まいぜんゲーム。 連載開始 予告編【まいくら・マインクラフト・まいぜんシスターズ】の動画

まいぜんシスターズのゲーム実況が面白い?スマブラからマイクラまで人気動画を紹介!

まいぜんゲーム

まいぜんシスターズの名前の由来は何? まいぜんシスターズはマイッキーさんとぜんいちさんの二人組で構成されています。 そんな、まいぜんシスターズにはモットーがあり 『 いつになっても、みんなでゲームを楽しむ心を忘れない』です。 名前の由来としてはマイッキーさん「マイ」とぜんいちさんの「ぜん」を取ってまいぜんシスターズとなっているのではないでしょうか。 「シスターズ」ということで女性では?と思ってしまいがちなのですが 噂では20代男性というのが流れています。 まいぜんシスターズのお二人は個人情報については一切非公開となっていますのでどちらが正しいかは今のところ分かりません。 しかし、名前にシスターズとなっているのでもしかしたら女性なのかもしれませんね(笑)。 まいぜんシスターズに女性メンバーがいたの? 名前に「シスターズ」があるので女性メンバーがいるのか? と思い調べましたしたがそもそもまいぜんシスターズのお二人の個人情報がないので女性メンバーがいたかどうかも分かりませんでした(笑)。 しかし、 年収がtuber townによりますと3000万円以上ありますので編集スタッフとして女性メンバーがいてもおかしくはないですよね。 まいぜんシスターズが普段どのように動画撮影&編集をしているかは今のところ公開はされていませんがもしかしたら今後、仕事風景を動画として挙げてくれるかもしれませんね。 最近のyoutuberの傾向としては出演者と一緒にカメラマンも動画に移る傾向があります。 また、声だけの出演もありますのでもしかしたら撮影スタッフが女性という線は大いにあり得ると思います。 ヒカキンさんとのコラボはほかにもあるので是非見てみてください。 爆破ドッキリなどは爽快感があって必見です(笑)。 まいぜんシスターズの顔出しはない? まいぜんシスターズのお二人は2020年現在、 今のところ顔出しはしておりません。 顔出しどころか 出身高校や大学についての個人情報の類は一切公表されていません。 個人情報が全く公表されていないのはファンとしてはさみしいところもあるのではないでしょうか。 動画の視聴者としてはもっとまいぜんシスターズのことを知りたいという方も多いので顔出ししてほしいという方もいると思います。 私も気になります(笑)。 顔を出すことで今までまいぜんシスターズの動画を好きで見ていた視聴者が嫌いになる可能性もゼロではないので私としては今まで通り声だけの出演でもいいと思います。 しかし、まいぜんシスターズは今後、顔の公表をするといううわさも流れています。 まいぜんシスターズの動画を見続ければいつかは顔を出してくれことでしょう(笑)。 まいぜんシスターズのまとめ 今回は大人気のyoutuberまいぜんシスターズのぜんいちさんについて紹介しました。 最近はおはスタに出ていることは知らなかったので改めておはスタでの活躍を見てみたいと思います。 本人の顔が出なくてもテレビ出演ができるなんてすごい世の中になりましたよね。 毎週火曜日にまいぜんシスターズはおはスタに出演されているとのことなので火曜日はおはスタを見て学校や会社に行かれてはいかがでしょうか。 まいぜんシスターズについては謎な部分が多いのでまた、新たな情報が出ましたら皆様に報告させていただきます。 今、在宅ワークをされている方も多いと思いますので、つかの間の休息にまいぜんシスターズの動画を見てみてはいかがでしょうか。 また、お子さんと一緒に見ると盛り上がること間違いないですよ。 ぜんいち、マイッキーの記事はこちらもどうぞ!.

次の

まいぜんシスターズの名前の由来は何?女性メンバーがいたのか?

