エースバーン ラム - 竜王戦予選最終10位使用構築

ラム エースバーン 【S13最終2061

【剣盾S7 最終188位】襷蜻蛉エスバ軸 ギャラミトムドラパ【シングル構築記事】

ラム エースバーン 【ポケモン剣盾】エースバーンに後出しから受けられるポケモンって何がいる?

ラム エースバーン エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

ラム エースバーン 【剣盾S2】最終471位達成構築エースバーンで燃やしつくせ!(レート2022)

ラム エースバーン 【剣盾S7 最終188位】襷蜻蛉エスバ軸

【ポケモン剣盾】エースバーンに後出しから受けられるポケモンって何がいる?

ラム エースバーン 竜王戦予選最終10位使用構築

エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

ラム エースバーン 【S5使用構築】 脱兎ドラパカビミミ【最終2176(9位)】

ラム エースバーン 竜王戦予選最終10位使用構築

【剣盾S2】最終471位達成構築エースバーンで燃やしつくせ!(レート2022)

ラム エースバーン 【剣盾S7 最終188位】襷蜻蛉エスバ軸

ラム エースバーン エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

【剣盾】【キャラ】なあ…リベロエースバーンヤバそうだけどこいつどうしたらいいの!?w

エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

ドラパを通すか、 ミトムを絡めて短めのサイクルを回してエスバやギャラを通す筋を作っていく。

  • S7環境ではリベロエースバーンが圧倒的に強く、相手もそれなりの対策を用意してくるのではと考え、それらの対策を非DMの襷蜻蛉エースバーンで往なすことで 相手のDMを無駄撃ちさせたり、 裏のDMエースが通りやすい状況を作ったりといった動きを可能にする構築を目指しました。

  • あまり望ましい崩し筋ではありませんが、今期はアーマーガアなどの浮いているポケモンを絡めた受け選出をされることが比較的少なく、地割れは良く刺さったように思えます。

  • 膝を切っている為バンギが重たいですがそれをカバーする構築となっています。

【ポケモン剣盾】エースバーンに後出しから受けられるポケモンって何がいる?

ここまで相手のサンダーやグのあくびステロ展開やポリ2がきつかったのでそれらに有利展開を作れる を採用。

  • エスバ・ミトムでの対面処理や、 DMギャラドスで無理やりブチ抜く試合が多かったように思える。

  • 実は今期はバトルデータベース見ないようにしてたので、終わってみるまでレートわかりませんでした笑。

  • 主に通して行くメインエースとして、相手のエースバーンと対等以上に殴り合えて高い制圧力・切り返し能力を持つ 耐久調整自信過剰ギャラドスを採用。

竜王戦予選最終10位使用構築

ストライカーだけあってみみっちい事は嫌いなのだろうか?不意打ちはするけど。

  • 最終日二桁での勝ち試合の半分くらいこいつで相手をぼこしていたので構築のMVP。

  • (すばやさ120)などにギリギリ届かないところが惜しいが、それでもほのおタイプ全体では3番目(1位が特殊条件下のなので)に速い。

  • 結果 最終84位2061 TNゆうき 最終125位2031 TNソード 軸の動き方は良かったけど、重いが多すぎました。

【S5使用構築】 脱兎ドラパカビミミ【最終2176(9位)】

使用率の首位は一旦に譲るものの、すぐさま追い抜き使用率トップに戻る。

  • 選出 サンダー 一番パワーが出る。

  • エネルギーを2枚トラッシュする代わりに190ダメージを与えられる「フレアストライカー」• バトルの際はその「」を鋭くシュートして叩き込む攻撃を得意とし、蹴り込む時もをかけて相手のタイミングをずらしたり、ボールに回転を加え避けづらい攻撃にしたりと、攻守に優れた華麗な足さばきで相手を翻弄する。

  • そのほかどのように出そうとある程度のは取れるので相手の構築によって選出する駒を柔軟に決めていた。

【剣盾S7 最終188位】襷蜻蛉エスバ軸 ギャラミトムドラパ【シングル構築記事】

サンダーであらしたりをいなしてやサンダーを通す。

  • 相手がめちゃくちゃプレミしてくれて一回だけ勝てた。

  • 本当はこの枠には初手エスバの蜻蛉展開を有効に生かせる再生持ちの受けポケモンを採用したかったのですが、上手く合うポケモンが見つからず、やむなく サイクルを熟しつつ展開構築的な動きができるオッカステロナットレイになりました。

  • エースバーンと攻撃面での相性がよく、崩しにもサイクルパーツにもなれて個人的に使い慣れている ウォッシュロトムを採用。

ビルドエースバーン調整メモ|Ramune Hazuki|note

今期はアマガピクシーが少なかったので気にしていなかったが、恐らくこの構築ではアマガピクシーに勝つ術がない。

  • エースバーンの蜻蛉返り展開からの詰め筋が、結局「こちらのDMエースを通す」のみになっているため、高速再生技持ちを組み込んで DM枯らしの最適化+ 崩し筋をDMに頼る構築に対して受けポケモンで詰ませるような動きができるようにするともっと上手く回るようになるのではと考えています。

  • エースバーンのが、耐久無振りのに対して 確定一発なのである。

  • また、採用率が高い技に命中安定の技が少なく、更に大半がPPが5しかないという割と小さくない欠点がある(かえんボール、とびひざげり:命中90、とびはねる:命中85)。




2021 cdn.snowboardermag.com