結婚 式 電報 宛名。 結婚式の電報の送り方!宛名や差出人、使ってはいけない言葉にも注意

結婚式の電報の送り方!宛名や差出人は?気をつける5つのポイント♪

結婚 式 電報 宛名

結婚式を欠席する場合 結婚式に招待されたのに、ご家庭の事情や健康状態などの理由で、どうしても出席できない場合があります。 例えば「入院中のため」や「身内のご不幸」などの場合もあるでしょう。 欠席のお返事を出す際に、そういった事情を伝えると、新郎新婦のおめでたい晴れの場に水を差す恐れがあるため、理由をあからさまに伝えない配慮も大切です。 直前に欠席する場合 出席予定だった結婚式を直前で欠席する場合、先方に披露宴のキャンセル料などが発生するケースがあります。 そのようなときは、お詫びの意味も込めて、当日に渡す予定だったご祝儀をそのままお渡しすることがマナーとされています。 結婚式を欠席したら祝電でお祝いを伝えよう 祝電は、欠席した本人に代わって、祝福の気持ちをその場に届けることができる一般的な方法です。 結婚式をやむをえず欠席する人から、招待されていなくても祝福を伝えたいという人まで幅広く利用されています。 祝電の送り方についての基本マナー 祝電を届けるタイミングはいつ? 結婚式の祝電は、当日の朝までに届くように手配するのが一般的です。 ただし、挙式が午前中に執り行われる場合は、前日までに届くよう手配したほうがよいでしょう。 披露宴で祝電を読み上げるような場合、祝電が前日に届いていないと準備が間に合わないこともあるためです。 また、披露宴の会場が前日に祝電を受け取れるかどうかは、必ず確認しておきましょう。 結婚式は1ヶ月以上前に招待状が届くことが多いため、日時と場所がわかっていれば、はやめに祝電を手配することもできます。 NTT西日本では、1ヶ月前から電報のお申込みが可能です。 祝電の届け先は? 祝電は、挙式場宛てではなく、披露宴が行われる会場に届けましょう。 祝電の宛名は? 祝電の宛名は、新郎または新婦のお名前をフルネームで記載します。 新郎新婦のいずれかしか面識がない場合は、どちらか1名を宛名にすることもありますが、両方と面識がある場合は、宛名を連名にするとよいでしょう。 また、すでに籍を入れている場合でも、旧姓で記載するのが一般的です。 祝電の差出人名は? 個人で送る祝電は、ご自身のお名前に加えてどなたからの電報なのかが受取人さまに伝わるように、住所・電話番号・肩書きなどを書き加えることをおすすめいたします。 会社の同僚や上司、取引先の方へ送る祝電は、会社名だけでなく、ご自身の所属先や役職などを書き加えるとよいでしょう。 祝電のメッセージを考える際の工夫と注意 送る人との関係からメッセージを考える 祝電のメッセージは、誰から誰に宛てたものかによって、文章のスタイルが決まります。 ここでは、仕事関係の方から友人まで、送る人の関係性に合わせたNTT西日本の祝電の文例をご紹介します。 上司・同僚や取引先の場合 華燭のご盛典を心よりお慶び申しあげます。 お二人の輝かしい前途をお祝い申しあげ、末ながいお幸せと、ご家族皆様方の今後ますますのご隆盛を祈念いたします。 ご結婚おめでとうございます。 『愛』という字は『心』を『受ける』と書きます。 お互いを気配りし、思いやりのある明るいご家庭を築いてください。 職場のみんなで応援しています。 ご友人の場合 ご結婚おめでとう! これからも「なくてはならない大事な人」として、お互いにいたわり合い、見つめ合ってお暮らしください。 5月の花、スズランは幸福を運ぶと言います。 きっとお二人の家庭にはスズランが咲き満ちることでしょう。 どうぞお幸せに。 ご両親の知人の場合 晴れのご成婚を心からお祝い申しあげます。 ご両親様のお喜びもひとしおでございましょう。 末ながくご健康で、幸多からんことをお祈りいたします。 より気持ちを伝えるなら、オリジナルメッセージを 祝福のメッセージはどれも嬉しいものですが、中でも、親しい人からのオリジナルのメッセージはいっそう心に響きます。 祝電の文例を自分らしくアレンジする方法もおすすめです。 つきあいの長い関係なら、メッセージに自分だけが知っている学生時代のサークル活動や思い出にまつわるエピソード、趣味や日常のことについてのほほえましい内容などを盛り込んでも喜ばれるかもしれません。 祝電に季節感を取り入れてみる 祝電のメッセージに良いアイデアが浮かばない時は、挙式が行われる季節の言葉を取り入れてみるのもおすすめです。 春なら「美しい新緑の中」「百合の花のような純粋な」、秋なら「秋晴れの空のようにすがすがしいおふたり」「コスモスの咲く季節」などの表現を織り交ぜるのも素敵ですね。 晴れの場にふさわしい華やかな電報台紙で、お祝いの気持ちを伝えてください。 結婚式の祝電で使ってはいけない言葉 結婚式のスピーチでタブーとされる「忌み言葉」は、祝電でも避けるようにします。 例えば、「死」や「消える」などの不吉な言葉のほか、別れにつながる「切る」「戻る」、再婚を連想させる「再び」「重ね重ね」などの言葉を避けて、メッセージを作成しましょう。 また、ちょっとした冗談のつもりでも、思いがけず相手を傷つけてしまうことがあるかもしれません。 一生に一度の晴れの日です。 失礼のないようマナーには十分気をつけて、門出にふさわしいメッセージになっているかを確認しましょう。 最後に.

