返答 ありがとう。 LINEで『ありがとう』と言われた時のレス(返事)の例文とエチケット

「ご回答ありがとうございます」の敬語は?ビジネスマナーを知ろう!

返答 ありがとう

Contents• 上司に「ありがとう」と言われたときの返事に困る! 感謝の言葉として「ありがとう」と人に伝える事は大切です。 その「ありがとう」を言われたときに、きちんと返事をすることも忘れてはいけません。 友人にお礼を言われたときであれば何も考えずに「どういたしまして」と返事できるのですが、相手が上司だった場合 (どういたしましては失礼なんじゃないか・・・) と心配になってしまいませんか。 「どういたしまして」という言葉は「たいしたことではありません」「たいしたことはしていません」という意味になります。 「適当に対応したので気にしないで下さい」といった意味でもあるので、どうしても上の立場から言っている感じがしますよね。 返事をした本人としては「そんなに大変ではなかったので大丈夫ですよ」「そんなに気にしないでくださいね」と相手を気遣うつもりで言ったのでしょう。 返事に困る!上司から「ありがとう」と言われた時には 上司に「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」という返事は控えた方がいいのであれば、なんて言えばいいのでしょうか。 いくつかの返し方をご紹介していきます。 恐れいります• 恐縮です• お役に立てて光栄です• お役に立てて嬉しく思っています• 喜んでいただけて幸いです• こちらこそ勉強になりました• 私にもいい経験になりました• こちらこそ有り難うございました• 少しでもお手伝いできてよかったです• またいつでも仰ってください• 他にもお手伝いできることがあればお声がけください などがあります。 「どういたしまして」以外にも返事の方法ってたくさんあると思いませんか。 上司から感謝されたときの返事には「謙遜」や「感謝」の気持ちがあれば、いい印象を与えることができるでしょう。 ただ、「どういたしまして」を絶対に使ってはいけないということではありません。 あなたと上司との関係が親しい場合には「どういたしまして」と返事をしても問題はないでしょう。 「ありがとう」以外もある!上司から言われて返事に困るとき 上司への返事に困るのって「ありがとう」以外にもあると思いませんか。 例えば上司から褒められたときに、何と返事をしているでしょうか。 困って「あ・・いえ・・・そんなことは・・・」のようになってしまいがちです。 これなら上司だって褒め甲斐がありませんよね。 かといって「ありがとうございます」だけだと素っ気ない感じがしてしまいます。 では、どんな返事がいいのでしょうか。 ありがとうございます。 もったいないくらいのお言葉です。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 自分でも驚いているところです。 ありがとうございます。 今後も精進したいと思っております。 ありがとうございます。 どうですか。 言い返し方だと思いませんか。 このような返事が出来れば上司との関係も良くなりますし、褒められることも 増えるでしょう。 これもNG!上司に使ってしまいがちな言葉 丁寧に言っているつもりでも、目上の人に言うと失礼になってしまう言葉がいくつかあります。 ついつい間違って上司に使ってしまっている可能性があるので気を付けましょう。 「ご苦労様です」 上司が先に帰るときや出張から戻ってきたときなど、「ご苦労様です」と言ってしまいがち。 しかし、「ご苦労様」というのは自分の為に仕事をしてくれた人に対して使う言葉なので上司に言うと失礼になってしまいます。 こういった時は「お疲れ様でした」を使うようにしましょう。 「分かりました」「了解しました」 上司から指示を受けたときに「分かりました」「了解しました」と言っている人も多いでしょう。 丁寧に感じますが、これらを目上の人やお客様に使うと失礼になります。 正しくは「かしこまりました」「承知しました」と言うようにします。 「なるほどですね」 「なるほどですね」は「なるほど」と「そうですね」が合わさった言葉になります。 「なるほどですね」は正しい敬語ではないので上司に使うと失礼になってしまうんです。 同意したい時には「はい、そうですね」とし、納得したい時には「おっしゃるとおりです」を使うようにしましょう。 上司の性格や距離感を知っておくことが大切 いかがでしたか。 上司から「ありがとう」と言われたときの返事や、褒められたときの返し方、つい言ってしまいがちな失礼になってしまう言葉についてご紹介しました。 これらを知っておくと、上司から言われたときに「何と言えばいいんだろう・・・」と悩まずに済みますよね。 返事の仕方一つであなたへの印象を大きく変えてしまうことがあるので、間違わないように気を付けなければなりません。 しかし、あなたと上司が親しいのであればそれほど神経質になる必要もないでしょう。 「どういたしまして」「なるほどですね」と言っても上司もそれほど気にはしないと思います。 ただ、どんなに親しくても上司の性格によっては礼儀は大切にと考えている場合があるので要注意です。 上司の性格や、上司と自分の距離感はどれくらいなのかというのを知っておくことがポイントになります。 距離が離れている場合でも返事一つで近づけることもあるので、その場に合った言葉を選んでいくようにしていって下さいね。

次の

「ありがとう」と言われたときの返事は?

