新サクラ大戦 攻略。 新サクラ大戦(PlayStation®4専用ソフトウェア)

新サクラ大戦 攻略所

新サクラ大戦 攻略

『新サクラ大戦』の 登場キャラクター 神山誠十郎 CV:阿座上洋平 『新サクラ大戦』の主人公。 「帝国華撃団・花組」隊長、20歳。 天宮さくら CV:佐倉綾音 「帝国華撃団・花組」隊員、17歳。 旧花組のトップスタァである、真宮寺さくらにあこがれて花組に入隊した新米隊員。 東雲初穂 CV:内田真礼 「帝国華撃団・花組」隊員、17歳。 帝都に代々続く東雲神社の看板娘で、巫女。 生粋の江戸っ子。 望月あざみ CV:山村響 「帝国華撃団・花組」隊員、13歳。 忍一族の末裔で、天才的な才能を持つ。 アナスタシア・パルマ CV:福原綾香 「帝国華撃団・花組」隊員、19歳。 ギリシャ出身で欧州の劇場で活躍していたスタァ。 クラリス CV:早見沙織 「帝国華撃団・花組」隊員、16歳。 本を読むのが好きな、知的で可憐な文学少女。 夜叉 CV:横山智佐 華撃団大戦開会式に、突如現れた上級降魔。 かつての帝国華撃団・花組のトップスタァの姿に似ているが、その正体は……!?

次の

新サクラ大戦(PlayStation®4専用ソフトウェア)

新サクラ大戦 攻略

全体的な感想 総合的にはかなり簡単な部類ですが、 任意セーブ箇所が限られているのに時限要素が多いです。 オートセーブデータをオンラインストレージにアップロードしておけば多少改善されます。 トロコンにあたって最大の壁は収集要素の「ブロマイドコレクター」です。 ブロマイドを集めている過程でほぼ全てのトロフィーを獲得可能です。 いくさちゃんと各キャラクタールート攻略で戦闘パートを何度もプレイしなければならないので作業感がかなり強いです。 戦闘パートが肌に合わなかった人には、精神的にキツいと予想されます。 個別トロフィー攻略 新たなる風〜心を繋ぐもの ストーリー進行で入手可能です。 この記事を書いている時点でクリア率は38. 難しかったところをあげるとすれば、華撃団大戦のポイント戦でしょうか。 クラリスかアナスタシアを入れておけば、空中の敵の処理が楽になるのでおすすめです。 はじめてのいくさちゃん〜いくさの神 いくさちゃんはオートセーブが入る箇所に注意しないとセーブデータが巻き戻るのでゲームを中断する際は要注意です。 いくさちゃんの全てのミッションで最高評価である天晴を取る必要があります。 天晴を取るにはノーコンティニューかつ絆レベルをなるべく早く上げて最後まで維持することが大切です。 タイムもなるべく早い方がもちろん良いのですが、良いタイムを出すのが無理そうなら道中の雑魚をなるべく漏らさずに倒して、攻撃評価と撃破数を丁寧に稼いだ方が良いです。 僕の場合も難しいステージほど、タイムが可か良で他が全て天晴で総合天晴というパターンが1番多かったです。 はじめての緊急出撃 スマァトロンに任意着信で出動命令が来るので応答して、敵を全滅すればOKです。 かけだし収集家〜ブロマイドコレクター ブロマイドコレクターは恐らく今作最難関トロフィーになると思います。 先程のいくさちゃん全天晴クリアや時限イベント、フィールド上の収集など多岐に渡ります。 フィールド上の収集は前述しましたが2周目になるとスマァトロン上に表示されるので、2周目以降推奨です。 