公務員 年金 いくら。 【めちゃ簡単】37歳元公務員。年金いくらもらえるか「ねんきんネット」で調べてみた。

民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?|日刊ゲンダイDIGITAL

公務員 年金 いくら

2019. 30 個人年金保険 昔、日本の年金構造は「3階建て」と呼ばれ、公務員のみがその「3階部分」の年金を受給できていました。 ですが、平成27年から年金構造が「2階建て」の構造に切り替わり、公務員の年金事情に大きな変化が生まれています。 公務員である方でも変更内容の違いを全て把握しきれていないかもしれませんし、公務員を主人に持つ奥さんの立場としても、老後の収入が変化するのは大きな関心事でしょう。 そこでこの記事では、公務員の年金事情の変化に着目し、直近の年金制度変更と変更後のシミュレーション等をご紹介していきます。 これから公務員になる予定の方に向けてのシミュレーションも用意しましたので、参考にしてみてくださいね。 公務員の年金は厚生年金に一元化された 冒頭でお伝えしましたように、長らく日本の年金制度は「3階建て」構造で成り立っていました。 3階建ての内訳としては、 1階部分…国民年金(基礎年金として、全国民の該当者に適用) 2階部分…厚生年金(民間サラリーマンに適用)、共済年金(公務員等に適用) 3階部分…職域加算(公務員等のみの付加支給分) このようになっておりました。 背景には、平成24年に閣議決定された「社会保障と税の一体改革」の大綱があります。 改正の趣旨における地方公務員共済組合連合会の説明を引用します。 今回の改正の趣旨は、多様な生き方や働き方に公平な社会保障制度を目指す平成24年2月17日の閣議決定「社会保障・税一体改革大綱」に基づき、公的年金制度の一元化を展望しつつ、今後の制度の成熟化や少子・高齢化の一層の進展等に備え、年金財政の範囲を拡大して制度の安定性を高めるとともに、民間被用者、公務員を通じ、将来に向けて、同一の報酬であれば同一の保険料を負担し、同一の公的年金給付を受けるという公平性を確保することにより、公的年金全体に対する国民の信頼を高めるため、厚生年金制度に公務員及び私学教職員も加入することとし、厚生年金制度に統一することです。 引用_ この趣旨の内容から、かねてから公務員だけがより手厚く保障されている年金制度に対する国民の不満感情(公平性の欠落)があったものと思われますし、また国の財政を立て直す面でも、より多く受給されている公務員の年金部分にメスを入れることが、今後も年金制度を維持していく点でも必要だったことが容易に想像できます。 こうした背景や国民全体で見た公平感を増す施策として、公務員の年金が厚生年金に一元化されたということですね。 以前は「国家公務員共済」「地方公務員共済」「私立学校教員共済」の3種類だった では、改めて厚生年金に一元化される前の公務員年金としてはどのような仕組みになっていたかをおさらいしていきます。 以前は下記3種類に大別されていました。 ・国家公務員共済…国家公務員(官僚や裁判官、外交官等々)のための共済年金。 105万人が加入。 ・地方公務員共済…地方公務員(各自治体職員や公立学校の教員等々)のための共済年金。 288万人が加入。 ・私立学校教員共済…学校教職員のうち、地方公務員である公立学校以外に勤める方のための共済年金。 48万人が加入。 もらえる年金は減った?一元化により共済年金から変更したポイント 公務員がもらえる年金は、厚生年金への一元化でどう変わるのでしょうか。 変更点を含めて、詳しく見ていきましょう。 「職域加算」の代わりに「年金払い退職給付」となり受給額は減る まず、従来の年金制度での「3階部分」にあたる「職域加算」ですが、ここがどうなったかを見ていきます。 元々職域加算は、年金被保険者(公務員の方本人)に一切の支払いがなく、終身型の年金として無料で一生涯受給できた年金でした。 例えば、 ・標準報酬月額36万円 ・年金加入期間40年 として見た場合に、職域加算だけで1ヶ月あたり2万円受給できていました。 年金払い退職給付(法律上は「退職等年金給付」といいます。 )とは、これまでの職域年金相当部分が、被用者年金制度の一元化に当たり廃止され、その代わりに民間の企業年金に相当する労使折半の年金として平成27年10月1日から創設されたものです。 引用_ 職域加算が年金払い退職給付に代わった上でのポイントとしては、 ・賦課方式から積立方式となり、公務員本人の持ち出し(労使折半)が発生したこと ・全て終身型で受給できていたものが、半分終身型で残り半分は有期型となり(下記図参照)、受け取り総額が減ること ・職域加算時と同内容の積立期間を設けても、毎月の受給額が下がる(下記図参照)こと 以上3点です。 8万円の受給に減り、更にはうち半分は受給期間が有期であるということになります。 引用_ 今までの恩恵の大きさから考えても、かなり減ってしまうような感覚になりますね。 年金一元化前に受給権が発生した人への策 ここまでは、年金の一元化に伴う変更点について見てきましたが、これら一元化が適用される前に年金の受給権が発生した方はどうなるのでしょうか。 こうした方に向けた、「特別支給の退職共済年金」というものと、「本来支給の退職共済年金」というものがありますので、それぞれ見ていきます。 