木星人マイナス 性格。 木星人マイナス【-・陰】|性格・相性と2020年の運勢

六星占術・木星人マイナス(-)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

木星人マイナス 性格

興味のあるところから読んでね• 土星人マイナス(-)とは? 六星占術において、その人がもっている運命星に基づいた分類のひとつが、土星人マイナス(-)です。 うまれたときから決まっているといわれるその人の性格や運勢を、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占います。 そして、それぞれを土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と分類するのが六星占術です。 特別な条件がそろった場合は、霊合星人(れいごうせいじん)となります。 運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、干支によって分けられます。 土星人マイナス(-)の基本性格の特徴5つ 1. 理想が高い 完璧主義者です。 理想に向かってただひたすら真面目に努力することができるのが長所になります。 しかし、そのレベルを他人にも求め、融通がきかないところが短所です。 そのため、周囲の人からは煙たがれることがあります。 責任感がある 正義感、責任感が異常に強いです。 何事も土星人マイナス(-)が信じる善悪の基準にしたがって、白黒をつけたがります。 協調性に欠ける 単独行動が目立つため、敵をつくりやすい運命星です。 ただし、同じ目的を達成しようとする同士とは、固い絆で結ばれます。 人間関係は「狭く深く」のタイプだといえるでしょう。 イレギュラーに弱い 柔軟な対応が得意ではありません。 自分の計画から外れた出来事が起こってしまうと、対応できなくなります。 その分、準備はしっかりするところが長所です。 ひとりの時間を大切にする 土星人マイナス(-)は束縛されること嫌います。 とくに、ひとりで過ごす時間を邪魔されることを嫌悪します。 土星人マイナス(-)の結婚・家庭・恋愛の特徴4つ 1. 相手の外見は重要 内面はもちろんですが、周囲からの評価も気にする土星人マイナス(-)にとっては、隣を歩く人のルックスは重要です。 それだけで判断することはありませんが、なくてはならない要素です。 積極性に欠ける 理想が高い土星人マイナス(-)は、自分が「相手を選ぶ側」であるという意識が強い人が多いです。 そして、判断する基準もたくさんあり、選ぶまでに時間がかかります。 「この人だ! 」と決めてからのアプローチも強引にはできないため、時間をかけている間に相手の熱量が冷めてしまうことも多々あります。 家庭運が薄い 結婚して家庭をもつ、という形にこだわらない人が多いのがこの運命星です。 自分以外の人を優先にして考えることが苦手な性格がその原因です。 過去の恋愛に執着する 積極性に欠けるため、必然的に恋愛経験は少なくなります。 その影響で、いちどうまくいった関係性を長く引きずる傾向にあります。 それがまた、次の恋愛へと進む一歩を踏み出しにくくさせます。 土星人マイナス(-)の才能・適職 空気が読めない性格の土星人マイナス(-)は、仕事の内容というよりは、職場の人間関係によって問題を抱えることが多くあります。 職業としては、ひとつのことを突き詰めるような、専門職のほうが向いています。 土星人マイナス(-)とほかの運命星の相性 1. 土星人との相性 たがいに細かいところが気になったり、相手に求めるものが多くなってしまうため、土星人とはバランスをとるのがむずかしい関係です。 とくに、上司と部下、先輩と後輩など、立場がしっかり上下に分かれてしまっている場合は、距離をとって接するのが無難です。 金星人との相性 自由人な金星人に対してストレスを感じることもあるかもしれませんが、それ以上に新鮮さを感じ、良好な関係を築けるでしょう。 適度に、そんなフリーダムな金星人のサポートをしてあげましょう。 天王星人との相性 几帳面な土星人と大雑把な天王星人の相性はいいとはいえません。 おたがいに、自分にない面を感じるとイライラすることになります。 火星人との相性 土星人も火星人も理想とプライドが高い運命星です。 妥協できずぶつかり合うことが多く、相性はよくありません。 独創的な火星人の言動にも、土星人はついていくことができません。 木星人との相性 似た者同士なので、いい関係を築くことができます。 土星人と木星人は冷静でしっかり者のため、過剰に心配したり、気を使う必要がないからです。 水星人との相性 理想が高かったり、ロマンチストな面がある土星人に対して、水星人は現実主義です。 ちがった風景をみているふたりは、おたがいの存在がめずらしく感じられ、興味をもち、急速に関係を深めることになりそうです。 土星人マイナス(-)の2018年の運勢 2018年の土星人マイナス(-)の運勢は低迷期です。 12年周期のなかで、2018年からは3年間続く大殺界「陰影」という運気に入ります。 