ニーア オートマタ mod。 【ネタバレなし】PS4屈指の高評価ゲーム「ニーアオートマタ」のレビュー

NieR:Automata(ニーア・オートマタ) PC(Steam)版の初期設定とMOD導入

ニーア オートマタ mod

lewdgamer. 確かに出せば良いでしょっていう考え方は受け付けないな…。 もっと…こう、こう………。 そういうことですよ……(賢者タイム) ニーアオートマタ• 116• 173• 538• 104• 279• 175•

次の

【ネタバレなし】PS4屈指の高評価ゲーム「ニーアオートマタ」のレビュー

ニーア オートマタ mod

Trainerのダウンロードと起動 始めにチートツールである 「Trainer」をダウンロードします。 【NieR Automata v1. 0-v20170428 Plus 18 Trainer. rar】 と、いう場所をクリック。 ファイルの解凍は7. zipがオススメです。 解答して出てきた 【NieR Automata v1. 0-v20170428 Plus 18 Trainer】というアプリケーションファイルをダブルクリックで開きます。 警告みたいなのが出てくる場合がありますが 【はい】を選択してTrainer起動。 なのですが、その前に注意点があります。 Trainerを起動した瞬間にデカい音量でサウンドが流れ始めるので、 起動した画面の右下にある音符のマークを押してサウンドをOFFにすることをオススメします。 初めて起動した時、いきなり爆音が流れてガチでビックリしました 笑 ちなみにゲームを起動した後にTrainerを起動すればサウンドは流れない仕様のようです。 チートのやり方 Trainerを起動した後、それぞれ設定されているキーを押せばチートが発動します。 ちなみにNumpad1、Numpad2とかいうのは キーボードの右にある数字のキーです。 どれだけ殴られても体力は減らないので敵の動きを読む練習にもってこいだと思います。 【3】はハッキング時間が経過しないチート。 結構、高難易度のハッキングだと時間オーバーでクリアできないのとかありますよね。 その時に時間経過しないので、ゆっくりやってもクリアできるチートになります。 【6】のジャンプ無制限は何回もジャンプして高い場所に行けるチート。 何回もピョンピョン跳ねるだけなので、自由に空を飛ぶという感覚ではないのですが高いところも行けるので、今まで見たことがない景色が見られます。 【7】プラグインチップのコストが全部1になるチート。 このお陰で今まで色々とつけたいけどコストのせいでつけられなかったプラグインチップが好き放題つけられます。 【0】はワンパンモード。 どんな敵でも一撃で倒せます。 単純な機械とか集めるのがすごく面倒なので、これでチートしちゃいましょう。 注意点 チートを使うと当然ながらゲームバランスなんてもんは完全にぶっ壊れ、あれだけ熱中していたゲームも「どうせチート使えばすぐなのにゲームやる意味なくなったわ」と一気に冷めてしまう危険性もあります。 もう何度もクリアしたけど、また 別の視点でニーアオートマタを楽しみたいというベテランの方が使うと、より有意義かもしれません。 アクションが苦手な方でもニーアオートマタはオート戦闘という、すでにチートのような便利機能があるので、わざわざチートを使う必要もないとも思っております。 いずれにしてもチートツール仕様は完全に 自己責任でお願いします。

