東京 都 小池 百合子 会見。 「感染爆発の重大局面」東京都 小池知事会見【冒頭発言全文】

小池知事「知事の部屋」 / 記者会見(令和2年4月)|東京都

東京 都 小池 百合子 会見

新型コロナウイルスの爆発的患者急増を回避するために東京など首都圏の都県が不要不急の外出、都内への移動の自粛を要請している週末を控えた27日、小池百合子都知事は新たに40人の感染が都内で確認されたことを明らかにし、首都圏の住民らに協力を求めた。 3日連続で40人規模の感染が確認された状況が国の緊急事態宣言に相当するかは「ぎりぎりの段階ではないか」との認識を示し、「海外のような医療崩壊がないように対策を準備したい」と語った。 都内では感染者が25日に41人、26日に47人確認されており、感染経路不明のケースが急増。 小池知事は定例記者会見で「爆発的増加がまさに今、発生しているか否かという重要な局面を迎えている」と危機感を表明した。 一方、自粛要請は生活必需品を買うための外出は制限しないとし、都民らに冷静な対応を求めた。 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令された場合に公共交通機関の利用が制限される可能性については「非常に影響が大きく、慎重な判断が必要になってくる」との認識を示した。 会見に先立ち、対策本部会議を開催。 国による緊急事態宣言が可能になったことを受け、都から国に運用方法の検討や、結果の情報提供を求めていることが報告された。 来週以降も平日はできるだけ在宅勤務することや、夜間や週末の不要不急の外出自粛を求める要請内容を再確認した。 この週末に東京都との往来を見合わせるように求める動きは27日も全国で進んだ。 福島、茨城、愛知、富山、大阪、鳥取、島根の7府県が不要不急の東京都への移動や往来の自粛を県民に要請するなどした。

次の

小池百合子都知事の同居男性 都の業務委託企業トップと不動産取引

東京 都 小池 百合子 会見

新型コロナウイルスの爆発的患者急増を回避するために東京など首都圏の都県が不要不急の外出、都内への移動の自粛を要請している週末を控えた27日、小池百合子都知事は新たに40人の感染が都内で確認されたことを明らかにし、首都圏の住民らに協力を求めた。 3日連続で40人規模の感染が確認された状況が国の緊急事態宣言に相当するかは「ぎりぎりの段階ではないか」との認識を示し、「海外のような医療崩壊がないように対策を準備したい」と語った。 都内では感染者が25日に41人、26日に47人確認されており、感染経路不明のケースが急増。 小池知事は定例記者会見で「爆発的増加がまさに今、発生しているか否かという重要な局面を迎えている」と危機感を表明した。 一方、自粛要請は生活必需品を買うための外出は制限しないとし、都民らに冷静な対応を求めた。 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令された場合に公共交通機関の利用が制限される可能性については「非常に影響が大きく、慎重な判断が必要になってくる」との認識を示した。 会見に先立ち、対策本部会議を開催。 国による緊急事態宣言が可能になったことを受け、都から国に運用方法の検討や、結果の情報提供を求めていることが報告された。 来週以降も平日はできるだけ在宅勤務することや、夜間や週末の不要不急の外出自粛を求める要請内容を再確認した。 この週末に東京都との往来を見合わせるように求める動きは27日も全国で進んだ。 福島、茨城、愛知、富山、大阪、鳥取、島根の7府県が不要不急の東京都への移動や往来の自粛を県民に要請するなどした。

次の

「感染爆発の重大局面」東京都 小池知事会見【冒頭発言全文】

東京 都 小池 百合子 会見

東京都の小池百合子知事(67)は29日、定例記者会見を行い、最後の質問の直前に口紅を塗っていないことに気付く一幕があった。 この日の会見にマスクなしで臨んだ小池氏は、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言解除後、3段階で実施する休業要請の緩和措置を現在の第1段階から第2段階へ6月1日午前0時に移行すると発表した。 約50分にわたる会見の終盤で休業要請の緩和について答えるなかで「ひょっとして、関係ないけど、私、口紅忘れてる?」と報道陣に問いかけ、唇に手を当てて「え、え、忘れてる?そうですか。 いやいやいや」と照れ笑い。 続けて「まあ、じゃあ、ええ、すいません、もうこのところ全然しないんですよね、関係ないですけどね。 化粧品も売れないとかって聞きましたけども」と、つぶやいて最後の質問を促した。 この後には、久々にマスクを外しての会見で、心境の変化があったのか問われると「特にありませんけれども、2メーター以上離れてらっしゃるし」と、特に意識はせず臨んだことを明かし、ソーシャルディスタンスの心掛けについて「私はすごいと思うんですよ。 ほかの国においては物差しとか、それから、こんな自分で輪っかみたいなのをかぶって、ここから近寄るなみたいなおじさんがいたりとか…。 日本社会は、なんて言うんですかね、絶妙な距離感っていうか。 あれはわざわざ印付けなくてもみんな守ってる。 それはもうすごいというふうに思います」とこれまでの取り組みを称賛して会見を締めくくった。 小池氏が口紅を塗っていなかったことにSNSなどでは「照れ笑い可愛い」「お疲れ様です」「親近感がわいた」「つけ忘れ、わかる」などねぎらう声が寄せられていた。

次の