リリカルなのは 2 評価。 財産評価|国税庁

【保留アイコンに法則あり!】P魔法少女リリカルなのは

リリカルなのは 2 評価

一期を見た後に続けて見ましたがなかなか面白かったです。 戦闘シーンは前作より面白くなりました。 なのはがリインに対して、「永遠なんてないよ」と言うシーンや、フェイトが過去を断ち切るシーンがとても印象的でした。 後は、ヴォルケンズ達もちゃんと考えがあり、好感が持てました。 八神家の日常も見ていて楽しかったです。 後は、フェイトが成長しているところは嬉しかったです。 話も、先を見るのが楽しくて仕方なかったです。 後は、一話、二話はショックでした。 なのはがヴィータに対して怒った? シーンも印象に残りました。 ネロラッシュ さんの感想・評価 4. 3 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 4. 5 キャラ : 4. 0 状態:観終わった 魔導師最強少女状態であったのに、いきなりフルボッコになる出だしは格闘少年漫画のような展開で最高ですね。 さあ〜この後どんな男前な戦いを見せてくれるのかな? シャキーン!ガチャガチャ!プシュ〜! レイジングハートのメカ音もたまらん。 バージョンアップしてショットガンに弾丸こめるような感じとか、薬莢が飛び出すのとか。 対話で解決出来ないなら拳でというのは変わらずですし、全力全開のバトルシーンは今回も熱くて、かっこいい!! 本当に良かったが、なのは、フェイトのW主演なのだから、タイマンでの戦いでもいいんだけど、プロレスタッグのように二人同時攻撃シーンがもっとあれば良かったな。 エピローグの成長したなのはたち。 2 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 4. ここまで批判がないのは、あにこれ史上でも稀なんじゃないでしょうか? しかし、私はそこまで良いと思えなかったので、あえて悪かった点を書こうと思います。 ・1期 無印 の前半の間延びした感がだいぶ解消されて、最初から緊迫する激しいバトル展開が続きました。 2 物語 : 4. 5 作画 : 4. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:観終わった 2005年 魔法少女リリカルなのはから1年後に放送される 前作から変わって草川啓浩監督 都築真紀脚本 前作の主要登場人物 メインの3人 なのは ユーノ フェイト に大幅に登場人物が増えて全編戦闘シーン中心に展開する 闇の書の主である八神はやて(植田佳奈)が第3のメイン魔法少女となり、 防衛プログラムとして シグナム(清水香里)ヴィータ(真田アサミ)シャマル(柚木涼香)ザフィーラ(一条和矢) が登場して敵味方入り乱れての戦闘となる 前作とは好対照に起伏にとんだストーリーで、メインキャラが入れ替わるごとに心情も細かく描かれ、命を懸けて守るべきものは友情であると主張されていく 数度のどんでん返しの後のラストは感動的で視聴後も爽やかな気分になれる快作 前作と続けて視聴できれば補完しあって満足感も倍増できると思う なのはシリーズの中で最も素晴らしい出来のA's。 普通、バトルものというと主人公サイドに感情移入してしまって、敵サイドはあくまで敵という認識になり、応援できませんよね。 しかし、このA'sははのはサイド、それと対立してしまう闇の書サイド両方を応援してしまえるような作品なのです。 というのは、それは、どちらも究極的な『戦う理由』があるからです。 どうしても譲れない思いがあるからです。 絶対に負けられない戦いがあるからです。 繰り返しますが、バトルもので二つの陣営があったとときには、ほとんどの場合、どちらかどちらか一方を応援し、勝つことを願います。 その場合は心の中で、あるいは設定上で、応援できない陣営は『敵』と認識してしまっているはず。 だけどどうでしょう。 この作品にはその絶対的な『敵』がいないのです。 応援できない『敵』がいないのです。 両陣営どちらも背水の陣の中で精いっぱい自分たちの想いを貫いて戦っている。 