福島 大学 附属 小学校。 福島大学附属小学校主幹教諭近野典男先生が文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞!|福島大学

福島大学附属特別支援学校

福島 大学 附属 小学校

2016年2月3日 水 附属小学校主幹教諭 近野典男先生が、平成27年度文部科学大臣優秀教員表彰受賞を報告に、学長室を訪れました。 近野先生は、15年間の公立小学校経験を経た後、平成21年度から本校に勤務、本年度は主幹教諭として学校運営の中核を担っている教員です。 子どもたちへの深い教育愛と教育に係わる者としての強い使命感・自覚をもち、大学附属学校としての「教育研究校・地域モデル校・教育実習校」の使命を果たすべく、学校教育充実のため献身的に勤務してきました。 特に、国語科教育に関する理論的・実践的研究に意欲的に取組み、授業公開、全国規模の研究会や学会での発表、図書や雑誌の執筆等を通してその成果を県内外に発信してきました。 言語活動の創意工夫、新たな教材開発等に力を注ぎ、特に、児童から「問い」を引き出し、話し合いによって「読み」を深める読解の授業は、「確かな言語能力」の育成を図る授業として高い評価を受けています。 また、基幹学力研究会の幹事として活躍。 日本国語教育研究学会福島地区研修会においても中心的な役割を担ってきました。 全国規模の研修会等において、講座やワークショップの企画・運営や実践発表を行うなど、全国から集まった国語科教育を志す教育関係者に主張を展開。 本附属小学校の研究紀要に加え、数多くの図書・雑誌等でも執筆、国語科教育を中心とした学習指導の在り方について積極的に発信し続けています。 さらに、県教育委員会や県教育センター、県小学校教育研究会等主催の研究大会や授業研究会、各種研修会等において講師として指導助言や講演等を依頼されることも多く、近年は、県内各地、小さな学校の現職研修等にも精力的、継続的に関わっています。 特に、他校の児童・学級を借りて行う「出前授業」を中心に、児童・学校・地域の実態に応じた具体的な指導、実践的研修を企画するなど、本県の教員研修充実の牽引的役割としても大いに期待されています。 これらの意欲的な取り組みの姿勢が、他の教員の模範となる者と認められ、このたびの受賞となりました。

次の

福島大学附属小学校とは

福島 大学 附属 小学校

2016年2月3日 水 附属小学校主幹教諭 近野典男先生が、平成27年度文部科学大臣優秀教員表彰受賞を報告に、学長室を訪れました。 近野先生は、15年間の公立小学校経験を経た後、平成21年度から本校に勤務、本年度は主幹教諭として学校運営の中核を担っている教員です。 子どもたちへの深い教育愛と教育に係わる者としての強い使命感・自覚をもち、大学附属学校としての「教育研究校・地域モデル校・教育実習校」の使命を果たすべく、学校教育充実のため献身的に勤務してきました。 特に、国語科教育に関する理論的・実践的研究に意欲的に取組み、授業公開、全国規模の研究会や学会での発表、図書や雑誌の執筆等を通してその成果を県内外に発信してきました。 言語活動の創意工夫、新たな教材開発等に力を注ぎ、特に、児童から「問い」を引き出し、話し合いによって「読み」を深める読解の授業は、「確かな言語能力」の育成を図る授業として高い評価を受けています。 また、基幹学力研究会の幹事として活躍。 日本国語教育研究学会福島地区研修会においても中心的な役割を担ってきました。 全国規模の研修会等において、講座やワークショップの企画・運営や実践発表を行うなど、全国から集まった国語科教育を志す教育関係者に主張を展開。 本附属小学校の研究紀要に加え、数多くの図書・雑誌等でも執筆、国語科教育を中心とした学習指導の在り方について積極的に発信し続けています。 さらに、県教育委員会や県教育センター、県小学校教育研究会等主催の研究大会や授業研究会、各種研修会等において講師として指導助言や講演等を依頼されることも多く、近年は、県内各地、小さな学校の現職研修等にも精力的、継続的に関わっています。 特に、他校の児童・学級を借りて行う「出前授業」を中心に、児童・学校・地域の実態に応じた具体的な指導、実践的研修を企画するなど、本県の教員研修充実の牽引的役割としても大いに期待されています。 これらの意欲的な取り組みの姿勢が、他の教員の模範となる者と認められ、このたびの受賞となりました。

