ペルソナ 4 ゴールデン コミュ。 【紹介と評価】ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PSVita)

ペルソナ4 ザ・ゴールデン レビュー・評価・感想 (PS Vita)

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

Text by アトラスは6月14日,PlayStation Vita用ソフト「」(以下,P4G)を発売した。 本作は2008年に発売され好評を博したPlayStation 2用ソフト「」に,さまざまな新要素を追加した作品だ。 「ペルソナ」といえば「真・女神転生」と双璧をなすアトラスの看板RPGシリーズだが,中でも「ペルソナ4」は,昨年10月にTVアニメ化が実現しており,そのほかにもコミック,舞台など多岐にわたるメディアミックスでヒットを飛ばしている超人気タイトルだ。 なおコンシューマ版では,シンプルながら奥深い駆け引きが楽しめる格闘部分はそのままに,30時間以上楽しめるボリュームのストーリーモードを搭載。 「ペルソナ4」で描かれなかった物語が展開されるということで,大きな注目を集めている。 このように,現在進行形でブームが継続していると言っても過言ではない「ペルソナ4」。 「P4G」もリメイク作ながら,PS Vitaタイトルとしては異例の13万7000本(メディアクリエイト調べ)という初週販売本数を記録した()。 この町へと引っ越してきた主人公は,引っ越し早々「死体が吊るされる」という猟奇的な連続殺人事件に遭遇する。 サブイベントやクエストなども豊富な本作。 自分の好きなように時間を使えるのが大きな魅力だ 勉強,部活,怪物,バイト,推理,迷宮,殺人,恋愛,心の闇……本作のストーリーは,日常と非日常が交錯した世界観の中で,人間的に成長していく少年少女達の姿を描いた青春群像劇だ。 ゲームシステム的にも,日常生活パートとマヨナカテレビ探索パートを交互に進めていく流れとなっており,日常と非日常のギャップを楽しめるのが大きな特徴となっている。 やれることが非常に多く,日々「今日は何をしようか」と悩んでしまうほどだ。 家庭菜園で育てた野菜は,収穫すれば実際にアイテムとして使用可能。 各ステータスは5段階評価(通知表みたいだ)になっており,ランクが高くなれば行動の幅が広がったり友人とより仲良くなれたりと,さまざまな好影響があるというわけだ。 ちなみに「P4G」では, オリジナル版にはなかったイベントやアニメシーンも多数新録されている。 本作の良い所は,ストーリー序盤からこういった新たな楽しみに触れられるという点で,おかげでオリジナル版をクリア済みの筆者でも,完全新作を遊んでいるような気持ちでプレイできた。 コミュをメインストーリーと共に進め,各キャラクターとの絆を深めていくことで,RPGタイトルの中でも屈指の濃厚なゲーム体験が得られるのである。 コミュイベントを通じて彼女のことを知れば知るほど,そのコケティッシュな魅力にメロメロになっていくだろう。 一般的な性癖の持ち主である筆者がそうだったので間違いない。 一方の足立は,役割的にかなり意外なコミュキャラクターとなった。 オリジナル版では描かれなかった彼の内面に迫るエピソードがふんだんに盛り込まれており,ある意味「ペルソナ4」ファン的には必見だ。 1日に一緒に過ごせる相手はひとりだけ……誰のコミュニティを優先して上げていくか,それが悩みどころだ。 ちなみに筆者は主に女の子を優先するので,コミュニティの育ち具合に大きな偏りが出る。 仕方ないね なおパーティメンバーに関しては,コミュランクを上昇させることで戦闘力が増強したり,(一部の女性キャラクターは)MAXランクに到達した時点で特別な関係になれたりもする。 本作では連続殺人事件に巻き込まれ,テレビの中に放り込まれた人々を助けるために,テレビ内のさまざまなダンジョンを攻略していくことになる。 テレビ内に閉じ込められた人物は,現実世界で霧が出る日に必ず殺害されるので,天気予報で霧が出るとされる期日までに救い出さねば,ゲームオーバーになってしまうのだ。 