは

レイシズムとは

レイシズム の 意味

(1)古代ギリシアのストア哲学のこと。 (2)ストア学派の影響によって生まれた一つの精神的態度。 ことに実践道徳において、喜悦や悲哀の感情を圧伏し、平静に無関心な態度で運命を甘受する人世観をいう。 「ストイック」ともいう。 ストア学派の古い人々の著作は早くから散逸したが、セネカ、、マルクス・アウレリウスの著作は広く愛読され、後代への影響は大きかった。 古代末期や中世においては、ストア学派のいろいろの学説、ことにその内的自由の倫理説はキリスト教倫理の形成、修道院生活の理想に影響を及ぼした。 16、7世紀はまたストア説の再興期であって、近代の思想文芸にも広い反響を生んでいる。 シェークスピアの『じゃじゃ馬馴 な らし』の一節、「只 ただ 、ねえ、旦那 だんな さま、その、美徳とか、道徳の修行とかいうことあ結構とは存じますが、どうか、ま、ストイックだの、丸太棒 ストツク だのには成りたくないものでございます」(第一幕、第一場、31行。 坪内逍遙 つぼうちしょうよう 訳)はその一端を示すもので、ストア学派の無感情を皮肉ったものである。 宇宙秩序に対する透徹した観照から,情念や思惑にかき乱されない〈不動心 アパテイアapatheia 〉を養い,厳しい克己心と義務感を身につけてこの世を正しく理性的に生きること,これをストア学派的生活と呼ぶが,この事情は英語のストイックstoic,ストイシズムstoicismなどの語に反映されている。 ゼノンの高邁(こうまい)な生き方は,,に受け継がれた。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

