おお つつき いっ しき。 海岸(地名コレクション)

お気楽談話室2009年

おお つつき いっ しき

ニンテンドウカップ99 レポート なんと! この前「」でおこなわれた、ポケモンバトルのグランプリをきめる「ニンテンドウカップ99」に出場した 野並 萌さんの お兄さんが、その時のようすをレポートしてくれました! これはぜったい読(よ)んでソンはないですよっ。 長いケドたっぷりなお話だから「名前をつけて保存」しておいて、後でじっくり読むといいかも。 August '99(1999年8月29日) by Hidaka Nonami E-mail: (Hidakaさんにメールを送るときはこちらまで) 28日(土)午後3:40分頃(ごろ)、ホテルグリーンタワーチェックイン。 部屋番号1115。 ロビーで任天堂(にんてんどう)スタッフの方にポケモンのカセットを預(あず)ける。 ほどなくNスタ(Nintendoスタジアム)編集部(へんしゅうぶ))の方がやってきて、あとで部屋(へや)に簡単(かんたん)なインタビューにうかがう、とのこと。 エレベーターで11階(かい)へ。 部屋の前まで来たが、カギを開けるのにコツがいり、1分ほど悪戦苦闘(あくせんくとう)。 部屋はツインルームで、ふつう程度(ていど)の広さだ(泊(と)まるのは 私と 妹(いもうと)と母)。 荷物(にもつ)をおろし、ちょっと調べたいことがあったのでパソコンを起動(きどう)していると、ノックの音。 早いよ〜顔洗うひまもありゃしません(当日、CHAGE&ASKAのコンサートと重なっていたせいもあり、海浜幕張駅(かいひんまくはり えき=会場のもより駅)はおすなおすなの大盛況(だいせいきょう)。 もう汗ダラダラでした)。 「は〜いどうぞ〜」って母さん母さん、オートロックじゃ開きませんがにゃ。 妹がドアを開けると、Nスタの藤岡さん、カメラマンの方、そして トランセル種市が登場! おおお〜 トランセルだ、動いてるよ〜などと失礼なことを私が考えているうちに、 妹は窓際の席にすわり、向かいのソファーに 種市さんとカメラマンの方が座る。 「じゃ、簡単にゃインタビューを」と 種市さんが切り出し、妹がなんか答えている。 余裕(よゆう)ではなく、私自身もまさか地方大会を突破できるなどとは考えていなかったため、気がぬけてしまっていたのだ。 「64マリオスタジアムは見てる?あ、愛媛(えひめ)ってやってるんですかね」と途中(とちゅう)で 種市さんが、少しはなれて立っていた藤岡さんに尋ねたので、 「ええ、やってますよ。 住んでるのは香川ですけど」と私が答えた。 そういえばこの前番組では「愛媛県の代表」って徹(とおる)さんがいってたな〜。 「優勝する自信ある?」 「…ちょっとだけある」 おいおい!キミ1ヶ月まるまるさわってなかったんやで!大した自信やな 笑。 その後写真を2,3枚とり、インタビュー終了。 ホントに短(みじか)いな〜。 4時半頃にロビーに集合。 選手(せんしゅ)たちも集まり、 妹は 山本紫織(しおり)ちゃんと何やら楽しそうに話している。 順応(じんのう)早いねえ〜と思って見てると、 トランセル氏と見覚えのあるでっかいおじさんが、なんか話し込んでいる。 おお、 紫織ちゃんの お父さんだなとすぐわかり、こちらもごあいさつ。 今後の予定について選手たちにちょっとした説明(せつめい)があり、その後選手+関係者一同はぞろぞろと列(れつ)をなしてメッセ新館ホールへ。 5分ほど歩く間に 紫織ちゃんの お父さん(以下パパさん)とちょっとばかり話す。 5時すぎに到着(とうちゃく)。 ここで関係者であることを証明(しょうめい)するシール('99SPACEWORLD WORKERS(スペースワールド・ワーカーズ)のロゴ入り が配(くば)られ、一同裏手(うらて)の関係者入口からご入場。 なんかいい気分。 会場内ではたくさんのスタッフが後片付けをしている。 メインステージにつき、選手たちは入場などのリハーサルのため前の方へ。 ステージではいかにも撮影現場(さつえいげんば)らしい会話がとびかっている。 同伴者の我々(われわれ)は後ろの方の席で待機(たいき)。 パパさんもひとりでヒマそうにしていたので話しかけようとしていたら、突如(とつじょ)会場にトーナメント表が登場!なに〜!?第一試合!?! 「あれ、決定したんですかね?」 「さあ…それだとちょっと困りますねえ」と、 パパさんも落ち着かない様子。 それもそのはず、第一試合の相手は、強豪(きょうごう)ぞろいで「地獄(じごく)」とまでいわれた超(ちょう)ハイレベルだった東京大会Hゾーンを制(せい)して代表になった青木君。 かなりの強者らしいです、とのこと。 ちなみにこのときは 妹の相手は梶原くんだった。 「あ〜梶原君にゃら勝ちやすいと思います」とうれしいお言葉。 をよく使っていたとの情報までいただく。 しばらく検討(けんとう)して、よし、勝算(しょうさん)成立(せいりつ)!と思ったときに「組み合わせは明日のお昼に決めます」というスタッフの説明が。 な〜んだ。 「いや〜助かりましたよ」とパパさんはほっとした表情(ひょうじょう)だ。 リハーサルも終わり、一行はふたたびゾロゾロとホテルへ。 帰り道、 パパさんと色々話をしていると、 「マニアックな会話しよるね」 と入ってきたのは大阪大会1日目代表の 坂本篤くん。 「きみ何年生だっけ?」 「中3」 「お〜いい度胸しとるね〜」( 私と パパさん) うちの親と 妹と 紫織ちゃんはさっき知り合った石川代表の 永井君と話している。 「すきなポケモンはイーブイでしたっけ?」と 永井君。 「よく覚えてるね〜」 一応全員の学年と好きなポケモンは覚えたそうだ。 むむ、こりゃ勉強家(べんきょうか)だ。 ホテルに着いた後、食事に出かける。 パパさんと 紫織ちゃん、 坂本君とそのお母さんも一緒だ。 道中に、データ改造(かいぞう)の話になる。 どうやら今回の大会でも、改造して出場(しゅつじょう)しようとした人がいるらしい。 「1日カセットを預(あず)かったのも、徹底的(てっていてき)なチェックをするためだろう」と 坂本くん。 「なんであんなことすんのかな〜。 達成感(たっせいかん)あらへんやろ」という 坂本君の言葉に パパさんも 私も熱心(ねっしん)にうなずく。 ふーん、確率的な問題じゃなくそういう仕様(しよう)か…。 各ステータスごとに存在し、0〜15の16段階(だんかい)であらわされます。 戦闘(せんとう)に勝利するたびにたまっていき、この値(あたい)が最大になればそのポケモンの能力(のうりょく)を最大限(さいだいげん)に引き出せた、ということになります。 ドーピング(クスリの使用)も、要(よう)はこの数値を上げているのです。 ここでは詳(くわ)しい説明ははぶきますが、1匹(ひき)だけで戦った場合、フルドーピング後ならニドラン986匹、ドーピングなしなら1626匹たおせば、とりあえず「育成完璧(いくせいかんぺき)(努力レベル最大)」といえます。 ご不明な点がおありでしたら私に直接聞いていただいても結構です。 ホテルのすぐそばのデパート(?)の2階へ。 永井君がいたのでうちの母がさそいにいったが、どうも親が買い物してるらしい。 2階はレストラン街(がい)。 さあ、どこにするか…「ここにしよう」って、やっぱりそれね…だれが言い出したのか忘れたが、いつのまにか「とんかつ」中心の店に入っていた。 待っている間もマニアックな話を続ける3人。 2人ともあまりパソコンはいじらない環境(かんきょう)らしく、ポケモンにくわしいホームページのことも知らなかった。 さっそくアドレス書いて渡したけど、しまった!アドレスの一部抜けてる…。 まあ、もし出なかったらYahoo! 青版(ばん)が出たころの小学館の公式ガイドブックにはきちんとした数値が出ていますが、最近のは故意(こい)にか否(いな)か、あいまいなグラフでしか表示されていません。 そのポケモンを倒(たお)したときに入る努力値もこの値です。 (Pixieのずかんのグラフもこの「種類値」です。 -こっけ) 坂本くんからは先ほどの関係者や「にっしん」(ポケスタ1に出てる子「にしむら しゅん」君のこと。 高2で、今回は大阪大会2回戦で負けたがなかなか強いらしい)の話や、データ改造をしたらしい人に負けた子が、会場にのりこんで「こいつは改造だと叫(さけ)んでやる!」と言っていたというちょっとこわい話も聞き、 パパさんからは64マリオスタジアムの裏話(うらばなし)( 富士見コラッタ時代からのいろんな話)や、東京大会の情報をたくさん聞いた。 ダメージの計算ができるプログラムのことを話すと、2人ともぜひ見たいというのであとでまた会う約束(やくそく)をする。 うちの親と 坂本君の親は、受験生(じゅけんせい)なのにこまったものです、あらうちも去年(きょねん)そうでしたよなどと話していた。 ホテルに帰った後くつろいでいると、 永井くんが訊ねて来た。 何?と聞いてみると、 「先ほどはおさそいをお断(ことわ)りしてすみませんでした」と言う。 おお、今時なんと律儀(りちぎ)な子だ! 「そんなの別にいいよ」と言っても、 「後で追ったんですけど見つからなくて。 ホントにすみません」とまた頭を下げる。 大した子だなぁ〜と思いました。 何食べたの?と聞くと……「かつ」。 どこの親でも考えることは一緒ですねえ、やっぱり。 山本さん 親 子はひとつ上の12階、1212号室だ。 さっそくさっき出たのプログラムを使ってみせると、 「こりゃいいな〜」 「うわ、ずる!」 「こんな便利なものがあるんですか!?」と3人ともいたく感動していた。 それからNスタを見ながらこいつのせめ方はこうだ、いやこいつは絶対(ぜったい)これは変えてきてるぞとか、こいつの のねらいはおそらくこうだとか、じゃあこいつの って一体何?とか、 って怖(こわ)いけど「」次第(しだい)だよね、そうそう、あれほんとに「」と同じ確率か!?ってくらい外れるよな〜、 って能力値(のうりょくち)もったいないよね〜とか色々しゃべっていると親がむかえに来た。 時計を見ると、いつのまにかもう9時半を回っている。 それじゃそろそろ、と名残惜(なごりお)しそうにみな立ち上がる。 「明日決勝で会おうな」 「ははは、そうだね」と 坂本くんと パパさん。 じゃあおやすみ、とそれぞれ自分の部屋に帰った。 部屋にもどったあと、 妹と母は風呂(ふろ)に入る。 私はさっきまでの話を頭のなかで整理(せいり)しなおし、さりげなく聞き出した情報をもういちどまとめてNスタの記事と比較検討(ひかくけんとう)し、マニュアルを作成する。 