ジョーカー 俳優 逮捕。 ゴールデン・グローブ賞受賞のジョーカー俳優ホアキンフェニックスが逮捕!

「ジョーカー俳優」実は最初出演を渋ったワケ

ジョーカー 俳優 逮捕

米映画「ジョーカー」(19年)で怪演し、5日に行われたゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞した俳優ホアキン・フェニックス(45)が10日、ワシントンDCで行われた気候変動に関するデモに参加して逮捕された。 複数のメディアによると、フェニックスは女優ジェーン・フォンダが環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさん(17)に感銘を受けて昨年10月から毎週金曜日に行ってきた抗議活動「ファイアー・ドリル・フライデーズ(金曜日の火災訓練)」の最終日に俳優マーティン・シーンらと共に参加。 「気候変動のために今すぐ私たちができることは、食習慣を変えることだ」と集まった観衆を前に大量の温室効果ガスを排出する肉食をやめるよう訴えた。 ファイアー・ドリル・フライデーズの公式ツイッターでは、「あのジョーカーさえも気候変動を信じている!」とツイートしている。 発表によると最後抗議デモには女優スーザン・サランドンやマギー・ギレンホールらセレブを含む約300人が参加。 米議会議事堂の階段に座り込んで抗議を続けるデモ隊の一部が、警官の警告に従わずに動かなかったために妨害容疑などで147人が逮捕されたという。 逮捕者の中にはフェニックスとマーティンが含まれており、公務執行妨害で身柄を拘束された後に釈放されたと言う。 「食肉、酪農は気候変動の主な要因になっている」と主張するフェニックスは完全菜食主義者として知られており、ゴールデン・グローブ賞授賞式のスピーチでもオーストラリアで猛威をふるう山火事の要因となっている環境問題にも言及していた。 「ジョーカー」の演技が絶賛されているフェニックスは13日に発表されるアカデミー賞ノミネーションで主演男優賞候補入りすることは確実視されており、受賞にも期待が持たれている。 86年「スペースキャンプ」で映画デビュー。 翌年「ラスキーズ」で初主演。 00年「グラディエーター」でアカデミー賞などの助演男優賞にノミネートされ、個性派俳優としてその地位を確立。 08年には突然歌手に転向するが、11年「ザ・マスター」で俳優に復帰しベネチア国際映画祭男優賞を受賞。 17年「ビューティフル・デイ」でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。 兄は俳優リバー・フェニックス。 DCコミック「バットマン」に登場するジョーカー誕生の経緯を描く。 19年10月4日、日米同時公開。 同12月には日本国内の興行収入50億円を突破。 また、R指定映画史上初となる全世界興行収入10億ドル(1100億円)突破も記録。 ベネチア国際映画祭で金獅子賞受賞。 photo• 芸能 香里奈が肩露わに久々ドレス「うれしいがギャップ」 []• 芸能 [6月29日 16:07]• 芸能 [6月29日 15:45]• 芸能 [6月29日 15:11]• お笑い [6月29日 14:19]• 音楽 [6月29日 14:02]• 芸能 [6月29日 13:54]• 芸能 [6月29日 12:40]• お笑い [6月29日 12:24]• 芸能 [6月29日 12:15]• 芸能 [6月29日 11:58]• AKB48 須田亜香里「SKEの2大ブス」松村香織の結婚祝福 []• AKB48 [6月28日 20:31]• AKB48 [6月28日 13:12]• AKB48 [6月26日 16:36]• AKB48 [6月26日 14:00]• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• AKB48 [6月22日 21:54]• ジャニーズ キスマイ宮田俊哉が声優に初挑戦「僕史上一番軽薄」 []• ジャニーズ [6月29日 5:00]• コラム [6月27日 15:25]• ジャニーズ [6月27日 4:00]• ジャニーズ [6月26日 11:00]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• ハリウッド ジャスティン・ビーバー「でっちあげ」告発女性提訴 []• ハリウッド [6月27日 13:22]• ハリウッド [6月27日 11:39]• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• 映画 キスマイ宮田俊哉が声優に初挑戦「僕史上一番軽薄」 []• シネマ [6月29日 10:07]• ジャニーズ [6月29日 5:00]• シネマ [6月28日 15:00]• シネマ [6月28日 5:01]• ハリウッド [6月27日 13:22]• コラム [6月27日 13:00]• シネマ [6月26日 7:52]• シネマ [6月25日 18:56]• シネマ [6月25日 12:33]• シネマ [6月25日 11:35]• ドラマ NHK麒麟がくる代替「利家とまつ」9・0% []• ドラマ [6月29日 11:08]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:06]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月28日 5:00]• ドラマ [6月27日 12:00]• ドラマ [6月26日 12:00]• ドラマ [6月26日 10:08]•