なにか新しいことをはじめたとしても、すぐに結果が出ることはないでしょう。 この時期に焦りは禁物です。 今までうまくいっていたことも、だんだんとうまくいかなくなるでしょう。 またそういったことが続くため、どうしても神経質になってしまいです。 しかし、神経質になりすぎてしまうと、余計な厄介ごとも引き寄せてしまうので、注意してください。 まとめ 土星人マイナス(-)の基本性格や相性、2018年の運勢について紹介しました。 自分の内面との対話を大事にする土星人マイナス(-)の方にとって、人と深く関わることは、ハードルの高いことでしょう。 人との関わりなかで悲しい思いをすることもありますが、うれしい気持ちになるのも、人との関係があるからです。 相手のことをムリに理解する必要はありませんが、拒絶するのだけはやめてください。 拒絶しなければ、新しい景色がみえてきます。

次の

水星人の人生傾向と本当の性格・持って生まれた運勢とは?【2020年版】

木星人マイナス 性格

Contents• 【占い師が解説!】木星人マイナスの性格や特徴 木星人マイナスは、しっかりと計画を立て、時間がかかってもあきらめず努力をし続け、必ず目標を達成する強い内面を持っています。 達成するために大切なポイントを抑えているため、途中のトラブルや知らずに間違った方向に行っても、必ず、立て直しをして達成するので、安心して、どんなことでも任せられる頼もしい存在です。 背伸びをせ、ずに努力の積み重ねを惜しまないため、周りから多くの信頼や尊敬を得て、高い地位や大きな成功を手に入れますので、晩年は安泰の傾向が高いです。 また、木星人マイナスの人は忍耐強いため、普通の人が耐えられない状況でも、あきらめることなく、必ず道が開けると信じて突破口を探します。 ものごとを必ず達成する力は、周囲から一目置かれます。 一方で保守的な部分を持っているため、第一印象は、控えめで大人しい印象を与えます。 しかし、接した相手は、木星人マイナスの内面に持っている心の強さや真面目さに触れるため、すぐに信頼感や安心感を得ます。 そのため木星人マイナスと関わった人は、いつまでも良い関係を築くことができます。 目上の人を尊敬して立てる性格なので、目上の人から気に入られることが多いです。 そのため、仕事面では、誠実な仕事ぶりに加えて、会社の上司からの引き上げにより、普通より出世が早い人が多い傾向にあります。 さらに伝統や古風な考え方を重要視するため、最先端なものや流行に弱い傾向がありますが、それは、周囲からすると信用や信頼に値することに繋がる場合があります。 木星人マイナスの長所とは?あなたが優れているのはどんなところ? 木星人マイナスの長所は、誠実で信頼できるところ、ボランティア精神が高いところです。 悩みやトラブルを抱えている人がいれば、よく話を聞き、思いつかないようなベストな解決法を見つけてくれます。 口が堅いところも安心なので、困っている人は、木星人マイナスに頼ってくる人が多いでしょう。 そのため、木星人マイナスは、どんな環境圏でも必ず必要な人と言う位置付けを確保します。 人を助けることや何かをしてあげることに喜びや幸せを感じる木星人マイナスは、社会的なボランティア活動にも積極的に参加します。 そのため、周囲が苦手と感じている人やトラブルメーカーな人でも広い心で受け入れて接していくので、どんな人でも良い関係を築くことができます。 木星人マイナスの魅力をたっぷり診断! 木星人マイナスの魅力は、誠実や真面目さの中から、突然、大胆な行動を起こすところです。 一つ一つ確実に目の前のことをクリアしながら目標達成する性格ですが、時に、それが上手くいかない時は、思い切って大胆な行動を起こします。 普段が大人しく控えめで努力家なイメージが強いため、突然の大胆な行動は周囲を驚かせます。 とはいえ、目標はしっかり達成するので、大胆な行動は木星人マイナスの魅力をアップさせます。 もうひとつの魅力は、自分の家庭を一番大切にすることです。 安定した環境を好むので、男女共に安定した家庭を持つことが重要だと考えます。 そのため、男性は、家族や家庭を守るためには、どんな困難にも立ち向かい解決してくれる頼りがいがある父親になり、女性は、良妻賢母で家庭や家族が幸せに過ごすための努力を惜しまない母親になります。 意外な一面!? 木星人マイナスの隠れた本質や資質 木星人マイナスは、物静かで真面目ですが、本質は、負けん気が強くややプライドが高いところがあります。 しかし、プライドが高いと思われたくないため、表面ではわかりにくいです。 周囲が無理だとあきらめている事でも、表面は同意しつつ、内面は必ず自分が成功させるという強い意志を持って、ひそかに努力して成功させます。 周囲からスゴイと賛美されても、ポーカーフェイスですが、内心は、大喜びしているという少し子供っぽいところがあります。 また、木星人マイナスの資質の一つとして、とても優しい心を持っていることがあります。 しかし、その優しい心を知られるのが恥ずかしく、あまのじゃくな態度をとることがあります。 あまのじゃくな態度をとっても本質は、優しい心を見せるのが恥ずかしい照れ隠しだと思うと可愛く見えてきます。 