竹の山 皮膚 科。 一般皮膚科|たけのやま皮ふ科

一般皮膚科|たけのやま皮ふ科

竹の山 皮膚 科

一般皮膚科 Dermatology 診療内容• アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、ストレス・アレルギー・刺激などのいくつもの原因が複雑に関わって引き起こされる病気です。 遺伝的な体質があると言われており、湿疹が良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 皮膚が乾燥し、かゆみを伴い、掻くことによって悪化します。 湿疹・かぶれ 湿疹・かぶれは、代表的な皮膚トラブルです。 外部からの刺激で引き起こされますが、原因がはっきりしているもの、原因不明なものと様々です。 洗剤や化粧品、花粉やハウスダスト、細菌による感染やアレルギー反応などが主な要因としてあげられます。 蕁麻疹 蕁麻疹(じんましん)は、イラクサ(蕁麻)の葉に触れると似たような症状が出ることからその名が付けられました。 突然、皮膚の一部が赤く盛り上がり、痒みや焼けるような感じを伴い、しばらくすると症状は消えていきます。 数十分から数時間で消えるのが大半ですが、半日や1日かかることもあります。 イボ・尋常性疣贅・水イボ・老人性疣贅・扁平疣贅 イボにはいくつかの種類があります。 水イボや尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)はウィルス性のイボで小児や成人に多くみられます。 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は加齢によるもので中高年に多くみられます。 ほとんどが良性のものですが、中には皮膚癌のこともあるので、診察が必要です。 足白癬・足爪白癬 足白癬(あしはくせん)・足爪白癬(あしつめはくせん)は、一般的にいう「水虫(みずむし)」です。 白癬菌が足の指の間、足の裏、足爪と皮膚の間に入り込み、皮下組織を侵食することで炎症を引き起こします。 ニキビ(尋常性ざ瘡) ニキビは、古い角質が詰まって角栓ができ毛穴が塞がったり、毛穴に皮脂が溜まってできます。 思春期のニキビは、性ホルモンの働きが活発になり、皮脂の分泌が増加してできますが、20歳代以降にできる大人のニキビには、ストレス・便秘・乾燥肌・不規則な生活など、様々な原因があります。 とびひ(伝染性膿痂疹) とびひは、細菌が原因の感染症で、夏場に多く発症します。 皮膚を掻いた手を介して人にうつる病気です。 湿疹やあせも、虫刺されなどで傷がついたところに細菌が感染し、かゆみを伴う水膨れやかさぶたをつくります。 そこを掻きむしることで、「飛び火」のように次々と症状が広がります。 たこ・うおのめ たこ、うおのめは、皮膚が繰り返し圧迫、摩擦を受けることにより発症します。 足裏や指の付け根、指と指の間などにできることが多く、ヒールの高い靴や、サイズの合っていない靴が原因になることが多いです。 たこは芯がなく痛みはさほどありませんが、魚の目は中心に芯があり痛みを伴います。 口唇ヘルペス 口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで起こる病気です。 唇やその周辺にピリピリ、チクチクするような違和感やかゆみが生じ、その後、軽い痛みを伴う水膨れができます。 帯状疱疹(たいじょうほうしん) 帯状疱疹は、左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、赤い斑点と小さな水膨れが帯状(おびじょう)にあらわれる病気です。 身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。 水ぼうそうにかかったことのある方は、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。 虫刺され 虫刺されはとても身近な皮膚病です。 蚊やノミなどに刺され、強い痒みの伴った赤いブツブツを発症します。 虫には、蚊やノミの他にも、ハチ、ブユ、トコジラミ、アブ、ケムシ、ダニ、クモ、ムカデなど様々です。 やけど やけどは熱傷とも呼び、日常生活で最も多いケガです。 ほくろ ほくろ(黒子)は、色素性母斑や母斑細胞性母斑とも呼ばれます。 メラニン色素を含む細胞が、皮膚の高い密度で集まってできたものです。 ほとんど良性ですが、ほくろによく似た皮膚癌のものもありますので、診察が必要です。 皮膚のできもの 皮膚のできものにはいくつかの種類があります。 アクロコルドン(スキンタグ)は首・胸・脇の下にできるできもの、汗管腫(かんかんしゅ)は眼瞼や額、首・胸・腹・背中にできるできもの、稗粒腫(ミリウム)は眼瞼周囲、頬・額できるできものがあります。 他にも、皮脂腺が増殖したできもの(脂腺増殖症)、眼瞼周囲のできもの(眼瞼黄色腫)、中年以降にみられる老人性血管腫も皮膚のできものです。 ほとんどが良性のものですが、中には皮膚癌のこともあるので、診察が必要です。 アザ アザはいくつかの種類があります。 太田母斑や蒙古斑・異所性蒙古斑は青アザになり、 太田母斑は顔周囲に発生する青色から褐色の色素斑、 蒙古斑・異所性蒙古斑は体幹部に発生する青色の色素斑です。 カフェオレ斑・扁平母斑やベッカー母斑(遅発性扁平母斑)は茶アザになり、 カフェオレ斑・扁平母斑は扁平な褐色の色素斑、 ベッカー母斑(遅発性扁平母斑)はややざらざらした褐色斑のことをいいます。 先天性色素性母斑は黒アザになり、出生時より現れる黒色の色素斑です。 多汗症 多汗症には、全身の汗の量が多くなる全身性多汗症と、一部の部位のみの汗の量が多くなる局所性多汗症があり、汗腺であるエクリン汗腺の病気になります。 当院では局所性多汗症の治療行っていますが、主に脇の下、手の平、足の裏の発汗が多い症状になります。 一般皮膚科.

