ん から 始まる 言葉 - しりとり『は』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる 『ぬ』から始まる言葉 一覧

言葉 ん から 始まる しりとり『え』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる 『あ』から始まる言葉 一覧

しりとりが終わらない!「ん」から始まる言葉を集めました!! | ガジェット通信 GetNews

言葉 ん から 始まる しりとり『お』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる 『あ』から始まる言葉 一覧

しりとり『え』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる しりとり『え』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる しりとり『は』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

『ぬ』から始まる言葉 一覧

言葉 ん から 始まる しりとり『お』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

『の』から始まる言葉 一覧

言葉 ん から 始まる しりとり『は』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

言葉 ん から 始まる しりとり『い』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

『ぬ』から始まる言葉 一覧

2文字の『あ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ああ 【嗚呼】 あい 【合い】 あい 【埃】 あい 【愛】 あい 【相】 あい 【藍】 あう 【会う】 あう 【合う】 あう 【逢う】 あう 【遇う】 あう 【遭う】 あお 【碧】 あお 【蒼】 あお 【青】 あか 【垢】 あか 【淦】 あか 【赤】 あき 【厭き】 あき 【明き】 あき 【秋】 あき 【空き】 あき 【飽き】 あく 【厭く】 あく 【悪】 あく 【明く】 あく 【灰汁】 あく 【空く】 あく 【開く】 あく 【飽く】 あけ 【明け】 あけ 【朱】 あけ 【緋】 あげ 【上げ】 あげ 【揚げ】 あご 【顎】 あさ 【朝】 あさ 【麻】 あし 【肢】 あし 【脚】 あし 【葦】 あし 【葭】 あし 【蘆】 あし 【足】 あじ 【味】 あじ 【鰺】 あす 【明日】 あせ 【汗】 あだ 【徒】 あつ 【圧】 あて 【貴】 あと 【後】 あと 【痕】 あと 【跡】 あな 【穴】 あに 【兄】 あね 【姉】 あぶ 【虻】 あほ 【阿呆】 あみ 【網】 あめ 【雨】 あや 【絢】 あや 【綾】 あゆ 【鮎】 あり 【蟻】 3文字の『あ』から始まる言葉 ひらがな 表記 あいか 【哀歌】 あいき 【愛器】 あいき 【愛機】 あいぎ 【合着】 あいぎ 【間着】 あいこ 【愛顧】 あいこ 【相子】 あいご 【愛護】 あいし 【哀史】 あいじ 【愛児】 あいず 【合図】 あいず 【相図】 あいそ 【哀訴】 あいそ 【愛想】 あいだ 【間】 あいつ 【彼奴】 あいて 【相手】 あいぬ 【アイヌ】 あいば 【愛馬】 あいふ 【合符】 あいぶ 【愛撫】 あいぼ 【愛慕】 あいま 【合間】 あいろ 【文色】 あいろ 【隘路】 あいわ 【哀話】 あうん 【阿吽】 あえぎ 【喘ぎ】 あえん 【亜鉛】 あおい 【葵】 あおき 【青木】 あおぐ 【仰ぐ】 あおぐ 【扇ぐ】 あおぐ 【煽ぐ】 あおさ 【石蓴】 あおな 【青菜】 あおば 【青葉】 あおみ 【青み】 あおみ 【青身】 あおむ 【青む】 あおめ 【青目】 あおり 【泥障】 あおり 【煽り】 あかい 【丹い】 あかい 【朱い】 あかい 【紅い】 あかい 【赤い】 あかぎ 【赤木】 あかげ 【赤毛】 あかご 【赤児】 あかご 【赤子】 あかざ 【藜】 あかし 【証】 あかし 【証し】 あかじ 【赤地】 あかじ 【赤字】 あかす 【明かす】 あかす 【証す】 あかね 【茜】 あかみ 【赤み】 あかみ 【赤身】 あかめ 【赤目】 あかり 【明かり】 あかん 【あかん】 あがき 【足掻き】 あがく 【足掻く】 あがり 【上がり】 あがる 【上がる】 あがる 【挙がる】 あがる 【揚がる】 あがる 【騰がる】 あきご 【秋蚕】 あきす 【空き巣】 あきた 【秋田】 あきち 【空き地】 あきま 【空き間】 あきや 【空き家】 あきや 【空き屋】 あきる 【厭きる】 あきる 【飽きる】 あくい 【悪意】 あくか 【悪化】 あくき 【悪気】 あくき 【悪氣】 あくき 【悪鬼】 あくし 【悪子】 あくじ 【悪事】 あくた 【芥】 あくば 【悪罵】 あくび 【欠伸】 あくま 【悪魔】 あくむ 【悪夢】 あくる 【明くる】 あくる 【翌る】 あくろ 【悪路】 あぐら 【胡坐】 あぐら 【胡座】 あけに 【明け荷】 あけび 【木通】 あけび 【通草】 あける 【明ける】 あける 【空ける】 あける 【開ける】 あこぎ 【阿漕】 あさね 【朝寝】 あさひ 【朝日】 あさり 【蛤仔】 あざみ 【薊】 あしか 【海驢】 あしゅ 【亜種】 あじみ 【味見】 あずき 【小豆】 あずさ 【梓】 あせる 【褪せる】 あぜん 【唖然】 あそび 【遊び】 あたご 【愛宕】 あたま 【頭】 あつい 【熱い】 あつみ 【厚み】 あてじ 【当て字】 あなご 【穴子】 あにき 【兄貴】 あひる 【家鴨】 あぶる 【炙る】 あまど 【雨戸】 あまみ 【甘味】 あまよ 【雨夜】 あまら 【阿摩羅】 あみど 【網戸】 あみめ 【網目】 あみめ 【編み目】 あめに 【飴煮】 あやめ 【菖蒲】 あらう 【灑う】 あらし 【嵐】 あらや 【阿頼耶】 あらり 【粗利】 あられ 【霰】 ありか 【在り香】 あるじ 【主】 あれち 【荒れ地】 あろま 【アロマ】 あわい 【淡い】 あわび 【鮑】 あわれ 【哀れ】 あんい 【安易】 あんか 【安価】 あんじ 【暗示】 あんず 【杏】 あんど 【安堵】 あんま 【按摩】 4文字の『あ』から始まる言葉 ひらがな 表記 あいあい 【藹藹】 あいいく 【愛育】 あいいろ 【藍色】 あいいん 【合印】 あいいん 【愛飲】 あいうち 【相打ち】 あいうち 【相撃ち】 あいうち 【相討ち】 あいえん 【合い縁】 あいえん 【愛縁】 あいえん 【相縁】 あいおい 【相生い】 あいおん 【哀音】 あいかぎ 【合い鍵】 あいかた 【合方】 あいかた 【相方】 あいかん 【哀感】 あいかん 【哀歓】 あいがも 【合鴨】 あいがも 【間鴨】 あいがん 【哀願】 あいがん 【愛玩】 あいぎん 【愛吟】 あいけん 【愛犬】 あいげん 【愛眼】 あいこう 【愛好】 あいこく 【愛国】 あいさい 【愛妻】 あいさつ 【挨拶】 あいさん 【愛餐】 あいしゃ 【愛社】 あいしゃ 【愛車】 あいしょ 【愛書】 あいじつ 【愛日】 あいじろ 【藍白】 あいじん 【愛人】 あいずみ 【藍墨】 あいずり 【藍摺り】 あいせき 【合席】 あいせき 【哀惜】 あいせき 【愛惜】 あいせき 【相席】 あいせつ 【哀切】 あいぜつ 【哀絶】 あいぜん 【愛染】 あいぞう 【愛憎】 あいぞう 【愛蔵】 あいぞめ 【藍染め】 あいたい 【相対】 あいづち 【合槌】 あいづち 【合鎚】 あいづち 【相槌】 あいづち 【相鎚】 あいでし 【相弟子】 あいとう 【哀悼】 あいどく 【愛読】 あいなる 【相成る】 あいにく 【生憎】 あいのこ 【合いの子】 あいのこ 【間の子】 あいのて 【合いの手】 あいのて 【相の手】 あいのて 【間の手】 あいのり 【相乗り】 あいはん 【合判】 あいはん 【相判】 あいばん 【間判】 あいびき 【合い挽き】 あいびき 【逢い引き】 あいふく 【合服】 あいふく 【間服】 あいふだ 【合札】 あいべや 【相部屋】 あいぼう 【相棒】 あいぼし 【相星】 あいまい 【曖昧】 あいもち 【相持ち】 あいよう 【愛用】 あいよく 【愛慾】 あいよく 【愛欲】 あいらく 【哀楽】 あいれん 【哀憐】 あいれん 【愛憐】 あえもの 【和え物】 あおいき 【青息】 あおいろ 【蒼色】 あおいろ 【青色】 あおうま 【青馬】 あおうみ 【青海】 あおうめ 【青梅】 あおおに 【青鬼】 あおかび 【青カビ】 あおがり 【青刈り】 あおぎり 【青桐】 あおしお 【青潮】 あおしし 【青鹿】 あおじる 【青汁】 あおすじ 【青条】 あおすじ 【青筋】 あおずり 【青摺】 あおぞら 【青空】 あおたん 【青たん】 あおだけ 【青竹】 あおだち 【青立ち】 あおにび 【青鈍】 あおのく 【仰のく】 あおのり 【青海苔】 あおはだ 【青肌】 あおばえ 【蒼蠅】 あおばえ 【青蠅】 あおばな 【青洟】 あおぼし 【青星】 あおまめ 【青豆】 あおむき 【仰向き】 あおむく 【仰向く】 あおむけ 【仰向け】 あおむし 【青虫】 あおもの 【青物】 あおやき 【青焼き】 あおやぎ 【青柳】 あかいろ 【赤色】 あかおに 【赤鬼】 あかかぶ 【赤蕪】 あかがい 【赤貝】 あかがし 【赤樫】 あかがね 【銅】 あかがみ 【赤紙】 あかぎれ 【皸】 あかぎれ 【皹】 あかさび 【赤錆】 あかしお 【赤潮】 あかせん 【赤線】 あかだし 【赤出し】 あかちん 【赤チン】 あかつき 【暁】 