まず、「特別支給の退職共済年金」ですが、該当者に関しては下記の通りです。 特別支給の退職共済年金は、昭和36年4月1日以前に生まれた方で次の1から3までのすべての条件を満たしているときに支給されます。 1.60歳に達していること(注1) 2.組合員期間等が25年以上あること(注2) 3.組合員期間が1年以上あること 引用_ 60歳から65歳までの間に「特別支給」として年金の受給があるということですね。 なお、上記の(注1)(注2)に関しては下記内容の補足があります。 (注1)の「60歳に達していること」は、下記例外があります。 ・昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日生まれの方は、61歳が支給開始となります。 ・昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日生まれの方は、62歳が支給開始となります。 ・昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日生まれの方は、63歳が支給開始となります。 ・昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日生まれの方は、64歳が支給開始となります。 また、下記例外があります。 ・〜昭和27年4月1日生まれの方は、加入期間が20年以上で適用となります。 ・昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日生まれの方は、加入期間が21年以上で適用となります。 ・昭和28年4月2日〜昭和29年4月1日生まれの方は、加入期間が22年以上で適用となります。 ・昭和29年4月2日〜昭和30年4月1日生まれの方は、加入期間が23年以上で適用となります。 ・昭和30年4月2日〜昭和31年4月1日生まれの方は、加入期間が24年以上で適用となります。 本来支給の退職共済年金は、次の1から3までのすべての条件を満たしているときに支給されます。 1.65歳に達していること 2.組合員期間等が25年以上あること(注) 3.組合員期間が1月以上あって退職していること、または在職中の方で組合員期間が1年以上あること (注)組合員期間等が25年以上あることについては、特別支給の退職共済年金と同様です。 引用_ 65歳からは、「本来支給されるべき」金額の退職共済年金が付与されるということですね。 60歳から支給となっている「特別支給の退職共済年金」は、共済年金と銘打っている通り支給元が共済組合連合会からとなりますが、65歳から付与される「老齢基礎年金」の支給元は日本年金機構となるため、支給元が2ヶ所からになります。 基本的には前述の特別支給の退職共済年金として受け取っていた金額と同額になり、加給年金の対象となる扶養家族がいる場合には一部加算がされた支給となる見込みです。 ご自身の状況ではどのような受給額になりそうか、下記のシミュレーションも参考にしながら見ていってください。 公務員がもらえる年金の種類 まず、公務員がもらえる年金の種類ですが、今までで見てきておわかりの通り、3種類に分かれています。 1つ目は、年金制度の1階部分である「老齢基礎年金」です。 2つ目は、2階部分である「老齢厚生年金」です。 3つ目は、従来の3階部分であった職域加算の代わりとなる「年金払い退職給付」です。 また、その他にも状況により「障害厚生年金」や「遺族厚生年金」が支給されることもあります。 また平成27年3月まで支払っていた分については、「旧職域部分」として従来共済年金での加入期間に応じて支給があります。 ・〜昭和28年4月1日生まれの方は、60歳が支給開始となります。 ・昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日生まれの方は、61歳が支給開始となります。 ・昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日生まれの方は、62歳が支給開始となります。 ・昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日生まれの方は、63歳が支給開始となります。 ・昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日生まれの方は、64歳が支給開始となります。 ・昭和36年4月2日〜生まれの方は、65歳が支給開始となります。 第3号被保険者とは、会社員や公務員など国民年金の第2号被保険者(夫など)に扶養される配偶者の方(20歳以上60歳未満)が対象となります。 引用_ パートタイマーの主婦の場合、扶養に入るかどうかの1つの目安として「年収130万円未満」という基準がありますが、平成28年10月1日から厚生年金の加入条件が拡大されましたので、特に大企業にパートで勤めている場合等は扶養から外れる(第3号被保険者ではなくなる)可能性があります。 改めて、年金額計算の上で押さえるべきポイントを整理しますと、 ・昭和36年までの生まれの方は、「特別支給の退職共済年金」があり年金受給年齢が段階的になっていること (昭和36年4月2日〜生まれの方は、一律して年金受給年齢が65歳となります。 