ジュビリー エース 玉井。 ジュビリーエースがポンジで被害者が増える仕組みとは?|ジン|note

ジュビリーエースの10月セミナーに行ってみた

ジュビリー エース 玉井

おそらく、 「ビットクラブでめちゃめちゃ儲けている人」といったイメージでしょうか? もしくは、人によっては「なんだかよく分からないけど怪しそう」というイメージを持っているかもしれません。 なぜなら、 玉井さんのことをネットで調べると、いかにも怪しそうな写真が出てくるからです… 玉井さんのことを知らない人があれを見たら、多くの人は「怪しい!なにか悪いことやってそう!」と思っても仕方がないでしょう。 私もそう思いました笑 この記事では、そんな 玉井さんのセミナーを聞いたことのあるヒロマサが、その実態を解説させていただきます。 良い部分も悪い部分も、なるべく客観的な意見でお話しさせていただきます。 なんだかんだ言ってもビットクラブの大成功者なので、玉井さんのことを知ればご自身が成功するためのヒントになるかと思います。 ぜひとも参考にしてみてください^^ 目次• ネット上では、逮捕されたことあるかのような情報が出てきますが、あれは嘘です。 逮捕された過去はありません。 正確に言うと、 「追徴課税された経験がある」ということです。 分かりやすく言うと、国から 「あなたの払った税金が少ないです。 もっと払ってください。 」と言われた経験があるのです。 この時に請求された金額があまりに大きかったため、全国へ報道されてしまったらしいです。 その時の画像が、いまもネット上に残っているということですね。 ちなみに、その時に 請求された金額は1億数千万円だったらしく、一括で支払いを終えたらしいです。 玉井さんは、ビットクラブ以外の事業でも成功を収めているらしく、今も収入が入り続けているらしいです。 玉井さんの経歴を、年代順にお話ししていきますね。 20代…バリバリの営業マン 今でこそ、ビジネスの世界で有名な玉井さんですが、最初はサラリーマンをされていたそうです。 営業マンとしてバリバリ活躍していたらしいですよ。 当時は 年収1000万を得ており、営業の世界でも大活躍でした。 しかし、決して生活には満足していませんでした。 20時まで仕事をして、そのあとにはいつも会食があったそうです。 家に帰るのは0時前後。 寝ては仕事へ向かう日々。 自由が全くありませんでした。 そんな玉井さんの憧れたていたものが 「自由なライフスタイル」です。 そして、自由なライフスタイルを求める玉井さんは新たな手段と巡り合うことになります。 当時は1990年代で、日本へアムウェイが入ってきて20年近くが経過したころでした。 玉井さんは、すでにアムウェイの名前を知っていました。 アムウェイに対しては、 「鍋とかを売りつける怪しいビジネス」という印象を持っていました。 そして、いざ説明会を聞いて… 「すげー!!」 と思ったそうです笑 そこからは猛烈な勢いで結果を出し、アムウェイのおかげで憧れていた 「自由なライフスタイル」を手にすることができました。 自由になってから現在に至るまで、玉井さんの人生はどんどん面白くなっていきます。 アムウェイの世界ですでに大成功していた玉井さんのもとへ、モナヴィーのビジネスがやってきました。 玉井さんは40歳頃で、ちょうど2000年代のあたりです。 日本では高齢化が進んでおり、健康への関心がみるみる高まっていました。 そんな日本において、 モナヴィービジネスはまさにベストタイミングだったと言えます。 アムウェイのノウハウや人脈を活用してあっという間に大成功をおさめ、人生を無敵の状態にしたはずでしたが、ここで大きな危機が訪れます。 冒頭でもお話しした、 国税庁から追徴課税されたのです。 逮捕されたわけでも無いのに逮捕されたかのような報道をされて、全国へ映像がさらされました。 国へ1億数千万円のお金を支払い、なんとか危機を乗り越えたことで、人生をさらに次のステージへ進めます。 2009年に生まれたビットコイン、そしてビットコインの誕生によって数多くのビジネスが生まれ、玉井さんのもとにも多くの話が持ち込まれました。 