ラインアット 終了。 株式会社アットラインの求人概要

株式会社アットラインの求人概要

ラインアット 終了

LINE公式アカウントとLINE (ラインアット)アカウントは、2018年7月1日から、料金プランを3つに分けて誰でも0円からはじめられるようになり、個人企業でも参入しやすい市場に変化しました。 そんなLINE (ラインアット)ですが、はじめるのにLINE (ラインアット)アカウントが必要だったり、作成するLINE (ラインアット)アカウントにも種類があったりと、少々複雑なので作成をためらってしまう方も少なくありません。 本記事では、LINE (ラインアット)アカウントの種類や作成方法から削除方法まで丁寧に説明していきます。 0円からはじめられるLINE アカウントとは? LINE は、企業と顧客を繋ぐ新しいコミュニケーションツールが0円ではじめられるということもあり日本国内の認証済みアカウントだけで30万件以上の企業が活用しています。 LINE では「認証済みアカウント」と「一般アカウント」2種類から選択可能です。 ここでは、自身の企業に最適なLINE アカウントを選べるように、それぞれの違いを紹介していきます。 一般アカウント 一般アカウントは企業であっても、企業ではない一個人であっても申請ができるLINE アカウントです。 認証済みアカウントが審査に最大10営業日かかるのに対して、一般アカウントは審査が不要なので作成後すぐにはじめることが出来るのも大きなメリットの一つ。 利用できるサービスは下記のとおりです。 友だちユーザーへのメッセージの一斉送信• 自動登録メッセージの設定• 顧客とのチャット 1:1トーク• タイムライン・ホーム投稿機能• クーポン発行• アンケート機能• LINEショップカード機能 【LINE で利用できる機能についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください】 顧客とコミュニケーションをとることができるだけでなく、クーポンやアンケートなど幅広い機能を0円で使用することができるのは魅力的ですよね。 一般アカウントを作成してから、認証済みアカウントの審査に出すこともできます。 認証済みアカウントになると4つメリットが追加されます。 1.検索結果に表示されるので顧客が見つけやすい からはじまるLINEIDやアカウント表示名、ステータスメッセージが検索する対象になるので、顧客が企業のLINE アカウントを見つけやすくなるメリットがあります。 また、顧客のスマートフォンの位置情報がオンになっている場合、「メニュー>公式アカウント画面」にて、周辺のお店やクーポンがある店舗のLINE アカウントがピックアップされて表示されます。 2.宣伝用のポスターが無料でダウンロードできる PC版の管理画面、LINE MANAGER(ラインアットマネージャー)から友だち追加を促す、宣伝用ポスターを無料でダウンロードすることができます。 3.LINE社公式の宣伝用のぼりやポップなどのノベルティが発注できる LINE の販促ノベルティが発注できるサービスに申し込むことが出来ます。 店舗ビジネスの方はLINE のPRの手段として活用できます。 4.請求書払いができる LINEPay、クレジットカードでの支払いのほかに、決済サービス「Paid」を利用した請求書での支払いができるようになります。 このように、認証済みアカウントは販促のための有効なサービスが受けられるほか「認証済みマーク」がつくことで企業としての信頼性も増すので、企業がLINE をはじめるなら認証済みアカウントがおすすめです。 【3分でできる】LINE アカウントの作成方法 LINE アカウントの作成方法について説明します。 複雑な操作や申請は一切不要なので、LINE アカウントを作成するだけなら3分もかからずに完了できます。 PCからLINE アカウントを作成 LINE アカウントをPCから作る場合は、 LINE MANAGER(ラインアットマネージャー)にアクセスします。 <一般アカウントの場合の作成方法>• 業種の大業種と小業種に当てはまるジャンルを選択• 利用規約を確認の上、「確認する」を押して「完了する」を押す• LINE のアカウント作成完了となります。 <認証済みアカウントの場合の作成方法>• アカウント名を記入• 業種の大業種と小業種に当てはまるジャンルを選択• 申し込みタイプを選択します。 店舗施設名を入力• 会社情報を入力します• 申し込み情報を入力• 利用規約を確認の上、「確認する」を押して「完了する」を押すと、LINE のアカウント作成完了となります。 PCからLINE のアカウントを作成する方法を画像付きで確認したい方はこちらの記事もチェックして下さい。 スマホからLINE アカウントを作成 LINE アカウントをスマホから作る場合は、まずはLINE アプリをインストールしましょう。 <一般アカウントの場合>• アカウント名を記入• 主業種と副業種に当てはまるジャンルを選択して「アカウント作成」をクリック• 利用規約とガイドラインを確認の上、チェックマークにチェックを入れて「次へ」をタップ。 情報利用に関する同意の内容を確認した後「同意」をクリック• LINE のアカウント作成完了となります。 <認証済みアカウントの場合>• アカウント名を記入• 業種の大業種と小業種に当てはまるジャンルを選択• 申し込みタイプを選択します。 店舗施設名を入力• 住所を入力します• 電話番号を入力• 会社情報を入力します。 申し込み情報を入力• 利用規約を確認の上、「確認する」を押して「完了する」を押すと、LINE のアカウントの作成が完了となります。 スマホからLINE のアカウントを作成する方法を画像付きで確認したい方はこちらの記事もチェックして下さい。 LINE アカウントを削除する方法 LINE アカウントを作成したけど削除したいという方は、下記の手順で削除することが出来ます。 LINE は削除すると蓄積されたデータの復元はできないので、複数のLINE アカウントを所持している方は、間違えて削除しないように慎重に対応してください。 LINE アカウントの削除方法を画像付きでわかりやすく説明しているこちらの記事もチェックしてください。

