ダビンチ コード。 映画『ダ・ヴィンチ・コード』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

小説『ダ・ヴィンチ・コード』がやっぱり面白い!3つの謎などをネタバレ解説

ダビンチ コード

の小説『』を原作とする。 監督は、主演は、他にやなどフランス人有名俳優も出演。 5月20日より全世界で同時公開された。 日本では系で全国公開。 またでオープニング作品として上映された。 上映時間2時間29分。 言語はと。 原作で著者は「 この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。 」と述べ、映画の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、の婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はない。 現在も研究は続いているものの、の構築すら困難を極めるほどに史料が根本的に不足しており、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるため、原作含め学術的にはフィクション作品として扱われることが多い。 はを冒涜したものだとして、を呼びかけた。 ストーリー [ ] の館内で館長であるジャック・ソニエールの射殺体が発見された。 不思議なことにその身体はによる「」を模した形になっていた。 さらに奇妙な事はそれがソニエール自身の意思によるものであることだった。 パリで講演を行い、書店でサイン会を行っていたのロバート・ラングドン教授は、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、宗教象徴学の専門家として捜査協力を求められる。 ロバートとソニエールは面識があり、事件の当日突然連絡をしてきた彼と会う約束をしていたものの、約束の場に現れなかった。 ロバートはすぐさま警部と共にルーヴルを訪れ現場の検証を行うが、ソニエールの意図は掴めない。 困惑するロバートの前に現れた暗号解読官のソフィー・ヌヴーは、彼の身に危険が迫っていると告げる。 彼女は、現場にソニエールの手によりロバートの名が残されており、すでにこの殺人の容疑者としてファーシュが逮捕する気であることを説明した。 しかしソフィーによればソニエールは自分の祖父であり、現場に残っていたのは「ロバート・ラングトンを探し出して彼に託せ」という意味であるという。 ロバートは今一度ソニエールが床に残したメッセージを見直し、そこからダ・ヴィンチの名と、絵の裏に隠された鍵を発見する。 この鍵こそ、ソニエールが狙われた理由であり、二人に残した遺志に違いないが、その正体を見極める前にファーシュの手に落ちれば彼の死は無駄になり、濡れ衣を晴らすことも難しくなる。 ロバートとソフィーは警察の目を逃れてルーヴルを抜け出すことに成功するが、ファーシュの疑念はいっそう深くなり、追及の手も厳しさを増してしまう。 ロバートは旧友であるリー・ティービングの屋敷を訪れて意見を仰ぐが、そこで事件の背後に潜む恐るべき物語の示唆を受ける。 それは聖書にも記される失われた、を巡る確執である。 長い歴史の中で何度も繰り返され、しかし明るみに出ることなく隠された戦い。 それこそがこの事件を動かす者たちが持つ動機であるというのだ。 そしてダ・ヴィンチもまた、作品を通じて暗号(コード)を残し、それにはキリスト教の歴史を根底から覆す意味が隠されているという。 それが著名な壁画「」だ。 聖書では生涯を独身で終えたはずのだが、実はと呼ばれる女性と結婚をしており、その女性とはのことであった。 そして磔にされたとき、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、とにわかには信じられない説をリーは語る。 キリストの死後、マリアは女児を生み、その女児はキリストの継承者となったが、男性を権威の根源とするカトリック教会は彼女の存在を否定し、キリストの血を絶つためにを行った。 その後、マリアの遺体と彼女の子孫はによって秘匿されたという。 ロバートは、聖杯の正体はキリストの継承者であるマリアの子孫だと確信するが、そこにカトリック教会と手を組むの殺し屋シラスが現れ、聖杯の暗号(クリプトロジー)を奪おうとする。 シラスはリーに倒され、ロバートたちは駆け付けた警察から逃れるため、聖杯が存在するに向かう。 一方、ファーシュはオプス・デイのアリンガローサ司教と連絡を取り、ロバートたちを追って渡英する。 