あかつち 【赭土】 あかてん 【赤点】 あかはげ 【赤禿】 あかはじ 【赤恥】 あかはた 【赤旗】 あかはだ 【赤肌】 あかはだ 【赤膚】 あかばな 【赤鼻】 あかひげ 【赤髭】 あかふじ 【赤富士】 あかふだ 【赤札】 あかぼう 【赤帽】 あかぼん 【赤本】 あかまつ 【赤松】 あかみそ 【赤味噌】 あかもん 【赤門】 あからむ 【明らむ】 あからむ 【赤らむ】 あかるい 【明るい】 あかるみ 【明るみ】 あかるむ 【明るむ】 あがなう 【購う】 あがなう 【贖う】 あがめる 【崇める】 あがりめ 【上がり目】 あきあき 【飽き飽き】 あきあじ 【秋味】 あきおち 【秋落ち】 あきかぜ 【秋風】 あきかん 【空き缶】 あきくさ 【秋草】 あきぐち 【秋口】 あきさく 【秋作】 あきさむ 【秋寒】 あきさめ 【秋雨】 あきさる 【秋さる】 あきすむ 【秋澄む】 あきぞら 【秋空】 あきたつ 【秋立つ】 あきだか 【秋高】 あきづく 【秋づく】 あきない 【商い】 あきなう 【商う】 あきなす 【秋茄子】 あきのか 【秋の香】 あきのひ 【秋の日】 あきのよ 【秋の夜】 あきばこ 【空き箱】 あきばれ 【秋晴れ】 あきびと 【商人】 あきまき 【秋蒔き】 あきめく 【秋めく】 あきやま 【秋山】 あきらか 【明らか】 あきらめ 【諦め】 あきれる 【呆れる】 あきれる 【惘れる】 あくいん 【悪因】 あくうん 【悪運】 あくえき 【悪疫】 あくえん 【悪縁】 あくがた 【悪形】 あくがた 【悪方】 あくきん 【悪金】 あくけい 【悪計】 あくげつ 【悪月】 あくげん 【悪言】 あくさい 【悪妻】 あくさい 【悪才】 あくさい 【悪歳】 あくさく 【悪策】 あくさつ 【悪札】 あくしつ 【悪疾】 あくしつ 【悪質】 あくしゅ 【悪手】 あくしゅ 【握手】 あくしょ 【悪所】 あくしょ 【悪書】 あくしん 【悪心】 あくじき 【悪食】 あくじょ 【悪女】 あくせい 【悪声】 あくせい 【悪政】 あくせく 【齷齪】 あくせん 【悪戦】 あくせん 【悪銭】 あくそう 【悪僧】 あくそう 【悪相】 あくたい 【悪態】 あくたれ 【悪たれ】 あくだま 【悪玉】 あくてん 【悪天】 あくとう 【悪党】 あくとく 【悪徳】 あくどい 【あくどい】 あくどう 【悪童】 あくどう 【悪道】 あくなき 【飽くなき】 あくなき 【飽く無き】 あくにち 【悪日】 あくにん 【悪人】 あくぬき 【灰汁抜き】 あくねん 【悪念】 あくひつ 【悪筆】 あくふう 【悪風】 あくぶん 【悪文】 あくへい 【悪弊】 あくへき 【悪癖】 あくへん 【悪変】 あくほう 【悪報】 あくほう 【悪法】 あくやく 【悪役】 あくゆう 【悪友】 あくよう 【悪用】 あくらつ 【悪辣】 あくるひ 【明くる日】 あくるひ 【翌る日】 あくれい 【悪例】 あぐねる 【倦ねる】 あけがた 【明け方】 あけくれ 【明け暮れ】 あけしめ 【開け閉め】 あけすけ 【明け透け】 あけたて 【開け閉て】 あけばん 【明け番】 あけぼの 【曙】 あけむつ 【明け六つ】 あげだま 【揚げ玉】 あげもち 【揚げ餅】 あげもの 【揚げ物】 あげパン 【揚げパン】 あこがれ 【憧れ】 あごひげ 【顎髭】 あさいち 【朝一】 あさいち 【朝市】 あさいと 【麻糸】 あさがお 【朝顔】 あさがた 【朝型】 あさがみ 【朝髪】 あさぎり 【朝霧】 あさくさ 【浅草】 あささむ 【朝寒】 あさづき 【朝月】 あさづけ 【浅漬け】 あさなぎ 【朝凪】 あさなわ 【麻縄】 あさにじ 【朝虹】 あさぬの 【麻布】 あさぶろ 【朝風呂】 あさめし 【朝飯】 あさもや 【朝靄】 あさやけ 【朝焼け】 あさドラ 【朝ドラ】 あざける 【嘲る】 あざむく 【欺く】 あざやか 【燦やか】 あざらし 【海豹】 あしあと 【足跡】 あしどり 【足取り】 あしゅら 【阿修羅】 あしらう 【あしらう あしわら 【葦原】 あじつけ 【味付け】 あじわい 【味わい】 あせふき 【汗拭き】 あせみず 【汗水】 あそびげ 【遊び毛】 あだうち 【仇討ち】 あだくち 【徒口】 あだばな 【徒花】 あっかん 【圧巻】 あっかん 【悪感】 あっかん 【悪漢】 あっさく 【圧搾】 あっとう 【圧倒】 あっぱく 【圧迫】 あつあげ 【厚揚げ】 あつかわ 【厚皮】 あつびん 【厚鬢】 あつまり 【集まり】 あつめる 【鍾める】 あつれき 【軋轢】 あてさき 【宛先】 あでやか 【艶やか】 あとあじ 【後味】 あとくち 【後口】 あとだし 【後出し】 あなぐま 【穴熊】 あなどる 【侮る】 あなほり 【穴掘り】 あばらや 【荒ら屋】 あぶらえ 【油絵】 あぶらみ 【脂身】 あぶらめ 【油目】 あほづら 【阿呆面】 あまあし 【雨脚】 あまあし 【雨足】 あまいろ 【亜麻色】 あまがお 【尼顔】 あまがさ 【雨傘】 あまごい 【雨乞い】 あまそぎ 【尼削ぎ】 あまぞら 【雨空】 あまだれ 【雨だれ】 あまてる 【天照る】 あまでら 【尼寺】 あまとう 【甘党】 あまとぶ 【天飛ぶ】 あまばれ 【雨晴れ】 あまびこ 【雨彦】 あまみず 【雨水】 あまみそ 【甘味噌】 あまもり 【雨漏り】 あまよけ 【雨避け】 あまよけ 【雨除け】 あみのめ 【網の目】 あめいろ 【飴色】 あめかぜ 【雨風】 あめだま 【飴玉】 あめふり 【雨降り】 あめよこ 【アメ横】 あめんぼ 【水馬】 あやなす 【綾なす】 あらがね 【粗金】 あらくさ 【荒草】 あらねつ 【粗熱】 あらびき 【粗挽き】 あらわざ 【荒技】 あらわざ 【荒業】 ありがお 【有り顔】 ありくい 【蟻食】 あれはだ 【荒れ肌】 あわぶろ 【泡風呂】 あわめし 【粟飯】 あわもち 【粟餅】 あわゆき 【沫雪】 あわゆき 【泡雪】 あわゆき 【淡雪】 あわれみ 【哀れみ】 あわれみ 【憐れみ】 あんうつ 【暗鬱】 あんうん 【暗雲】 あんかい 【暗晦】 あんかけ 【餡掛け】 あんかん 【安閑】 あんがい 【案外】 あんこう 【暗香】 あんこう 【鮟鱇】 あんこく 【暗黒】 あんごう 【暗合】 あんしつ 【暗室】 あんしゅ 【按手】 あんしん 【安心】 あんじょ 【晏如】 あんじる 【案じる】 あんぜん 【安全】 あんぜん 【晏然】 あんぜん 【暗然】 あんそく 【安息】 あんたん 【暗澹】 あんてん 【暗点】 あんてん 【暗転】 あんどう 【行灯】 あんない 【案内】 あんにん 【杏仁】 あんねい 【安寧】 あんばい 【塩梅】 あんぽり 【安保理】 あんまく 【暗幕】 あんまら 【菴摩羅】 あんまん 【餡饅】 あんみつ 【餡蜜】 あんみん 【安眠】 あんやく 【暗躍】 あんらく 【安楽】 あんるい 【暗涙】 あんパン 【餡パン】 アイヌご 【アイヌ語】 アメしゃ 【アメ車】 5文字の『あ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ああわぶく 【泡ぶく】 あいえんか 【愛煙家】 あいきどう 【合気道】 あいきゃく 【相客】 あいきょう 【愛嬌】 あいきょう 【愛敬】 あいきょう 【愛郷】 あいことば 【合い言葉】 あいしゅう 【哀愁】 あいしゅう 【愛執】 あいしょう 【合性】 あいしょう 【哀傷】 あいしょう 【愛唱】 あいしょう 【愛称】 あいしょう 【愛誦】 あいしょう 【相性】 あいじゃく 【愛着】 あいじゃく 【愛著】 あいじょう 【愛嬢】 あいじょう 【愛情】 あいだがら 【間柄】 あいちけん 【愛知県】 あいちょう 【哀調】 あいちょう 【愛聴】 あいちょう 【愛鳥】 あいてかた 【相手方】 あいなかば 【相半ば】 あいぬじん 【アイヌ人】 あいびょう 【愛猫】 あいぶろう 【アイブロウ】 あいらしい 【愛らしい】 あおあらし 【青嵐】 あおいとり 【青い鳥】 あおがえる 【青蛙】 あおくさい 【青臭い】 あおざめる 【青ざめる】 あおじろい 【蒼白い】 あおじろい 【青白い】 あおたがい 【青田買い】 あおだたみ 【青畳】 あおっぽい 【青っぽい】 あおつばき 【青椿】 あおにさい 【青二才】 あおびかり 【青光り】 あおぶくれ 【青脹れ】 あおぶくれ 【青膨れ】 あおみどろ 【水綿】 あおみどろ 【青味泥】 あおむける 【仰向ける】 あおめだま 【青目玉】 あおものや 【青物屋】 あおもみじ 【青紅葉】 あかいわし 【赤鰯】 あかがえる 【赤蛙】 あかきいろ 【赤黄色】 あかずきん 【赤頭巾】 あかずのま 【開かずの間】 あかちゃけ 【赤茶け】 あかちゃん 【赤ちゃん】 あかっぱじ 【赤っ恥】 あかとんぼ 【赤蜻蛉】 あかぬける 【垢抜ける】 あかねいろ 【茜色】 あかねぐも 【茜雲】 あかねぞら 【あかね空】 あかまいし 【赤間石】 あからがお 【赤ら顔】 あからがお 【赭ら顔】 あからさま 【あからさま】 あからめる 【赧らめる】 あからんぷ 【赤ランプ】 あかりさき 【明かり先】 あかりとり 【明かり取り】 あかんたい 【亜寒帯】 あかんぼう 【赤ん坊】 あかワイン 【赤ワイン】 あがりがた 【上がり肩】 あがりぐち 【上がり口】 あがりこむ 【上がり込む】 あがりはな 【上がり端】 あがりばな 【上がり花】 あきあつし 【秋暑し】 あきおしむ 【秋惜しむ】 あきげしき 【秋景色】 あきざくら 【秋桜】 あきしょう 【厭き性】 あきしょう 【飽き性】 あきすずし 【秋涼し】 あきたいぬ 【秋田犬】 あきたかし 【秋高し】 あきたけん 【秋田県】 あきちかし 【秋近し】 あきっぽい 【飽きっぽい】 あきついり 【秋入梅】 あきのかわ 【秋の川】 あきのくれ 【秋の暮れ】 あきのこえ 