Zoom パスワード なし。 zoom サインイン(パソコンでできない・パスワード・サインインなしでしないで利用する方法、必要、不要・法人名・google・無料・パスワード)

ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

Zoom パスワード なし

コロナウイルスの影響によりZoomの需要が世界的に高まっていますね。 日本でもオンライン授業やテレビ会議など、多くの企業や個人がZoomを使用し始めたのではないでしょうか。 2019年12月末の時点で約1000万人だったユーザー数は、3月には2億人以上に増加したわけなのですが、最近セキュリティの面で問題視されている部分もあります。 そこで4月5日から、Zoomではセキュリティ対策強化のために新しくパスワードのシステムが導入されました。 この記事では、Zoomのミーティングリンクにパスワードを埋め込む&外す方法と、パスワードの変更方法についてご紹介していきます。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むための手順は• ログインして「設定」へ進む• 「ミーティング」のタブを開いて下へスクロール• 「ミーティングリンクにパスワードを埋め込む」を有効化する と、このようになります。 他にも、無効化して参加者がパスワードを入力する設定や、パスワードの変更方法についても本文にて解説しています!• 【Zoomセキュリティ対策】ミーティングパスワードの設定方法 最近Zoomでは、ミーティングに悪意を持って入室したり、不適切な画像を共有するなどの「Zoombombing」が問題視されています。 そのため4月5日から、デフォルトの状態で自動的にパスワードが埋め込みされたミーティングリンクが作成されるようになりました。 もしこのデフォルト設定をオフにすると、 ミーティングリンクにパスワードが含まれなくなるので、参加者は手動でパスワードを入力する必要がある設定になります。 今から、• ミーティングリンクにパスワードを埋め込む方法• 無効化にして参加者にパスワードを入力してもらう方法 これらを解説していきます。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込む方法 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むと、参加者にパスワードを要求されることはなくワンクリックで入ることができます。 手順1:ログインしたら「設定」へ進む まずアカウントへログインしたら画面左にある「設定」を選択します。 手順2:「ミーティング」をクリックして下へスクロール 次に「ミーティング」タブを開いて下へスクロールしていきます。 手順3:「有効化」してワンクリックでミーティングに参加できるようにする 下へスクロールしていくと 「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます。 」の項目があります。 こちらはデフォルトだと有効化(青色)になっています。 ミーティングを開くと画面左上に「i」のマークがあるのでクリックします。 そうすると、パスワードがこちらに表示されます。 手順3:パスワードを参加者に伝える 参加者はパスワードを入力しないとミーティングに入れないので、予め伝えておきましょう。 パスワードを変更する方法は? セキュリティの面で心配な場合は、上で解説したパスワードを変更することもできます。 手順を解説していきますね! 手順1:「次回のミーティング」タブを開く まずアカウントへログインしたら画面左にある「ミーティング」をクリックして「次回のミーティング」のタブを開きます。 手順2:ミーティングを選択してパスワードを編集 パスワードを変更したいミーティングを選択し、画面下の「このミーティングを編集する」をクリックします。 画面真ん中あたりにある「ミーティングパスワード」の項目から赤枠内のパスワードを編集します。 これでパスワードの変更が完了です。 ミーティングパスワードが導入されたことにより、以前よりはセキュリティの面で安心することができますね! パスワードの他にも、「 待機室」のシステムも導入されてので、合わせて併用していくことをオススメします。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むための手順は• ログインして「設定」へ進む• 「ミーティング」のタブを開いて下へスクロール• 「ミーティングリンクにパスワードを埋め込む」を有効化する と、このようになります。 他にも、無効化して参加者がパスワードを入力する設定や、パスワードの変更方法についても本文にて解説しています!.

