下関 市 コロナ ウイルス 感染 者。 【山口県】コロナウイルス感染者受け入れ病院はどこ?感染症特定医療機関は?|ふぅららら

山口県内の最新感染動向

下関 市 コロナ ウイルス 感染 者

山口県下関市の40代会社員男性が新型コロナウイルスに感染! 【速報】山口県で新型コロナウイルス感染者確認 中国地方初 — 中国新聞 ChugokuShimbun 3月4日、 山口県下関市に住む40代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染していると発表されました。 3日深夜に感染の疑いがあり、検査したところ陽性反応が出たとのことです。 海外への渡航歴はありません。 新型コロナに感染した40代の会社員男性は、先月12日から21日にかけて 大分県と福岡県、熊本県に複数回出張されていて、福岡県内の実家にも帰省していたとのことです。 3月3日には大分県でも初の新型コロナ感染者が発表されました。 下関市新型コロナ感染者40代の会社員男性は誰で自宅はどこ? 今回感染が確認された山口県で初となる新型コロナウイルス感染者の40代会社員男性について、現時点で判明している情報をまとめてお伝えします。 名前:不明 年齢:40代 住所:下関市内 職業:会社員・営業 住所は山口県下関市だと思われますが、それ以上の詳しい情報は発表されていません。 個人情報であるのでこれ以上の情報が発表される可能性は低いと思われます。 新型コロナ感染者40代の会社員男性の行動の詳細情報 下関市に住む40代の会社員男性は、営業職で 先月12日、14日に大分県に出張しています。 15日、16日には福岡県の実家に帰省。 19日〜21日に福岡県、熊本県、大分県の各県に出張。 22日以降は会社には出勤していないとのことです。 23日に症状が悪化してからは下関市外へは出ていないそうです。 移動は主に社用車を利用していたそうですが、営業職ということで濃厚接触者は多数存在されると思います。 症状が悪化したのは、2月23日で38度近くの発熱の症状が出たそうです。 しかし、25日以降に複数の医療機関を受診したようですが症状は改善せず3月2日に肺炎が確認され、翌日3日にウイルス検査を受け、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたとのことです。 感染した40代の会社員男性の症状は安定しているようです。 下関市新型コロナ感染者40代会社員男性の入院先の病院はどこ? 山口県下関市に住む40代の会社員男性の 入院先となる病院はどこになるのでしょうか? 山口県の感染症指定医療機関に指定されている病院は特定、第1種、第2種感染症指定医療機関は4つの病院があります。 山口県の感染症指定医療機関の病院 山口県内で「特定感染症指定医療機関」「第1種感染症指定医療機関」「第2種感染症指定医療機関」に指定されており、感染症病床を有している医療機関は以下の4つの病院です。 ・山口県立総合医療センター ・独立行政法人地域医療推進機構 徳山中央病院 ・地方独立行政法人 下関市立市民病院 ・山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院 日本政府は、一般病棟でも感染者を受け入れる方針を発表していますが、緊急時を除いた場合は上記の感染症指定医療機関の病院に優先的に受け入れられるとおもわれます。 山口県の感染症指定医療機関のどこの病院になるか? 山口県初となる新型コロナ感染者は下関市に住む40代の会社員男性とのことですので、下関市の病院に入院されるのではないかと思われます。 入院しているとなると、下関市内で感染症指定医療機関にも指定されている 『地方独立行政法人 下関市立市民病院』に入院している可能性が高いと思われます。 『地方独立行政法人 下関市立市民病院』の詳細はこちら。 山口県初の新型コロナ感染者が確認されたことに対する世間の反応 山口県下関市でコロナ感染者出たって 今聞いた。 — チコ chico0319 下関コロナ、、しばらく市民病院に行けんやん。

次の

ラウンジサザンクロス大分の30代女性からコロナ感染した下関の男性は誰?妻や子供にも感染!ネットの反応は!