【秋の声】 あきのそら 【秋の空】 あきのはな 【秋の花】 あきはばら 【秋葉原】 あきばしょ 【秋場所】 あきひがん 【秋彼岸】 あきびより 【秋日和】 あきふかし 【秋深し】 あきらめる 【諦める】 あくうかん 【亜空間】 あくぎゃく 【悪逆】 あくぎょう 【悪業】 あくぎょう 【悪行】 あくしゅう 【悪習】 あくしゅう 【悪臭】 あくしゅみ 【悪趣味】 あくしょう 【悪性】 あくたれる 【悪たれる】 あくたろう 【悪太郎】 あくひょう 【悪評】 あくみょう 【悪名】 あくりょう 【悪霊】 あくりょく 【握力】 あくるあさ 【明くる朝】 あくるとし 【明くる年】 あくるとし 【翌る年】 あけくれる 【明け暮れる】 あけずのま 【開けずの間】 あけのこる 【明け残る】 あけのはる 【明けの春】 あけはなす 【開け放す】 あけはなつ 【開け放つ】 あけはらう 【明け払う】 あけはらう 【開け払う】 あさがえり 【朝帰り】 あさぎいろ 【浅葱色】 あさぎいろ 【浅黄色】 あさぐろい 【浅黒い】 あさざくら 【朝桜】 あさすがた 【朝姿】 あさすずみ 【朝涼み】 あさづくよ 【朝月夜】 あさねがみ 【朝寝髪】 あさねぼう 【朝寝坊】 あさびより 【朝日和】 あさぼらけ 【朝ぼらけ】 あさましい 【浅ましい】 あしばらい 【足払い】 あすかでら 【飛鳥寺】 あずきいろ 【小豆色】 あずきがゆ 【小豆粥】 あずけにん 【預け人】 あずけもの 【預け物】 あそびうた 【遊び歌】 あそびにん 【遊び人】 あたまうち 【頭打ち】 あたまかず 【頭数】 あたまがち 【頭勝ち】 あたまきん 【頭金】 あだざくら 【徒桜】 あっしゅく 【圧縮】 あつりょく 【圧力】 あですがた 【艶姿】 あとまわし 【後回し】 あねったい 【亜熱帯】 あばたづら 【痘痕面】 あばれうま 【暴れ馬】 あばれもの 【暴れ者】 あぶらあげ 【油揚げ】 あぶらあせ 【脂汗】 あぶらだし 【脂出し】 あぶらびれ 【脂鰭】 あぶらむし 【油虫】 あほうどり 【信天翁】 あほうどり 【阿房鳥】 あまげしき 【雨景色】 あまつそら 【天つ空】 あまのがわ 【天の川】 あまのはら 【天の原】 あまびたい 【尼額】 あまもよい 【雨催い】 あまもよう 【雨模様】 あまやどり 【雨宿り】 あまガッパ 【雨ガッパ】 あみだくじ 【阿弥陀籤】 あめあがり 【雨上がり】 あめおとこ 【雨男】 あめおんな 【雨女】 あめざいく 【飴細工】 あめにてぃ 【アメニティ】 あめのうみ 【天の海】 あめふらし 【雨降】 あやをおる 【綾を織る】 あらいしゅ 【洗朱】 あらいたて 【洗い立て】 あらいもの 【洗い物】 あらしやま 【嵐山】 ありじごく 【蟻地獄】 ありたやき 【有田焼】 あるじがお 【主顔】 あるでんて 【アルデンテ】 あれもよう 【荒れ模様】 あれるげん 【アレルゲン】 あわじしま 【淡路島】 あわてもの 【慌て者】 あわをくう 【泡を食う】 あんごうか 【暗号化】 あんしょう 【暗礁】 あんしょく 【暗色】 あんずいろ 【杏色】 あんぜんび 【安全日】 あんちょく 【安直】 あんていき 【安定器】 あんていき 【安定期】 あんにゅい 【アンニュイ】 あんらくし 【安楽死】 アクリルが 【アクリル画】 アラビアご 【アラビア語】 アルちゅう 【アル中】 アルミはく 【アルミ箔】 6文字以上の『あ』から始まる言葉 ひらがな 表記 あつささむさもひがんまで 【暑さ寒さも彼岸まで】 あくだまコレステロール 【悪玉コレステロール】 あまてらすおおみかみ 【天照大御神】 アイスクリームずつう 【アイスクリーム頭痛】 アメリカれんごうこく 【アメリカ連合国】 アーサーおうでんせつ 【アーサー王伝説】 あいぜんみょうおう 【愛染明王】 あくせいリンパしゅ 【悪性リンパ腫】 あくせんみにつかず 【悪銭身につかず】 あくとくしょうほう 【悪徳商法】 あけのみょうじょう 【明けの明星】 あめふりしょうがつ 【雨降り正月】 あらびきソーセージ 【粗挽きソーセージ】 アルプスさんみゃく 【アルプス山脈】 アンドロメダぎんが 【アンドロメダ銀河】 あいがんどうぶつ 【愛玩動物】 あうんのこきゅう 【阿吽の呼吸】 あおいろしんこく 【青色申告】 あかだいだいいろ 【赤橙色】 あきさめぜんせん 【秋雨前線】 あくたがわしょう 【芥川賞】 あねったいきこう 【亜熱帯気候】 あめやよこちょう 【アメヤ横町】 あんこくせいうん 【暗黒星雲】 あんこくたいりく 【暗黒大陸】 あんこくぶっしつ 【暗黒物質】 あんぜんうんてん 【安全運転】 あんぜんせんげん 【安全宣言】 あんちゅうもさく 【暗中模索】 あんりょくしょく 【暗緑色】 アカデミーしょう 【アカデミー賞】 アクセスかいせき 【アクセス解析】 アラビアはんとう 【アラビア半島】 あいおもいぐさ 【相思い草】 あうとぶれいく 【アウトブレイク】 あおいきといき 【青息吐息】 あおいろといき 【青色吐息】 あおだいしょう 【青大将】 あおてんじょう 【青天井】 あおびょうたん 【青瓢箪】 あかちゃんゆび 【赤ちゃん指】 あかちょうちん 【赤提灯】 あかつきづくよ 【暁月夜】 あかるみにでる 【明るみに出る】 あきかぜがたつ 【秋風が立つ】 あきかぜのつき 【秋風の月】 あきくさのはな 【秋草の花】 あきのななくさ 【秋の七草】 あくえいきょう 【悪影響】 あくかんじょう 【悪感情】 あくじゅんかん 【悪循環】 あくじょうけん 【悪条件】 あくせんくとう 【悪戦苦闘】 あくびょうどう 【悪平等】 あくりょくけい 【握力計】 あこがれのまと 【憧れの的】 あずかりどころ 【預所】 あそびともだち 【遊び友達】 あそびはんぶん 【遊び半分】 あたまでっかち 【頭でっかち】 あつやきたまご 【厚焼き卵】 あつりょくがま 【圧力釜】 あつりょくけい 【圧力計】 あつりょくなべ 【圧力鍋】 あびきょうかん 【阿鼻叫喚】 あまのはしだて 【天橋立】 あまみおおしま 【奄美大島】 あまみしょとう 【奄美諸島】 あみだにょらい 【阿弥陀如来】 あやめのせっく 【菖蒲の節句】 あらたなるつき 【新たなる月】 あらまきじゃけ 【新巻鮭】 あらまきじゃけ 【荒巻鮭】 ありあけざくら 【有明桜】 ありあけのつき 【有明の月】 ありがたなみだ 【有難涙】 あんこうしょく 【暗紅色】 あんこくじだい 【暗黒時代】 あんこくちたい 【暗黒地帯】 あんごうしさん 【暗号資産】 あんごうつうか 【暗号通貨】 あんしゴーグル 【暗視ゴーグル】 あんぜんそうち 【安全装置】 あんぜんちたい 【安全地帯】 あんぜんベルト 【安全ベルト】 あんないじょう 【案内状】 あんにんどうふ 【杏仁豆腐】 アクセスきょひ 【アクセス拒否】 アクリルえのぐ 【アクリル絵の具】 アドレスちょう 【アドレス帳】 アンネのにっき 【アンネの日記】 あいあいがさ 【相合い傘】 あいかわらず 【相変わらず】 あいそづかし 【愛想尽かし】 あいそわらい 【愛想笑い】 あいたしゅぎ 【愛他主義】 あいとうのい 【哀悼の意】 あいはんする 【相反する】 あおうなばら 【青海原】 あおしんごう 【青信号】 あおじゃしん 【青写真】 あおなにしお 【青菜に塩】 あおみなづき 【青水無月】 あおもりけん 【青森県】 あかがねいろ 【銅色】 あかしんごう 【赤信号】 あかずのもん 【開かずの門】 あかちゃける 【赤茶ける】 あかつきやみ 【暁闇】 あかでんしゃ 【赤電車】 あかねとんぼ 【茜蜻蛉】 あかのたにん 【赤の他人】 あかめがしわ 【赤芽柏】 あがりかまち 【上がり框】 あがりさがり 【上がり下がり】 あきのおうぎ 【秋の扇】 あきれかえる 【呆れ返る】 あくたれぐち 【悪たれ口】 あくだまきん 【悪玉菌】 あくてんこう 【悪天候】 あけずのもん 【開けずの門】 あけはなれる 【明け放れる】 あけはなれる 【明け離れる】 あさむらさき 【浅紫】 あさめしまえ 【朝飯前】 あさゆくつき 【朝行く月】 あしゅらおう 【阿修羅王】 あしゅらどう 【阿修羅道】 あすあさって 【明日明後日】 あすかじだい 【飛鳥時代】 あずかりぬし 【預かり主】 あずかりもの 【預かり物】 あずきあらい 【小豆洗い】 あそびごころ 【遊び心】 あそびどうぐ 【遊び道具】 あそびなかま 【遊び仲間】 あたりちらす 【当り散らす】 あたりまなこ 【当たり眼】 あっとうてき 【圧倒的】 あつかわづら 【厚皮面】 あつげしょう 【厚化粧】 あぶらしょう 【脂性】 あまのじゃく 【天の邪鬼】 あまみつつき 【天満月】 あまよのつき 【雨夜の月】 あめふりばな 【雨降り花】 あらたにする 【新たにする】 あらぬすがた 【有らぬ姿】 あるかいっく 【アルカイック】 あるきスマホ 【歩きスマホ】 あれほうだい 【荒れ放題】 あわてんぼう 【慌てん坊】 あんこくめん 【暗黒面】 あんころもち 【餡ころ餅】 あんさんぶる 【アンサンブル】 あんししょく 【暗紫色】 あんしんかん 【安心感】 あんぜんぐつ 【安全靴】 あんぜんせい 【安全性】 あんぜんピン 【安全ピン】 あんそくじつ 【安息日】 あんていかん 【安定感】 あんないにん 【案内人】 あんドーナツ 【餡ドーナツ】 アキレスけん 【アキレス腱】 アクセスけん 【アクセス権】 アマゾンがわ 【アマゾン川】 アムールとら 【アムール虎】 アラビアうま 【アラビア馬】 アラビアかい 【アラビア海】 アラビアもじ 【アラビア文字】 アルカリせい 【アルカリ性】. 沖縄にはニホンウナギとオオウナギの2種類生息していますが、どちらも区別されず「ンチャンナジ」と総称され親しまれています。