まいぜんゲーム

既に削除されていますが、2017年頃には「 ガンダムVSガンダム」もプレイしていました。 当時はややマナーの悪いような動画も多数見られ、 身内だけにではなくオンラインでも意図的に相手を挑発するような「煽り」といった行為を進んで行っているようなプレイングや、暴言に近い発言も多数見られます。 2019年現在は専ら「 マインクラフト」や「 フォートナイト」「 大乱闘スマッシュブラザーズ」「 スーパーマリオメーカー」などの動画を投稿しています。 特にマインクラフトの動画はかなり人気があり、「ドッキリ」や「ストーリー動画」などが人気を博しています。 閲覧層は小学生などの低年齢層が多くを占めており、わかりやすく面白い動画が投稿されていると推測されます。 まいぜんシスターズ炎上騒動 実は2017年時代、 まいぜんシスターズは「ガンダムVSガンダム」の動画も投稿していました。 ですが、2019年10月17日現在それらの動画群は全て削除されており、以降ガンダムVSガンダム系統の動画を投稿することは無くなりました。 恐らくは一つの炎上事件がきっかけになってしまっていると思われます。 まいぜんシスターズがガンダムVSガンダムで炎上!経緯は? 事情を一から詳しく説明するとやや長くなります。 当時のまいぜんシスターズは多彩な動画を投稿していました。 ガンダムVSガンダムシリーズの動画もその一つです。 ですが、その動画内にてまいぜんシスターズの二人は、 自分たち以外のプレイヤーへの悪質な煽り行為を繰り返していたようです。 人を不快にさせるプレイングを意図的にしないということはオンラインゲームにおいては基本中の基本のマナーですが、仮にも大衆にプレイングを見せる動画実況者がそれを行っていなかったのです。 更には そのことについて指摘されても全く反省せず、むしろ煽り行為を「相手に敬意を払う行為だ」として煽り行為を推奨するなど、おおよそオンラインゲームをプレイする人物とは思えない行為を繰り返していました。 そんな中、まいぜんシスターズが1本の動画を投稿します。 内容はガンダムVSガンダムで、 今までのまいぜんシスターズとは明らかに動きが違う動画だったのです。 ですが、動画の実況は徹頭徹尾自ら操作していると言わんばかりの内容だったのです。 その動画内容に不信感を抱いた一部プレイヤーがその動きを検証、某有名プレイヤーのものではないかと特定されます。 そして、その経緯をTwitterで知ったYouTuber「 伝説のオコリザル」さんが知り合いだった某プレイヤーに確認を取ります。 すると、 某プレイヤーさんはまいぜんシスターズに自身のプレイ動画を売却したことを明らかにします。 そのことを知った伝説のオコリザルさんは「やっぱり中身をすり替えて実況していた」「やっていることが詐欺師」とかなり批判的なツイートをします。 この時点ではまいぜんシスターズの動画だとは言及していないものの、既に情報が広まっていた界隈ではすぐに何のことか特定され、プレイヤー間から批判的なツイートが数多く噴出しました。 いつも通りに無視を決め込み、反省しないと思われていたためか、伝説のオコリザルさんもヒートアップして、某有名プレイヤーにゲスト両を払って暴露配信なども行っていました。 そんな最中に まいぜんシスターズが唐突に動画を投稿します。 謝罪というか釈明動画でした。 その内容は• 本来ならば動画は二本立てで、二本目でプレイヤーすり替えを暴露する予定だった• 伝説のオコリザルさんに先に暴露されて炎上させられたことで、結果的にネタバラシが出来なくなってしまった• そのため企画はボツにする というものでした。 ですが、まいぜんシスターズは動画内で完全に「自分が操作している体で動画を実況していた」「伏線などは一切張っていない」ことから「最初からネタバラシなんてする予定がなかったのではないか」「バレなければそのまま自分のプレイにするつもりだったのではないか」と批判されました。 動画も完全に後出しだったため、言うだけなら言えるということも批判される原因です。 また、もしすり替えドッキリ動画だったのなら、バレても「別人でした!」とネタバレするのが普通であるとも指摘されています。 ですが、 当該動画を視聴したまいぜんシスターズの熱狂的なファンが伝説のオコリザルさんの動画に突撃を仕掛けます。 コメント欄が荒らされ、低評価をさんざんつけられるなど、かなり酷かった様子です。 それに対して伝説のオコリザルさんも動画を公開します。 まいぜんシスターズに対して• 自分に都合がいいように発言を捏造している• 釈明動画の内容は言い訳だらけで、他人に炎上騒動の責任転嫁をしている• やっていることは「偽計業務妨害罪」だ と指摘。 伝説のオコリザルさんの出した動画内で、特に発言の捏造が証拠ありで公開されたこともあってか、まいぜんシスターズ側は一転して批判をされます。 それを受けて まいぜんシスターズは一連の騒動に関する動画を一斉削除、批判的なコメントに関しても削除、動画の評価を非公開にするなどの措置を行っています。 更には ガンダムVSガンダム系統の動画も一斉削除し、2019年10月17日現在に至るまで正式な謝罪も無く、無視を行っているようです。 そのせいでまいぜんシスターズには、一部界隈からはかなり嫌われている傾向にあり、荒らしなどはされないものの、未だに多くのアンチを抱えるゲーム実況者となっています。 まいぜんシスターズ現在の活動 尚、 まいぜんシスターズは近年「煽り」行為系の動画は投稿していません。 煽りを行えるようなゲームのプレイを行っていないからかもしれませんが、2017年の炎上騒動が後を引いているのだと思われます。 ですが、それに反して前述の通り、謝罪なども行っておらず、一貫して無視を決め込んでいるのも事実です。 今後の活動ではどうなっていくのかわかりませんが、あまり蒸し返してもいい話ではないので、特別煽ったりつついたりすることは避けた方がいいかもしれません。 また、YouTubeのイメージ向上を図るとして、 2019年よりスーパーチャットによる収入を全て寄付に当てるということも明言しています。 2018年はYouTubeの良くないニュースばかりがピックアップされていた気がします。 今後Live配信は全てチャリティ配信とし、スーパーチャットはすべて募金します。 このチャリティ活動を通して、社会及びYouTuberのイメージ向上に少しでも貢献したいです。 まとめ 古参YouTuberでありながら近年台頭してきた「まいぜんシスターズ」は• 2015年12月にデビューした「ぜんいち」さんと「マイッキー」さんの二人組ゲーム実況YouTuber• 投稿初期は数多くのゲームをプレイしていたが、近年は「マインクラフト」と「大乱闘スマッシュブラザーズ」、「フォートナイト」を中心にプレイ中• 本名や顔などは完全に謎に包まれている• 2017年に「ガンダムVSガンダム」のプレイ動画を巡って炎上騒動を起こしている• 2019年からスーパーチャットの収入を全て寄付することを明言している とのことです。 2019年に低年齢層視聴者に人気を博したまいぜんシスターズ。 今後の活動に注目が集まりますね!.

