しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち。 Wikizero

しまじろうシリーズの登場キャラクター

しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち

『 しましまとらのしまじろう』は、(TSC)製作・で放送された『』シリーズ原作の(全日帯アニメ)。 概要 からまでの約14年4ヶ月間放送され、のアニメ番組としては最長の放送期間を持つ。 の民放テレビ局としては唯一の全国ネット番組にして、地区以外の民放テレビ局製作アニメとしては唯一の30分レギュラー枠作品でもあった。 TSCと同じに本社を構える(旧:福武書店)がを務め(但しTXN系列局では他スポンサーもついている)、同社の乳幼児向け通信教育講座「」(当初は「幼児・おやこ講座」)を原作としている。 主に層を対象にしている。 1回2本立てであり、1994年12月19日放送の第52話までは2本とも新作エピソードだったが、翌年1月9日放送の第53話からは新作エピソード1本と過去のエピソードの再放送1本の構成となった。 放送終了後に後継番組として、従来のアニメパートの他に着ぐるみのしまじろうが様々な体験をする実写パートを加えた『 』がに開始された。 これは登場人物の一部が異なるため本作とは別物語と言える。 その後同番組はから『しまじろう ヘソカ』に、から『しまじろうのわお! 』に改題された。 末からはで向けの『しましまとらのしまじろう日本語版・英語吹替版』が放送されており、日本語版の放送後に英語吹替版が続けて放送されている。 またアニメは「わお! 」から普通の2Dアニメからフル化された。 ストーリー概要 世界観やキャラクター設定は原作の『こどもちゃれんじ』とほぼ同じだが、ストーリーは完全にアニメオリジナルである。 主人公の『しまじろう』を中心に、『ちゃれんじ島』での生活を形式で描く。 多くは夢の世界を冒険するといったファンタスティックなストーリーか、家族や友人とのトラブルをきっかけとして社会生活上の教訓を学ぶといった教唆的なストーリーである。 本作品の登場人物は、ゲストキャラも含めてほとんどがをしたものであるが、たまにやも登場する。 次回予告では、しまじろうが「次の『しましまとらのしまじろう』は、『 前半パートのサブタイトル 』ほか1本!見ってね~!」という予告があった。 登場キャラクター 詳細は「」を参照 世界像• ちゃれんじ島では、さまざまな動物が生活している。 但し、「こどもちゃれんじ」の教材やアニメに登場する家族を見る限り、異種族間のは存在しないらしい。 など、する人(動物)も存在する(第508話Aパート、第563話Bパート「ねむくないよ! 地中にはの住む世界があり、独自の文化を築いている(第146話Aパート、第98話Bパート「海を見ていた」ほか)。 鳥は人語を話すものと話さないものがある。 オウムのほか、も人語を話す(第487話Aパート「おじいさんと白いハト」)。 動物を飼育する話もあるが主に擬人化されているのが哺乳類や鳥類であるため、それらの動物が飼育されることはない。 一方でが飼われている(第50話Bパート「金の卵」)。 昆虫のが目覚まし時計をうるさがり、人語を話す(第533話Aパート「まだだよう」)。 かたつむりが話しかけてくるとしまじろうたちは「かたつむりが口を聞いた」と驚く。 が話すと、とりっぴいは「う、うわー! しゃべった! コウモリ君って、鳥じゃないの? 」と動揺する(第640話Aパート「コウモリくんのお家」)。 ちゃれんじ島には、地下鉄が存在する(メエメエ博士が「地下鉄に乗り遅れる」と言っていた)。 スタッフ• 企画 - こどもちゃれんじ編集部、大西加紋()、草野啓二()• 総監督・シリーズ構成 -• キャラクター原案 - 国本雅之、みやしたはんな、鈴木博子• アニメーションキャラクターデザイン -• ゲストキャラクターデザイン -• 美術 - 中山益男• 音楽 -• 音響監督 -• 撮影監督 - 森口洋輔• 編集 - 森田編集室• ロゴ・デザイン -• タイトル - 、小谷野博• 制作・文芸協力 - こどもちゃれんじ編集部• アニメーション制作 - スタジオ旗艦• アニメーション制作協力 -• 制作協力 - 、こどもちゃれんじ• OP:しまとらンドアイランド(唄:しましまKids 作詞:恵美里/作曲・編曲:ジョン・マイケル)第1 - 226話(1993年12月13日 - 1998年6月8日)• OP:スキップステップアイランド(唄: 作詞:横山武/作曲・編曲:)第227 - 726話(旧バージョン1998年6月15日 - 2003年12月22日。 新バージョン2004年1月5日 - 2008年3月31日)• ED:ずっともっと大好き(唄:しましまKids 作詞:恵美里/作曲・編曲:ジョン・マイケル)第1 - 176話(1993年12月13日 - 1997年6月16日)• ED:ハッピー・ジャムジャム(唄:M. J 作詞:横山武/作曲・編曲:樫原伸彦)第177 - 597話、第625 - 637話、第651 - 663話、第676 - 688話、第701 - 713話(1997年6月23日 - 2005年10月3日、2006年4月3日 - 2006年6月26日、2006年10月2日 - 2006年12月25日、2007年4月2日 - 2007年6月25日、2007年10月1日 - 2007年12月24日)• 第625話(2006年4月3日)から第726話(2008年3月31日)までのEDは1 - 3月、7 - 9月は「にゃんだこりゃ」、4 - 6月、10 - 12月は「ハッピー・ジャムジャム」と三ヶ月毎に交互に差し替わるローテーション方式に変更となった。 