デヨング。 ナイジェル・デ・ヨング

ナイジェル・デ・ヨング

デヨング

でのデ・ヨング(2011年) 名前 愛称 、芝刈り機 ラテン文字 Nigel DE JONG 基本情報 国籍 生年月日 1984-11-30 (35歳) 出身地 身長 174cm 体重 72kg 選手情報 在籍チーム () ポジション DMF 背番号 8 利き足 右足 ユース 1993-2002 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2002-2006 96 9 2006-2009 66 3 2009-2012 104 1 2012-2016 78 6 2016 18 0 2016-2018 18 1 2018 11 0 2018-2019 () 21 4 2019- () 0 0 代表歴 2002-2005 U-21 10 0 2004-2015 81 1 1. 国内リーグ戦に限る。 2018年11月26日現在。 ( ) ナイジェル・デ・ヨング( Nigel de Jong, オランダ語発音: , - )は、・出身の。 の ()所属。 ポジションは。 ニヘル・デ・ヨングとカナ表記されることがあるが、オランダ語でも発音はナイジェル。 経歴 [ ] クラブ [ ] アヤックス [ ] 9歳でに入り、にのトップチームデビューを果たした。 、の戦で初得点を決め、1-1の引き分けに持ち込んだ。 2003-04シーズンにはトップチームのレギュラーとなり、そのシーズンにのタイトルを獲得した。 翌2004-05シーズンはクラブのシーズン最優秀選手に選ばれた。 しかし、2006-07シーズンは一転して出場機会を失い、には翌年7月末に満了する クラブとの契約延長を拒否した。 ハンブルガーSV [ ] 、のに移籍金約100万ユーロで移籍し、4年契約を結んだ。 同クラブにはとが在籍しており、彼らに次ぐ3人目のオランダ人選手となった。 の戦でデビューし 、の戦では決勝点を決め、バイエルンにそのシーズンのホーム戦初黒星をつけた。 バイエルン戦の翌週の・戦セカンドレグではサッカー人生初となるを受けた。 膝の問題から手術を必要とし、一足早く4月にシーズンを終えた。 復帰を目指してリハビリに取り組んだものの、その怪我のためにに出場できなかった。 マンチェスター・シティ [ ] 、のと4年半の契約を結び 、ハンブルガーには移籍金1800万ユーロが支払われた。 の戦でデビューし 、2008-09シーズンは16試合に出場した。 のアーセナル戦には先発出場し 、の戦ではによってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。 監督によって守備的MFのファーストチョイスとして起用され、このシーズンの活躍によって彼はファンのお気に入りの選手になった。 2009-10シーズンも引き続き主軸としてプレーし、2010-11シーズンになるとが加入したが彼はトップ下での起用が多くレギュラーを守った。 しかし、2011-12シーズンにトゥーレはボランチに戻され、とのコンビが一気に熟成されたため出場機会が減少。 さらに2012-13シーズンには、という新戦力も加わり一気に立場が危うくなってしまった。 ACミラン [ ] 、へ3年契約で移籍し 主力として期待されていた。 しかしとの試合中に相手選手と交錯してアキレス腱を断裂、残りのシーズンをすべて休む羽目となった。 2015年6月26日、ACミランとの契約延長を発表した。 新契約は2018年6月30日まで。 2015-16に監督が就任すると、構想外となり出場機会を失い 、2016年2月1日、選手とクラブ双方の合意の下、契約が解消された。 ロサンゼルス・ギャラクシー [ ] 、へ1年契約で移籍した。 ガラタサライ [ ] 、と2年契約を締結。 マインツ [ ] 、へシーズン終了までの半年契約で完全移籍。 