つまり本作では,日常パートで青春ライフを送りつつも,定期的にテレビに入ってシャドウと戦い,ダンジョンを攻略しなければならないというわけである。 ゲーム開始時に選択する難度次第ではあるが,本作の戦闘はかなり歯応えのあるバランスになっており,ノーマル以上だと,たとえザコ敵が相手でも一瞬で全滅する可能性があるほど。 もはやアトラスのタイトルにおいては伝統とも言えるが, 「敵の弱点を突き,自分の弱点は守る」という戦術が生死を分けるゲームバランスになっている。 これだけ聞くと,コアゲーマー向けのタイトルにありがちなツラい長期戦を連想してしまう人もいるかもしれないが,とんでもない。 敵全体に万能属性のダメージを与えることができるのだ。 カードを選ぶことで体力を回復したり,ペルソナやスキルを入手したりできる。 敵の弱点を突く総攻撃を発動するなどして,戦闘を有利に運べば運ぶほど,シャッフルタイムが発生する可能性が高くなるのが面白い このシステムによって,数あるRPGの中でも随一と言えるほどの,スピーディでテンポの良いバトルが実現されている。 例えるならば,パズルゲームをサクサク解いていくような感覚に近い。 慣れてくれば高確率で,一度も敵に行動順を回さず完封勝利できるようになるので,その爽快感が病み付きになること間違いなしだ。 とくにオリジナル版をプレイ済みの人にとって,これらは特筆すべきポイントだろう。 PS Vitaならではの通信機能は探索パートにも活かされている。 「P4G」では画面をタッチして救援要請を出し,ほかのプレイヤーに応援してもらうことで,HPとSPを回復できる。 「P4G」では防具と別カテゴリで装備できるように変更され,性能を気にせずオシャレが楽しめるようになった。 痒いところに手が届く嬉しい変更だ コミュの拡張に伴い,新たに永劫と道化師のペルソナが追加されている。 全ペルソナのコンプリートを目指すしかない そして,戦闘において最も重要な役割を果たすのが,シリーズのタイトルにもなっているペルソナの存在だ。 敵の弱点を見極め,状況ごとに主人公のペルソナを変更しながら戦えるのが本作のキモなのだ。 合体で生み出せるのは主人公のレベル以下のペルソナのみ。 合体により生み出されたペルソナは,素材となったペルソナのスキルを一部引き継げるほか,アルカナに対応したコミュのランクに応じて経験値ボーナスが入る。 つまり,合体させればさせるほど強力なペルソナを生み出すことができるというわけだ。 従来の「ペルソナ」シリーズでは,アトラスのタイトルに不慣れなプレイヤーからすると,合体システムが少々難しかったかもしれないが,本作ではそれがずいぶんと改善されている。 しかも,決してヌルくなったわけではなく,ちゃんとやりこみ要素の増強にもつながっている点が見事だ。 携帯ゲーム機向けのタイトルではとくに重要視されるストレスフリーなシステムを,「P4G」は高水準で実現していると言えるだろう。 シャッフルタイムで入手したスキルカードは,ベルベットルームにいるマリーに渡すことで,以後何枚でも購入できるようになる。 ミステリー性が高い作品の特性上,ネタバレは厳禁だし,今回はこの程度で勘弁しておいてやろうと思う(本当は)。 思い返せば,同じくPS2タイトルから携帯ゲーム機に移植された「」は,PSPというハードのスペック的な限界から,さまざまな要素をスポイルしつつ,アレコレと工夫をこらして新要素を盛り込んでいた。 しかし,「P4G」に関してはそのようなことが一切なく,PS2版よりもすべての面においてパワーアップしているのだから驚きだ。 筆者のようにオリジナル版からのファンならば,100%に近い満足度を得られるだろうし,本作から新たにマヨナカテレビを覗く転校生も,その魅力の虜になってしまうこと間違いなしだ。 個人的には,「PS Vitaを持っているならこれだけは必ずやっとけ!」と断言できるほどオススメの「P4G」。 ちょうど主人公達と同年代の学生諸君には,ぜひとも腰を据えてプレイしてほしい。