「スキップステップアイランド」はアニメで使用開始されてから2年以上たった2000年7月19日に初めてCD発売され、幼児向けCDでは異例の初回出荷2万枚を記録した。 また、PS2用ソフト『 わいわいハッピー! 六代目』に収録されている。 なお、「ハッピー・ジャムジャム」は後続番組『はっけん たい��ん だいすき! しまじろう』でもエンディングで流れているが歌手(しまじろう、とりっぴい、みみりん、らむりん)やアレンジが異なる。 『しまじろうヘソカ』では2010年6月から「HESOKAバージョン」として流れている。 なおこちらも歌手(鵜久森智美)やアレンジは異なり、エンディングではなくダンスコーナーの方で流れている。 しかし2010年8月16日放送分から再びエンディングが流れるようになり、2011年1月10日放送分まで使用された。 「スキップステップアイランド」では1998年6月15日 - 2003年12月22日まで、タイトルロゴも動いたし、しまじろうの従兄弟のトミーが登場していたが、2004年1月5日に映像が一新されたため登場しなくなった。 アニメサブタイトルリスト 詳細は「」を参照 テレビ以外での作品 劇場上映作品 いずれもの作品。 しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち• しまじろうと海賊船• しまじろうとふしぎがもりのひみつ ライブ映画• クリスマスコンサート2010 しまじろう サンタのくにのオルゴール 2010年12月4日より1週間限定公開。 2010年11月11日より上演されている『2010こともちゃれんじクリスマスコンサート』のミュージカルを劇場公開。 プラネタリウム上映作品• しまじろうの星空大冒険〜ドーナツ星をさがせ〜• しまじろうとみみりんのながれ星ものがたり• しまじろうの あまのがわ だいさくせん• しまじろうの ほしのひみつ ゆきのひみつ• しまじろうの ほしぞらだいすごろく• しまじろうの つきのかげをさがして 交通安全教材作品• しましまとらのしまじろうの交通安全 防災教材作品• しましまとらのしまじろうの消防隊 放送局 途中打ち切りになった局も含む。 放送時間はおもに最終回時点でのものとする。 途中打ち切りの放送局 ほとんどの放送局が最終回を放送せずに打ち切られた。 日本国外での放送 備考• このアニメはCS局のでも再放送されていた。 スポンサー名義は「 Benesse」(あるいは旧称の「 福武書店」)ではなく「 こどもちゃれんじ」となっている。 テレビ東京などでの本放送はに、半音上がった主題歌がBGMとして流れているだけのシンプルなものだったが、2006年4月から、テレビ東京系での放送でもブルーバックを廃止した。 地上波で放送しているアニメの中では、最も遅くまでブルーバックを使用していたとされる。 一方、キッズステーションでの提供クレジットはしまじろうが登場し、が「この番組の提供は」と言い、その後に普通のアナウンスで「 こどもちゃれんじの提供でお送りします」というような凝ったものになっていた。 テレビ東京系ではこどもちゃれんじ以外にも複数のスポンサーがついている。 それ以外の局ではこどもちゃれんじのみのこともある。 提供クレジットもブルーバックではなく、BGMもつかない局があった。 局によっては「この番組は こどもちゃれんじとご覧のスポンサーの提供でお送りします(お送りしました)。 」もある。 では放送されていない。 では2009年末から日本語��と版が1セットで放送されている。 初期にはエンディング前後に次回予告が挿入されていたが、途中から廃止された(ただし、後続番組「はっけん たいけん だいすき! しまじろう」では途中から、ベネッセコーポレーションの紹介ページで次回予告をストリーミングで配信している(番組内では放送されない)。 そして2009年4月から番組内でも放送されるようになった)。 ベネッセとが共同運営しているしまじろうのテーマパーク「」が全国7箇所に展開されていたが、ベネッセ本社のある岡山には出店されないままだった。 放送2年目の1995年にの推薦作品に指定された。 推薦表示は番組の最終回までOPのタイトル後に表示され続けた。 次シリーズの「はっけん たいけん だいすき! しまじろう」以降では推薦表示は無くなっている。 みみりん、らむりん、とりっぴいの三人は、放送のにコメント出演した事がある。 これはパーソナリティ���が、同番組中でしまじろうを視聴している旨を度々話していた事により実現したもの。 2013年3月2日、ひかりTV内のチャンネル『Baby TV』で放送開始された。 CM部分はこどもちゃれんじのCMや、BabyTVの製作CMが流された。 脚注 [] 関連項目• 外部リンク• - (2008年03月29日時点の)• - ベネッセ この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

