東京 学芸 大学 教職 大学院。 平成27年度修了分

平成27年度修了分

東京 学芸 大学 教職 大学院

現職教員の方へ• 選抜区分について 現職教員又は教育関係諸機関に在籍している方は「現職教員選抜」若しくは「派遣教員選抜」のいずれかの選抜区分で受験が可能です。 認められた場合、8単位分が実質免除となります。 1年履修プログラム 免除された「教職専門実習」の8単位を除く38単位以上を1年間で履修する制度を設けます。 現場を離れて修学する場合でも1年のみで修了することが可能です。 2年次に現任校で勤務しながら履修できる制度 大学院設置基準第14条の特例(現職教員の教育方法等の特例)を活用し、1年次はフルタイムで修学し、2年次は在籍校で勤務をしながら夜間等において、単位習得、課題研究の指導をうける制度を設けました。 長期履修学生制度 学生が職業を有している等の事情により、現職教員等が休職することなく、働きながら無理なく学ぶことができるよう、標準修業年限2年を超えて3年又は4年にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する旨を申し出たときは、その計画的な履修を認めることができる制度です。 新入生が入学当初から希望する場合の申請時期は、入学手続期間の初日の前日までです。 この制度により長期履修学生が修了するまで、1年間に納める授業料の額は標準修業年限(2年分)の授業料を、計画的に履修することを認められた年数(3年又は4年)で除した額となります。 授業の昼夜開講・夏季休業中の開講 現職教員等が働きながら修学できるよう、授業の一部について夜間や休日、夏季休業中に開講します。 All Rights Reserved.

次の

大学院・専攻科|国立大学法人 東京学芸大学

東京 学芸 大学 教職 大学院

文科省統計によると、ここ15年の間に、不登校児童生徒の割合が小学校で1. 9倍、中学校で2. 2倍(以下同様)、校内暴力件数が1. 9倍と1. 4倍、日本語指導の必要な外国人児童生徒数が共に2. 6倍、発達障害等のある通級児童生徒数が4. 7倍と14. 8倍、要生活保護準要保護の児童生徒数が1. 6倍と2. 0倍に増えています。 学校をめぐる問題の多発化と多様化が、これらの数字に示唆されています。 そして、こうした問題は、これまでの解決のやり方や枠組みでは対処が困難な、複合的で構造的な性質の案件が少なくありません。 他方、全国の公立小中学校の年齢別教員数をみると、2012年3月現在で53歳の24,114人をピークに直線的に下降線をたどって25歳で一万人を割り、23歳は5,471人にすぎません。 現職教員の全員が定年まで勤務したとしても、今後10年間に199,489人の教員が退職します。 これは全体の35. 7%になります。 すなわち10年後の小中学校の年齢別教員分布はV字型になり、学校運営の中軸を担う中堅教員が少なくなる一方で、経験の浅い教員が大量に誕生することになります。 東京都では、現在すでに、この傾向が生じています。 適切な対応策を早急にとらなければ、各学校の教育力が低下することは明らかです。 同時に、対応策もまた明らかです。 学校の直面する問題が従前経験したことのないほど複合的で構造的であり、しかも問題に対処する学校内の態勢が十分でない面を抱えているとするならば、そうした問題に対応するには教員養成と現職教育を抜本的に改めて大学院レベルとし、個々の教員のその協動の質を向上させる外はないと考えられます。 東京学芸大学教職大学院は、この課題に挑戦しています。 「協働する力ある教員を!」を指針として、学校およびそこで学ぶ子どもの文脈と課題を読み解き、教育プログラムとして開発する専門性、それらを実行する実践的指導力、そして何よりも、教員集団としてチームを組み、保護者や地域や他機関等と連携して対応する社会性を備えた教員を輩出することに努め、大きな成果を上げています。 本教職大学院で、共に学び合いませんか。

次の

教職大学院って何?進学するメリットや入試情報について紹介

東京 学芸 大学 教職 大学院

大学院・専攻科 大学院(教育学研究科)• 次世代日本型教育システム研究開発専攻• 教育支援協働実践開発専攻• 教職大学院:教育実践専門職高度化専攻• (H30入学生まで)• 連合学校教育学研究科• 専攻科• 特別支援教育ウェブサイト(準備中) カリキュラム• 教育学研究科のカリキュラム (H31入学生から)• 次世代日本型教育システム研究開発専攻• 教育支援協働実践開発専攻• 教職大学院:教育実践専門職高度化専攻 (H30入学生まで)• 連合学校教育学研究科のカリキュラム• シラバス• All Rights Reserved.

次の