【2019年運勢】木星人マイナスにとってどんな一年? 木星人マイナスの総合運は、低迷運の2018年が終わり2019年は、新しい始まりの運勢に乗って出発する1年になります。 今年から3年間、運気が上昇していますので、明るい未来が見えてくるでしょう。 2019年は、ポジティブな変化が起こり、チャレンジしたい気持ちが高まるので、新たな行動を積極的に起こすようにしましょう。 さらに、動けば動くだけ新しい出会いや新しいアイデアが生まれてチャンスが多く訪れる年でもあります。 夢に向けて前進することができる運勢があるので、ずっと背負っている重荷を解放し、フットワークを軽くして、数々の突破口を開いていきましょう。 仕事運は、積極的に行動しなくても、自然と仕事しやすい環境が整っていきます。 去年まで頑張っていた仕事がついにあなたを正当に評価してくれ、仕事上でステップアップできる年になるでしょう。 2019年は、サポートを求めれば、あなたのことを支えてくれる仲間がたくさんできるので、自分の意見や主張をしっかりと伝えることが大切です。 また、頑張れば頑張った分だけ、評価されるので、自分の仕事に自信を持って取り組みようにしましょう。 金運は、出費ばかりが続いた2018年の状況と変わって、金運が上昇しています。 収入と支出のバランスも整ってきますので、収入を増やすための新しいビジネスチャンスが訪れてくるでしょう。 また、仕事など活躍することで功績が認められて、思わぬ報酬を手に入れることもあります。 [恋愛運]モテ期はいつ?運気UPのポイントは? 木星人マイナスの2019年の恋愛運は、新しい出会いのチャンスに恵まれているので、出会い運が上昇しています。 積極的に行動すれば、運命を感じる相手やリスペクトできる相手などいい男性と巡り合える確率が高まります。 新しい出会いからさらに関係を深く築くための運気UPの方法は、いつも笑顔でいること、相手を受け入れること、相手のプラス面を見つけること、そして相手を思いやる気持ちを持つことです。 木星人マイナスは、いつもなら苦手なタイプからのアプローチは断ることが多いですが、今年は、苦手なタイプでも笑顔で受け入れて、プラス面を見つけて、積極的にかかわる努力をしていきましょう。 そうすることで、苦手なタイプと思っていた相手の新しい魅力に気づき、愛がすくすくと育っていく可能性も高くなります。 また、何かしてあげたい思いが強い木星人マイナスは、時々、自分の気持ちが優先してしまい、相手が負担を感じてしまうことがあります。 何かをしてあげたい気持ちは、とても大切ですので、その気持ちが相手の気持ちに寄り添うことなのかを良く見極めて行動しましょう。 そうすることで、相手からはもちろん、周囲からの好感度もアップして、アプローチが増えて恋愛関係に発展する可能性が高くなります。 結婚のタイミングはいつ?良縁を掴む秘訣とは? 木星人マイナスの結婚のタイミングは、まさに2019年がピッタリです。 シングルの人は、出会いから結婚まで一気に駆け上がる可能性が高く、恋人がいる人は、ゴールインする運勢が高まっています。 良縁を掴む秘訣は、積極的になって、自分の内面を知ってもらうことです。 木星人マイナスの誠実さ、真面目さ、優しさの内面を知った人は、木星人マイナスの内面の良さに魅了されます。 ですが、少し関わっただけでは木星人マイナスの良さや魅力に気づきにくいので、関係を深める付き合いが大切です。 木星人マイナスは、保守的な性格なので、積極的に行動することが得意ではありません。 しかし、今年は、新しい出会い運が活発なので、良縁を掴むためには、積極的に行動して自分の内面を知ってもらうといいでしょう。 男性女性に関わらず、一人でも多くの人と関係を築いていく努力をしていきましょう。 そうすることにより、関わった相手は、木星人マイナスの内面の良さや魅力に気づきます。 また、結婚相手として対象外の木星人マイナスが、結婚相手の対象として変化する場合もあります。 なかなか積極的に行動できない場合は、お見合いや婚活サイトなどから始めても素敵な出会いから結婚までいくでしょう。 [仕事運]適性・適職を診断!今年のテーマは? 新しい扉が開く年になりそうです。 心の準備はできていますか。 新しいあなたに生まれ変わる時が訪れます。 輝かしい未来が待っていることでしょう。 果敢な挑戦が実を結びやすくなります。 怯んだり臆することなく、前向きに自信を持って一歩一歩進んでいきましょう。 突き進むあなたを、大きなラッキーが待ち受けています。 チャンスがきたら、しっかりと両手で掴んでくださいね。 同じ夢や目標、志を持っている人と過ごすことで更なる成長が期待できます。 自分自身の心に問いかけて、素直な気持ちを確認してください。 その気持ちを積極的に人に話すようにしましょう。 [金運・財運]どこまで稼げる運勢?ターニングポイントをココ! 普段は冷静で思慮深い性格のあなたですが、今年は自分から積極的に動いた方が良い年です。 自分の気持ちに素直に向き合って、思いのままに行動してみましょう。 