こまちから買えるブロマイドは毎回買っていれば1周で全部買えます。 どこからネタバレ禁止ガイドラインに抵触するかわからないので、詳細が書きづらいのですがとにかく!マークや桜マークのイベントを漏らさないように丁寧にこなしていけば大丈夫なはず… ショウタイム! とにかく説明文がわかりにくいトロフィーです。 アイキャッチ表示時の隊員の状態チェックにサブキャラクター含め全員登場すれば獲得出来ます。 僕の場合マルガレーテが好感度を上げる機会が少ないので、1周目では登場させられませんでした。 2周目以降に好感度は引き継ぎなので、周回すれば余裕です。 中堅隊長〜信頼の力 花組のメンバー中心に好感度が上がれば獲得出来ます。 余程ふざけまくったり、体が勝手に動かない限りは意識せずとも獲得出来るトロフィーです。 二人の約束〜寄り添う星たち 各キャラクター個別エンドを見たら獲得出来ます。 個別ルートの入り方は任意選択式なので、そこまでの好感度などは関係ありませんので心配いりません。 アイキャッチのセーブデータからだと個別ルート選択まで遠いので、抵抗がなければルート選択直前のオートセーブをオンラインストレージに保存しておくことをオススメします。 ただしデータの巻き戻りには注意して下さい。 細かいことを気にしないために、個別ルート攻略は他のトロフィーを取り終えてからが無難です。 個人的に初穂エンドが本編とギャップがあって好き。 頼れる男 着信を任意で15回受けたら獲得。 周回すれば特段問題なく獲得可能です。 話に花が咲く 花組全員のガチ恋距離イベントであるコミュニケーションモードを見れば獲得。 基本的に目立つ桜マークで表示されているイベントなので見逃すことはないと思います。 帝都散策 帝都の全マップに立ち寄れば獲得。 サブイベントもしっかりこなしていれば、特段意識せずとも獲得出来ると思います。 中〜終盤は自由散策パートで帝劇の外にも行けるので獲得出来ていない場合は総当たりすればOK。 天晴な戦いぶり バトルパートで初めて天晴を獲得で入手。 いくさちゃんをやる過程で嫌でも獲得出来ます。 機体が勝手に バトルパートで通算30回フィールドから落下で獲得。 僕はいくさちゃんをやってる最中に意識せずに獲れましたが、うまい人はワザと落ちないと意外と到達しないかも… 見事な剣さばき バトルパートでダイナミック演出を10回発生で獲得。 名前がついている雑魚にしかできません。 ジャスト回避判定はかなり甘いので簡単だとは思いますが、苦手な場合ボタン連打すればほぼ成功するので最初は連打から慣れるのがおすすめ。 相手の攻撃に回避モーションで当たりに行くイメージで連打すればOKです。 勇猛果敢〜一騎当千 必殺攻撃の通算使用回数50回で獲得。 いくさちゃんをやっていると意識せずともとれます。 ボス前以外、特に序盤はケチらずに必殺技を撃っていった方が絆レベルも良く上がってタイムも早くなるのでオススメ。 ちなみにムービーはoptionボタンでスキップ可能。 甘酸っぱい運命〜空にきらめく星座 合体攻撃を各キャラクター5回使用で獲得出来ます。 クラリスなど合体攻撃の機会が少ないキャラクターもいますが、合体攻撃発動後スタートメニューからミッションを最初からやり直せばカウントされます。 よって最も遅いタイミングでも個別ルートに入った後なら獲得出来ます。 ちなみに途中からやり直すも試しましたがNGでした。

