最後の切り札 パーティ。 【ブレスロ】ギーシュの評価|おすすめのアクセサリと刻印【ブレイドエクスロード】

【ドッカンバトル】最強パーティランキング【最新版】

最後の切り札 パーティ

速い……速すぎる! ギリッと魔王は歯を噛み鳴らした。 ベルトとメイルの速度。 魔王の動体視力を持っても、線が走っているようにしか見えない。 「けれども、やらせはしませんよ」 迫ってくるベルトの攻撃を魔法壁で防御する。 ベルトの一撃は弾かれる。 だが、それと同時に防御壁も砕け散った。 「くっ、並の魔道師の全魔力分を一撃で持っていくか!」 魔王の魔力は無尽蔵に等しい。 だが、死線の攻防による体力の消費は膨大だ。 攻撃の一瞬、動きを止めたベルトの顔に疲労はない。 「……ベルトはともかく、聖女にまで疲労がないのは、 何か ・・しているのか?」 しかし、その思考はベルトの次弾で掻き消される。 ギリギリで防御壁が間に合った。 「だが、ここだ!」 魔王のカウンター。 濃厚な魔力が刃となり、動きを止めたベルトに襲い掛かる。 ベルトの腕に抱かれている聖女……メイルの方だ。 その攻撃は直撃したかのように見えた。 しかし、それは残像。 次の瞬間には消え去り、ベルトの高速移動が再び魔王を狙う。 頬だけではない。 僅かながら、複数箇所にかすり傷と言えるダメージ。 だが、それがまずい。 呪詛喰いと呼ぶだけあって、ベルトは魔族が使う『呪詛』に身に着けている。 ベルトがつけた傷から力が抜け落ちていく感覚が魔王を襲う。 勇者の肉体を操るための呪詛の力。 それがダメージを受けるたびに減少しているのだ。 (このままだと……ジリ貧ですね。 ならば……今、ここで最後の切り札をきらせてもらいます) 魔王の目に線が走る。 ベルトが最後の攻撃と向ってきたのだ。 そのタイミングで「来い!」と魔王が叫ぶ。 その声はベルトに向って行った言葉ではない。 「来い! 魔獣将軍ラインハルトぉぉぉぉぉ!!」 そして、ソイツは魔王の声よりも早く行動を開始していた。 呪詛喰い状態のベルトは、その一撃一撃が必殺と言ってもいいほどの威力を秘めている。 それを正面で受けたラインハルト。 まるで剣による袈裟斬りをうけたように肩から反対側の腰へ線が走りぬけ、血が吹き出る。 「すまぬ。 お前の忠義を信じ、お前を蔑ろにしていた」 「私には主の考えは分かりませぬ。 それゆえ信じる事しかできぬもどかしさ……しかし、今となってはわかります」 そういうと、様子を窺っていたベルトに歩を進める。 『呪詛』を利用した禁忌の魔法。 しかし、それが引き金となり、死者蘇生が完成する。 黒い靄は消滅した頃、ベルトも動きを止めてソレを見た。

次の

【ドッカンバトル】LR変身ベジットブルー(究極無敵の合体)のテンプレパーティ&おすすめサブ!