次の

友人の結婚式電報の宛名や差出人の書き方と内容はどうする?

結婚 式 電報 宛名

結婚式で新婦への電報の宛名って旧姓でいいの? 結婚式の電報を一度でも送ったことがある方なら、新婦の姓を旧姓と新姓のどちらで出すべきなのか、迷った経験があるのではないでしょうか。 旧姓で出すのか、新姓で出すのか、電報を送る際の大事なマナーに当たるポイントです。 相手に失礼のないように正しい宛名で送る方法を学びましょう。 また、送り主である自分が結婚などにより姓が変わったばかりの際にも、どちらの名前で送るかも重要なポイントです。 正しい宛名や送り主の名前、祝電として送るのに間に合うタイミングなどについても紹介していきましょう。 新婦への宛名は旧姓?新姓? 結婚をして、どちらかの姓が変わるのは当然のことです。 新婦の姓が変わることが多いと思われますが、その際は旧姓と新姓のどちらの宛名で電報を送るのが正しいのでしょうか。 まず、結婚式の招待状の宛名や、当日の披露宴会場入り口にある看板の名前がどうなっているかを思い出してください。 新郎新婦の両家の姓が書かれていると思います。 結婚式や披露宴という行事の主催者は、新郎新婦個人ではなく、ご両家ということになるのです。 主催者である両家の姓に合わせて、新婦は旧姓の宛名で送ることが一般的です。 もし招待状が届いているのであれば、招待状の姓に合わせて電報を送ってください。 ただし、既に新郎新婦が入籍を済ませている場合は、新姓の宛名で送っても問題ありません。 送り人の姓はどうするの? 結婚ラッシュという言葉があるように、ある一定の年齢を過ぎると友人達が次々と結婚するというケースは珍しくありません。 披露宴などに参加できない理由として、妊娠中であったり出産を間近に控えていたり、ご主人の都合で遠方に転勤になったため、などという理由が女性の招待客に多く見られます。 欠席の電報を送る側が新婚であったり、姓が変わったばかりであるというケースは割と多いのです。 その場合は送り主の名前にも注意が必要です。 新婚であれば姓が変わって当然なので、新姓で出すことに問題はないのですが、結婚式当日の新郎新婦はスケジュールがパンパンで、祝電の中身をじっくりと読む時間が取れない可能性もあります。 姓が変わったばかりであれば、新郎新婦が混乱しないように新姓の後にカッコ書きで旧姓を入れてあげると親切でしょう。 電報はいつまでに出すの? 最近は式当日に間に合う即日配達の電報サービスもあるようですが、あまりにギリギリでは会場に届いても新郎新婦の目に触れない可能性もあります。 新郎新婦は結婚式当日、かなり早い時間から会場入りしており、ヘアメイクや写真撮影、親族同士の挨拶などで忙しく動き回らなければいけません。 その合間に会場の担当者が電報を見せて、披露宴中に読み上げるものをピックアップするのです。 例え午後からの式であっても、午前中には電報がまとめられて新郎新婦へ渡されていることが一般的です。 そのことを踏まえると、余裕を持って前日中に届くのがベストですが、遅くとも当日の朝であれば目を通してもらえる可能性は高いでしょう。 ぎりぎりのタイムリミットとしては、式の一時間前までであれば受け付けている会場が多いようですが、披露宴で紹介されたり新郎新婦に事前に読んでもらえる可能性は低いということを念頭に置いておきましょう。 まとめ このように、細かいところまで気を配ると祝電には様々なマナーがあります。 お祝いの気持ちを伝えるということが一番のメインではありますが、名前が間違っていたり、日時までに間に合わずに送ってしまっては、少なくとも新郎新婦をがっかりさせてしまうでしょう。 自分が受け取ったことを想定しながら、電報の文章やオプションのことばかりではなく、宛名や送り先、送り主の名前や配達の時間など、細かいところにも注意を払って送るようにしましょう。