次の

サクラ大戦シリーズ 攻略 Wiki*

新サクラ大戦 攻略

新サクラ大戦の評価 初週14万本の売上とまずまずのスタートを切った【新サクラ大戦】。 ただその後伸び悩みましたね。 過去作の最低売上が【サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~】の14万本だったのを考えると正直微妙なラインですね。 というか 旧作が基本初週で20万本以上超える作品ばかりだったのでそれと比較するのは少し無理がありますね。 ただ評価を見てみると正直低いです。 特に旧作ファンからは旧作キャラに対する批判が多く、新規の方からはボリューム不足が指摘されています。 更にウォーシュミレーションから思い切って無双タイプのアクションに変更したのが正直裏目にでてしまったのも大きいです。 明らかに調整不足ですね。 その為遣り込み要素の【いくさちゃん】を遣り込む人は殆ど居ないのではないのでしょうか? かく言ううちも遣り込んでいません。 まあ 世間一般的には厳しい評価と言わざるを得ないですね。 ここからはうち個人が感じた内容を述べていきます。 うち的に良かった所 うちは【セガサターン】からの古参ユーザーにあたります。 よって若干ひいき目な所もありますのでご了承下さい。 きちんとサクラ大戦していた やはり一番よかったのはサクラ大戦だった事です。 今回は広井さんがノータッチだったので凄く心配しましたが、サクラ大戦の世界観だったので安心しました。 やはりこの独特の世界観が崩れていなかったのがうち的には一番良かったところです。 架空世界の大正。 大正浪漫の名の通り、この時代背景は凄く良いです。 そういえば今大人気の【鬼滅の刃】の舞台も大正ですね。 やはり作品の雰囲気づくりは大切だと改めて感じます。 ストーリのテンポが良い ストーリーに関しましては賛否両論あるかと思います。 確かに内容的にはベタな感じが否めません。 更に物語のボリューム不足もあります。 ただ、 物語の流れが良いです。 テンポが良いのでベタな内容でもスッと入ってこれました。 確かにボリューム不足感は否めませんが、変にダラダラしてなくてうち的にはこの短さは正解だったと思います。 といっても定価がまあまあ高いのでそこを考えるともう少し遊ばせてほしいという気持ちもわかります。 この辺のバランスは難しいですね。 グラフィックが素晴らしい さすがSEGAさんですね。 グラフィックが素晴らしいです。 兎に角ヌルヌル動きます。 背景も素晴らしいですし、演出も問題無し。 映像といった観点から見ると、かなりの高評価ゲームだと思います。 それだけに、CGとアニメと一枚絵が混在しているのが勿体なかったですね。 ただフラフィックって大事だなと本当に思いました。 新作としての展開 こちらも賛否両論ありますが、うち的には 過去のサクラ大戦と上手い事切り離せてたと思います。 確かに旧華撃団メンバーの扱いはどうなってんねんと思うのもわかります。 ただ新しい物語として考えると、ちょうどこれぐらいのアクセントで良いのではないかと感じています。 あまり旧作のメンバーが出過ぎるとやはりバランス的には悪くなると思います。 だから 最後も殆ど触れない展開で正解だとうちは感じました。 最後に全メンバー出てきたらそれはそれでおかしかったと思います。 旧華撃団メンバーは幻都にてまだ戦っているのです。 彼女たちは強いのですから。 うち的に悪かった点 細かい点はかなりあると思いますので大きく3つにまとめます。 あくまで個人的に感じた事です。 フルボイスでは無い これデカイです。 今のご時世【エロゲー】でさえフルボイスなのに。 折角の流れが急にストップする感じが凄くイヤでした。 もっというとボイスが入るイベントとそうでないイベントの違いが判らないのも厳しいいです。 結構シリアスな場面でボイスが無かったと思えば、白秋さんのオムライス語りにボイスが入っていたりとなんか滅茶苦茶です。 これは納期の兼ね合いだったのでしょうか? 残念でした。 バトルパートが失敗 はっきり言います。 バトルパートは大失敗だと感じています。 グラフィックも綺麗ですし、操作性も悪くない。 爽快感もある。 でも面白くなかったです。 その最大の理由は難易度低すぎます。 むしろ逆にどうやったらゲームオーバーになるのか悩みました。 落下してもダメージなし。 ボタン連打でジャスト回避できる。 そのくせ空中の敵には攻撃当らないし。 絆システムもわかり難い。 これはダメでした。 もう少し難易度を上げないと。 更に アドベンチャーパートとのリンクも弱く感じました。 合体攻撃もほとんど使わないですし。 明らかな調整不足です。 辛辣ですが ゲームの特性を考えるとアドベンチャーパートとの結び付けが必須なので、バトルパートをアクションにしてしまったのは愚行でした。 やりこみ要素の不足 上記バトルパートの問題からやり込み要素が全く無いです。 恐らく【いくさちゃん】や【こいこい大戦】を遣り込み要素にする予定だったと思います。 残念ながら報酬がブロマイドで、尚且つゲーム自体が面白くないのでこれは無理でした。 そう考えると、本編とは別に寄り道してハマる部分が無いので余計にボリューム不足を感じてしまいます。 今のゲームはやはり本編とは別の遣り込み部分が不可欠です。 トロフィーなんかもその一環ですが、トロフィーの内容も正直ヒドイです。 ここは一番の猛省箇所だとうちは感じています。 アクセントがつけれませんでした。 まとめ 若干マイナス面が目立つ作品でしたが、うち的には 70点の出来だと感じました。 本当に残念だったのはバトルパートです。 その為、アドベンチャーパートも少しダルく感じてしまいました。 ストーリーが秀逸なだけにもったいなかったです。 そして続編ですが、ストーリー的にはあると思います。 ただ売上をSEGAがどう思っているのか? 大コケでは無いものの、予定を下回っていると感じます。 まだまだ修正は可能な作品なので、うち的には是非続編を出して頂きたいと感じています。

次の