二人が寝(ね)たあとも、相手のポケモン別の3匹パターン(相手に がいるかで場合分けし、8パターンに分けた)を完成。 は検討(けんとう)の末(すえ)除外(じょがい)し、完全な見せ球(だま)に。 うちには地面系がいないから相手としては を出しやすいな、やっぱり (一応(いちおう)育ててはいた)あたり入れとくべきだったか…いや、かえって相手のポケモンが読みやすくなるから逆用すればこちらが有利か…とか色々悩(なや)みながら、結局(けっきょく)4時半までかかってマニュアル完成。 妹はすやすや寝ている。 …やれやれ、どっちが出るんだか(苦笑)。 決戦(けっせん)の日、7時半起床(きしょう)。 夜ふかししたためか食欲(しょくよく)がなく、パンを一切れ食べただけ。 妹と親は下に食べに出かける。 朝早くたずねてきた 坂本くんとすこし話した後、帰ってきた 妹にマニュアルを渡(わた)し、いくつか指示(しじ)を与える。 私が後から忘れ物がないかもう一度チェックし(A型習性(しゅうせい))、カギをもってエレベーターへ。 上からおりてきたエレベーターは結構(けっこう)人が入っていたが、なんとかのれた。 扉(とびら)がしまり、エレベーターがおりていくが、ふと7階でとまった。 まだのれるかな、とか思っているうちにドアが開く。 赤いシャツを着た男の人が立っている。 その男の人が腰(こし)を折(お)って重そうに荷物(にもつ)を持ち上げ、顔を上げた。 その顔を見た瞬間(しゅんかん)、私の心臓(しんぞう)はたしかに一拍(いっぱく)飛ばして打った。 現代のゲームの生みの親、世界の至宝、「あの」 宮本さんである!あの宮本さんがいきなり入ってきたのだ。 宮本さんがエレベーターに入ってくるとき、思わず後ずさりして必要(ひつよう)以上にスペースをあけてしまったような気がする。 他の人の顔(かお)を見回したが特にこれといった反応(はんのう)もなく、また狭(せま)くなったくらいにしか思っていにゃいようだ。 1階につくまでの時間が非常(ひじょう)に長く感じたのは気のせいであろうか。 ドアが開き、 宮本さんはすたすたとフロントの方に歩いていく。 私も続いてエレベーターをおりたが、まるで無重力状態(むじゅうりょくじょうたい)を初めて経験(けいけん)した後であるかのように、自分の足元が妙(みょう)にたよりなく感じられた。 宮本 茂(みやもと・しげる):1952年京都生まれ。 現・任天堂情報開発部部長(にんてんどう じょうほうかいはつぶ ぶちょう)。 1983年のファミリーコンピュータ発売以来(いらい)、家庭用(かていよう)ゲームソフトのスタンダードは彼(かれ)の手によってもたらされたといってよい。 彼がゲームデザインを手がけた「ドンキーコング」「マリオ」「ゼルダの伝説」シリーズは全世界ですばらしい販売記録(はんばいきろく)を持ち、「世界で最(もっと)も優秀(ゆうしゅう)なゲームクリエイター」の称号(しょうごう)が彼以外の人間に冠(かん)せられたことはない。 「日本ソフトウェア大賞MVP」('92・'95年)、また'98年より創設(そうせつ)された、ゲームの殿堂(でんどう)とも言うべき「THE HALL OF FAME AWARD」では第一回の受賞者(じゅしょうしゃ)となるなど、内外での顕彰(けんしょう)は数知れない。 糸井重里(いとい しげさと)氏との共同プロデュースによる「マザー」 FC や「星のカービィ」「ポケットモンスター」 GB 、「スターフォックス64」「F-ZERO X」 N64 他、プロデュース作品多数。 〜ゼルダの伝説・時のオカリナ百科(アスペクト出版)より〜 ロビーにはすでに選手とそのご家族の方々が集まっている。 紫織ちゃんのお母さんも来ていて(女の子は頭セットしなきゃいけないからね)、うちの親と何やら話している。 宮本さんはフロントで荷物をあずけるようだ。 フロント前のソファーでは、 坂本くんと 永井くんの弟が2軍(ぐん)同士の対戦(たいせん)をやっている。 「おい、あれ見ろ!」 「何?」 「あの赤い服の人だよ!昨日お前見たっていってたろ?」 (前日 プレゼントに行っていた 坂本くんは、 「赤いシャツを着た宮本さんらしき人を見た」と昨晩話していた)あわてて立ち上がる 坂本くん。 「はやく入力してよ」と 永井くんの弟がせかすので、またあわてて画面を見、ボタンを押す。 対 (だったか?)。 「バカ!GBでしたって無駄だろ!」 見事にマヒする 坂本ペルシアン。 あっそうか、と 坂本くんはもう気もそぞろだ。 混乱(こんらん)したのかあっさり負けた 坂本くんは、 宮本さんとフロント係との話が終わったとみると、すかさずそばに行って何やら話しかけた。 うちの親が来たのでカギを渡(わた)しながら 宮本さんのことを話すと、 「一緒(いっしょ)に写真とってもらったら?」という。 「…いや、迷惑になるから」と言ったものの、ふだんはミーハー根性(こんじょう)とは無縁(むえん)な私がそう言うのに要(よう)した努力は、たいへんなものであった。 話し終わったのか、 坂本くんが 宮本さんにおじぎすると、 宮本さんはにこにこして出口のほうに歩みさっていった。 「いや〜ホントに宮本さんだった。 すげ〜」と戻って来た 坂本くん。 「何話してたんだよ」 「大会出るっていったら、がんばれって言われた」 くう!なんてうらやましい奴(やつ)だ!! みんなが集まったので、あらためて選手の出欠(しゅっけつ)をとったあと、いよいよ出陣(しゅつじん)。 会場裏で再(ふたた)び[WORKERS]のシールがくばられ、関係者専用(かんけいしゃせんよう)入口から入場。 やはりいい気分だ。 会場はまだ開いて10分もたっていないのに、大変な混雑(こんざつ)ぶりだ。 すでにスマブラ大会は2時間半待ち。 すごすぎる。 メインゲートをぬけ、ステージ裏手(うらて)の通路にあるエレベーター(関係者以外使用禁止(かんけいしゃいが しようきんし)で2階へ。 実にいい気分である。 2階は長い通路になっていて多くの商談室(しょうだんしつ)があり、ところどころにある窓からは1階の様子(ようす)が一望(いちょぼう)できる。 すこぶる気分がいい。 待合室(まちあいしつ)に案内(あんない)され、簡単(かんたん)な説明(せつめい)を聞く。 トーナメントはあみだくじで決められ、発表は昼にするという。 「せっかくできた友達とそれまでなごやかに過(す)ごすため」だそうだ。 なかなか気がきく。 10時50分の集合時間まで、自由に歩き回っていい、というので一時解散(かいさん)。 私も 妹と下に行くことにした。 すさまじい混雑ぶりだ。 妹が行きたがっていたスマブラ大会は到底(とうてい)間に合わないので断念(だんねん)した。 (余談(よだん)だが、 妹はスマブラではネス使いで小学生にしてはかなり強い。 特に燃(も)やしてからのコンボ、相手ネスの空中からのPKサンダー体当たりを先読みしてこちらもPKサンダーを出し、相手のサンダーに当てて相殺(そうさい)して自滅(じめつ)させたりするなど、いやらしい攻(せ)めがうまい。 結局(けっきょく)全部見てまわっただけで、実際(じっさい)にやったのはポケモンくじだけ(二人とも空クジなしの4等のどでかいバッジ。 特等(とくとう)は非売品(ひばいひん)の + のぬいぐるみだった)。 20分くらい前には待合室に戻った。 「1回戦 第一試合(しあい)…」緊張(きんちょう)の一瞬(いっしゅん)。 「大阪大会代表、 坂本篤くん対(たい)、」おいおい、あいついきなりかよ!と思う間もなく、 「64マリオスタジアム代表、 山本紫織ちゃん」。 どか〜ん。 思わず パパさんと顔を見合わせ、お互い苦笑(にがわら)いする。 その後も次々と組合せが発表されていく。 シードこい、シードこいと念じていると、来た!3分の1の確率(かくりつ)のシードがめでたく当たった。 相手は 今村くん(中2)。 全く情報のない相手だが、なかなか真面目(まじめ)そうだ。 その後スタッフ弁当(べんとう)がくばられ、ピリピリちた雰囲気(ふんいき)がただようかと思いきゃ、意外になごやかなムードでみんな話し合っている。 食事のあと、 私と パパさん・ 坂本くん・ 今村くん・青木くんは円になっていろいろとしゃべった。 妹はあいかわらず 紫織ちゃんとひっついている。 今村くんは無口で、なかなかに情報を引き出すのはむずかしそうだったが、それでも遠まわしにさぐりを入れた結果(けっか)どうやら と はどちらかにしぼったらしいことがわかった。 彼の出た福岡大会はかなり最初のほうだから時間はたっぷりあり、64マリオの放送内容(ほうそうないよう)も考えるとおそらく あたりをくわえたのだろうという予測(よそく)が立つ(実際はどうだったっけ…)。 ここで予想(よそう)されるパターンとNスタの情報をもう一度照(て)らし合わせ、そのパターンで出す予定だった を に変更し、 とした。 これは地面系を出されると(痛いた)いが、もとのままだとエレブーにやや弱い。 そのパターンを使って戦うことになるもう一人の相手(地面系アリ)とはまず当たらないので、思い切って変更した。 パパさんに電話がかかってきて席を外したので、チャンスとばかりに 坂本くんが 紫織ちゃん攻略法(こうりゃくほう)を聞いてきた。 あらためて 紫織ちゃんの6匹を見ると、電気系が1匹もいない。 しかしこれはマリスタ決勝の松倉くん相手に組んだシフト(サンドパンを出してほしくなかったのだろう)で、おそらく今回は変更(へんこう)が予想される。 かえるとしたら か を外して だろうという結論(けつろん)になった。 で、 彼は 「 どうかな」と言っていたので、この時点で(えらそうに)却下(きゃっか)。 理由を説明するとあっさり納得(なっとく)した。 しかし 坂本くんの場合、 がぬけるとかなり痛(いた)いので、とりあえず先鋒(せんぽう) で様子見(ようすみ)、次に も決定(けってい)。 さて3匹目は…と考(かんが)え始めたところで パパさんが帰ってきた 「いまこの子どうやって攻めるか考えてたんですよ」とNスタの写真を指さしながら言う。 つくづく私も人が悪い。 「でもそれって決めつけちゃいけないよ」と パパさん。 「もちろん。 パパさんは左(=上手(かみて))の方へ。 今日1番のイベントとあって、20分前からステージ前はすさまじいこみっぷりだ。 ふと前の席を見ると、藤田みかさんがいた。 ポケスタ1にも出ているなかなか強い子だが、今回は「地獄(じごく)の東京大会Hゾーン」で敗(やぶ)れた人だ。 パパさんの話では弟も二日目に出ていたらしい。 