次の

PC版『NieR:Automata』仲間増殖&切替MOD「2BHOOK」|HAL’s Blog

ニーア オートマタ mod

Sponsored Link NieR:Automataの公式推奨環境 各種 最低環境 推奨環境 OS Windows 7 64bit — Windows 8. 最近のゲームの中ではかなり重たいスペックを要求していることに驚きます。 GTX 980は2015~2016年のハイエンドGPU。 だいたい公式のスペックは実際の推奨スペックより低めの性能を見積もっているわけだが、Nier:Automataは非常に重たいスペックを要求しています。 さて、本当にそれだけハイスペックな環境が必要なのかどうか。 各種フレームレートのデータを見ながら、客観的に解説していきますね。 NieR:Automataの推奨グラフィックボード ニーアオートマタで平均60fpsを出すために、最も重要なパーツがという板状のパーツです。 そして、どのグラフィックボードがニーアオートマタをどれくらい動かせるのか。 3DMarkなどのベンチマークスコアを見るのもいいですが、 一番いい方法が「実測」になる。 例えば「GTX 1060 6GBでニーアオートマタを実行させたら、平均57. 2fpsで動いたのでGTX 1060は推奨GPUとして問題ない。 」という具合に。 …印象論より何百倍もマシだと思います。 では、3つの解像度別に推奨グラフィックボードを確認していこう。 78 AMD Radeon Crimson 17. 2 Monitor MSI Afterburner V4. 3 FRAPS 参考するデータベースは露GameGpuより。 実測(検証)に使われた環境は表の通り。 可能な限り「ボトルネック」を排除するためCPUには、シングルスレッド性能が高く、8コア搭載でマルチスレッド性能にも優れた「Core i7 5960X」が使用された。 ゲーミング性能を担保するため、4. 6Ghzにオーバークロック済み。 メモリーは2667Mhzで動作する高速メモリーを32GB搭載し、メモリー起因のボトルネックも排除。 ストレージは当然SSDを使っているので、オブジェクト読み込み時のフレームレート低下も解消済み。 要するに、純粋にグラフィックボードの性能だけを計測できるということだ。 NieR:Automataのグラフィック設定 グラフィックボード(GPU)への負荷に影響する項目のみ、まとめます。 Resolution:解像度の大きさ(FHDやWQHDなど)• Graphics Presets:グラフィック品質• V-Sync:垂直同期• Anti-Aliasing(AA):グラフィックが滑らかに表現されるアンチエイリアス効果• Texture Filter:テクスチャをどれだけ細かく表現するか NieR:Automataは 仕様上フレームレート上限が「60」になっているため、平均フレームレート60を安定させるのは相当に困難な点に要注意。 今回のフレームレート検証では、FHD、WQHD、4Kと順番に検証を行った。 Graphics Presets(グラフィック品質) 最高のHighと、最低設定のLowでは目視でわかるほどの違いがあります。 Highだと映像がとても滑らかに描写されているのが分かる。 High• Medium• Low 設定可能な項目は3種。 Anti-Aliasing(AA) アンチエイリアス効果がONになっている方が、キャラクターの境目の線の滑らかになる。 光の反射面の表現も、AAがONになっている方がしっかりとしている印象。 Off• 8x 設定できる項目は4種類。 Texture Filter(テクスチャ設定) パフォーマンスに影響するものの、実は目視での差があまり良くわかっていないらしい。 OFF• 16x 5種類の設定が可能で、16xが最も重たい。 テストに使ったグラフィック設定• Graphics Presets: High• V-Sync: Off• Anti-Aliasing(AA): 8x• Texture Filter: 16x 設定可能な範囲の「最高設定」でフレームレートの計測を行った。 