下関 市 コロナ ウイルス 感染 者

2月12日 大分県に出張• 2月14日 大分県に出張• 2月15日 福岡の実家に帰省• 2月16日 福岡の実家に帰省• 2月19日~21日 福岡、熊本、大分に出張• 2月22日~ 出勤なし• 2月23日 37. 5度の発熱• 2月25日~ 複数の医療機関を受診• 3月2日 肺炎のため入院• 3月4日 新型コロナウイルス陽性 とのこと。 男性は営業職で、発症前には大分県、福岡県、熊本県に出張に行っていたようです。 かなり広範囲で移動されていますね。 2月23日に発症する前日からは出勤しておらず、発症後も下関市外へは出ていないようです。 移動手段は主に社用車を使っていたことから、出張など勤務に関わる移動では公共交通機関は利用していないとのこと。 ただし、会社の同僚の方が一緒に乗車していたことから、同僚の方への感染が懸念されますね。 その他の濃厚接触者について、現在調査中とのことです。 下関市に住む40代男性会社員の自宅の場所はどこ? 今回感染が確認された下関市に住む40代男性について、現時点で判明している情報をまとめます。 職業:会社員 住所は「山口県下関市」であることは判明していますが、それ以上の詳しい情報は発表されていません。 風評被害や個人情報、人権の観点から、これ以上の情報が公開される可能性は低そうですね。 下関市に住む40代男性会社員の勤務先はどこ? 下関市に住む40代男性について、「営業職」という情報は発表されていますが、それ以外の情報については公表されていません。 おそらく不特定多数の方に接するような業種ではないとのことで、公表されない可能性が高そうですね。 下関市に住む40代男性会社員の入院先の病院はどこ? 下関市に住む40代男性は、現時点では入院しているかどうかは報じられていません。 山口県内の受け入れ病院についてはこちらの記事にまとめていますが、 入院しているとすると、下関市内でかつ感染症指定医療機関にも指定されている「地方独立行政法人下関市立市民病院」の可能性が高いと思われます。 ネットの反応 山口でも出ましたか… 早く終息したらいいですね。 — やっちゃん -. 勘弁してくれよ~。 — ゆずれもん。 山口県、そして中国地方で初めての感染者となりました。 全国のどこのエリアでも感染者が出ている状況になりますので、まだ感染者が確認されていない県でも、すでに感染者がいると思って慎重に行動すべきだと思います。 一刻も早く新型コロナウイルスが収束するために、私たち一人ひとりが危機感と責任感をもって行動しないといけないですね。

次の

新型コロナウイルス感染症の発生状況について

下関 市 コロナ ウイルス 感染 者

山口県下関市は、北九州市で28日に新型コロナウイルスの感染が確認された21人のうち、2人が下関市在住だったと29日発表した。 いずれも、クラスター(感染者集団)が起きたとみられる門司メディカルセンター(北九州市門司区)の医療スタッフ。 関門海峡を挟んで1日約1万人の往来がある下関市では警戒が強まっている。 記者会見した下関市によると、感染が確認されたのは下関市在住の40代と50代の女性。 2人とも29日に県内の医療機関に入院し、うち50代女性は発熱などの症状があるという。 2人は、門司メディカルセンターに入院歴のある女性の感染確認を受け、北九州市が濃厚接触者としてPCR検査を実施。 28日に陽性と判明した。 2人とも普段は車で通勤していたといい、それぞれの濃厚接触者は、40代女性が家族1人、50代女性が同居人2人。 いずれもPCR検査を実施し、30日には結果が判明する。 今のところ、この3人に症状はない。 3人については、PCR検査の結果が陰性でも、6月12日までは健康観察期間として下関市が外出自粛を要請する。 (井石栄司) 下関市内の感染者は、4月12日に市の非常勤職員の70代男性が確認された後、1カ月半余り出ていなかった。 市は対策本部会議を開いて、北九州市の発生状況について情報を共有。 前田晋太郎市長は記者会見で「最大の危機感を持っている」とし、市民に当面の間、北九州市への移動を控えるよう呼びかけた。 下関市は今月14日に小中学校を再開。 20日からは一部施設も再開したが、前田市長は「出ばなをくじかれたようなつらい状況」と苦渋の表情を浮かべた。 北九州市は施設の再休館に踏み切ったが、前田市長はこの週末の発生状況を見極めたいとし、「内容が悪ければ思い切った決断が必要になるだろう」と語った。 北九州市在住の職員については、在宅勤務を推奨していくという。 () 知事、北九州市への移動自粛を要請 山口県の村岡嗣政知事は29日、新型コロナウイルスに対応する特別措置法に基づき、感染確認が相次いでいる北九州市への移動を当面の間、自粛するよう県民に要請した。 村岡知事は「感染の波が押し寄せてくることは避けないといけない。 当面は不要不急の移動は控えていただきたい」と話した。 この日あった県の対策会議で決めた。 緊急事態宣言が5月14日に解かれた38県への移動自粛要請については、6月1日以降は解除する。 大阪府、京都府、兵庫県は6月11日まで、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、北海道は同月18日まで自粛要請を継続する。 県有施設や県主催イベントについては、6月1日以降も自粛要請を継続する8都道府県と、北九州市からの来場を控えるよう呼びかける。 県内の感染者数が1週間で4人を超えた段階で、外出自粛要請などの検討をはじめ、市中感染の有無などを考慮して対応を決めることも確認した。 会議後、村岡知事は観光振興について「6~8月は通常の年であれば需要が増える。 ここでしっかり需要を喚起できればと思っている」と述べ、県議会6月定例会に観光関連事業を盛り込んだ補正予算案を提案する考えを示した。 (藤牧幸一).

次の