詐欺みたいな話が大量に舞い込む中で、 「本物のチャンスであるビットクラブ」を捉えたのです。 ビットクラブの収入は、いままで取り組んできたネットワークビジネスとはケタ違いでした。 月収数千万、数億レベルの収入を手にして、同じくチャンスを求める人たちへチャンスを分け与えているのです。 玉井さんが詐欺じゃないのは分かったけど…なんでそんなに成功できたの? 「もともと能力が高かったから成功できたんでしょ?」 「あの人は特別だから、自分とは違うんだよ。 」 玉井さんのような成功者を見た時に、 こういうつまらないことを言う人がいます。 ですが、これらの意見は事実ではありません。 玉井さんは、 「成功できる考え方」を持っていたから成功したのです。 玉井さんじゃなくても、「成功できる考え方」さえあれば、成功することは可能なのです。 では、それがどんなものなのかを考察していきましょう。 要は、 「自分はこうなりたい、これが欲しい」と願う気持ちのことです。 ここで誤解してはいけないのは、 「憧れと願望は違う」ということです。 成功願望については、すごいエピソードがあります。 町で見かけたスーパーカーの持ち主へ話しかけて、成功の秘訣を聞く、といったことをしていたそうですよ。 そして、自由なライフスタイルを手にするための考え方を身に着けていきました。 そのおかげで、アムウェイのセミナーへ足を運ぶことができたし、 アムウェイが人生を変える大チャンスだと気付くことができたのです。 サラリーマンとして、大変な思いをしながら仕事をしている人に対して、 「つまらない人生」とはっきり言いきります。 この話を聞くと、 「玉井って、めちゃくちゃ嫌な奴だな!」と思うかもしれません。 ですが、よく考えてみてください。 いま現在、貧乏で不自由な生活をしている人は、好きでそんな生活をしているんでしょうか? そんな訳ありませんよね。 自分と関わる人に対して、 「貧乏でつまらない人生だな」と言いきるのは、 現状否定の気持ちを持たせて成功できるようにする為なのです。 ビットクラブの「玉井さん」について~まとめ~ ここまで、ビットクラブの世界で有名な「玉井さん」がどんな人なのかを解説してきました。 ここで、いままでの内容をまとめてみます。 【玉井さんとは?】• ビットクラブの大成功者• 圧倒的な大金持ち• 20代…バリバリの営業マン お金はあったが、自由なライフスタイルへ憧れていた。 この時期に、国税庁から税金をもっと納付するよう警告を受ける。 全国へ報道されて、1億数千万円を支払った。 月収数千万~数億を得る大成功者となった。 これから先も 面白い人生を生きていくだろう。 玉井さんは、街中で見かけたスーパーカーの持ち主に 成功する方法を聞くくらい、成功願望が強かった。 玉井さんは、貧乏や不自由な人生に対して、はっきりと否定の言葉を口にする。 ここまでが、 ビットクラブで有名な玉井さんの正体です。 強烈な経歴を持っていて、常人にとっては雲の上の存在に思えるかもしれません。 たしかに、玉井さんと同じレベルの結果を出すのは難しいように感じます。 ですが、玉井さんの10分の1や100分の1であれば、目指せるような気はしませんか?100分の1の結果だとしても、月収は100万円台です。 月収が100万もあれば、「自由なライフスタイル」を実現することは可能です。 そのためには、記事の中でお話ししてきたような 「成功できる考え方」を身に着ける必要があります。 大切なのは、 「自分よりも能力のある人と関わる」ことです。 そうすることで、あなたも同じように成功する人生を歩むことができるのです。 それでは、今回の記事はここまでとなります。 これからも、役に立つ情報を配信するブログを目指していこうと思います。 よければ他の記事ものぞいてみてくださいね。 また、ほかに聞きたいことや相談がある場合にも、お気軽にご連絡くださいね。 よければこちらもお願いします。 「投資を始めてみたいけど、まず最初にどうすればいいか分からない方」• 「本業が忙しい中でも、自分にできることを見つけたい」 など…どんな方でもお気軽にご連絡ください。