これこそ真のバトルアニメだと思いました。 丸太武漢肺炎天安門 さんの感想・評価 3. 6 物語 : 4. 0 作画 : 3. 5 声優 : 3. 5 音楽 : 3. 5 キャラ : 3. 5 状態:観終わった 一期の続き。 なのはとフェイトが新たな敵と戦う話。 前作から魔法少女物にSF風味を少し足したような作風だったが、今回はデバイスなどがよりメカっぽくなっている。 なのはたちが警察のような時空管理局に所属して事件を捜査する筋書で、犯人捜しの推理ものっぽい要素もある。 魔法少女要素オンリーでは無いのがリリカルなのはの特長なのだろう。 二期では新たな敵の騎士たちがその苦悩を担っているが、どうも騎士たちに魅力を感じられなかった。 リインフォースとはやての別れは両キャラに思い入れが持てなかったので心動かされることはなかった。 やはり一期のなのはとフェイトの別れには及ばない。 バトルはキャラが良く動き(ラストバトルのぬるぬるは凄い)エフェクトや音響が優れていて迫力があるが、画面が4:3なのがもったいない気がした。 不満なら劇場版を観てってことだろうけど。 バトル以外のシーンはキャラ絵のデッサンが下手に感じたが、あの一期のひどい作画よりは良くなっていると思う。 OPの歌も一期のほうが好き。 声優についてはアルフの中の人は棒演技の一期よりは上手くなっている。 きっと翠星石で何かを掴んだのですぅ。 制服っぽいコスチュームが最初理解できず、コンセプトは全て都築氏に丸投げにしたように話しているが、一期で離れてしまったのであまり語りたくないのかもしれない。 虚淵先生はもっと話してもらいたがっているように見えるが。 ato00 さんの感想・評価 4. 7 物語 : 5. 0 作画 : 4. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 4. 5 キャラ : 5. 0 状態:観終わった 新たな登場人物が増え、無印に増して熱い。 インテリジェントデバイスもパワーアップし、さらにカッコいいです。 なのは対ヴィータ、フェイト対シグナムの戦闘が見どころ。 再戦再戦時々邪魔ものって感じで白熱します。 このシーンはなんと4話だったのですね。 もうその頃には止まらなくなって、最後まで視聴。 なのはシリーズ最高傑作と評されるA'sを一気に駆け抜けました。 各登場人物がそれぞれの正義に従って行動。 魔法攻撃による激突は爆発的です。 中でも3回にわたって繰り広げられるフェイト・シグナム戦。 速さと力のつばぜり合いが美しくかつ清々しいです。 4 物語 : 4. 0 作画 : 4. 5 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 5 キャラ : 5. 0 状態:観終わった 比較的スロースタートだった一期目から一転、 初っ端から色んな意味でフルスイングでぶち抜いて来た『なのは』二期。 個人的には全力全開なバトルシーンの熱さがとても印象的な作品です。 5点付けた私の評価は過大かもしれません。 実際、人物造形やその一貫性に関しては、 2005年当時の水準から見ても、平均をやや下回るくらいだったと思います。 本作が優秀だと思うのは視聴者が熱くなれるバトル作画構図の設計。 見る者が興奮するライバルキャラ同士のバトル絵とは何か。 その追及度が半端じゃないと思います。 ファーストコンタクトを受け止める、なのはの魔法シールドの角度とか。 そして、それらを盛り上げる良い意味でチープなバトルBGM。 適宜、差し挟まれるデバイスたちのクールな英語、独語ボイスの応酬。 カードリッジシステムの無機質なリロード音。 いや~ホント痺れます。 シグナム姐さんだけじゃない。 本作スタッフ陣には相当なバトルマニアがいるらしいw 個人的に『なのは』シリーズは、往年の少年バトル漫画熱復活アニメ。 萌えだけでなく、愛とか勇気とか友情とか、反撃の狼煙とか、 ベタながら燃えるシナリオ展開で童心に戻ることができる作品ですが、 本作の場合はバトルの構図だけで何度も燃え上がることができます。 