学資保険 資料。 学資保険はいらない?不要論の根拠と入るメリットのある人

学資保険のネット申し込み解説

学資保険 資料

学資保険のメリット・デメリット まずは学資保険のメリット・デメリットについて紹介します。 学資保険のメリット 半強制的にお金が貯められる 学資保険は毎月保険料として自動的にお金が引き落とされるので、お金が口座にあると使ってしまうという人でも半強制的にお金を貯めていくことができます。 また、保険料の支払で積み立てられたお金も満期になるか解約しないと手元に入らないので、教育資金として貯めたお金を別の用途で使ってしまうということが貯金と比べて起こりにくいです。 貯金よりお金が増えることが期待できる 返戻率が高い学資保険に加入すれば、ただ貯金するよりもお金が増えることが期待できます。 現在の金利水準下では銀行に預金してもほぼお金は増えません。 学資保険では加入する保険にもよりますが銀行預金よりは増えることが期待できます。 税制的に有利 学資保険は、保険料を払っている期間では生命保険料控除で所得税額を少なくすることができ、保険金を受け取るときも契約形態によりますが税金がかかりにくい受け取り方ができます。 一方で貯金は、貯めている期間の税制優遇は特になく、ただでさえ少ない銀行預金の利息にも約20%の税金がかかっています。 万が一のときには払込免除 学資保険は契約者の死亡時、あるいは契約者が高度障害を負ったとき、その後の保険料の支払が免除されて満期時に予定通りの保険金を受け取れる特約を付けることができます。 契約者に万が一のことがあった場合にも学資保険で用意する予定だった金額は確保することができるのです。 学資保険のデメリット 途中解約すると元本割れする可能性も 学資保険を途中解約した場合、支払った保険料よりも戻ってくる解約返戻金の方が少なくなる場合があります。 特に契約してからの年数が短いほど元本割れの可能性が高まります。 契約時には保険料が今後支払い続けることができる水準なのかよく検討するようにしましょう。 インフレに弱い 学資保険は契約時の利率で固定されてしまいます。 今後物価が上がった場合でも満期時にもらえる金額は変わりません。 インフレで足りなくなった分については別で用意する必要があります。 満期時でも元本割れするものもある 学資保険の中には貯蓄性を重視したものと保障を重視したものがあります。 学資保険に何を期待するのかにもよりますが、貯蓄性を重視するのであればしっかりと返戻率を確認する必要があります。 保険会社倒産時に全額保護されない 銀行預金の場合、自分が預金している銀行が破たんしたとしても預金保険制度によって元本1000万円までとその利息等は全額保護の対象となります。 学資保険の場合も生命保険契約者保護機構によって一定の保護を受けることができますが、全額ではありません。 また、破たんした保険会社から契約を引き継いだ保険会社によって予定利率が引き下げられることもあります。 その場合、満期で受け取れる保険金や解約時の返戻金が当初よりも少なくなります。 貯金のメリット・デメリット 次に貯金のメリット・デメリットを紹介します。 貯金のメリット 流動性が高い 急な出費は必要になったとき、解約などの手間なくお金を用意することができます。 子供が生まれてから大学に入学するまでの18年間で急に大きな費用が必要となることもあると思います。 そのような場合でも貯金をしていれば比較的容易に対応することができます。 ただし、後で補てんするのを忘れないようにする必要はあります。 元本割れしない 学資保険は途中解約などで元本割れの可能性がありますが、貯金の場合は元本割れは起こりません。 積み立てていった分は確実に貯まっていきます。 ただし手数料には注意が必要です。 マイナス金利が続く中、銀行は預金を抱えるのも大変になってきています。 実質的な口座維持費として様々な名目で手数料を取り始める可能性があります。 銀行に支払う手数料については敏感になっておきましょう。 インフレにもある程度は対応可能 銀行の普通預金は変動金利なので物価が上昇すればある程度は上昇することが見込まれます。 物価上昇率とイコールにはなりませんが、物価上昇局面においては固定金利の学資保険よりも有利になりやすいです。 貯金のデメリット 教育資金の確実な計算がしにくい 学資保険であれば毎月決まった保険料を支払い、満期時に決まった保険金を受け取るので教育資金を貯めていくうえでの計画を立てやすいです。 しかし、貯金は毎月の貯金額に変動があって最終的にいくら貯められるかも変わります。 特に意志が弱い人は計画通りに教育資金を貯められない可能性があります。 貯金で教育資金を貯めていくのであれば先取り貯金で決まった額は確実に貯金していくようにしましょう。 