アル・アリ・ドーハ [ ] 2018年7月、の ()に移籍した。 アル・シャハニア [ ] 2019年7月、 ()に移籍 した。 代表 [ ] 、との親善試合でデビューした。 の選考では落とされ 、膝の怪我のためにを逃した。 監督によって出場メンバーに選ばれた。 大会期間中はスクリーニング・ミッドフィールダー( Screening Midfielder, 守備的ミッドフィールダー)としてとコンビを組んだ。 グループリーグからの4試合中3試合に出場し 、準々決勝で対戦した戦ではロスタイムに失点して敗れた。 2009年6月6日、の戦で代表初得点を決め、本大会出場を確定させた。 監督が率いるオランダ代表の一員として本大会に出場した。 初戦の戦には先発出場して2-0で勝利した。 準々決勝の戦で大会通算2枚目のイエローカードを受けたために準決勝の戦には出場できなかった。 決勝の戦には先発出場し、延長戦でのに得点を許して0-1で敗れた。 人物 [ ] 父親の ()はオランダ代表経験のある元サッカー選手であり、ナイジェルがアヤックスの下部組織に入団する頃にナイジェルの母親と離婚し、ナイジェルの養育権を手放した。 既婚者であり、娘と息子がひとりずついる。 欧州と中東での自動車の販売資格を所持している。 プレースタイル [ ] サッカーを始めた頃は想像性豊かなミッドフィールダーあるいはフォワードであった。 AFCアヤックスではセンターハーフや右ウイングなど多くのポジションを経験した。 のとの親善試合において、に仕掛けたタックルがホールデンより遅れて彼の足に入り、ホールデンは右腓骨を骨折して全治6週間の診断を受けた。 決勝の戦ではの胸にを加えた。 主審を務めたはこのプレーを見ておらず、アロンソが苦しむ様子からデ・ヨングにイエローカードを提示したが、試合後にレッドカードに相当するファールだったと認めている。 、プレミアリーグのニューカッスル戦でに仕掛けたタックルが遅れ、ベン・アルファは左足のと腓骨をする全治9ヶ月の怪我を負った。 デ・ヨングのラフプレーがたびたび問題になったことから、オランダ代表の監督はラフプレーによってオランダ代表のイメージが悪化することを恐れ、当初はの代表招集後に合宿で直接デ・ヨンクと話す予定だったが、最終的には招集前に同選手と話をした上で代表メンバーから外すことを決断した。 個人成績 [ ] 2018年3月2日現在 クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 欧州カップ 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2002-03 17 0 0 0 0 0 10 1 27 1 2003-04 32 2 0 0 0 0 5 0 37 2 2004-05 31 5 0 0 0 0 8 1 39 6 2005-06 16 2 0 0 0 0 7 3 23 5 通算 96 9 0 0 0 0 30 5 126 14 2005-06 12 1 0 0 0 0 3 0 15 1 2006-07 18 1 0 0 0 0 5 1 23 2 2007-08 29 1 0 0 0 0 6 1 35 2 2008-09 7 0 2 0 0 0 2 0 11 0 通算 66 3 2 0 0 0 16 2 84 5 2008-09 16 0 0 0 0 0 0 0 16 0 2009-10 34 0 3 0 5 0 0 0 42 0 2010-11 32 1 4 0 0 0 5 0 41 1 2011-12 21 0 1 0 4 1 9 0 36 1 2012-13 1 1 0 0 0 0 0 0 2 0 通算 104 1 8 0 9 1 15 0 137 2 2012-13 12 1 0 0 0 0 4 0 16 1 2013-14 33 2 1 0 0 0 10 0 44 2 2014-15 29 3 1 1 0 0 0 0 