ロンドンに到着したロバートたちは、聖杯が眠る可能性があるの墓所に向かうが、そこには聖杯はなかった。 拘束を解いたシラスが逃げ出し、さらにリーのであるルュガルデが裏切り、彼を人質にして逃走する。 ロバートとソフィーは聖杯を探すため、暗号を手掛かりにシオン修道会総長だったの墓所に向かう。 しかし、そこには連れ去られたリーが待ち伏せしており、彼こそが一連の事件の黒幕だったことを告白する。 リーは、シオン修道会が「新世紀を迎えた時にキリストの継承者の存在を公表する」という方針を反故にしたことに反発し、オプス・デイを利用して聖杯の在処を暴き出そうと企んでいた。 リーはソフィーを人質にして、ロバートにダヴィンチの暗号を解くように命令するが、彼はそれを拒否してクリプトロジーを放り投げてしまう。 床に落ちたクリプトロジーは壊れて聖杯の在処は分からないままとなり、リーは駆け付けたファーシュに逮捕される。 リーはクリプトロジーを破壊したロバートを責め立てるが、彼の表情から、彼が聖杯の在処を突き止めたことを知って狂喜しながら連行されていく。 ロバートとソフィーは聖杯の眠る墓所に向かうが、そこには既にマリアの棺はなかった。 しかし、そこにはシオン修道会が残した大量の史料があり、その中にはソニエールの物もあった。 ロバートはその中から、ソフィーの家族が事故死した新聞記事を見付け出すが、記事には「家族全員が死亡」とあり、さらに一家の名前もソフィーとは異なっていた。 ロバートは、ソフィーとソニエールとの間には血縁関係がないことを突き止め、彼女こそがキリストの継承者であるマリアの子孫だと語る。 墓所を出た二人の前に、老女に率いられたシオン修道会のメンバーが姿を現し、マリアの子孫が戻ってくることを長い年月待っていたと語る。 その老女はソフィーの本当の祖母であり、ソフィーは彼女たちに迎えられる。 ソフィーと別れてパリに戻ったロバートはルーヴル美術館に向かい、の前に跪く。 ルーヴル・ピラミッドの地下には、ソニエールによって運び込まれたマリアの棺が安置されていた。 監督:• 原作:• 製作:、• 製作総指揮:、• 脚本:• 撮影:• 編集:、• 美術:• 衣装デザイン:• 作曲:• 視覚効果:、 付記事項 [ ] シラス役のは企画の当初はスケジュールが合わずに出演を断念せざるを得なかったが、他の役者をオーディションしてもなかなか納得できる配役が決まらず、監督のが「ベタニーじゃないとこの難役は無理だ」と考え、無理を押してベタニーにシラス役を頼んだ。 ベタニーはシラス役を演じるにあたり色素欠乏症を特殊メイクで施すため全身の体毛を剃っている。 トム・ハンクスは天然パーマだが本作の為に若干髪の毛を伸ばした上でストレートパーマに矯正している。 またこの映画の撮影中、服に下着の線が出るのを嫌い、服の下には何も付けずに撮影を行った。 ジャック・ソニエールの死体は当初は全体像は人形で顔のアップだけマリエールを使う予定であったが、マリエールの型を取って製作された人形があまりにもリアルで出来が良かったため、死体の映像は人形ですべて撮影された。 音楽は当初はロン・ハワードと親しいが担当することになっていた。 映画のロケは2005年7月のの場面から開始された。 原作でラングドンが宿泊したのは512号室である。 映画も一部のシーンが実際の客室で撮影された。 ラングドンがヴァンドーム広場に出てくるシーンの撮影時には一般の通行を遮断した。 その撮影時には広場に100人ものスタッフで埋め尽くされた。 で撮影が行われたが、同美術館で映画の撮影が許可されたのは本作が初である。 同美術館に所蔵されている『』も登場しているが、直接照明を当てることは許可されなかったので、撮影には複製を使っている。 ウェストミンスター寺院での撮影は拒否されたため 、そのシーンはウィンチェスター大聖堂とリンカーン大聖堂で撮影された。 リー・ティービングの邸宅として登場するヴィレット城は、パリ北西約40kmの所に実在する。 2006年時点ではカリフォルニアで不動産業を営む女性オリビア・ベッカーが個人所有しており、普段は一般客の宿泊や料理教室、ウェディングパーティなどで利用されている。 ベッカーは原作者ダン・ブラウンの妻ブライズと知り合いで、夫婦は城に遊びに来たこともある。 城内でも撮影が行われたが、書斎の調度品は撮影用にほぼ入れ替えられた。 カンヌでのプレス向け試写会で鑑賞した及び批評家達には不評であり、劇中の重要なシーンでは失笑され、拍手の代わりに口笛を吹かれるほどであった。 (ラジー賞)の最悪監督賞にノミネートされたが、受賞は免れている。 