ジャパネット クルーズ。 ジャパネットクルーズ2019年出発分のスケジュールと料金など口コミと評判を紹介!

ジャパネット、秋のチャータークルーズ3本中止

ジャパネット クルーズ

豪華客船「MSCベリッシマ」で巡る 憧れの日本一周クルーズ10日間の旅 「MSCベリッシマで巡る 憧れの日本一周クルーズ10日間の旅」は2020年4月~6月出発のクルーズ旅行です。 全部で5パターンの旅行期間が用意されているのでご都合に合わせて選べます。 旅行期間 旅行期間は2019年4月・5月・6月出港の5パターンから選べます。 いずれも横浜発着の9泊10日間です。 2020年04月19日(日)~04月28日(火)10日間• 2020年05月07日(木)~05月16日(土)10日間• 2020年05月16日(土)~05月25日(月)10日間• 2020年05月25日(月)~06月03日(水)10日間• 83m、171,598トン、客室数2,217部屋、最大乗客数5,686人) 「MSCベリッシマ(MSC Bellissima)」はヨーロッパ最大のクルーズ会社「MSCクルーズ」が所有する全19階の豪華客船です。 2019年3月にデビューしたばかりの新造船です。 By — 投稿者自身による作品, , 客室・料金 MSCベリッシマ号の客室は以下の6タイプから選べます。 バルコニー無し客室• バルコニー付き客室• スイート• MSCヨットクラブ デラックス・スイート• MSCヨットクラブ メゾネット・スイート• バルコニー無し客室(内側・窓なし) バルコニー無し客室(海側・窓あり) バルコニー付き客室 スイート MSCヨットクラブ デラックス・スイート MSCヨットクラブ メゾネット・スイート MSCヨットクラブ ロイヤル・スイート 1名1室利用 314,700円 359,700円 464,700円 779,700円 674,700円 1,229,700円 1,379,700円 2名1室利用 439,600円 499,600円 639,600円 1,059,600円 919,600円 1,659,600円 1,859,600円 3名1室利用 564,500円 639,500円 814,500円 1,339,500円 1,164,500円 2,089,500円 2,339,500円 4名1室利用 689,400円 779,400円 989,400円 1,619,400円 - - - 「バルコニー無し客室」は最もリーズナブルなワンルームタイプの客室です。 「内側客室(窓なし)」と「海側客室(窓あり)」が選べます。 「バルコニー付き客室」はジャパネットが最もおすすめしているワンルームタイプの客室です。 窓の外には専用のバルコニーがありイスとテーブルで朝食も楽しめます。 「スイート」はリビングとベッドルームが「続き部屋」になっています。 広い部屋でくつろぎたい人におすすめします。 ただしスイートには「バルコニー付き」と「バルコニー無し」があります。 バルコニーの有無は選べないのでご注意ください。 「MSCヨットクラブ デラックス・スイート」はバルコニー付きのスイートルームです。 ただしリビングが完全に独立していないので「ジュニアスイート」に近いようです。 MSCヨットクラブの専用サービスを利用できます。 「MSCヨットクラブ メゾネット・スイート」はメゾネットタイプの2階建て客室です。 リビングと寝室が別になっておりバルコニーには専用ジャグジーが付いています。 MSCヨットクラブの専用サービスを利用できます。 「MSCヨットクラブ ロイヤル・スイート」は15階の船首にある特別なスイートルームです。 バルコニーから前方に広がる大海原を楽しめます。 MSCヨットクラブの専用サービスを利用できます。 MSCヨットクラブは「船の中にある特別な船」というコンセプトで設けられたワンランク上のサービスです。 プライベートクラブの雰囲気をもつラグジュアリーな空間で安らぎの時間を過ごせます。 優先チェックインとチェックアウト• 24時間対応のバトラーとコンシェルジュサービス• MSCヨットクラブのゲスト専用エリア(ラウンジ、レストラン、プール、バーなど)• 専用スイートルーム(ルームディフューザー、アメニティ、世界各国の新聞、お好みの枕など)• 専用レストランでお好きな時間にワンランク上の食事が可能• ラウンジ・バーのアルコールとソフトドリンク、スイートルーム内のミニバーが無料• MSCヨットクラブからスパへのプライベートアクセス• シルク・ドゥ・ソレイユに無料でご招待 世界が認めるエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ( Cirque du Soleil)」の鑑賞券をジャパネットが用意します。 