また、直感を信じて行動することで、あなた自身の価値観が大きく変わります。 思いもよらない物事に大きな価値を見いだすかもしれません。 戸惑うことなく、変化を楽しんで受け止めてください。 気持ちに余裕が生まれ、今後のあなたの人生を豊かにすることでしょう。 これまでの人生よりも彩り豊かになり、あなたの元にはたくさんの幸せが訪れます。 そのためには変化を恐れないことが大事です。 【相性占い】木星人マイナスと他の星人との相性はどう? 木星人マイナスと金星人プラスとの相性 木星人マイナスと金星人プラスは、どんな時も離れず、気持ちを通じ合わせながら愛を感じられる相性です。 相手の事を強く思い続けていくことにより、強い絆が結ばれていくでしょう。 気を通い合わせて、困ったときには支えられるようになれば、一生涯のパートナーとして連れ添うことが出来るのです。 自分に足りない面を相手から学び取っていくと成長にも繋げられます。 お互いに大人な考え方が備わるので、一緒にいる時間が長くなる程深い理解に支えられた関係に深化していきます。 日常の中で、愛情の受け渡しを丁寧にしていくことが大事です。 木星人マイナスと火星人プラスとの相性 木星人マイナスと火星人プラスとの相性は、互いの理知的な面に支えられて良好に状態になれる特長があります。 理性と知性が備わった二人であれば、短絡的な行動・考え方に支配されることなく、相性の良さが随所に感じられるでしょう。 冷静に考えて、その場に最も相応しい行動を選択出来る点でも、一緒に居て安心感が抱けるのです。 他者のためになる行動として、ボランティアなどの精神面を充実させられる活動をすれば、さらに関係を深められます。 どんな時でも自分勝手にならず、相手の事を考えて、アプローチする術を身につけられるでしょう。 木星人マイナスと土星人プラスとの相性 木星人マイナスと土星人プラスとの相性は、初めのうちは少しギクシャクしてしまう傾向があります。 土星人が生れ育った環境が大きく影響してしまう関係なので、互いの考え方の違いに始めは戸惑ってしまうでしょう。 なるべく二人だけの時間を確保して、一緒に過ごすことが大切です。 生活習慣や、行動パターンの違いが、どういった理由で生じているのか一つ一つ確認して、納得出来る状態にしておくことがポイントとなります。 木星人から歩み寄って、無理のない範囲で受け入れていく姿勢が、関係の深化には欠かせないのです。 同じ時間を共有する中で、隔たりを埋めていく努力が必要です。 木星人マイナスと天王星人プラスとの相性 木星人マイナスと天王星人プラスとの相性は、互いが積極的なアプローチをすることで良好な状態にしていける特長があります。 引っ込み思案にならず、お互いが冒険心をもって前に進めるようになっていく相性なのです。 少しルーズなところがある天王星人に対して、一つ一つ計画を立てて順序良く取り組んでいく姿勢を木星人が持たせられると良いでしょう。 集中力さえ高まれば、実力以上の結果を出せる天王星人が、モチベーションを高められるよう上手にに導いてあげることが大切なのです。 一緒に新しい挑戦をしていく際には、気持ちを高めていけるようなビジョンを描くことが求められます。 木星人マイナスと木星人プラスとの相性 木星人マイナスと木星人プラスとの相性は、気持ちを一つにして努力し続けられる点で良好であると言えます。 あうんの呼吸が生まれやすく、お互いの持てる力を同じタイミングで発揮することが出来る相性なのです。 どちらかが窮地に陥ったときには、自然と手を差し伸べて救い出すことが出来るでしょう。 恋愛を続けていく上でも、仕事上の関係でも一致団結しやすいのです。 お互いが妥協できる点をじっくり時間をかけて見つけることが大事になります。 自分の意見を通そうと気張らず、息の合った連携プレーが出来ることを第一に考えると良いでしょう。 木星人マイナスと水星人プラスとの相性 木星人マイナスと水星人プラスとの相性は、互いに理解を深めていく中で信頼を育んでいくことが求められることが特徴です。 水星人は、木星人の考え方や行動の仕方に染まりやすく、どんな時も尽くしてくれます。 相手のことを大切に思い、大事にしながらも、自分の思いを明確に伝えることが大事になってきます。 将来的にどんな関係を目指したいか、お互いが共通に意識を持てれば良いでしょう。 水星人が我慢し過ぎず、自分の意思を持って、木星人と共に関係を深めようとすれば、どんな困難にも打ち勝つことが出来ます。 丁度良い匙加減で意見を伝え合うことが肝心です。 木星人マイナスと金星人マイナスとの相性 木星人マイナスと金星人マイナスとの相性は、長い年月を共に過ごしていくのに適しています。 いつまでも続く幸せな時間を、2人だけで楽しめる相性なのです。 長い期間がかかるほど、お互いの理解が深まって、愛が成熟しやすくなっていきます。 以心伝心の関係が出来上がるにつれて、心と心の繋がりが一層強いものになります。 お互いに足りない部分があれば、自然と補い合って、満たされることが出来るでしょう。 辛いときには支え合い、同じ感動や感覚を共有して、幸せを分かち合えるのです。 