本作よりリアルな格闘描写や人体挙動の再現を成し遂げた作品は、 他にも数多くあるはずで、 そういう方向性の追及もアニメの発展には必要だとは思います。 けどそれ以前に本作のようなイマジネーション豊富な……。 劇場版1stでのレイジングハートの言葉を借りれば、 知性と戦術が散りばめられた、数々の熱いバトルシーン構築を喰らうと、 エンタメ精神の重要性を再認識します。 互いにバトルを重ね、手の内を知った者同士が次々と 手札や鞘まで出し合う展開が凄い熱戦。 その行方、しっかりと見届けましょう……。 なのは(1期)のレビューに追記して更新すること5回。 このままだと見終えてる2期のエースのレビューが一生書けなくなりそうなので、 ここらでそろそろ本命に移りたいと思いますw いまから12年前に1期が放映された、当時の新感覚魔法少女アニメの2期相当なのが本作のAsエースです。 魔法石のかけらをめぐって2人の魔法少女が激しい戦いを終えた前作から半年後が本作の舞台だそうで、 たぶんまだ小学三年生のままじゃないかと思います。 もしかしたら四年生になってるのかも? 9歳と10歳。 10歳未満に猛烈なこだわりがある人以外ならば、まぁ、どっちでもいいか。 とりま、前作では2人の魔法少女の息詰る攻防と思いに焦点があてられましたが、今回はさらに輪をかけて なんともいえない切ない理由による戦いが繰り広げられます。 うれしいことに、なのはの傍らには、前作で敵ともいえるライバルな存在だったフェイトちゃんがいるじゃないですか! まさに最強コンビ、プロレスでいえばアニマルとウォーリアみたいなもんですね(なぜ男子プロレスラー?) くだらない話しはここらまでにして・・・ 前作のなのはも確かにおもしろかったのですが、リアルタイムで視聴していない自分からすると、 そこはやはりいまのアニメ(魔法少女関係)との比較が意識としてあったりして、 純粋に物語の出来の良さを評価していたかと問われると微妙なところもあるんですよね。 ただ、このエースは本気でおもしろいと言えます。 断言できます。 まず敵といっていいのか今回も微妙な敵キャラが抜群で、その戦う理由が素晴らしい。 なのはたちと何度もやりあうことになる四人の魔法騎士のうちの2人の戦闘スタイルが剣と槌の近接戦闘タイプで、 これでもかとばかりに肉弾戦にもちこまれるんです。 特にちびっこ少女のディーダちゃんの槌の迫力はすごかった。 魔導エネルギーを詰め込んだマガジンを装填してからのぶっこみシーンは、当時アニメを生で視聴してたら失禁もんだったかもしれません。 正直、斬り合ったり叩きまくられたりするのを見ていると、魔法でなくてもよくね? みたいに思えるときもあるんですが、魔法=レーザービームばかりではつまらないですしね。 そして戦う理由ですが、それが難病に冒された騎士の主(マスター)の命を救うためなのが素晴らしい。 私利私欲のためでもなく、誰かを傷つけたいと思うわけでもなく、願いが叶うと信じての行動です。 前作のなのはだって、DV母の悪行の理由は魔法石のかけらを集めて伝説の惑星に行きたかったですからね (行けるもんでもなく、そもそもそんな星はないらしいというオチつきw) まぁ、これだって責めるのには無理がある設定です。 つまり、なのはシリーズの悪ぽい人は、果たして本当に悪なのか謎ってことろがおもしろいんです。 この手のテーマで思い起こされるのは、海外ドラマのニックフォーリンとかですかね。 ひところ話題になったメンタリストのサイモン・ベイカーが主役の海外ドラマといえばわかるか。 製作は2001年。 大手弁護士事務所に勤務する、お坊ちゃま弁護士のニック君がドラッグで逮捕されて、 奉仕活動の一環で無料の弁護を引き受けることになるのですが・・・。 相談に来る人は誰もが貧しかったり、誰もが心を痛めていたり、どちらが悪いといえない状況であったり、 正直、何が正解なのかわからない結末ばかりを迎えることになります。 そのとき一番の弱者の味方になってあげたつもりでも、未来をふくめて考えれば、 それが本当にベストな選択だったのかと、常にニックも悩むのです。 