  • きっと「そんなのがあるんだ」と感心されるはずです! 笑 関連記事リンク(外部サイト). その内容が「ん」という言葉で韻を踏むものとなっていることから、題名が ん廻しとされているそうです。

  • 3文字 えいが(映画) 映画館に供給され上映される動画 えーす(エース) 野球で一番手の投手のこと ええと 次の発言を考えているときに発する言葉 えがお(笑顔) ニコニコとした顔 えかき(絵描き) 絵を描いて生活している人 えきす(エキス) 有効成分を凝縮したもの えくぼ(エクボ) 笑うとできる窪み えじき(餌食) くいもの えすて(エステ) 美容の施術 えっぐ(エッグ) 玉子のこと えのぐ(絵具) 絵に色をつける材料 えびね(海老根) 野生ランのひとつで慎ましやかに咲きます えほん(絵本) 絵を中心にした子供向けの本 えもじ(絵文字) スマホなどで使われるイラスト文字 えりあ(エリア) 区域、地域 えりか(エリカ) 荒涼とした大地を埋め尽くすように咲く花 えんぎ(演技) 舞台や映画などで俳優が演じること えんご(援護) 困っている人を助けること えんど(エンド) 終わりのこと スポンサーリンク 4文字 えあこん(エアコン) エアコンディショナーのこと えあばす(エアバス) 欧州連合の航空機製造会社 えいこく(英国) イギリスのこと えいひれ(エイヒレ) エイのひれの干物 えいりん(映倫) 映画界の自主的な検閲機構 えきしゃ(易者) 易を行う人 えきすぽ(エキスポ) 国際博覧会のこと えきたい(液体) 物質の三体のひとつ えきでん(駅伝) 長距離を走るリレー えきべん(駅弁) 駅で販売されるお弁当 えくれあ(エクレア) 細長いシュークリームにチョコをかけた菓子 えしゃく(会釈) 一礼すること、挨拶 えすぱー(エスパー) 超能力者のこと えだまめ(枝豆) 未熟のうちに収穫した大豆 えっせい(エッセイ) 自由に書く随筆のこと えどっこ(江戸っ子) 江戸(東京)で生まれ育った人 えにしだ(金雀枝) 蝶のような黄色い花 えはがき(絵葉書) イラストなど挿絵入りのハガキ えびせん(海老せん) えびせんべいのこと えびちり(エビチリ) 海老のチリソース煮込みのこと えぷろん(エプロン) 料理用の前掛け えりあし(襟足) 耳の後ろ辺り、襟元に生える髪 えりーと(エリート) 社会的地位の高い人 えりんぎ(エリンギ) キノコの一種 えんかい(宴会) 酒盛りのこと えんがわ(エンガワ) ヒラメなどのヒレを動かす筋肉 えんげい(園芸) 野菜や果物、植木などを育てること えんすい(円錐) 円を底辺にもつ尖った立体 えんすと(エンスト) エンジンが意図せず止まってしまうこと えんぜる(エンゼル) 天使のこと えんぴつ(鉛筆) 筆記用具のひとつ えんりょ(遠慮) 控え目に行動すること スポンサーリンク 5文字 えあかーご(エアカーゴ) 航空貨物のこと えあばっぐ(エアバッグ) 車の安全装置のひとつ えあらいん(エアライン) 航空会社のこと えいじゅう(永住) 死ぬまでその土地に住むこと えいりあん(エイリアン) 異星人、宇宙人のこと えきさいと(エキサイト) 興奮すること えきざかむ(エキザカム) 青紫のメルヘンチックな花 えきすとら(エキストラ) 映画やドラマのチョイ役 えきちょう(駅長) 鉄道の駅の責任者 えきなせあ(エキナセア) 中心がこんもりとした花 えけべりあ(エケベリア) 肉厚な葉をもつ植物 えごいすと(エゴイスト) 利己主義な人 えこまーく(エコマーク) エコな商品に付けらるマーク えすかるご(エスカルゴ) カタツムリを使ったフランス料理 えちけっと(エチケット) 人を不快にさせないためのマナー えねるぎー(エネルギー) 燃料、運動、元気、精力など えのきだけ(エノキ茸) キノコの一種 えびふらい(エビフライ) 海老に衣を付けて揚げたもの えぴろーぐ(エピローグ) 小説などのあとがき えべれすと(エベレスト) 世界最高峰の山 えほうまき(恵方巻) 節分に食べる太巻き えめらるど(エメラルド) 緑色の宝石 えんきょく(婉曲) 遠回しに伝えること えんじにあ(エンジニア) 技術者のこと えんぶれむ(エンブレム) 車などのマーク えんぺらー(エンペラー) 皇帝のこと 6文字 えあぽけっと(えあぽけっと) 飛行機が急降下する空域 えあろびくす(エアロビクス) 有酸素運動のひとつ えきすぱーと(エキスパート) 熟練した人、玄人 えくささいず(エクササイズ) 健康のための運動 えくすぷれす(エクスプレス) 急行列車のこと えくせれんと(エクセレント) すんばらしぃ~ えごまあぶら(荏胡麻油) エゴマから採れる油 えしゃろっと(エシャロット) 小型のタマネギ えすぷれっそ(エスプレッソ) ギュッと凝縮されたコーヒー えちぜんがに(越前ガニ) ズワイガニのこと えでんのその(エデンの園) アダムとイブが追い出された楽園 えどまえずし(江戸前寿司) 東京湾で獲れた魚で握る寿司 えるぴーばん(LP盤) 長時間収録できるレコード えれきぎたー(エレキギター) 音を電気信号に変換するギター えれくとーん(エレクトーン) オルガンの商品名 えれべーたー(エレベーター) 人や物を垂直に移動させる運搬装置 えんどうまめ(えんどう豆) グリンピースのこと. 前後半で「寄合酒」「田楽喰い」が演じられる落語です。