GTX 1080 8GB 60• GTX 1080 8GB 60• GTX 1070 8GB 60• GTX 1070 8GB 60• R9 Fury X 4GB 60• R9 Fury X 4GB 60• GTX 980 Ti 6GB 60• GTX 980 Ti 6GB 60• R9 Nano 4GB 60• R9 Nano 4GB 55• R9 290X 4GB 58• R9 290X 4GB 51• GTX 1060 6GB 55• GTX 1060 6GB 49• GTX 980 4GB 54• GTX 980 4GB 47• R9 290 4GB 53• R9 290 4GB 46• RX 480 8GB 53• RX 480 8GB 45• GTX 1060 3GB 53• GTX 1060 3GB 45• RX 470 4GB 48• RX 470 4GB 41• GTX 970 4GB 45• GTX 970 4GB 39• R9 280X 3GB 42• R9 280X 3GB 37• R9 380X 4GB 40• R9 380X 4GB 34• GTX 960 4GB 32• GTX 960 4GB 28• GTX 1050 Ti 4GB 30• GTX 1050 Ti 4GB 27• RX 460 4GB 24• コスパを考えれば 平均53fpsで動く「GTX 1060 3GB」がおすすめ• もっとフレームレートを求めるなら 平均60fpsの「GTX 1070 8GB」がおすすめ ちなみに公式推奨スペックの「GTX 980」と今回のデータでそこそこ行けると明らかになったは、ほぼ同じ処理性能を持つグラボです。 GTX 1080 8GB 60• GTX 1080 8GB 54• GTX 1070 8GB 51• GTX 1070 8GB 44• R9 Fury X 4GB 51• R9 Fury X 4GB 43• GTX 980 Ti 6GB 50• GTX 980 Ti 6GB 42• R9 Nano 4GB 45• R9 Nano 4GB 38• R9 290X 4GB 37• R9 290X 4GB 32• GTX 1060 6GB 37• GTX 1060 6GB 32• GTX 980 4GB 34• GTX 980 4GB 30• R9 290 4GB 34• R9 290 4GB 29• RX 480 8GB 35• RX 480 8GB 28• GTX 1060 3GB 23• GTX 1060 3GB 20• RX 470 4GB 32• RX 470 4GB 25• GTX 970 4GB 29• GTX 970 4GB 25• R9 280X 3GB 18• R9 280X 3GB 15• R9 380X 4GB 28• R9 380X 4GB 24• GTX 960 4GB 20• GTX 960 4GB 18• GTX 1050 Ti 4GB 20• GTX 1050 Ti 4GB 18• RX 460 4GB 16• RX 460 4GB 13 WQHDはフルHDの約1. 8倍大きい解像度です。 処理しなければならない量が一気に増えるため、フルHDでは問題なく動いていたグラボもWQHDで一気に脱落してしまいました。 コスパ重視なら 平均50fps前後の「」もアリ• 平均60fpsにこだわるなら「」がおすすめ ニーアオートマタはRPGですから、そこまで競技性を求める必要はない(アクション要素は強いので多少は重視するが)。 だから平均60fpsにこだわらず、妥協して50fps前後でも良いとは思います。 GTX 1070と1080では価格もだいぶ違いますから。 4K画質は重すぎて現実的ではない 現状のゲーミングでは最高の解像度である「4K」は、単純にフルHDと比較して4倍もの処理能力が要求される。 そしてGPU本体の性能だけでなく、処理するデータを一時的に保存しておくためにVRAMも大量に消費されます。 GTX 1080 8GB 29• GTX 1080 8GB 26• GTX 1070 8GB 24• GTX 1070 8GB 21• GTX 980 Ti 6GB 22• GTX 980 Ti 6GB 19• GTX 1060 6GB 17• GTX 1060 6GB 16• RX 480 8GB 15• RX 480 8GB 13 このため、ただでさえ重たい ニーアオートマタを4K画質で平均60fpsを維持するのは極めて難しい。 ハイエンドGPUの「GTX 1080」を使ってもわずか29fpsしか出ていない…。 では「GTX 1080」より更に性能が高い「」を使えばどこまで行けるのか。 残念なことに GTX 1080 Tiを持ってしても平均35fps前後が限界です。 シングルボードで平均60fpsを出すのは今のところ不可能だ。 ただ、とりあえず「60」は出ていることからSLIに対応させているようです…。 VRAMの消費量について VRAM(ビデオメモリ)はグラフィックボード専用のメモリーのこと。 例えば、一度読み込みを完了したオブジェクト(建物)や表面のテクスチャを一時的に保存しておき、必要になったら再利用する。 こうすることで効率よくフレームレートを出せるようになっている。 