記録的な興行収入を達成した一方で宗教的な理由から物議を醸しており、国によっては上映禁止措置や上映反対運動が行なわれている。 例えばでは、若者のキリスト教の信仰に悪影響を与えるという理由から、キリスト教の指導者を試写会に招いた上で上映禁止となった。 インドや中国、エジプト、イエスをキリストとして認めないイスラム教国パキスタンでも上映禁止となった。 また、(特に)指導者も強く反発している。 指導者の中には信者に対して鑑賞しないように訴える者がいる一方で、的見地からの冷静な論争の必要性を呼びかける者もいる。 では指定(18歳未満は鑑賞禁止)で公開されている。 他の国と違って上映禁止にならずR-18指定になっているのは大人は正しいこと、間違っていることを認識できるから、としている。 その後2009年にはをリリース。 Blu-ray• 総収録時間は約174分。 DVD• デラックス・コレクターズ・エディションは劇場公開版本編を収録。 UMD• テレビ放送 [ ]• 2009年5月16日 土 、21:00-23:55、にて地上波初放送された。 45分拡大。 吹替はフジテレビ版• 2010年5月1日 土 、21:00-23:40、フジテレビにて放送された。 30分拡大。 吹替はフジテレビ版• 2016年10月28日 金 、21:00-23:50、フジテレビにて4Kレストア版が放送された。 58分拡大。 吹替はソフト版• 2020年6月10日 水 、19:30-21:54、BSテレビ東京の通常チャンネルと4K局で同時放送。 約30分拡大。 (吹替はフジテレビ版) 脚注 [ ] []• 2010年4月8日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)660頁• 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

映画【ダ・ヴィンチ・コード】ネタバレ マグダラのマリアはどこに眠る

ダビンチ コード

原題: The Da Vinci Code 公開:2006年 上映時間:149分 世界中でベストセラーになっているダン・ブラウンの小説を映画化した、超大作ミステリー!トム・ハンクス主演映画では一番好きな作品です。 半年に一回は見たくなります。 知的で聡明なロバート・ラングドン教授演じるトム・ハンクスの優しい目がとにかく好きなのです。 ストーリーは宗教関係だしやたら長いので、見る人を選びますね。 「キリスト教ってなに?ダヴィンチ興味ないよ!」って人にはオススメできません。 しかも内容がややこしいというか、難しいです。 しかし少しは宗教の知識がある、芸術が好き、秘密結社とかかっこいいよね、という人ならある程度は楽しめる映画になっています。 ダヴィンチコードのあらすじ ルーヴル美術館の館内で館長であるジャック・ソニエールの射殺体が発見された。 不思議なことにその身体はダ・ヴィンチによる「ウィトルウィウス的人体図」を模した形になっていた。 店でサイン会を行っていたハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、フランスの警部に呼び出され、宗教象徴学の専門家として捜査協力を求められる。 事件に巻き込まれてしまったラングドン教授は、殺害された館長の孫と共に、事件の真相へと迫っていく…。 最後の晩餐に隠された真実 ラングドン教授と館長の孫娘は金持ち博士リーの屋敷を訪れて事件の意見を仰ぐが、そこで事件の背後に潜む恐るべき真実を知る。 それは聖書にも記される失われた聖杯を巡る確執である。 (インディージョーンズではない) 長い歴史の中で何度も繰り返され、しかし明るみに出ることなく隠された戦い。 それこそがこの事件を動かす者たちが持つ動機であるというのだ。 ダヴィンチはその真実を暗号にして、最後の晩餐という絵に残したという。 簡単に言えば、 聖書では生涯独身であったはずのイエス・キリストが、じつはマグダラにマリアと呼ばれる女性と結婚をしており、磔にされたとき、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、という真実だ。 こじつけ臭いのは置いといて。 この説にはびっくり驚かされる。 そんな事実はない!と主張するカトリック教会と、子供の存在を信じる秘密組織の戦いはずうっと前からあって、今回の殺人もその真実を抹消するためだとか。 うーん、宗教思想の違いからくる殺人って言えば簡単ですが、登場する宗教組織が多すぎて、物語はめちゃんこ複雑になってます。 