しまじろうシリーズの登場キャラクター

しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち

株式會社St. Signpost. ,Ltd. Signpost. ,Ltd. Signpost(日语: 株式会社スタジオサインポスト,英語: St. Signpost. ,Ltd. )是一家位於的製作公司。 成立於1959年。 準會員。 概要、沿革 [ ] 1959年3月10日成立,當初是一間普通雜誌廣告代理店。 1989年開始投入動畫製作產業。 1993年4月12日改組,更名「 株式會社旗艦工作室( 株式会社スタジオ旗艦/スタジオきかん)」。 而旗艦工作室的代表董事社長由動畫製作人就任,另外作為旗艦工作室的社員,出身的也加入行列。 旗艦工作室改名初期,以製作《》等作品起家,1993年播出至今的《》系列開始投入一般年齡層動畫的製作。 1996年,由旗艦工作室的經理以製作成人動畫為主要業務,另外成立 ,旗艦工作室從此停止製作成人動畫,轉移向別家總承包商承包分工製作,尤其以承包的作品最多。 2008年子公司化,正式登記Studio Pierrot集團的旗下,並展開作為動畫製作總承包商的活動。 同年9月,工作室本部從搬移至。 2009年10月1日,更名「 株式會社Pierrot PLUS( 株式会社ぴえろプラス)」。 2019年9月20日,代表董事由Studio Pierrot的萩野賢就任。 同時公司改名「 株式會社St. Signpost( 株式会社スタジオサインポスト)」。 作品列表 [ ] 獨立製作 [ ] 電視動畫 [ ] 首播年份 播畢年份 中文名稱 日文名稱 原作類別 備註 旗艦工作室時期 1993年 1994年 しましまとらのしまじろう 原創 與 ( 日语 : )共同製作。 Signpost時期 2020年 織田シナモン信長 漫畫 キングダム (第3期) OVA [ ] 一般OVA 發行年份 中文名稱 日文名稱 原作類別 備註 旗艦工作室時期 1994年 ( 日语 : ) ワイルド7 漫畫 與共同製作。 しましまとらのしまじろうの消防隊 原創 防災教學錄影帶。 1999年 可愛巧虎島的交通安全 しましまとらのしまじろうの交通安全 交通安全教學錄影帶。 テガミバチ ~光と青の幻想夜話~ 漫畫 上映作品。 網路動畫 [ ] 發佈年份 中文名稱 日文名稱 原作類別 備註 旗艦工作室時期 2015年 ( 日语 : ) 師匠シリーズ 小說 短篇動畫。 教學動畫 [ ]• ( 日语 : )系列 協力製作 [ ] 電視動畫 [ ] 首播年份 播畢年份 中文名稱 日文名稱 總承包商 原作類別 備註 旗艦工作室時期 2002年 2007年 NARUTO -ナルト- 漫畫 - 2003年 2004年 2004年 最遊記RELOAD GUNLOCK 2004年 2012年 2011年降板。 2005年 - 2005年 魔法少女リリカルなのはA's 原創 2006年 ひまわりっ! 2007年 忍者少女!! ひまわりっ!! 小說 2016年 ツキウタ。 THE ANIMATION Studio Pierrot 角色CD 2016年 2018年 パズドラクロス 遊戲 2017年 ( 日语 : ) 2018年 サンリオ男子 漫畫 東京喰種トーキョーグール:re 2019年 ありふれた職業で世界最強 Asread、 小說 とある科学の一方通行 漫畫 電影動畫 [ ] 首映年份 中文名稱 日文名稱 總承包商 原作類別 備註 Pierrot PLUS時期 2012年 漫畫 - 腳註 [ ] 注釋 [ ].

