三重 県 の コロナ ウイルス。 津市

新型コロナウイルスによる三重県内の主要な観光施設の休園・縮小営業等の状況について|インフォメーション|観光三重(かんこうみえ)|三重県(伊勢・鳥羽・鈴鹿・津・伊賀・松阪など)の旅行情報はここ!

三重 県 の コロナ ウイルス

1例目:50代男性|三重県|武漢市に滞在• 2例目:30代女性|伊賀市|• 3例目:60代男性|伊賀市|• 4例目:60代女性|伊賀市|• 5例目:30代男性|伊賀市|• 6例目:20代女性|伊賀市|• 7例目:10歳未満女性|伊賀市|• 8例目:70代男性|桑名市|ダイヤモンドプリンセス号の乗客• 9例目:50代男性|四日市市|東京都の感染者と接触• 10例目:30代男性|埼玉県|仕事で鈴鹿市に滞在• 11例目:30代男性|東京都|仕事で津市に滞在• 12例目:20代男性|伊賀市|大阪府に滞在• 13例目:40代女性|桑名市|10例目の接触者• 14例目:50代男性|明和町|東京から帰省した親族と接触• 15例目:20代男性|明和町|東京から帰省した親族と接触• 16例目:60代男性|津市|勤務先の愛知県の感染者と接触• 17例目:40代女性|松阪市|東京の家族を訪問• 18例目:50代女性|津市|介護士|16例目の妻• 19例目:50代女性|明和町|14、15例目の濃厚接触者• 20例目:50代女性|東員町|ハート歯科(桑名市)の歯科医師• 21例目:30代男性|津市|14例目と同じ職場• 22例目:80代男性|志摩市|14、15、19例目の親族・東京から帰省した親族と接触• 23例目:50代男性|菰野町|舟寿司の調理師• 24例目:50代女性|明和町|保育士• 25例目:40代男性|松阪市|14例目の濃厚接触者• 26例目:50代男性|四日市市|感染経路不明・死亡 感染者が連日増えています。 感染経路不明な感染者も出てきているので、普段からしっかり予防をするべきですね。 コロナウイルス感染を自分自身で防ぐための5つのこと 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、世界保健機関(WHO)は以下の5つのことを推奨しています。 手洗い• 顔を触らない• 周りの人と互いの距離を少なくとも1mは空ける• 体調不良のときは家で休む 以上のことを実践し、新型コロナウイルスから自身を守りましょう。

次の

三重県のコロナウイルスが検査できる病院はどこ?診察までの流れも解説

三重 県 の コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止するため、三重県が行う緊急事態措置による休業要請・依頼に全面協力いただける中小企業・小規模企業(個人事業主を含む)等に対して、県・市町が協調して協力金を交付します。 (3)申請受付要項、申請書類等について 1)具体的な申請手続きについては、「申請受付要項( 」をご覧ください。 2)申請書に添付していただく様式については、以下の表からダウンロードしてください。 《更新情報》 記入例については、相談窓口でいただいた質問内容もとに、個人用と法人用と分けて、 よりわかりやすくなるよう掲載し直しました。 1)封筒に、返信用封筒(角型2号サイズ等の封筒にあて名を記入し140円切手を貼付してください)を 同封し、以下の宛先までお送りください。 2)以下の機関にて申請書類の配置は行いますが、感染拡大阻止の観点から多くの方が来られることを避け るため、原則として、インターネット又は郵送をご利用ください。 なお、市町につきましては、すでに他の支援事業により窓口に多数の方がお越しいただいているため、 感染拡大阻止の観点から窓口での配付や申請等の相談は行っておりません。 また、以下の機関においても、書類の記入方法、必要な添付書類等の相談につきましては、同様の理由 から対面での対応ができませんので、以下【お問合せ先】まで電話にてお願いいたします。 ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 「確認いただける施設」 食品営業許可施設、理容所届出施設、美容所届出施設、旅館業許可施設、第一種動物取扱業登録施設 3 休業要請のご協力をいただいた事業者のみなさま 申請受付開始後、事業者の施設名(屋号)をこちらに随時公表していきます。 休業要請相談窓口(お問い合わせ先) 三重県雇用経済部内に設置 電話番号:059-224-2335 開設期間:4月20日(月)から5月22日(金)まで 受付時間:9時から17時(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日) 事業者のみなさまへのお願い ・感染リスクの低減、3つの「密」の状態を避けるため、県庁窓口へのご来庁はお控えください。 ・ 本協力金に関するお問い合わせは、 「休業要請相談窓口」へお願いします。

次の

三重県|感染症:新型コロナウイルス感染症の発生状況

三重 県 の コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止するため、三重県が行う緊急事態措置による休業要請・依頼に全面協力いただける中小企業・小規模企業(個人事業主を含む)等に対して、県・市町が協調して協力金を交付します。 (3)申請受付要項、申請書類等について 1)具体的な申請手続きについては、「申請受付要項( 」をご覧ください。 2)申請書に添付していただく様式については、以下の表からダウンロードしてください。 《更新情報》 記入例については、相談窓口でいただいた質問内容もとに、個人用と法人用と分けて、 よりわかりやすくなるよう掲載し直しました。 1)封筒に、返信用封筒(角型2号サイズ等の封筒にあて名を記入し140円切手を貼付してください)を 同封し、以下の宛先までお送りください。 2)以下の機関にて申請書類の配置は行いますが、感染拡大阻止の観点から多くの方が来られることを避け るため、原則として、インターネット又は郵送をご利用ください。 なお、市町につきましては、すでに他の支援事業により窓口に多数の方がお越しいただいているため、 感染拡大阻止の観点から窓口での配付や申請等の相談は行っておりません。 また、以下の機関においても、書類の記入方法、必要な添付書類等の相談につきましては、同様の理由 から対面での対応ができませんので、以下【お問合せ先】まで電話にてお願いいたします。 ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 「確認いただける施設」 食品営業許可施設、理容所届出施設、美容所届出施設、旅館業許可施設、第一種動物取扱業登録施設 3 休業要請のご協力をいただいた事業者のみなさま 申請受付開始後、事業者の施設名(屋号)をこちらに随時公表していきます。 休業要請相談窓口(お問い合わせ先) 三重県雇用経済部内に設置 電話番号:059-224-2335 開設期間:4月20日(月)から5月22日(金)まで 受付時間:9時から17時(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日) 事業者のみなさまへのお願い ・感染リスクの低減、3つの「密」の状態を避けるため、県庁窓口へのご来庁はお控えください。 ・ 本協力金に関するお問い合わせは、 「休業要請相談窓口」へお願いします。

次の