いちご 飴 失敗。 いちご飴作り方は簡単!電子レンジなら失敗知らずで屋台のような味が楽しめる!

韓国で人気!いちご飴の失敗しない作り方&渋谷の専門店【簡単レシピ】

いちご 飴 失敗

Contents• 【ヒルナンデス】「いちご飴」の失敗しない作り方・レシピ! おうちカフェメニュー人気No. 失敗しないポイント! いちごの水滴や水分がついていると飴が固まりにくくなります。 必ずキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 失敗しないポイント! いちごのヘタを取る際、芯は残すようにとるとヘタの部分から水分が出にくくなります。 (目安10~15分) 失敗しないポイント! 煮詰め始めたら絶対混ぜない。 飴が結晶化してしまう事があります。 失敗しないポイント! 飴は常温ですぐに固まるので2度づけせずに一回でつける• それでも失敗した場合 実は私、失敗しました。 煮詰める時触らないようにしていたのに、結晶化してしまったんです。 たくさんの砂糖が無駄になる、どうしよう・・・と思った時、もっと煮詰めてべっこうあめにしちゃおうと思いつきました。 火を強めてうっすら黄色になったら火から外して下さい。 鍋を揺すれば余熱で色がどんどん濃くなります。 そのべっこうあめに残っていた2本のフルーツ串をからめました。 残った飴はクッキングシートに広げてべっこうあめに。 子供と食べてみると、失敗して べっこう飴にしたものはちゃんとパリッとした飴になっていましたよ。 もし飴が結晶化してザラついてしまった人はこの方法がオススメです。 他のフルーツでもできる みかん、ぶどうでもフルーツ飴が作れます。 水分が出ないよう、皮をむかずに竹串をさしましょう。 あとはいちご飴と同じ様に作ります。

次の

【ヒルナンデス】「いちご飴」の失敗しない作り方・レシピ!おうちカフェメニュー人気No.1|素敵なグルメ

いちご 飴 失敗

いちご飴作り方をご紹介!SNSで人気のスイーツ 今、SNSでは、韓国の屋台風の 「いちご飴」が大流行中! いちご飴とは、簡単に言うと、昔ながらのりんご飴のりんごをイチゴで作ったもののことです。 また、その一方、自分で作るいちご飴も流行っていて、インスタグラムやYouTubeなどでは、作り方もたくさん紹介されています。 今回は、そんないちご飴の作り方を解説しています。 下記は、鍋で作る場合にあると便利な「料理用のデジタル温度計」ですので、あわせてチェックしてくださいね。 ・いちご飴のレシピ• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に刺す。 鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。 沸騰してきたら、弱火にする。 150~160度程度まで加熱し、薄い黄色になるまで煮詰める。 火からおろし、いちごにまんべんなく絡めていく。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 あっという間に完成するので、とても楽しいですよ。 ・いちご飴のレシピ(電子レンジを使う場合)• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に指す。 マグカップに砂糖・水を入れて混ぜる。 電子レンジで加熱(500Wで約8分)し、薄い黄色になったら取り出す。 竹串に刺しておいたいちごをマグカップに入れて、飴を絡ませる。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 固めるまで常温で冷やせば、出来上がり! 電子レンジから出した後は、すぐに固まってきてしまうので、スピーディに作るのがポイントです。 深めのマグカップを使うと、飴を絡ませやすいですよ。 いちご飴の作り方:砂糖と水は4:1がポイント いちご飴をうまく作るポイントは、 砂糖4:水1という割合を、必ず守ることです。 この分量を間違えると、砂糖がしっかりと固まらずに失敗してしまいます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。 いちごを1パック使う場合、砂糖200gで、十分な量ですよ。 ちなみに、計量カップがない場合は、大さじを使って測ってくださいね。 また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 屋台のいちご飴のように色を付けたい場合は、鍋やレンジで加熱する際に、食紅を少々入れてください。 いちご飴の作り方で失敗する原因とは? 砂糖と水の割合以外にも、いちご飴を作る際に失敗する(固まらない)原因として考えられることは、いくつかあります。

次の

【失敗しない】いちご飴の作り方。簡単レシピ

いちご 飴 失敗

いちご飴作りました。 失敗しました。 爪楊枝に着けて水を浸して固まればOKと書いてあったのでそれを実施。 いちごがブニョブニョになってしまう 2回目)先程同様煮込み時間は同じ。 フライパンがダメなのかと種類を変更して溶かした。 先程同様いちごがブニョブニョ 3回目)他の動画を参考にした。 目安の煮込み時間が書いてあり8分30秒だったので動画通りに煮込みいちごに着けた。 よろしくお願いします! 質問拝見させていただきました。 自分も何度もイチゴあめ失敗したのでお気持ちわかります。 鍋はどのようなもの使われていますか? これが結構大事で出来上がりも左右することがあります。 もしかすると底が黒いことで火からおろすタイミングが難しいのかもしれません。 雪平鍋は持ち手が木で、銀色のアルミのような素材の鍋です。 ステンレスは試したことないですが、ステンレスやホーロー鍋もうまくできるかもしれません。 お祭りでは基本的に雪平鍋が使われております。 フッ素コーティングの鍋は熱伝導が遅かったりするので、恐らく熱伝導の早い鍋がうまくできるポイントになるのだと思っています。 砂糖は、色んなものがありますが グラニュー糖より上白糖がうまくいきました。 粒子が細かいからかもしれません。 一番きれいな色になったのが5さじでした 食紅混ぜる時は、水と食紅をあらかじめ必ず溶いて混ぜてください。 その方が食紅がダマになりません。 もう少し火にかけたほうがいいかなーとタイミング難しいのですが 熱しすぎると逆に焦がしてしまうことにもなります。 本当に感覚とタイミングの勝負で難しいです。 火力と分量にもよるかもしれませんが・・ 分数よりも、ご自分の目で見て そろそろかなぁ?と思ったらお箸ですくって水でつけるという確認を繰り返したら 成功すると思います! ちなみに自分は3分くらい火にかけたら、あとはべったり張り付いてます。 上の容量で、りんご飴もパリッとできました。 御参考までに・・ うまく作れるといいですね。

次の