次の

まいぜんシスターズ(ぜんいち&マイッキー)の顔写真や本名・地声は?年収や出身も!|Anogate

まいぜんゲーム

概要 カードゲーム・ボードゲームなど、様々なアソビを収録したゲーム。 、などの定番のものから、、などの日本独自のゲーム、 等の海外でメジャーなゲーム、ゴニンカンのようなマイナーなゲーム等、多方面において収録されている。 のパスの回数、の都落ちなどの、細かいルールも調整可能。 全てのゲームを一通りやっていき、スタンプを集めてステージを進み、ゴールを目指す「スタンプラリー」、 ハーツでシュート・ザ・ムーンを達成させるなどの条件を達成する「チャレンジ」など、やり込み要素も入っている。 シリーズ だれでもアソビ大全 一作目。 ソフト。 この作品でしか遊べないアソビも多い。 COMの「ロボ」が見れるのもこの作品のみ。 Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全 二作目。 ソフト。 今作より海外版が発売されている。 タイトル通り、Wi-Fiで世界のプレイヤーと対戦出来た。 その分、日本ではマイナーなアソビも多め。 世界のアソビ大全51 三作目。 用ソフト。 COMの強さに「すごい」の上の「やばい」が追加。 チャレンジはなくなった。 ゲームによっては、トランプや花札をクラブニンテンドーのデザインに変更することが出来る。 ゲームではないが、おまけとしてが収録されている。 ちょっとアソビ大全 番外編。 ウェア。 500ポイントで購入出来た。 数種類のゲームを収録している。 おてがるトランプ ババ抜き、スピード、七並べ、神経衰弱、ダウト)• じっくりトランプ ブラックジャック、ページワン、アメリカンページワン、大富豪、ポーカー• おなじみテーブル リバーシ、将棋、はさみ将棋、五目並べ、花札 登場したゲーム 五十音順で表記。 アメリカンページワン• ウサギと猟犬• エアホッケー• おはじきじんとり• キャロム• 協力タンク:タイトルとは違い一人でソロプレイも可能。 グリッドアタック:元ネタは。 クロンダイク:でおなじみ。 5五将棋• ことばさがし:1人1字ずつ回答していき、正解の言葉を当てるゲーム。 日本語版はひらがなだが、海外版だとアルファベットになる。 ゴニンカン:任天堂の元社長にして元相談役であり、「ゴニンカントランプ協会」名誉名人のによって、収録が決まった。 コネクトフォー• 五目並べ• コントラクトブリッジ• シーソーゲーム:重りを数個選び 1度選んだ重りはこの後使えない 、選んだ重りの重さの合計が一番重かった人に1ポイント。 これを数ラウンド行う。 6ボールパズル:に収録されていたミニゲーム。 開発元も同じ。 スペード• スライドパズル:元ネタは。 スローモー:「うすのろ」とも。 差別用語対策?• スロットカー• セブンブリッジ• 戦争:完全な運ゲー。 解説の投げやりっぷりは一見の価値アリ。 ソーダゲーム:爆弾ゲームのソーダ版。 ソーダを振り、泡を噴き出してしまった人の負け。 ダーツ• ダウト• たこ焼き:戦争ほどひどくはないが運ゲー。 脱出パズル:とは違い、四角ではないブロックもある。 チャイニーズチェッカー:ダイヤモンドゲームとも。 テキサスホールデム• トイカーリング• トイサッカー• トイテニス• トイベースボール:とは違い、フォークは出来ない。 トイボクシング• ドミノ:並べるのではなく、本来の遊び方の方。 ナインメンズモリス• ナップ:海外でトランプゲームの「ナポレオン」と言えばこちらの方を指す。 ナポレオン:日本生まれのトランプゲーム。 ハーツ• はさみ将棋• バックギャモン• バランスゲーム:シーソー型の不安定な台に1人1個ずつブロックを載せていく。 崩したら脱落し、最後まで残っていた人の勝ち。 VSタンク• フィッシング• ぶたのしっぽ• ページワン• ヘックス• 坊主めくり• 麻雀ソリティア• 的当て• マンカラ:世界最古と言われているアソビ。 ヨット:「ヤッツィー」とも。 ラストカード:ようするに。 ラストワン:棒引きゲーム。 最後の棒に線を引いた人の負け。 ラミー• ルドー 関連タグ 関連記事 親記事.

次の