親が死亡した場合の保障がない 万が一親が死亡してしまった場合、学資保険であれば保険料の払い込みが免除されて満期保険金は計画通り受け取ることができますが、貯金の場合はその後も同じペースで貯金し続けていく必要があります。 貯金の場合は一家の大黒柱が亡くなってしまった場合にどのように教育資金を確保するのかをより真剣に考えておく必要があります。 金利が低い 銀行の預金金利は非常に低い状況が続いています。 現在の金利水準では銀行に預けておいてもお金はほぼ増えません。 金利で増えることは考えずに、教育資金で必要な額は全額貯めていく必要があります。 学資保険であれば多少は自分で用意する必要がある金額は減ります。 学資保険と貯金、どっちがおすすめ? 学資保険と貯金のメリット・デメリットを紹介してきましたが、結局のところどちらがおすすめなのでしょうか。 学資保険がおすすめな人 まず、学資保険がおすすめなのは、貯金が苦手な人、保険料を支払い続ける見通しがある人です。 学資保険は保険料を支払い続けられるのであれば、契約者死亡時の保障や節税など貯金にはないメリットを持っています。 また、保険料として半強制的に貯蓄ができるので貯金が苦手な人でも教育資金を貯めていきやすいです。 ただし、将来必要な教育資金が上がった場合に備えて他の手段などでもいくらか余裕をもって資金を用意していく必要があります。 貯金がおすすめな人 次に貯金がおすすめなのは、途中で解約してしまいそうな人や既に教育資金の目途が立っている人です。 学資保険は途中で解約してしまうと元本割れする可能性があります。 保険料を支払い続けていくことができそうにないのであれば柔軟に資金を使える貯金で教育資金を貯めていく方がよいでしょう。 ただし、必要な教育資金は用意できるように考えておく必要はあります。 また、既に教育資金の目途が立っているのであれば学資保険に加入するよりも貯金の方がよいでしょう。 使ってしまわないように学資保険として置いておくという考え方もできますが、学資保険は保険会社が破たんしてしまった場合に全額保護されない可能性があります。 教育資金用に口座を開設して分けておく、貯金とは異なりますが個人向け国債を購入するというような方法の方がよいでしょう。 いずれにしても早めの準備を 学資保険と貯金、どちらにもメリットとデメリットがあります。 ですが、どちらで教育資金を貯めていくにしても早くから準備することが大切です。 子供の教育費を支払うタイミングは決まっています。 そのため、教育資金の準備が遅くなるほど1カ月あたりに必要な金額は増えていきます。 妊娠中から加入できる学資保険もありますので、できるだけ早く検討して教育資金の準備をしていきましょう。

次の

学資保険と貯金、どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリット

学資保険 資料

そのときに図書カードをもらえたり楽天ポイントをいただいたり何か小さな粗品のようなものを頂けました。 ) 保険の加入・見直しをするなら、まずは「資料請求」そして「保険相談」と言う順番が理想とされています。 学資保険を検討して資料請求するならせっかくなのでプレゼントがもらえると嬉しいですね。 紹介している無料の保険相談の場合プレゼントは学資保険以外でも、生命保険や医療保険でももらえますよ。 学資保険の資料請求ってどこの保険会社にすればいいの? 日本の企業から最近ではCMでよくみかける外資系企業まで本当にたくさんの保険会社が存在します。 たくさんの保険会社と商品があり、なにを目安に資料請求をすればいいのか? 迷ってしまいますよね? 学資保険を選ぶポイントの1つとして「返戻率」に注目することもありますが、 では「返戻率」がよい学資保険はどれなの?となりますね。 そんな時は、保険の一括資料請求で、気になる保険会社の資料を まとめて取り寄せることも出来ます。 そして、せっかく資料請求をするならプレゼントも貰えるサイトから取り寄せ出来ると嬉しいですよね。 学資保険の資料請求でもらえるプレゼントサイト一覧 資料請求すると、プチプレゼントや豪華プレゼントがもらえることがあります。 キャンペーン中の資料もありますが、まとめてみたので参考にしてみて下さいね。 学資保険を契約するとお子様のお誕生日にプーさんのスタイを貰える事が多いですよ。 保険の資料請求で気を付けたいポイント(個人情報について) とても便利な資料請求ですが気を付けたいポイントもあります。 プレゼントをもらったりキャンペーンに応募することで、入力した個人情報を提供したことになります。 そして、後日『お送りした資料お手元に届きましたか?』という営業をかねた電話がある事です。 この電話で 『届きました!現在検討しています。 』 と答えたら数日後に再び。。。 『検討していだたけましたか?