双方ともにマイペースに愛を育めるタイプであることもプラスに作用するでしょう。 木星人マイナスと火星人マイナスとの相性 木星人マイナスと火星人マイナスとの相性は、根気強く向き合っていく中で深まって行く傾向があります。 恋を深めるには、時間をかけてお互いを知ることが求められるでしょう。 心から信頼し合える関係を求めるのなら、長丁場になる可能性が高いのです。 お互いが包容力をもって、相手と付き合う姿勢を表に出すと心を通わせやすくなります。 相手の悪い部分を指摘せず、良い部分を褒めていくことが木星人マイナスに求められます。 火星人マイナスは少し傷つきやすい面があるので、出来るだけ自信を持たせてあげるような気遣いをすれば良好な関係が育まれるでしょう。 木星人マイナスと土星人マイナスとの相性 木星人マイナスと土星人マイナスとの相性は、協力関係を気付きやすく、とても良いです。 共通の目標を見つけた場合、計画的に物事を前に進められる木星人の力と、現状打破に強みのある土星人の力が相乗効果を生み出すでしょう。 互いが長所を引き出して、一人では成し遂げられないことにも、果敢に挑めるようになるのです。 考え方の違いが見えてきた際に、土星人が譲り合いの気持ちを持てるかどうかが、協力関係を強固なものにしていくための鍵となります。 信頼できるパートナーとしてお互いが認め合う中で、常に意気投合出来るよう努力する必要があるのです。 木星人マイナスと天王星人マイナスとの相性 木星人マイナスと天王星人マイナスとの相性は、長いスパンで見て良好なものであると言えます。 互いに心の奥で深い結びつきを感じられるようになっていく相性なのです。 木星人は、後ろからそっと肩を押して、時には守ってあげるように天王星人を支えらえる関係を作れると良いでしょう。 常にお互いの存在に安心感を抱きながら、自分の成すべきことにしっかり向き合っていけるのです。 困ったときには支え合うことで、前を向いて進んでいけるよう気持ちを一つにすることが出来ます。 その中でも、少し弱い心が表に出やすい天王星人を、木星人の愛情で優しく包み込んであげることが大切です。 木星人マイナスと木星人マイナスとの相性 木星人マイナスと木星人マイナスとの相性は良好で、常に穏やかな気持ちでいられるものです。 互いに思いやりを持って接することが出来るため、一生のパートナーとして尊重し合いながら付き合うことが多い相性なのです。 あまり自分の気持ちばかりを表に出さず、相手に配慮すると良い関係がいつまでも続いていくでしょう。 必要な場面では自己主張をしつつ、相手が何を考えているか想像力を膨らませることが肝心です。 お互いが納得した上で、将来を見据えた行動を選択することがカギとなります。 同じ気持ちで一緒に人生を歩んでいく意識付けが求められるでしょう。 木星人マイナスと水星人マイナスとの相性 木星人マイナスと水星人マイナスとの相性はとても良好です。 お互いの性格や行動上で、足りない部分をしっかりフォローしあえる関係が築けるのです。 木星人は、少し引っ込み思案なところがある水星人を引っ張って前に出つつ、相手の気持ちや考えに配慮することが大切になってきます。 長所を引き出しながら、お互いの強みが生かせるように工夫していくことも求められるのです。 時間をかけてゆっくりと信頼関係を育んでいければ、決して揺らぐことの無い安心感が維持出来るでしょう。 思いやりの気持ちをもって、どんなに苦しい時も協力し合える相性なのです。

次の

木星人マイナスの性格9選・相性解説!【細木数子六星占術】

木星人マイナス 性格

土星人マイナス(-/陰)の性格や性質 基本的な性格や性質? 争いになる冷酷に勝利を得る 土星人マイナスの人は、利己利益のみを追求してしまうと、争いになりますが、基本的に勘が鋭く働き、ビジネスにも才覚を表わします。 その勘が嘘や陰謀などを察知し、自分の置かれた環境や人の観察にも鋭い視線で分析します。 不利だと思えばズケズケと物言いをすることがあるため、相手と争う雰囲気をつくりやすいでしょう。 また、土星人マイナスの人は、世の中の不安定さも熟知していて、生きることそのものに戦いの場として見てしまう人は多くいます。 心安まる時が少ないデメリットも生じますが、ニーズを読む能力もあり、決めた道で妥協はしません。 持ち前のバイタリティを発揮させて有利に事を運んでいきます。 平穏を望んでいるにも関わらず、時に過酷な競争に巻き込まれると冷酷に勝利を納めたかのように感じる人も多いでしょう。 基本的な性格や性質? 唯我独尊タイプ 土星人マイナスの人は、防衛本能も働かせながら、相手に対しては鋭いジャックナイフをあてるかのような言葉を返すこともあります。 まるで攻撃を受けているかのように感じ、相手が辟易して近づくのもためらってしまう人も多いことでしょう。 ただ、それは表立って濃く出てしまう正直さでもあり、年齢や経験を重ねていくことで、「自分を通しながらも他者を受け入れていく」術を身につけて行ける人もいます。 相手に対して刃を向けるかのような一面と自分を貫く一面は土星人マイナスの人を「唯我独尊」的な人と思わせやすく、強烈なインパクトを与えることも多いでしょう。 