名言 英語 プリンセス。 純真なプリンセス「アリエル」の心に響く名言特集!

純真なプリンセス「アリエル」の心に響く名言特集!

名言 英語 プリンセス

幅広い世代に愛されるプリキュアシリーズとは? 『プリキュアシリーズ』とは、2004年に放送された 『ふたりはプリキュア』を始めとする女児向けアニメの総称で、15年間の間に16作品が作られ、14代にも渡るプリキュアたちが生み出されてきました。 妖精たちの力でプリキュアに変身した女の子たちが、世界を支配しようとする敵と立ち向かっていくというストーリーが、どのシリーズにも共通していますが、その他にも作品ごとに「テーマ」などが決められており、それぞれに個性豊かなキャラが魅力です。 また児童向けにも関わらず、勧善懲悪に収まらない、練り込まれたストーリー展開は 大人たちをも魅了し、15年もの間幅広い層からの支持を得てきました。 【プリキュアシリーズ】名言第18位 無駄な努力なんて無い。 どんな事でも一生懸命頑張れば、きっと自分の力になる(リコ) 『魔法つかいプリキュア! 』14話で、みらいが数学の赤点を取り、何でもできるリコを羨ましがるも、 本当は誰よりも努力を重ねたのがリコであることが分かった時のセリフ。 リコは魔法界からやってきて、漢字や化学式など今まで見たことのないものばかりでしたが、それでも 「全部頑張りたい。 無駄な努力なんてない。 」と努力を重ねて優秀な成績を収めていました。 ついつい効率を重視して、 それが本当に必要な努力なのか考えながら行動してしまいがちな大人の胸に刺さる言葉です。 【プリキュアシリーズ】名言第17位 太陽の様に強く明るい人も、月の様に深く静かな人も・・・みんな、心のどこかに悩みを抱えては苦しんでいて、それでも、光を求めては一生懸命生きている(花咲つぼみ) 『ハートキャッチプリキュア! 』47話で、サバーク博士に 「お前は変わってなどいない。 弱いプリキュアのままだ」と言われたつぼみが、昔の自分が臆病で引っ込み思案だったことを認めながら言ったセリフ。 つぼみは 明るく見える人や落ち着いて見える人たちにも悩んでいることはあって、それでも懸命に生きていることをプリキュアになって初めて知り、プリキュアになったことで人の想いに触れることができたと話しました。 いつも笑顔の人や明るい性格の人は、何も悩みがないように思ってしまいがちですが、 誰もが悩みを抱えながら生きていることに改めて気づかされる名言です。 一度見た幸せは、どんな苦しみや悲しみの中でも、無くなったりしないはずだよ!!(愛乃めぐみ) 『ハピネスチャージプリキュア! 』43話で、ブルーへの失恋から敵側に寝返ったクイーンミラージュに対して、めぐみが言ったセリフ。 ミラージュは こんな苦しい思いをするなら恋なんてしなければよかったと後悔を口にしましたが、同じくブルーに恋心を寄せるめぐみのこの説得によって自分を取り戻しました。 ブルーとミラージュが復縁すれば自分が失恋してしまうことを知りながらも、全員の幸せを願ってミラージュを説得しためぐみの想いに胸が痛むシーンです。 辛いことがあるとそればかりに目が行ってしまいがちですが、 悲しみの中にある幸せに気づかせてくれる名言ですね。 【プリキュアシリーズ】名言第15位 何の努力もしないで叶う夢なんて、夢じゃない!!(春野はるか) 『Go! プリンセスプリキュア』47話で、敵の罠に陥って幸福と怠惰の世界に入り込んでしまった時のはるかのセリフ。 地面に撒いた種がすぐに花を咲かせたのを見て、花が美しいのはきれいだからではなく、 咲くための努力を積み重ねているからだ、こんなのは花じゃないと訴えました。 はるかは作品を通して 「プリンセスになる」という夢のために努力を重ねており、そんなはるかの「何の努力もしないで叶う夢なんて、夢じゃない!!」という言葉は、夢を追いかける全ての人が励まされますね。 【プリキュアシリーズ】名言第14位 どうでもよかったら怒ったりしない!大切だから怒るんだよ。 どうでもいい人を怒ったりしないよ(南野奏) 『スイートプリキュア』6話で、喧嘩して敵に取り込まれた弟に対して言った奏のセリフ。 バレンタインのお返しを奏に内緒で作っていた弟に、 キッチンを散らかしてしまったことを叱ったことが喧嘩の原因でした。 弟は「姉ちゃんは俺のことが大っ嫌いなんだ」と泣きじゃくりましたが、それを奏が否定しこのセリフで呼びかけました。 