次の

Zoom、パスワード強化と「待機室」追加 “Zoombombing”対策で

Zoom パスワード なし

Web会議ツールであるZoomはWindowsやMacのPCアプリをダウンロードしたり、iPhoneなどのスマホにアプリをダウンロードすることで利用するのが一般的です。 しかし、会社によってはデスクトップアプリをダウンロードしインストールすることが禁止されていたり、家族や友人のPCをちょっと借りてZoomを使いたいという場面もあるかもしれません。 そんなZoomをダウンロードしない、できない場面ではどうしたらいいかを今回はお話しするとともに、通常インストールの方法も解説します。 Zoomをインストール不要で使用する方法 まずは結論から。 Zoomをインストール不要で使用する方法はWebブラウザからZoomを使用する。 Chromeブラウザでの手順• ミーティング参加者に招待メールを送る• 招待を受信した参加者はブラウザでの参加のリンクをクリックする• ダウンロード開始画面の「アプリケーションをダウンロードまたは実行できない場合はブラウザから参加」の参加をクリック• ミーティングに参加するときの名前を入力して参加ボタンを押す• コンピューターオーディオのタブを選択• この手順はすでにZoomのPCアプリがダウンロードされていたり、2. iPhoneのアプリから参加リンクを送りましたが、こちらは特に問題なく参加することが可能でした。 これらの手順でZoomのミーティングに参加する場合も通常の手順と同じく、無料です。 なお、スマホはZoomアプリで参加することが必須のため、Webブラウザからの参加はできません。 Zoomを通常インストールする場合の手順 Zoomをインストールすることなく、Webブラウザで使用した場合の手順をお話しましたが、次は通常の手順でのインストール方法を解説します。 よほどの理由がない限り、Zoomのアプリをインストールした方が快適に利用していただく事ができるのでおすすめ。 ZoomのアプリはパソコンのPC用のアプリとスマホ用のアプリとそれぞれ用意されています。 インストール方法の違いはそれほどありません。 ZoomのPCアプリをダウンロード Zoomの公式ページからまずはPCアプリをダウンロードし、インストールします。 その際に基本とプロ、ビジネス、企業と選ぶことになりますが、お試しや個人でZoomをインストールする場合は基本プランを選ぶと良いでしょう。 逆に企業にZoomを導入したいとお考えの方 担当者 の方は一度専用のお問い合わせフォームからお問い合わせいただくのが良いでしょう。 アカウント数に応じて機能や料金など最適なものを直接ご提案させていただく事が可能です。 基本プランと有料プランの違い Zoomの基本プランと有料プランの違いを比較しました。 無料プランは料金不要でほとんどのZoomの基本的な機能を利用いただけますが、いくつか制限があります。 基本プラン プロ以上の有料プラン グループミーティング利用時間は40分まで グループミーティングの利用時間24時間 1対1の会話は無制限 管理者機能コントロールあり クラウドへの録画機能なし クラウドへの録画機能あり 他にも細かい機能の違いはありますが、大まかに分けると上のようになります。 今回は基本プランを選んだ場合のケースでお話しします。 サインアップとアカウントの有効化 クリックすると無料サインアップの画面がポップアップします。 仕事用メールアドレスと書かれているところにメールアドレスアドレスを入力してサインアップボタンをクリックしてください。 するとZoomから入力したメールアドレスに確認用メールが届きます。 そのメールアドレスにあるアクティブなアカウントというボタンをクリックし、アカウントを有効化してください。 アカウントの作成しアプリダウンロードからインストール完了まで 名前やパスワードを入力する画面が現れるので、所定の場所にそれぞれ必要情報を入力。 後ほど知り合いにZoomを紹介したり、招待する事が可能です。 するとご使用のパーソナルミーティングURLが表示されるのでそれをクリック。 この時にiPhoneやAndoroidスマホで手続きをしているとスマホ用のアプリダウンロード、インストールに進みますので注意してください。 PCアプリをWindowsやMacにインストールする場合はメールアドレスをWindowsやMacで開くようにしましょう。 この後、アプリダウンロードの画面が開きますので、ダウンロードし、WindowsやMacにインストール、そしてサインインすればログインまで完了です。 まとめ 高性能Web会議ツールZoomをインストールして新しい働き方へ。 Zoomをインストールすることにより、オンラインで連絡や会議ができるので、リモートワークや在宅勤務が簡単に可能となります。 簡単な使い方で導入も簡単、さらに画面共有や資料共有機能によってこれまで会議資料を印刷し、全員に前もって社内やクライアントに配布するなどの会議開催の必要であった手間も省くことができます。 Zoomは基本プランでも優秀すぎるくらいの機能を使うことができますが、ミーティングのビデオ録画をクラウドに保存し、参加者に共有する機能がつき、そしてグループミーティングの時間制限がないプロやビジネスも魅力的です。 ぜひみなさんの働き方改革ツールとしてZoomアプリをインストールして使用してみてくださいね! また先ほどご案内しましたが、企業としてZoomの導入をお考えの方はインストールの前に一度専用のフォームからお問い合わせいただくと良いでしょう。 専門の担当者からアカウント数や必要な機能など条件にあった最適なプランや料金をご案内させていただく事が可能です。 お気軽にお問い合わせください。

次の

ホスト不在でもZOOMミーティングは開催できますか?

Zoom パスワード なし

かんたんにいえば、部屋に入る為の共通の暗証番号のようなものです。 通常はこのリンクボタンを押せば、すぐにミーティングが開始されますが IDを入力して参加する場合は以下の操作方法となります。 ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法 まず、Zoomのアプリを立ち上げると、このような画面がでてきます。 (写真はiPhone画面) ミーティングに参加するというボタンを押すと、次のID入力画面へと移ります。 ここで赤枠の中に、先ほどの約10桁の数字のみを入力して下さい。 参加ボタンを押せば、ミーティング開始です。 こちらでは、以下の設定をする事ができます。 名前の入力• オーディオ接続(音声のオンオフ)• ビデオカメラ機能のオンオフ 名前の入力 名前は、ミーティングに参加した時に表示されます。 こちらは、後で変更する事も可能です。 緑の状態にすると、自分の音声が相手に聞こえない設定となります。 参加する時に、周りの騒音がうるさい時や、一方的に聞くだけのミーティングの時には、緑の状態にしておきまし ビデオ設定 はじめは、自分の画面が見える状態でスタートする設定になっています。 恥ずかしがり屋さんは、ここをクリックして緑色にしましょう。 また、ミーティングIDではなく、会議室名で参加する事もできます。 ん〜、これもあまり使い道がない気もする(笑) まとめ 結局のところ、名前や音声、ビデオのオンオフ全てが後から設定できるので、 ミーティングIDを、わざわざ手入力してまで参加するメリットがない気がしました。 という事で、ホスト(主催者)の皆さんは、必ずURL付きのミーティングIDを、参加者さんに送ってあげましょうね!.

次の