テープ 回し て ない やろ な。 「お前らテープ回してないやろな」は“冗談“。吉本興業の岡本昭彦社長が釈明

吉本社長「テープ回してないやろな」発言が波紋 「無断で録音」法的には問題ナシ(弁護士ドットコム)

テープ 回し て ない やろ な

いわゆる「闇営業」問題をめぐって、お笑い芸人の宮迫博之さんと田村亮さんが謝罪会見を開いたことを受けて、吉本興業は7月22日、東京都内で記者会見を開きました。 宮迫さんは7月20日に開いた会見で、岡本昭彦社長から「お前らテープ回してないやろな」と言われたと明かしましたが、これについて岡本社長は「冗談でテープ録ってんちゃうのんと言った」と弁明しました。 ツイッターでは「驚きの回答」「流石に冗談でもおかしい」「言い訳が苦しすぎ」などと非難が集まっています。 」「吉本社長から宮迫への『録音してないやろな?』がブラック企業の面談あるあるすぎて草」と会社で同様のことを言われた人もいました。 こうした会社とのやりとりの場面では、秘密でも録音をすべきなのでしょうか。 寺岡幸吉弁護士は「録音がある場合とない場合では、そのような内容の発言があったという主張が真実かどうかという判断に大きな影響を与えます。 録音があった方がもちろんいいです」と話します。 「私が担当した事案でも、録音がないために立証が出来ず、悔しい思いをしたことは何度もあります。 ですから、できる限り録音はするべきです。 しかし、録音が無いから、立証できる可能性が全くないとも言えません。 寺岡弁護士は「私自身、パワハラの裁判などで無断録音を証拠として提出したことは何度もありますが、その証拠能力が争いになったことはありません」と言います。 「『証拠能力』とは、訴訟において証拠として取り扱うことができるかどうかというものです。 一方、『証拠力』『証明力』とは、証明しようとする事実の証明にどの程度役立つかというものです。 民事訴訟の場合、証拠能力には原則として制限はありません。 例外的に、話した人の人格をひどく傷つけるような手段で取得した証拠や、秘匿する必要性が特に高い証拠などは証拠能力がないとされる可能性があります。 また、上司が何者かに発言を誘導されたなどの事情がある場合は、証拠力・証明力が低いと評価される可能性がありますが、自発的に発言をしているのであれば、証拠力・証明力が問題になることはないでしょう」 【取材協力弁護士】 寺岡 幸吉(てらおか・こうきち)弁護士 社会保険労務士を経て弁護士になった。 社労士時代は、労働問題を専門分野として活動していた。

次の

「テープ回してないやろな」ハラスメント対策の秘密録音、どこまでがOK? 専門家に聞いた (1/2ページ)

テープ 回し て ない やろ な

吉本興業所属のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題で、同社の岡本昭彦社長(52)が22日、東京都内で記者会見を開き、「ファンや関係者の皆様にご心配をおかけした」と謝罪し、一連の問題の責任を取り、自身と大崎洋会長(65)を1年間、50%の減俸とする方針を明らかにした。 また、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)の契約解消を撤回すると表明した。 今回の問題を巡っては、宮迫さんと、謹慎中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)が20日に記者会見を開き、ファンらに謝罪。 同時に、早く謝罪会見を開きたいとの要望を吉本側に止められていたなどと訴えていた。 岡本社長は「2人にあのような会見をさせ、つらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っている」と述べ、「受け入れてもらえるのならば、改めて彼らと話し合い、最善の解決策を考えたい」とした。 この日の会見は、約5時間半にも及んだ。 岡本社長は、宮迫さんらが希望した謝罪会見を開かなかった理由を、「事実関係が明らかではない段階で会見を開くことで芸人を傷つけると考えた。 意思疎通ができていなかった」と釈明した。 宮迫さんが20日の会見で、岡本社長から「(録音)テープ回してないやろな」と言われたと明かしたことについては、「冗談のつもりだった」と説明。 「(謝罪会見を)やってもええけど、(関係したタレント)全員連帯責任でクビにするからな」と言われた、としていた点については、「詐欺被害者への(反省の)思いが見えてこないように感じられてそう言ったが、圧力をかけるつもりはなかった」と述べた。 反社会的勢力と関係を断つための再発防止策としては、同社を通さず仕事をする「直営業」の依頼があった際には報告することなどを定めた「共同確認書」を新たに作り、タレントと取り交わす方針を説明。 反社会的勢力の可能性がある人に酒を勧められるなどした際に、タレントが24時間、担当者に連絡できる「ホットライン」の活用も一層進めていくとした。 岡本社長自身の進退については、「まだいろいろな調査がある。 全力でやりたい」と述べ、退任は否定した。 企業法務や危機管理に詳しい牛島信弁護士の話「反社会的勢力に関する事案だけに、事実確認を急ぎ、吉本興業としてもっと早く会見すべきだった。 宮迫さんらへの発言を岡本社長は『冗談だ』と釈明したが、そうだとしても十分パワハラと認定しうる。 ただ同社が提示した再発防止策は評価できる。 吉本興業がきちんとこれらを実行できるか、社会全体で見守る必要がある」.

次の

吉本の岡本社長「『テープ回してないやろな』は冗談」に怒りの声

テープ 回し て ない やろ な

闇営業問題を経て、現在はYouTuberに転身している宮迫博之。 昨年、吉本興業社長の岡本昭彦氏との会談の際に「お前らテープ回してないやろな?」と恫喝気味に問われたと、田村亮〈ロンドンブーツ1号2号〉との記者会見の際に発言していたが、今だに気になるのは、やはり「真相はどうだったのか?」ということだろう。 オリエンタルラジオの中田敦彦のYouTubeチャンネル<中田敦彦のYouTube大学>、3月24日投稿の<【吉本騒動に迫る】雨上がり決死隊・宮迫博之さんとYouTube初コラボ>に宮迫がゲスト出演して激白した。 「吉本に関してどう思うか、言っといたほうがいいすかね」と、お伺いを立てる中田。 宮迫は「ボクと吉本との関係性ね?現状は契約解除されてる状態だから、吉本(所属)じゃないです」と答えつつ、相方の蛍原や吉本所属のタレントとの仕事がスムーズにいくのなら、吉本興業とのエージェント契約に期待を寄せる胸の裡も明かした。 これに対して中田は、 「岡本さんめちゃくちゃ怒ってるんじゃないですか?(中略)社長まで謝罪会見してるわけじゃないですか。 オレが社長だったら許さないだろうな」 と、宮迫が吉本に戻るのは難しいだろうと持論を展開した。 ところが宮迫は「(自分が)もっと影響力のある、徳のある人間になったらいろいろ動いてくれるのかなと思ってるけどね」とみずからの頑張り次第で吉本がよりを戻そうと働きかけてくれるのではないかとの推測を述べた。 そして番組終盤、岡本社長が言ったとされる当のくだりについて、中田はこう切り込んだ。 「ちなみにですけど、テープって回してたんですか?」 宮迫は神妙な面持ちで「ほんまの事言うていい?…回してません」と返答。 これに中田が「なんで?何やってんすか」と、毒を吐くように苦い顔を作り、スタジオの笑いを誘うと、「(テープを回してないかと)言われた時に、『回してるわけないでしょ』って言うたけど、心のどこかでその手があったかと思った」 と宮迫も負けじと応戦した。 あらかじめテープを回しておける抜け目なさがあれば、宮迫がこれほどの苦境に追い込まれることはなかったのかもしれない。 そこをうまくやっている人間が跋扈しているのが芸能界かと思うと、恐い気もするが…。 (ユーチューブライター・所ひで).

次の