  • その昔、飼っていた牛が逃げ出した際に角で土や石を動かして丘を作ったとされ、その際に「ンブフル!ンブフル!」と鳴いていたという伝説が語源となっているそうです。

しりとり『お』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

インドネシアの玄関口なので、利用したことがある人もいるかもしれませんね。

  • それでは基本ルールが破綻してしまうのでどうかと思いますが、もししりとりを続けたいなら、ここで紹介した「ん」から始まる言葉をぜひ使ってみてくださいね。

  • ただし、これらは名詞ではないため、しりとりでは使えないというのが難点ですね。

  • ンガイ島 ンガイ島はタイのプーケットやトランから船で行くことのできる島です。

『ぬ』から始まる言葉 一覧

「馬」と「梅」の古い読み方 日本では「馬」や「梅」など「う」から始まる言葉の中には、かつて「ん」から読まれていたのだとか。

  • 「ん」から始まる名字がある 日本には「ん」から始まる名字がいくつかあるとされます。

  • これはインドネシアにある空港で、当地の英雄の名前から命名されました。

  • その中には「ん」から始まる言葉も多いため、ここでは一部とはなってしまうものの、少しだけご紹介します。

しりとり『い』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

1文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 の 【野】 2文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のう 【のう】 のう 【脳】 のき 【軒】 のく 【退く】 のこ 【鋸】 のし 【伸し】 のし 【熨斗】 のじ 【野路】 のす 【伸す】 のち 【後】 ので 【ので】 のど 【咽】 のど 【喉】 のに 【のに】 のび 【伸び】 のび 【延び】 のび 【野火】 のべ 【延べ】 のべ 【野辺】 のみ 【のみ】 のみ 【蚤】 のみ 【鑿】 のむ 【呑む】 のむ 【飲む】 のら 【野良】 のり 【乗り】 のり 【則】 のり 【法】 のり 【海苔】 のり 【糊】 のる 【乗る】 のる 【告る】 のる 【宣る】 のる 【載る】 3文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうか 【濃化】 のうか 【農家】 のうか 【農科】 のうき 【納期】 のうき 【農期】 のうぐ 【農具】 のうし 【直衣】 のうし 【脳死】 のうじ 【能事】 のうじ 【農事】 のうそ 【曩祖】 のうち 【農地】 のうど 【濃度】 のうど 【農奴】 のうは 【脳波】 のうひ 【能否】 のうふ 【納付】 のうふ 【農夫】 のうふ 【農婦】 のうむ 【濃霧】 のうり 【能吏】 のうり 【脳裏】 のうり 【脳裡】 のかい 【野飼】 のかい 【野飼い】 のがけ 【野駆】 のがけ 【野駆け】 のがす 【逃す】 のがも 【野鴨】 のきば 【軒端】 のぎく 【野菊】 のける 【退ける】 のける 【除ける】 のこす 【残す】 のこす 【遺す】 のこり 【残り】 のこる 【残る】 のしめ 【のし目】 のしめ 【熨斗目】 のじめ 【野締め】 のずえ 【野末】 のせる 【乗せる】 のせる 【載せる】 のぞき 【覗き】 のぞく 【覗く】 のぞく 【覘く】 のぞく 【除く】 のぞみ 【望み】 のぞむ 【望む】 のぞむ 【臨む】 のだち 【野太刀】 のだて 【野だて】 のだて 【野点】 のだて 【野立て】 のっけ 【のっけ】 のっぽ 【のっぽ】 のづみ 【野積み】 のづら 【野面】 のてん 【野天】 のどか 【長閑】 のどわ 【喉輪】 のなか 【野中】 のはら 【野原】 のばす 【伸ばす】 のばす 【延ばす】 のばな 【野花】 のびる 【伸びる】 のびる 【延びる】 のびる 【野蒜】 のぶし 【野伏】 のぶし 【野武士】 のべつ 【のべつ】 のべる 【叙べる】 のべる 【延べる】 のべる 【述べる】 のべる 【陳べる】 のぼす 【上ぼす】 のぼり 【上り】 のぼり 【幟】 のぼる 【上る】 のぼる 【昇る】 のぼる 【登る】 のます 【呑す】 のます 【飲す】 のます 【飲ます】 のみか 【のみか】 のみち 【野道】 のみて 【飲み手】 のみて 【飲手】 のみや 【呑屋】 のみや 【飲み屋】 のみや 【飲屋】 のめす 【のめす】 のめる 【のめる】 のめる 【飲める】 のやき 【野焼】 のやき 【野焼き】 のやま 【野山】 のらぎ 【野良着】 のりき 【乗り気】 のりて 【乗り手】 のりて 【乗手】 のりと 【祝詞】 のりば 【乗り場】 のりば 【乗場】 のれん 【暖簾】 のろい 【鈍い】 のろう 【呪う】 のろう 【詛う】 のろけ 【惚気】 のろけ 【惚氣】 のろし 【狼煙】 のろま 【のろま】 のわき 【野分】 のんき 【呑気】 のんき 【暢気】 4文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のあそび 【野遊び】 のあらし 【野荒し】 のあらし 【野荒らし】 のいばら 【野茨】 のいばら 【野薔薇】 のうえん 【濃艶】 のうえん 【脳炎】 のうえん 【農園】 のうかい 【納会】 のうかん 【納棺】 のうかん 【脳幹】 のうがき 【能書】 のうがき 【能書き】 のうがく 【能楽】 のうがく 【農学】 のうきぐ 【農機具】 のうきん 【納金】 のうげい 【農芸】 のうげか 【脳外科】 のうこう 【濃厚】 のうこう 【濃香】 のうこう 【農工】 のうこう 【農耕】 のうこう 【農高】 のうこつ 【納骨】 のうこん 【濃紺】 のうさい 【納采】 のうさい 【能才】 のうさぎ 【野兎】 のうさく 【農作】 のうさつ 【悩殺】 のうさつ 【納札】 のうしゃ 【納車】 のうしゃ 【農舎】 のうじゅ 【納受】 のうすい 【農水】 のうずい 【脳髄】 のうせい 【脳性】 のうせい 【農政】 のうぜい 【納税】 のうそう 【濃粧】 のうそん 【農村】 のうたん 【濃淡】 のうだい 【農大】 のうてい 【嚢底】 のうてん 【脳天】 のうとう 【脳頭】 のうどう 【能動】 のうどう 【農道】 のうない 【脳内】 のうなし 【能無し】 のうのう 【のうのう】 のうひつ 【能筆】 のうひん 【納品】 のうぶん 【能文】 のうへい 【農兵】 のうべん 【能弁】 のうほう 【嚢胞】 のうほう 【膿疱】 のうほう 【農法】 のうほん 【納本】 のうまく 【脳膜】 のうまつ 【濃抹】 のうみそ 【脳みそ】 のうみそ 【脳味噌】 のうみつ 【濃密】 のうみん 【農民】 のうめん 【能面】 のうやく 【農薬】 のうよう 【膿瘍】 のうらん 【悩乱】 のうらん 【脳乱】 のうりつ 【能率】 のうりん 【農林】 のがれる 【逃れる】 のきさき 【軒先】 のきした 【軒下】 のきたけ 【軒丈】 のきなみ 【軒並】 のきなみ 【軒並み】 のきわり 【軒割】 のきわり 【軒割り】 のぎへん 【禾偏】 のけぞる 【仰け反る】 のけもの 【のけ者】 のけもの 【除者】 のこくず 【鋸屑】 のこった 【残った】 のこのこ 【のこのこ】 のこらず 【残らず】 のこりが 【残り香】 のこりび 【残り火】 のさばる 【のさばる】 のざらし 【野ざらし】 のざらし 【野晒】 のしいか 【伸烏賊】 のしがみ 【のし紙】 のしがみ 【熨斗紙】 のしもち 【伸し餅】 のしもち 【伸餅】 のじゅく 【野宿】 のそだち 【野育ち】 のそのそ 【のそのそ】 のぞきみ 【のぞき見】 のぞきみ 【覗見】 のたうつ 【のたうつ】 のたくる 【のたくる】 のだいこ 【野幇間】 のちざん 【後産】 のちぞい 【後添】 のちぞい 【後添い】 のちのち 【後後】 のちほど 【後程】 のっかる 【のっかる】 のっける 【乗っける】 のっそり 【のっそり】 のっとる 【乗っ取る】 のっとる 【則る】 のっとる 【法る】 のっぺり 【のっぺり】 のつそつ 【伸つ反つ】 のどくび 【喉頸】 のどくび 【喉首】 のどけし 【長閑けし】 のどごし 【喉越し】 のどひこ 【喉彦】 のどぶえ 【喉笛】 のどもと 【喉元】 のねずみ 【野鼠】 ののさま 【ののさま】 ののしる 【罵る】 のばかま 【野ばかま】 のばかま 【野袴】 のばなし 【野放し】 のびしろ 【伸び代】 のびのび 【伸び伸び】 のびのび 【延び延び】 のびやか 【伸びやか】 のびやか 【延びやか】 のびりつ 【伸び率】 のぶすま 【野衾】 のぶせり 【野伏せり】 のぶせり 【野臥り】 のぶとい 【野太い】 のぶれば 【陳者】 のべいた 【延べ板】 のべいた 【延板】 