返答 ありがとう

トピを開いてくださりありがとうございます。 当方、26歳、女性、経理事務を派遣でしております。 社会人経験(経理の経験)は4年ほどです。 9月に、新しく26歳の派遣社員が入社しました。 (Aさんとします) Aさんは、事務経験がないからなのか、言葉遣いが若干へんです。 上司に対して「オッケーでーす」、「ダイジョブでーす」などと言います。 いずれも、「ありがとう」を肯定する返事は思いつきません。 私も、Aさんの「はぁ〜い」を聞くまで、気にしたことがありませんでしたが、 いつも聞いていて違和感があります。 きっと、常にAさんの言葉遣いや態度に気になる部分があるから、この「はぁ〜い」という返事も気になるんだと思いますが。 皆さんは、職場で「ありがとう」に対して、なんと返事をしますか? 今回はプライベートのことではありません。 皆さんのご意見聞かせてください! よろしくお願いいたします。 ユーザーID: 2900216046 Aさんが「ありがとう」に「はぁ〜い」と答える、 その時の皆さんの反応はいかがですか? 元気な若い子が入ってきたな、くらいで、あまり気にしていないのでは? 胡桃さんは、「ありがとう」を肯定する返事を思いつかないようですが、 わたくし個人的には「どういたしまして」は肯定的な意味合いも含んで使われているように感じます。 文法上は打ち消し、否定ですよ、「て」がつきますから。 いまどきの若い子からみれば、「どういたしまして」も「はぁ〜い」も、 同じなのではないでしょうか、嘆かわしいことですが。 「ありがとう」に返事をしないよりはましでしょう。 わたくし的には、 「いえいえ、どういたしまして」でも 「はぁ〜い、どういたしまして」でも気になりません。 ひょっとしてその子の「はぁ〜い」は、肯定でも否定でもない、単なる返事のつもりでは? ユーザーID: 6316286754• みなさんありがとうございます レスありがとうございます。 このトピとレスだけで、人間性を否定されるとは思いませんでした! そうですね、人間性、問題あるかもしれませんね。 恐れ入ります!!! そうですね、私も正しい日本語使うよう気をつけないといけませんね。 小町は、揚げ足とりの天才がたくさんいるのは知っていたので、あえて「とんでもないです」というと書いてみましたが、本当に食いついたのでびっくりです! 「とんでもない」という言葉が1つであり、「とんでもないでございます」が丁寧な言い回しであることは、きちんと存じ上げていた次第です。 こんなこと書くと、また人間性に問題があると言われてしまいそうで怖いです。 ちなみに私は派遣社員ですので、「先輩、後輩」の概念はありません。 派遣は派遣で、派遣に上下関係はないと思っておりますので、派遣社員の教育的立場にあるとも思っておりません。 もうレスはしません。 1度目のレスにも書きましたが、私が小さいことを気にしすぎたと思っていますので。 失礼致しました。 皆様もご放念くださいませ。。 ユーザーID: 2900216046• 横ですが。 トピ主さま、大丈夫。 私も大手小町の事を知ってすぐにトピを立てたことがあります。 親身なレスをして下さった方も大勢いました。 が、心ないレス、というか揚げ足とりが目的かしら、、というレスをして下さった方もいました。 わざわざ時間を割いてレスして下さることには感謝、といえばそうなんですが、理不尽なレスには、閉口。 つい辛口の返事を書いてしまいました。 その結果、 協調性がない、とか性格直せとのレスでボコボコにされました。 私はただ反論しているわけではない、と擁護して下さった方もいましたが。 不特定多数が身分を明かさず自由に語れる、インターネットの掲示板の良き面、コワい面を学びました。 私はずっとレスを拝見していましたが、トピ主さまの人間性を否定するトピには賛同しません。 私の様に皆様のレスを静観して、私と同じ様に、感じている方は多数いると思います。 どうぞ、気にしないで、元気を出して下さい。 ひと事とはおもえず、横ですが、レスさせて頂きました。 ユーザーID: 5316637909• お役に立ててうれしいです。 お役に立ててなによりです。 私はいつもこういってます。 どういたしまして、恐縮ですってTPOを選ぶ気がするので。 これなら上位下位の関係なく使えると思ってます。 辛らつなレスもついていますが、第三者の日本語(会話)発言を評価するトピで、書き手であるトピ主の日本語(会話)が明らかに正しくない場合、トピの前提条件もしくは仮説(トピ主=正)が根底から崩れるので、トピ内容を支持するにしても、トピの間違いを指摘するにしても、応える方はどう応えてよいか迷います。 レスの揚げ足取りが目的か、と穿って考える人もいるでしょう。 トピ主、もしくはトピで取り上げた第三者が日本人ではない可能性を考慮する人もいるかもしれません。 後出しがある可能性を考えてしまうのです。 その迷いが辛らつなレスになっているのではないでしょうか。 気に病む必要はありませんが、ただの意地悪とさらっと割り切れるものでもないと思います。 さらにいえば逆切れするのはご法度でしょう。 ユーザーID: 3637518931• キャラ次第かも? マナーや話し方教室だと明確なルールがあって 上司に対してはこう、同僚に対してはこう、みたいなパターンがあります。 で、実際の職場では、けっこうユルイというか その限りではない場合も多いですよね。 マニュアルどおりの丁寧な話し方だと敬遠されることもあるし あきらかにタメ語なのに、なぜかそれで可愛がられていることもある。 「ありがとう」って言われたら、私もトピ主さんと殆ど同じ反応です。 さて、Aさんの受け答えは、今後どういう結果になるのでしょうね。 ちょっと面白い、愛嬌があるな、と好意的に受け取られるか、 非常識、なんだあの言葉遣いは?と顰蹙を買ってしまうか・・ この先の周囲の態度をみれば、どっちにジャッジが下ったか解ると思います。 私自身は硬い話し方で、Aさんのようなくだけた話し方は真似できないし キャラ的に似合わないだろうなと自分でも思います。 だから、もしAさんが可愛がられるようになったら羨ましいと思ってしまうかも。 顔や態度には出さないけど、心中は悶々としてしまいそうです(笑) ユーザーID: 8468971715• 一般的かと思いますが。