30 4 2015-16 5 0 1 0 0 0 0 0 6 0 通算 79 6 3 1 0 0 14 0 95 7 2016 18 0 1 0 2 0 - 21 0 通算 18 0 1 0 2 0 - 21 0 2016-17 18 1 6 0 0 0 - 24 1 2017-18 0 0 0 0 0 0 - 0 0 通算 18 1 6 0 0 0 - 24 1 2017-18 11 0 1 0 0 0 0 0 12 0 通算 11 0 1 0 0 0 0 0 12 0 総通算 384 20 21 1 10 0 73 7 496 29 代表歴 [ ] ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 勝敗 試合概要 1. 2009年6月6日 1-0 2-1 タイトル [ ] クラブ [ ] AFCアヤックス• : 2003-04• : 2005-06• : 2005 代表 [ ] オランダ代表• 準優勝: 個人 [ ]• アムステルダム・タレント・オブ・ザ・イヤー: 2002 脚注 [ ]• FIFA. com. 2010年10月20日閲覧。 Sports Illustrated. com 2003年2月18日. 2010年10月20日閲覧。 ESPN. 2010年10月20日閲覧。 Ajax 2006年1月26日. 2012年4月7日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 Ajax 2005年12月7日. 2012年4月7日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 CNN. 2006年1月26日. 2010年10月20日閲覧。 CNN. 2006年1月28日. 2010年10月20日閲覧。 Irish Examiner. 2006年3月4日. 2010年10月20日閲覧。 The Times. 2006年3月10日. 2010年10月20日閲覧。 CNN. 2006年4月24日. 2010年10月20日閲覧。 (ドイツ語). Der Spiegel. 2006年6月6日. 2010年10月20日閲覧。 FIFA. com 2009年1月21日. 2010年10月20日閲覧。 BBC Sport British Broadcasting Corporation. 2009年1月28日. 2010年10月20日閲覧。 ゲキサカ. 2012年9月1日. 2018年4月9日閲覧。 soccerking 2015年6月26日• - サッカーキング 2016年9月1日• マインツ05 2018年1月5日(2018年1月6日閲覧)• BBC Sport 2018年7月9日. 2019年12月27日閲覧。 rayasports 2019年7月30日. 2019年12月27日閲覧。 ESPN Soccernet. 2010年10月20日閲覧。 2008年5月21日時点のよりアーカイブ。 2010年10月22日閲覧。 BBC Sport British Broadcasting Corporation. undated. 2010年10月20日閲覧。 The Guardian 2010年5月27日. 2010年10月20日閲覧。 FIFA. com 2010年6月14日. 2010年10月20日閲覧。 FIFA. com 2010年7月5日. 2010年10月20日閲覧。 guardian. uk Guardian News and Media Limited. 2009年5月9日. 2010年10月20日閲覧。 BBC Sport. 2010年4月6日. 2010年10月20日閲覧。 スポーツナビ、2010年8月26日• BBC Sport. 2010年10月4日. 2010年10月20日閲覧。 スポーツナビ、2010年10月5日•