響や弟に対していつも怒り気味で厳しく見える 奏の愛情深さを感じるシーンです。 愛があるからこそ叱責されることもあると考えさせられる名セリフ。 【プリキュアシリーズ】名言第13位 何をもってパーフェクトと呼ぶか、それは人の心によって変わるのよ(キラ星シエル) 『キラキラプリキュアアラモード』29話で、おばあさんの頼みで抹茶のお菓子を作ることになったゆかりに、いちかがマカロンを提案しますが、 マカロンは作り方が難しく、完璧に作れないとためらうゆかりにシエルが言ったセリフ。 元々シエルはいちご山の妖精・キラリンで、プリキュアになるという夢を叶えるために いちご山を飛び出してパリで修行するほどガッツがあり、たくさんの努力を積み重ねて「天才パティシエ」と呼ばれるまでに成長しました。 そんなシエルの芯の強さがよく表れており、 他人の評価に流されてしまいがちな人々の胸を打つ名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第12位 名前は親から貰う最初の愛情(青木れいか) 『スマイルプリキュア! 』19話で、自分の名前の由来を調べることになり、名付け親である 亡き父との思い出や名前に込めた想いを知ったやよいに向けてれいかが言ったセリフ。 この回ではやよいがアカンベエとの戦いの中で亡き父との思い出がよみがえり、やよいという名前に込めた想いを知って父親の愛を知るという、名エピソードです。 普段は忘れてしまいがちな 親の愛は、自分が生まれた時からずっとそばにあることが分かる素敵なセリフですね。 【プリキュアシリーズ】名言第11位 私はずっと同じ私じゃないの!昨日の私より、一時間前、一分前、一秒前!そんな私より、もっといい自分になりたい!(夢原のぞみ) 映画『鏡の国のミラクル大冒険!』で、遊園地の空間で 自分のコピーであるダークドリームと戦ったドリームが叫んだセリフです。 始めは自分と全く同じパワーを持つダークドリームに苦戦していたドリームでしたが、この言葉で自分を奮い立たせてダークドリームに打ち勝つことができました。 『Yes! プリキュア5』は作品を通してプリキュアたちが夢のために努力を重ねていく姿を描いています。 夢のために自分を成長させ、古い自分を超えていく姿を描いたこの映画は、 『Yes! プリキュア5』の集大成とも言える作品となりました。 大人になって成長することを止めてしまいがちな人々に聞いてもらいたい名言です! 【プリキュアシリーズ】名言第10位 苦しみも、悲しみも・・・別々だからこそ、お互いに心を支え合うことが出来るの(宇佐美いちか) 『キラキラプリキュアアラモード』32話で、 「何がわかるのよ。 あんたたちと一緒にしないでよ。 私となんか全然違うくせに!」と叫ぶビブリーにいちかが言ったセリフ。 ビブリーは幼い頃から孤独な生活を続け、その孤独に付け込まれる形で敵のボスの配下となった経緯がありました。 『キラキラプリキュアアラモード』のプリキュアは他の作品と比べても人数が多く、とても個性的な面子が揃っています。 しかし、そんな個性的な面子だからそこ、 お互いが自分とは違う存在であることを認め、それぞれの長所と短所を理解し、補い合う大切さがよく分かる作品でもあります。 これから益々国際化や共生社会が進んでいく日本に残していきたい名言ですね! 【プリキュアシリーズ】名言第9位 楽しい事と辛い事は背中合わせ…でも!だから…今の私が居る!夢も絶望も、その両方が私を育ててくれた(春野はるか) 『Go! プリンセスプリキュア』50話の、最終決戦の中で「絶望は消えない!」と言うクローズに対してはるかが言ったセリフ。 はるかは 「絶望が消えない」という事実を認めた上で、絶望も希望も必要であることを訴えました。 プリキュアは女児向けアニメということもあり、基本的に絶望に対しては、否定的な意見が多く、その絶望に打ち勝つことを重要視してきました。 しかし、Goプリでは 絶望を受け入れ、辛いことがあるからこそ人として成長できるという、それまでのプリキュアにない新しい考え方を提示しました。 日々の辛い出来事に押しつぶされ、挫けそうになった時に聞きたいセリフですね! 