まず、特別支給の退職共済年金ですが、昭和24年4月2日〜昭和36年4月1日までに生まれた方の算出は下記の通りです。 997=約585,292 B:710,662+585,292=1,295,954 以上より、厚生年金相当額は1,295,954円(年額)となります。 続いて職域加算額ですが、こちらも下記AとBを比較して高い方を採用します。 997 注1 組合員期間の月数が240月(20年)未満であるときの給付乗率は、1/2を乗じます。 997=約58,539 B:142,132+58,539=200,671 以上より、職域加算額は200,671円(年額)となります。 さらに加えて、配偶者が65歳未満の間、また子供が18歳までの間は、一定の条件を満たせば「加給年金」として年金額が上乗せされます。 昭和18年4月2日以降に生まれた本人の配偶者に対しては389,800円(年額)が加算となります。 次に、65歳からの老齢厚生年金の算出に移ります。 老齢厚生年金等については、下記の通りです。 上記用語の整理と各計算式を見ていきます。 ・報酬比例部分については下記の通り計算します。 被保険者期間のうち、国民年金の老齢基礎年金の算定の基礎とならない期間(20歳前及び60歳以後の期間等)にかかる加算です。 引用_ また、計算は下記の通りです。 なお、子供に対する加算額は、1人目と2人目がそれぞれ224,300円(年額)、3人目からは1人あたり74,800円(年額)となります。 ・年金払い退職給付については、下記の通り計算します。 1.前述の通り、給与算定基礎額は月額8,000円として、65歳まで積立を継続した想定で算出します。 2.有期年金原価率は残月数240ヶ月(20年)として、終身年金原価率は65歳時点として、原価率は地方公務員共済組合連合会が発行する数字を基に算出し、有期年金原価率は19. 064542、終身年金原価率は21. 609620として計算します。 では、それぞれ実際に計算していきます。 (ここでは便宜上、夫と同期間の加入とみなして計算します。 なお、下記計算は今後10年勤続をして退職した場合を想定して計算していきます。 では、それぞれ実際に計算していきます。 (ここでは便宜上、夫と同期間の加入とみなして計算します。 65歳〜85歳(有期の年金払い退職給付も加味されます):【1】+【2】+【3】+【4】+【5】=2,096,226円 85歳〜(有期の年金払い退職給付がなくなります):【1】+【2】+【4】+【5】=2,000,551円 なお、上記は平成30年度、31年度の数字をベースとしたあくまでも概算としてのシミュレーションです。 それぞれの場合の詳細の年金見込み額は、「ねんきん定期便」にてチェックすることができますので、そちらも合わせて確認してみてください。 公務員もきちんと考えよう!老後の資金計画 上記シミュレーションも含めてですが、今まで見てきました通り、この度の厚生年金一元化の流れは、突き詰めて言えば良くも悪くも「年金制度における公務員の処遇を民間サラリーマンと同等に持っていく」動きと言えます。 今までは3階部分の職域加算という、追加で支払いの必要なく民間サラリーマンよりも多くの年金を一生涯受けられる等、かなり手厚い年金制度が敷かれていたので、公務員の方々はそこまで将来の不安は無かったかもしれません。 ですが、 ・厚生年金への一元化で、間違いなく従来より年金額が減ること(年金払い退職給付を受けるための現役時代の支出も増えます) ・「人生100年時代」と言われるほど年々平均寿命が延びており、老後資金の重要性がより高まっていること これらから、公務員の方でも、今後は老後資金の計画をきちんと考えていかないと、老後に辛い思いをするリスクが高くなっていると言えますね。 これを機に、老後の資金計画について家族で話し合う機会を設けてみてはいかがでしょうか。 【番外編】公務員には年金手帳が発行されない訳 本記事の内容とは少し脱線してしまいますが、補足知識として、なぜ公務員には年金手帳が発行されないのかを説明します。 結論から先に言いますと、公務員(従来の共済年金加入者)には、年金手帳ではなく「基礎年金番号通知書」が発行されていたためです。 一方で公務員の方は、年金手帳ではなく入職時に「基礎年金番号通知書」が発行されますので、将来年金の受給には基礎年金番号通知書を使って手続きをするということですね。 なお、今回の一元化に伴い、公務員の方も共済年金ではなく厚生年金に加入となりましたが、今後はマイナンバーとの連携等により、基礎年金番号さえあれば国の一元管理のもとで確実に当人へ年金が支給されるような整備がされていく見込みですので、今となっては年金手帳自体が不要になりつつあります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 冒頭でお伝えしました通り、公務員に向けた共済年金が厚生年金に一元化されるこの度の制度改正には、特に「公平性」の観点も含まれている等、今後の社会保障の存続も考えるとある種致し方ない側面もあるのが実情。 ですが、その煽りを受ける当人側となる公務員の皆さんからすれば、かなりの痛手であることも事実。 とはいえ、既に制度が切り替わっていることもあり、厚生年金の保険料率も段階的に引き上げられて(平成29年まで年々引き上がり、上限の18. この記事の内容を踏まえて、老後に慌てないよう今から老後資金の準備を始めていきましょう。