次の

いま一度“もうひとりの自分”と向き合おう――JRPG史上最高のリメイク作「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」のレビューを掲載

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

今までのペルソナファンの皆様には申し訳ないけれど、 ペルソナは3と4でシステムが大きく変わってくれて本当に良かったと思っています。 変わってくれていなかったら、私はまだアトラス作品が苦手だったと思うので。 (進めれば進めるほど増える悪魔と合成、全部育てたくて頑張るとストーリーを忘れて結局投げる、、というのが恒例でした) 「ペルソナ4」。 PS2版で2周していて、ストーリーも、ラスボスも、旧コミュニティも全部知っているにもかかわらず、vita版で現在3周目。 単純に、自分でキツキツにスケジュールを詰めてコミュニティレベルを上げていく作業が面白くてやめられないのもあるのですが、 周回やロードをくりかえしていると、 ・システムメッセージのはさみ方 ・イベントのテンポの良さ ・コミュニティが発生するタイミングときっかけ ・雨の日の頻度 ・被害者は全員女性だと思っていたところに完二(男)が出てくるタイミングの良さ ・被害者を助ければ仲間になると思っていたところに、そうじゃない人物が出てくる意外性 ・・など このゲームが用意している小技や魅力に気づいてしまい、 それを確認したいがためにやめられない感じにすらなってきました。 PS2版では12月末のクリスマスを過ぎると、自動で3月まで飛ばされてエンディングになっていたカレンダーが、 vita版では新しいコミュニティが2つ増えたためか、2月末までしっかり生活できるのが、地味だけどすごくうれしいです。 このゲームが好きな人ほど3月が近づくのが寂しいはずなので、 よくそこを伸ばしてくれましたね!!という思いです。 しかも増えた2か月間がものすごく充実していて、 スキー旅行やバレンタインなどの、ニヤニヤできるイベント(笑)も嬉しいのですが、 vita版で追加された新キャラ&コミュニティが 3月の真エンディングへの繋ぎ役として、 まるでPS2版になかったのが不思議なほどしっかりなじんでいます。 ぶっちゃけ、vita版をやったらPS2版に戻れません。。 本気でそう思います。 vitaの機能を生かしたオンライン応援も、 協力プレイというほど他人と絡まないので、気が向いたときに気楽に変なメッセージを作って応援できるのが良かったです。 wifi版の私が常にオンラインでなくても悔しくない気軽さで。 (笑) お礼の挨拶しなきゃ失礼にあたるかな・・、などとすぐ思ってしまう性格なので、適当に流してもちっとも気にならないこの距離感はとても気持ち良かったです。 クイズ番組にかこつけた「ミニゲームの速押し問題」 音楽番組にかこつけた「特典ライブ映像」 芸術番組にかこつけた「アートワーク」など、 ストーリーの進行でテレビ番組が放送を重ねるように 特典映像が解放されていくのですが、 この魅せ方もすごく上手だと思います。 いかにもテレビが深く関わるこのゲームらしくて、 ・・全然ブレてない!ペルソナ4、恐ろしい子! ミニゲームの速押しクイズは、ちゃんと不正解と正解、優勝するしない、でイベントも分けているという用意周到さ。 ほんとに良くできてると思います。 他にアタリ作品が少ないvitaだから、とか、そんな話ではなく、 本当にこのゲームは単体として素晴らしく完成度の高いゲームだと思います。 あまり人を選ばないっぽい、万人受けしそうな雰囲気もお勧めしやすいので、グラビディデイズと並んで、ペルソナ4は 「vita買うならやっときなよ」と私が言えるイチオシ作品です。 ペルソナ4ザ・ゴールデン 一週目無事終了! 約一ヶ月かかりました。 PS2版の真EDまで見てるので 特にキャラへの感想とかは変わりなし。 この作品が好きなので2回目でもおもろかった。 個人的に好きなのは花村とチエちゃん でも主人公の恋人は雪子 でもストーリーの正ヒロインは菜々子だと思ってる。 好きなコミュは堂島親子もしくはバスケ部 堂島さんの疲れたときの顔を書いた人は天才だわ、俺もあんな顔してるときあります。 今回はアニメがかなり良かったので 実名ではなく、鳴上 悠の名前でプレイ あと、今回は初期の花村、チエ、雪子から一切PTメンバー変えなかったが 超がつくほど余裕だった(1回だけGAMEOVERでレベル上げしましたが) ノーマルでもPS2版より簡単になってるのかな? 新キャラ、アニメに出てきた出前の女の子出てこねーんだけど仕様ですか…。 何回飯喰いに行ったかあの時間無駄だった。 追加イベントはジュネスライブとバイクで海へ、とスキー旅行。 ぶっちゃけどれも良かった。 どれもアニメに収録されてないシナリオだからこれだけの為にやる価値ありまっせ! 温泉や映画システムもよかった自分のペルソナのカスタマイズだけじゃなくて 日常の仲間のペルソナのケアができるのはやっててかなり愉しい。 オマケの声優トークのコーナーはおもろい発送だったなって。 それじゃ、ひとまずペルソナ4はいったんおしまい。 次はアルティメットですね。 ぶっちゃけシリーズのファンじゃなくてP4単体のファンなので ペルソナペルソナ言うのも恥ずかしいはなしですがやっぱこの作品好きですわ。 はじめてのペルソナ。 ペルソナの印象は一番最初の何かくらーいキャラとか雰囲気でシリーズ自体、敬遠していたけど・・・ P4G面白い!! 過去作をやっていなかったことを後悔するぐらいに! まず驚くのはVITAの有機ELでかなり綺麗になったグラフィック!! OPが本当に綺麗で起動するたびにみていました。 携帯機でここまで綺麗なものが見れて、遊べることが本当に凄い!! ストーリーはしっかりしてるし、ほんとに戦略的なコマンドRPGは携帯機だからこそじっくり楽しめるし、 設定資料やP4A、P4Uの宣伝動画、 そして! 本格的なクイズが楽しめるマヨナカ横断クイズのあるおまけモードはファンにとったら涙ものぐらいの充実!! キャラクターたちの会話も面白く、季節ごとのイベントシーンやアニメシーンなども丁寧に面白く作られていてほんとうに面白い。 プレイヤーによっては2月に心痛むイベントもありますが・・・ 初めてペルソナを体験するにはP4Gは一番良いものになるはずです!! 元のペルソナをやってた人達にとっても追加されたイベント、特典、システムはかなり凄いもののようでこれ、ただの追加移植じゃないよ!! リメイクといって良いよ!! と興奮するほど。 初めてのペルソナでとりあえずのクリアまでは80時間ほどの大ボリューム。 そこから、P4Gで追加されたEDなどをみるのにさらに遊べるので本当に長く楽しめます。 周回要素や周回時の難易度の細かな設定などユーザーに本当に親切なところも良いです。

