メリッサ スー アンダーソン。 【あの人は今】あれから40年あまり「大草原の小さな家」のインガルスファミリー (2019年6月14日)

メリッサ・ギルバート

メリッサ スー アンダーソン

その後1985年から1989年まで続いた「Highway to Heaven」というテレビドラマにキャスティングされますが、この番組の終了の2年後、膵臓がんにより54歳という若さでこの世を去りました。 テレビドラマ界で最も有名な母親の一人でもある キャロライン・インガルス役を務めたのはカレン・グラッスルです。 その後彼女は「The Love Boat 」や「Murder She Wrote 」などに出演しましたが、彼女自身はテレビドラマの仕事よりも演劇や舞台の仕事の方がお気に入りだったようです。 このドラマの主人公ともいえる ローラ・インガルスは、アメリカの女優メリッサ・ギルバートによって演じられました。 また2008 年から2010 年まで上演されたミュージカル版「大草原の小さな家」では、なんと母親のキャロライン役を務めています。 ギルバートにはまた、才能豊かな兄弟がいます。 妹のサラは「ロザンヌ」や「ビッグバンセオリー」などのテレビドラマに出演、弟のジョナサンは「大草原の小さな家」で嫌われ役のウィリー・オルソンを演じています。 ただその美貌はいまだに健在で、あのウォルナット・グローブにいた女の子の面影は今でもしっかりと残っています。 ドハーティーのキャリアが一気に開花したのは90 年代に出演した「ビバリーヒルズ青春白書」で、その後は「チャームド〜魔女 3姉妹〜 」にもプルーという名前の魔女役で登場しています。 以来主にテレビドラマの世界で活躍してきたドハーティーですが、現在は乳がんの闘病のため活動を休止しているそうです。 「大草原の小さな家」の終了後、彼はマイケル・ランドンと共に「Highway to Heaven」に出演しますが、その直後の1989年に肺がんのためこの世を去ったそうです。 「大草原の小さな家」では本当の意味での「悪人」は出てきませんが、恐らく ハリエット・オルソンは憎まれ役だったといえるかもしれません。 この役を演じたキャサリン・マグレガーは、まさにこのハリエットというキャラクターを伝説的な存在にまで高めた功労者といえるでしょう。 ウォルナットグローブの登場人物の中でも、ここまで視聴者に嫌われながらも、同時に愛されたキャラクターというのは他にいません。 現在93歳となったキャサリンは、この番組の終了と同時にテレビの世界を去り、演劇と自己啓発、そしてヒンドゥー教へと傾倒する人生を歩んでいるそうです。 ハリエットの夫 ネルス・オルソンは、そんな妻に翻弄される印象的な登場人物でした。 Goodnight Pa. — Arngrim Arngrim この役を演じたリチャード・ブルは、まさにこの「大草原の小さな家」が役者キャリアのピークでした。 というのも、この番組の前後に彼が出演したのはテレビドラマのほんの端役に限られ、唯一の大きな仕事は前述の「Highway to Heaven」に数エピソード出演したのみでした。 彼は2014年に89歳で亡くなっています。 オルソン夫妻の娘 ネリーは母親譲りの性格の持ち主で、周りをイラつかせる天才というキャラクターでした。 ネリー役を務めたアリソン・アーングリンの印象は非常に強く、彼女はこの役でいくつもの賞を受賞したほどでした。 中には、番組終了から30年以上も経って発表される賞さえあったそうです!アリソンは80年代に役者としての活動を休止したといいますが、56歳の現在はエイズや児童虐待などの撲滅キャンペーンに参加したりと精力的に表舞台に登場するようになっています。 時にはスタンダップコメディを行うこともあるそうです。 しかし、過去の栄光は彼女にとって完全に忘れ去られた記憶の中の出来事というわけでもないようです。 というのも彼女は自伝を出版しているのですが、その中でかつての共演者でもあるメリッサ・スー・アンダーソンについて辛辣な批判を展開しているのです。 劇中でも仲の良くなかった2人でしたが、まさかその確執が現実世界でも2人の大女優の間に未だに横たわっているとは驚きですね。 2 人目となる養子としてやってきたのは ジェイムスです。 あの可愛かったジェイムスが、後に「ジュノ」や「ハンコック」、「モンスター上司」などに出演することになるなど、一体誰が想像したでしょうか。 ハリウッドでも一流と言われる彼のキャリアは、すべてウォルナットグローブから始まったのです。

