加藤 浩次 吉本。 加藤浩次 吉本大崎洋会長と面談終了…内容明かさず

加藤浩次 吉本興業・大崎会長ときょう夕方に会談へ 上層部刷新なければ「会社辞めること伝える」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加藤 浩次 吉本

加藤は昨日放送された『スッキリ』(日本テレビ)で、吉本興業の岡本昭彦社長と大崎会長の責任を追及して「この体制が続くんだったら僕は吉本興業を辞める」と明言。 今朝の放送でも加藤は「きょう夕方から大崎会長と話すことになっている」と明かした上で「取締役が変わらないかぎり僕は会社を辞めるというふうに昨日言ったんで、僕はその旨伝えようと思っている」と話し、このように述べた。 「きょうはもう、ずーっと冷めている状態なんですよ。 ああ、こういうことか。 『変わらなきゃいけない』と(昨日)僕が言ったことが間違ってなかったっていう確信に変わっただけで」 無論、そう述べたのは、岡本社長による5時間半も費やしダラダラと要領を得ない釈明に終始した会見を受けてのこと。 そして、加藤は再び岡本社長ら吉本上層部の批判を繰り出したのだ。 たとえば、加藤は今朝の『スッキリ』で冒頭から「なんでこんなグダグダなんだって思ったんですけど、途中2時間半くらい経ってからですかね、こういった笑いもあるんだって教えられているのかなって。 あのパターンのお笑いは僕は見たことがなかったんで」と心底呆れたように皮肉った。 また、雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮らとの面談の際に岡本社長が「お前らテープ回してないやろうな」と発言したとされる問題について、会見で岡本社長が「冗談といいますか、和ませるといいますか、そういうことだった」と発言したことを取り上げると、加藤は「(宮迫や田村ら)冗談のプロたちが、これはちょっと恫喝だろって思ってしまう言い方、トーンが僕はあったと思うんだよね。 それを冗談って言いのけてしまうってね」と批判した。 会見では件の「お前らテープ回してないやろうな」という「冗談」が飛び出した席に藤原寛副社長も同席していたとし、藤原副社長がこう述べた。 「途中で難航してるの感じて、岡本さん、入ってくれはったんだと思うんですけど、空気を変えるためにじつは入ってきてくれたというのもあって。 その際に、パッと扉を開けて、入ったときに言われた言葉です。 あの、ほんとに『テープ録ってるんちゃうやろな』みたいな。 全然、ウケなかったんですけど、そういう空気だったので。 〈藤原氏は岡本社長の代わりに真意を説明するなどサポートに徹し、長時間会見が大きなトラブルなく終わる一助となった〉と称賛したほどだった。 しかし、加藤はこの藤原副社長の発言に、真っ向から反論したのだ。

