魔法 科 高校 の 劣等 生 ss。 西城レオンハルト

魔法科高校の劣等生

魔法 科 高校 の 劣等 生 ss

一科・二科制度は、教師不足と政府主導の無理な計画が原因で出来上がった制度である。 まず初めに、に導入された。 当時、の生徒数は1学年100名だったが、育成の必要性の高まりから、政府主導で年次途中から1学年200名に引き上げることとなった。 しかし、自体が貴重な存在であり、を教えられる教師の数が圧倒的に不足していた。 そこで途中編入のは1年次はを集中的に学び、2年次からを学ぶという、 1年次の間だけ二科制度を敷く方式が考案され、年次途中で追加募集がかけられて新たに100名がとして入学した。 ところが、 制服 を追加発注した際にミスが起こり、追加入学したの 制服 のエンブレムの刺繍が抜けてしまった。 これがきっかけで、はエンブレムの無い「補欠()」として一科生から見られるようになった。 その後、結局新年度になっても教師が確保できず、ただの誤解だった「補欠扱い」が追認され、は2年次になっても教員の指導を受けられない、現在の一科・二科制度に至っている。 この追認を取り繕うため、の 制服 には刺繍がされないままになっている。 つまり、一科と二科の区別は実質的に指導における指導教官の有無だけであり、の授業の都合上、テストの成績で分けているに過ぎない。 それ以外には制度上の区別はほとんど無く、施設の利用やの予算などは一科・二科の区別とは無関係に、公平に割り当てられている。 唯一区別が存在していたも、2095年9月の 生徒総会 でが撤廃を提案し、これが可決されたため、それ以降は指導に関するものを除き、制度上の区別は完全になくなった。

次の

魔法科高校の劣等生 来訪者編

魔法 科 高校 の 劣等 生 ss

2045 第三次世界大戦勃発 2046 国際魔法協会の設立 2065 二十年の長きに続く世界大戦が終結する 2086 達也が深雪のガーディアンとなる 2092. 11 大亜細亜連合による日本・沖縄への侵攻(沖縄海戦)。 達也が敵艦隊を戦略級魔法「マテリアル・バースト」で撃退。 2092 国防陸軍第101旅団・独立魔装大隊設立。 入学編 2095. 3 達也と深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学。 2095. 5 生徒会長・七草真由美との出会いから、深雪は生徒会書記に、達也は風紀委員となる。 2095. 23 学内の差別撤回を目指す有志同盟と生徒会による討論会が開催。 その最中テロリストが乱入するが、第一高校の生徒により鎮圧される。 2095. 23 反魔法国際政治団体・ブランシュの日本支部を達也たちが壊滅させる。 九校戦編 2095. 7 一学期定期試験 2095. 14 九校戦のCAD調整を行う技術スタッフに達也の参加が決定。 2095. 7下旬 トーラス・シルバーが飛行魔法を公表。 2095. 1 九校戦の懇親会が開かれる。 2095. 3~12 九校戦開催。 無頭竜(ノー・ヘッド・ドラゴン)の妨害工作が発生するが、第一高校が優勝を収める。 横浜騒乱編 2095. 3 新生徒会発足。 深雪が副会長に。 2095. 10 市原鈴音が達也を全国高校生魔法学論文コンペティションのメンバーに勧誘。 2095. 30 全国高校生魔法学論文コンペティション開催。 同日、大亜細亜連合が横浜へ侵攻(横浜事変)。 2095. 31 大亜細亜連合の鎮海軍港へ、達也がマテリアル・バーストを放ち艦隊を消滅させる。 この事件は後に灼熱のハロウィンと呼ばれることとなる。

次の

『魔法科高校の劣等生』小説最新刊(30巻)までのあらすじまとめ

魔法 科 高校 の 劣等 生 ss

紅い髪を靡かせ、舞うように切る千葉エリカ。 少女の名前は不知火深紅。 歴史の影には、長きに渡って日本を守護してきた『守神五師族』があった。 その中の、『麒麟』を司る一族の双子が第一高校に入学することになった。 実力主義の第一高校では、『一科生』『二科生』と差別されてしまう。 同じ新入生であっても平等に見られない。 主人公、無月 零は魔法科高校に劣等生として入学し平凡に生きている。 だが、無月 零は本当は優等生としてブルームとして魔法科高校に入学する筈だった。 入学当時はその劣等生、ウィードの烙印に悩んでいたがとあるウィードとの出会いで運命が変わる。 現在物語の進行状況 無月 影は魔法科高校の生徒になっていた。 それは、余りにもテンポよく話が進み。 訳もわからない内に高校生…どういうこと? まとも学校生活を送ってこなかった影には驚きの毎日で、何処か複雑な心境だった。 この小説は二人で書いています。 また、ハーメルンに投稿してある物は、相方が登録して投稿しました。 処女作ですが、皆様にお楽しみ頂けると幸いです。 毎年、数多くの優秀な魔法師を排出するこの学び舎に、一人の少年が入学する。 青い髪と紅い瞳を持つ少年の名は、『九十九 隼人』。 闇に紛れて悪を討つ。 入学編—————終了。 九校戦編—————終了。 夏休み編—————開始。 『入学編』主人公の能力の方向性 『九校戦編』魔法競技に参加するため、一部ながら具体的な能力が明らかに 『横浜騒乱編』ベースになる能力は全てでてきて、ラブコメ要素あり 『来訪者編』能力から考えると寄生体との対戦相性は良さそうにみえますが、意外とそうでもないというところであり、ポンコツ美少女とはどうなることやら。

次の