その後どうですか?』という趣旨の電話が後日かかってきます。 ゆっくり検討したいし、入りたければこちらから連絡すれば問題ないので、何度も電話されるのが嫌な方は 最初の電話で 『しばらく検討するので、用があればこちらから電話しますので』 とお断りすれば良いと思います。 相談した人の約90%が「満足した」と回答しています。 ・4000人以上のプロが全国各地で対応 ・経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ在籍 ・保険コネクトで取り扱っている保険会社は全44社 また、しつこい営業行為の禁止や相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、 FPに関する厳しいルールを設けているので安心ですよ。 選べるプレゼントになっているので是非一度チェックしてみて下さいね。 私が相談した時のマネードクターさんの相談レビュー記事です。 この保険マンモスは2015年の日経BPコンサルタントによる「保険相談サービスの利用に関する調査」で、16項目中11項目で1位を獲得しています。 たくさんの無料保険相談を複数社から受けましたが、保険のマンモスのFPさんから的確なアドバイスをいただきました。 さらに「人気育児ブランドグッズ」の抽選権利が生じます。 学資保険の資料請求でプレゼントをもらった私が加入する保険を選んだ方法 いろいろ資料請求して保険を検討したのですが、さっぱりどれがよいのかわかりませんでした。 何を目安に?どの保険を選んだらいいのか?返戻率とは???など そもそも保険の事に無知な私は悩みに悩んで面倒になり、もう入るのをやめようかな・・・? とも思ったのですが保険のプロのFPさんに無料で相談できるという事を知って申し込みました! 資料とにらめっこで何を優先して決めるのが正解なのか?貯金と何が違うのか?どれが自分の家庭に合っているのか? 解らない事だらけでモヤモヤしていたのがFPさんに質問できて、解りやすく明確に答えをもらえるとラクチンでスッキリ解決。 そもそも、経済状況によっては学資保険や生命保険が必要でない家庭もあるので、自分の家庭は本当に学資保険に入るべきか? 学資保険以外にも、教育資金を準備する方法があるか?など 気になることは聞いておきましょう。 相談しても、無理な勧誘は無く、気になる商品の資料を詳しく説明してもらいました。 相談して、気になる商品がなければ相談終了で、欲しい資料があれば後日詳しい資料をもらうという感じでした。 (相談後お断りしたFPさんからメール連絡や電話がきたことも一度もありません) この経験ですっかり無料相談にはまって、第1子の学資保険も第2子の学資保険もすべて無料相談に申し込んで決めました。 保険は次々と新しい商品が発売されるので、最近は旦那の生命保険の見直しと、私が保険に未加入なのでこのままでいいか?を診断してもらいました。 保険について色々と教えてもらえた上に、 特選ギフトのプレゼントまであり、申し訳ないぐらいでした。 資料請求をして自分で吟味してみるのもいいですが 自分一人で決めるのは迷ってしまうと思います。 お金のプロFPに相談するのが、人生設計に沿った、 各家庭にピッタリの保険を見つける近道かもしれません。 上手な保険無料相談の活用用法 無料相談を受けるまでは、強引な勧誘があるのではないかと不安でしたが、 相談後の必要な連絡などは一度もありませんでした。 無料相談の上手な活用方法ですが、少し面倒かもしれませんが出来れば2社は必ず申し込んでおくと信頼できる相性のよいFPさんと出会えると思います。 1人に相談した後、やっぱり気になる事って出てくるんですよね。 それを日にちをあけず次のFPさんに相談できて比較できるのでオススメです。 遠慮なくお金のプロのFPさんに数人相談して、自分が納得したFPさんに担当になってもらえばいいと思います。 保険は一生の内でも家に続いて高額な買い物とされています。 ネットの比較で簡単に決めないでしっかりプロに相談して納得してから契約するのが本当に大切ですよ。 今なら、保険の相談をすると、キャンペーンで食品や家電など貰える企業が多いので、 少しでも教育資金でお悩みの方は何社か保険相談を申し込んで比較してみるのがオススメの学資保険の加入の仕方になると思います。 この機会に相談してみてはいかがでしょうか? 保険のことや貯蓄のことも相談もできてプレゼントまでもらえる! また、強引な勧誘がないと謳っているのも安心なポイントですね。 思い出したこと、覚えておきたい事を メモ的に更新していくので時系列はメチャクチャです。 過去~現在、最近の仕事事情などメモ的ど素人ブログです お問い合わせやメールは• カテゴリー•

次の

学資保険の資料請求ができる10社を厳選!一括資料請求もあり?