次の

福島大学附属小学校とは

福島 大学 附属 小学校

福島大学附属小学校(ふくしまだいがくふぞくしょうがっこう、 The Elementary School Attached to fukushimaUniversity)は、にある附属の国立。 略称は「 福大附属小」(ふくだいふぞくしょう)、福島市近辺では「 附属小」、「 附小」(ふしょう)と呼ばれている。 福島大学附属小学校 過去の名称 福島県師範学校附属小学校初等科 男子部附属国民学校初等科 福島師範学校男子部附属小学校 福島大学福島師範学校附属小学校 福島大学学芸学部附属小学校 福島大学教育学部附属小学校 国公私立の別 設置者 国立大学法人福島大学 併合学校 福島師範学校女子部附属小学校 設立年月日 1880年5月24日 共学・別学 所在地 〒960-8022 概要• 校舎は北校舎と南校舎に分けられる。 南校舎に1階から1、2、6年生が、北校舎に3、4、5年生が入る。 南校舎より北校舎のほうが新しく、(平成8年)に竣功。 クラスの廊下側の壁を扉として開放できる構造とし、廊下の代わりとしてを設け学年活動をしやすくするという当時としては革新的な構造が注目された。 屋上運動場も備えている。 校章は葵。 数々の学校行事の名称にも用いられる。 校舎の周りにも葵の花が多く植えてある。 運動会は『あおいスポーツフェスタ』という行事で、各クラス毎、4チームに分かれる。 緑、黄色、青、赤と帽子(1,2年)やハチマキ(3~6年)で色分けされ、各競技で得たポイントの合計で競われた。 単純な競技ではなく、様々な要素が複合的に組み合わせられた趣向を凝らした競技が行われる。 附属学校であり学区が広いことを利用し、「地区あおい家族」という制度があることが特筆される。 これは、児童の住む地域ごとに生徒全員を学年に関係なくいくつかの縦割りの班に分け、上級生が中心となり学年を超えた交流を持つもので、特別授業などでは班ごとに地域の施設などで活動することもある。 ちなみに学区は公共交通機関を使い1時間以内程度と決まっている。 『あおい家族』という制度があり、1年生を迎える「ようこそ一年生」や6年生を送り出す「ありがとう六年生」が開催される。 また、A~Q班に分けられ、各班2〜4人程度同級生がいる。 宿題がほとんど無い。 教諭によっては生徒に自主的に何をするべきか考えさせて自主勉強ということで提出させる場合もある。 大半の生徒が福島大学附属中学校に入学試験を受け進学する。 当学区の他校に先駆けて環境ホルモンに配慮した食器が給食で使われた。 部活動は、陸上部・合奏部 管弦楽 ・合唱部のみ。 だが、水曜日の6校時目に、夏と秋にクラブ活動がある。 4から6年生の宿泊を伴う校外学習は、年度ごとの担当教師により差があまたで4,5年生のときに例年より遠方に向かうと、修学旅行は例年より近場になる場合もある。 学習発表会の代わりに『うたはともだち』 通称うたとも という歌の発表会がある。 2006年度より入学定員が、160名から120名へ減員された(30人学級の実施)。 それに伴い、2008年度より120名定員の学年が3年生になった時点で、4クラスから3クラス編成へとクラス数が一学級減となった。 「あおい家族」ごとに競って行われるスポーツ大会が毎年行われていたが、2009年にはゆめゆめあおいフェスティバルという文化祭に近いものが行われた。 次年度からは行われなかったが、6年生を中心に開催し劇などで全校生を楽しませた。 5年からピラミッドという問題集が出される。 5年は国語と算数だけだが、6年からは社会と理科も追加される。 2019年度から、ピラミッドドリルというピラミッドよりも問題量が少ない問題集に変わった。 近年増加傾向にある不登校などの対策の一環として、ホットルームと呼ばれる相談室のようなものがある。 ごく僅かだが、一部の生徒はホットルームに登校することもある。

次の