【プリキュアシリーズ】名言第8位 好きな誰かを独り占めするよりも、好きな人が好きな人を、自分も好きになって、そうやって人の輪が広がっていくほうが、何か、いいじゃない(菱川六花) 『ドキドキ! プリキュア』47話で、キングジコチューがレジーナに対して「お前は私だけを見ていればいいのだ」と言ったことに対して、六花はそういう気持ちも分かる、 自分にもその気持ちに覚えがあると認めた上でこのセリフを言いました。 ドキプリでは、嫉妬や独占欲に対する考えなど、女児向けアニメにしては少し大人なテーマを扱った作品で、特に誰にでも愛を振りまく マナの相棒的存在である六花の考え方が全て集約されています。 世界中の人々がこんな考え方になれば、きっと世界はもっと平和になると思える名セリフです。 【プリキュアシリーズ】名言第7位 たとえどんな状況にあっても、私達の心の中までは誰も手出しできない。 私達の心の中の宇宙は、誰からも自由だわ! (雪城ほのか) 『ふたりはプリキュアMaxHeart』最終回の決戦で、近づくことすらできない圧倒的な力の差を感じ世界が崩壊していく中でも、なぎさとほのかは 宿題を出し忘れていることや、アサリを買ってくるようお使いを頼まれたことを思い出しました。 呑気に話す二人に、あきれ返るメップルでしたが、なぎさの「何考えたって自由でしょ!」という返事にほのかがこのセリフで応えました。 初代プリキュア二人の強さがどこに由来するかがよく分かります。 様々な圧力を受ける日々の中でも 自分らしく生きようと思える名言ですね。 【プリキュアシリーズ】名言第6位 私が歩く私の道は、私が決める私だけの道。 例えそれは遠回りだとしても、これが、嘘偽りのない私の想い、私のわがまま、私の、道です!!(青木れいか) 『スマイルプリキュア!』43話で、留学の話が持ち上がったれいかが、ジョーカーの戦いの中で 「本当は留学したくない、みんなと一緒にいたい」と本音を明かし、ジョーカーに「道を見失ったか!?」と言われて返したセリフです。 この回では、れいかが留学を喜ぶ周りの期待に応えたいという気持ちと、本当はここに残りたいという気持ちが葛藤するのですが、戦いの中でスマイルたちの本当の気持ちを知り、 「寄り道、脇道、回り道。 しかし、それらも全て道」であるという結論に至りました。 脇道や回り道は無駄な時間に思えてしまいますが、 それも全て人生に必要な時間であることを教えてくれる名言ですね! 【プリキュアシリーズ】名言第5位 男の子だってお姫様になれる!(野乃はな) 『HUGっと! プリキュア』19話で、オシマイダーに捕まってしまい 「僕、お姫様ポジションになっちゃってない?」と苦笑するアンリに対してはなが言ったセリフ。 ハグプリは作品を通してジェンダーや多様性に関する問題に深く切り込んでいますが、この回は特に「女の子はヒーローになれない」という言葉に対しての 「誰の心にだってヒーローはいる!人の心を縛るな!」や、白いドレスを馬鹿にされたアンリの 「自分の心に制約をかける。 それこそ時間、人生の無駄」など名言が炸裂しました。 この回は大きな話題となり、 ニュースにも取り上げられるほどの支持を得ました。 自分が自分らしく生きるための勇気をもらえる名言です! 【プリキュアシリーズ】名言第4位 世界を独り占めしたら、確かにワガママ勝手し放題。 けどね、たった一人の世界だったら、あなたは横入りも信号無視もできなくなるんだよ。 (相田マナ) 『ドキドキ! プリキュア』49話の最終決戦で、 世界は全て自分のものだと主張するラスボスに向けてマナが言ったセリフ。 プリキュアやその家族たちなど、自分に立てつく人間を全て排除すると宣言したラスボスに対してマナが優しく語りかけました。 マナは 自己中は結局誰かに迷惑をかけることで初めて成立するものであり、誰もいなければ自己中ではいられなくなることを諭しました。 この世界は周りの人たちとの助けや協力があって初めて成り立っていることを改めて教えてくれる名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第3位 失敗したら、もう一度やり直せばいいんだよ!チャレンジは、何度だって出来るんだから!(夢原のぞみ) 『Yes! プリキュア5』16話で、自分の小説にダメ出しをされて落ち込む小町に対してのぞみが言ったセリフ。 小町は小説家になることが夢で、書いた小説をナッツに見せたものの酷評され、あまつさえ 小説をプリキュアたちを窮地に追い込む道具として利用されてしまいました。 