学資保険 資料

Contents• 資料請求や保険相談で貰えるプレゼントキャンペーン一覧表 まずは結論からお伝えしますと、2020年7月現在で学資保険の資料請求や無料相談をすることでプレゼントが貰えるキャンペーンは以下となります。 学資保険の資料請求で貰える各社プレゼントキャンペーン一覧 条件 運営会社名 ギフト内容 移動 無料相談 ソニー生命 抽選で200名に豪華商品 資料請求 JAこども共済 アンパンマンお食事エプロン 資料請求 フコク生命 ハローキティレジャーシート 無料相談 日本生命 ポケモントートバッグなど 資料請求 第一生命 ミッキーマウスデザインスタイ 学資保険含む保険相談で貰える各社プレゼントキャンペーン一覧 サービス名称 ギフト内容 移動 熟成牛タンなど 王将ラーメンセットなど アンパンマン消せる落書き帳など アンパンマン砂場セットなど ゆめぴりか精米2kgなど 上記以外もプレゼントキャンペーンを実施している訪問保険相談サービスはありますが、大手優良サービスであるということと、多くの口コミが確認できるサービスであること、そして実績、運営会社など、プレゼントの質だけでなく総合的に判断し、5社選出しております。 学資保険の無料相談でプレゼントを貰える保険相談おすすめNO. 1は? プレゼントも欲しいけど、優秀で誠実なFPに相談したい! という方にはぴったりな相談先でしょう。 他の訪問保険相談では断られてしまった方でも、保険見直しラボは非常に幅広く相談を受け付けてくれるのも、隠れた強みでしょう! 学資保険の資料請求でプレゼントが貰える会社キャンペーン詳細 続いて、学資保険を販売している保険会社毎のキャンペーンを中心に見ていきます。 子どもが深くかかわる保険商品なので、プレゼントは有名キャラクターグッズなど魅力的なものが多いです。 キャンペーンを各社常に実施しているわけではなく、期間限定で商品を変更したりと、不定期開催なのがポイント! 個数限定というキャンペーンもあるので要チェックです。 それでは1つずつ紹介していきます。 ソニー生命学資保険スクエア「無料相談で豪華賞品プレゼントが当たる!? 」 学資保険無料相談キャンペーンを実施中 期間 6月30日~8月31日 条件 学資保険の無料相談 オンライン相談も可能 内容 抽選で豪華賞品プレゼント コロナウィルスの影響もあり新規相談自体を休止していましたが、7月1日より抽選での豪華賞品プレゼントキャンペーンが再び開催中! ソニー生命学資保険スクエアの保険相談キャンペーンは過去に不定期で様々な内容で実施されており、2020年9月以降も延長か、もしくは新しいキャンペーンが始まるかもしれません。 ソニー生命のプランナーと面談することがプレゼントの条件となっていますが、全員プレゼントではなく、抽選というのに注意! ただ、プレゼントの有無と関係なく学資保険と言えば「ソニー生命」と言っても過言ではないので、最高の学資保険を見積もりして欲しい方や、業界屈指のライフプランニングを無料でして欲しい方はベストの相談先でしょう。 PR JAこども共済資料請求「アンパンマンお食事エプロン」 続いてはJAこども共済の資料請求キャンペーン! ソニー生命学資保険スクエアが「しまじろう」ならこちらは「アンパンマン」です。 期間 2020年4月1日~2021年3月26日まで 条件 こども共済の資料請求 内容 アンパンマンの「お食事エプロン」 先着60,000名様限定のキャンペーンとなっています。 JAこども共済の学資保険は人気の商品なので、資料請求して比較するのもありですね。 ソニー生命学資保険スクエアの無料相談時に準備しておくと、両者の違いがよくわかりおすすめです! ちなみに上記が昨年のキャンペーン時の資料請求で届いたセット。 しまじろう、アンパンマンに続くのは、サンリオの「ハローキティ」! 期間 終了時期不明 条件 みらいのつばさの資料請求 内容 ハローキティの「レジャーシート」 昨年まで貰えるのはハローキティのクリアホルダーだったのですが、つい最近のキャンペーンでは限定のレジャーシートのプレゼントとなっています。 過去のキャンペーンプレゼントは上記画像のような、ハローキティのタオルとクリアホルダーのダブルプレゼント。 その前はハローキティオリジナルのハサミとのダブルキャンペーンでしたね。 フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」が気になる方はお早めに! 兄弟姉妹割引がある魅力的な学資保険です。 第一生命学資保険の資料請求「ミッキーマウスデザインスタイ」 上記は第一生命の学資保険の資料請求で貰えた「ミッキーマウスデザインスタイ」 2019年8月31日までのキャンペーンでしたが、先着10000名という限定個数にミッキーマウスというキャラクターグッズという事もあり、現在は終了しています。 