最初の接点でそこを見初めて慕っていきたいと思うか否かが、長年の付き合いになるか、会いたくない人と思わせてしまうか決まってしまうことも多いと言えます。 基本的な性格や性質? プライドが高い 土星人マイナスの人は、プライドの高い一面が傲慢と受け取られることも多いでしょう。 土星人マイナスの人のプライドの高さがよい方向に働けばよい仕事ができ、悪い方向に働くと、プライドを傷つけられまいと、やっきになって自己主張をしたり虚勢を張ることもあります。 土星人マイナスの人は、自分が確信する理論こそ、正義に叶っているとも考えています。 そして、人生経験から得た確証は自分自身を作って生きているため、自分理論を曲げることは許されません。 出来上がったプライドが相手に対し不寛容になることもあり、優越感も強い人ならば、時に相手を詰問したり、非難したり辛くあたったりして、とことんまで追い詰めることも少なくありません。 基本的な性格や性質? 責任感が強い 自らも理想を高くもっているため、自分の身の振り方にも筋が通っていることを基本姿勢としています。 それは世間的に責任感の強さとして表れていることでしょう。 節度ある行いは普通のことであり、そこに不自然さはありません。 自分の意思にそぐわない人と無理に距離を縮めようともしないので、融通が利かない頑固者、とレッテルを張られてしまうこともあります。 周囲がそこまでこだわって生きなくても、と思ったとしても、それは彼・彼女達にとっては、「こうあるべきもの」という認識でしかありません。 常識的でお手本のような人とも言えますが、同じような人が周囲にいなければ、自分は関わらずとも一歩ひいて見ていたい人、とも思われることも多いでしょう。 基本的な性格や性質? 行動が素早い 土星人マイナスは、行動が素早いと言われています。 一般的には、行動を起こすのに時間が掛かる土星人マイナスですが、それは行動を起こすまでの話です。 一度目標が定まると行動が早いのが特徴です。 その理由は、単純な性格と逆境や困難に強い性格にあります。 土星人マイナスは、悪い意味ではなく単純な人が多いです。 「あなたしか頼れる人がいない」などと言われるとその実力を発揮します。 しかも、どんな仕事や勉強に対しても寡黙に一生懸命行います。 特に困難な課題であればあるほど率先して頑張るタイプです。 しかし、楽しそうに頑張るのではなく、寡黙にそつなく課題をこなしていく人が多いです。 又、プライドが高いという一面も持ち合わせているので、途中で放棄する事もありません。 以上の事より、土星人マイナスは行動が素早いと言われます。 霊合星人の土星人マイナスの性格や特徴 霊合星人の土星人マイナスの性格・特徴として、「マイペース」「リーダーシップ」「行動的」の三つがあげられます。 もともと理想主義な気質の土星人。 正義感と責任感も人一倍強いので、いい意味でこだわりは強いです。 マイペースになるのも、理想を追い求めているから。 おっとりしているわけではなく、自分を貫くタイプです。 強い正義感と責任感は、周囲を引っ張る場面において大いに役立ちます。 天王星人のカリスマ性も持ち合わせているので、自然と人が集まってきます。 争いごとを避ける優しさも相まって、周囲への気配りも抜群。 理想的なリーダーになれます。 理想のためにはいかなる努力も厭わない姿勢は、確かな行動力に繋がります。 フットワークはかなり軽やかです。 他人ではできないようなこともこなすその強さは、誰にも負けないことでしょう。 土星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 結婚運が薄い 土星人マイナスの人の結婚運についてですが、元々結婚願望を持っておらず、家庭を築くということにこだわらない人が多いです。 その為に生涯独身を貫くという人が少なくありません。 男性の場合には結婚よりも何よりも仕事優先というスタイルでいることがあります。 女性の場合にもこの人と思った人が出てくるまで待っているうちにチャンスを逃してしまう場合が多いです、結婚したとしても、家庭の方に気持ちが向かずに、徐々に家庭の中が不和になってしまうことがあります。 その為に結婚したとしても、離婚をするカップルも少なくありません。 一つのことにしか気持ちを向けることができないので、家庭か仕事かということで、仕事の方を選んでしまう人が多いです。 家庭や結婚の特徴? 公私のバランスが崩れやすい 土星人マイナスは、公私のバランスが崩れやすいと言われます。 その原因は、仕事よりも家庭を大切にするという傾向が強いからです。 土星人マイナスは、家庭への意識が強い傾向があるため結婚後に仕事がおろそかになる場合があります。 女性の場合は、仕事と家庭の両立が出来ずに専業主婦になる場合があります。 男性の場合も、会社での出世よりも家族で過ごす時間を第一に考える傾向が強いです。 これらに関しては、子供が出来ると子煩悩になり子供の事を大切にする良い夫婦にになります。 又、仕事をしていても、定時にまっすぐ帰宅するようなタイプになります。 但し、会社や上司によっては、文句を言われる可能性もあります。 