ダヴィンチコードのラスト 実は! ラングドン教授と一緒に謎を解いていたルーブル美術館館長の 孫娘ソフィーが、キリストの子孫だった! そして! すべての 殺人、組織を裏で操っていたのは金持ち老人リーだった! キリストがどうとか、暗号解読は置いといて。 ラスボスが金持ち老人というの驚きました!あんなに協力してくれたのに!仲間だと思っていたのに! ラストの真犯人には本当にびっくりしました! ダヴィンチコードの感想• 詰め込み過ぎですよね、そうですよね。 分厚い文庫本小説を、2時間映画に収めようと言うのは無理な話です。 小説を映画化すると、どうしても端折らなくちゃいけない部分が出てきてしまうわけで。 でも端折ってしまうと見ている人を置いてけぼりにしてしまう、難しくてツマラナイ映画になる可能性が出て来てしまいますよね。 本作「ダ・ヴィンチ・コード」も多くの観客を置いてけぼりにしていると思います。 特にカトリックについて知識がない人。 なんのこっちゃ状態でしょう。 幸い私は小中高校とカトリック系の学校に通っていたので、ある程度は理解できましたけど。 それでもシオン修道会とか、十字軍とかなんのこっちゃでした。 3回見てようやく全容を掴めた感じです。 しかし、逆にキリスト教を知っている人からすると、「イエスに子供がいた」というラストはありえない!おかしい!となるでしょうね。 ローマ教会(カトリック教会)は イエス・キリストを冒涜した映画だとして、ボイコットを呼びかけましたし。 宗教は知っているけど信者じゃない私は、「キリストに子供がいたとか、よくこじつけたな」と 関心しましたけどね。 普通に楽しめましたけど。 原作を読むか、勉強するかしないと「ダ・ヴィンチ・コード」をめいいっぱい楽しむのは難しいと思います。 この映画が好きだ! 内容は難しいし、展開は早すぎるし、映画としては優しくない部類に入る「ダ・ヴィンチ・コード」ですが、私は好きです。 トム・ハンクスが好きというのも理由の一つですが。 ルーブル美術館をキャストが走り回ったり、有名な美術品や建造物を見ることができる、というのも本作が好きな理由の一つです。 あー、私もルーブル美術館に行きたいなー。 あのガラスのピラミッド前で膝をついて、教授みたいに空を見上げたいなー。 それから! 映画の音楽も素敵なんですよ。 かっこいいんですよ。 さすがハンス・ジマーですね。 サントラ欲しくなっちゃいます。 ダヴィンチコードのキャスト(声優) 監督 ロン・ハワード キャスト トム・ハンクス 江原正士 オドレイ・トトゥ 安藤麻吹 イアン・マッケラン 坂口芳貞 アルフレッド・モリナ 原康義 まとめ 原作含め学術的にはフィクション作品として扱われることが多い「ダ・ヴィンチ・コード」見るか見ないかはあなた次第! ちなみに実話ではありません。 (だからカトリック教会が怒ったんですね).

次の

ダ・ヴィンチ・コード : 作品情報

ダビンチ コード

の小説『』を原作とする。 監督は、主演は、他にやなどフランス人有名俳優も出演。 5月20日より全世界で同時公開された。 日本では系で全国公開。 またでオープニング作品として上映された。 上映時間2時間29分。 言語はと。 原作で著者は「 この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。 」と述べ、映画の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、の婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はない。 現在も研究は続いているものの、の構築すら困難を極めるほどに史料が根本的に不足しており、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるため、原作含め学術的にはフィクション作品として扱われることが多い。 はを冒涜したものだとして、を呼びかけた。 ストーリー [ ] の館内で館長であるジャック・ソニエールの射殺体が発見された。 不思議なことにその身体はによる「」を模した形になっていた。 さらに奇妙な事はそれがソニエール自身の意思によるものであることだった。 パリで講演を行い、書店でサイン会を行っていたのロバート・ラングドン教授は、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、宗教象徴学の専門家として捜査協力を求められる。 ロバートとソニエールは面識があり、事件の当日突然連絡をしてきた彼と会う約束をしていたものの、約束の場に現れなかった。 ロバートはすぐさま警部と共にルーヴルを訪れ現場の検証を行うが、ソニエールの意図は掴めない。 