アビガン 中国。 コロナ治療に期待の「アビガン」、原材料の調達難の懸念も…中国が後発薬を生産開始

期待高まる「アビガン」 新型コロナ治療薬|医療ニュース トピックス|時事メディカル

アビガン 中国

その一つとして期待を集めているのが、富士フイルムホールディングスが生産する抗インフルエンザ薬の「 アビガン」だ。 新型コロナウイルスの特効薬がないなか、国内では患者にアビガンを投与し、症状が改善したことが報告されている。 富士フイルムはアビガンを増産し、内外の需要に対応しようと体制を整えている。 それは、ヘルスケア企業として成長を目指してきた同社の戦略の有効性を確認する良い事例といえるだろう。 同時に、コロナショックの発生とともに、富士フイルムは中国依存のリスクに直面している。 これは、他の企業にも当てはまる問題だ。 さらに、アビガンの物質特許が切れ、中国では後発薬(ジェネリック医薬品)の生産が進み、富士フイルムが一段と熾烈な競争に直面する可能性も高まっている。 また、感染の影響が長引き、サプライチェーンの混乱に拍車がかかることもあるだろう。 富士フイルムには、さらなる成長を追求しつつ、サプライチェーンを中心により安定した事業体制を目指すことが求められる。 ヘルスケア分野で成長を目指す富士フイルム 近年、富士フイルムはヘルスケア分野での成長を重視し、関連分野に経営資源を再配分している。 2018年度の富士フイルムの売上高を事業セグメント別にみると、ヘルスケア関連の割合が43%と他の2セグメント(写真や映像関連:15%、プリンターをはじめとするオフィス向けソリューション関連:41%)を上回っている。 富士フイルムは、自社が培ってきた画像処理技術を生かしつつ、買収を通して成長に必要な要素を取り込んできた。 その特徴は、ヘルスケア事業領域の収益源の分散が重視されていることだ。 電子カルテなどのITソリューション、X線画像診断や内視鏡などに加え、化粧品、医薬品、ペット関連と、同社のヘルスケア分野のすそ野は広い。 医薬品分野において富士フイルムは、抗ウイルス薬やワクチンの開発を重視しているとみられる。 2008年、富士フイルムは感染症治療薬で強みを持つ富山化学工業(当時)の株式の66%を約1300億円で取得し、医薬品事業に参入した。 また、2014年に同社はワクチン製造などを手掛ける米国企業を買収した。 その上で、2018年に富士フイルムは700億円程度で大正製薬ホールディングスから富山化学の残りの株式を取得し、完全子会社とした。 また、昨年12月、富士フイルムは日立製作所から画像診断関連の事業を約1790億円で買収した。

次の

アビガンの力を中国政府は認めた│気になる情報

アビガン 中国

新型コロナ感染症の治療薬候補として世界各国の注目を集める「アビガン」(写真:富士フイルム) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で蔓延するなか、富士フイルム富山化学が開発した抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」が注目を浴びている。 安倍晋三首相が記者会見で名指ししてアピールした薬剤で、新型コロナウイルスへの治療薬として期待が高まっている。 だが開発の経緯を子細にたどると、実際の治療で使われるためには、越えなければならない高いハードルがある。 菅官房長官は4月3日の記者会見で、アビガンを希望する各国に無償提供する方針を明らかにした。 現時点で約30カ国から提供要請があるという。 アビガンが注目されたきっかけは、実際に新型コロナに感染した患者に使用した中国の試験で、効果がみられたからだ。 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢市の武漢大学中南病院では、患者を「アビガン(中国では後発品のファビピラビル)」を投与したグループ(116人)と、ウイルスの侵入を阻害する薬剤である「アルビドールを投与したグループ(120人)の2つに分け、効果を比較した。 その結果、回復率はアビガン投与群が「71. 4%」、アルビドール投与群は「55. 9%」と差がみられた。 さらに、深圳第三人民病院では、アビガンを投与したグループ(35人)と、新型コロナにも効き目があるとみられている抗HIV薬の「カレトラ」を投与したグループ(45人)に分けて比較したところ、新型コロナウイルスが消失した期間は、アビガン投与群が「4日」、カレトラ群「11日」だった。 胸部画像による改善率では、アビガン群「91. 4%」、カレトラ群「62. 2%」と、アビガンが効果を示した。 2つの試験は3月に論文として公表されたが、後者は今月に入って取り下げられたことがわかっている。 その理由は不明だ。 効果が確認されればコロナ治療薬になりうる いまだ有望な治療薬もワクチンも見つかっていないなかで、もし効果が確認されれば、貴重な薬剤となる。 日本でも臨床試験が始まったが、中国でもさらなる臨床試験が行われている。 安倍首相は2月29日の記者会見で、「アビガンを含む3つの薬について、新型コロナウイルスに有効性があるかどうかを見極めるため、観察研究としての患者への投与をすでにスタートしている」と述べ、3月28日の記者会見では国産であることをアピールするかのように「アビガンは海外の多くの国から関心が寄せられ、臨床研究を拡大するとともに、増産をスタートする」と語った。 ここで、アビガンの開発にさかのぼってみよう。

次の

中国が有効性を認める「アビガン」、なぜ治験が進められなかったのか?|日刊サイゾー

アビガン 中国

製薬会社の研究 新型コロナ治療薬は、世界中で治験として650件上がっていますが、製薬会社は 今使用されている薬を転用することで、時短して早期に適応できることを目指しています。 アビガンについては、こちらをご覧ください。 製薬会社の挑戦 研究は着々と進行していて、 回復した患者の血液成分を使った治療法も試されています。 そしてその研究によって、 今ある医療技術の向上や、手法の掘り起こしなども進んでいます。 新型コロナウイルスの息の根を止めるには、やはり 薬剤の審査や承認をスムーズに進められる仕組みが必要です。 アビガンの副作用とは? アビガンは、 インフルエンザウイルスの遺伝子複製酵素 RNAポリメラーゼ を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制する薬剤です。 新型コロナウイルスもRNAウイルスであるので、効果が期待されています。 しかし副作用も視野に入れなければいけません。 動物実験では 催奇形性が確認されているので、 妊婦や妊娠している可能性がある人には使うことはできません。 また妊娠する可能性がある場合には、避妊を確実に行う必要があるようです。 まとめ やはり現在注目されているのは、 富士フイルムのアビガンで、 7月には月に約10万人分、そして 9月には月に30万人分が 生産できるようになる見込みです。 5月の連休明けに感染者が激減して、アビガンの生産も追いつくようになれば、少しずつ終息していくと思います。 手作りマスクもすぐ売れてしまう状況です。 やはり口からの侵入を避けられるように、自ら感染しない対策をしていかなければなりませんね。 治療薬の開発、頑張ってほしいと思います。 水槽のようになった電話ボックスに、数十匹の金魚が泳ぐオブジェ「金魚電話ボックス」が今話題になっていて 北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ ソフトバンクは新型コロナウイルス感染の抗体検査をし、4万4000人中、陽性反応者は191人(0. 43 ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネスとしている人は、持っている知 ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC 子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や子供でも稼げる時代になり、楽し 1987年の映画「私をスキーに連れてって」のセリフが当時 32年前 話題になり、その年のスキー場は大 年末に近づけば近づくほど忙しさを増すのは、年末にクリスマスや忘年会、お正月の準備や大掃除など、普段な 安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日に発表し、1軒に2枚1組を郵便 新聞やメディアでも連日取り上げられ、学校教育の現場にてあるまじき行為が実際にあり、子どもを持つ親や教.

次の