以上の事より、土星人マイナスは、公私のバランスが崩れやすいと言われます。 家庭や結婚の特徴? 家庭を顧みない場合が多い 土星人マイナスの人は結婚せずに独身で過ごすという選択をする人が多いです。 結婚をしたとしても、家庭と仕事の二つを両立していく器用さに欠けていて、結果として仕事を優先してしまうところがあります。 本来の真面目な性格から、仕事に対して責任をしっかりと果たしたいという気持ちが強く、家庭に目を向けていると仕事がおろそかになって しまうのです。 特に子どもが生まれてからは、子どもに集中力を持っていかれているように思い、お世話をしたり、一緒に過ごすということを大事にするのではなく自分がどうしたら仕事に打ち込めるかということを優先して考えます。 結果として土星人マイナスの人のパートナーは、家庭を顧みずに独身時代のように過ごしていると思い、不満を溜め込んでしまいやすくなります。 恋愛運の傾向は一途に愛する 土星人マイナスの人の恋愛傾向についてですが、誰でも良いというわけではなく、慎重にこの人しかいないと思える人を選びます。 アプローチをする時に、なかなか大胆に自分の気持ちをアピールすることができず、時間がかかることがあります。 一度好きになった人に対しては一途で、思いを実らせるまでに時間がかかっても、気持ちを貫きます。 恋人関係になってからは浮気などすることもなく、誠実にお付き合いをしていきます。 ただ相手に対して求める理想が高いので、お付き合いをする上で相手の欠点が見えてくると、そんなことで?と思うような些細なことであっても許せずに、結果として別れてしまうこともあります。 過去の恋愛について引きずってしまうこともあり、なかなか切り替えができずに、恋愛ができない期間が長くなることもあります。 セックスの傾向は精神的なつながりを大切にする 土星人マイナスの人のセックスについてですが、性欲は薄くはないのですが、保守的で真面目な考え方をしていて、愛する人とのコミュニケーションをとることが大事と考えています。 結果として一夜限りの関係を持ったり、遊びの相手とセックスをしたりということはなく、しっかりと心がつながっている相手と関係を持ちます。 あまり冒険をすることを望んでおらず、色々なプレイをするのではなく、いつも正常位でするという人も多いです。 男性の場合には性欲があっても外に出すことをはばかるので、周りからはムッツリスケベという印象を持たれてしまうことがあります。 ただ精神的なつながりを大切にするので、パートナーを満足させることができる質の良いセックスができると言えます。 土星人マイナス(-/陰)の金運の特徴はコツコツ貯めていく 土星人マイナスの人はお金を派手に使うことはなく、倹約家として過ごしています。 自分が興味のない物に対してはお金を使いたくないという信念があり、浪費することがありません。 しかし自分が価値があると思うものに対しては、しっかりとお金を使います。 必要な物をしっかりと見極めながらお金を使っていくことができるので、お金はしっかりと増えていきます。 ギャンブルに手を出してお金を失うという心配もないので、土星人マイナスの人と暮らしていると、金銭的な不安を感じなくてもすみます。 生涯においてお金がないという切迫した状況に悩まされることなく、金銭的には安定して過ごすことができます。 コツコツと貯めているので、突然の出費にも落ち着いて対処できます。 土星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴は他の人とは異なる職業に向く 個性的な発想を生かして、他者には思いつかないようなチャレンジをしていく土星人マイナスは、一風変わった職業に向いています。 例えばモノづくりに携わる場合、性能向上に向けた取り組みと、実際の使用場面を想定したアプローチにより、有効性の高いサービス提供に繋げられるでしょう。 土星人マイナスの独創性と誠実さが、魅力的な発明に結びつくのです。 精緻な技術によって作り上げられた製品の販売を通して、新たな価値の創造を実現していける可能性もあります。 そうした意味では、技術系の職業も合っています。 クリエイティブで自由に動ける環境が与えられれば、土星人マイナスの本領が発揮されて、前向きに仕事をしていけるようになります。 土星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説 土星人マイナスと土星人との相性は干渉し合うと失敗する 土星人同士の相性と言うのは、性格が重なる面も多いので、良い相性とは言えるのですが、あまりに干渉してしまう失敗してしまいます。 なぜなら、お互いに自分の世界を大事にするタイプですし、人にも口出ししない分、自分も口出ししてほしくないという面があるでしょう。 それこそ、お互い精神的な面で共鳴する面はあっても、現実的な面、例えば経済活動や仕事の面では、前進性のない相性となってしまう恐れがあります。 なので、一旦は打ち解けたとしても、どこか距離をおかないと、現実感に乏しい、厳しく言えば何も利益を出さない相性となるのです。 