次の

コミュニティの入手方法

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

コミュ概要 コミュ発生条件 剛毅コミュをランク4にした後、勇気が「怖い物なし」以上の状態で下駄箱にいるあいに話しかけて「遊びに誘う」を選択する。 コミュランクアップ条件 イベントで好感度を一定値まで上昇させてランクアップイベントを見る。 好感度上昇ボーナス獲得条件• 月のペルソナを所持• 定期試験で学年トップまたは10位以内の成績を取る• 昼休みにあいと一緒にお弁当を食べる• 昼休みにあいのお誘いを受ける コミュランクMAX特典• コンパクトミラーを入手。 「サンダルフォン」を生み出す合体が解禁。 コミュランクアップイベント詳細 コミュランクアップイベントについて 「次のランクアップイベントを起こすには」に記載されている「通常コミュイベント」で上昇する好感度は以下の行動を取った場合と同値です。 夜間コミュイベントで好感度が上昇する選択肢を選ぶ• お弁当を一緒に食べる(好物だと通常コミュイベント2回分) 「コミュ属性ペルソナを所持」した時の補正値は「学年トップの成績を取った」時の補正値と同値です。 選択肢詳細 No. 選択肢 効果 1 落ち着いて 無し こっちへ来て 無し ゆっくり話を聞かせてくれ 無し 2 焦ることはない 無し あいの魅力が分からなかっただけ 無し アイツを叱ってやるから 無し 3 だったら付き合おうか あいと恋人関係に ここで恋人関係になると最終的に友人関係になってしまうので注意 ……。 選択肢詳細 No. 選択肢 効果 5 通常1 わかった 好感度上昇 ウソはよくない 無し ちゃんと来い 好感度上昇 6 通常1 飾りすぎじゃない? 好感度上昇 もっと真面目になれ 無し 飾らなくても可愛い 好感度上昇 限定(28) やる気を出せ 無し 満足した? 好感度上昇 ゴミ拾いダイエットか 好感度上昇 7 通常1 男なら当然 無し 付き合いで仕方なく 好感度上昇 自分は潔白だ 好感度上昇 8 通常1 バイクでツーリング 無し 山なら涼しいぞ 無し ジュネスで試食ツアー 好感度上昇 9 通常1 それなりに 無し 興味ない 好感度上昇 あいが気になる 好感度上昇 限定(13・20・27) 見間違いじゃ… 好感度上昇 クマの幽霊だ 無し ごめんなさい 無し 10 通常1 気になるな 好感度上昇 あいに嫉妬してる 好感度上昇 柏木先生は魅力的だ 無し 11 通常1 キュートに頼む 好感度上昇 セクシーで行こう 好感度上昇 どうにでもしてくれ 好感度上昇 12 通常1 全くない 好感度上昇 実は少し 無し むしろワクワクする 無し 限定(20) 友人関係時 みんなも一緒だ 無し 抜け出せば? 好感度上昇 どうせなら楽しめ 無し 限定(20) 恋人関係時 あいと一緒なら何でも 好感度上昇 豪華なパーティー 無し まだ予定は分からない 無し 1 通常1 見上げた根性だ 好感度上昇 きっとご利益がある 好感度上昇 ヤツは危険だ 好感度上昇 2 通常1 友人関係時 計算高いな 無し 女の武器? 無し 高くつくチョコだ 好感度上昇 通常2 恋人関係時 覚悟って? 好感度上昇 自分も同じ気持ちだ 好感度上昇 なぜ強気なんだ 好感度上昇• 攻略チャート• 10月• 11月• 12月• 1~3月• 2周目以降• その他• 月別詳細スケジュール• ダンジョン• コミュ• ペルソナ• ペルソナ合体• ペルソナデータ• スキル• アイテム• シャッフルタイム• 効果詳細• その他•

次の