選手紹介(せんしゅしょうかい)も終わり、いよいよ大会開始。 ふと後ろを見ると、もはや空いている席などひとつもなく、場内は熱気(ねっき)につつまれている。 熱(あつ)い。 1回戦…私にとっては注目の好カード。 昨日の 坂本くんの台詞…決勝(けっしょう)どころか1試合目だ。 皮肉(ひにく)なもんだな…と思っているうちに試合開始(しあいかいし)。 個人的(こじんてき)に99カップの音楽は「暗(くら)くて盛(も)り上がらない」と思っていたが、大音量・実況(じっきょう)解説(かいせつ)つきだとやっぱりちがう。 それはちょっとばかしまずいんでないかい? 坂本くんよ〜。 こりゃ決まったかな…お、なんとか1発の範囲(はんい)までへらしたか…こりゃ1対(たい)1だな。 うむ、きたきた… 坂本先制(せんせい)!おや、思ったよりへらないな…まあ何とかもう1発でいけるが…それにしてもしょっぱなからいいバトルだ!見ごたえあるねえ〜。 さあ、次どっちだ!おお、緑(プレイヤー2がわ)!決まったな…と、初戦(しょせん)から実に手に汗(あせ)にぎるすばらしい戦(たたか)いでした。 (任天堂(にんてんどう)公式(こうしき)サイト掲載(けいさい)の試合経過(しあいけいか)は間違(まちが)っています。 最後はペル同士の対戦(たいせん)でした) 次は 萌だな…お、出てきた出てきた…緊張(きんちょう)してこけるなよ…こけるぞ…こけるぞ…こけろ!(ここで我(われ)に返る)うーむ、どうやら頭が混乱(こんらん)してるな…。 第2試合、モニターに映(うつ)らないので表情から想像(そうぞう)するしかない。 あ、今村くんガッツポーズ!…くそ〜まずいのか?( にくらって 沈(しず)んだそうです)…お、頭に手をやったぞ!困(こま)ってる困ってる・・・(最後の に をぶつけたそうです)…いけたかのぉ?いけたよな!?終わった!おお、残ってるよ!勝ったぞ!…ふう、こりゃ心臓(しんぞう)に悪いぜ…。 次、梶原くん相手。 勝ちやすい相手のはずだが…おい 萌!ひっつきすぎ!手元見えるぞ…お、梶原目と口がO! ゚ o゚ )でもあの子オーバーアクションだからな…おい、なんでいちいちメモをポケットにしまうんだ?ちゃんと横においとけ!あ!ありゃなんかミスったぞ(後で聞いたら、 対 で、マニュアルではまずになってたのに押(お)しまちがえて ! をかますという大ポカをやらかしたそうです。 みごとにをくらってしまいました)。 いちいち紙しまうからだよ…こら 萌!手元見られてるって!こら梶原!ちっちゃい子相手に大人気ないぞ!何祈(いの)ってんだ(マヒして2ターン動けなかったそうです)…もっとはなれろ!あ〜も〜あのバカ!こら!見てからボタン押すな!さっきから入力おそいぞ!あ!負けたみたい…(ここで我に返る)。 (手元を見たように見えたのは気のせいです。 ひいき目です。 負け惜(お)しみです。 気にしないで〜…悔(くや)しいなあ! 3位決定戦… 永井君気合入ってるな〜。 まずは か…ちゃんとしろよ…よし!外したな…OK、そのまま…おっと、読(よ)まれてたか(3ターン目、みがわりを先読みで消された)…やば!マニュアルどおりだと次は…あ!やっぱり食らった!うーむ、 と の交換(こうかん)は痛(いた)いな…次は だぞ…ん? にかえたか…よし、で1発は耐(た)えられるな…でちゃんと削(けず)れよ…よしよし、それだけ削れば十分(2発目の後をくらい、 はここでダウン)。 最後は だな…まず確実(かくじつ)にトドメをさして…あ? にチェンジ!?しまった!捨(す)てポケか!まずいぞ…たぶん3匹目は…う!!!(思いっきり予想(よそう)当たるなと祈ったが、やはりここで出てきたのは )…いや、が急所(きゅうしょ)に当たれば2発でいける。 まだ望(のぞ)みはある…ぐわ、!やばいな…まだ 残(のこ)ってるもんな…ここまでか…( は2発に耐えきり、3発目ので苦手(にがて)タイプ を撃破(げきは)してギャラリーは大いに沸(わ)く!しかし…)無情(むじょう)にもさっきの が登場する。 トランセルの解説(かいせつ)が聞こえる。 「あ〜 、 の弱点(じゃくてん)つけるんですけど、マヒしてなければ、ってとこですかね〜」…まいった、まさかあの子捨てポケの使い方を知ってるとはね…( の先制(せんせい)、がヒットし、 倒(たお)れる)ま、仕方(しかた)ないな! (この試合の反省) まず、最大の敗因(はいいん)は を先頭に出してしまったことです。 これにより、 相手の と交換(こうかん)する(相撃(あいう)ちになる)ポケモンが になってしまったのが痛(いた)すぎです。 ここは先頭 で様子(ようす)を見るべきでした。 これは私のマニュアル作成時のミスで、仕方ありません。 2番目の敗因は、4ターン目にの返しを相手の読み通りにくらってしまったことです。 3ターン目にこちらのを先読みので消されたところがポイントです。 この時点でこちらのHPは2回したあとですのでちょうど半分。 ここで相手としては、 「一度みがわりを読まれて消されたのだから、これ以上のみがわりはHPの無駄(むだ)だと踏(ふ)んで、攻撃(こうげき)に集中(しゅうちゅう)してくるだろう」と考える可能性(かのうせい)が極(きわ)めて高いです。 大まかになら任天堂HPのにも載(の)っています) とまあ、このようにして大会も終わり、優勝賞品(ゆうしょうしょうひん)は予想通り金・銀の目録(もくろく)。 試合終了(しあいしゅうりょう)後、任天堂の清水さん(ポケスタのディレクターの方です)が控(ひか)え室にやってきて、「次回の参考(さんこう)として」出場者のみんなにいろいろと意見を聞いていました。 清水さんが帰ったあと、ひとりずつ写真撮影(しゃしんさつえい)をして、おひらき。 みんなさっきまで戦っていたのが嘘(うそ)のように、なかよくポケモン交換(こうかん)してました。 大会終了後、スマブラコーナー行ったらすでに受け付け終了しててがっくし。 ビデオとブレスほしかったのに〜。 それから帰りの駅がもう地獄(じごく)。 ただでさえ暑(あつ)いのにまたライブでもあるのか、スペースワールドから帰る人と駅から出てきた人とがぶつかりあってもうパニックでした。 お楽しみいただけたでしょうか?みなさん、長々と拙文(せつぶん)にお付き合い下さいまして本当にありがとうございました。 (了).

次の

海岸(地名コレクション)

おお つつき いっ しき

北 海 道 地 方 北海道 所在地 備 考 参照記事 はらき 函館市(旧・戸井町) 津軽海峡に面し、奇岩怪石が続く。 ひうら 函館市(旧・恵山町) 柱状節理の絶壁、多数の洞門が続く。 ひのはま 函館市(旧・恵山町) 砂鉄を含んだ砂丘。 とようら 函館市(旧・恵山町) 柱状節理の岩をくりぬいた素堀りのトンネルがある。 ちょうし 函館市(旧・椴法華村) きなおし 函館市(旧・南茅部町) 100mを越す絶壁。 いわと 函館市(旧・南茅部町) たていわ 函館市(旧・南茅部町) ふるべ 函館市(旧・南茅部町) おたもい 小樽市 鉉掛岩、立岩、窓岩など絶壁や奇岩が連なる。 しゅくつ 小樽市 300mの絶壁。 ぽんもい 網走市 みさきはま 網走市 ふたついわ 網走市 ますうら 網走市 はまなか 留萌市 こがね 留萌市 しおみ 留萌市 わっかないにし 稚内市 坂の下から稚咲内にかけての海岸線。 砂丘と湿原地帯。 うす 伊達市 思いで海岸・恋人海岸ともいう いしかり 石狩市 白い砂と遠浅の海。 るーらん 石狩市(旧・厚田村) 集塊岩や凝固岩の海崖。 洞門も多数。 あつた 石狩市(旧・厚田村) もうらい 石狩市(旧・厚田村) こたん 石狩市(旧・厚田村) びしゃべつ 石狩市(旧・浜益村) かわしも 石狩市(旧・浜益村) まつまえ 松前郡松前町 磯と断崖の景勝。 おりと 松前郡松前町 まつうら 松前郡福島町 いわべ 松前郡福島町 奇岩断崖が続く。 こたにいし 上磯郡知内町 蛇の鼻,ナマコ岬など。 できま 茅部郡鹿部町 すなざき 茅部郡森町(旧・砂原町) こぼろ 山越郡長万部町 断崖絶壁。 えさし 檜山郡江差町 海産問屋や網元の家が並ぶ。 すなさか 檜山郡江差町 たきせ 爾志郡乙部町 海成段丘によって形成された白い岩肌。 たてうら 爾志郡乙部町 あゆかわ 二海郡八雲町(旧・爾志郡熊石町) なべつる 奥尻郡奥尻町 砂浜の海岸。 ほろない 奥尻郡奥尻町 砂浜の海岸。 ほやいし 奥尻郡奥尻町 ホヤ石の滝、ホヤ石がある。 しまうた 瀬棚郡せたな町(旧・瀬棚町) 窓岩など奇岩。 すっき 瀬棚郡せたな町(旧・瀬棚町) びや 瀬棚郡せたな町(旧・瀬棚町) 獅子岩などある岩礁地帯。 さんぼんすぎ 瀬棚郡せたな町(旧・瀬棚町) ふとろ 瀬棚郡せたな町(旧・北檜山町) 弁天岬・水垂岬・鷹の巣などの岩礁の連なる海浜。 おおた 瀬棚郡せたな町(旧・久遠郡大成町) ながいそ 瀬棚郡せたな町(旧・久遠郡大成町) 親子熊岩,タヌキ岩などの奇岩群。 かいとりま 瀬棚郡せたな町(旧・久遠郡大成町) もつた・もった 島牧郡島牧村 北海道一高い所にある灯台がある。 たいへい 島牧郡島牧村 岩場と砂浜がある海岸。 えのしま 島牧郡島牧村 美しいメノウ・ジャスバー小石を敷きつめた海岸。 日本の渚百選。 いそたに 磯谷郡蘭越町 らいでん 岩内郡岩内町 荒削りで男性的な海岸。 しゃこたん 岩内郡岩内町〜古平町 夫婦岩、弁天島など。 しまむい 積丹郡積丹町 「日本の渚百選」にも選ばれている美しい海岸。 びくに 積丹郡積丹町 まえはま 古宇郡神恵内村 さかずき 古宇郡泊村 ふごっぺ 余市郡余市町 ましけ 増毛郡増毛町 おふゆ 増毛郡増毛町 おにしか 留萌郡小平町 とままえ 苫前郡苫前町 はぼろ 苫前郡羽幌町 しらはま 苫前郡羽幌町 焼尻島。 ちどりがうら 苫前郡羽幌町 天売島の断崖絶壁。 海鳥の舞う景勝地。 くろさき 苫前郡羽幌町 天売島。 えんべつ 天塩郡遠別町 日本で4番目の連続した自然海岸。 うすたいべ 枝幸郡枝幸町 冬季(1月〜2月)流氷が海岸を埋め尽くす。 わかさかない 天塩郡豊富町 ぬまうら 利尻郡利尻富士町 ぽんもしり 利尻郡利尻富士町 ウミネコの群生地。 らいどまり 利尻郡利尻富士町 せんほうしみさき 利尻郡利尻町 奇岩の人面岩・寝熊の岩など。 もとち 礼文郡礼文町 しれとこ 斜里郡斜里町・羅臼町 海岸線が200m前後の海蝕崖を連ねている。 鳴き砂の浜。 さるる 紋別郡興部町 れぶんげ 虻田郡豊浦町 険しい海蝕崖。 