アオアシ 180 話。 アオアシ 最新 182話 ネタバレ 感想 船橋戦 二原 VS 葦人と大友

アオアシネタバレ180話(最新話)!考察や感想も!【 プレミアリーグ第8節 船橋学院高校】

アオアシ 180 話

スポンサーリンク アオアシネタバレ最新181話『超攻撃サッカーで圧倒』 本日発売のスピリッツ28号にアオアシ180話が掲載されております。 どうぞよろしくお願いいたします! — 【アオアシ】公式 舞台7/11〜 aoashiofficial 両チームのスタメンとポジションは、エスペリオンは4-3-3、船橋は4-4-2のシステムとなっています。 船橋の「トリポネ・ルフィン」の弟が右サイドバックの「サミー・ルフィン」となっていますよ。 このポジションだと、葦人がカウンターで上がった時に対峙するでしょうから、この勝敗が試合の勝敗にも影響しそうです。 ポジション図見てるとあれこれ想像できて楽しいです 高杉の統率力がポイントに? このゲームキャプテンは高杉が任命されています。 高杉は「キックオフと同時に攻勢に出る」と宣言していますから、この攻撃サッカーが通用するのか。 高杉は「エスペリオンが目指す超攻撃型サッカー、今日ならできる!」と檄を飛ばしていましたから、選手の士気は最高です。 また、MFの桐木はセンターバックの阿久津に「守備のケアは忘れない」と言い、守備の細かい指示をするよう頼み阿久津もそれに応えます。 研究は完璧? はじめての相手である船橋学院を葦人は何度もビデオを観たので、どう動くかが頭に入っていますから、どのような戦略になるのか楽しみですね。 ルーズボールを大友が拾いに走ると、二原が突進してきてボールを奪う猛スピードと、二原の加速力に驚くのでした。 阿久津に関しては、トリポネが日本代表でぶつかり倒れなかった相手だったと気が付きます。 葦人は研究し尽くしているので、阿久津の指示が出る前から詰め始めています。 トリポネがこぼしたボールを本木がクリアし、エスペリオンの選手は時任がボールを拾うも、すぐに囲まれて狙うスペースが消されてしまうので、これをどうにかしないと活路は見いだせないでしょう。 スポンサーリンク アオアシネタバレ最新181話『船橋学院に勝利?』 アオアシから学ぶ人員配置 強くFWを希望している選手に、DFとしての圧倒的な才能があった時、リーダーの役割は、選手に自分の強みに気づかせ、その才能を活かせる配置でチームの戦力アップを実現させる事。 研究の甲斐あって、ちゃんと二原とトリポネ抑えられてます。 すごいと言いながらもエスペリオンの守備を、二原が持ち前の足の速さで大友を振り切りフリーになります。 ここで、葦人はバードアイの能力が発動します。 相手の動きを読み、ドリブルコースを消しつつ二原に接近しながら、ゴールに背を向けて、フェイントをかまそうとした二原の動きを察しています。 チームの完成度がアップしてる? 船橋学院の選手らは、それまでの一連の攻防で1年が入った急造チームと認識していました。 しかしながら、船橋の選手たちはどの選手が1年かもわからなくなるほどのレベルの高さだと驚きます。 やはり守備の良さが幸いしているようですね。 ここまでディフェンス陣のアシト、冨樫の1年コンビも機能していますが、トリポネの表情が気になりますね。 このままでは終わら無さそうですから、ピンチが来そうな気もします。 さらに、アシトのテンションの高さや調子の良さ、そして雰囲気もどこか危うさをはらんでいるように見えますね。 あの形で大量得点で勝利? 船橋学院の夏目監督は気になっていることがありました。 それが、押されているのに前線の栗林と高杉が下りてこないことです。 恐らくこれは、あの形を作るためでしょう。 葦人は守備に手応えを感じていましたから、守りきって「あの形」で点が取れたら大量得点も夢じゃないと目を輝かせています。 前線の2人が下りてこないということは、カウンターの可能性が高いでしょうね。 スポンサーリンク 『アオアシ ネタバレ 最新 確定』まとめ アオアシ面白いな!プロを本気で目指す話やけど、自分のフェンシングに対しての意識を考えさせられたわ やっぱ技術もそうやけど、同時にメンタリティがどれだけ大切かって痛感するな… — しらDon スーパーパトレン1号 ngjrglea ここまで、2019年6月17日発売の週刊ビックコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新181話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか? 序盤は東京シティエスペリオンユースのペースで、葦人のディフェンスも機能しています。 しかし、このまま二原が終わるとも思えないので、終盤にかけてドラマがあるかもしれませんよ。 また、あの形での得点も考えられるので、大量得点での勝利も考えられるでしょう。