他にも過去には日本生命の学資保険ではポケモンのピカチュウのキャラクターグッズのプレゼントが貰えたりと、優良な学資保険を販売している保険会社はキャラクターグッズのプレゼントキャンペーンに力を入れている印象です。 様々なキャラクターを網羅しているので、調べてみるのも楽しいかもしれません。 資料請求プレゼントは無料だけど個人情報が対価となっていることに注意! 学資保険の資料請求で無料でプレゼントを貰えるのは気軽ですし、可愛いキャラクターグッズで子どもも喜んでくれるかもしれません! しかし、無料には当然理由があります。 大きく3つの注意点があるので、事前に理解して問題なければ資料請求を進めましょう! 学資保険資料請求の注意点その1「勧誘電話がくる」 まず第一にこれでしょう。 プレゼントを提供する以上、保険会社としては資料請求をしてきたパパママは学資保険契約の見込み客として判断することになります。 つまり本音を言えば「資料請求で終らせず、直接面談まで約束を取り付けたい」 と考えています。 よって資料請求をした後や、資料やプレゼント到着後のタイミングで入力した番号宛に電話がかかってくると認識しておきましょう。 他者と検討している場合はその旨を伝えればよいですし、電話がしつこい感じであれば「検討しましたが今回は見送ります」と断りの意志を伝えれば今後かかってくることはないでしょう。 電話で直接の面談の約束を取り付けてこようとしてきたら、まずは冷静に断ること! 相談する時は、また改めて相談に適した方法を選ぶのがベストです! 学資保険資料請求の注意点その2「個人情報の提供」 資料請求での無料プレゼント!は実際は無料とは言えません。 そこに金銭は介在していませんが、個人情報を保険会社側に提供しているということを忘れてはいけません。 資料請求直後の勧誘は断っても、忘れたころにまた連絡が来る可能性もあるのです。 プレゼント目当てでそこまで興味のない資料請求は控えるのがベストです! 保険相談で貰えるプレゼントキャンペーン各社詳細 ここからは、資料請求でのプレゼントキャンペーンではなく、保険相談後に貰えるプレゼントキャンペーンについてファイナンシャルプランナーとして注意事項を含み、各種キャンペーンを紹介していきます。 基本的には、保険無料相談で相談後にプレゼントが貰えるキャンペーンを実施しているのは、実店舗があるいわゆる保険ショップではなく、 自宅を中心に指定した場所までコンサルタントが来てくれる訪問型の保険相談サービスとなっています。 実店舗がない分、経費となる部分を顧客に還元できるので、相談者全員に 相談後の保険契約の有り無し関係なく、プレゼントを提供できる仕組みとなっているわけです。 現在は保険業法の改定により、昔ほど豪華なプレゼントではなくなりましたが、まだまだ魅力的なプレゼントが貰えるサービスはあります。 プレゼントが貰える保険相談おすすめ第1位「保険見直しラボ」 冒頭で紹介した当サイト監修のファイナンシャルプランナーおすすめの相談先である「保険見直しラボ」! 保険見直しラボのプレゼントキャンペーン詳細 保険見直しラボのキャンペーンは、2020年現在「限定2000万円分プレゼントキャンペーン」を実施中です。 特典ラインナップは、• 「北海道産ゆめぴりか」• 「雪室熟成豚」• 「ダロワイヨのマカロン」• 「日本一醤油セット」• 「タイ料理ペースト」• 「宮城県仙台名物 熟成牛タン」 上記から1品を相談者全員がもらえます!抽選とかじゃないですよ。 キャンペーン期間 2020年4月末までの実施予定 早期終了可能性あり キャンペーン条件 初回面談後のアンケートへの回答 キャンペーン注意 アンケートは面談後約2週間後に届く キャンペーン注意2 アンケートの回答期限は1ヶ月以内 予約フォームからの相談予約であれば、最短1分で予約完了となり、そこから面談日の決定までも最短10分というスピード感なのも嬉しいポイントだったりします。 相談受付可能の範囲が広く、全国対応の大手優良サービスだからこそ!!と言えるでしょう。 プレゼントキャンペーンは期間終了日も決まっているので、現在保険相談を検討している方や、家計の見直しをしたい方、妊娠中や出産したばかりで外出が難しい方などは、今がチャンスかもしれませんよ。 保険見直しラボを利用した方の口コミ体験談を少し紹介 こちらの要望した設計について、よく理解いただき、提案していただけました。 また、当初検討していなかった商品もご紹介いただいた際、お断りさせていただきましたが、提案内容は適切だったと考えます。 プレゼントが貰える保険相談おすすめ第2位「保険コネクト」 続いてプレゼントが貰える保険相談第二位としたについて。 保険コネクトの最大のポイントは、先ほど紹介した 「保険見直しラボ」を運営している株式会社Jリスクマネージメントと強固な提携をしているサービスということ! もちろん保険コネクト独自の提携FPの審査基準もあり、大きな項目としては、• 最低5年以上の実績• 口コミによるFP個人の調査• 保険の紹介実績のあるFP• 自身のHPを運営していること といった厳正な基準をクリアした知識や実績をもつ保険のプロフェッショナルだけが、訪問相談のコンサルタントとして来てくれます。 