次の

加藤浩次の今後はどうなる 吉本の事情を知る芸能関係者が予想

加藤 浩次 吉本

極楽とんぼの加藤浩次さん(50。 2019年7月に吉本所属芸人の闇営業問題に関わる発言等で、吉本興業に残留するかどうかでかなり話題になりましたね。 結局、エージェント契約という着地点でやっと落ち着いたようですね。 第3の形として、今までになかった タレント個人がマネジメントを行っていくエージェント契約を導入する考えがあることが明らかに。 日本の芸能事務所で 専属エージェント契約を導入するのは初めて。 6000人の中では、売れ方、仕事量もさまざまなパターンがあるため、共同確認書はすべてのタレントが署名するものの、専属マネジメント契約か専属エージェント契約についてはすべてのタレントが交わすものではなく、 あくまでもタレント個々のニーズに合わせた形で結んでいくことになる。 (Yahooニュース) 今回は、加藤浩次さんと吉本興業の間で結ばれた専属エージェント契約について詳しく見ていきましょう。 引用元:www. excite. jp 加藤浩次さんは、MBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」で、エージェント契約についていろいろと語られていました。 一部を抜粋すると… 僕は吉本というエージェントを通して、吉本の仕事をする。 他の仕事は他のエージェントを通してやる。 これを大崎(洋)会長にOKしてもらいました 吉本にはお世話になったし、今後も(公式ホームページに)プロフィルは載る 個人の仕事はできなかった。 僕がディレクターと話してもらった仕事とか、全部、吉本を通さなきゃいけなかった やっぱりテレビ、ラジオは吉本が強いから、吉本の仕事で、じゃあ例えば出版だったら、出版に強い人と話をして、連載の話があったりすれば、その人と、どんどん幅が広がるかもしれない 吉本がエージェントとして、すばらしかったら、やっぱり吉本の仕事が多くなる。 こっちは自由をいただくわけだから、何かあったらリスクを負わなきゃいけない。 自分でリスクマネジメントの代理人を雇って対応しなきゃいけない。 自由を勝ち取るためには、リスクを負う。 新たに吉本と新しい契約を結ぶ。 1つのエージェントとして仕事をさせてもらう これをまとめると 専属エージェント契約とは?• エージェントは契約をしたクライアントのために仕事や依頼を探し、金銭上の契約を取り付ける• クライアントは契約が成立したら契約金のうちの何割かをギャラとして支払う という対等な関係の契約形態。 エージェトは実質の営業活動を行う必要性が出てくる場合が多く、高いプロデュース力やコミュニケーション力が必要とされる。 吉本興業はエージェントが仕事を請け負うための窓口となる。 これからすると、今後はほぼフリーランスのような形で、エージェントである加藤浩次さんがクライアントから直接仕事を請け負うということになり、吉本興業はそのオファーを受けるための窓口としてのみ機能するといったところでしょうか。 引用元:entamescramble. com 単純に考えても、これまでは加藤浩次さんが手掛けた仕事の何割かは、事務所(吉本)に収めるシステムでした。 そう考えると、専属エージェント契約をすることになると、加藤浩次さんの収入はかなりアップすることでしょう。 それも 20~30%くらいはアップするのではないでしょうか。 また、仕事の幅も広がりそうですよね。 しかし、個人で リスク管理をするということは、リスクマネージメント契約は自身でする必要があるので、そういった費用が新たに発生するのかなと思います。 ただ、もともと吉本興業と所属芸人に対しては雇用契約というものはなく、厚生年金なども入っていませんでしたし、個人事業主というのは変わないでしょうから、税金対策(税理士を雇う費用)などは現行のまま自分でやるという形なのではないでしょうか。 収入が増える分、新しく発生する費用がどれくらい発生するか・・・というところが分岐点ですね。 吉本の専属エージェント契約で加藤浩次はどう変わる?まとめ いかがでしたか? 収入に関してはデリケートな問題です。 吉本興業は特に古い体質のようなので、これまでこれがまかり通ってきたという歴史があります。 それを考えると、これまで吉本興業との契約(契約もなかった?)と比べると、だいぶ画期的なことを成し遂げたのが加藤浩次さんなのではないでしょうか。 ただ、売れない芸人にはあまりメリットがないため、売れている大物芸人専用の契約スタイルでは?という声も無きにしもあらずです。

次の

加藤浩次 吉本興業・大崎会長ときょう夕方に会談へ 上層部刷新なければ「会社辞めること伝える」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加藤 浩次 吉本

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で、特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及。 吉本興業の経営陣刷新を訴えるとともに、新体制づくりに向けて、先輩芸人の「ダウンタウン」松本人志(55)に呼びかける場面があった。 2人の会見内容を受けて、番組中何度も「怒りしかない」と語気を強めた加藤。 終盤にはあらためて「何とか逃げきって、今までと変わらない状態をつくっていくのか。 僕はやっぱり今の経営陣、代表取締役会長、社長、全部刷新するのがいいと思う」と、構造改革を訴えた。 さらに「旧態依然とした人間残っているなら何も変わらない。 新しい形でスタートするなら、僕はいくらでも力を貸します」と、再出発の際には尽力することも約束した。 その上で、必要としたのが先輩である「ダウンタウン」松本の力。 松本は21日の「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜前10・00)で大崎会長について「うちの兄貴なんで。 大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と話していたが、加藤はこの発言に触れ「大崎さんは素晴らしい方だと思うけど、取締役会長というお立場ですから、松本さん、辞めるとか言わないでもらいたい」とし、続けて「そうなって新しい会社を松本さん中心につくっていただきたいと僕は考えています」と新体制へ向けて先頭になってほしいと懇願。 最後は「ここで変わるべきだと思う。 そうでないと亮さんと宮迫さんの勇気、あの会見が浮かばれない」と訴えた。

次の