次の

アオアシネタバレ最新181話確定【高杉の統率力が鍵を握る】

アオアシ 180 話

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク アオアシ180話「プレミアリーグ第8節 船橋学院高校戦」のネタバレ 試合開始 エスペリオンと船橋学院の試合が始まります。 ビデオで何度も確認したアシトは 「トリポネと二原、前線の二人に集めるのが船橋学院のサッカー。 (この二人に)集めさせなければいい。 」 と考えます。 そこで、大友に「ルーズボール抑えられる」と指示を出します。 しかし、船橋の二原が足の速さを活かしてボールをおさえます。 二原はトップスピードだけでなく加速力が早く、最初の一歩からスピードに乗れる足を持っています。 エスペリオンの高杉は試合開始から船橋にボールを持っていかれたのを残念がりますが、想定内としてボールの奪取を指示します。 詰める!! トリポネのマークには阿久津が入ってます。 阿久津は元日本代表でトリポネ自身高く評価しています。 阿久津がマンマークで来ると厄介とトリポネ自身考えています。 しかし、阿久津はトリポネとの間に一定の距離を保っています。 そこで、トリポネは突如として切り返して阿久津のマークから外れます。 瞬間、二原からトリポネにボールが渡ります。 そして、阿久津は「詰めろ!」と合図を出します。 トリポネにボールが渡るのを見越しての作戦でした。 ところが、アシトは阿久津の指示の前から詰めています。 結果、インターセプトに成功しトリポネにはボールが渡りません。 そして、ボールは依然船橋学院側に渡っており、大友を振り切ってフリーになった二原にボールをパスしようとします。 二原はボールを受け取りドリブルをしようとする瞬間、そのスペースをアシトが読み切りコースを断ち切ります。 二原は仕方なく後ろ向きにボールを受け取り反転して抜き去ろうと考えますが、アシトが 「桐木!!」 と叫ぶと後ろから桐木が突っ込み、二原にボールが渡ることなくクリアされます。 船橋学院の監督と選手たち 一連のアシトのインターセプトについて、船橋学院の選手たちは 「一年が入った急造チームって聞いたが全然関係ない」「どれが一年かわからなくなる」「すごいレベルだ」 とアシト及びエスペリオンに対し驚きを隠せない形です。 一方、船橋学院監督の夏目は、エスペリオンの守備についてよりも前線の2名が下りてきていない点を気にしています。 エスペリオンが仕掛けてくるのをうっすらと感じ取っているようです。 アシトは船橋に対し「どんどん来い。 全部弾き返せる。 完全に守り切って、あの形で攻撃を!この試合大量点も夢やない」 と興奮した状態でいます。 マジで濃い内容です。 しかし、エスペリオンの作戦どおりにならずいきなり船橋学院の二原とトリポリが攻めてきましたね。 もっとも船橋の攻撃をアシトはすべて先読みをしており船橋の攻撃をすべて断ち切っています。 アシトのビデオ繰り返しみて最高の感覚が宿っているのか試合内容とイメージが一致して神がかっています。 一方、船橋の監督がカウンターによる失点を懸念しているあたり流石の将といったところでしょうか 今後、アシトの作戦通りに試合が運ぶのか、二原とトリポネはどう動くのか、今から次週が楽しみです。

次の

アオアシネタバレ180話(最新話)!考察や感想も!【 プレミアリーグ第8節 船橋学院高校】

アオアシ 180 話

アオアシ【第210話】のネタバレ 今回も青森星蘭高校のお話です。 ユースと高校サッカー 金子は青森星蘭高校のグラウンドで編集長に成宮監督のインタビューが取れていない事を怒られていた。 その中で編集長から成宮監督にインタビューする時に[ 冴島って名前は出すな! ]と注意される。 金子は青森星蘭高校の羽田主将とのインタビューの最後の言葉を思い出していた。 そして背筋が寒くなった。 理屈に合わない、答えにならないことを言われているのに、圧倒的な説得力があったからだ。 そこに風邪で休んでいるはずのU-18日本代表の北野蓮に遭遇する。 金子は北野への取材を申し込もうとするが、その時青森星蘭高校の正ゴールキーパの槇村が現れ金子に話しかける。 槇村[よくクラブユースの記事書いてる人ですよね。 オレ、読んでます。 ] 金子は嬉しそうに[え、えーー!?本当にありがとうーー]と近寄って行こうとするが、それをさえぎるように槇村は[なんでユースなんですか?あいつらだけ取り上げたって、いいことないですよ。 ]と言い去っていく。 槇村もエスペリオンのジュニアユースだったが身長を理由にユースに上がれなかった。 そこに青森星蘭高校から誘いがあり今ではU-18日本代表にまでなっていた。 成宮監督へのインタビュー 結局、成宮監督へのインタビューは時間がおして帰りの車の中になってしまった。 インタビューが始まる。 いきなり金子の記事は稚拙だと言われるが、稚拙さを補う、情熱と必死さがありそういった者に話をしておくのも役目だと言われる。 金子が高円宮杯でエスペリオンと直接対決になると聞くと成宮監督は[ そこは問題なく倒す。 ]とこともなげに言いさらに[そのあとのチャンピオンシップ。 ガノン大阪が上がってくる。 ここも厄介だ。 両方ともユースだ。 倒さなければな。 私の使命だ。 ] 金子が[使命・・・それって・・・やっぱり・・・]と聞こうとすると運転していた成宮監督の息子の清吉が[クラブユースに圧されてる高校サッカーの意地を見せるため。 なーんて、くだらない記事にはしないでくださいね。 ]と釘をさす。 成宮監督は[そうだな。 私は日本サッカーの未来のためには、クラブユースが高校より強くなければならないと思っている。 ] その言葉に衝撃を受ける金子。 [高校サッカーの一線を走ってきたあなたが・・・そんな!?]と聞くと成宮監督は[ただし。 現状の日本のクラブでは、全くまかせられんというだけだ。 ]と答える。 金子が[現状のクラブの何が問題なんですか?]と聞くと成宮監督は[クラブは戦術は教えるが、勝つことは教えない。 ]と答える。 金子が[そんな・・・そんなこと・・・]と否定しようとすると成宮監督は窓の外を見ながら[ ーーー昔、冴島という男がいた。 ] そこまで話した時、車が空港に着いた。 そこで成宮監督は[ 高校3冠を達成する。 我々が今の日本の、育成年代の象徴となる。 それが、長年携わった日本サッカーへの、私の最後の奉公だ。 ]と熱く語る。 宝物 その頃、北野蓮はビデオを見ていた。 北野は選手の帽子にスマホを付けてもらって選手目線の映像を見てそれを急に切って、その瞬間の選手の位置をどれだけ覚えてるかという実験をやっていた。 そうして北野はほぼ完璧に当たっていた。 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 アオアシを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の