次の

【ネットビジネス】LINE@(ラインアット)が2019年から『LINE公式アカウント』に変更する!?情報について徹底解説してみた

ラインアット 終了

もくじ 1、LINEさんがLINE公式アカウントへのサービス統合を発表 まずは、そもそも今回どんな発表があったのか? というところから確認しましょう。 つまり、 「LINE@」という呼び方は来年からなくなっていくということです。 (ちょっとさみしい。 ) 具体的な変更点については後の章で触れますが、 結構大胆な変更なので メリットのある人、デメリットのある人が それぞれ出てくると思います。 平成とともに去りゆくLINE@ですね。 この記事で書いたことは忘れてください。 サービス統合後直ちに新料金が適用されることはありませんのでご安心ください。 2、「うん、つまりどういうこと?」 LINE公式アカウントサービス統合の主な変更点とポイント それではここから変更の中身に触れていきたいと思います。 今回発表された中で、特に重要なポイントはこの3つです。 1、これまで有料限定だった機能が全てのプランで利用可能に 2、メッセージ配信を配信数に応じた従量課金制に 3、新プランへの移行は自分で選べる 3、新プランへの対応策 これまで有料プラン限定だった機能が全てのプランで利用可能に ここが今回一番の目玉かもしれません。 現行のプランと新プランの機能を比較してみましょう。 今までは月額5000円のベーシックプランからしか利用できなかったですが、無料で使えるようになります。 素晴らしい! そして、これまでのLINE@では ・うちのアカウントってどの地域、年齢の人が登録しているの? ・女性だけに配信したいんだけど・・・ という希望があっても 月に20,000円のプロプランにしないとできませんでした。 この機能もなんと無料から使えるように!! 活用の幅が鬼のように広がりますねっ!! メッセージ配信を配信数に応じた従量課金制に と、ここまでは良いことづくしの今回の変更なんですが、 主な変更点の最後に書いてある この一文が現実に引き戻してくれました。 ただ値下げするわけじゃないですよね。 そこはやっぱりほら。 ビジネスですから。 つまり、 今までは 『どんだけ送っても定額制で料金変わらず』だったものが 『送ったら送った分だけちゃんとお金払ってね』 というスタンスに変わる ということです。 おそらくここが 新プランへ移行したほうが良い人と 現プランのまま運用したほうが良い人の 分かれ道になってくるでしょう。 遅くても2019年夏には新プランに切り替わるようなので それまでに 新プランへの対応策が必要になってきますね。 こんな記事も書いてたんですが、もう「チーン・・・」ですね。 どんまい!自分! 新プランへ移行は自分で選べる 新プランへの対応策 先ほど述べた通り、 新サービスへの移行は 自分たちで選択できるので 自分たちのアカウントは移行したほうがいいのか?しないほうがいいのか? ポイントをきちんと理解して対応することが重要です! 新プランへの対応策として大切なのは 変更点のメリットとデメリットをしっかり抑えること 自分のアカウントの利用状況を把握すること まずはこの2つから始めていきましょう! 次の章でご説明します! 3、 「結局のところ、良いの?悪いの?」 LINE公式アカウントサービス統合のメリット・デメリット 具体的な変更点について掘り下げましたが、 気になるのは 『結局自分たちにとってこの変更は良いのか悪いのか?』 という部分ですよね。 個人的な見解ですが、今回の変更のメリットとデメリットについてまとめました。 LINE公式アカウントサービス統合のメリット 変更点のポイントでも書きましたが、 一番のメリットは 『無料から全ての機能が使える』 というところでしょう。 「この機能使いたいんだけど、月額でそんなに払えないしなぁ」 という悩みが一撃で解決されます。 使い方次第では、 一切お金を払わずに成果をバンバンあげることが可能になるでしょう! わくわくですね! LINE公式アカウントサービス統合のデメリット 今後のLINE公式アカウントの運用で キーポイントになってくるのは 「メッセージの配信数」です。 