次の

ジュビリーエース(Jubilee Ace)は今から始める人間は養分 | 投資マニアの生き様

ジュビリー エース 玉井

2022年までに世界No. 1の暗号通貨取引所を目指します! 2019年12月31日、泉忠司のメールマガジンで「2020年一足早いお年玉」ということで案件案内のあった【ジュビリーエース】。 AQUAというAIを使ったアービトラージで収益を上げているようです。 ジュビリーエースは2018年からスタートした案件なので1年以上続いている投資案件です。 泉忠司の紹介する案件がバタバタ倒れている中、ジュビリーエースは大丈夫なのか?投資していいのか!?を検証していきたいと思います。 ジュビリーエースは投資すべき案件か? 結論から言うと、 ジュビリーエースは投資すべきではありません。 ジュビリーエースは、1年前からスタートした案件ですが今から参入も遅いので辞めた方がいいのではないかと思っています。 まず、私が泉忠司のメルマガを見て思ったのが、2020年お年玉とか言ってるのにただの案件紹介でガッカリしました。 しかも1年前からスタートした案件で新鮮味もないので更にガッカリしました。 ジュビリーエースは、最近フォーブス誌に掲載されたと話題になりました。 フォーブスは、アメリカの経済誌なので信用力はバツグンです。 ここまで信用力のある雑誌に掲載されてるからジュビリーエースは大丈夫だ!! と、判断するのは危険です。 フォーブスに掲載されれば信用力は増しますが、そもそもフォーブスに掲載されること自体が難しいので簡単に信じるのは危険です。 このジュビリーエースがフォーブスに掲載されたのが本当かを調べて見たら、フォーブスインド版に掲載されていました。 なんでインド版なのか?というところに疑問が残ります。 結論としてはジュビリーエースの自作自演です。 フォーブスインド版でお金を払って広告を自ら出したということになります。 逆に怪しいですよね。 話題を無理やりつくってあたかも信用力のある案件だとしているところが投資不適格だと思います。 1年以上続いているから確かな案件だという意見もありますが、ジュビリーエースは「元金償却型」の投資案件になります。 元金償却型とは、例えば10万円投資したら10万円は返ってきません。 配当型ウォレットは、「元金保証型」で10万円投資したら10万円も戻ってきます。 「元金保証型」の方がよく見えますが、元金保証型は多くの事業収益を稼ぎ続けないと運営が続かないので3〜6ヶ月程度で破綻するケースがほとんどです。 ポンジスキームの場合、元金償却型の方が長く続きます。 ジュビリーエースは、2019年3月から稼働しており9ヶ月続いています。 長期で続いてきたから安全という確固たる証明になりません。 この対談動画を見て私が思わず「おいおい」と思ったのが、泉忠司の発言です。 「最近、ジュビリーエースもネット上で話題になっていて、詐欺とか書かれるようになってきてますね。 だから私は信頼出来ると思ったんです。 」 このようなことをおっしゃってました。 泉忠司は、色んな情報発信で色んな動画ありますけど、毎回スタンスが違います。 この発言には正直ビックリしました。 この人に搾取されないように気をつけてください。 アービトラージは儲からない! ジュビリーエースは、仮想通貨、スポーツブックメーカー、コモディディのアービトラージで収益を上げている、とのことです。 アービトラージは取引所間の価格差を狙って収益を上げていきますが、アービトラージは儲かりません。 しかも、アービトラージは運用資金が大きくなればなるほど価格差が小さくなり利益率が悪くなる特徴があります。 なので、ジュビリーエースが資金をたくさん集めたがっている理由が分からないですね。 アービトラージは運用資金が大きすぎると不利! しかも、ジュビリーエースの取引は、バイナンスで行われているようです。 複数の通貨のトライアングル 3通貨構成 だったり、クォーター 4通貨構成 だったりと複数の通貨を組みあわえて売買を行っています。 これはアービトラージではありません。 よくわかんない運営してますね。 怪しい・・・。 対談相手の玉井暁がヤバイ! 泉忠司のメルマガでは、ジュビリーエースの紹介動画のURLが掲載されていました。 この動画を見てみると対談相手が「玉井暁」でした。 ジュビリーエースのセミナーにも登場するので不思議ではないですが、過去の経歴を見ると玉井暁はヤバイです。 ビットクラブの勧誘もたくさんして多くの損失を発生させた人物でもあります。 このような人物が進めている案件は私は怖くて投資出来ないです。 いかにもものすごい儲かってるような風潮で紹介動画で対談されていますが、客観的に判断してこれに投資する人ってどうなのかなって思う内容でした。 ジュビリーエースはそのほかにも怪しい点があります。 例えば、所在地がペーパーカンパニーになっているので実態のある会社なのかも疑問ですね。 1年以上続いているから安心だという声もありますが、元金償却型なのでポンジスキームでも1年続くのは別に不思議ではないです。 一つ褒めるとするとジュビリーエースのサイトレイアウトは非常に綺麗で投資してみたい、面白いという気持ちがそそられてしまいます。 私にとってはそこも怪しいですが、本質をしっかり見極めると不審点が多い案件だなと思ってしまいます。 泉忠司が紹介しているアービトラージ案件はいくつも出金停止になっています。 ジュビリーエースが本物か偽物なのか定かではありませんが怪しい点、多いですね。 ちなみに、泉忠司からジュビリーエースの案内が2019年12月31日の12時 お昼 に届きました。 その6時間後の18時に再度案内が来ましたが、この案内で 「公開直後から申し込みが殺到しています!」 みたいなことが書いていました。 これは、最初からこういう案内を送るよう仕込んでいるので実際に申し込みが殺到しているかは定かではありません。 こういうのにも騙されないようにしてください。 ちなみに泉忠司は、様々な投資案件を紹介していますが、大当たりしたのはADAコインだけです。 それ以外に何十件もの案件を紹介していますが、どれも悲惨な結果に終わっています。 ジュビリーエースには当然私は投資しませんが今後の展開は見守っていきたいと思います。

次の

ジュビリーエースの実態に迫る!アクアナイト(AQN)の残念な計画とは

ジュビリー エース 玉井

あいよ!ジンだ! ジュビリーエースって最近聞かないか? これはポンジ案件なので注意が必要です。 ジュビリーエースで稼いでいるので信者化しています。 運営が運用の偽エビでンスも出しているのでみんな正直なので信用しています。 なんと残念な。 だから俺様は、その人たちを救済するなんてことは全く考えていない。 なぜなら、信者化していてこっちの意見なんて聞く耳がない。 あと、元本が焼却するので紹介を出さないと稼げない。 だから次々に被害者を出している。 自分が稼ぐために被害者を出しながら収益を大きくするという流れだ。 パターンは2つ。 ・本当にジュビリーエースが良いと思っている。 ・ダメだとわかって広めているやつ どちらにしても残念だ。 1番残念なのはジュビリーエースが良いと信じ込んで被害者を出しているパターンだ。 まあ配当が低いので継続はし易いが、元本回収できずに終わる人が大半だろう。 まあ精々情弱共頑張るが良い。 そして最後は泣くがいい!!笑 参考サイト.

次の