次の

結婚式の電報の宛名の書き方!それで大丈夫?

結婚 式 電報 宛名

結婚式場へ電報を送るときの宛名・宛先 結婚式会場のホテルやレストラン、会場などに電報を送るときって、初めてだとどうしたら良いか不安になりますよね?特に一日に何件も結婚式の会場になっている大きなホテルだと「ちゃんと届くかな?」など思っていしまいがちです。 結婚式場へ送る宛名 宛名とは電報を贈る新郎新婦の名前のことです。 間違えて結婚式場を宛名にしないよう気を付けてください。 宛名の書き方にはいくつかマナーがあります。 新郎新婦と共に面識がある場合は、宛名を連名にして宛名にしましょう。 この場合、 名字が変わった方を旧姓にすることが一般的です。 ほとんどが新婦側だと思いますが、まれに新郎が婿入りしてる場合もありますので気を付けてください。 新郎や新婦のどちらかと面識がない場合は、片方だけでもOKです。 この場合も、宛名は旧姓にすることが一般的です。 しかし入籍してから月日が経っている場合は、旧姓を使わないで良いことがあります。 旧姓を使うか新姓を使うかは、結婚式の招待状を確認すれば分かります。 結婚式は新郎新婦の両家で開催されるものなので、両家の姓が使われるそうです。 電報を注文するときは送り状の宛名とメッセージの文中の宛名と2回宛名を書くことになりますが、両方とも同じでOKです。 結婚式へ送る電報の宛先 宛先は結婚式の会場となる住所です。 住所は招待状や会場先のホームページなどを確認すれば必ず書いてあります。 電報のメッセージの中では自由な名前を 電報の宛名は必ず正式な名前を利用しますが、メッセージ中で新郎や新婦の名前を呼ぶときは、普段の呼び名でも大丈夫です。 あくまで電報はお手紙ですからね! 結婚式に電報を贈るならこちらもチェック 宛名の確認が終わったらお次は電報の台紙選び!オシャレで可愛い電報をまとめたので是非チェックしてみてください! 他にも気を付けたい電報のマナー 忌み言葉は使わない 忌み言葉といって、お祝いなどにふさわしくない言葉があります。 例えば、「去る」「切る」「帰る」「戻る」「別れる」などの輪皮を連想させる言葉や、再婚を連想させる、「帰る」「重ね重ね」「たびたび」なども使わないことがマナーです。 もう一度メッセージをチェックしてみましょう! 結婚式に電報を利用するなら 国内最大手の電報サービス「VERY CARD」がオススメです。 こちらの電報サービスは、「価格・種類・即日配送」と三拍子が揃った電報業者です。 VERY CARDの低価格の秘密• インターネット限定! VERY CARDはお電話でのお申込みを受け付けておりません。 インターネットでのお申込みに特化することにより、中間コストを削減。 電報価格に反映させています。 文字課金がない! 通常の電報は文字数によって追加料金が発生します。 VERY CARDは350文字まで一律料金。 独自の全国物流ネットワーク 全国300か所の物流拠点との連携効率化により、廉価で高品質の全国即日配達体制を構築しています。 (一部地域・商品は除く).

次の