次の

映画「誕生日はもう来ない 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

メリッサ スー アンダーソン

略歴 [ ] 出身。 『大草原の小さな家』以前からとして活躍。 その他にホラー映画『誕生日はもう来ない』で主演も務める。 『大草原の小さな家』シリーズの出演者の中で唯一にされた。 この時点では惜しくも受賞とはならなかったものの、スペシャルドラマ Which Mother Is Mine? にて1979年にエミー賞を受賞。 日本においても映画雑誌の表紙を飾るなどアイドル女優として人気を博す。 以降もテレビを中心に女優活動を続けている。 に脚本家・プロデューサーのマイケル・スローンと結婚し2人の子供がいる。 7月にの市民権を取得した。 現在は在住。 5月に自伝『The Way I See It』を発表。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1976 ある勇気の物語! M10. 5 10. 5 Apocalypse 大統領夫人メーガ・ホリスター テレビ映画 2007 Marco Polo 母親 声のみ、クレジットなし テレビシリーズ [ ] 放映年 邦題 原題 役名 備考 1972 Bewitched 少女 1エピソード 1973 The Brady Bunch ミリセント 1エピソード Shaft キャシー 1エピソード 1974-1981 Little House on the Prairie メアリー 163エピソード 1984 Murder, She Wrote エヴァ・クリスタル エピソード『映画セットは死のにおい』 1987-1988 The Equalizer イヴェット・マーセル 4エピソード テレビアニメ [ ]• 1993-1994 出典 [ ]• 2011年1月27日時点のよりアーカイブ。 2010年12月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

「大草原の小さな家」の個性豊かな人気俳優たちは今…

メリッサ スー アンダーソン

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 生後3日で俳優と元女優の養子として迎えられる。 『大草原の小さな家』にウィリー役で出演していたと女優のは戸籍上は兄弟である。 俳優としてのキャリア [ ] 2歳からCMに出演し、7歳で本格的に演技を始める。 より放送が開始されたTVドラマシリーズ『』でローラ役を演じ、一躍子役スターとなる。 のスペシャル『Little House: Bless All the Dear Children』までローラを演じ続けた。 最年少でを受けた。 15歳のときに制作プロダクションを設立し、『奇跡の人』を制作しにノミネートされた。 以降はテレビを中心に活動している。 2009年に自伝『「大草原の小さな家」主演女優の半生記 「ローラ」と呼ばれて』を発表し、過去にアルコールやドラッグ中毒であった事を告白した。 『』授賞式にて 1991年 政治家としてのキャリア [ ] 2015年8月10日、2016年の選挙において、ミシガン州の選挙区で民主党から下院議員に立候補することを発表した。 しかし、2016年5月、健康問題を理由に撤退を表明した。 人物 [ ] 交際/結婚歴 [ ] 俳優との交際は有名で結婚まで噂されたこともあった。 それ以外にも、、、などと浮名を流す。 大草原の小さな家で敵役だったネリー役のとは実生活では親友。 逆に姉のメアリー役だったや夫アルマンゾ役のディーン・バトラーとは撮影当時から一定の距離があったと自伝にて認めている。 にのボー・ブリンクマンと結婚し一児もうけるも、に離婚。 にのと再婚したが、2011年離婚を申請した。 そして2013年4月、俳優のティモシー・バスフィールドと再々婚をし、ミシガン州に移住した。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 放映年 邦題 原題 役名 備考 1979 奇跡の人 The Miracle Worker テレビ映画 1980 アンネの日記 The Diary of Anne Frank テレビ映画 1981 草原の輝き Splendor in the Grass ウィルマ・ディーン・ローミス テレビ映画 1985 跳べ! Emmytvlegends. org. 2014年5月19日閲覧。 2008年7月5日閲覧。 momlogic. com 2009年6月22日. 2009年6月25日時点のよりアーカイブ。 2010年4月11日閲覧。 Spangler, Todd 2015年8月10日. Detroit Free Press. 2015年8月10日閲覧。 Pael, Wayne 2015年8月10日. Livingston Daily. 2015年8月10日閲覧。 Oosting, Jonathan 2015年8月10日. MLive. com. 2015年8月10日閲覧。 May 24, 2016, Detroit Free Press• People 2013年4月25日. 2013年4月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• 1933• 1933-1935• 1935-1938• 1938-1940• 1940-1942• 1942-1944• 1944-1946• 1946-1947• 1947-1952• 1952-1957• 1957-1958• 1958-1959• 1959-1960• 1960-1963• 1963-1965• 1965-1971• 1971-1973• 1973-1975• 1975-1979• 1979-1981• 1981-1985• 1985-1988• 1988-1995• 1995-1999• 1999-2001• 2001-2005• 2005-2009• 2009-2012.

次の