自分はこの手の話しが大好きなんで、一話ごとにドラマを見終えた余韻を味わいながら 自分なりの考えをまとめたりしていましたが、、、これをまんまアニメでやると不評でしょうねぇw 話しが脱線しかけたので戻しますが、エースにおけるキャラの善悪は判別が難しく、 それゆえに戦う理由もわからなくなるし、特に騎士たちのマスターであるハヤテがいい子で さらに事態が複雑化します。 特にハヤテの病の悪化が早まり、命運が尽きようとしてきたときですね。 ハヤテが死亡しても問題の根源は未解決なままで終わって、次の大災厄を巻き起こすだけ・・・ という無茶設定もパンチが効いてました。 追記 ・なのはらしさの特徴は、次回持ち越しでのハッピーファンタジーにあり? そして無印なのはとエースの2作品の最大の特徴が、物語の終盤の激戦を終えると、 それまで敵もしくはライバルだったキャラが仲間になっていて、視聴者からすると 思い入れのつくりやすいボーナス感満載のハッピーファンタジーなところでしょうか。 一昔前の少年マンガならではのありがちな展開ですが、大団円なハッピーエンドはいいものです。 特にダークファンタジーが流行のいまどきアニメなバッドエンドが苦手な人にはいいかもしれません。 特に無印からエースでのフェイトの扱いはよかったですね。 次回作で持ち越しスタイルで仲間になるのは新鮮でした。 エースから次作のストライカーズにかけても、敵であった四人の騎士がなのはの味方になっていて、 それはもう頼もしい仲間になっています。 てか、敵のマスターだったハヤテが、なのはの上司扱いになるから面白いもんです。 <まだ続きます> ミーク さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. 0 状態:観終わった それは、「願い」の物語。 そこには善悪など無くて、四人の守護騎士は主の幸せを願い。 また、幼き主は彼ら彼女らとの幸せを願い。 幼き二人の勇者は世界の平和を願う。 それぞれの願いは戦いを生む、いつか分かり合える事を信じて…。 魔法少女リリカルなのはA's の感想 始まります。 最高の一言に尽きる、と言ってしまえば早いのですが。 まず、守護騎士のはやてに対する想いの強さ。 はやてを守るためならどんなことでもしようとする。 たとえそれが悪だと理解していても……それこそ、悪を悪だと認識出来る心をくれた主のために。 誰かの為に健気に戦うキャラ最高! 他にも、たくさんの素晴らしいところがありますがここではこれ位にしておきます。 退会済のユーザー さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. 0 状態:観終わった 次元世界を揺るがした「PT事件(プレシア・テスタロッサ事件)」からおよそ半年後の12月。 高町なのはは戦いを通じて得た絆を胸に魔法の訓練を続けていた。 ある夜、そんな彼女の下に「所属不明の魔導師が急速接近中」との警告が響く。 不穏なものを感じながらも、それを迎えるべく家を出るなのは。 それが、後に「闇の書事件」と呼ばれる、ある冬の悲しくも優しい出来事の幕開けだった。 今でも時折聴ききながらエースの熱き想いのぶつかり合いを思い出してます。 OPEDはなのはシリーズでいつも楽しみにしてました。 双方応援したくなるストーリーは私にとって良作です。 中でもヴィータが幼いのにすごい迫力と忠誠心と強さなんですよね。 いつも「ぜってー負けねー」って感じです。 お互いが大切なものを守るためにぶつかるので、息をのみます。 どちらにも負けて欲しくないという気持ちになった時点で、私はすっかりエースに魅かれていました。 感動のとこなんだけど、これでもかっていう必殺技コンボになんだか笑えました。 やっぱりしめは宇宙へポイして波動砲みたいなやつなのね笑 視聴からだいぶ経ってしまっているので、またいつか再視聴してレビューに戻ってきたいと思ってます。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 高町なのはは戦いを通じて得た絆を胸に魔法の訓練を続けていた。 ある夜、そんな彼女の下に「所属不明の魔導師が急速接近中」との警告が響く。 不穏なものを感じながらも、それを迎えるべく家を出るなのは。 それが、後に「闇の書事件」と呼ばれる、ある冬の悲しくも優しい出来事の幕開けだった。 この頃(2005年秋アニメ)の他の作品•