謝る小町にナッツは 「自分を責めて落ち込んでも何も変わらない」「最初から上手くは書けない」と、みんな失敗を繰り返しながらそれでも頑張っていることを諭しました。 夢を追いかけても中々思う様な結果が得られない人に聞いてほしい名セリフです。 【プリキュアシリーズ】名言第2位 私達は完璧じゃないから・・・。 完璧じゃないから、足りないところを補い合って助け合うの!息が合わなくても、手を繋げば勇気が沸く。 一人で無理でも、二人なら出来る。 そう、だから・・・だからプリキュアは、「ふたり」なの!!(日向咲、美翔舞) 映画『ふたりはプリキュア Sprash Star チクタク危機一髪!』で、咲と舞はすれ違いからウザイナーとの戦いで離れ離れに。 このセリフは 離れたお互いの大切さを再確認した2人が再開し、映画版のボスキャラであるサーロインに向かって言ったものです。 本編ではプリキュアにしては珍しくほぼ喧嘩をしなかったため、映画を丸々使って初めて二人が大きな喧嘩をし、仲直りをしました。 このセリフにはプリキュアとしてのあり方がよく表現されており、 プリキュアがなぜ複数人で紡がれる物語なのかがよく分かる名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第1位 自分を信じて! そうだよ・・・私達は、プリキュアだもん! こんな時だって私達は・・・ 絶対に諦めない!!(美墨なぎさ、野乃はな、雪城ほのか) 第1位は『HUGっと! プリキュア』37話で、暴走するトラウムロボを止めるため、 歴代のプリキュアが勢ぞろいで戦う中、ロボが地球を超えるサイズにまで膨れ上がってしまいどう倒せばと動揺する中で3人が言ったセリフ。 新しいプリキュアたちから生まれてくる名言にも注目! 上位には、プリキュアを体現するような名言を集めましたが、今回紹介した名言以外にも、 プリキュアには人生のためになる名言が多く存在します。 また、現在は 14代目となる『スタートゥインクルプリキュア』のプリキュアたちが活躍しています。 是非気になった作品を(スタプリはリアルタイムで!)直接見て名言がどのように生まれるのか、 その目で確かめてみて下さい! 関連記事をご紹介!.

次の

ウォルト・ディズニーの名言・言葉(英語&日本語)

名言 英語 プリンセス

幅広い世代に愛されるプリキュアシリーズとは? 『プリキュアシリーズ』とは、2004年に放送された 『ふたりはプリキュア』を始めとする女児向けアニメの総称で、15年間の間に16作品が作られ、14代にも渡るプリキュアたちが生み出されてきました。 妖精たちの力でプリキュアに変身した女の子たちが、世界を支配しようとする敵と立ち向かっていくというストーリーが、どのシリーズにも共通していますが、その他にも作品ごとに「テーマ」などが決められており、それぞれに個性豊かなキャラが魅力です。 また児童向けにも関わらず、勧善懲悪に収まらない、練り込まれたストーリー展開は 大人たちをも魅了し、15年もの間幅広い層からの支持を得てきました。 【プリキュアシリーズ】名言第18位 無駄な努力なんて無い。 どんな事でも一生懸命頑張れば、きっと自分の力になる(リコ) 『魔法つかいプリキュア! 』14話で、みらいが数学の赤点を取り、何でもできるリコを羨ましがるも、 本当は誰よりも努力を重ねたのがリコであることが分かった時のセリフ。 リコは魔法界からやってきて、漢字や化学式など今まで見たことのないものばかりでしたが、それでも 「全部頑張りたい。 無駄な努力なんてない。 」と努力を重ねて優秀な成績を収めていました。 ついつい効率を重視して、 それが本当に必要な努力なのか考えながら行動してしまいがちな大人の胸に刺さる言葉です。 【プリキュアシリーズ】名言第17位 太陽の様に強く明るい人も、月の様に深く静かな人も・・・みんな、心のどこかに悩みを抱えては苦しんでいて、それでも、光を求めては一生懸命生きている(花咲つぼみ) 『ハートキャッチプリキュア! 』47話で、サバーク博士に 「お前は変わってなどいない。 弱いプリキュアのままだ」と言われたつぼみが、昔の自分が臆病で引っ込み思案だったことを認めながら言ったセリフ。 つぼみは 明るく見える人や落ち着いて見える人たちにも悩んでいることはあって、それでも懸命に生きていることをプリキュアになって初めて知り、プリキュアになったことで人の想いに触れることができたと話しました。 