はるたち 日高郡新ひだか町(旧・静内郡静内町) しずない 日高郡新ひだか町(旧・静内郡静内町 こしうみ 日高郡新ひだか町(旧・三石郡三石町 けりまい 日高郡新ひだか町(旧・三石郡三石町 えふえ 浦河郡浦河町 さまに 様似郡様似町 えりも 幌泉郡えりも町 海蝕崖の切り立った海岸線と海岸段丘。 えりも岬、百人浜など。 ばんせい 広尾郡大樹町 おおつ 中川郡豊頃町 こぶかりいし 十勝郡浦幌町 遠浅で奇岩、怪石、巨石が連続。 あっけし 厚岸郡厚岸町・浜中町 湿原や湖沼が多い典型的海蝕準平原。 ぴりかうた 厚岸郡厚岸町 まひろ 厚岸郡厚岸町 とまた 厚岸郡厚岸町 東 北 地 方 青森県・岩手県・宮城県 所在地 備 考 参照記事 さんりく 三陸の「陸」は、陸奥・陸中・陸前。 岩手県・宮城県 所在地 備 考 参照記事 りくちゅう 久慈市〜気仙沼市 青森県 所在地 備 考 参照記事 あさむし 青森市 浅虫温泉がある。 はらべつ 青森市 たねさし 八戸市 名勝。 県立自然公園に指定され蕪島はウミネコの繁殖地として天然記念物に指定されている。 日本の白砂青松百選の選定地。 おおすか 八戸市 日本の渚百選の選定地。 鳴り砂。 しらはま 八戸市 さびしろ 三沢市 白砂青松100選に選ばれる。 できしま つがる市(旧・木造町) あさどころ 東津軽郡平内町 つばきやま 東津軽郡平内町 日本の渚百選。 しらす 東津軽郡平内町 ジャリ浜の海岸。 ほろづき 東津軽郡今別町 断崖と奇岩が入江を囲む。 たままつ 東津軽郡蓬田村 もとうた 東津軽郡外ヶ浜町(旧・平舘村) 波で侵食された岩肌が並ぶ海岸線 おかざき 西津軽郡深浦町 「日本の渚百選」「夕陽百選」にも選ばれている。 せんじょうじき 西津軽郡深浦町 寛政4年の地震で地盤隆起し、千畳敷と呼ばれる奇観を呈す。 日本の夕陽百選・日本の水浴場55選に認定された。 かそせ 西津軽郡深浦町 ゆきあいざき 西津軽郡深浦町 ふかうら 西津軽郡深浦町 ゆうひ 西津軽郡深浦町 おおまごし 西津軽郡深浦町(旧・岩崎村) もりやま 西津軽郡深浦町(旧・岩崎村) 奇岩・遺跡に富む。 のへじ 上北郡野辺地町 すなはま 上北郡横浜町 とまり 上北郡六ヶ所村 さるがもり 下北郡東通村 へびうらおりと 下北郡風間浦村 蛇浦海岸ともいう あかいし 下北郡大間町 ざいもく 下北郡大間町 はしかみ 三戸郡階上町 岩手県 所在地 備 考 参照記事 おなっぺ 宮古市 日本の水浴場88選の1つ。 ふじのかわ 宮古市 たろう 宮古市(旧・田老町) 奇勝三王岩など見所が多い。 まさき 宮古市(旧・田老町) ごいし 大船渡市 黒の碁石に似た円礫の浜と海蝕による断崖。 日本の渚百選。 せんまる 大船渡市 碁石海岸の対岸。 ながさき 大船渡市 碁石海岸の対岸、海蝕棚、海蝕洞が発達している。 ちとせ 大船渡市(旧・三陸町) 二つの花崗岩の岩礁がある。 よしはま 大船渡市(旧・三陸町) なみいた 大船渡市(旧・三陸町) りょうり 大船渡市(旧・三陸町) いぎりす 花巻市 花巻市内の北上河岸にある。 宮沢賢治が、ドーバー海峡に倣って命名。 こそで 久慈市 「つりがね洞」「かぶと岩」が有名。 さむらいはま 久慈市 陸中海岸国立公園の最北部。 ふなど 久慈市 ひろた 陸前高田市 たかたまつばら 陸前高田市 ねはま 釜石市 大槌湾に面した砂浜。 あらかわ 釜石市 べんてん 上閉伊郡大槌町 なみいた 上閉伊郡大槌町 船越湾の奥。 片寄波で知られる遠浅の海岸。 きりきり 上閉伊郡大槌町 浪板海岸と弁天海岸を結ぶ砂浜。 しじゅうやさか 下閉伊郡山田町 ふなこし 下閉伊郡山田町 こやどり 下閉伊郡山田町 まえすか 下閉伊郡山田町 あらがみ 下閉伊郡山田町 もし 下閉伊郡岩泉町 海蝕段丘が1kmにわたり、化石の島「松島」、海蝕崖の波鼓ヶ舞がある。 おもと 下閉伊郡岩泉町 小本川の河口。 延長1kmの砂浜。 あけと 下閉伊郡田野畑村 約1.5kmの砂浜。 ひらなめ 下閉伊郡田野畑村 白亜紀の化石断層が露出。 たのはた 下閉伊郡田野畑村 鵜の巣断崖から北山崎にかけて100m以上の断崖が続く。 ひらいが 下閉伊郡田野畑村 しまのこし 下閉伊郡田野畑村 おおたなべ 下閉伊郡普代村 ほりうち 下閉伊郡普代村 ちからもち 下閉伊郡普代村 花崗岩の美しい海岸。 ふだいはま 下閉伊郡普代村 なかの 九戸郡洋野町(旧・種市町) 断崖と奇岩。 とふがうら 九戸郡野田村 小豆砂といわれる紫色の砂が3.5kmほど続く。 たまがわ 九戸郡野田村 宮城県 所在地 備 考 参照記事 がもう 仙台市宮城野区 仙台市内を流れる七北田川の河口近くにある河口干潟。 みなみがもう 仙台市宮城野区 ふかぬま 仙台市若林区 わたのは 石巻市 しらはま 石巻市(旧・北上町) ながづら 石巻市(旧・河北町) 追波川が太平洋にそそぐ河口。 おおす 石巻市(旧・雄勝町) あらはま 石巻市(旧・雄勝町) あじしらはま 石巻市(旧・牡鹿町) 網地島。 みなみさんりく 気仙沼市(旧・本吉町)〜石巻市(旧・牡鹿町) おだのはま 気仙沼市 大島。 たなかはま 気仙沼市 大島。 おいせはま 気仙沼市 だいりせき 気仙沼市(旧・唐桑町) 大理石岩礁の波静かな入江。 おさき 気仙沼市(旧・唐桑町) おおや 気仙沼市(旧・本吉町) 黒松の生い茂る砂丘が約1kmも続く。 「日本の水浴場55選」「日本の水浴場88選」 ひかど 気仙沼市(旧・本吉町) 本吉の二見ケ浦と称される。 こいずみ 気仙沼市(旧・本吉町) 赤崎海岸 あかさき とも。 「白砂青松100選」 くらうち 気仙沼市(旧・本吉町) 海蝕による小岩が多い。 たまうら 岩沼市 にのくら 岩沼市 おおまがり 東松島市(旧・矢本町) のびる 東松島市(旧・鳴瀬町) 洲崎海岸 すざき とも とうなはま 東松島市(旧・鳴瀬町) むろはま 東松島市(旧・鳴瀬町) おおはま 東松島市(旧・鳴瀬町) あらはま 亘理郡亘理町 いそはま 亘理郡山元町 数列の海岸砂丘帯。 やまもと 亘理郡山元町 まつしま 宮城郡松島町 しょうぶたはま 宮城郡七ヶ浜町 こやどり 牡鹿郡女川町 ながすか 本吉郡南三陸町(旧・歌津町) 秋田県 所在地 備 考 参照記事 はまだ 秋田市 かつらはま 秋田市 しもはま 秋田市 のしろ 能代市 おがにし 男鹿市 荒々しい岩肌が連続する名勝。 秋田三十景の第一位。 ごりあい 男鹿市 きたうら 男鹿市 うのさき 男鹿市 日本の渚百選。 とが 男鹿市 みやざわ 男鹿市(旧・若美町) ほんじょう 由利本庄市(旧・本荘市) みちかわ 由利本庄市(旧・岩城町) にしめ 由利本庄市(旧・西目町) でとはま 潟上市(旧・天王町) 遠浅で透明度がよい。 こさがわ にかほ市(旧・象潟町) 入江の両端は断層の奇岩美を呈す。 きさかた にかほ市(旧・象潟町) 日本の渚百選に選ばれる。 ひらさわ にかほ市(旧・仁賀保町) はちもり 山本郡八峰町(旧・八森町) いわだて 山本郡八峰町(旧・八森町) 変化に富む岩礁の海岸。 たきのま 山本郡八峰町(旧・八森町) 山形県 所在地 備 考 参照記事 ゆら 鶴岡市 「日本の渚百選」に選ばれた。 ゆのはま 鶴岡市 さんぜ 鶴岡市 こばと 鶴岡市 ねずがせき 鶴岡市(旧・温海町) あらさき 酒田市 飛島。 「日本の渚百選」に選ばれている。 ふくら 飽海郡遊佐町 岩礁に彫刻された「十六羅漢岩」がある。 かまいそ 飽海郡遊佐町 にしはま 飽海郡遊佐町 福島県 所在地 備 考 参照記事 しんまいこ いわき市 なこそ いわき市 はったち いわき市 うすいそ いわき市 日本の渚百選。 ひさのはま いわき市 よつくら いわき市 とよま いわき市 かっそ いわき市 ながさき いわき市 おばま いわき市 おおす 相馬市 「日本の渚百選」に選ばれている。 おばま 相馬市 むらかみ 南相馬市(旧・小高町) みぎたはま 南相馬市(旧・鹿島町) ほとけはま 双葉郡富岡町 こばま 双葉郡富岡町 けがや 双葉郡富岡町 くまがわ 双葉郡大熊町 こおりやま 双葉郡双葉町 ふたば 双葉郡双葉町 うけど 双葉郡浪江町 つるしはま 相馬郡新地町 関 東 地 方 茨城県 所在地 備 考 参照記事 かわじり 日立市 おおせ 日立市 かわらご 日立市 みずき 日立市 くじはま 日立市 いしはま 日立市(旧・十王町) ありあけ 高萩市 たかはま 高萩市 たかど 高萩市 日本の渚百選。 いそはら 北茨城市 天妃山と二ツ島などがある岩礁と砂浜の海岸。 いづら 北茨城市 日本の渚百選。 ながはま 北茨城市 ふたつしま 北茨城市 あじがうら ひたちなか市 広い砂浜と遠浅の海。 ひらいそ ひたちなか市 おりつ 鹿嶋市 砂丘が連なる。 にっかわはま 神栖市(旧・神栖町) 遠浅。 はさき 神栖市(旧・波崎町) おおたけ 鉾田市(旧・鉾田町 ) きょうちがま 鉾田市(旧・大洋村) 遠浅。 べしょがま 鉾田市(旧・大洋村) おおあらい 東茨城郡大洗町 日本の渚百選。 千葉県 所在地 備 考 参照記事 いなげ 千葉市美浜区 ちょうし 銚子市 きみがはま 銚子市 日本の渚百選。 ながさき 銚子市 ごい 市原市 ごいみなみ 市原市 ちぐさ 市原市 あねさき 市原市 へいさうら 館山市 日本の道100選フラワーライン沿いにある。 かがみがうら 館山市 なご 館山市 ほうじょう 館山市 めら 館山市 あいはま 館山市 にしみさき 館山市 おきのしま 館山市 きさらづ 木更津市 埋立てが進んでいる。 えがわ 木更津市 潮干狩りが出来る。 うしごめ 木更津市 潮干狩りが出来る。 くづま 木更津市 潮干狩りが出来る。 かねだ 木更津市 潮干狩りが出来る。 しいなうち 旭市 やさしがうら 旭市 しもながい 旭市(旧・飯岡町) はぎぞの 旭市(旧・飯岡町) いいおか 旭市(旧・飯岡町) かつうら 勝浦市 南房総国定公園の中心。 かつうらちゅうおう 勝浦市 おきつ 勝浦市 崖壁の続く海岸線。 うばら 勝浦市 日本の渚百選。 へばら 勝浦市 くしはま 勝浦市 もりや 勝浦市 えみ 鴨川市 露路栽培の花畑で知られる。 とうじょう 鴨川市 鴨川シ-ワ-ルドがある。 まえばら 鴨川市 ふとみ 鴨川市 源頼朝ゆかりの仁右衛門島がある。 まえばらよこすか 鴨川市 日本の渚百選。 ひろばひがし 鴨川市 よしうら 鴨川市 みいり 鴨川市(旧・天津小湊町) しろさき 鴨川市(旧・天津小湊町) うちうら 鴨川市(旧・天津小湊町) ふたま 鴨川市(旧・天津小湊町) そでがうら 袖ヶ浦市 ふっつ 富津市 ぬのびき 富津市 つはま 富津市 かずさみなと 富津市 しんまいこ 富津市 おおぬき 富津市 ひありうら いすみ市(旧・大原町) たいとう いすみ市(旧・岬町) よしざき 匝瑳市(旧・八日市場市) 海岸侵食のため海水浴はできない。 