次の

竹村皮フ科クリニック|大阪市平野区の皮膚科・美容皮膚科

竹の山 皮膚 科

竹ノ塚駅周辺にある皮膚科10選 竹ノ塚診療所• 基本情報• 所在地 足立区竹の塚1丁目39-14• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩1分• 電話 03-3884-5451• 院長 小川 眞広 先生• 休診日 月・火・金・土・日・祝• ホームページ 竹ノ塚診療所皮膚科は、平日水・木の午前診療のみ、専門外来として行っています。 通常は、内科、消化器科の診療を行っており、診療日・時間は異なるためホームページで確認しましょう。 皮膚科の診療内容など詳細はホームページ上掲載されていないため、知りたい方は直接電話相談しても良いでしょう。 駅から徒歩1分と好立地にあり便利です。 川本皮膚科医院• 基本情報• 所在地 足立区竹の塚5丁目6-9 川本ビル2F• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩4分• 電話 03-3850-4112• 休診日 水曜・日曜・祝日 川本皮膚科医院は、平日18:00まで診療を行っているクリニックです。 土曜日は12:30まで診療を行っています。 川本皮膚科医院は、ホームページがなく診療内容などの詳細は不明です。 受診に迷う場合など直接電話確認しても良いでしょう。 口コミによると、男性医師と女性医師の2名で診療しているそうです。 二診制のため混んでいても待ち時間はあまりないそうです。 同じビルに、小児科や歯科も入っており便利との声もありました。 イコー眼科• 基本情報• 所在地 足立区伊興本町1丁目5-18 コートバレーヌ1F• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩5分• 電話 03-5691-6522• 休診日 水曜・日曜・祝日• ホームページ イコー眼科は、平日18:00まで診療を行っているクリニックです。 土曜日も18:00まで診療を行っています。 ホームページによるとイコー眼科は、眼科と皮膚科一般の診療を行っているそうです。 皮膚科についての詳細はホームページ上掲載されていないため、知りたい方は直接電話相談しても良いでしょう。 高橋医院• 基本情報• 所在地 足立区伊興4丁目1-29• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩5分• 電話 03-3899-1323• 休診日 火曜・祝日 高橋医院は、平日16:40まで診療を行っているクリニックです。 土曜・日曜も午前診療のみ開院しており、休日診療をしているところがメリットです。 高橋医院は、内科、外科、小児科、皮膚科の診療科があります。 親子で受診する時や、小児科と皮膚科が併設されていることにより、より総合的に診てくれるという利点があります。 ホームページがないため診療内容などの詳細は不明です。 知りたい方は直接電話による相談をしても良いでしょう。 竹の塚ヒフ科• 基本情報• 所在地 足立区東伊興3丁目3-2• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩6分• 電話 03-3898-1241• 院長 佐藤 元泰 先生• 休診日 火曜・金曜・祝日 竹の塚ヒフ科は、水・木、土は18:50まで診療を行っているクリニックです。 日曜日も午前診療のみ開院しており、休日診療を行っているため便利です。 竹の塚ヒフ科はホームページの掲載がないため診療内容などの詳細は不明です。 受診するか迷うことなどあれば、直接電話確認しても良いでしょう。 口コミによると、待合室・駐車場が広く、薬の処方が院内処方のため便利だそうです。 また医師の対応が優しく、子どもも通いやすいと評判のようです。 戸田皮膚科クリニック• 基本情報• 所在地 足立区竹の塚2丁目20-8 竹の塚メディカルビル• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩8分• 電話 03-3884-1211• 院長 戸田 淳 先生• 休診日 木曜・日曜・祝日• ホームページ 戸田皮膚科クリニックは、平日18:30まで診療を行っているクリニックです。 