いつも笑顔の人や明るい性格の人は、何も悩みがないように思ってしまいがちですが、 誰もが悩みを抱えながら生きていることに改めて気づかされる名言です。 一度見た幸せは、どんな苦しみや悲しみの中でも、無くなったりしないはずだよ!!(愛乃めぐみ) 『ハピネスチャージプリキュア! 』43話で、ブルーへの失恋から敵側に寝返ったクイーンミラージュに対して、めぐみが言ったセリフ。 ミラージュは こんな苦しい思いをするなら恋なんてしなければよかったと後悔を口にしましたが、同じくブルーに恋心を寄せるめぐみのこの説得によって自分を取り戻しました。 ブルーとミラージュが復縁すれば自分が失恋してしまうことを知りながらも、全員の幸せを願ってミラージュを説得しためぐみの想いに胸が痛むシーンです。 辛いことがあるとそればかりに目が行ってしまいがちですが、 悲しみの中にある幸せに気づかせてくれる名言ですね。 【プリキュアシリーズ】名言第15位 何の努力もしないで叶う夢なんて、夢じゃない!!(春野はるか) 『Go! プリンセスプリキュア』47話で、敵の罠に陥って幸福と怠惰の世界に入り込んでしまった時のはるかのセリフ。 地面に撒いた種がすぐに花を咲かせたのを見て、花が美しいのはきれいだからではなく、 咲くための努力を積み重ねているからだ、こんなのは花じゃないと訴えました。 はるかは作品を通して 「プリンセスになる」という夢のために努力を重ねており、そんなはるかの「何の努力もしないで叶う夢なんて、夢じゃない!!」という言葉は、夢を追いかける全ての人が励まされますね。 【プリキュアシリーズ】名言第14位 どうでもよかったら怒ったりしない!大切だから怒るんだよ。 どうでもいい人を怒ったりしないよ(南野奏) 『スイートプリキュア』6話で、喧嘩して敵に取り込まれた弟に対して言った奏のセリフ。 バレンタインのお返しを奏に内緒で作っていた弟に、 キッチンを散らかしてしまったことを叱ったことが喧嘩の原因でした。 弟は「姉ちゃんは俺のことが大っ嫌いなんだ」と泣きじゃくりましたが、それを奏が否定しこのセリフで呼びかけました。 響や弟に対していつも怒り気味で厳しく見える 奏の愛情深さを感じるシーンです。 愛があるからこそ叱責されることもあると考えさせられる名セリフ。 【プリキュアシリーズ】名言第13位 何をもってパーフェクトと呼ぶか、それは人の心によって変わるのよ(キラ星シエル) 『キラキラプリキュアアラモード』29話で、おばあさんの頼みで抹茶のお菓子を作ることになったゆかりに、いちかがマカロンを提案しますが、 マカロンは作り方が難しく、完璧に作れないとためらうゆかりにシエルが言ったセリフ。 元々シエルはいちご山の妖精・キラリンで、プリキュアになるという夢を叶えるために いちご山を飛び出してパリで修行するほどガッツがあり、たくさんの努力を積み重ねて「天才パティシエ」と呼ばれるまでに成長しました。 そんなシエルの芯の強さがよく表れており、 他人の評価に流されてしまいがちな人々の胸を打つ名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第12位 名前は親から貰う最初の愛情(青木れいか) 『スマイルプリキュア! 』19話で、自分の名前の由来を調べることになり、名付け親である 亡き父との思い出や名前に込めた想いを知ったやよいに向けてれいかが言ったセリフ。 この回ではやよいがアカンベエとの戦いの中で亡き父との思い出がよみがえり、やよいという名前に込めた想いを知って父親の愛を知るという、名エピソードです。 普段は忘れてしまいがちな 親の愛は、自分が生まれた時からずっとそばにあることが分かる素敵なセリフですね。 【プリキュアシリーズ】名言第11位 私はずっと同じ私じゃないの!昨日の私より、一時間前、一分前、一秒前!そんな私より、もっといい自分になりたい!(夢原のぞみ) 映画『鏡の国のミラクル大冒険!』で、遊園地の空間で 自分のコピーであるダークドリームと戦ったドリームが叫んだセリフです。 始めは自分と全く同じパワーを持つダークドリームに苦戦していたドリームでしたが、この言葉で自分を奮い立たせてダークドリームに打ち勝つことができました。 