長く付き合うと、お互いにそれに気付くので結果として、深い関係にはならないのです。 ある意味では条件付きで良い相性と言えるでしょう。 土星人マイナスと金星人との相性は素晴らしいの一言に尽きる この相性はとても良いといえるでしょう。 なぜなら、土星人は精神的ではありますが、仕事熱心です。 そして金星人は現実的で合理主義ではありますが、物事を継続できないところがあります。 例えば事業を起こすとして、土星人が使命感に燃えていたとします、ですが現実感がないので、なかなか先に進みません。 そこに金星人が加われば、一気に前進していくでしょう。 ですが、金星人は長続きしません。 そこに土星人が加われば金星人を大いに動機づけるでしょう。 家庭においても、土星人が真面目で責任感があるところを活かし、家庭を守り、そして金星人がその積極性と外向性で、外にでて働くという、絶妙な関係性が成り立ちます。 しいて言えば、女性が土星人で男性が金星人だと良いですが、仮にそうでないとしても素晴らしい相性と言えるでしょう。 土星人マイナスと火星人との相性は良いか悪いかの両極端 気遣いが出来て器量が良い土星人マイナスとアクティブな火星人は、気持ちが通じ合えば素敵な関係になれます。 しかし、一方の個性が強く発現されて確執が生じやすい側面もあるので、その点はリスク要因となっています。 一度強固な関係性を作り上げられれば、長期に渡って親密な中を保つことが出来るのです。 土星人マイナスの優しさに甘えすぎず、火星人の積極性を生かせる関係づくりを進めていく必要性があると言えます。 目の前の課題を一つ一つ丁寧に見つめていく姿勢が大切で、これは両者の共通認識として捉えておく必要性があります。 最高の相性になるか、最悪の関係になるかはこうした心掛けの先に見えてきます。 個性を把握して関係を深めていけるかが鍵となるのです。 土星人マイナスと天王星人との相性はお互いが快楽主義 あまり深く考えすぎず、流れに身を任せるタイプの土星人マイナスは、同じく楽観主義者である天王星人との相性が抜群に良いと言えます。 常に明るく楽しい暮らしを営むことが出来るので、ストレスを感じることも少ないのです。 毎日笑って生きていけることが、天王星人と土星人マイナスの大きなメリットとなって示されます。 時には感情的な会話があったとしても、あっけらかんとして短期間で忘れてしまうでしょう。 遺恨を起こすような喧嘩には発展せず、何となく許容しているのです。 また、快感を追い求めるあまり、プライバシーに無頓着であることも特徴的であると言えます。 より多くの快楽・快感を得たいという欲求が互いの根幹にある本質的な思いです。 土星人マイナスと木星人との相性は第三者の介入で関係が潰れる 優しさと意志の強さを兼ね備えた土星人マイナスは、仲を取り持ってくれる第三者の存在によって、木星人との関係を良いものにも悪いものにも変えられます。 優柔不断で何事も自分で決められないタイプの木星人は、自分と対極的な性格である土星人マイナスとの関係性構築に苦慮します。 しかし、相手の良さに気づいたとき、自分の短所を受け入れてくれるのではないかという期待も湧いてきます。 そうした中で、第三者がお互いの間に入って急に交流の機会を作ってしまうとスムーズなコミュニケーションをとれないようになっていくのです。 安心感を抱き、お互いの魅力を存分にアピールできるような環境づくりが出来ないと、関係は脆く潰れてしまいます。 土星人マイナスと水星人との相性は開花も早いが燃え尽きるのも早い インスピレーションで相性が良いと感じて、土星人マイナスと水星人が付き合うことになっても、その終焉は思いのほか早く訪れます。 自分のエゴを相手にぶつけてしまいがちな土星人マイナスに対して、我慢強い水星人は初めのうちご機嫌取りをしてくれますが、次第に無理が生じるのです。 表面上は今まで通りの関係が維持されているように思えて、実は互いの信頼感が揺らいでいます。 修復を試みても、一度燃え尽きかけた恋心はなかなか元には戻らないのです。 早い段階で激しく燃え上がった思いは、いつも簡単に崩れてしまいます。 水星人の本質は頑固なので、相手を受け入れる寛容さが無駄だと気付いたら、もはや愛情を注ぐことを拒絶してしまいます。 土星人マイナスの2020年運勢 土星人マイナスのあなたは、今年は現状維持が吉です。 2020年は、土星人マイナスの方にとっては大殺界の最終年になります。 2019年から大殺界の終わりに向けて徐々に運気はアップしていますが、まだまだ油断は禁物です。 一発逆転・心機一転でなにか始めようとすれば、予期せぬトラブルでますます深みにはまることも。 2020年は2021年以降に動き出すための準備期間にしましょう。 より良い運気を得るための秘訣は、今ある環境で腰を据えて堅実な選択をしていくこと、そして無理に前向きになろうとしないことです。 傷ついたり落ち込んだりするのは大殺界の悪い運気のせいです。 あなたの頑張りが足りないのではありません。 自身のペースを崩さずに、今の環境の中で緩やかに一年を過ごしてみてください。 そうすれば2021年以降に新しく動き出せるチャンスが訪れるでしょう。

次の