のべがね 【延べ金】 のべがね 【延金】 のべがみ 【延べ紙】 のべがみ 【延紙】 のべざお 【延べざお】 のべざお 【延棹】 のべざお 【延竿】 のべたら 【のべたら】 のべつぼ 【延べ坪】 のべつぼ 【延坪】 のべぼう 【延べ棒】 のべぼう 【延棒】 のほうず 【野放図】 のほうず 【野方図】 のほほん 【のほほん】 のぼせめ 【逆上目】 のぼせる 【上せる】 のぼせる 【逆上せる】 のませる 【呑せる】 のませる 【飲せる】 のませる 【飲ませる】 のまれる 【飲まれる】 のみかい 【飲み会】 のみくい 【飲み食い】 のみくい 【飲食い】 のみくち 【飲み口】 のみくち 【飲口】 のみぐち 【のみ口】 のみぐち 【呑口】 のみこむ 【呑み込む】 のみこむ 【呑込み】 のみこむ 【飲み込み】 のみこむ 【飲み込む】 のみこむ 【飲込み】 のみこむ 【飲込む】 のみさし 【飲み差し】 のみさし 【飲差し】 のみしろ 【飲み代】 のみすけ 【呑助】 のみすけ 【飲助】 のみほす 【飲み干す】 のみほす 【飲乾す】 のみほす 【飲干す】 のみみず 【飲み水】 のみみず 【飲水】 のみもの 【飲み物】 のめのめ 【のめのめ】 のらいぬ 【野良犬】 のらくら 【のらくら】 のらごえ 【野良声】 のらねこ 【野良猫】 のりあい 【乗り合い】 のりあい 【乗合い】 のりおり 【乗り降り】 のりおり 【乗降り】 のりかえ 【乗り換え】 のりかえ 【乗換え】 のりきる 【乗り切る】 のりきる 【乗切る】 のりくむ 【乗り組む】 のりくむ 【乗組む】 のりこす 【乗り越す】 のりこす 【乗越す】 のりこむ 【乗り込む】 のりこむ 【乗込む】 のりする 【糊する】 のりだい 【のり代】 のりだい 【糊代】 のりだす 【乗り出す】 のりだす 【乗出す】 のりつぐ 【乗り継ぐ】 のりつぐ 【乗継ぐ】 のりづけ 【のり付け】 のりづけ 【糊付】 のりにげ 【乗り逃げ】 のりにげ 【乗逃げ】 のりまき 【のり巻き】 のりまき 【海苔巻】 のりもの 【乗り物】 のりもの 【乗物】 のろくさ 【のろ臭】 のろくさ 【鈍臭】 のろける 【惚ける】 のろのろ 【のろのろ】 のんびり 【のんびり】 のんべえ 【呑兵衛】 のんべえ 【飲んべえ】 のんべえ 【飲兵衛】 5文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうかんき 【農閑期】 のうきょう 【納経】 のうきょう 【膿胸】 のうきょう 【農協】 のうぎょう 【農業】 のうしゅく 【濃縮】 のうしょう 【脳漿】 のうしょう 【脳症】 のうしょう 【農相】 のうじゅう 【膿汁】 のうじょう 【農場】 のうちゅう 【嚢中】 のうちゅう 【脳中】 のうてんき 【能天気】 のうてんき 【能転気】 のうてんき 【脳天気】 のうにゅう 【納入】 のうはんき 【農繁期】 のうびょう 【脳病】 のうりょう 【納涼】 のうりょく 【濃緑】 のうりょく 【能力】 のきしのぶ 【軒忍】 のきならび 【軒並び】 のこりぐさ 【残り草】 のこりもの 【残り物】 のしあがる 【のし上がる】 のしあがる 【伸上がる】 のしあわび 【熨斗鮑】 のしかかる 【のし掛かる】 のしかかる 【のし掛る】 のしかかる 【伸掛る】 のしこんぶ 【のし昆布】 のしこんぶ 【熨斗昆布】 のしぶくろ 【のし袋】 のしぶくろ 【熨斗袋】 のぞかせる 【のぞかせる】 のぞきあな 【のぞき穴】 のぞきあな 【覗き穴】 のぞきまど 【のぞき窓】 のぞきまど 【覗窓】 のぞましい 【望ましい】 のたれじに 【野垂れ死に】 のたれじに 【野垂死】 のちのつき 【後の月】 のどじまん 【喉自慢】 のどぼとけ 【喉仏】 のびあがる 【伸び上がる】 のびざかり 【伸び盛り】 のびちぢみ 【伸び縮み】 のびなやむ 【伸び悩む】 のべばらい 【延べ払い】 のべばらい 【延払い】 のぼりあゆ 【上り鮎】 のぼりがま 【上り窯】 のぼりくち 【上り口】 のぼりくち 【登り口】 のぼりざか 【上り坂】 のぼりづき 【上り月】 のみあかす 【呑み明す】 のみあかす 【飲み明かす】 のみあかす 【飲明す】 のみくだす 【飲み下す】 のみくだす 【飲下す】 のみこうい 【のみ行為】 のみこうい 【呑行為】 のみたおす 【飲み倒す】 のみたおす 【飲倒す】 のみつぶす 【呑潰す】 のみつぶす 【飲み潰す】 のみつぶす 【飲潰す】 のみならず 【のみならず】 のみまわす 【飲み回す】 のみまわす 【飲回す】 のみりょう 【飲み料】 のめりこむ 【のめり込む】 のらしごと 【野良仕事】 のらむすこ 【野良息子】 のりあげる 【乗り上げる】 のりあげる 【乗上げる】 のりいれる 【乗り入れる】 のりいれる 【乗入れる】 のりうつる 【乗り移る】 のりうつる 【乗移る】 のりかえる 【乗り換える】 のりかえる 【乗換える】 のりかかる 【乗り掛かる】 のりかかる 【乗り掛る】 のりこえる 【乗り越える】 のりこえる 【乗越える】 のりごこち 【乗り心地】 のりごこち 【乗心地】 のりすごす 【乗り過ごす】 のりすごす 【乗過す】 のりすてる 【乗り捨てる】 のりすてる 【乗捨てる】 のりつける 【乗り付ける】 のりつける 【乗付ける】 のりつぶす 【乗り潰す】 のりまわす 【乗り回す】 のりまわす 【乗回す】 のろくさい 【のろ臭い】 のろくさい 【鈍臭い】 のろわしい 【呪わしい】 のんだくれ 【飲んだくれ】 6文字以上の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうぎょうきょうどうくみあい 【農業協同組合】 のうぎょうこうとうがっこう 【農業高等学校】 のうりんすいさんだいじん 【農林水産大臣】 のうりんすいさんしょう 【農林水産省】 のうせきずいまくえん 【脳脊髄膜炎】 のうしゅくかんげん 【濃縮還元】 のうなんかしょう 【脳軟化症】 のうりょくきゅう 【能力給】 のりかかったふね 【乗り掛かった船】 のうかすいたい 【脳下垂体】 のうきょうげん 【能狂言】 のうしゅっけつ 【脳出血】 のうじゅうけつ 【脳充血】 のうすいしょう 【農水相】 のうすいしょう 【農水省】 のうぜんかずら 【凌霄花】 のうそっちゅう 【脳卒中】 のうちかいかく 【農地改革】 のうほんしゅぎ 【農本主義】 のうりつきゅう 【能率給】 のうりょくいろ 【濃緑色】 のぞきからくり 【覗きからくり】 のっぴきならぬ 【のっぴきならぬ】 のぼりちょうし 【上り調子】 のみとりまなこ 【のみ取り眼】 のみとりまなこ 【蚤取り眼】 のみとりまなこ 【蚤取眼】 のやまのにしき 【野山の錦】 のんべんだらり 【のんべんだらり】 のういっけつ 【脳溢血】 のうけっせん 【脳血栓】 のうこうそく 【脳梗塞】 のうさいぼう 【脳細胞】 のうさぎょう 【農作業】 のうさくぶつ 【農作物】 のうさんそん 【農山村】 のうさんぶつ 【農産物】 のうしゅよう 【脳腫瘍】 のうしんけい 【脳神経】 のうしんとう 【脳震盪】 のうせきずい 【脳脊髄】 のうどうたい 【能動態】 のうどうてき 【能動的】 のうひんけつ 【脳貧血】 のうほうしん 【膿疱疹】 のうまくえん 【脳膜炎】 のうやくしゃ 【能役者】 のこりおおい 【残り多い】 のこりおしい 【残り惜しい】 のこりすくな 【残り少な】 のこりのきく 【残りの菊】 のこりのつき 【残りの月】 のすたるじあ 【ノスタルジア】 のぞきめがね 【のぞき眼鏡】 のぞきめがね 【覗き眼鏡】 のぞむらくは 【望むらくは】 のたりのたり 【のたりのたり】 のちのつきみ 【後の月見】 のちのひがん 【後の彼岸】 のっしのっし 【のっしのっし】 のっつそっつ 【伸っつ反っつ】 のっぺいじる 【のっぺい汁】 のっぺいじる 【濃餅汁】 のっぺいじる 【能平汁】 のっぺらぼう 【のっぺらぼう】 のっぺらぽう 【のっぺらぽう】 のべじんいん 【延べ人員】 のべじんいん 【延人員】 のべにっすう 【延べ日数】 のべにっすう 【延日数】 のぼせあがる 【のぼせ上がる】 のぼせあがる 【逆上せ上がる】 のぼりすがた 【上り姿】 のぼりつめる 【上り詰める】 のぼりつめる 【昇り詰める】 のぼりつめる 【登り詰める】 のみこみがお 【飲み込み顔】 のみつぶれる 【呑潰れる】 のみつぶれる 【飲み潰れる】 のみつぶれる 【飲潰れる】 のらりくらり 【のらりくらり】 のりあわせる 【乗り合わせる】 のりあわせる 【乗合せる】 のりおくれる 【乗り遅れる】 のりおくれる 【乗遅れる】 のりくみいん 【乗組員】 のるかそるか 【のるか反るか】 のるかそるか 【伸るか反るか】. 「つがむら」と読める「栂村」は、 んがむらとも読む名字があるとされます。