『Yes! プリキュア5』は作品を通してプリキュアたちが夢のために努力を重ねていく姿を描いています。 夢のために自分を成長させ、古い自分を超えていく姿を描いたこの映画は、 『Yes! プリキュア5』の集大成とも言える作品となりました。 大人になって成長することを止めてしまいがちな人々に聞いてもらいたい名言です! 【プリキュアシリーズ】名言第10位 苦しみも、悲しみも・・・別々だからこそ、お互いに心を支え合うことが出来るの(宇佐美いちか) 『キラキラプリキュアアラモード』32話で、 「何がわかるのよ。 あんたたちと一緒にしないでよ。 私となんか全然違うくせに!」と叫ぶビブリーにいちかが言ったセリフ。 ビブリーは幼い頃から孤独な生活を続け、その孤独に付け込まれる形で敵のボスの配下となった経緯がありました。 『キラキラプリキュアアラモード』のプリキュアは他の作品と比べても人数が多く、とても個性的な面子が揃っています。 しかし、そんな個性的な面子だからそこ、 お互いが自分とは違う存在であることを認め、それぞれの長所と短所を理解し、補い合う大切さがよく分かる作品でもあります。 これから益々国際化や共生社会が進んでいく日本に残していきたい名言ですね! 【プリキュアシリーズ】名言第9位 楽しい事と辛い事は背中合わせ…でも!だから…今の私が居る!夢も絶望も、その両方が私を育ててくれた(春野はるか) 『Go! プリンセスプリキュア』50話の、最終決戦の中で「絶望は消えない!」と言うクローズに対してはるかが言ったセリフ。 はるかは 「絶望が消えない」という事実を認めた上で、絶望も希望も必要であることを訴えました。 プリキュアは女児向けアニメということもあり、基本的に絶望に対しては、否定的な意見が多く、その絶望に打ち勝つことを重要視してきました。 しかし、Goプリでは 絶望を受け入れ、辛いことがあるからこそ人として成長できるという、それまでのプリキュアにない新しい考え方を提示しました。 日々の辛い出来事に押しつぶされ、挫けそうになった時に聞きたいセリフですね! 【プリキュアシリーズ】名言第8位 好きな誰かを独り占めするよりも、好きな人が好きな人を、自分も好きになって、そうやって人の輪が広がっていくほうが、何か、いいじゃない(菱川六花) 『ドキドキ! プリキュア』47話で、キングジコチューがレジーナに対して「お前は私だけを見ていればいいのだ」と言ったことに対して、六花はそういう気持ちも分かる、 自分にもその気持ちに覚えがあると認めた上でこのセリフを言いました。 ドキプリでは、嫉妬や独占欲に対する考えなど、女児向けアニメにしては少し大人なテーマを扱った作品で、特に誰にでも愛を振りまく マナの相棒的存在である六花の考え方が全て集約されています。 世界中の人々がこんな考え方になれば、きっと世界はもっと平和になると思える名セリフです。 【プリキュアシリーズ】名言第7位 たとえどんな状況にあっても、私達の心の中までは誰も手出しできない。 私達の心の中の宇宙は、誰からも自由だわ! (雪城ほのか) 『ふたりはプリキュアMaxHeart』最終回の決戦で、近づくことすらできない圧倒的な力の差を感じ世界が崩壊していく中でも、なぎさとほのかは 宿題を出し忘れていることや、アサリを買ってくるようお使いを頼まれたことを思い出しました。 呑気に話す二人に、あきれ返るメップルでしたが、なぎさの「何考えたって自由でしょ!」という返事にほのかがこのセリフで応えました。 初代プリキュア二人の強さがどこに由来するかがよく分かります。 様々な圧力を受ける日々の中でも 自分らしく生きようと思える名言ですね。 【プリキュアシリーズ】名言第6位 私が歩く私の道は、私が決める私だけの道。 例えそれは遠回りだとしても、これが、嘘偽りのない私の想い、私のわがまま、私の、道です!!(青木れいか) 『スマイルプリキュア!』43話で、留学の話が持ち上がったれいかが、ジョーカーの戦いの中で 「本当は留学したくない、みんなと一緒にいたい」と本音を明かし、ジョーカーに「道を見失ったか!?」と言われて返したセリフです。 この回では、れいかが留学を喜ぶ周りの期待に応えたいという気持ちと、本当はここに残りたいという気持ちが葛藤するのですが、戦いの中でスマイルたちの本当の気持ちを知り、 「寄り道、脇道、回り道。 しかし、それらも全て道」であるという結論に至りました。 