船内特設のシルク・ドゥ・ソレイユ専用カルーセルラウンジで楽しめます。 船内でのアルコール・ドリンクが無料 船内のアルコール類(ワイン、ビール、カクテルなど)、ソフトドリンク(ジュース、コーヒーなど)150種類以上が飲み放題です。 朝の部屋食サービスが無料 クロワッサン、食パン、コーヒー、紅茶、ヨーグルトなどの「コンチネンタルブレックファースト」を部屋で無料で楽しめます。 無料循環バスサービス 寄港地での自由散策を希望する人は、最寄りの主要スポットを回れる乗り降り自由の無料循環バスを利用できます。 厳選された寄港地 寄港地での滞在を楽しめるよう入港と出港時刻を設定。 観光地や郷土料理を楽しめるオプショナルツアー(有料)も用意されています。 チップは旅行代金に含まれています 面倒なチップを無くすため旅行代金にチップ代が含まれています(大人112. 5USD相当)。 また燃油サーチャージも含みます。 ジャパネットオリジナルイベント開催 チャリティオークションや船内スタンプラリーなどジャパネットだけのオリジナル企画を準備しています。 ジャパネットクルーズご案内デスク 船内に相談デスクを設定。 40名以上の添乗員とクルーズコンサルタントの資格を持つジャパネットスタッフが船旅の不安に対応します。 ジャパネットオリジナルガイドを用意 船内情報や寄港地の観光・お土産情報が掲載されたガイドブック「ジャパネットクルーズ 寄港地まるわかりガイド」を配布します。 ジャパネットクルーズ専用ダイヤル クルーズ前の疑問・質問に専任のスタッフが電話でお答えします(9:00から18:00まで。 土日対応) ジャパネットクルーズの長所・メリット ジャパネットの全船貸切チャーター ジャパネットクルーズは「MSCベリッシマ号」を全船貸切チャーターしています。 船内はジャパネットクルーズのお客様だけなので安心感がありますね。 また日本人が大半だと思うので騒々しさもないと思います(異国情緒はあまり味わえないかもしれません) 日本語スタッフが常駐なので安心 ジャパネットクルーズはジャパネットスタッフと40名以上の添乗員が乗船しています。 日本語対応なので困ったときも安心ですね。 最寄りの主要スポットを回れる無料循環バスが便利 寄港地の主要スポットを回れる無料循環バスが便利です。 見知らぬ土地での移動は不便なので嬉しいサービスですよね。 また各寄港地では「オプショナルツアー(有料)」も申し込めるそうですよ。 1名1室利用の料金が安くなった 前回(2019年出発分)は1名1室利用と2名1室利用の料金に差がなく「おひとりさま」に厳しい設定でした。 2020年出発分は1名1室利用の料金が安くなり利用しやすくなっています。 ジャパネットクルーズの短所・デメリット パスポートの取得が必要 寄港地に海外(韓国の済州島)が含まれるので参加者全員パスポートの取得が必要です。 すでに持っている人ならよいのですがパスポートを持ってない人は新たに申請しなければなりません。 ドレスコードが2回ある ジャパネットクルーズの日程には「セミフォーマル」のドレスコードが2回あるようです。 詳細は最終日程表で案内されるそうです。 とはいえドレスコードに慣れていないと少し面倒ですよね。 セミフォーマルの場合、男性は「おしゃれなスーツやジャケットにシャツとネクタイ」、女性は「ワンピースドレスかスカートスーツにアクセサリーやストール」などが定番だそうですよ。 前回(2019年出発分)より料金が上がった 1名1室利用の料金は前回より安くなりました。 ところが全体的には料金が上がっているようです。 たとえば2019年出発分の「バルコニー付き客室(2名1室利用)」は599,600円でした。 しかし2020年出発分の「バルコニー付き客室(2名1室利用)」は639,600円になり40,000円も高くなりました。 新造船であることや世界的なクルーズ旅行ブームの影響があるのかもしれませんね。 前回(2019年出発分)の「MSCスプレンディダ」は2009年7月就航なので約10年も新しくなったんですよ! また「MSCベリッシマ」はMSCクルーズが保有する船で最も大きいメラビリア・クラスです(約17万トン) ファンタジア・クラス(約14万トン)の「MSCスプレンディダ」より施設が充実しているので船上生活を楽しめると思いますよ。 客室も前回よりスイートルームの種類が増えています。 リビングと寝室が独立しているからゆっくり過ごせそうですね! ちなみに2019年出発分の寄港地にはジャパネット本社がある佐世保も含まれていました。 けれども2020年出発分では佐世保への寄港が無くなりました。 あまり評判がよくなかったのか本社での対応が面倒だったのかもしれませんね(個人的にはジャパネット本社に入ってみたかったのですが).