次の

ナイジェル・デ・ヨング

デヨング

名前:フレンキー・デ・ヨング Frenkie de Jong 生年月日:1997年5月12日 執筆時年齢:21才 身長:180cm 体重:70kg 国籍:オランダ 背番号:21 これまでの所属クラブ ヴィレムII(~2015) アヤックス(2015~) フレンキー・デ・ヨングのポジション・プレースタイルは? フレンキー・デ・ヨングのポジションは 中盤センター・低めの守備的MFもこなせますね。 あと センターバックも高水準なレベルで出来ますよ。 私は守備的ミッドフィルダーでの起用の方が合っているんじゃないかなと思っています。 正確無比なパスで一気に相手MFだけでなく、DFまで混乱に陥れるのがプレースタイルの特徴でしょうか。 スポンサーリンク 守備網を崩せるパス アヤックスは基本的に国内では、自分たちがボールを持ちポゼッションを高め、 一方で、 対峙する相手DFは基本的にバスを止めるかのように守備を敷きます。 そして アヤックスのポゼッションの中心となっているのがフレンキー・デ・ヨングです。 テンポよくボールを中央からチーム全体に循環させます。 しかしいつまでも縦にパスを入れないと攻撃は始まりません、あたり前のことですけどね… ポゼッションのためのパスは好きだが、引っ掛けるのを恐れたり、密集している相手を苦手とするパサーはいますが、 このデ・ヨングは 積極的にボールを受け、まずは縦を狙います。 その位置がどんな場所でもお構いなしで、正確な縦パスを供給してくれます。 攻撃のギアを一気に入れるパス、裏へドンピシャのパスですね。 せっかく守備のラインを整えていても、 パス一本で崩してくれます。 彼からのロングレンジのパスはアヤックスの攻撃の基本と言っても過言ではないです。 あと気になったことは、パスの精度もそうなのですが、 蹴り方とかがトッテナムのエリクセンそっくりなんですよね~ エリクセンが低めに下がってきた時に、ボールを受けて前線に楔のパスを入れる一連の流れがまんまなんですよね。 本当にかなり意識してるんじゃないかってくらいです。 相手を容易にかわせるテクニック ボールのタッチが柔らかいおかげで、 足元でのコントロールが無茶苦茶安定しています。 そして足元のコントロールに自信を持っているので、低めから試合を作る際、 まずはプレスに来る 第一ディフェンダーを引き寄せてから、 第二ディフェンダーの近くまで運んで、 そして 生まれたスペースや人へボールをはたいて、前に推進させます。 決してボールコントロールが乱れないタッチと、自身、視野すべて揃っているからこそ出来るプレーなんですよね。 パット見リスクもあるので、得策でないように思えますが、 引いている相手に対してどのようにスペースを作っていくか、どのようにマークを崩すのか、 そのような ビジョンが頭の中で構築できているんだろうなぁと感じます。 また意外と身体の強さもしっかりしている、体幹が強いのか?ので、 引き寄せた相手との 競り合いでも負けないで前に運べるのがいいですよね。 身体の使い方がなんとなく前述のエリクセンとか、シティのベルナルド・シルバに似ているんですよね。 守備の貢献 またセンターバックをやることも増えたからなのか、 守備への意識、タックルの精度なども増したように感じます。 前線からの少々アグレッシブなタックルもよく見かけますし、ボールを奪うことに喜びを見出したのかな?とか考えています 笑 実際アヤックスのショートカウンターって、彼から始まることがかなり多いんですよね。 彼の守備への積極性と奪った後の展開の精度のおかげで、 ショートカウンターの精度は欧州のビッグクラブと比較しても、遜色ないのでは?とすら私は思っています! フレンキー・デ・ヨングのプレー動画です。