次の

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

返答 ありがとう

「早速のご返信」の意味と使われるシーンとは? 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」です。 「早速」には「あることに対してすぐ」という意味があり、手紙やメールの返事をくれる「返信」に丁寧の「ご」がついた「ご返信」がついています。 そこで「早速のご返信」とは「すぐに返信をくださり」という意味になるのです。 すぐに返信をくださったことへのお礼や、感謝を伝えるときに使われる言葉です。 「早速のご返信」の後には「ありがとうございます」が使われるのが一般的です。 「早速のご返信」と書いたメールを送るのは、自分が送ったメールに対して、相手がすぐに返事をくれた時に使います。 相手のメールにさらに返信するときに、メールの冒頭に「早速のご返信ありがとうございます」と書くことで、すぐにお返事がもらえて嬉しい気持ちや、感謝しているお礼を伝えることができるでしょう。 ビジネスの関係では、遠くにいる人でも、直接会わない人でもメールでやりとりすることができますので、ビジネスシーンで使われることが多いのです。 また、「早速のご返信」は目上の方にも、取引先の方にも使うことができる敬語表現になりますので、相手に失礼な印象を与えずに使うことができる便利な言葉です。 仕事をスムーズに進める上でも、使いやすいフレーズとして覚えておくとよいでしょう。 「すぐにご返信くださりありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えられるフレーズになりますから、メールの冒頭に入れてまずはお礼をしましょう。 その後に仕事の詳細について詳しく書くと、相手も気持ちよく読んでくれます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 来週の資料について添付してお送りします。 よろしくお願いいたします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 ご参加いただけるとのことで、当日お会いできることを楽しみにしています。 」というように使います。 自分から連絡したことに対して、対応してくれたお相手にひとまずお礼メールをするという方法があります。 少し時間が欲しい時にもひとまず送っておくと、相手の印象がよくなるでしょう。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 詳細につきましては、資料をまとめて10日までにお送りしたいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 社内で検討してまたご連絡差し上げます。 よろしくお願いいたします。 」と使います。 「早速のご返信」は社外の方にだけでなく、もちろん社内でも活用できる言葉です。 丁寧な言葉の「ご」という敬語表現がついていますので、目下の方にはもちろん、目上の上司にも使うことができます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 いただいたアドバイスをもとに、再度作り直したいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 皆さんに楽しんでもらえる打ち上げにしたいと思っておりますので当日もよろしくお願いします!」と使います。 もちろん「早速のご返信ありがとうございます」だけでも構いませんが、相手の状況に合わせて言葉を選ぶと、より丁寧さやあなたの気遣いが伝わるようなお礼の言葉となるでしょう。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信ありがとうございます。 」「出張中でお疲れなのに、早速のご返信ありがとうございます。 」「出先にいらっしゃるのに、早速のご返信ありがとうございます。 」などと使います。 状況を加味した上でお礼をしているので、メールをもらった相手もホッとしてくれることでしょう。 朝早く返事をくれたことや、夜遅くに返事をくれることに対して一言加えると、相手への印象も良くなりますし、わざわざしてくださったことへきちんと感謝している気持ちを伝えることができます。 たとえば「早朝にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「夜遅い時間にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「休憩中のところ、早速のご返信ありがとうございます。 」と使います。 「早速のご返信」に、もらう」の謙譲語である「いただき」をつけることで、より丁寧な印象を与えることができるようになります。 たとえば「早速のご返信をいただきありがとうございます。 それでは来週お会いできることを、楽しみにしております。 