のではま 匝瑳市(旧・野栄町) ほりかわ 匝瑳市(旧・野栄町) はらおか 南房総市(旧・富浦町) たたら 南房総市(旧・富浦町) とよおか 南房総市(旧・富浦町) なむや 南房総市(旧・富浦町) いわい 南房総市(旧・富山町) 砂浜と遠浅の海が3キロ続く。 しらはま 南房総市(旧・白浜町) 海蝕台地の岩礁。 ねもと 南房総市(旧・白浜町) 屏風岩,かぶと岩など奇岩がならぶ。 しおうら 南房総市(旧・白浜町) なぐら 南房総市(旧・白浜町) ちくら 南房総市(旧・千倉町) みなみちくら 南房総市(旧・千倉町) せとはま 南房総市(旧・千倉町) しらいし 南房総市(旧・千倉町) わだうら 南房総市(旧・和田町) はなその 南房総市(旧・和田町) はすぬま 山武市(旧・蓮沼村) とのした 山武市(旧・蓮沼村) なかした 山武市(旧・蓮沼村) みなみはま 山武市(旧・蓮沼村) もとすか 山武市(旧・成東町) こまつ 山武市(旧・成東町) なるとう 山武市(旧・成東町) まつがや 山武市(旧・成東町) いのじ 山武市(旧・成東町) きど 山武郡横芝光町(旧・匝瑳郡光町) やかた 山武郡横芝光町(旧・横芝町) しらさと 山武郡大網白里町 しらさとちゅうおう 山武郡大網白里町 きたいまいずみ 山武郡大網白里町 みなみいまいずみ 山武郡大網白里町 とようみ 山武郡九十九里町 かたかい 山武郡九十九里町 さくだ 山武郡九十九里町 しらこ 長生郡白子町 ふるところ 長生郡白子町 そりがね 長生郡白子町 ごい 長生郡白子町 なかざと 長生郡白子町 こうじ 長生郡白子町 ひとつまつ 長生郡長生村 いちのみや 長生郡一宮町 とらみ 長生郡一宮町 おんじゅく 夷隅郡御宿町 童謡「月の砂漠」の像がある。 おんじゅくちゅうおう 夷隅郡御宿町 いわわだ 夷隅郡御宿町 はま 夷隅郡御宿町 かつやま 安房郡鋸南町 幾つかの入江がある。 ほた 安房郡鋸南町 きすがうら 安房郡鋸南町 だいろく 安房郡鋸南町 もとな 安房郡鋸南町 東京都 所在地 備 考 参照記事 せんばさき 大島支庁大島町 伊豆大島。 溶岩がゆるやかに海に落ちる海岸線。 のだはま 大島支庁大島町 伊豆大島。 ゆのはま 大島支庁大島町 伊豆大島。 さのはま 大島支庁大島町 伊豆大島。 ふでしま 大島支庁大島町 伊豆大島。 ぎょうじゃ 大島支庁大島町 伊豆大島。 まましたうら 大島支庁新島村 新島。 白砂の海岸。 はぶしうら 大島支庁新島村 新島。 火山灰土の海蝕崖が続く。 ほんそんまえはま 大島支庁新島村 新島。 わかごうまえはま 大島支庁新島村 新島。 あわいうら 大島支庁新島村 新島。 ながはま 大島支庁神津島村 神津島。 別名五色浜。 まえはま 大島支庁神津島村 神津島。 「水浴場88選」に認定された。 かえすはま 大島支庁神津島村 神津島。 さわじり 大島支庁神津島村 神津島。 おおくぼはま 三宅支庁三宅村 三宅島。 ゆのはま 三宅支庁三宅村 三宅島。 かまのしり 三宅支庁三宅村 三宅島。 みいけはま 三宅支庁三宅村 三宅島。 さびがはま 三宅支庁三宅村 三宅島。 なんばらせんじょういわ 八丈支庁八丈町 八丈島。 南原千畳敷海岸とも。 そこど 八丈支庁八丈町 八丈島。 しおま 八丈支庁八丈町 八丈島。 こぺぺ 小笠原支庁小笠原村 父島。 「コペペ」という名の先住民が住んでいたからという説がある。 こみなと 小笠原支庁小笠原村 父島。 島内随一の海岸があり白砂遠浅。 おおむら 小笠原支庁小笠原村 父島。 ひがし 小笠原支庁小笠原村 父島。 にし 小笠原支庁小笠原村 父島。 なか 小笠原支庁小笠原村 父島。 ぶた 小笠原支庁小笠原村 父島。 「ブタ」が飼育されていたという説がある。 みやのはま 小笠原支庁小笠原村 父島。 さかいうら 小笠原支庁小笠原村 父島。 おうぎうら 小笠原支庁小笠原村 父島。 ほうらいね 小笠原支庁小笠原村 母島。 よつ 小笠原支庁小笠原村 母島。 ひがし 小笠原支庁小笠原村 弟島。 にし 小笠原支庁小笠原村 弟島。 ねこ 小笠原支庁小笠原村 弟島。 やすい 小笠原支庁小笠原村 向島。 りゅうひょうぼく 小笠原支庁小笠原村 硫黄島。 神奈川県 所在地 備 考 参照記事 しょうなん 藤沢市〜二宮町 あらさき 横須賀市 あきや 横須賀市 くるわ 横須賀市 はしりみず 横須賀市 つくい 横須賀市 きたしたうら 横須賀市 野比から長沢、津久井と続く旧北下浦村の海岸の総称。 きまぐれさん。 さるしま 横須賀市 きまぐれさん。 かんのんざき 横須賀市 きまぐれさん。 まぼり 横須賀市 スピカさん。 ひらつか 平塚市 ざいもくざ 鎌倉市 こしごえ 鎌倉市 ゆいがはま 鎌倉市 つじどう 鎌倉市 かたせ 藤沢市 かたせ 藤沢市 くげぬま 藤沢市 つじどう 藤沢市 こうづ 小田原市 みゆきのはま 小田原市 ちがさき 茅ヶ崎市 ずし 逗子市 もろいそのりゅうき 三浦市 貝の生息跡が層になっている。 国指定天然記念物。 みうら 三浦市 きくな 三浦市 おおうら 三浦市 あらいはま 三浦市 よこほり 三浦市 みと 三浦市 わだ 三浦市 あかばね 三浦市 城ヶ島。 はやま 三浦郡葉山町 森戸・一色・大浜海岸を総じて言う。 日本の渚百選。 もりと 三浦郡葉山町 いっしき 三浦郡葉山町 おおはま 三浦郡葉山町 ちょうざがさき 三浦郡葉山町 しばさき 三浦郡葉山町 スピカさん。 おおいそ 中郡大磯町 てるがさき 中郡大磯町 日本の渚百選。 にのみや 中郡二宮町 にのみやそでがうら 中郡二宮町 まなづる 足柄下郡真鶴町 いわ 足柄下郡真鶴町 しっかけ 足柄下郡真鶴町 地図上の「尼掛」は誤字です。 EMMさん。 みついし 足柄下郡真鶴町 EMMさん。 ゆがわら 足柄下郡湯河原町 北 陸 地 方 新潟県 所在地 備 考 参照記事 せきや 新潟市中央区 ひよりはま 新潟市中央区 あおやま 新潟市西区 こばりはま 新潟市西区 いがらしはま 新潟市西区 よつごうや 新潟市西区 まぜ 新潟市西蒲区(旧・岩室村) 弥彦山・多宝山の西側一帯。 えちごななうら 新潟市西蒲区(旧・巻町・旧・岩室村) 断崖が海に迫る海岸で奇勝・名勝・史跡が多い。 えちぜんはま 新潟市西蒲区(旧・巻町) かくだはま 新潟市西蒲区(旧・巻町) うらはま 新潟市西蒲区(旧・巻町) てらどまり 長岡市(旧・寺泊町) のづみ 長岡市(旧・寺泊町) ちゅうおう 長岡市(旧・寺泊町) かなやま 長岡市(旧・寺泊町) ごうもと 長岡市(旧・寺泊町) よねやま 柏崎市 くじらなみ 柏崎市 日本の渚百選。 おうみがわ 柏崎市 日本の渚百選。 たかはま 柏崎市 ちゅうおう 柏崎市 ばんじん 柏崎市 とうのわ 柏崎市 やくしどう 柏崎市 あげわ 柏崎市 いしじ 柏崎市(旧・西山町) おおさき 柏崎市(旧・西山町) ながはま 柏崎市(旧・西山町) ふじづかはま 新発田市(旧・紫雲寺町) せなみ 村上市 かしお 村上市 まじま 村上市 のがた 村上市 おおつき 村上市 いわがさき 村上市 いわふね 村上市 なかはま 村上市(旧・山北町) ごいし 村上市(旧・山北町) かんがわ 村上市(旧・山北町) きつねざき 村上市(旧・山北町) いまがわ 村上市(旧・山北町) いたがい 村上市(旧・山北町) やまとかわ 糸魚川市 いといがわ 糸魚川市 のう 糸魚川市(旧・能生町) 弁天岩などの岩礁が浮かぶ波静かな海岸。 ももかわ 糸魚川市(旧・能生町) 鶏の形をした岩(トットコ岩)がある。 とうざき 糸魚川市(旧・能生町) おやしらず 糸魚川市(旧・青海町) こしらず 糸魚川市(旧・青海町) ごうづ 上越市 たにはま 上越市 なおえつ 上越市 うのはま 上越市(旧・大潟町) なだち 上越市(旧・名立町) かわにし 上越市(旧・柿崎町) かきざきちゅうおう 上越市(旧・柿崎町) そとかいふ 佐渡市 佐渡海府海岸ともいう。 うちかいふ 佐渡市 こさど 佐渡市(旧・両津市) 女性的な海岸美。 ひがし 佐渡市(旧・両津市) かたのお 佐渡市(旧・両津市) ふたつがめ 佐渡市(旧・両津市) すみよし 佐渡市(旧・両津市) ななうら 佐渡市(旧・相川町) 長い隆起海岸。 たっしゃ 佐渡市(旧・相川町) まつがさき 佐渡市(旧・畑野町) 松ヶ崎ヒストリーパーク。 おうだ 佐渡市(旧・畑野町) さわた 佐渡市(旧・佐和田町) しんまち 佐渡市(旧・真野町) にしみかわ 佐渡市(旧・真野町) 鉄砲鼻や田切須鼻の岬。 さどおぎ 佐渡市(旧・小木町) 玄武岩できた地変の激しい海岸。 さんせ 佐渡市(旧・羽茂町) おおすぎ 佐渡市(旧・赤泊村) 起伏に豊んだ海岸線。 すぎのうら 佐渡市(旧・赤泊村) 起伏に豊んだ海岸線。 むしろば 佐渡市(旧・赤泊村) むらまつはま 北蒲原郡中条町 あじろはま 北蒲原郡聖籠町 あわしまにし 岩船郡粟島浦村 名勝・奇勝が多い。 富山県 所在地 備 考 参照記事 はまくろさき 富山市 越中舞子浜の別称。 いわせはま 富山市 やえづはま 富山市 あまはらし 高岡市 義経伝説を伝える白砂青松の砂浜。 日本の渚百選。 うおづ 魚津市 きょうでん 魚津市 ひみ 氷見市 日本の朝日百選。 島尾海岸から灘浦海岸にかけて。 うなみ 氷見市 別名:灘浦(なだうら)海岸。 しまお 氷見市 こざかい 氷見市 整備された人口海岸。 まつだえ 氷見市 あお 氷見市 なかだ 氷見市 なめりかわ 滑川市 たかつき 滑川市 いくじ 黒部市 あらまた 黒部市 いしだはま 黒部市 みやざき・さかい 下新川郡朝日町 ヒスイ海岸のこと。 ヒスイの原石が浜に打上げられる。 日本の渚百選。 にゅうぜん 下新川郡入善町 よこやま 下新川郡入善町 よしはら 下新川郡入善町 あしざき 下新川郡入善町 石川県 所在地 備 考 参照記事 かなざわ 金沢市 粟崎・大野・金石・専光寺・安原海岸を称して言う。 あわがさき 金沢市 おおの 金沢市 かないわ 金沢市 せんこうじ 金沢市 やすはら 金沢市 うのうら 七尾市 しおつ 七尾市(中島町) そわじ 七尾市(能登島町) 能登島。 はちがさき 七尾市(能登島町) 能登島。 あたか 小松市 そそぎ 輪島市 海蝕によってできた洞門や奇岩が続く。 冬の波の花は名物。 にしほ 輪島市 鰐ケ淵、ゾウゾウ鼻などの奇勝がみられる。 なふね 輪島市 かもがうら 輪島市 そでがはま 輪島市 くろさき 輪島市(旧・門前町) 海抜20mの緑地帯。 