サービス名 保険コネクト 訪問保険相談 相談無料、交通費、出張費も一切なし 勧誘行為 なし。 顧客満足度90%以上 取扱い保険会社数 約25社の生命保険、損害保険を取扱い 保険相談実績 4万件以上 保険コネクトで予約した場合の多くが、主な提携先である保険見直しラボの優秀なFPが来てくれるという認識でOKです。 また、保険コネクトでも強引な営業などの悪い評価やクレームの多いFPへの「イエローカード制度」もあり、安心して相談が出来る仕組みとなっているのもポイント! 保険コネクトのプレゼントキャンペーン詳細 現在実施しているプレゼントキャンペーンは、厳選食材4種類のプレゼントとなっています。 もちろん、4種類から1つを選択するのですが、豪華な高級品とはいきませんが貰って嬉しい厳選商品ばかりです! 育児や家事に役立つ商品なので、パパママにはぴったりかもしれません。 特典ラインナップは、• 鳥ZEN亭 手羽元カレー 3食• 王将 ラーメンセット 3食• ミネストローネセット 3袋• 豚汁セット 3袋 といった感じとなっています。 キャンペーン期間 未定 早期終了や変更の可能性あり キャンペーン条件 初回面談後のWEBアンケートへの回答 キャンペーン特徴 商品はアンケート回答時に選択する キャンペーン特徴2 保険契約の有無はプレゼント対象に関係なし 保険コネクトのプレゼントキャンペーンは、プレゼントの在庫がなくなり次第終了となっているので学資保険を検討しているパパママを中心に、早めに相談予約をするのがおすすめです! プレゼントが貰える保険相談「ほけんのぜんぶ」 続いて紹介するのが、昨年より一気に知名度をあげ相談件数を増やしている優良相談先である「ほけんのぜんぶ」 有名人を起用したHPを見れば伝わってくるように相談内容や各種サービスへの自信を感じさせる相談先となっております。 相談エリアは全国対応• 取扱保険会社は32社• 相談者のFP取得率100%• WEB面談も実施中 ほけんのぜんぶのプレゼントキャンペーン詳細 特典ラインナップは、• アンパンマン砂場セット• ごっつん防止リュック• 北海道産ゆめぴりか米2キロ• トップスーパーナノックス洗濯洗剤 本体400gと詰め替え1. 3kg といった感じとなっています。 プレゼントが貰える保険相談「ほけんガーデンプレミア」 続いて紹介するのが「ほけんガーデンプレミア」。 保険見直しラボや保険コネクトと比べると、運営会社の知名度や規模は少し落ちますが、こちらは学資保険相談に特化したプレゼントキャンペーンを実施しております! ほけんガーデンプレミアのプレゼントキャンペーン詳細 現在実施しているプレゼントキャンペーンは、選んでもらえる5種類のプレゼントとなっています。 他社キャンペーンと同様に5種類から1つを選択するのですが、アンパンマン消せるらくがき帳は中々良いプレゼントなのではないでしょうか? ファイナンシャルプランナーとしてもパパとしてもおすすめです! 特典ラインナップは、• A ダンデライオン オーガニックコットン パッチワーク スタイ 1枚• B オーガニックコットン靴下3色組日本製 9-12cm• C アンパンマン消せるらくがき帳• D あきたこまち 3キロ• E アンリシャルパンティエ ガトー・キュイ・アソート Sボックス といった感じとなっています。 キャンペーン期間 2019年1月1日~2020年12月31日 早期終了や変更の可能性あり キャンペーン条件 初回面談後のアンケートへの回答 キャンペーン特徴 商品はアンケート回答時に選択する キャンペーン特徴2 保険契約の有無はプレゼント対象に関係なし プレゼントが貰える保険相談「ほけんの時間」 5社目は「ほけんの時間」 こちらも学資保険を中心にパパママに向けてのプレゼントキャンペーンを実施しています。 ほけんの時間のプレゼントキャンペーン詳細 特典ラインナップは、• 北海道産ゆめぴりか2キロ• 天然醸造濃口醤油900ml• エクストラヴァージンオイル250ml• 今治フェイスタオル4枚 といった感じとなっています。 訪問保険相談は自社所属FPのサービスを選ぶのがポイント!! おすすめ一位とした このサービスをプレゼントキャンペーンを実施している訪問保険相談の第一位としたのには、大きな理由があります。 それは 相談予約をすると全国各地に全て 保険見直しラボの運営会社に所属しているコンサルタントが来てくれるということ! つまり、 どこに住んでいようと、どんな相談でも、 口コミや実績に相応しい内容の相談が可能となる「優秀なコンサルタント」に出会えるということです。 自社FPのサービスとも言いますが、基本的にこの全て自社所属のコンサルタントであるサービスであれば、安心して優秀誠実なコンサルタントと会うことが出来るはずです! 