脇道や回り道は無駄な時間に思えてしまいますが、 それも全て人生に必要な時間であることを教えてくれる名言ですね! 【プリキュアシリーズ】名言第5位 男の子だってお姫様になれる!(野乃はな) 『HUGっと! プリキュア』19話で、オシマイダーに捕まってしまい 「僕、お姫様ポジションになっちゃってない?」と苦笑するアンリに対してはなが言ったセリフ。 ハグプリは作品を通してジェンダーや多様性に関する問題に深く切り込んでいますが、この回は特に「女の子はヒーローになれない」という言葉に対しての 「誰の心にだってヒーローはいる!人の心を縛るな!」や、白いドレスを馬鹿にされたアンリの 「自分の心に制約をかける。 それこそ時間、人生の無駄」など名言が炸裂しました。 この回は大きな話題となり、 ニュースにも取り上げられるほどの支持を得ました。 自分が自分らしく生きるための勇気をもらえる名言です! 【プリキュアシリーズ】名言第4位 世界を独り占めしたら、確かにワガママ勝手し放題。 けどね、たった一人の世界だったら、あなたは横入りも信号無視もできなくなるんだよ。 (相田マナ) 『ドキドキ! プリキュア』49話の最終決戦で、 世界は全て自分のものだと主張するラスボスに向けてマナが言ったセリフ。 プリキュアやその家族たちなど、自分に立てつく人間を全て排除すると宣言したラスボスに対してマナが優しく語りかけました。 マナは 自己中は結局誰かに迷惑をかけることで初めて成立するものであり、誰もいなければ自己中ではいられなくなることを諭しました。 この世界は周りの人たちとの助けや協力があって初めて成り立っていることを改めて教えてくれる名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第3位 失敗したら、もう一度やり直せばいいんだよ!チャレンジは、何度だって出来るんだから!(夢原のぞみ) 『Yes! プリキュア5』16話で、自分の小説にダメ出しをされて落ち込む小町に対してのぞみが言ったセリフ。 小町は小説家になることが夢で、書いた小説をナッツに見せたものの酷評され、あまつさえ 小説をプリキュアたちを窮地に追い込む道具として利用されてしまいました。 謝る小町にナッツは 「自分を責めて落ち込んでも何も変わらない」「最初から上手くは書けない」と、みんな失敗を繰り返しながらそれでも頑張っていることを諭しました。 夢を追いかけても中々思う様な結果が得られない人に聞いてほしい名セリフです。 【プリキュアシリーズ】名言第2位 私達は完璧じゃないから・・・。 完璧じゃないから、足りないところを補い合って助け合うの!息が合わなくても、手を繋げば勇気が沸く。 一人で無理でも、二人なら出来る。 そう、だから・・・だからプリキュアは、「ふたり」なの!!(日向咲、美翔舞) 映画『ふたりはプリキュア Sprash Star チクタク危機一髪!』で、咲と舞はすれ違いからウザイナーとの戦いで離れ離れに。 このセリフは 離れたお互いの大切さを再確認した2人が再開し、映画版のボスキャラであるサーロインに向かって言ったものです。 本編ではプリキュアにしては珍しくほぼ喧嘩をしなかったため、映画を丸々使って初めて二人が大きな喧嘩をし、仲直りをしました。 このセリフにはプリキュアとしてのあり方がよく表現されており、 プリキュアがなぜ複数人で紡がれる物語なのかがよく分かる名言です。 【プリキュアシリーズ】名言第1位 自分を信じて! そうだよ・・・私達は、プリキュアだもん! こんな時だって私達は・・・ 絶対に諦めない!!(美墨なぎさ、野乃はな、雪城ほのか) 第1位は『HUGっと! プリキュア』37話で、暴走するトラウムロボを止めるため、 歴代のプリキュアが勢ぞろいで戦う中、ロボが地球を超えるサイズにまで膨れ上がってしまいどう倒せばと動揺する中で3人が言ったセリフ。 新しいプリキュアたちから生まれてくる名言にも注目! 上位には、プリキュアを体現するような名言を集めましたが、今回紹介した名言以外にも、 プリキュアには人生のためになる名言が多く存在します。 また、現在は 14代目となる『スタートゥインクルプリキュア』のプリキュアたちが活躍しています。 是非気になった作品を(スタプリはリアルタイムで!)直接見て名言がどのように生まれるのか、 その目で確かめてみて下さい! 関連記事をご紹介!.