次の

スタジオ サインポスト

しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち

沿革 [編集 ] 1959年3月10日に設立された雑誌広告代理店が 、1989年にアニメーション制作事業を開始し 、1993年4月12日に 株式会社スタジオ旗艦(スタジオきかん)として改組。 初代代表取締役は日本シネテレビコーポレーション出身の実写映画プロデューサーである草野啓二。 役員として、出身でスタジオユニコーンを率いていた栃平吉和が加わった。 1993年に放送開始した『』などの一般向けアニメと並行して、も制作していたが、1996年にはアダルトアニメ事業を切り離して分社化。 関連会社として 有限会社を設立した。 2008年にのグループ会社となり 、以後はぴえろからの全話を中心に活動するようになった。 同年9月にからへ移転。 2009年10月1日付で、 株式会社ぴえろプラス(: PIERROT PLUS Co. ,Ltd. )に商号を変更した。 アームスの代表取締役である清水修が社長を兼務し、草野は会長に異動。 2019年9月20日、 株式会社スタジオ サインポスト(登記上は空白が入らない)に商号を変更。 代表取締役にはぴえろより萩野賢が就任した。 作品履歴 [編集 ] テレビアニメ [編集 ] スタジオ旗艦 [編集 ]• (と共同制作、第1期:-/第2期:-)• (1994年-1995年)• (1994年-1995年)• (制作元請:、各話制作協力、-2007年)• (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、2003年-2004年)• 最遊記RELOAD GUNROCK (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、2004年)• (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、-2011年)• (制作元請:、各話制作協力、2004年-)• (制作元請:、各話制作協力、2005年)• (制作元請:、制作協力、)• ひまわりっ!! (制作元請:アームス、各話制作協力、2007年)• (制作元請:、各話制作協力、2007年)• (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、-2017年)• (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、2008年)• (2008年-2010年) ぴえろプラス [編集 ]• (2009年-2010年)• (2010年-2012年)• テガミバチ REVERSE (2010年-2011年)• (2011年-2012年)• (制作元請:、制作協力、2011年)• (2012年)• (制作元請:、各話制作協力、2012年)• (制作元請:SynergySP、各話制作協力、2012年)• (制作元請:、各話制作協力、2013年)• (制作元請:スタジオディーン、各話制作協力、2013年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2013年-)• (制作元請:、各話制作協力、2013年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2016年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2016年)• (制作元請:ぴえろ、各話制作協力、2016年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2017年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2017年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2018年)• (2018年)• (2018年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2018年)• (2019年)• (2019年)• (制作元請:、制作協力、2019年) スタジオ サインポスト [編集 ]• (2020年)• (ぴえろと共同制作、2020年) OVA [編集 ] 一般OVA [編集 ]• (と共同制作、1994年)• ひとりのときがあぶない! (2008年)• (2008年)• ちいさなあなたへ〜Someday〜 (2011年) 18禁OVA [編集 ]• (-1994年)• ゴータマン誕生編 (1994年)• 臀撃おしおき娘ゴータマンR〜愛と悲しみのファイナル・バトル (1994年) 劇場アニメ [編集 ]• しまじろうの大冒険 昆虫の国のおともだち (2002年)• しまじろうと海賊船 (2002年)• しまじろうとふしぎがもりのひみつ (2002年)• (制作元請:ぴえろ、制作協力、2012年) 映像教材 [編集 ]• シリーズ ウェブアニメ [編集 ]• PV(2015年) 出典 [編集 ] []• スタジオ サインポスト. 2019年11月17日閲覧。 商業登記簿(2019年10月現在)から得られた情報では、主たる事業目的を「新聞雑誌の販売」「宣伝用品及び印刷の代理斡旋事業」「展示会・展覧会の主催」と定めていた。 公式サイト内• 株式会社スタジオサインポスト 法人番号 2011601014501• アニメハック. 2020年4月15日閲覧。 アニメハック. 2020年5月5日閲覧。 アニメハック. 2020年5月24日閲覧。 TVアニメ「織田シナモン信長」公式サイト. 2019年12月14日閲覧。 TVアニメ「キングダム」公式サイト. 2019年12月16日閲覧。 関連人物 [編集 ].

次の