次の

何かとお騒がせ…米映画「ジョーカー」主演俳優逮捕、抗議デモに参加― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ジョーカー 俳優 逮捕

主役を演じる俳優のホアキン・フェニックスは、出演オファーを受けた際、「役を受けるかどうか」迷ったという。 Ent. 映画は先週末、北米で10月の公開2週目成績としては史上最高の5500万ドルを売り上げた。 他国でも好調に売り上げを伸ばしており、世界興収は早くも5億5000万ドル弱に達している。 これは、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの個人記録。 アカデミー賞候補入りもささやかれている今作が、フェニックスのキャリアにおける代表作となったのは、もはや疑いない。 最初は役を受けるか迷っていた しかし、フェニックスは、このオファーを受けたとき、すぐに承諾してはいない。 それどころか、相当に迷い、何度かトッド・フィリップス監督とミーティングを持った末に、決断を出している。 「自分にできるかわからなかったし、このキャラクターをどう理解していいのかわからなかった」(フェニックス)のが、理由だ。 一方で、フィリップス監督にとって、主人公のアーサー役はホアキン・フェニックス以外にいなかった。 特定の俳優をイメージして書くことは、その人がやってくれない場合を考えて避けたほうがいいのだが、彼はあえてそれをやっている。 「特定の人を思い浮かべずに書けるほど、僕はライター(脚本家)として優秀じゃないのでね」と、映画公開前の筆者とのインタビューで、フィリップス監督は、いかにもコメディ出身らしいユーモアを持って語った。 「第2候補は、いなかった。 もしホアキンに断られたらどうするかは、考えなかったな。 時間をかけて一生懸命書いたものを捨てたとは思わないけれども、さて、どうしただろう。 ホアキンを選んだのは、恐れを知らない役者だからだ。 彼は、中途半端なところで止まったりしない。 そんな人に徹底的にやらせたら、どうなるのか。 僕はそれを見てみたかった」.

次の

ジョーカー 歴代俳優まとめ!死因は役にのめり込みすぎたから!?

ジョーカー 俳優 逮捕

減量がジョーカー役への手助けになったというホアキン・フェニックス - C 2019 Warner Bros. Ent. 本作でホアキンが演じる主人公アーサー・フレックは、都会の片隅でコメディアンを夢見て生きる孤独な男。 年老いた母親の面倒を見ながら、ピエロメイクの大道芸人で糊口をしのぐ彼は、驚くほどやせっぽっちで、街のワルガキたちに簡単に袋だたきにされてしまうほどひ弱。 本作では、そんな悪のカリスマのイメージとはほど遠い彼が、ジョーカーになるさまを描き出す。 [PR] どちらかといえばたくましい体つきのホアキンだが、役に挑むにあたってハードな減量に挑戦。 「(減量を)始める前は、太っていたんだ」と苦笑しながら「幸運なことに時間はあった。 最初の2か月は、自分で減量に挑んだんだ。 カロリーを落とし、ワークアウトをしてね。 撮影の2か月前には栄養士と一緒に取り組んだ。 かなり特殊なカロリー制限のダイエットをやったんだ。 ビタミン剤やミネラルは摂取していたけど、カロリーは取らなかった。 かなりタフだったよ」 実際、スクリーンに映し出される、骨と皮だけのようなアーサの肉体は、鍛え上げた筋肉に勝るとも劣らないインパクト。 さらにホアキンは、この減量が「役者としての僕にとっても、役立ったと思う」と語る。 彼は、愛と尊敬と憧れに満たされたいんだ。 そういうフィーリングを減量が僕に与えてくれた」 孤独な男はいかにしてジョーカーになる? C 2019 Warner Bros. Ent. 「ある意味で、(生きるため)自分に何かを食べさせるという、人間が必要とする欲望に打ち勝ったわけだからね。 自分の体を極端な状態に持って行く時、そこには、力がみなぎる感覚があるんだ。 そして突然、自分の筋肉の動き方にまで気がつくことができたんだよ。 そうしたことの全てが、アーサーのキャラクターを作り出す上で大きな役割を果たした」 [PR] そんなホアキンだが、当初はジョーカー役を受けるか否か、かなり迷っていたという。 「できるかどうか自信がなかった。 どんな役でも簡単には受けない。 この役も決断までに時間がかかった。 できないかもしれないという、恐怖心に駆られたんだ。 こなせるかどうかわからなかった」。 それは、社会から忘れられたように生きるアーサーが、いかにジョーカーになっていくのか、その過程を演じるうえで生じた悩みでもあったようだ。 「この映画が言わんとしてることを深く掘り下げ無ければならないわけだけど、それだけでもかなりの挑戦だと感じた。 同時に役者としての僕、人間としての僕への大きな挑戦だとも理解した」と語るホアキンは、「そしてさらに、観る人にとってもチャレンジングなものとなる」と付け加えている。 (編集部・入倉功一).

次の