  • また、日本語の中には古くから「う」を「ん」と発音する砕けた口語が存在します。

  • 実際はさておき、日本には「ん」で始まる名字があるとされているということです。

しりとり『お』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

日本人の名字としても多い「篠崎」も「しのざき」という読みの他に、 んのざきと読む名字があるんだとか。

  • おいる(オイル) 油、または潤滑油のこと おうじ(王子) 王様の息子 おうて(王手) 将棋で次の手で王将をとれる状態 おうろ(往路) 行き道、復路の反対 おおば(大葉) 青じその葉っぱ おーむ(オーム) 電気抵抗の単位 おおや(大家) 賃貸住宅を貸している人、持ち主 おかか かつお節のこと おから 大豆の搾りかすから作った総菜 おかん(悪寒) ゾクゾクとする寒気 おくら(オクラ) 粘りのある野菜 おすし(お寿司) 握った酢飯に魚介を合わせたもの おせじ(お世辞) 心にもない誉め言葉 おせろ(オセロ) 日本生まれのボードゲーム おちば(落ち葉) 植物から落ちた葉っぱのこと おちゃ(お茶) 茶葉からつくる飲み物 おでこ ひたい、眉の上から髪の生え際までのこと おでん 色んな具材を煮込んだ料理、関東煮のこと おとこ(男) 人間の性別のひとつ、女性の反対 おなか(御中) 腹のこと おなら 屁のこと おはぎ(御萩) お彼岸に食べるあんこ餅 おばけ(お化け) 幽霊のこと おばな(尾花) ススキのこと おひや(お冷) 冷たい水 おふろ(お風呂) 入浴するための浴槽や設備のこと おもち(お餅) もち米を蒸してついたもの おもと(万年青) 赤い果実がなる観葉植物 おやき(お焼き) 野菜の餡が入った小麦の生地を焼いたもの おやつ 間食のこと おんさ(音叉) 楽器の音合わせに使う道具 おんな(女) 人間の性別のひとつ、男性の反対 スポンサーリンク 4文字 おあしす(オアシス) 砂漠にある水源や緑地 おいどん 男性が使う一人称のひとつ オイドン? しかしこれらはいずれも、実際に存在する名字なのか分かっていません。

  • 伝統的な東京方言をはじめ、現在も方言として残る地方もあります。

  • 他にも「まごし」という読みではなく、 んまこしと読む「馬越」。

『ぬ』から始まる言葉 一覧

ビーチリゾートが広がる静かな島で、タイの原風景が残る貴重な場所です。

  • おういん(押印) ハンコを押すこと おうかん(王冠) 王様がかぶる冠のこと おうじょ(王女) 王様の娘 おうてん(横転) 車がひっくり返ること おうべい(欧米) アメリカとヨーロッパのこと おおおく(大奥) 将軍の正室と側室が住む江戸城の住居 おおげさ(大袈裟) 本当より誇張すること おおぞら(大空) 広々とした空のこと おーたむ(オータム) 英語で秋のこと おーぼえ(オーボエ) 木管楽器のひとつ おーろら(オーロラ) 北極や南極で見らえる発光現象 おかわり(お代わり) 同じものを要求すること おきもの(置物) 部屋に置く飾りもの おざなり(お座なり) その場の思い付きでいい加減なこと おしのび(お忍び) 有名人が人目を忍んで行動すること おしばな(押し花) 植物をノートなどに挟んで乾燥させたもの おしょく(汚職) 議員などが便宜を図る代わりにお金を受け取ること おしるこ(お汁粉) 小豆を砂糖で甘く煮たもの おしんこ(お新香) お漬物のこと おぞうに(お雑煮) お正月に食べるお汁 おそまつ(お粗末) 稚拙で低級であること おたから(お宝) 宝物、財宝のこと おだまき(苧環) ユニークな姿の花 おちこむ(落ち込む) 気分が沈み込むこと おてあげ(お手上げ) もうどうしようもない状態 おてんば(お転婆) 活発で元気な女の子 おとうと(弟) 同じ両親から生まれた年下の男 おにおん(オニオン) タマネギのこと おにぎり ごはんを握ったもの おにゆり(鬼百合) ちょぴり毒毒しいユリ おぱーる(オパール) 虹のように輝く鉱物 おはじき 女の子が遊ぶ平たいガラス おまもり(お守り) 神社などで売られているお札に入った袋 おむれつ(オムレツ) 洋風の玉子焼き おらんだ(オランダ) ヨーロッパ北西部に位置する国 おりーぶ(オリーブ) 果実からオリーブ油が作られます おりがみ(折り紙) 紙を折って動物などの形にする遊び おるがん(オルガン) 鍵盤楽器のひとつ おれんじ(オレンジ) 柑橘系の果物 おんせん(温泉) 地中から湧き出るお湯を使った入浴施設 スポンサーリンク 5文字 おいすたー(オイスター) 牡蠣のこと おうしょう(王将) 将棋で一番大切な駒 おおあたり(大当たり) ズバリ的中すること おーきっど(オーキッド) 洋ランのこと おおごしょ(大御所) その業界の第一人者 おーしゃん(オーシャン) 大海、大洋のこと おおずもう(大相撲) 日本相撲協会が主催する興行 おおそうじ(大掃除) 新年を迎えるための大がかりな掃除 おーでぃお(オーディオ) 音楽を再生する機器のこと おーどぶる(オードブル) コース料理でスープ前にでる料理のこと、前菜 おおはずれ(大外れ) 的にかすりもしないこと おーぷなー(オープナー) 缶切り、栓抜きのこと おおめだま(大目玉) こっぴどく叱られること おおわらわ(大わらわ) 一生懸命に取り組むこと おきざりす(オキザリス) カタバミの仲間で身近なところに咲きます おきてがみ(置き手紙) 用件を伝える手紙 おきにいり(お気に入り) ネットサイトのブックマーク おくじょう(屋上) 建物の最上部で人が出入りできる平らな場所 おくとぱす(オクトパス) タコのこと おじいさん(お爺さん) 老年の男性のこと おじぎそう(お辞儀草) 触れると葉が閉じる植物 おぜんだて(お膳立て) 手筈を整えておくこと おぞましい とても嫌な感じ おたちだい(お立ち台) 勝者インタビューを受ける人が乗るステージ おっかない 怖い、恐ろしい おとしだま(お年玉) 新年を祝って人に贈るお金のこと おにごっこ(鬼ごっこ) 子供たちの遊び おふぇんす(オフェンス) スポーツにおいての攻撃、ディフェンスの反対 おふさいど(オフサイド) サッカーで攻撃側の待ち伏せ禁止のルール おぶらーと(オブラート) デンプンから作った薄い透明フィルム おみなえし(女郎花) 秋の七草のひとつ おむらいす(オムライス) ケチャップライスを焼いた卵で包みます おやこどん(親子丼) 鶏肉と卵でつくる丼 おるごーる(オルゴール) 機械仕掛けでメロディーが流れます おんがえし(恩返し) 人から受けた恩に報いること おんしらず(恩知らず) 人から受けた恩に報いないこと おんどけい(温度計) 温度を測る計器 スポンサーリンク 6文字 おいかけっこ(追い掛けっこ) 相手を走って追い掛ける子供の遊び おいなりさん(お稲荷さん) 稲荷寿司のこと おうんごーる(オウンゴール) サッカーで自殺点のこと おーがにっく(オーガニック) 有機栽培で作られた作物 おーくしょん(オークション) 競売のこと おーけすとら(オーケストラ) 管弦楽団 おおそとがり(大外刈り) 柔道の技のひとつ おーでころん(オーデコロン) 芳香化粧品 おおぼらふき(大ぼら吹き) 大ウソつきのこと おおばんやき(大判焼き) 回転焼き、今川焼きとも呼びます おきしどーる(オキシドール) 消毒に使う過酸化水素の水溶液 おくとーばー(オクトーバー) 英語で10月のこと おこのみやき(お好み焼き) 大阪と広島の名物です おしゃかさま(お釈迦様) 仏教の開祖シッダールタのこと おしょうさん(和尚さん) お寺のお坊さんのこと おじょうさん(お嬢さん) 妙齢の女性、または資産家のご令嬢 おしろいばな(白粉花) 夕暮れにひっそりと咲く花 おすかーぞう(オスカー像) アカデミー賞の副賞 おとぎりそう(弟切草) 暑い夏に人知れず咲いています おふぃしゃる(オフィシャル) 公式、公認 おぺれーたー(オペレーター) 機械の操作をする人 おまーるえび(オマール海老) ロブスターとも呼ばれます おまわりさん(お巡りさん) 警察官のこと おまんじゅう(お饅頭) アンコが入った和菓子 おもわせぶり(思わせぶり) 異性がこちらに好意があるような態度をとること おらうーたん(オラウータン) 人に最も近い霊長類、森の人と呼ばれます おりんぴっく(オリンピック) 4年に一度のスポーツの祭典. ンゴロンゴロ保全地域 ンゴロンゴロ保全地域は東アフリカのタンザニアという国にある世界遺産です。