みなづき 輪島市(旧・門前町) まうら 珠洲市・輪島市 直接海に落ちる垂水の滝が珍しい。 にえ 珠洲市 千畳敷と呼ばれる広い岩礁が中心。 のろし 珠洲市 能登双見などの奇岩がある。 みつけ 珠洲市 目前に、別名軍艦島と呼ばれる見附島がある。 はちがさき 珠洲市 県内随一の透明度。 日本の渚百選。 きのうら 珠洲市 かが 加賀市 凝灰岩層の海岸線。 かたの 加賀市 うわぎ 加賀市 しおや 加賀市 はしたて 加賀市 くろさき 加賀市 しばがき 羽咋市 白砂と松林の長手島を中心にした海岸。 大島・ 安部屋海岸を含めて言うことも。 ちりはま 羽咋市 今浜・出浜海岸を含めて言うことも。 しらお かほく市(旧・七塚町) おおさき かほく市(旧・七塚町) きづ かほく市(旧・七塚町) たかまつ かほく市(旧・高松町) とくみつ 白山市(旧・松任市) たけまつ 白山市(旧・松任市) こまいこ 白山市(旧・美川町) 日本の渚百選。 ねあがり 能美市(旧・根上町) うちなだ 河北郡内灘町 ますほがうら 羽咋郡志賀町(旧・富来町) 日本の水浴場55選。 日本の小貝三名所。 あまざき 羽咋郡志賀町(旧・富来町) あぶや 羽咋郡志賀町 しかうら 羽咋郡志賀町 海岸線が入りくみ奇岩怪石が多い。 おおしま 羽咋郡志賀町 ではま 羽咋郡宝達志水町(旧・志雄町) いまはま 羽咋郡宝達志水町(旧・押水町) たのうら 鳳至郡能都町 中央に弁天島が浮かぶ。 まわき 鳳至郡能都町 万畳石と呼ばれる海岸美を見せている。 はね 鳳至郡能都町 こいじ 鳳至郡能都町(旧・内浦町) 鍋乃と助三郎の悲恋伝説が残る静かな砂浜。 あかさき 鳳至郡能都町(旧・内浦町) 先端は岩礁が散在。 福井県 所在地 備 考 参照記事 あゆかわ 福井市 珍しい小石の海底。 たかす 福井市 おおさき 福井市 釣の名所。 くろさき 福井市(旧・越廼村) 越前水仙の発祥の地。 こしの 福井市(旧・越廼村) にしうら 敦賀市 敦賀湾の西沿岸。 ひがしうら 敦賀市 岩礁がある松ケ崎は釣りの名所。 まつばら 敦賀市 よこはま 敦賀市 すいづ 敦賀市 いつはた 敦賀市 えら 敦賀市 あかさき 敦賀市 まるやま 敦賀市 のうま 敦賀市 くつ 敦賀市 たのうら 敦賀市 たていし 敦賀市 しらき 敦賀市 おばま 小浜市 あの 小浜市 やしろ 小浜市 いのくま 小浜市 にんぎょのはま 小浜市 せいはま 小浜市 こいがわ 小浜市 あわら あわら市(旧・芦原町) なみまつ あわら市(旧・芦原町) 南北に長く砂浜がのびている。 きたがた あわら市(旧・芦原町) 北潟湖の日本海に面した一帯で、砂嘴がのびている。 にのはま 坂井市(旧・三国町) はまぢ 坂井市(旧・三国町) みくに 坂井市(旧・三国町) こうの 南条郡南越前町(旧・河野村) かぶらぎ 南条郡南越前町(旧・河野村) えちぜん 丹生郡越前町 自然の岩礁断崖の景観。 海岸段丘上には半ば野生の形で栽培される越前水仙の畑がある。 日本の渚百選。 えちぜんくりや 丹生郡越前町 うめうら 丹生郡越前町 たかはま 大飯郡高浜町 白い砂浜。 わだ 大飯郡高浜町 しらはま 大飯郡高浜町 とりいはま 大飯郡高浜町 みつまつ 大飯郡高浜町 なばえ 大飯郡高浜町 しろやま 大飯郡高浜町 みはま 三方郡美浜町 すがはま 三方郡美浜町 たけなみ 三方郡美浜町 にゅう 三方郡美浜町 さだ 三方郡美浜町 わだ 三方郡美浜町 まつばら 三方郡美浜町 くぐし 三方郡美浜町 はやせ 三方郡美浜町 ひるが 三方郡美浜町 しきみ 三方上中郡若狭町(旧・三方町) せくみ 三方上中郡若狭町(旧・三方町) おがわ 三方上中郡若狭町(旧・三方町) ゆうし 三方上中郡若狭町(旧・三方町) しゃくし 三方上中郡若狭町(旧・三方町) 東 海 地 方 静岡県 所在地 備 考 参照記事 くのう 静岡市駿河区 急傾斜で駿河湾に臨む。 みほ 静岡市清水区(旧・清水市) みほまさき 静岡市清水区(旧・清水市) かんばら 静岡市清水区(旧・蒲原町) おおくずれ 静岡市駿河区〜焼津市 東海の親不知と呼ばれる奇勝で県十景の一つ。 ごとう 浜松市南区 しのはら 浜松市西区 むらくし 浜松市 浜名湖岸。 まいさか 浜松市西区(旧・舞阪町) べんてんじま 浜松市西区(旧・舞阪町) 浜名湖が太平洋につながる今切の東岸。 いなさほそえ 浜松市北区(旧・細江町) 浜名湖(細江湖・引佐細江)岸。 さくめ 浜松市北区(旧・三ヶ日町 浜名湖の北岸。 つつき 浜松市北区(旧・三ヶ日町 猪鼻湖岸。 しずうら 沼津市 みと 沼津市 沈降湾で前に淡島が浮ぶ。 うしぶせ 沼津市 日本の渚百選。 がにゅうどう 沼津市 とうごう 沼津市 日本の渚百選。 しげ 沼津市 日本の渚百選。 おおせ 沼津市 せんぼんはま 沼津市 みはま 沼津市(旧・戸田村) いた 沼津市(旧・戸田村) あたみ 熱海市 しもたが 熱海市 ながはま 熱海市 なかの 熱海市 うさみ 伊東市 波静かな弓浜。 じょうがさき 伊東市 天城火山の熔岩が作った絶壁の続く海岸。 ぼらなや 伊東市 かわな 伊東市 もとよしわら 富士市 いわた 磐田市 ふくで 磐田市(旧・福田町) ふくでぎょこう 磐田市(旧・福田町) りゅうよう 磐田市(旧・竜洋町) わだはま 焼津市 地曳網・磯釣りの名所。 はまとうめ 焼津市 おおすか 掛川市(旧・大須賀町) おおはま 掛川市(旧・大東町) あさば 袋井市(旧・浅羽町) わかのうら 下田市 下田湾をめぐる美しい海岸。 いりた 下田市 下田と石廊崎の間。 きさみおおはま 下田市 しらはま 下田市 おおはま 下田市 そとうら 下田市 波静かな遠浅の海岸。 たたと 下田市 かきさき 下田市 須崎半島の入口。 黒船による開国の波がおしよせた所。 とうじ 下田市 岩と砂で形成された豪荘な海岸。 いたど 下田市 すざき 下田市 くじゅっぱま 下田市 なべた 下田市 こさい 湖西市 しおみざか 湖西市 白砂青松の海岸。 めがうら 湖西市 あらい 湖西市(旧・新居町) あらいべんてん 湖西市(旧・新居町) 浜名湖が太平洋につながる今切の西岸。 とい 伊豆市(旧・土肥町) おまえざき 御前崎市(旧・御前崎町) 遠州灘と駿河湾に囲まれた岬で県立自然公園。 はまおか 御前崎市(旧・浜岡町) かたはま 牧之原市(旧・相良町) さがら 牧之原市(旧・相良町) 緑の松並木が続く。 しずなみ 牧之原市(旧・榛原町) 白砂青松の砂浜。 かしま 牧之原市(旧・榛原町) いなとりいけじり 賀茂郡東伊豆町 岩に囲まれた人工海岸。 いなとりひがし 賀茂郡東伊豆町 しらだ 賀茂郡東伊豆町 いまいはま 賀茂郡河津町 「伊豆舞子の浜」と呼ばれている しょうぶさわ 賀茂郡河津町 屈曲が多い海岸。 かわづはま 賀茂郡河津町 たじり 賀茂郡河津町 おくいろう 賀茂郡南伊豆町 石廊崎から仲木へ向う途中の断崖の海岸線。 はがち 賀茂郡南伊豆町 ひりぞ 賀茂郡南伊豆町 おおせ 賀茂郡南伊豆町 ほんぜ 賀茂郡南伊豆町 ゆみがはま 賀茂郡南伊豆町 いずせいなん 賀茂郡南伊豆町〜西伊豆町 くもみ 賀茂郡松崎町 いしぶ 賀茂郡松崎町 いわち 賀茂郡松崎町 まつざき 賀茂郡松崎町 たごせはま 賀茂郡西伊豆町 干潮時には三四郎島まで歩いて渡ることができる。 瀬浜海岸とも。 どうがしま 賀茂郡西伊豆町 伊豆八景の一つ。 天窓洞は国の天然記念物。 ふとう 賀茂郡西伊豆町 おおはま 賀茂郡西伊豆町 のりはま 賀茂郡西伊豆町 おおたご 賀茂郡西伊豆町 あらり 賀茂郡西伊豆町(旧・賀茂村) うぐす 賀茂郡西伊豆町(旧・賀茂村) かわしり・すみよし 榛原郡吉田町 愛知県 所在地 備 考 参照記事 たかとよ 豊橋市 断崖絶壁と白浜が続く景勝地。 まえしば 豊橋市 おもてはま 豊橋市〜渥美郡渥美町 にしがた 豊川市(旧・御津町) みと 豊川市(旧・御津町) たけしま 蒲郡市 国天然記念物「竹島」が浮かび、387mの橋で結ばれている。 ほしごえ 蒲郡市 かたはら 蒲郡市 みや 蒲郡市 みかわおおしま 蒲郡市 大島。 にしうら 蒲郡市 さかい 常滑市 おおの 知多市 しんまいこ 知多市 にさき 田原市(旧・田原町) しろや 田原市(旧・田原町) ほりきり 田原市(旧・渥美町) いらご 田原市(旧・渥美町) うづえ 田原市(旧・渥美町) うつみ 知多郡南知多町 やまみ 知多郡南知多町 ひまかじまひがし 知多郡南知多町 日間賀島。 ひまかじまにし 知多郡南知多町 日間賀島。 しのじま 知多郡南知多町 篠島。 こうわぐち 知多郡美浜町 おくだ 知多郡美浜町 わかまつ 知多郡美浜町 のま 知多郡美浜町 おのうら 知多郡美浜町 おおうら 幡豆郡一色町 佐久島。 しらはま 幡豆郡一色町 佐久島。 きら 幡豆郡吉良町 よしだ 幡豆郡吉良町 みやざきひがし 幡豆郡吉良町 ひがしはず 幡豆郡幡豆町 てらべ 幡豆郡幡豆町 三重県 所在地 備 考 参照記事 つ 津市 広大な白砂青松の波静かな海岸。 ごてんば 津市 にえざき 津市 あこぎうら 津市 津市(旧・河芸町) シロチドリの繁殖地。 からす 津市(旧・香良洲町) 香良洲浦海岸ともいう。 まつなせ 松阪市 ごぬし 松阪市(旧・三雲町) ながしま 桑名市(旧・長島町) つづみがうら 鈴鹿市 ちよざき 鈴鹿市 みきさと 尾鷲市 あらしま 鳥羽市 おおさつしらはま 鳥羽市 ちどりがはま 鳥羽市 ふたみがうら 伊勢市(旧・二見町) 日本の渚百選。 こうざき 伊勢市(旧・二見町) 奇岸暗礁の多い海岸。 あたしか 熊野市 日本の水浴場88選に選ばれた。 おおどまり 熊野市 しちりみはま 熊野市〜南牟婁郡御浜町 日本の渚100選。 21世紀に残したい日本の自然100選。 白砂青松100選。 名松100選。 ござしらはま 志摩市(旧・志摩町) ふせだ 志摩市(旧・志摩町) わぐ 志摩市(旧・志摩町) ひろのはま 志摩市(旧・志摩町) かただおおの 志摩市(旧・志摩町) あづりはま 志摩市(旧・志摩町) めど 志摩市(旧・浜島町) こうが 志摩市(旧・阿児町) おおよどにし 多気郡明和町 おおよど 多気郡明和町 なんとう 渡会郡南伊勢町(旧・南島町) きいながしまちょう 北牟婁郡紀北町(旧・紀伊長島町) ひいけ 北牟婁郡紀北町(旧・紀伊長島町 じょうのはま 北牟婁郡紀北町(旧・紀伊長島町) ふるさと 北牟婁郡紀北町(旧・紀伊長島町) おおじろ 北牟婁郡紀北町(旧・海山町) おやまうら 北牟婁郡紀北町(旧・海山町) いだ 南牟婁郡紀宝町 七里御浜井田海岸(しちりみはまいだ)とも。 アカウミガメが産卵に訪れる。 