困惑するロバートの前に現れた暗号解読官のソフィー・ヌヴーは、彼の身に危険が迫っていると告げる。 彼女は、現場にソニエールの手によりロバートの名が残されており、すでにこの殺人の容疑者としてファーシュが逮捕する気であることを説明した。 しかしソフィーによればソニエールは自分の祖父であり、現場に残っていたのは「ロバート・ラングトンを探し出して彼に託せ」という意味であるという。 ロバートは今一度ソニエールが床に残したメッセージを見直し、そこからダ・ヴィンチの名と、絵の裏に隠された鍵を発見する。 この鍵こそ、ソニエールが狙われた理由であり、二人に残した遺志に違いないが、その正体を見極める前にファーシュの手に落ちれば彼の死は無駄になり、濡れ衣を晴らすことも難しくなる。 ロバートとソフィーは警察の目を逃れてルーヴルを抜け出すことに成功するが、ファーシュの疑念はいっそう深くなり、追及の手も厳しさを増してしまう。 ロバートは旧友であるリー・ティービングの屋敷を訪れて意見を仰ぐが、そこで事件の背後に潜む恐るべき物語の示唆を受ける。 それは聖書にも記される失われた、を巡る確執である。 長い歴史の中で何度も繰り返され、しかし明るみに出ることなく隠された戦い。 それこそがこの事件を動かす者たちが持つ動機であるというのだ。 そしてダ・ヴィンチもまた、作品を通じて暗号(コード)を残し、それにはキリスト教の歴史を根底から覆す意味が隠されているという。 それが著名な壁画「」だ。 聖書では生涯を独身で終えたはずのだが、実はと呼ばれる女性と結婚をしており、その女性とはのことであった。 そして磔にされたとき、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、とにわかには信じられない説をリーは語る。 キリストの死後、マリアは女児を生み、その女児はキリストの継承者となったが、男性を権威の根源とするカトリック教会は彼女の存在を否定し、キリストの血を絶つためにを行った。 その後、マリアの遺体と彼女の子孫はによって秘匿されたという。 ロバートは、聖杯の正体はキリストの継承者であるマリアの子孫だと確信するが、そこにカトリック教会と手を組むの殺し屋シラスが現れ、聖杯の暗号(クリプトロジー)を奪おうとする。 シラスはリーに倒され、ロバートたちは駆け付けた警察から逃れるため、聖杯が存在するに向かう。 一方、ファーシュはオプス・デイのアリンガローサ司教と連絡を取り、ロバートたちを追って渡英する。 ロンドンに到着したロバートたちは、聖杯が眠る可能性があるの墓所に向かうが、そこには聖杯はなかった。 拘束を解いたシラスが逃げ出し、さらにリーのであるルュガルデが裏切り、彼を人質にして逃走する。 ロバートとソフィーは聖杯を探すため、暗号を手掛かりにシオン修道会総長だったの墓所に向かう。 しかし、そこには連れ去られたリーが待ち伏せしており、彼こそが一連の事件の黒幕だったことを告白する。 リーは、シオン修道会が「新世紀を迎えた時にキリストの継承者の存在を公表する」という方針を反故にしたことに反発し、オプス・デイを利用して聖杯の在処を暴き出そうと企んでいた。 リーはソフィーを人質にして、ロバートにダヴィンチの暗号を解くように命令するが、彼はそれを拒否してクリプトロジーを放り投げてしまう。 床に落ちたクリプトロジーは壊れて聖杯の在処は分からないままとなり、リーは駆け付けたファーシュに逮捕される。 リーはクリプトロジーを破壊したロバートを責め立てるが、彼の表情から、彼が聖杯の在処を突き止めたことを知って狂喜しながら連行されていく。 ロバートとソフィーは聖杯の眠る墓所に向かうが、そこには既にマリアの棺はなかった。 しかし、そこにはシオン修道会が残した大量の史料があり、その中にはソニエールの物もあった。 ロバートはその中から、ソフィーの家族が事故死した新聞記事を見付け出すが、記事には「家族全員が死亡」とあり、さらに一家の名前もソフィーとは異なっていた。 ロバートは、ソフィーとソニエールとの間には血縁関係がないことを突き止め、彼女こそがキリストの継承者であるマリアの子孫だと語る。 墓所を出た二人の前に、老女に率いられたシオン修道会のメンバーが姿を現し、マリアの子孫が戻ってくることを長い年月待っていたと語る。 その老女はソフィーの本当の祖母であり、ソフィーは彼女たちに迎えられる。 ソフィーと別れてパリに戻ったロバートはルーヴル美術館に向かい、の前に跪く。 ルーヴル・ピラミッドの地下には、ソニエールによって運び込まれたマリアの棺が安置されていた。 