だから逆に VRAMが不足するとフレームレートが不安定になってしまう。 Nier : Automata — 解像度別のVRAM使用量• GTX 1080 8GB 6218• RX 480 8GB 7917• GTX 1080 8GB 3813• RX 480 8GB 6087• GTX 1080 8GB 2596• RX 480 8GB 4734 4K WQHD FHD ニーアオートマタのVRAM使用量を、2つのグラフィックボード、3つの解像度別にまとめるとこうなる。 どちらも同じ8GBのVRAMが搭載されているにも関わらず、Radeon RX 480の方がかなり使用量が多い。 断言はできないが理由としては「Radeonに最適化されていない」可能性だろう。 NVIDIAの場合:4GBあれば十分(4Kの場合は8GBを推奨)• AMDの場合:8GBは必要 よって、ニーアオートマタをプレイするためにグラボを新しく買うつもりの人は、RadeonではなくNVIDIA GTX系のグラボを選んだほうがリスクは低く、コストも安く済みます。 Nier:AutomataのCPU別ボトルネックを確認 テスト環境の項目で少し解説した通り、CPUも意外と重要な要素です。 CPUがCore i3でも、グラボさえ良ければ大丈夫…というわけにはいかないので、これもCPU別フレームレートを見て確認します。 CPUのボトルネック検証 Nier : Automata — CPU別のフレームレート• i7 5960X 60• I7 6700 60• i7 4770K 60• I5 6600 60• I3 6100 60• FX 9590 60• FX 8350 60• FX 6300 60• 意外なことに、どのCPUを使っても概ね同じフレームレートが出ています。 ただしこれはかなり稀な事例。 ニーアオートマタではCPUによるボトルネックが出づらいとしても、他のゲームではあっさりとボトルネックが出現する。 だから新しくパソコンを買う予定の人はCPUにもしっかりと投資を。 Core i7 7700K 93. Core i7 7700K 58. Core i5 7500 84. Core i5 7500 43. Core i3 7100 66. Core i3 7100 37. 4 参考までに「」からCPU別フレームレートを持ってきた。 GTX 1080だとCPUによってこれだけボトルネックが出るため、 ハイエンドなグラボほどCPUは性能が高いものを使いたいです。 グラフィックボードによって、最適なCPUは変わる 他の推奨スペック記事のデータを平均化した「目安」を。 DDR4-2666 32GB 8313• DDR4-2666 16GB 7758• DDR3-1600 12GB 6686• DDR3-1600 8GB 5451 一般的に3Dゲームでは、搭載しているメモリの最大容量が大きいほど消費するメモリの量が大きくなる傾向がある。 重量級のMMORPG「黒い砂漠」でも、似たような現象を確認している。 NieR:Automataでもそのような傾向があり、32GBのメモリがあれば8. 3GB消費して、逆に8GBと少なめの容量なら5. 5GB程度の消費量に落ち着いている。 予算重視: 8GBでも構わない• マルチタスク重視: 16GBがおすすめ 使い方によりますが、ニーアオートマタと軽いWeb閲覧くらいなら8GBでも大丈夫です。 しかし、もっと色々と同時作業をする使い方を想定している人は16GBを推奨します。 ちなみにChromeで大量にタブをつけたり、Youtubeを見たりするとかなりメモリを食います。 Nier:Automataの推奨マシンをまとめる ここまで、Nier:Automataの推奨スペックを割り出すために• 解像度ごとのグラフィックボード別フレームレート• 消費するVRAM容量• CPU別のフレームレート• メモリーの使用量 4つの観点からデータに基づいてしっかりと確認してきた。 あとはその推奨スペックを満たすゲーミングマシンを作るか買うかすればOK。 という人向けに、おすすめ出来るゲーミングマシンをまとめるよ。 40~3. 10万前半のゲーミングマシンの中では一番コストパフォーマンスに優れているからだ。 実際にガレリアDTでニーアオートマタをプレイしたところ、フレームレートはこんな感じでほぼほぼ問題なく動きました。 価格とニーアオートマタの重たさを考えれば、十分にな性能だと思います。 レビューは以下よりどうぞ。 60~4. フルHDなら平均60fps前後、WQHDなら平均50fps前後でニーアオートマタを動かせる。 ガレリアXFの詳しいメリット・デメリットはレビュー記事にて。

次の