」「早速のご返信をいただき、ありがとうございます。 詳細をお送りしますので、ご確認くださいませ。 」と使います。 「恐れ入ります」は「恐縮です」と同じような意味があり「すみません」「申し訳ない」などの謝罪と、感謝の意味を表す言葉です。 ありがとうの代わりに使うことで、恐縮しているニュアンスを伝えることができます。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信恐れ入ります。 メールの件、承知いたしました。 」「早速のご返信恐れ入ります。 添付の資料をもとに、プレゼン資料を作成していきます。 またご連絡させていただきます。 」と使います。 早速のご返信は「すぐに返事をくださり」という意味がありますが、少し状況が違うと感じる場合には、「ご丁寧な返信」を使うことができます。 相手が礼儀正しく、こちらが気持ちよくなるような気持ちをくれた時に使うのがおすすめです。 たとえば「ご丁寧な返信ありがとうございます。 来週の会議の議題について、承知しました。 」「ご丁寧な返信ありがとうございます。 会場でお会いできることを楽しみにしております。 」と使います。 「連絡」は相手からつながりをつけてくれることになりますから、「返信」と同じ意味で使うことができます。 そこに丁寧な「ご」がつきますから、目上の方にも使える敬語表現として使うことができます。 たとえば「早速のご連絡ありがとうございます。 先ほどは有意義な時間が過ごせて、私どもも勉強になりました。 今度ともよろしくお願いいたします。 」「早速のご連絡ありがとうございます。 ご欠席ということで承知いたしました。 また機会がありましたらよろしくお願いします。 」と使います。 「返答」は「返事をすること、答えること」という意味がありますから、「返信」と同じ意味の類語です。 同じように「ご」がついていますから、「ご返答」は丁寧な敬語表現として使うことが可能です。 使い方は「早速のご返答ありがとうございます。 ご希望に添えるように検討して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」「早速のご返答ありがとうございます。 参考にさせていただきます!」「お忙しいところ、早速のご返答ありがとうございます。 」と使います。 「返事」は「呼びかけに対して答えること」という意味になりますから、「返事」とほぼ同じ意味で使うことができます。 「返事」の場合には、丁寧な表現に「ご」ではなく「お」がつきますので、間違えないようにご注意くださいね。 たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。 「早急(そうきゅう、さっきゅう)」は「非常に急なこと」という意味がありますから、「早急なご連絡」は急いで連絡をくれたことに感謝を伝える意味になります。 もちろんご連絡でなくても「ご返信」でもOKです。 たとえば「早急なご連絡ありがとうございます。 助かりました。 」「早急なご返信をいただき恐れ入ります。 それではこのまま進めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 」と使います。 「ご連絡」「ご返答」「お返事」を織り交ぜながら、言い換えることも可能ですので、使える幅は広がります。 ビジネスメールでは、「早速の」は「prompt」を使って表現していきます。 使い方は「早速のお返事ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt response. 」となります。 「速い」という意味の「fast」を使って、「早速のご返信ありがとうございます」を「Thank you for your fast reply. 」とも言い換えることができます。 「Reply」は「返信」という意味がありますので、類語も含めてそのまま使うことができます。 使い方は「早速のご返信ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt reply. 」となります。 「返信」は「返事」の「Response」にも言い換えることができます。 早速のご返信ありがとうございますをビジネスメールで使いこなそう! ビジネスメールでよく登場する「早速のご返信ありがとうございます」について、詳しくご紹介しました。 相手にお礼を伝えることで、その後の仕事もスムーズに進めることができるフレーズです。 相手の状況を配慮したり、何にお礼を伝えたいのかを少しプラスするだけで、その場に応じた気遣いの言葉にもなるでしょう。 ビジネスでは、メールや手紙でのやり取りはつきものです。 ビジネスメールの件名のマナーや、返信用封筒のマナーについても押さえておくと万が一の場合に安心です。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね! たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。

次の