  • 3文字 いいえ 相手の意見に反対する言葉 いえす(イエス) 相手の意見に同意する言葉 いおう(硫黄) 原子番号16番の元素 いかり(怒り) 人の感情のひとつ、憤り いくら(イクラ) 鮭の卵 いけん(意見) ある事柄に対する考えや主張 いげん(威厳) 堂々として近寄りがたい様子 いこい(憩い) くつろぐこと、休憩 ふぃ~ いこく(異国) 外国のこと いしゃ(医者) 病気を治療してくれる人 いじん(偉人) 偉大な功績を残した人 いずみ(泉) 水が湧き出るところ いせき(遺跡) かつての文明の跡 いたみ(痛み) 肉体的または精神的な苦しみ いちい(一位) 真っ赤な果実がなる植物 いちご(苺) 甘酸っぱくて美味しい果物 いつわ(逸話) 知る人ぞ知るエピソード いてざ(いて座) 夏の夜を代表する星座 いとこ(従妹、従姉、従弟、従兄) 親の姉妹(兄弟)の子供 いなか(田舎) 自然豊かな場所、都会の反対 いなご(イナゴ) バッタの仲間の総称 いのち(命) 生物が生きていくための源 いばる(威張る) 人に対して偉そうに振る舞うこと いふく(衣服) 私たちが身にまとうものの総称、衣類 いらく(イラク) イランの東側に位置する中東の国 いらん(イラン) イラクの西側に位置する中東の国 いりえ(入り江) 海岸線のくぼみのこと いりこ 煮干しのこと いれば(入れ歯) 失った歯の代わりに使う義歯 いわし(鰯) ニシン科のお魚 いわな(イワナ) 清流に住むお魚 いんき(陰気) 気分がどんよりとしているさま いんど(インド) 南アジアの大国 スポンサーリンク 4文字 いえめん(イエメン) アラビア半島に位置する国 いかなご(イカナゴ) イカナゴ科の魚、明石のくぎ煮が有名 いかめし(イカ飯) イカを使った北海道の郷土料理 いきしあ(イキシア) 翡翠色の花 いぎりす(イギリス) イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドからなる連合王国 いぐあな(イグアナ) アメリカ大陸に生息するトカゲ いこーる(イコール) 等しいこと いざかや(居酒屋) お酒や料理を提供してくれる飲食店 いさりび(漁火) 漁業で魚をおびき寄せるために焚く火 いしころ(石ころ) 小石のこと いしゅう(異臭) 嫌~な臭い クサッ いしゅく(萎縮) 気持ちが萎えてやる気がなくなること いせえび(伊勢海老) 海老の王様 いそとま(イソトマ) 青い星形の花 いたずら(悪戯) 悪ふざけ いたわさ(板わさ) 切った蒲鉾にワサビを添えたもの いちじく(無花果) つぶつぶ食感の果実 いちょう(銀杏) 秋になると葉が黄金色に色付きます いでんし(遺伝子) 子孫に受け継がれる遺伝情報 いなずま(稲妻) 稲光のこと いねむり(居眠り) うたた寝のこと ZZZ いべんと(イベント) 催し、行事 いめーじ(イメージ) 想像した姿 いもうと(妹) 両親から生まれた年下の女の子 いもむし(芋虫) 蝶などの幼虫、青虫 いらいら(イライラ) 思い通りにならず苛立った様子 イライラ いらすと(イラスト) 簡略化された絵 いろがみ(色紙) 色とりどりの紙 いんしつ(陰湿) ネチネチひねくれた様子 ヒヒヒ いんてり(インテリ) 知識豊富な人 スポンサーリンク 5文字 いいかげん(いい加減) 物事をやり遂げない適当な様子 クガー いいなずけ(許嫁) 両親公認で結婚を約束した相手 いくじなし(意気地なし) 困難に立ち向かわない腰抜けのこと いさみあし(勇み足) 優勢のなか勢い余って負けること いしあたま(石頭) 融通の利かない考えの人 いしだたみ(石畳) 石を敷き詰めた道 いじっぱり(意地っ張り) 自分の意思を通す、融通の利かない人 いそべあげ(磯辺揚げ) 衣に海苔を入れた天ぷら いそべまき(磯辺巻き) 海苔を巻いた食べ物 いたけだか(居丈高) 人を威圧する態度のこと いたちょこ(板チョコ) 板状のチョコレート いなびかり(稲光) いなずま、雷のこと いなりずし(稲荷寿司) たいたお揚げに酢飯を詰め込んだもの いほうじん(異邦人) 外国人のこと いもけんぴ(芋けんぴ) サツマイモを揚げたお菓子 いやほーん(イヤホーン) 一人で音楽などを楽しむスピーカー いやりんぐ(イヤリング) 耳飾りのこと いりじうむ(イリジウム) 原子番号77番の元素 いろおとこ(色男) 美男子のこと いわしぐも(鰯雲) 秋の空にでるうろこ状の雲 6文字 いーすときん(イースト菌) パンを膨らませるための酵母 いしやきいも(石焼き芋) 小石と一緒に加熱調理したサツマイモ いちがんれふ(一眼レフ) カメラの構造による分類のひとつ いちごいちえ(一期一会) 出会いを大切にする茶道のおしえ いぬほおずき(犬酸漿) 道端に咲く花 いまがわやき(今川焼) 回転焼き、大判焼きとも呼ばれます いれぎゅらー(イレギュラー) 変則的な動き いろえんぴつ(色鉛筆) 色鮮やかな鉛筆のこと いんげんまめ(インゲン豆) 鞘ごと食べるお豆さん いんたーはい(インターハイ) 全国高等学校総合体育大会のこと いんたびゅー(インタビュー) 一方が他方に質問をして回答を得ること いんどねしあ(インドネシア) 多くの島からなる東南アジアの国 スポンサーリンク 7文字 いかすみぱすた(イカ墨パスタ) イカ墨を使ったベネチアの名物 いしんでんしん(以心伝心) 言葉を使わずに意思が通じること いそぎんちゃく(イソギンチャク) 海の中でゆらゆらと漂う動物 いちまつもよう(市松模様) 格子の模様のひとつ いちもうだじん(一網打尽) 一挙に捕まえること いっきいちゆう(一喜一憂) 物事に対し喜んだり 悲しんだり すること いみてーしょん(イミテーション) 模倣品のこと いんたーねっと(インターネット) コンピューターのネットワークのこと いんたーふぉん(インターフォン) 玄関に取り付ける通話装置 いんぱちぇんす(インパチェンス) 色鮮やかな花が咲きます いんふるえんざ(インフルエンザ) ウィルス性の感染症. ングラ・ライ国際空港 「ん」から始まる大規模施設として国際空港もあります。

  • ングラ・ライ国際空港というのは2013年までの名前で、現在は「イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港」と名称が変更されています。

しりとり『お』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

ここではその中でもいくつかご紹介します。

  • これらの読みの名字があるとされてはいますが、実際に名乗っている人が見つからないことから幽霊名字と呼ばれています。

  • サーターアンダギーは小麦粉と鶏卵、そして砂糖(黒糖や三温糖)を混ぜて作る揚げたものなので別のお菓子という事になります。

  • ンチャンナジ ンチャンナジは沖縄の言葉でウナギのことです。

しりとり『は』から始まる言葉!文字数ごとに紹介するよ【説明付き】

普通の競馬とは違って、速さだけではなく美しさや優雅さ、人と馬の呼吸、リズムなどが競われるのが特徴のスポーツとなっています。

  • 紛らわしいですが「ソロモン諸島」という国名で、正式名称は「Solomon Islands」といいます。

  • 例えば「生まれる」を んまれる、「美味い」を んまいと発音することもあります。

  • ンガトカエ島・ンゲラスレ島・ンゲラパイル島 ンガトカエ島に ンゲラスレ島、 ンゲラパイル島はいずれもは南太平洋にあるソロモン諸島の島です。




2021 cdn.snowboardermag.com