最後の切り札 パーティ

PV名:サラサランドのプリンセス ルイージがワリオ、ワルイージと1対2で戦っている。 そして状況はというとルイージが劣勢でありいよいよ吹っ飛ばされそう・・・ その時、ワルイージに向かって5発の光弾が放たれた。 そしてルイージに1UPキノコが何処かから降ってきた。 その瞬間、ルイージの前にフラワーキャノンを構えたデイジーが立ちはだかる。 「デイジー参戦!!」 その後デイジーはルイージと協力。 ワリオとワルイージを吹っ飛ばしたり、マリオとピーチのコンビを相手に戦ったりする。 (ルイージとデイジーの恋愛関係、デイジーのお転婆な性格が伝わる内容) ワリオとワルイージに逆転勝利をおさめ、タイトルが出る。 その後マリオ、ルイージ、ピーチ、デイジーの4人で集まってわちゃわちゃ話し合う。 サラサ・ランドの姫。 性格は明るく活発で、行動派。 感情表現がいたって明確で、時折ワガママな行動で周囲を困らせることがある。 「マリオストライカーズ」では負けると彼女の怒りによって周囲を怯えさせたりしている。 しかし面倒見の良い姉御肌のため評判はよい。 「マリオパーティ4」まではややおしとやかな立ち振る舞いをしており、無邪気で茶目っ気のある性格だったが、ピーチとの区別化によって現在の勝気でやや生意気な性格に至っている。 スポーツ作品では能力は作品によって若干異なる。 作品によっては力が強かったり普通だったり、足が速かったり遅かったりすることもある。 基本的には「テクニックは高いがピーチより劣り、その分パワーが強いので能力のバランスが良い」ことが多い。 今のところピーチの別カラーとしてカラーリングのみの登場だが、最近は本人の参戦を望んでいる者が多い。 大部分はWikipediaから デイジーの性能• デイジーの特性• ピーチのモデル替えキャラクターだが、明るく活発な性格ゆえに力強い技を多く持つ。 デイジーの出現方法• 最初から使える。 パワーバランス基準 攻撃の威力 攻撃の早さ 攻撃のリーチ 攻撃のスキ つかみ、間合い 歩く速さ 走る速さ 地上ジャンプ力 総合的な空中ジャンプ力 空中横移動の早さ 落下速度の速さ ふっとびにくさ 復帰力 特殊能力の数 飛び道具の総合的な性能 5 5 5 5 5 5 5 4 5 5 4 4 2 3 3 長所と短所 デイジーは砂漠の国「サラサ・ランド」のお姫様なんだから、砂や岩など大地に関係のある魔法を使って戦うっていうのはどうかな? あと、スマブラに参戦するにあたり、デイジーの基本能力を考えて見ました。 ざっと、こんな感じです。 また、これは個人的な要望なので、実現する可能性は低いですが、もし可能であれば、「日本語のCVは、悠木碧さんが担当」して欲しいです。 「折角だから、パルテナ様やピットとのトークに割り込んでしまえ」と、この様な案を考えました。 -- ヨコ 2015-01-29 20:23:55• 下スマッシュ攻撃…自分の周りの地面から砂塵を突き上げる様に出す。 ダッシュ攻撃…自分の前(進行方向)に腕を出し、手先からは球状の砂魔法を出す。 横必殺ワザ…小さな竜巻を横方向に飛ばす。 竜巻は一定の距離を進むと消える。 下必殺ワザ…自分が今いる場所にアリ地獄のトラップを設置する。 誰かが踏み入れると、自動的にトラップが発動。 踏み入れた者をしばらく動けなくする。 下必殺ワザのトラップはステージに一箇所だけ設置でき、新しく別の場所に設置すると、前に設置したトラップはステージから消える。 また、設置後しばらく時間が経つと、誰かが引っ掛からなくてもステージから消える。 私は、デイジーガーデンというワザの名を聞いて、ピーチブラッサムを思い出しました。 「もしかしたら、デイジーは能力変化系のダンスワザをやるかも知れない。 」と考えたからです。 ピーチブラッサムは、相手ファイター全員を眠らせ、ステージに大きな桃の実を3個出現させます。 では、「デイジーガーデンには、どの様な効果があるのか?」を考えてみました。 案:ステージに満遍なく花を咲かせ、それらの花に触れた相手ファイターに様々な状態異常を引き起こす。 状態異常の一例は、• 頭に花が咲き、しばらくの間ダメージを受け続ける。 フラフラや眠り等、身動きが取れなくなる。 動きが遅くなり、ふっとばされやすくなる。 コメント• 参戦してくれて嬉しい! -- 名無し 2018-10-21 18:57:53• デイジー大好きだからファイターで出てくれて嬉しい!絶対に使います! -- オタクな名無しさん 2018-10-27 18:04:55• 切り札もamiiboもすごく可愛い、使うのが楽しみ -- 名無しさん 2018-11-13 19:29:34• デイジーにビンタされて~ -- M 2018-11-29 18:02:12• ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ バッチィーン -- M 2018-11-29 18:03:38• ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッ ビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッバシッビシッ バッチィ~~~~~~~~~~ン 100発ビンタwww -- M 2018-11-29 18:08:31• デイジーが参戦して本当に嬉しい! -- 亜衣 2019-07-31 23:39:45• 次回作ではダッシュファイターではなくファイターとして参戦してほしい! -- 名無しさん 2019-11-30 18:01:18• 次回作ではデイジーはダッシュファイターではなくファイターで出して下さい! -- 名無し 2019-12-01 14:20:09 名前: コメント:.