次の

リーガ準備不足にドクター警鐘も、イスコ、デヨングらケガ人続出中。

デヨング

でのデ・ヨング(2019年) 名前 ラテン文字 Frenkie de Jong 基本情報 国籍 生年月日 1997-05-12 (23歳) 出身地 身長 180cm 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 21 利き足 右足 ユース -2015 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2015 3 0 2016-2019 84 5 2019- 34 2 代表歴 2 2012 U-15 1 0 2014-2015 U-18 5 1 2015-2016 U-19 8 0 2016 U-20 6 1 2017 U-21 6 1 2018- 7 0 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年12月25日現在。 2019年1月23日現在。 ( ) フレンキー・デ・ヨング(Frenkie de Jong, - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 経歴 [ ] 幼少期 [ ] ASV Arkelでフットボールを始めたデ・ヨングは、すでに6歳で才能の片鱗を発揮し、が獲得オファーを出すも両親が時期尚早と判断しこれを断る。 ヴィレムII [ ] 順調に成長し、2005年にかかの選択を迫られ 、「デ・ヨング自身が快適に過ごせるクラブ」としてヴィレムIIへの加入を選んだ。 早くからヴィレムII史上最高のタレントと見なされ、2013年8月1日に16歳で3年契約を結んだ。 リザーブチームでプレーしていた2014-15シーズンにはウィンターブレイク中のトップチームのトレーニングキャンプにも参加した。 2015年5月10日、・戦でトップチームデビューを果たした。 アヤックス [ ] 即座に価値を示したデ・ヨングにはとが関心を示し、デ・ヨングはヴィレムIIとの残り1年となった契約の延長を拒否した。 アヤックスがヴィレムIIに多くの選手をレンタルしていたことも影響し、ヴィレムIIはユースで10年間かけて育てたトップタレントに移籍金としてわずか1ユーロ(その内40セントはRKCに)、1年間はそのままヴィレムIIにレンタルで残し、さらにアヤックスからもレンタルさせることでと移籍合意し、2015年夏の移籍市場の間に4年契約を結んだ。 それに対して交渉過程で自分たちの取り分を求めていた、ヴィレムIIと共同地域ユースを持つRKCが9万ユーロの移籍金を要求して裁判に訴えようとしたが 、最終的に2016年9月28日にRKCが条件を受け入れてヴィレムIIと合意に至った。 アヤックス移籍合意後のヴィレムIIでは、監督のユルヘン・ストレペルが自分たちの選手を優先し、デ・ヨングにほとんどトップチームでの出場時間を与えなかったことで冬にアヤックスに戻り、に加わった。 2016-17シーズンもヨング・アヤックスでプレーし、のシーズン最優秀若手選手に選ばれている。 トップチームに昇格した2017-18シーズン途中には本来の中盤のポジションであるMFからリベロにコンバートされ、チームの守備に安定感をもたらした。 FCバルセロナ [ ] 2019年1月23日、2019年7月1日にに加入することが発表された。 契約期間は5年間で、移籍金は7500万ユーロ、1100万ユーロのボーナス込みで最大8600万ユーロ。 その内ヴィレムIIに600万ユーロ超、RKCに約400万ユーロが分配されることが決まった。 エールディヴィジの選手としては史上最高額、オランダ人選手としては同じくヴィレムIIユース出身のに続く史上2番目の高額移籍となる。 9月14日のリーガ・エスパニョーラ第4節戦でリーガ・エスパニョーラ初得点を記録。 オランダ代表 [ ] 各年代でオランダ代表に選出され、プレーしている。 2018年9月、との親善試合にてA代表デビュー。 2019年9月7日、の戦にて代表初ゴールを決めている。 人物・評価 [ ] スピードと機敏さ、ドリブル 、フィジカル面で劣るものの足元のボールテクニックで圧倒的なプレス耐性を持った上に視野の広さとパス精度を備え、中盤の中央全てのポジションでプレーできる。 象徴的なシーンとして・ラウンド16の戦でを手玉に取ったスキルは各方面から賞賛された。 2018年12月23日、エールディヴィジのシーズン前半戦後のインタビューで自分のプレーの改善点を質問されたデ・ヨングは「ミドルシュート、ロングパス、右足と左足。 組み立てでもっと奥行きを見ること、フィニッシュの局面での貢献、もっと素早くスルーパスを出す相手を探すこと。 それ以外にもまだまだたくさんある。 」と矢継ぎ早に改善点を挙げて話題になった。 フランス代表のは今まで対峙したきた選手の中で一番の選手だったと評した。 バルセロナでアシスタントコーチを務めた経験のあるからはとを掛け合わせたような選手であると評された。 シャビ本人からは「バルセロナに必要なタイプの選手」と認められ、「に似ている」と語られている。 個人成績 [ ] 2019年4月17日現在 クラブ シーズン リーグ カップ戦 国際大会 その他 合計 ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2014—15 1 0 0 0 — — 1 0 ヴィレムII ローン 2015—16 1 0 1 0 — — 2 0 2015—16 15 2 — 15 2 2016—17 31 6 — 31 6 クラブ通算 46 8 0 0 — — 46 8 2016—17 4 1 3 0 4 0 0 0 11 1 2017—18 22 0 2 0 2 0 0 0 26 0 2018—19 31 3 4 0 17 0 0 0 52 3 クラブ通算 57 4 9 0 23 0 0 0 89 4 2019—20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 通算 103 12 9 0 23 0 0 0 135 12 タイトル [ ] アヤックス• 2018-19• 2018-19 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• オランダ代表• 2018年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 10試合1得点(2018年 - ) 年 出場 ゴール 2018 3 0 2019 7 1 合計 10 1 代表での得点 [ ] 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会 1 2019年9月7日 、 1- 1 2- 4 脚注 [ ]• Soccerway. 2018年2月19日閲覧。 Ajax. 2017年7月28日閲覧。 soccerway. com. 2015年6月28日閲覧。 Football Whispers. com. 2018年6月11日閲覧。 Twitter. com. 2018年6月11日閲覧。 footballista. 2019年3月2日閲覧。 FCバルセロナ公式サイト 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 超ワールドサッカー 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 サッカーキング 2018年11月23日 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績.

次の