次の

P魔法少女リリカルなのは2 パチンコ新台|初打ち感想 評価 評判

リリカルなのは 2 評価

8を当てる(リリカルRUSHへ)• 8を当てる(ハイパーリリカルRUSHへ)• 5を当て続け連チャンさせる(連チャン率約90%) 当選確率• ラウンド別出玉数 10R:約1000個 9R:約900個 8R:約800個 7R:約700個 6R:約600個 5R:約500個 4R:約400個 3R:約300個 2R:約200個 当選時の内訳• 通常時 10R確変:(ST120回):1% 3R確変:(ST120回):1% 3R通常:(時短100回):98%• 右打ち中 10R確変(ST120回):25% 9R確変(ST120回):1% 8R確変(ST120回):1% 7R確変(ST120回):7% 6R確変(ST120回):8% 5R確変(ST120回):14% 4R確変(ST120回):17% 3R確変(ST120回):17% 2R確変(ST120回):10% 初稼働の状況 ううううううーーーっ!すごく厳しい展開でした。 初当たりが重い! 当たって時短中に当ててST入れたのに駆け抜ける! 結局最後まで連チャンを堪能することはできず、ギブアップ! 筐体関連 下皿から球を取り出そうとすると、奥の方の球は取りにくいです。 他に気になる点はありませんでした。 演出関連 この台も演出面が良くないですね。 当たるときと、当たらないときの演出の差が大きすぎるのです。 つまり、期待出来ないリーチが早々に分かってしまい、期待感を持続できないのです。 当たるときは、絆ストックや熱いリーチが絡んできますが、当たらないときはスーパーに行っても、毎度同じバトルに発展。 武器の強化をしたところで当たる気配がありません。 ST中の演出に関しても、消化スピードが少し遅い感じがしました。 めちゃくちゃ遅いわけではないので、慣れかもしれませんが・・・。 出玉関連 第一段階の突破90%STに入れられれば、普通の引きをしていれば、10連チャン、20連チャン以上も射程圏内であるため、良いと思います。 個人的総評 通常時の演出、ST中の消化速度。 この2つが打ち手に受け入れられるかが微妙です。 スペックとしては、突破型のライトミドルであるため、009に近いはずで、ツボにはまった時の爆発力はあると思います。 演出頑張ってくれてれば、めちゃくちゃ打っただろうなぁというのが、本音ですかね。 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:3~6か月• 適正台数予測:1~3台• 次回作改善要望 この台に限りませんが、期待感を持てない時間が長ければ長いほど、打ち手は早く離れてしまいます。 通常時の演出が毎度同じようなバトルでは、あっという間に飽きてしまいます。 もう少し通常時の演出も力を入れて欲しいです。 メーカーさん、よろしくお願いいたします。

次の

【初当たり狙い目回転数】P魔法少女リリカルなのは 2人の絆|当たりやすい回転数

リリカルなのは 2 評価

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• OPED挿入歌など音楽 六課メンバーなど味方キャラクターは魅力的 マッハキャリバーを筆頭にデバイス達の気遣いなども良い 【悪い点】 やはりナンバーズやスカリエッティといった敵にすさまじく魅力がなく見ていて苦痛、1クール充分使って訓練してきたフォワード陣やベテランであるフェイトがぽっとででイキリまくっているナンバーズに終始押されていて気分が悪い。 でも正直オススメできる作品ではないかな… 魔法少女ものの代表格とも言うべきリリカルなのはも遂に三作目を迎えました。 幾多の戦いを経て成長し魔法局員となったなのは、フェイト、八神はやての3人とその後進にあたるスバル達との交流と共闘を描いたお話です。 【良い点】 ・ストーリーがシンプルで分かり易い。 