土曜日は13:00まで診療を行っています。 ホームページによると戸田皮膚科クリニックは、湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、かぶれ、手あれ、虫刺され、じんましん、ウオノメ・タコ、にきび、水虫、帯状疱疹、いぼ、良性腫瘍(ほくろ等)、皮膚がん、乳幼児のオムツかぶれ、水イボ、とびひ、男性型脱毛症、陥入爪(巻き爪)、熱傷、乾癬、尋常性白斑など、幅広く皮膚科診療を行っています。 各検査や、光線療法なども行っています。 皮膚科専門医による診察で、大学病院での経験を生かし診療されているそうです。 入院治療などが必要な場合は大学病院へスピーディーな紹介をしてくれます。 竹ノ塚医院• 基本情報• 所在地 足立区竹の塚3丁目5-12• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩10分• 電話 03-3883-2500• 土曜日は12:00まで診療を行っています。 竹ノ塚医院は、内科、小児科、皮膚科、糖尿病内科の診療科があります。 親子で受診したい場合や、小児科も併設されており子どもの受診も便利です。 ホームページによると竹ノ塚医院は、予防医療にも力を入れており、なるべく少ない薬の処方にも心がけているそうです。 松崎医院• 基本情報• 所在地 足立区竹の塚3丁目4-7• アクセス 竹ノ塚駅から徒歩15分• 電話 03-3883-0017• 休診日 金曜・日曜・祝日 松崎医院は、平日18:00まで診療を行っているクリニックです。 土曜日は12:00まで診療を行っています。 松崎医院は、内科、外科、小児科、皮膚科の診療を行っています。 ホームページの掲載はないため診療内容などの詳細は不明です。 受診に迷う時などは直接電話相談しても良いでしょう。 足立純心クリニック• 基本情報• 所在地 足立区西伊興1丁目5-1• アクセス 谷在家駅下車 徒歩10分• 電話 03-5838-2400• 院長 土屋 雅宏 先生• 土曜日も18:30まで診療を行っています。 足立純心クリニックは、内科、外科、小児科、皮膚科、肛門科、リハビリテーション科の診療を行っています。 再診から電話による予約ができます。 診療内容などの詳細はホームページ上に掲載されていないため、受診に迷う時などは直接電話相談しても良いでしょう。 ちばこどもクリニック• 基本情報• 所在地 足立区東伊興1-12-16• アクセス 竹ノ塚駅西口より東武バス新里循環(竹06)聖二之橋バス停下車徒歩2分• 電話 03-3857-0222• 院長 千葉 康之先生• 土曜日は12:00まで診療を行っています。 ちばこどもクリニックは、小児科専門医による、小児科、内科、皮膚科の診療を行っています。 内科も診てくれるので、親子で受診しやすいことや、子どもの場合、小児科と皮膚科の両科で診察してくれるので便利です。 他のエリア•

次の

東松山市の皮膚科の病院とクリニック【お医者さんガイド】14件の該当があります

竹の山 皮膚 科

WEBではなく、診療時間内にお電話いただくか、診察時の受付での予約となり予約の受付は前日までの締切となります。 混雑を避けるため、何卒ご協力をお願いします。 ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 臨時の対応として診療時間の変更もありますので、ご了承ください。 ・マスク着用のお願い ご来院中の感染予防のために待合室でのマスクの着用、手の消毒、検温にご協力ください。 受付に消毒液のアルコールを設置しております。 ・同伴者・待合について 受診の際、同伴者については、極力少なくなるようにお願いします。 特に大人の方の診察時、お子様づれは可能な限り、ご遠慮ください。 待合室では、間隔を空けてお座りください。 ・定期処方、及び電話再診を希望の方 厚生労働省の通達により、高齢者・基礎疾患を有する患者さんが医療機関へ行かずに、 電話等で継続的な診療、処方箋の発行ができることになりました。 再診で以前通りの処方を希望される場合は、受付にお申し出ください。

次の