栗 ご飯 下ごしらえ。 栗ご飯の栗の下ごしらえでむき方を簡単に!!美味しい作り方教えます。|サトマガ

クックパッドニュース:美味しく食べたいから♪「栗の下ごしらえ」の方法まとめ

栗 ご飯 下ごしらえ

美味しい栗ごはんの作り方• 炊飯器には栗を抜いた栗ご飯の材料、水、塩、酒、昆布などを入れて炊きます。 ご飯を炊き始めたら、栗を蒸し器で30~40分蒸します。 ご飯が炊けたら蒸した栗を炊飯器の中に入れて3~5分蒸らしたら美味しい栗ご飯の完成です。 ちょっとひと手間になっちゃいますが、せっかく下ごしらえから手間をかけて作るんですから最高に美味しい栗ご飯を食べたいと思いませんか?! ぜひ栗ご飯を作る際は、 ご飯と栗は別で…やってみてくださいね。 栗ご飯の下ごしらえを簡単にするには? 栗ご飯を作るには栗の皮を剥かないとダメですよね。 事前に栗を水(ぬるま湯)に浸けておきましょう。 時間があるのであれば 前日から1晩浸けておくと良いですよ。 そんな時間はないって人も 1時間ぐらいは浸けておいた方が剥きやすくなります。 (時間がない場合はぬるま湯の方がおすすめです。 浸けておいた栗のおしり(とがってない方)を包丁で切り落とします。 この部分は渋皮と密着度が高いんで手ではちょっと剥きにくいです。 包丁の刃の部分を使って皮を引っ張るようにとがった方へ剥いていきます。 栗の皮はツルツルしているので滑って手を切らないように注意してくださいね。 素手でも剥けるので心配な人は手で剥いてみてくださいね。 栗の外の皮(鬼皮)が剥けたら、沸騰している鍋に栗を入れ1~2分さっと茹でます。 そうすると渋皮が剥きやすくなります。 お尻の方からそーっと剥くと剥きやすいです。 この方法なら手でも剥けます。 冷めて渋皮が乾燥してくると剥きにくくなるので お湯につけながら剥きましょう。 栗の皮の剥き方はこちらでも詳しく解説しています。 そんな生栗を使って栗ご飯を作るのは面倒くさい。 突然栗ご飯が食べたくなった。 (時間がない) そんな人は 甘栗使って栗ご飯作って見てはいかがですか? 栗ご飯って皮剥かなきゃいけないし、本当に面倒ですよね。 おいしい栗ご飯のためならと出来る人は良いですが、栗ご飯はあきらめちゃおう、買ってきて食べれば良いやって人は試してみて下さい。 甘栗を使えばあっという間に美味しい栗ご飯が出来ちゃいますよ。 甘栗で栗ご飯を作るメリットの1つに 生の栗を使うよりも失敗も少なくなるというのもあります。 甘栗を使えばなんか栗がパサパサになっちゃったなんて事も防げますからね。 美味しい甘栗を使えば、美味しい栗ご飯の完成です。 料理が苦手、手間暇かけるのは嫌、時短料理が大好きと言う人はぜひ甘栗を使った栗ご飯作ってみて下さい。 まとめ 秋の味覚を美味しく食べる栗ご飯の美味しい作り方ぜひ参考にしてみてください。 栗の皮を剥くの面倒くさいって人は皮を剥いた栗を買うのも手ですが、それなら甘栗を使った方が美味しく出来るかも… この秋は美味しい栗ご飯で秋の味覚を満喫してくださいね。 栗の扱い方の基本など、記事もおすすめですよ。

次の

栗ご飯の炊き方~栗とお米の割合と塩加減

栗 ご飯 下ごしらえ

栗の茹で方あれこれ 茹でる前に下処理を 栗はそのまま放置すると虫が湧いてしまいます。 早ければ2・3日で表面が白くなり虫が出てしまうので、購入したり、頂いたら、 すぐに下処理を行いましょう。 下処理と言っても方法は簡単。 半日以上栗を水につけておくだけです。 たったこれだけで、茹でた後の面倒な作業が楽になりますし、しばらくこのままで保存も可能。 ですが、なるべく 早めに茹でた方が、美味しい栗が食べられますよ。 簡単!栗の茹で方 栗の茹で方は簡単です。 皮ごと茹でれば、手強い渋皮もきれいに剥けますよ。 ここでは、「簡単な栗の茹で方」と、「ひと手間加えて美味しく茹でる方法」の2つの茹で方をご紹介します。 栗を適量に茹でます• 茹であがった栗の水気を拭き取ります• 栗をラップで平たく包みます• 金属トレーなどに乗せて冷凍庫で保存します 冷凍での保存期間は 1ヶ月ほどです。 食べるときは凍ったまま電子レンジで加熱しましょう。 下処理はしっかり行おう 関連記事: ・ 栗は美味しい食べ物だからか、虫のつきやすい食べ物でもあります。 購入した時点で虫が食ってる事もあるので、茹でるときは必ず 下処理を行なってから茹でるようにしましょう。 うっかりそのまま茹でたり、そのまま冷蔵庫で保存すると、いざ食べる時に、虫とご対面…なんてことも。 また下処理は虫よけの効果もありますが、 茹でた後に皮がむきやすくなる利点もあります。 下処理も茹で方も保存も簡単ですから、旬の栗を美味しい状態でたっぷり楽しみましょう!.

次の

栗の処理 簡単な方法!虫食いの見分け方は?冷凍保存と解凍できる?

栗 ご飯 下ごしらえ

蒸し栗は、竹串で火が通っているか確認しましょう• 下ごしらえした栗は、全体に火が通っていないので、加熱調理してしっかりと火を通す必要があります。 ごはんと一緒に炊き込んで栗ごはんにしたり、甘露煮やマロンペーストにしたり、煮物や炒め物にしましょう。 強火で10分蒸すと、甘くてほっくりした蒸し栗になります。 粗熱が取れてから皮をむけば、むいたものをそのまま食べることができます。 蒸したら竹串などを刺して火の通りを確認してみてください。 鬼皮に切り込みを入れて、200度のオーブンで20分ほど焼くと、甘くて香ばしい焼き栗になります。 栗の切り込みがめくれてくるので、竹串を指して、火の通りを確認してから食べてみてください。 ガイドから栗の下ごしらえについてワンポイントアドバイス 渋皮は、よく研いだ包丁でむくようにしましょう。 地道な作業ですが、お湯に浸けて皮を柔らかくしておけば、それほど力を入れずにむけるはずです。 市販されている、栗の皮むきはさみなどもありますので、上手に利用してみてもよいでしょう。 【関連記事】•

次の