群像劇的な要素の強かった前二作に比べ勧善懲悪ものの色合いが濃くなっている。 ・BLACK CATのクロノナンバーズ擬 もど きの敵集団。 2、3、4、5、6番目の娘達が個性豊かでいいと思いました。 ・安定した画力。 ・女性キャラが年齢敵味方問わず可愛い。 ・世界観。 ・主要人物達がそれぞれの道を歩んでいくラスト。 「戦い」とは対極の「平穏」を象徴する彼女らはバトル三昧の本シリーズにおける癒しキャラ達だったので地味に好きだったんですけどね…… 【総合評価】 「良い」! 【良い点】 ・スバルの覚醒シーン! 中々かっこ良かった! ・シグナムとアギトのユニゾン デザインが好みで良かった ・最終決戦のヴィータのシーン はやてが駆けつけてくれるのが良かった 【悪い点】 ・敵キャラが多すぎる 未だに覚えきれていない ・なのはとフェイトの百合媚び 百合自体は好きだけど公式で媚びるのはちょっと… ヴィヴィオもそれの為の扱いって感じがしてなぁ… ・クアットロのようなゲスキャラ プレシアもここまで酷くなかったぞ… ・バイス君の扱い なんか回想シーンが唐突すぎてうーん… 【総合評価】 不満の方が多いようですが嫌いではありません なんだかんで主題歌も好きですしキャラも好きなので評価は良いで! 期待は裏切らい。 多くの新キャラが人物が登場する為、それに比例して多種多様な魔法・・・? が 登場。 それ等が交わった戦闘シーンの画はなかなか。 それ以外は普通。 ある意味、シリーズの分岐点であり、次作の土台たる作品。 作品名に、『なのは』と付いている通り、主人公級の活躍はするが、あくまで『級』。 本作品の主人公は、別だと思われ、他の作品で言うのなら ガンダムSEED DESTINYのアスランやシンの様な立場だと思われる。 主人公が、シリーズと共に成長する作品はあるが、子供から大人になり、 新たなキャラに主人公を譲るのは、なかなか珍しく作品内での時を感じさせる。 前作までは、主人公・なのはと敵・ライバルを中心とした作品だったが 今作は、なのは・フェイト・はやては組織の正式な一員であり、3人が属する組織と それを快くは思わない別の組織。 更に、それ等の外側に居る集団などが絡み合う政治的・組織的な内容が描かれている。 これ等に加え、新キャラ達、個人個人の成長と苦悩。 新キャラ1人とフェイトに深く関わってくる今作の黒幕。 そして、なのはと1人の少女の出会いなど、 複雑では無いが、決してライトな作品でも無く味わいのある内容である。 ただ、作品名に魔法とあるが、前作までやプリキュアシリーズ、多少古いが スレイヤーズシリーズを魔法作品の基軸とするならば、その基軸からは大きく外れた魔法作品。 舞台世界の技術が未来的である為に、魔法というよりも科学の技術を用いた科学戦といった 感じを受ける。 また、黒幕の目的がイマイチはっきりしないので、多少なりともしこりは残る。 前作までを知らなくても、多種多様な能力用いた戦闘は素晴らしいので 普通に楽しめる作品だが、前作までが好きだった人。 魔法作品がを見たかった人には、やや的外れかも知れない。 尚、なのはシリーズ第4弾のvivioは、このstrikersを土台にしているので vivioに興味がある人は、見ていたほうが良いと思われる。 【良い点】 前作と比べてと言う意味でなら、はっきり言ってしまえば、一切無い。 あえて言うなら曲や声優の出来が良い。 【悪い点】 設定をハッキリさせようとしたのかもしれないが、敵も味方も主人公も丸ごと薄っぺらく最悪な組織と人間になっただけ。 管理局の内容が 魔法以外はメンテナンスから使用する為の訓練まで全部どうでもいいけど子供でも使えるから禁止! でも人手が足りないから自分たちは年齢一桁でも戦闘に使います! 斬り合ったり撃ち合ったりするけど、軍隊を名乗ってないので軍人じゃないから問題無し! 訓練とかは義務じゃないんで、させずに戦わせても特攻隊にさせても後ろ盾が無いなら何も悪いことはありません! 戦奴としてサイボーグを量産しようという「管理局」の計画によって作り出されたのに反抗した「犯罪者」でも、「当初の予定通り」局員として迎え入れるトテモ優しい組織です! 