これまでは 月に2,000通しか送らないアカウントも 月に20,000通を送るアカウントも 同じ月額料金で利用することができました。 特に 月額5000円のベーシックプランを利用中のアカウントには、デメリットが発生する方が続出しそうです。 このくらいなら何の問題もなさそうですね。 急に毎月のコストが倍になりました。。。 メッセージ配信機能をヘビーユーズしている方にとっては ここの計算をちゃんとしておかないと、 なんだかコストが倍増しちゃったんだけど!! ということになりかねません。。。 気をつけましょう。 (月5,000に加算されると15,000円を超えてしまう) この3つのラインがあるってことだよなぁと思いまして、 「その分岐点はどこだ?」 というのを計算してみました。 ちょっと見えてきた 3,500人だと14,000通。 ギリギリ大丈夫 3,750人だと15,000通。 配信回数を先ほどの前提で考えると 友達数4,000人だと16,000通。 4,200人だと16,800通。 4,300人だと17,200通。 ということで、 友達数を基準にしたプランの分岐点をまとめると 友達数が 3,750人までは、月額5,000円の範囲内でいけそう。 4,300人 までは、加算分を払ってでも月額5,000円プランの方が安い。 4,300人以上になったら、潔く月額15,000円のプランにしちゃいましょう! という感じでしょうかね。 配信数を週2回(月8回)にするなら 上の友達数が全部半分になります。 月額15,000円のプランでも 配信超過分の単価が細かく設定されてますが ちょっともうその辺は規模が大きすぎてよくわからないです。 笑 大企業さんにお任せします。 4、 「それで、どうしたらいいの?」 LINE公式アカウントサービス統合への対応 いろいろと書いてきましたが、最終的に 「何をどうしたら良いの?」 という部分をお伝えしておきます。 具体的な対応として、絶対にやっておかないといけないことは 『自社アカウントのメッセージ配信数の把握』 です。 正直なところ、追加の発表や新機能などもあると思うので 現時点でこの記事に書いた見解が覆る可能性は十分にあります。 しかし、 『メッセージ配信数によって金額が変わるよ』 というのが、今回の発表で明確になりました。 なので、まずは 「自分たちの配信数がどのくらいなのか?」 「将来的な配信数はどのくらいになるのか?」 という部分は確実に把握しておいたほうが良いでしょう。 それによって、 新サービスに移行するのか?しないのか? どのプランを使うのが良いのか? が決まってくるはずです。 LINE公式アカウントメッセージ配信数の計算方法 メッセージ配信数を算出する要素は以下の3点 ・友達数(厳密に言えば、ターゲットリーチ数) ・配信回数(月に何回配信?) ・1配信あたりの吹き出し数(写真と一緒に送ったりすれば増える。 これを現状と未来予測それぞれで計算しておきましょう。 未来予測とは、理想の状態の事です。 現状はなかなか運用が回ってなくて月の配信数は5,000通だけど、 理想としてはもっと増やしたいんだよね! ということなら、 その理想の状態まで把握をしておくと良いと思います。 5、 まとめ そんなわけで、さっそくながら昨日の発表を受けての個人的な見解を書かせていただきました。 総じて、今回の変更では 無料の範囲を広げて、 新しく始める方やライトユーザーには敷居を低く。 有料の上限をなくして、 ヘビーユーザーからはたくさん使った分をちゃんと回収。 という方向なんだなーと感じました! また、使える機能が増えても それを使いこなせなければ意味がありません。 これからの企業のLINEアカウント運用は 量よりも質が重要になってくるなー ということも感じています。 特に新プランへの変更で利用料金が高くなってしまう方は いかにLINEの配信からマネタイズするか? という仕組みづくりが生命線になりそうです。