次の

あなたの公務員年金はいくら?簡単 年金受給額計算シミュレーション

公務員 年金 いくら

公務員夫婦だと掛け金は両方3号被保険者にも掛けています。 もらうときはどちらも3号でないので妻の分が計算上3号被保険者の妻の分引かれて6. 5万の基礎年金減額で合計33. 5万です。 これに職域加算という厚生年金基金相当のものがありますのでやはり共働きの場合も40万と計算されます。 5万の減額はあります。 厚生年金の受給も大企業はおなじ構造をしています。 上の計算は65以上です本人65以下の場合は妻の加給年金を考慮に入れなければなりませんがほぼ同じです。 統計では基礎年金の受給開始年齢のひきあげにより公務員年金は額が低下していますしかし65以上の場合は引き上げの影響を受けませんので現在も上の計算でいいですそして民間の比較で議論(報酬の適正化と納税のバランス)に上がっているのは65以上の金額そのものです事実としては各個人の例(共働き公務員夫婦)は別として議論はすすめられます高いやすいの問題ですね。 なお共済年金は厚生年金に統合されさらに基礎年金部分は全消費税化されるという議論もあります。 統計では国家公務員共済年金は152万ですからこれに80万基礎年金を加えると232万が単身者もしくはとも稼ぎ公務員の片方となります 退職公務員2人世帯なら統計から464万ほぼ月40万です。 年金の構造は同じなので大企業もほぼ同じですが女性の社会進出は公務員のほうが先ですので公務員に特有な現象と思われます。 本来のモデル年金(専業妻夫婦)は312万円月26万ということになります。 国家公務員年金統計.

次の

国家公務員の退職金、平均でいくら? [定年・退職のお金] All About

公務員 年金 いくら

共済年金はなくなりましたが、その当時に保険料を支払っていた方にとってはまだ有効です。 共済年金は厚生年金と同様の計算式ですが、そのまま表が流用できないのは、それに「職域加算」がプラスされることとなるからです。 平成15年3月31日まで支払っていた方の「職域加算」分の計算式は、• では参考までに、平成27年9月まで施行されていた共済年金を支払っていた方が、どのくらいの年金を受け取れるのかを見てみましょう。 従来の 共済年金の方が「職域加算」がある分、受給額が多いことがわかります。 項目 金額 食費 64,444 住居費 13,656 水道・光熱費 19,267 家具・家事用具 9,405 被服費 6,497 保険・医療費 15,512 交通・通信費 27,576 教養・娯楽費 15 教育費 25,077 その他 54,028 非消費支出 28,240 合計 263,718 この1カ月あたりの概算支出額の内訳をもとに算出されています。 fsa. pdf よく「高く見積もられている」とも言われるこの金額ですが、実際に総務省が行った調査では、老後の年金生活を送っている人も含めた無職世帯の家計調査で、 平均で28万円ほど支出があることも分かっています。 老後には病気や怪我など、イレギュラーに発生する出費のリスクも高くなることを考えれば、 決して「老後資金2000万円」は「高すぎる理想」とは言えないでしょう。 逆に言えばこれだけの生活費を賄えるだけの資産があれば、ある程度老後は豊かに過ごすことができる、とも言えます。 では、それだけの資産をどのようにして確保することができるのでしょうか。 老後資産を増やすために行える、効果的な方法が2つあります。 それが、• iDeCo(個人型確定拠出年金)• 個人年金保険 ですが、どのような特徴があるのでしょうか。 iDeCo(個人型確定拠出年金) 「iDeCo(個人型確定拠出年金)」とは、国民年金加入者であれば誰もが加入することのできる年金制度です。 年金の他に、様々な国内外の金融商品を売買し、iDeCo専用口座で管理することによって、より効率的に資産を増やすことができます。 さらにiDeCo利用者は、金融商品の取引で得た 運用益が非課税になるというメリットもあります。 ただし金融商品の特性上、投資リスクがあるという点には注意が必要です。 個人年金保険 個人年金保険 「個人年金保険」は、iDeCoよりも公的な年金制度に近い仕組みであり、民間の金融機関や保険会社が提供する年金サービスです。 個人年金保険には、「定額」タイプと「変額」タイプがあり、• 定額タイプ:老後に受け取る年金額が定額であり、公的年金と最も似た仕組み• 変額タイプ:iDeCoのように、投資信託によって資産運用を行う.

次の