次の

【ドッカンバトル】「最後の切り札」のおすすめキャラとパーティー編成

最後の切り札 パーティ

速い……速すぎる! ギリッと魔王は歯を噛み鳴らした。 ベルトとメイルの速度。 魔王の動体視力を持っても、線が走っているようにしか見えない。 「けれども、やらせはしませんよ」 迫ってくるベルトの攻撃を魔法壁で防御する。 ベルトの一撃は弾かれる。 だが、それと同時に防御壁も砕け散った。 「くっ、並の魔道師の全魔力分を一撃で持っていくか!」 魔王の魔力は無尽蔵に等しい。 だが、死線の攻防による体力の消費は膨大だ。 攻撃の一瞬、動きを止めたベルトの顔に疲労はない。 「……ベルトはともかく、聖女にまで疲労がないのは、何か しているのか?」 しかし、その思考はベルトの次弾で掻き消される。 ギリギリで防御壁が間に合った。 「だが、ここだ!」 魔王のカウンター。 濃厚な魔力が刃となり、動きを止めたベルトに襲い掛かる。 ベルトの腕に抱かれている聖女……メイルの方だ。 その攻撃は直撃したかのように見えた。 しかし、それは残像。 次の瞬間には消え去り、ベルトの高速移動が再び魔王を狙う。 頬だけではない。 僅かながら、複数箇所にかすり傷と言えるダメージ。 だが、それがまずい。 呪詛喰いと呼ぶだけあって、ベルトは魔族が使う『呪詛』に身に着けている。 ベルトがつけた傷から力が抜け落ちていく感覚が魔王を襲う。 勇者の肉体を操るための呪詛の力。 それがダメージを受けるたびに減少しているのだ。 (このままだと……ジリ貧ですね。 ならば……今、ここで最後の切り札をきらせてもらいます) 魔王の目に線が走る。 ベルトが最後の攻撃と向ってきたのだ。 そのタイミングで「来い!」と魔王が叫ぶ。 その声はベルトに向って行った言葉ではない。 「来い! 魔獣将軍ラインハルトぉぉぉぉぉ!!」 そして、ソイツは魔王の声よりも早く行動を開始していた。 呪詛喰い状態のベルトは、その一撃一撃が必殺と言ってもいいほどの威力を秘めている。 それを正面で受けたラインハルト。 まるで剣による袈裟斬りをうけたように肩から反対側の腰へ線が走りぬけ、血が吹き出る。 「すまぬ。 お前の忠義を信じ、お前を蔑ろにしていた」 「私には主の考えは分かりませぬ。 それゆえ信じる事しかできぬもどかしさ……しかし、今となってはわかります」 そういうと、様子を窺っていたベルトに歩を進める。 『呪詛』を利用した禁忌の魔法。 しかし、それが引き金となり、死者蘇生が完成する。 黒い靄は消滅した頃、ベルトも動きを止めてソレを見た。

次の