次の

クルーズプラネットから今年(2020年)のGWクルーズ(MSCベリッシマ)を昨...

ジャパネット クルーズ

こんにちは! スプレンディダ ジャパネットクルーズ 10日間の旅に行ってきたので、体験記をつづりたいと思います。 ・ 日程 2018年10月21日(日)~10月30日(火) で行ってきました! まず、 申し込みしたのが、驚きの 2017年11月!! 約1年前からの申し込みです。 申し込み当時は、本当にこの日に行けるのか、半信半疑でした。 1年先なんてなにがあるかわからないですもんね! でも、実際は1年なんてアッという間でした。 感想としては、 人生最高の時間を過ごせたので、一生に一回の経験だと思っていましたが、お金を貯めて また行きたい!と思っています。 ・工程 1日目:横浜出発 2日目:一日クルーズ 3日目:室蘭港崎守埠頭 北海道) 4日目:秋田土崎港 () 5日目:金沢港大浜埠頭 石川県 6日目:釜山国際旅客ターミナル(韓国 7日目:長崎港松ケ枝国際ターミナル 8日目:高知新港 9日目:一日クルーズ 最終日:横浜到着 寄港地に釜山(韓国)が入っていることと、外国船ということもあってか、 パスポートの申請が必要でした。 わたしは、3か月前くらいにパスポートを取得しましたが、もう少し 早めの取得をおススメします。 というのも、ジャパネットさんより、返送しないといけない郵便物でパスポートの番号を書かなくてはいけない欄があったからです。 それと、荷物はどうやって持っていくの? という疑問ですが、 事前に宅急便で船内の部屋までもってきてもらえるように手配できます! わたしは大阪から新幹線で横浜まで行かなくては行けなかったので、本当にこのシステムで助かりました。 〜一生大切にしたい思い出なので、ゆっくり綴りたいと思います。 〜 mikochiko.

次の

2020年全船貸切ジャパネットクルーズ8回実施|【西日本新聞ニュース】

ジャパネット クルーズ

通販大手ジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)は13日、子会社のジャパネットサービスイノベーション(東京)が企画し、4~6月に出港予定だった計5回の日本一周クルーズを中止する、と発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、船会社MSCクルーズと協議。 乗客の安全を考慮して取りやめた。 ジャパネットHDによると、クルーズ船「MSCベリッシマ」(17万1千トン)を貸し切って横浜を発着し、高知や秋田、函館などに寄港。 10日間で日本一周をする予定だった。 約2200客室あり、5回ともほぼ予約でうまっていたという。 今年は計8回の旅行を計画。 クルーズ船事業の売り上げは、初めて年間100億円突破を見込んでいた。 10月と11月に出港予定の那覇や宮古島を巡る計3回の「南国コース」は、現時点で変更はない。 ジャパネットHDは「日常生活でも世界規模で感染が拡大しており、お客さまの安全安心を最優先に考えて中止を決めた。 楽しみにしていた気持ちに応えられず心苦しい」としている。

次の