次の

LINE@(ラインアット)ってなに?LINEとの違いやLINE@でできることまとめ

ラインアット 終了

これまで企業向けにのみサービスが提供されていた「 LINE@(ラインアット)」だが、2015年2月13日から個人でも利用できるようになった。 今やコミュニケーションツールといえばLINE。 「LINE@」が個人に解放されたことによって、ブロガーやメディア運営者、フリーランスなど個人事業主の人にとって読者やファン、お客さんと繋がる新しい方法になり得る。 既に使い始めている人も多いかと思うが、気になっているが使い方が分からないという人向けに 「LINE@(ラインアット)」に登録する方法を紹介する! 「LINE@(ラインアット)」について 「LINE@(ラインアット)」とは何か LINE@とは何か。 LINEはこれを「誰でも簡単に始められるLINEのビジネス向け広告宣伝サービス」と説明しているが、一言で言ってしまえば LINEの提供する店舗用集客サービス。 LINEは友達や先輩・後輩など、親しい人同士で繋がるクローズドなコミュニケーションツールだったが、それだけでは企業から顧客にリーチすることができない。 そこで、店舗などビジネスとしてもLINEを活用できるように、法人向けサービスとしてLINE@を2012年に発表した。 2015年2月13日、そのサービスが法人だけではなく個人でも利用できるようになった、ということだ。 「LINE@」で利用できる機能 「LINE@」で利用できる機能は以下の通り:• メッセージ:友達になってくれた人に向けて一斉にメッセージを送信することができる機能。 配信の事前予約なども可能。 1:1トーク:友達になってくれた人と1対1でトークをすることができる機能。 アカウントページ:LINE内の専用ホームページ。 店舗の場合は営業時間や場所、新着情報などを発信できる。 タイムライン・ホーム:メッセージは友達となった人にある意味「送りつける」機能であるのに対し、「タイムライン・ホーム」は不特定多数のユーザーに向けて情報を配信できる機能。 メッセージとタイムラインを同時投稿することも可能。 PRページ:メッセージに収まらない詳細情報やクーポン情報を作成・配信できる機能。 リサーチページ:いわばアンケート機能。 友達になっている人の性別や年齢などの属性を知ることができる。 統計情報:友達数の変化やタイムラインへの反応など各種数値を知ることができる。 「LINE@」を使うメリットは? 「LINE@」を使うメリットは何だろうか。 1つはこれまで使ってきたプライベート用のLINEアカウントとは別に、 仕事用のアカウントとして「LINE@」を利用できること。 もう1つは友達になってくれた人に対して 情報をプッシュ配信することができること。 例えば、僕は早速gori. meとしてアカウントを取った。 登録は以下から是非どうぞ。 LINE IDでログインする アプリを起動すると以下のような画面が表示されるのでLINEを使っている人は「LINEログイン」をタップして進める。 LINEのアカウント情報を入力して「ログイン」をタップ。 「アカウント情報が分からない」という人はLINEアプリを開き、「設定」の中にある「アカウント」からチェックしましょう。 注意画面が表示されるので、注意事項に目を通した上で「同意する」をタップ。 新規アカウントの作成と年齢認証 これまではLINEアカウントで「LINE@」を認証するための作業。 ここでようやく「LINE@」アカウントが作成できる。 注意しなければならないのは 「LINE@」を利用するためには年齢認証が必須であるということ。 そして、これらの年齢認証をするためには3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかに登録していなければ利用できない。 によると、元回線がドコモのMVNOのSIMを利用している人はドコモの年齢認証画面が表示されるものの、docomo IDがないため認証できないとのこと。 これは人によっては致命的かもしれない。 プロフィールを登録してアカウント作成 年齢認証を無事突破すると名前とプロフィール画像、業種を選択する画面が表示される。 ちなみに画像はあとから変更できるが、今のところ名前を変更する方法は見つけられていない。 名前選びは慎重に! 業種は「スポーツ」「テレビ」「音楽」「出版社」など幅広いジャンルから選択可能。 僕は「 ウェブサイト&ブログ」を主業種に選択。 副業種は「 個人のウェブサイト・ブログ」を選択。

次の