近 畿 地 方 滋賀県 所在地 備 考 参照記事 おうみまいこ 大津市(旧・志賀町) 琵琶湖西岸。 ひら 大津市(旧・志賀町) 琵琶湖西岸。 にほんまつ 長浜市(旧・西浅井町) 琵琶湖北部の奥琵琶湖岸。 まつばら 彦根市 琵琶湖東岸。 おうみしらはま 高島市(旧・高島町) 琵琶湖西岸。 かいづ 高島市(旧・マキノ町) 琵琶湖北岸。 京都府・兵庫県・鳥取県 所在地 備 考 参照記事 さんいん 京丹後市〜鳥取市 京都府 所在地 備 考 参照記事 のはら 舞鶴市 かんざき 舞鶴市 なぐ 宮津市 曲折の変化に富んだ海岸。 たんごゆら 宮津市 くんだ 宮津市 あまのはしだて 宮津市 ひおき 宮津市 ゆうひがうら 京丹後市(旧・網野町) ことびきはま 京丹後市(旧・網野町) かけづ 京丹後市(旧・網野町) はまづめ 京丹後市(旧・網野町) あそび 京丹後市(旧・網野町) こばま 京丹後市(旧・網野町) はっちょうはま 京丹後市(旧・網野町) あさもがわ 京丹後市(旧・網野町) たんご 京丹後市(旧・丹後町) たんごまつしま 京丹後市(旧・丹後町) たけの 京丹後市(旧・丹後町) たいざ 京丹後市(旧・丹後町) 立岩が目印。 時代劇の撮影に使用される。 のちがはま 京丹後市(旧・丹後町) くみのはま 京丹後市(旧・久美浜町) 日間の松原といわれ、砂嘴がのびる。 かまい 京丹後市(旧・久美浜町) しょうてんきょう 京丹後市(旧・久美浜町) 天橋立になぞらえて、小天橋と呼んでいる。 はこいし 京丹後市(旧・久美浜町) のろせ 与謝郡伊根町 徐福伝説が伝わる。 かまや 与謝郡伊根町 蒲入から経ヶ岬まで約3kmに渡り続くリアス式海岸。 とまり 与謝郡伊根町 ほんじょう 与謝郡伊根町 大阪府 所在地 備 考 参照記事 やぐら 大阪市西淀川区 にしきのはま 貝塚市 たるい 泉南市 はこつくり 阪南市 ながまつ 泉南郡岬町 長浜海岸とも。 こじま 泉南郡岬町 小浜海岸とも。 たんのわ 泉南郡岬町 兵庫県 所在地 備 考 参照記事 すま 神戸市須磨区 日本の渚百選。 まいこ 神戸市垂水区 しらはま 姫路市 ふくどまり 姫路市 まとがた 姫路市 ふじえ 明石市 まつえ 明石市 はやしさき 明石市 おおくら 明石市 埋め立てによりできた海岸。 えいがしま 明石市 あいが 洲本市 あつはま 洲本市 おろだに 洲本市 うちだ 洲本市 おおはま 洲本市 ふなせ 洲本市(旧・五色町) つし 洲本市(旧・五色町) とりかい 洲本市(旧・五色町) ごしき 洲本市(旧・五色町) ひよりやま 豊岡市 海蝕作用によって生じた奇岩。 けひのはま 豊岡市 たけの 豊岡市(旧・竹野町) 遠浅の海岸。 たけのはま 豊岡市(旧・竹野町) 日本の渚百選。 きりはま 豊岡市(旧・竹野町) はますい 豊岡市(旧・竹野町) あこうみさき 赤穂市 からせんがはま 赤穂市 ふくうら 赤穂市 みさきいおおつか 赤穂市 まるやま 赤穂市 たじま 豊岡市〜美方郡新温泉町(旧・浜坂町) あま 南あわじ市(旧・南淡町) なだ 南あわじ市(旧・南淡町) 冬は野生の水仙の花で斜面は黄一色となる。 かるも 南あわじ市(旧・南淡町) けいのまつばら 南あわじ市(旧・西淡町) 日本の渚百選に認定される。 日本の水浴場88選。 たのしろ 淡路市(旧・淡路町) いわや 淡路市(旧・淡路町) むろつ 淡路市(旧・北淡町) としま 淡路市(旧・北淡町) ほくだん 淡路市(旧・北淡町) おさき 淡路市(旧・一宮町) ぐんげ 淡路市(旧・一宮町) えい 淡路市(旧・一宮町) えい 淡路市(旧・一宮町) しんまいこ たつの市(旧・御津町) 切り立った崖、白砂の浜、松原、干潟と変化に富んだ海岸線。 おおうら たつの市(旧・御津町) かすみ 美方郡香美町(旧・香住町) 遊覧船で探勝できる。

次の

苗字1〜5000位

おお つつき いっ しき

2008年 5月31日(土) 踊子草動かぬものに運はなし これまた下手な格言みたいな句だなぁ、こりゃこりゃ。 格言といえば、ちょっと意外なものを見つけちゃいましたよ。 「」 インド独立の父、マハトマ・ガンジーの言葉なのだそうです。 実は、常に、にこやかな人だったんですって。 教科書のガンジーさんって、笑ってましたっけ? 意外じゃない? 別に? こりゃまた失礼。 名前の由来は、その花の形が、笠をかぶって躍る人の姿に似ているからなのだとか。 5月30日(金) 花アカシアとどかぬものにとどけよう 言っていることとやっていることの違う人って、 はたから見ていても気持ちのいいものではありません。 ときどき「自分、大丈夫か?」と、不安になることもなきにしもあらず。 たぶん、あります。 これが、というものでもないけれど、気づかずに。 みんな、そんなもんでしょ? はなあかしあ とどかぬものに とどけよう 季語=アカシア なんもかんも断定できるなんて・・・・。 俗名「針槐(はりえんじゅ)」、正しくは(?)ニセアカシア。 あっそう。 明治20年頃から庭園や街路樹用として輸入されたとか。 エキゾチックな素敵な名前ですが、日本の自然では手に負えない帰化植物なんだってさ。 わからないものだね〜。 5月29日(木) 草笛や裸足でかける幸不幸 「ひとこと」で言い得ること、「ひとこと」で伝えられること、 そんなもの、この世の中にはない。 仮にあったとしても、万人に等しくなんて無理ですって。 逆もまた然り。 言葉は万能じゃないの。 バンドエードでもないの。 レレのレなの。 5月28日(水) 子どもらはでんぐり返し麦熟れる よく学びよく遊べというけれど。 結局のところ、こだわりの多い人は、 いわゆるクリエイティブと呼ばれる仕事には向いていないようです。 こだわることはいいことで、まるで個性のようでもあるけれど・・・・。 弘法筆を選ばず。 なるほど。 もっとも、人のことばかりは言っていられない。 あたりまえだ。 ほんと気をつけないと・・・・。 東京の真ん中で「麦秋」といっても、なんだか空々しい。 麦は5〜6月に黄褐色に成熟して収穫されます。 5月27日(火) 憐憫というははかなく卯波立つ 牧野富太郎という植物博士を、知ってるかい? ほんの数日前まで、ぜんぜん、まったく知りませんでしたよ〜。 天才は100年に1回あらわれるとか。 好きこそものの上手なれとか。 天才とはやり過ぎてしまった人だとか。 死んで花実が咲くものかとか。 素直に納得できちゃいます。 たぶん。 牧野博士に関する、 親しみやすいコンテンツがもっとあればいいのに・・・・と思っちゃった。 もったいない。 小学校を中退、その後、一切の学歴を持たず博士号をとった唯一(?)の人物なのだとか。 それより何よりその偉業がすごい。 あまりクローズアップされないのには、それなりに理由があるのかもしれないけれど・・・・。 あわれみの気持ち。 (岩波国語辞典より) ずっと「れんび」と読むのだと思ってた・・・・だめじゃん。 5月26日(月) 真実はどちらが決める忍冬 充実している人は、迷惑なほどに、自己主張はしないそうです。 言われてみてば、そういうものなのかもしれないですね。 充実と満足は、違うのだろうなぁ〜。 でも、まぁ、無神経に指摘しない方が良いと思います。 よく分かんないけど。 甘味の少ない時代に、甘い蜜を吸ったからなのだとか。 これは、冬、落葉しても一部は常緑のまま冬を越すから。 金銀花(キンギンカ)という別名もあります。 5月25日(日) 卯の花やときに目出度きこともあり 水ですら留まれば腐ることができるのにね。 思考が固まったら、どうなっちゃうの、かね? 昨夜、シェイクスピアの「ソネット集」というものを読んだの。 すごいの。 そもそも「ソネット集」がどういうものなのかも知らなかったから、 びっくりしちゃったよ。 匂いがない、のだそうです。 そうだったの? ぜんぜん気づきませんでした。 154ものソネットの連作。 解説の中にもあるけど、そもそも物語を伝える文学形式ではないのに、一連の物語になっている、そんな感じ。 初版は1609年、シェイクスピア40歳前後の作品なんだってさ。 老人の美しい青年に対する恋慕もしくは友愛。 そこから詩人の実生活が垣間見えると言うけれど・・・・。 5月24日(土) えごの花きれいなままでふさぎ込む 相手のことを考えるフリをして 逃げてることって、ありますよね。 たぶん、無意識。 5月23日(金) 麦飯や正しい箸の握り方 食事をする時間がなく、 移動しながらでもと思って オニギリの専門店で麦飯のオニギリを買いました。 あわてて。 言葉の響きからして美味しそうだったし。 でも、でも、 麦飯のオニギリは 歩きながらは食べれません! ということを学びました。 えらい。 麦は脚気予防に良いとされるビタミンB1が豊富。 季題となる夏季の主食としたのは、昔の人の知恵なのだとか。 5月22日(木) 蛇苺見える毒なら避けられる ネガティブな発言の多い人は、 誉められたいのか、嫌われたいのか、よくわからん。 別にいいんですけどね。 ぼくの人生じゃないのだしさ。 人間が自己精製する一番の猛毒は、嫉妬心というもの、なのかもしれない。 何を偉そうに? ごめん。 でも、自分自身を、確実に蝕みます。 こわい、こわい。 へびいちご みえるどくなら さけられる 季語=蛇苺 いつもありがとうございま〜す。 知らなかった。 なぜ、ヘビイチゴと呼ばれるようになったかは諸説あって定かではないようです。 ま、食べてもマズイからかもしれません。 知らないけど。 見た目は、かわいいだよね。 5月21日(水) 椎の花くすぶる色は骨の色 クマがころんだ、どてん。 パンダがころんだ、こてん。 その違いは、なんなんだぁ〜 って、思った? しいのはな くすぶるいろは ほねのいろ 季語=椎の花 動きもせずに、じーっとしていたら、頭が痛くなってきますよ。 むせかえるような強烈な甘い匂い。 神社や寺院の境内に多く、早いところではもう咲いています。 聞きかじりだけどね。 5月20日(火) 重なりて夢見がちなり松落葉 ジャバジャバ降ってるね〜。 「スターウォーズ」 初めて見たときは、すげ〜っとびっくりしたもんだよ。 たぶん、当時の子どもは、みな同じだろうなぁ。 ただね、なんとなく、 ぼんやりと主人公たちの衣装が古くさい感じがイヤだったんだよね。 今見ると特に違和感もないのだけれど・・・・。 監督のインタビュー記事か何かで読んだのだけれども、 最初から当時の感覚では古くさいデザインにしていたのだとか。 理由は、数十年後も廃れない映画にしたかったからなんだって。 たしか、そんなようなことだったかな。 