訪問での保険相談サービスを実施している運営会社には、保険見直しラボのような自社所属ではなく、提携しているFPを紹介する窓口となっているサービスも少なくありません。 提携しているFPを紹介してくれるサービスなので、お住まいや相談内容などによっては満足できる相談にならない可能性も否定できません。 いつもは、他の保険見直し屋さんで紹介されたファイナンシャルプランナーさん経由で、ずっと保険の追加や相談をしてきたのですが、今回ネットの口コミで保険の相談をするなら、保険ラボ!みたいなのを見たのと、相談したらプレゼント貰えると書いてあったのが、決め手になり相談を申込みました。 初めての人だと気をつかうし少しめんどうだな。 やっぱりいつもの担当者に相談しようかな。 と思ったりもしましたが、相談してみて本当に良かった。 と思いました。 いつも相談していた人は出来ません。 と言っていたクレジットカード払いが、本当は出来る事だったり。 初めて知る話もあり。 本当にこのFPさんと出会えて良かったです。 これから見直して新しい保険に加入したいです。 保険相談プレゼントキャンペーンの注意点!貰えないこともある!? 訪問保険相談のプレゼントキャンペーン、おすすめサービスを5社紹介しましたが、 基本的に真剣に保険を含む相談をしたのであれば全員貰えるようになっています。 ただ、相談費用、出張費用、交通費も一切かからない上、相談後の保険契約の有無も関係なくプレゼントを誰にでも100%あげていると、冷やかしでの相談予約などが増えることは容易に考えられますよね。 というわけで、どの訪問保険相談サービスでもプレゼントキャンペーンの条件とは別に対象外となる方を定めていますので、こちらもサラッと確認しておきましょう! 長いのでサラッとです。 読みとばしも問題なし。 相談を重ねた結果、タイミングが合わず保険契約をすることがないとしても、プレゼントの提供に問題は全然ないのですが、冷やかしやキャンペーン目的の相談はNGというわけです。 コンサルタントにも失礼にあたりますし、何よりせっかく時間を割いてお金や保険の見直しを考える時間を作っているのに 真剣に活用しないのは、相談者側にとっても時間が非常にもったいないので、プレゼントが貰えるとしても絶対にやめるべきです! 来店型に向いている方 ・有名な保険ショップも多く安心 ・買い物のついでなどに寄れる ・事前の予約といった時間調整が困難 ・会社終業後などにも気軽に相談できる ・キッズスペースなどあるので小さい子供がいてもOK ・自宅には来てほしくない ・わざわざ来てもらうのを悪い気がする 続きは以下記事をチェック! プレゼントも貰いつつ、保険無料相談を賢く活用するポイント!! 最後に、今回紹介したプレゼントが貰える保険相談サービスですが、可能であれば1社だけに無料相談を申込むのではなく、 最低2社のサービスを同時期に活用することをオススメしています。 理由はいくつかあり、• セカンドオピニオンのように比較できる• 提案が同じようであればより深い理解に• 提案が異なる場合は質問で解決していける• プレゼントも2社から当然貰える• 誠実な方でも気が合わないこともある• 今後の担当者やアドバイザーは慎重に探すべき と、過去に保険営業やコンサルティングを10年以上継続してきた管理人として思うポイントです。 訪問であれ、来店であれ最終的にはどこの保険相談サービスを継続して活用していくかは、プレゼントの有無はまったく関係なく、 担当者が今後も何かあれば相談にのってくれるか? 契約後も気軽に相談できる相手か? などなど、今後も付き合っていける相手として信頼できるかどうかを見極めることも大切です。 家や車を購入する時には、何社も回ったり、自分で勉強して調べたりするのが当たり前な方が多いのにも関わらず、保険を中心としたお金のアドバイザーとなる「ファイナンシャルプランナー」探しは、そこまで気持ちを込めて動いている方は多くはありません。 ぜひ、せっかくなので相談するキッカケの1つとして「プレゼント」をがっちりと貰いつつ、複数社へ同時期に無料相談をすることをおすすめします! 同時期に複数社相談することで、同じ相談内容で比較できるというメリットもあるだけでなく、プレゼントキャンペーンは過去1年以内に他社保険相談を活用したことがある場合はNGということもサービスによってはあるので注意! 学資保険の検討とライフプランニングは早い時期がベスト!! パパママの将来のお金の悩みをなくすにはライフプランの作成をしてもらうのがベスト! ほけんの窓口や保険見直し本舗といった保険ショップでの無料相談も、ライフプランを作成してくれるので悪くないですが、敵地に乗り込むようと感じる方もいますし、プライバシーの最たる家計の相談な以上、自宅でじっくり話せるのがオススメです。 