少なくとも作中では どんな犯罪を犯しても管理局員ならみんな無罪。 そんな組織の人間は 上層部は脳髄だけになっても権力にしがみ付く老害。 その下は管理局が掲げる魔法にだけ有効な装備を量産して街中にでっかい大砲どーんと据え付ける名目と予算を獲得するために悲劇のヒロイズムに浸りながら偽装テロを繰り返すクズ。 更に主人公たちは組織内のいがみ合いを困ったもんだと口では言いながら変な部隊作って喜んでそれを煽りまくっている。 ぶっちゃけて言えば【ぼくのかんがえたさいきょうぐんだん構想VSわたしのかんがえたさいきょうぶたい構想】という極めて下らない目的を御立派な御題目掲げて争ってたら子飼いのマッドサイエンティストが反乱起こしました、という組織内の足の引っ張り合い。 一応予言とかで主人公たちの部隊は作られたことになってるけど、そんなもんより先に夢だっつって作りたがってたんだから都合よく手段のための目的が自分から来てくれただけにしか見えない。 あと新規のメカニックが角張ってるだけの造詣でいったい何十年前のSFなのか。 【総合評価】 キャラクターはともかくアニメ自体に関しては割と嫌悪感を感じるのは少ないんですが、これはそれどころではなくゾッと背筋が冷えるレベルです。 特にフェイトが自分で引き取って本人の意思がどうあれ戦わせている10歳のエリオに「子供でも使える質量兵器」がどうのと説いている所など正に独裁国家が行う洗脳の狂気を感じました。 ナノハサンノオカゲデス。 富野監督の言葉ではないが、まともな設定を作る能力ないならあやふやな所はそのままにしたほうがいいという見本と言えるでしょう。 【良い点】 ・なのは作品のその後を見ることができた。 ・なのは達の教え子の活躍はなかなか。 ・作品の設定を細かく描いた 【悪い点】 ・視聴者の見守りたい応援したい少女像からの逸脱 ・敵の名前が覚えられない。 ・敵を完全に悪者として描いてしまったため、戦いに意志のぶつかり合いがない。 ・日常 地球 のオールカット 【総合評価】 面白いには面白い。 しかし、ファンの見たかった「なのは」ではなかったかな。 致命的なのが主人公勢の対抗勢力を「敵・悪者」として描き切ってしまったところ。 無印には「母の願いをかなえたいフェイト」A'sには「主の命を助けたい騎士たち」と戦う相手に感情移入できるようになっている。 思いを伝えたくても、伝えられなくて…ぶつかって、戦いに敗れて…もどかしくて… でも挫けないで「相手を助けたい」という気持ち一本で希望の道を開き、手を差し伸べてくれる。 そんな「なのは」を見たかった。 彼女たちも成長して大人になるのは当然であるが、保護者となって達観した完璧超人は見てても魅力に欠けてしまった。 また、異色魔法少女ものとはいえ「魔法少女アニメ」である。 軍の色合いを強くし過ぎて、制約やしがらみ等で逆に作品が窮屈にも感じる。 それにを管理局に全振りは逆効果だったかと。 視聴者と同じ世界の地球の住人だからこそ感情移入しやすい部分はあると思う。 現実世界のなかで浮いた存在だからこそそれは「魔法」であり、引き立つんじゃないかな。 最後にひとつ なのは、フェイト、はやての三人が仲良しトリオのように描かれているが、無印の二人とはやての繋がりがなんか薄い。 教え子4人を出す前に、三人の関係を強固にして欲しかった。 ヴォルケンズとの関係が深すぎるせいで霞んでるのかもしれないが、それはそれで問題かと。 ここまで酷評してきたが、今までなぁなぁだった設定や世界観を理詰めした作品であり、教え子キャラも魅力的。 「なのは」ファンなら長いエピローグとして見てもいいのでは? A'sレベルを期待するとガッカリしますが、全体的には纏まった面白い作品。 作品DB内ブログ記事 1. by 545... by S・N... yahoo. yahoo. 」 ちっちゃな雪使いシュガー ed 「Snow flower」 遊戯王アークファイブop「ハナテ」 魔法 少女 リリカル な の は StrikerS 挿入歌... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の