5月19日(月) えごの花うつむく日々を通り過ぎ 世の中には、ほんとうに、 「自分の天才性を誰も認めてくれない」とか、口走っちゃう人がいるんですね〜。 びっくりしました。 白色の五弁花で、かわいらしい。 武蔵野に多いらしいです。 5月18日(日) 手毬花疑心暗鬼に朝が来る 或るお婆さんから聞いた話。 昔々、まだまだ若かりし頃、 「家族の悪口を言う男とは、絶対に結婚するな!」と、父親に厳しく言われたそうな。 封建的な何かが残っていた時代。 女性は男性の付属品くらいにしか考えていない、そんな父親だったらしいけれど。 アジサイのように小さい花を球状につけます。 住宅街に結構多いですよ。 一見、白い花のようだけど、よく見ると青みがかっています。 5月17日(土) 金雀枝や楽しきことも色あせる よく言われていることだけど、永遠に楽しいことなどない。 自分自身が、本人が、 いかにその楽しさを継続しようとしているか、していないか、 意外と単純なことだ。 生きている限り飽きないわけがない。 継続する工夫を怠り、何もかも人のせいにしていたら報われるはずもない。 どこにあっても目を引く鮮やかな黄色。 ちなみに花言葉は、清楚とか熱情とかなんだって。 ふん〜。 5月16日(金) ひらがなが奇妙にさわぐ砂糖水 ある先輩が、「今の自分の精一杯をやっていれば、 訳知り顔の人の言葉など、はいはい、と聞き流せるものだよ」と、 言っていたことがあるんです。 ずいぶん前のことだけど。 抵抗したくなるのは、手を抜いているからなんだって。 不思議なことを言うなぁ、と、当時は思ったのだけれどもね。 何かにつまずくと、思い出します。 ひらがなが きみょうにさわぐ さとうみず 季語=砂糖水 きのうの日中は、ちょっと暑いくらいでしたね。 体調に気をつけてくださいね。 いつもありがとうございます。 でも、子どもだったから、塩と味の素を間違ってさ、ものすごく、まずかった。 で、砂糖をかけてみたんだけど・・・・無理だった。 街中で見る園芸品のそれは学名のままクレマチスと呼ぶのが普通らしい。 まるで針金のような細くて硬い蔓に、不釣り合いなほどに大きな花を咲かせます。 今が見頃みたいです。 5月14日(水) 存在を消して卯の花腐しかな お天気? あ、違った、お元気? 毎日、天気わるいね。 理屈を学ぶことは結構楽しい。 楽しいと思う人には楽しい。 でも、理屈を捨てられなくなるくらいなら・・・・。 ちらっと思うのよね。 あしたは、晴れるかな。 いつもありがとうございます。 卯月に咲くから卯の花。 「卯の花腐し」は、その頃に降り続く雨のこと。 せっかく咲いた卯の花を、長雨が腐らせるという意味のようです。 しゃれてます。 5月13日(火) いつまでも気のないそぶり桜の実 桜の木に、実がなりはじめています。 大概の学校には、大きな桜の木があって、 街のそこかしこには桜の大木があるのに、見ているようで見てない。 もっとも、いわゆるサクランボとは違って、 全然目立たないのだから、知らなければ知らない、でしょ? ぼくなんか、教えてもらわなければ、気づきもしなかったです。 市販されているサクランボは、そのほとんどが花を目的としないセイヨウミザクラの栽培品種なのだとか。 6〜7月に成熟します。 5月12日(月) 飛魚をうらやむこともなく生きて トビウオ、ほんとは見たことないんですけどね。 ある? でも、食べたことは、あります。 トビウオの干物、おいしかったです。 いま、東京国立近代美術館で「」が行われています。 来週の5月18日(日)までだそうです。 むずかしいことは分かりませんが、とにかく引き込まれます。 中心がないような気もするのですが、釘付けになります。 そんな感じでしょうか。 おすすめです。 とびうおを うらやむことも なくいきて 季語=飛魚 絵が描けるって、やっぱり、うらやましいな〜。 飛行時間は20〜30秒程度なのだとか。 ときに時速60キロで300メートル以上も飛ぶそうですよ。 すごいのね。 でも、なんで飛ぶの? 5月11日(日) 何事もなきように余花母に母 「しつけ」って、漢字で書けます? 一般常識なのかどうかは分かりません。 ぼく自身は、つい最近まで知らなかったです。 知らずに一生を過ごしたとしても、 困るようなことはない気もするんですけどね。 ほんと、知らないことばかりです。 なにごとも なきようによか ははにはは 季語=余花 きょうは、母の日ですね。 いつもありがとうございます。 探さないと気づかないものかもしれません。 この漢字をつくった人は、身を正しくとは、考えなかったんですね。 ちょっと意外でした。 5月10日(土) 運命を刮ぎ集めて夏落葉 なんでもかんでも、まずは否定、って人がいますでしょ? います、います、いますよねぇ〜。 仕事などでは、とくに、なんなのじゃ!と、さすがに内心ムカッとしちゃいます。 はっきり言って疲れます。 なにせ一緒にいて愉快なわけがないからさ。 そういう人って大抵おこりんぼさんで、気をつかわせるし。 本心は、ただ誉めてもらいたいだけ、なのかもしれないけれど・・・・。 とか言っちゃって、そんな時期もあった気がする、ぼく自身。 あぁ〜、はずかしい。 ごめんなさいね。 うんめいを こそぎあつめて なつおちば 季語=夏落葉 運命は変えられるけど、宿命は変えられない、とかとか、へぇ〜。 いつもありがとうございます。 初夏に新しい葉と入れ替わります。 常緑樹ならではの新陳代謝でしょうか。 冬を乗り切るための落葉樹の落ち葉とは根本的に異なります。 みんないっしょ、程度の差はあるけれど・・・・。 楚王項羽の寵愛した虞美人が、この花に化したという伝説に由来するのだとか。 ヨーロッパ南部の原産で、原種は赤い四弁花。 5月8日(木) 目ぶたより重たきものや薔薇一重 凹んでいるときって、凹んでいる部分に塩をすり込むような「ことば」を、 自分の目や耳がオートマチックに拾い集めているような気がしない? そんな風に感じたことない? どんな人にもバイオリズムはあるでしょ? 元気になれる「ことば」は意識的に探さないと、人それぞれだし、 他人まかせじゃ時間がかかってしょうがない、そんな気がしますよ。 ところで、っていうのがあるのを知ってました? 作り物みたいだけど、本物。 もうびっくり、まさに、無限じゃね。 5月7日(水) ポケットは今日も空っぽ著莪の花 自分にやさしくない人は、他者にもやさしくないらしいよ。 例えば、倒れるまで働けちゃう人は、他者を倒れるまで酷使できるとか。 ストレスフルでお勉強を頑張ってきた人は、他者にも当然のようにそれを要求できるとか。 らしいよ。 何だか逆みたいな感じだけど・・・・らしいよ。 白っぽい紫色の地に、中心に紫と橙の模様があります。 庭の下草にされることが多いらしく、公園などでも結構みかけます。 5月6日(火) 万緑や知らないことは増えるのみ 最近、思うんですけどね。 「らしく」とか「らしさ」とかって、案外、マイナス語に近いんじゃないかなぁ、 なんてね、ばかみたいなことを思うんです。 そんだけ。 きょうも、ありがとうございます。 大地にみなぎる生命力を表現する季語として好まれています。 人間探求派の現代俳人・中村草田男によって初めて用いられた新しい季語です。 といっても、戦前のことみたいです。 之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為す、是知るなり。 」(「論語」講談社文庫より) 5月5日(月) 大空が少しさがりて鯉のぼり いつも大勢の人が並んでいる 話題のラーメン屋さんの前を通ったら、偶然、席が空いていてさ。 ラッキーと思ったね。 で、目の前に現れたラーメンを見て、おお、と思ったよ。 ほんと。 でもさ、いろいろな偶然が重なってさ、ほんとだよ、 うっかり漬け物だと思って生のニンニクを食べちゃったのね。 そのまま一粒。 食べたことある? 辛いんだよォ、ほんとほんと。 舌が微妙にしびれちゃってさ、せっかくのラーメンの味が分からなかったよ。 さすがに思ったね、自分の不注意を棚上げしてさ、思ったさ。 「今度は並ぼう」って、あはは、うそうそ。 おおぞらが すこしさがりて こいのぼり 季語=鯉幟 子どもの日ですね〜。 大型連休も明日までですね〜。 いつもありがとうございます〜。 中国に、黄河の竜門というすごい滝を登り切った鯉が竜になる「鯉の滝登り」という伝説があります。 当時は、武家のみに許されたものだったらしいですよ。 先祖が武家だとか公家だとか、いまどきって、うらやましい? 5月4日(日) はじまりはいつもと同じ春惜しむ それは妄想で、それに捕らわれて、絡み取られて、 いつも大切な何かを、知らず知らずのうちに、取りこぼしているとしたら? 何かが足りないと思うときって、その足りない何かとは、 単なる「努力」だけではないのかもしれないね。 いわゆる「努力」なしには、お話にもならないとは思うけれども。 「努力」だけなんって、誰だってホントは苦手だ。 「春惜しむ」の方が、感傷的な色合いが少し強いかもしれません。 5月3日(土) 妄想が両手をあげる月朧 「 」って、もう読みましたか? 読者アンケート第1位。 6月には映画も公開されるんですって。 人気あるんですね。 本の帯に「最後の3ページ、涙があふれて止まりません。 」と書いてあります。 あながち大げさでもないようです。 個人差はあるでしょうけれど。 しずかに泣いちゃいましたよ。 「おぼろ」とは、明瞭でなくぼんやりした感じをいいます。 自分で言うなよ、とも思いますが、それより何より、正直、あまり幸福そうには見えないのが不思議です。 そうじゃない人もいっぱいいるんだろうけどさ。 5月2日(金) それぞれにわずかにぶれる夏近し すべてを知ろうとすることは、 二度と興味を持てなくなること、なのかもしれない。 変なこと言っています? そんな気もします。 バランスです。 バランス。 それが何の苦もなくできるのであれば、 悩みなど存在しないのかもしれないけどね。 立春から数えて八十八日目です。 新暦では5月2日頃。 世の中、マニュアル通りにはいかないものですね。 当たり前ですけどね。 5月1日(木) 泣くことが葉桜となり歩むなり ほんとうに、考えすぎると、ろくなことがないですね。 いいんですけどね。 それでいいんですけどね。 何を言っているんでしょうね。 何も言っていないに等しいですけどね。 ま、そんな日もありますよね。 なくことが はざくらとなり あゆむなり 季語=葉桜 5月ですね〜。 葉桜が美しいですね〜。 いつもありがとうございます。

次の