千日前 デパート - 千日デパートビル火災事件

デパート 千日前 《表町・千日前の今昔》生まれ変わりつつある注目の街「千日前」の今昔をひも解きます。

デパート 千日前 千日前デパート火災現場跡は強烈!心霊スポットにしても怖すぎる

建物や店舗を新しくしても怪奇現象が絶えない!?千日デパート火災現場跡

デパート 千日前 千日デパート火災の恐怖…跡地で確認された心霊現象が恐ろしい…

デパート 千日前 千日前デパートビル火災 都市伝説化でビックカメラに現在も…パニックに陥った犠牲者亡くなり方が壮絶

千日前デパートビル火災 都市伝説化でビックカメラに現在も…パニックに陥った犠牲者亡くなり方が壮絶

デパート 千日前 千日デパート火災

千日前デパート火災現場跡は強烈!心霊スポットにしても怖すぎる

デパート 千日前 [mixi]【実体験】 千日前デパート

デパート 千日前 [mixi]【実体験】 千日前デパート

デパート 千日前 千日デパート火災

デパート 千日前 [mixi]【実体験】 千日前デパート

デパート 千日前 [mixi]【実体験】 千日前デパート

千日前デパート火災現場跡は強烈!心霊スポットにしても怖すぎる

【関西厳選心霊スポット】日本ビル火災史上最大の事故、千日デパート火災が起こった『千日前』(大阪市中央区)

空調ダクトから絶え間なく噴き出す煙を目の当たりにして、支配人は「階下が火災だ」と、このとき認識した。

  • 同様に同系統の排気ダクトも4階を経由してから7階の空調機Bへ戻っていた。

  • 9時ごろ、工事監督と工事施工会社社長(以下、工事施工会社社長のことを F電工社長と記す)の2人を除く工事作業者4人が千日デパートへ入館した。

  • 換気ダクト開口部から煙が噴き出している時刻 22時39分の認定は、調理場に置いてあった目覚まし時計の時刻を毎日調整している女性従業員の証言を基にしている。

《表町・千日前の今昔》生まれ変わりつつある注目の街「千日前」の今昔をひも解きます。

この措置は、自治省消防局長通達「百貨店等における工事現場の防火指導について(1970年消予第985号)」に基づき、南消防署長が千日デパートに対して指導していたことで実施されたものである。

  • 従って救助袋による避難のみを論じること自体が根本的に誤りで原審判断は失当だ」とした。

  • 経営の目論見としては専門店と百貨店の長所を盛り込んで「高級路線のショッピングセンター」を狙っていた。

  • 落ち着いて行動してください」とプレイタウン滞在者に呼びかけた。

《表町・千日前の今昔》生まれ変わりつつある注目の街「千日前」の今昔をひも解きます。

そのうちに火勢と煙はますます強くなり、周囲が赤黒く澱んできてD階段にも煙が迫ってきた。

  • 心霊現象 ・閉店後「火災発生・・・火災発生・・・」と言う館内放送が流れる ・鳴き声や助けを求める館内放送が流れる このような心霊現象が発生する時間帯は火災が起きた時間と同時刻だったそうです。

  • 出入口シャッターが開放されたと同時に7階プレイタウンの窓から要救助者50人から60人が身を乗り出した。

  • 防火区画シャッターの夜間閉鎖が実現しなかったのは、同被告人が上司にそのことを進言しなかったからであり、 原判決の右判断は失当である。

41年前の千日デパートビル火災、最上階のキャバレー客が犠牲に

テナントが防火管理に非協力であり、組織の中で権限が少ない防火管理者が上司に進言し、防火体制が改善されなかったとしても、それを理由に過失責任を逃れることは許されず、尽くすべき注意義務を果たさなければならない、という司法判断であった。

  • 床面積は3,796. 22時47分、支配人らはステージ西隣のF階段(らせん状階段)を使って屋上へ脱出しようとした。

  • 原判決の避難計画に関する判断は、被告人Cらにおいて現実には消防避難計画について右のような検討を全く加えておらず、何らの避難計画も立てていなかったのであるから、仮定論を前提とするものである上、 その内容自体にも矛盾や誤りがあると言わなければならない。

  • この措置の理由は、千日デパート側からすれば、風俗営業店に出入りする客がデパートの売場内に入ったり通り抜けたりすることが保安上において、また風紀上においても好ましくなく、常時施錠することが不可欠であったからである。

[mixi]【実体験】 千日前デパート

状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください. 弁護側は最終弁論で「出火場所に居なかった被告人3名が刑事責任を問われるのはおかしい。

  • かつてこの辺りは水運の要衝で、岡山の玄関口だったようですね 山羽虎夫工場跡には、今は表示板が残る。

  • それにしても、千日デパート火災、大洋デパート火災と二年で二件の大災害が発生し、200名以上が犠牲者となった。

  • また複合用途ビルの防火、管理、監督上の刑事責任追及という全く新しい判例となるために公判廷での慎重な審理が求められた。

[mixi]【実体験】 千日前デパート

は、で1984年(昭和59年)5月16日にが出され、デパート管理部次長を除くその他の3被告人全員にが言い渡された。

  • 1970年代前半は、まだは一般的ではなかったために、日曜前日にあたったことから、営業時間全体を通して店内には客が多かった。

  • 6月27日、同日9時以降に焼失した千日デパートビル内の立入禁止措置が解除された。

  • しかしながら消防当局からの指導により売場防火区画シャッターの夜間閉鎖の必要性が生じたのだから、その体制を早急に整えるべきだったが、 その実効性は無かった」とした。

千日デパートビル火災事件

記憶があいまいなのですが、事故が頻繁に起きる、霊が出るとかで、 撤退した業者があったそうです。

  • もし被告人Cの指示が徹底し、従業員に対する避難訓練ができていれば、それよりももっと早い時間に降下可能な状態にできたことは前述のとおりであるから、その前提が間違っているばかりか、救助袋の投下が遅れたとしても、被告人Cがクローク前からホールへ引き返して来た時点で直ちに救助袋の投下を指示し、救助袋が使用可能な状態に整備され、従業員が取扱い方を知っていれば、遅くとも22時45分から46分ころまでには避難可能であったと認められるので、 こうした前提を無視した原判決の判断は誤りである。

  • 5月25日、14時から大阪市東区の東本願寺難波別院(南御堂)において、千日デパートビル火災犠牲者合同葬儀が執り行われた。

  • 消防隊員の手により救助袋は地上へ降ろされ(22時47分) 、救助袋先端の把持(はじ)を通行人らに頼んで7階からの脱出準備が整ったかのように見えたが(22時49分) 、救助袋の正しい使用方法「上枠を180度上方へ引き起こし、袋の入口を開いて、袋の中に入って滑り降りる」ということを7階で知っている者が誰もいなかった。

【関西厳選心霊スポット】日本ビル火災史上最大の事故、千日デパート火災が起こった『千日前』(大阪市中央区)

大阪市消防局は、管内の全消防車両の3分の1にあたる85台(救急車12台を含む)を消火防御および救助作業に投入した。

  • さらに、この事件がきっかけで法律が変わったのも事実です。

  • 千日デパートの防火区画シャッター(売場内)は、地下1階から4階までの間に全部で68枚あり、巻き上げは手動式で 、これらをすべて開店時に巻き上げるには多大な労力と時間を要し、数名の保安係員だけでは到底毎日開閉できない。

  • プレイタウンの管理権原者は、同店を経営する千土地観光の代表取締役業務部長である。




2021 cdn.snowboardermag.com