そしてファイナンシャルプランナーを紹介してくれる訪問型の無料相談も、現在かなり流行っていますが、優秀で誠実なFPと出会えるかどうかは運によるところが大きかったりします… そこで保険業界15年以上の当サイト監修者であるファイナンシャルプランナーのオススメ相談先は、誠実で優秀な精鋭FPが自宅まで来てくれる 「保険見直しラボの無料保険相談」の活用です。 ・学資保険の契約数NO. 1商品を詳しく知れる ・優秀誠実な担当者と会える! ・丁寧な ライフプランニングをしてもらえる ・相談者に全員プレゼントがある と、現在街で見かける保険ショップ・訪問保険相談の中でもトップクラスだと捉えています。 何より、 保険以外のお金の悩み全般も気軽に相談できるのが一番です! そして、 雑談や様々な悩みを丁寧にヒアリングをしてくれ、今後のお金の悩みが解決できるような 「ライフプランニング」を作成提案してくれるのは、パパママにとって大きなプラスになることは間違いありません。 しっかりとヒアリングした情報をもとに、パパママオリジナルのライフプランニングをしてくれるので、この資料をゲットすることが実はどんなプレゼントキャンペーンなどよりも価値はあります。 気が合えば生涯にわたって、様々なマネーアドバイスをしてくれる専任ファイナンシャルプランナーを得ることができます! ぜひかかりつけの医者のように、お金の相談を気軽にできるFPと出会ってください。 保険以外も家計費の節約や、住宅ローンの相談などもしてもいいですね。 保険見直しラボの訪問無料保険相談の体験談紹介 最後に1つ。 保険見直しラボの学資保険無料相談のパパママ体験談を紹介します! 主人が加入していた保険は若い頃に入った保険なので、よく保障内容もわからず、一生涯の保障だと思っていたら先日、更新案内のハガキが届き、保険代理店の方から電話がありましたが、このまま更新したら以前の保険料の2倍になるので、保障内容を減らして見直すようなことを言われていました・・・ この手続きを進めてよいのかどうか不安に感じていたので、子どもが産まれて少し少し落ち着いたタイミングで、現在の保険の見直しと教育資金の相談をしたいと思い、ネットで評判の良かった保険見直しラボの無料相談を予約してみました。 かなりプライベートな話ですし、自宅まで来てもらえるサービスを選んだのが大きな理由の1つ。 ネットの口コミも悪そうではなく、学資保険に知れるだけでなく、様々な保険会社の比較をしつつ、いろいろ相談できそうだというのが大きな理由でした。 結果的には予想以上の収穫があって良かったです! 保険証券を準備して保障内容の説明や今後、必要な保障について詳しく教えてもらうことにしました。 主人はともかく、私自身には保険の知識がないので、保険証券を見ても理解できなかったのですが、保険見直しラボのコンサルタントの方が分かりやすく説明して下さったので保障内容から今後の必要な保障について、かなり詳しい案内があり理解することができました。 子供が生まれたので万が一の保障も必要だと感じていたし、学資保険についても相談したかったので、こちらの要望にしっかりと応えてくださり、幾つか予算の範囲内でプランを立てて下さったところに良心的だなと感じたのを覚えています。 万が一の死亡保障は、子供の成長と共に大きな保障はさほど必要にならないため、じょじょに保障が減っていく収入保障保険を提案されるなど、保険料を抑えて必要な時期にきちんとした保障を持つことは重要だとアドバイスがあり、とても納得できました。 また、学資保険と医療保険は特約で医療保険をつけるのではなく、分けて加入した方がよいなどアドバイスをもらい、返戻率を重視した学資プランを安価で1つ始めることにしました! 色々としっかりしたプランを立ててもらい、今まで加入していた保険は解約することにしたので、保険の猶予期間など色々とアドバイスを受けて審査結果が出るまでサポートしてもらいながら保険の切り替えを行うことができました。 とても親身になり保険に加入することができたので安心しています。 「相談後もいつでも気軽に連絡してください!」と嬉しい言葉もいただき、我が家の保険だけでないお金関係の駆け込み先生としてお付き合いが続いています。 保険見直しラボの無料相談を利用して、保険の見直しができ、保険料を抑えることができたので助かりました。 何かあったときにすぐに気軽に伺える担当者ができたのも嬉しい収穫でした。 プロの保険のファイナンシャルプランナーの方が的確なアドバイスをして下さるので安心できますし、やはり一生涯の保障と一定期間の保障をきちんと区別して理解することができ、保障をしっかりと確保することができたので安心できました。 保険は時間がたつと、内容を忘れやすく、毎月の保険料に疑問を感じやすい物です。 もしかしたら、今はいらない保険なのかも!?無駄な支出?と少しでも感じたら、遠慮なく相談するのが近道なのかと今は思います。 相談の結果、月々の内容を納得し、さらに支出が減ればこれ以上の成果はないですね。

次の