僕 は どこから。 僕はどこからは打ち切りはなぜ?それがドラマ化される理由は?

漫画『僕はどこから』ネタバレあらすじ!最終回の結末は?

僕 は どこから

『僕はどこから』の基本情報• タイトル:僕はどこから• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• 主演:中島裕翔• ジャンル:クライムサスペンスドラマ• 放送局:テレビ東京系• 放映日時:水曜・深夜 0:12 — 0:52• 放送開始日:2020年1月8日 概要(見どころ) 🎉「僕どこ」コンビ・竹内薫&藤原智美の場面写真も初公開! 🎉 作家志望の薫とエリートヤクザな智美。 この2人の思い詰めた表情の先には….。 主人公の小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)が、文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる特殊能力と友情に助けられながら、自分の存在意義を探していく姿を描いた物語です。 キャスト一覧• 竹内薫:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 他人の思考をコピーできる特殊能力を持つ、小説家志望の青年• 藤原智美:間宮祥太朗 講談会系東宮寺組最年少組長• 藤原千佳:上白石萌歌 智美に心酔する二つ違いの妹• 権堂真司:音尾琢真 智美の身の回りのお世話係、通称・ごんどぅー• 山田龍一:高橋努 得体のしれない情報屋、講談会系東宮寺組会長の子飼い• 駿:岡崎体育 山田龍一の弟分、怖いほど欲望のままに動く男• 東宮寺正胤(とうぐうじ・まさたね):若林豪 講談会系東宮寺組会長• 井上玲:笠松将 薫&智美も巻き込む大きな事件を起こす• 井上涼子:須藤理彩 玲の毒母• 竹内陽子:仙道敦子 薫の母、若年性アルツハイマーを患う• 金田:山本博(ロバート) 出版社の編集担当• 桐原崇:神保悟志 刑事• 喜多慎吾:金井浩人 山田と繋がる刑事 1話ゲスト• 羽田圭介 8話ゲスト• 仲本工事 園長先生 スタッフ一覧• 原作:僕はどこから 作者:市川マサ 出版社:講談社 雑誌・レーベル:ヤングマガジン(2018年6月~11月まで掲載)• 監 督:瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘• 脚本:髙橋泉• 主題歌 曲名:I am 歌手:Hey! Say! JUMP レーベル:ジェイ・ストーム• チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)• プロデューサー:戸石紀子(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、川西巧久(ドラマデザイン社)• 協力プロデューサー:都志修平(ジェイ・ストーム)• 制作:テレビ東京、ジェイ・ストーム、ドラマデザイン社• 制作著作:「僕はどこから」製作委員会 各話の視聴率 『僕はどこから』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 他人の文章を書き写すことでその人物の思考をコピーできるという特殊能力を持ちながらも、オリジナリティのある作品を書くことができず自分の存在意義さえ見失っていました。 そんな中、母が大けがをして入院することになり、コンビニのバイトだけでは到底、入院費を工面できず途方に暮れます。 薫のもとへ同級生で講談会系東宮寺組の最年少組長・藤原智美(間宮祥太朗)が訪ねてきます。 中学時代、薫は智美の妹の遺書にある思考を読み取り自殺を未遂に防いだことから親友になった間柄。 薫の他人の頭で考える能力を知る智美は、高額の報酬を条件に替え玉受験を持ち掛けます。 悩んだ末に引き受けることにした薫は、井上玲(笠松将)という少年の卒業文集から思考を読み取りますが、玲のネガティブな感情を知り不安を覚えます。 受験日当日、玲の殺意に気づき井上家に行くと玲の母親・井上涼子(須藤理彩)が殺されており、薫は駆けつけた警察官に連行されてしまいます。 替え玉受験の裏には政治家による大きな利権が絡んでおり、捜査の手が及ぶことを危惧した講談会系東宮寺組会長・東宮寺正胤(若林豪)は、事件を薫の犯行として処理するよう智美に命じます。 この事件の裏には巨額な利権の見返りがあり、智美は会長から薫の犯行にするよう命じられます。 替え玉受験の真相を明かすこともできずアリバイを証明することもできない薫は、深刻な状況に立たされますが、特殊能力と智美の助けで釈放されます。 しかしまた講談会の子飼いである山田龍一(高橋努)が、利権を横取りしすべてを薫と智美の犯行にしようと画策し、二人は組織と警察から追われることになります。 玲も山田に匿われています。 罠や刺客が待ち構えるなか、特殊能力を使い協力しながら局面を乗り越えていく薫と智美のバディぶりは大きな見どころです。 玲と再会したプレハブの壁には、「死ね」の文字で埋め尽くされていました。 読み取った文字から「お母さん大好き」という玲の気持ちを薫は知ります。 玲は幼い頃から母の愛情も信頼も得ることができず、替え玉受験を用意されたことで絶望の末に母を殺害したのでした。 自分の感情を抑え込んでいた玲は気持ちを勝手に読んだ薫に激しい怒りを向けます。 玲は自殺を阻止され「がんばってきたんじゃねーの?」という智美の言葉に涙します。 事件は山田が玲の罪をかぶり出頭したことで幕引きとなります。 薫は玲に責任を感じ謝罪したいと思ううちに、自然と文章が書けるようになっていました。 書き上げた小説は新人賞を受賞し、智美は薫の前から姿を消します。 10年後。 玲の母の墓参りに行った薫は智美と玲に再会します。 溢れる思いを智美にぶつけますが、「言いたいことがあるなら書け」と言って智美は去っていきます。 親友の背中を見つめながら薫は思います。 「僕の生きる力はどこから来たのだろう…たぶん、今ここから」。 以上の原作の流れをドラマ版でも踏襲し、壮絶なサスペンスを舞台に薫と智美の熱い友情、薫の成長が感動を呼ぶ作品になると予想します。 『僕はどこから』各話のあらすじ 2020年1月8日からテレビ東京系にて放送開始された中島裕翔さん主演の連続ドラマ『僕はどこから』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 反社会勢力に巻き込まれて行く薫。 2人の運命が動き出します。 替え玉受験が成功するのか。 薫が智美と共に危ない橋を渡り始めます。 そのため玲の思考で動いていた薫の右手が止まってしまったところです。 替え玉受験は、失敗してしまうのか。 展開に注目です。 2人の友情がなせる業でした。 逆上した山田は刑事を撃ち、薫を拉致して逃げる事態に。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