ファシズム

レイシズム の 意味

0:前提 白人は人間の本質を渇望してきた 西洋文明は奴隷の存在を前提とするので、彼らは人間の本質や人間と家畜の線引きを重視してきた。 だから、彼らは誰が人間であるかを知りたかった。 古くから、人間の本質は形や要素や機能や法律や宗教などで規定されてきた。 東洋人は奴隷や家畜の概念を持ってこなかったので、彼らは奴隷や家畜の意味を認識できてこなかった。 さらに悪いことに、彼らは人間の本質を渇望するという知的好奇心すら持ってこなかったので、彼らは人間の意味すら認識できてこなかった。 1:Racismでは、人間の本質とは人種である Racismでは、人間の本質は人種である。 だから、異人種は人間でないので、奴隷や家畜と同じである。 だから、たとえ白人が異人種を虐殺するとしても、その行為は殺人行為でないので、罪でない。 具体例として、人間の本質には、形や要素が存在する。 実際、古代ギリシアでは、形相と質料が重視された。 また、宗教や機能や法律も人間の本質として重視されてきた。 例えば、西洋では、異教徒は人間でないと考えられてきたので、キリスト教徒以外の人間は虐殺されてきた。 さらに、近世から近代では知能が人間の本質として考えらてきた。 観察すれば、動物と人間の違いとは宗教や形でなく知能である。 だから、人間の本質とは知能であるので、知能の低いホモ・サピエンスは奴隷であり家畜である。 近代は白人の時代であった。 そこで、白人種は人間の本質を人種の中に見た。 これはracismである。 racismとは黒人を人種的に侮辱することでなく、白人種は黒人を人間でなく奴隷や家畜と認識したことであった。 なぜなら、黒人種は白人種でないので、人間でない。 この考えは日本人を含む東洋人やモンゴロイド人種にも応用された。 以上がracismの本当の意味である。 不幸なことに、アメリカにおいてもracismの意味が曖昧になっているように思える。 2:なぜ白人はBlack slavesを採用したか? 白人種は黒人を奴隷として扱ってきた。 なぜなら、白人は黒人を人間と認識してこなかった。 Rcacismでは、黒人種は白人種にとって異人種であるので、人間の本質を持たない、つまり黒人(私たち色付きも)は人間でなかった。 白人種が明確な根拠を持って黒人奴隷を採用した。 大栗博司や菊池誠を始めとする日本人の学者もどきのように白人気分を味わいたくて「雰囲気」で行動したわけでない。 白人種は高慢であるが、宗教的にも非常に真面目な人種であり続けてきた。 白人種の生真面目さは敬遠なイスラム教徒のアラブ人に匹敵する。 彼らもまたノリや雰囲気や白人気分を味わいたくて、イスラム教を信仰してきたわけでない。 俺の勝手な憶測によると、白人種は黒人が人間であるかを非常に真面目に議論してきたはずである。 その最終的な結論として、白人種は黒人種を人間でないと審判した。 その後、黒人奴隷制度が形成されていった。 黒人奴隷が儲かるから、白人は黒人を奴隷にしたのではない。 もし人種主義がracismであるならば、宗教主義はreligeonismで知能主義はIQ-ism?白人種にとって、黒人種は人種的にも宗教的にも人間でなかった。 たとえ俺がこれを指摘するとしても、東洋人は奴隷や家畜の概念を持たないので、彼らは俺の発言の意味をいまいち掴めない。 なぜなら、東洋人は黒人を同じ「人間」とみなす。 東洋人にとって、黒人の知能指数の低さは奴隷や家畜を暗示しない。 東洋人にとって、その意味は単なる馬鹿な「人間」である。 3:西洋文明は奴隷、家畜文明である。 ウィキペディア コンゴとベルギー 日本人は人間の意味や奴隷の意味や家畜の意味を認識できない。 なぜなら、東洋文明は奴隷家畜文明でない。 西洋に関する日本人の発言がトンチンカンであるのは奴隷の意味を認識できてこなかったからである。 たとえ俺が上記の画像を提示するとしても、日本人を含む東洋人はこれを可哀想な黒「人」と認識する。 しかし、白人はそう認識しない。 白人は上記を黒いsubhumansと認識する。 白人は上記の画像を黒いlivestocksと認識する。 白人は上記の画像を黒いslavesと認識する。 racismでは、日本人を含む東洋人も人間でなく上記の画像と同じである。 おまけ:sexismとは? sexismでは、異なる性別の人間が家畜や奴隷と考えられることである。 sexismも奴隷文明に特有の単語である。 熱心なイスラム教の世界では、女性は男性によって所有されてきた。 これは一種のsexismである。 馬鹿な日本人女性は日本人男性をsexistと侮辱する。 しかし、彼女らはsexismの意味を認識できてこなかった。

次の

最近話題になってる「レイシズム」って一体なに?

レイシズム の 意味

ヒラリー・ラプスリー著・伊藤悟訳『マーガレット・ミードとルース・ベネディクト ふたりの恋愛が生んだ文化人類学』明石書店、2002年7月30日 初版第1刷発行、、14~15頁、558頁。 日本大百科全書 ニッポニカ 『』 -• ブリタニカ国際大百科事典『』 -• , pp. 55-56. 高田紘二研究季報 12 3・4 , 89-94,2002年• , pp. 59-60. , pp. 『アフリカを知る事典』、平凡社、 1989年2月6日 初版第1刷 p. 466• 「植民地共和国フランス」p75 N. バンセル、P. ブランシャール、F. ヴェルジェス著 平野千果子、菊池恵介訳 岩波書店 2011年9月27日第1刷• 「帝国主義」(ヨーロッパ史入門)p39-42 アンドリュー・ポーター著 福井憲彦訳 岩波書店 2006年3月28日第1刷• , pp. Donald J. Mrozek, "Cultural Background to the War", Loyd E. Lee ed. , World War II in Asia and the Pacific and the War's Aftermath, Greenwood Press, Westport, Connecticut, 1998, , p. 392. , pp. 73-74. , pp. , pp. 6-9. 158. , pp. 164. , pp. 104.

次の