監督:• 原作:• 製作:、• 製作総指揮:、• 脚本:• 撮影:• 編集:、• 美術:• 衣装デザイン:• 作曲:• 視覚効果:、 付記事項 [ ] シラス役のは企画の当初はスケジュールが合わずに出演を断念せざるを得なかったが、他の役者をオーディションしてもなかなか納得できる配役が決まらず、監督のが「ベタニーじゃないとこの難役は無理だ」と考え、無理を押してベタニーにシラス役を頼んだ。 ベタニーはシラス役を演じるにあたり色素欠乏症を特殊メイクで施すため全身の体毛を剃っている。 トム・ハンクスは天然パーマだが本作の為に若干髪の毛を伸ばした上でストレートパーマに矯正している。 またこの映画の撮影中、服に下着の線が出るのを嫌い、服の下には何も付けずに撮影を行った。 ジャック・ソニエールの死体は当初は全体像は人形で顔のアップだけマリエールを使う予定であったが、マリエールの型を取って製作された人形があまりにもリアルで出来が良かったため、死体の映像は人形ですべて撮影された。 音楽は当初はロン・ハワードと親しいが担当することになっていた。 映画のロケは2005年7月のの場面から開始された。 原作でラングドンが宿泊したのは512号室である。 映画も一部のシーンが実際の客室で撮影された。 ラングドンがヴァンドーム広場に出てくるシーンの撮影時には一般の通行を遮断した。 その撮影時には広場に100人ものスタッフで埋め尽くされた。 で撮影が行われたが、同美術館で映画の撮影が許可されたのは本作が初である。 同美術館に所蔵されている『』も登場しているが、直接照明を当てることは許可されなかったので、撮影には複製を使っている。 ウェストミンスター寺院での撮影は拒否されたため 、そのシーンはウィンチェスター大聖堂とリンカーン大聖堂で撮影された。 リー・ティービングの邸宅として登場するヴィレット城は、パリ北西約40kmの所に実在する。 2006年時点ではカリフォルニアで不動産業を営む女性オリビア・ベッカーが個人所有しており、普段は一般客の宿泊や料理教室、ウェディングパーティなどで利用されている。 ベッカーは原作者ダン・ブラウンの妻ブライズと知り合いで、夫婦は城に遊びに来たこともある。 城内でも撮影が行われたが、書斎の調度品は撮影用にほぼ入れ替えられた。 カンヌでのプレス向け試写会で鑑賞した及び批評家達には不評であり、劇中の重要なシーンでは失笑され、拍手の代わりに口笛を吹かれるほどであった。 (ラジー賞)の最悪監督賞にノミネートされたが、受賞は免れている。 記録的な興行収入を達成した一方で宗教的な理由から物議を醸しており、国によっては上映禁止措置や上映反対運動が行なわれている。 例えばでは、若者のキリスト教の信仰に悪影響を与えるという理由から、キリスト教の指導者を試写会に招いた上で上映禁止となった。 インドや中国、エジプト、イエスをキリストとして認めないイスラム教国パキスタンでも上映禁止となった。 また、(特に)指導者も強く反発している。 指導者の中には信者に対して鑑賞しないように訴える者がいる一方で、的見地からの冷静な論争の必要性を呼びかける者もいる。 では指定(18歳未満は鑑賞禁止)で公開されている。 他の国と違って上映禁止にならずR-18指定になっているのは大人は正しいこと、間違っていることを認識できるから、としている。 その後2009年にはをリリース。 Blu-ray• 総収録時間は約174分。 DVD• デラックス・コレクターズ・エディションは劇場公開版本編を収録。 UMD• テレビ放送 [ ]• 2009年5月16日 土 、21:00-23:55、にて地上波初放送された。 45分拡大。 吹替はフジテレビ版• 2010年5月1日 土 、21:00-23:40、フジテレビにて放送された。 30分拡大。 吹替はフジテレビ版• 2016年10月28日 金 、21:00-23:50、フジテレビにて4Kレストア版が放送された。 58分拡大。 吹替はソフト版• 2020年6月10日 水 、19:30-21:54、BSテレビ東京の通常チャンネルと4K局で同時放送。 約30分拡大。 (吹替はフジテレビ版) 脚注 [ ] []• 2010年4月8日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)660頁• 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 「「ダ・ヴィンチ・コード」解剖学 PART2 10大名所で原作のウソを発見! 」『』第10巻第8号、、2006年6月、 pp. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の