第3話/僕はどこから(ドラマ)見逃し無料動画フル視聴【絶体絶命のピンチが】

僕 は どこから

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた… 【出典:】 替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 【出典:】 山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 【出典:】 薫と智美がそれぞれ敵と対峙する中で二転三転する展開が面白く、裏切りなどもあってアッと驚く展開に見ごたえがあってよかったです。 しかし、薫が一話と違ってかなり悪に染まっているというか、肝が据わっているような成長ぶりも素敵でした。 【5段階評価-5. 面白い】 『僕はどこから』あらすじ 「僕は…僕はどこから… 来るんですか…」 特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザ… 青春異能クライムサスペンス! 文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。 認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。 薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。 必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。 薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。 『出典:』 『僕はどこから』CAST&STAFF 竹内 薫役:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 1993年8月10日 東京都町田市出身 ジャニーズ事務所所属• - 所属事務所による公式プロフィール• 基本的、JUMPのメンバーが出とるドラマっておもろない?視聴率低いこと多いけど…笑 — きらりんちょ qYsiFuwerT9uUog ドラマ「僕はどこから」を見逃し動画無料フル視聴しよう.

次の

「僕はどこから」フル動画【第1話~最終回】見逃しドラマ無料視聴しよう【中島裕翔/間宮祥太郎/上白石萌歌】

僕 は どこから

『僕はどこから』の基本情報• タイトル:僕はどこから• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• 主演:中島裕翔• ジャンル:クライムサスペンスドラマ• 放送局:テレビ東京系• 放映日時:水曜・深夜 0:12 — 0:52• 放送開始日:2020年1月8日 概要(見どころ) 🎉「僕どこ」コンビ・竹内薫&藤原智美の場面写真も初公開! 🎉 作家志望の薫とエリートヤクザな智美。 この2人の思い詰めた表情の先には….。 主人公の小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)が、文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる特殊能力と友情に助けられながら、自分の存在意義を探していく姿を描いた物語です。 キャスト一覧• 竹内薫:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 他人の思考をコピーできる特殊能力を持つ、小説家志望の青年• 藤原智美:間宮祥太朗 講談会系東宮寺組最年少組長• 藤原千佳:上白石萌歌 智美に心酔する二つ違いの妹• 権堂真司:音尾琢真 智美の身の回りのお世話係、通称・ごんどぅー• 山田龍一:高橋努 得体のしれない情報屋、講談会系東宮寺組会長の子飼い• 駿:岡崎体育 山田龍一の弟分、怖いほど欲望のままに動く男• 東宮寺正胤(とうぐうじ・まさたね):若林豪 講談会系東宮寺組会長• 井上玲:笠松将 薫&智美も巻き込む大きな事件を起こす• 井上涼子:須藤理彩 玲の毒母• 竹内陽子:仙道敦子 薫の母、若年性アルツハイマーを患う• 金田:山本博(ロバート) 出版社の編集担当• 桐原崇:神保悟志 刑事• 喜多慎吾:金井浩人 山田と繋がる刑事 1話ゲスト• 羽田圭介 8話ゲスト• 仲本工事 園長先生 スタッフ一覧• 原作:僕はどこから 作者:市川マサ 出版社:講談社 雑誌・レーベル:ヤングマガジン(2018年6月~11月まで掲載)• 監 督:瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘• 脚本:髙橋泉• 主題歌 曲名:I am 歌手:Hey! Say! JUMP レーベル:ジェイ・ストーム• チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)• プロデューサー:戸石紀子(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、川西巧久(ドラマデザイン社)• 協力プロデューサー:都志修平(ジェイ・ストーム)• 制作:テレビ東京、ジェイ・ストーム、ドラマデザイン社• 制作著作:「僕はどこから」製作委員会 各話の視聴率 『僕はどこから』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 他人の文章を書き写すことでその人物の思考をコピーできるという特殊能力を持ちながらも、オリジナリティのある作品を書くことができず自分の存在意義さえ見失っていました。 そんな中、母が大けがをして入院することになり、コンビニのバイトだけでは到底、入院費を工面できず途方に暮れます。 薫のもとへ同級生で講談会系東宮寺組の最年少組長・藤原智美(間宮祥太朗)が訪ねてきます。 中学時代、薫は智美の妹の遺書にある思考を読み取り自殺を未遂に防いだことから親友になった間柄。 薫の他人の頭で考える能力を知る智美は、高額の報酬を条件に替え玉受験を持ち掛けます。 悩んだ末に引き受けることにした薫は、井上玲(笠松将)という少年の卒業文集から思考を読み取りますが、玲のネガティブな感情を知り不安を覚えます。 受験日当日、玲の殺意に気づき井上家に行くと玲の母親・井上涼子(須藤理彩)が殺されており、薫は駆けつけた警察官に連行されてしまいます。 替え玉受験の裏には政治家による大きな利権が絡んでおり、捜査の手が及ぶことを危惧した講談会系東宮寺組会長・東宮寺正胤(若林豪)は、事件を薫の犯行として処理するよう智美に命じます。 この事件の裏には巨額な利権の見返りがあり、智美は会長から薫の犯行にするよう命じられます。 替え玉受験の真相を明かすこともできずアリバイを証明することもできない薫は、深刻な状況に立たされますが、特殊能力と智美の助けで釈放されます。 しかしまた講談会の子飼いである山田龍一(高橋努)が、利権を横取りしすべてを薫と智美の犯行にしようと画策し、二人は組織と警察から追われることになります。 玲も山田に匿われています。 罠や刺客が待ち構えるなか、特殊能力を使い協力しながら局面を乗り越えていく薫と智美のバディぶりは大きな見どころです。 玲と再会したプレハブの壁には、「死ね」の文字で埋め尽くされていました。 読み取った文字から「お母さん大好き」という玲の気持ちを薫は知ります。 玲は幼い頃から母の愛情も信頼も得ることができず、替え玉受験を用意されたことで絶望の末に母を殺害したのでした。 自分の感情を抑え込んでいた玲は気持ちを勝手に読んだ薫に激しい怒りを向けます。 玲は自殺を阻止され「がんばってきたんじゃねーの?」という智美の言葉に涙します。 事件は山田が玲の罪をかぶり出頭したことで幕引きとなります。 薫は玲に責任を感じ謝罪したいと思ううちに、自然と文章が書けるようになっていました。 書き上げた小説は新人賞を受賞し、智美は薫の前から姿を消します。 10年後。 玲の母の墓参りに行った薫は智美と玲に再会します。 溢れる思いを智美にぶつけますが、「言いたいことがあるなら書け」と言って智美は去っていきます。 親友の背中を見つめながら薫は思います。 「僕の生きる力はどこから来たのだろう…たぶん、今ここから」。 以上の原作の流れをドラマ版でも踏襲し、壮絶なサスペンスを舞台に薫と智美の熱い友情、薫の成長が感動を呼ぶ作品になると予想します。 『僕はどこから』各話のあらすじ 2020年1月8日からテレビ東京系にて放送開始された中島裕翔さん主演の連続ドラマ『僕はどこから』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 反社会勢力に巻き込まれて行く薫。 2人の運命が動き出します。 替え玉受験が成功するのか。 薫が智美と共に危ない橋を渡り始めます。 そのため玲の思考で動いていた薫の右手が止まってしまったところです。 替え玉受験は、失敗してしまうのか。 展開に注目です。 2人の友情がなせる業でした。 逆上した山田は刑事を撃ち、薫を拉致して逃げる事態に。 関連記事 スポンサーリンク.

次の