次の

ディズニープリンセスの名言・名セリフを英語で読もう!33選まとめ

名言 英語 プリンセス

16歳のアリエルは、海の王国を統率するトリトン王の末娘。 海の世界で、友達のセバスチャンやフランダーたちと遊んで過ごしています。 美しい容姿と持ち前の歌声や明るい性格で楽しい日々を過ごしながら、人間になることを夢見ています。 映画『リトルマーメイド』は、アリエルが人間の世界に行くために魔女のアースラと危険な取引をしてしまいますが、そこで人間の王子、エリックと出会い恋に落ちる物語。 I suppose it all depends. (何が人を特別にしているのかしら?それは多分、全部人によるのよ。 だからこそ私たちはそれぞれユニークなの。 私たちはそれぞれ個性があって、それを認め合うのが友達。 (見ていて。 私はいつかあなたの世界の一部になるから。 エリックのことが大好きだからこそ、大好きな人が生きている世界に加わりたいという気持ちが伝わってきます。 (何かをして欲しいなら、まずは自分がやらないといけないよ。 )」 出典: 私たちの生活にも共通する名言。 人に何かをしてもらう時や頼む時、まずは自分がやって見せないといけません。 これは仕事や子育てにも密接に関わってきます。 他人にお願いをすることなら、自分も体験する価値がありますしね。 (希望と夢が常に存在している世界がある。 )」 出典: 人間の世界には、常に希望と夢が混在していますが、それはアリエルにとって当たり前ではないのです。 可能性が制限されている海の世界とは異なり、私たちが生きる世界には無限の可能性が秘めています。 当たり前のことを気づかせてくれる、少しファンシーで可愛い名言です。 )」 出典: 何事もまずは自分を信じることが大事!と教えてくれる名言。 「もう潮時かも…」と思っても、あと一回、もう一回だけ自分を信じて挑戦すれば、成功するかもしれません。 もし失敗してしまっても、何かをつかめるかも。 (今までこんなに美しいものを見たことある?)」 出典: 地上の世界から落ちてきたと思われるフォークを拾った時にアリエルが言ったセリフ。 自分が当たり前だと思って見ていたり使っていたりしているものは、他の人にとって、とっても素敵だったり、もしくはその逆だったりすると気づかされる名言です。 フォークを見つけた時のアリエルの表情がとっても純粋で可愛いので、見逃さないでくださいね。 (いつ、どのようにかは分からないけど、私の中で何かが始まったことだけは確か。 「詳しくはよくわからないけど、なんだか手応えがある」そんな時ってありますよね。 アリエルにとって、外の世界に行くことは決して簡単なことではありません。 でもその夢が叶った時、彼女にとっての何かが始まったということですね。 He loves me not. He loves me. I knew it! (彼は私を愛してる。 愛してない。 愛してる。 やっぱり分かってたわ!)」 出典: このセリフは、アリエルがエリックのことを想いながら花占いをしているシーンで生まれた名言。 これを真似して花占いをした方もいるのでは??喜んでいるアリエルがとっても可愛いんです。 このことがきっかけでセバスチャンの忠告を聞かず、アリエルは地上の世界に行こうとします。

次の