ガスター10。 ガスター10(医療用ガスター錠10mgと同じ成分の市販薬)

ガスター10が効かない理由と飲んではいけない人の特徴|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

ガスター10

製品名 ガスター10 S錠 12錠 効能・効果 胃痛、もたれ、胸やけ、むかつき 本剤はH2ブロッカー薬を含んでいます 【効能・効果に関連する注意】 効能・効果に記載以外の症状では、本剤を服用しないで下さい。 商品説明 「ガスター10 S錠 12錠」は、胃痛・もたれなどの胃の不快な症状に、H2ブロッカー胃腸薬です。 本剤は胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬で、胃痛・もたれなどにすぐれた効果を発揮します。 胃の不快な症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし、胃粘膜の修復を促します。 携帯にも便利なPTP包装です。 口の中の水分を含むと速やかに溶け、水なしでも服用できる口中速溶タイプです。 医薬品。 重篤な消化器疾患を見過ごすおそれがありますので、医師の診療を受けて下さい 使用上の注意 してはいけないこと 守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなります 1. 次の人は服用しないで下さい。 1 ファモチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状 例えば、発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ を起こしたことがある人 2 医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人 血液の病気、腎臓・肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、アゾール系抗真菌剤 白血球減少、血小板減少等を起こすことがあります 腎臓・肝臓の病気を持っている場合には、薬の排泄が遅れて作用が強くあらわれることがあります 心筋梗塞・弁膜症・心筋症等の心臓の病気を持っている場合には、心電図異常を伴う脈のみだれがあらわれることがあります 胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は、ファモチジンや類似の薬が処方されている可能性が高いので、重複服用に気をつける必要があります アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して効果が減弱します 3 医師から赤血球数が少ない 貧血 、血小板数が少ない 血が止まりにくい、血が出やすい 、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人 本剤が引き金となって再び血液異常を引き起こす可能性があります 4 フェニルケトン尿症の人 本剤はL-フェニルアラニン化合物を含んでいます 5 小児 15歳未満 及び高齢者 80歳以上 6 妊婦又は妊娠していると思われる人 2. 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい 他の胃腸薬 3. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。 相談すること 1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。 1 医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人 2 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 3 高齢者 65歳以上。 一般に高齢者は、生理機能が低下していることがあります 4 次の症状のある人 のどの痛み、咳及び高熱 これらの症状のある人は、重篤な感染症の疑いがあり、血球数減少等の血液異常が認められることがあります。 服用前にこのような症状があると、本剤の服用によって症状が増悪し、また、本剤の副作用に気づくのが遅れることがあります 、原因不明の体重減少、持続性の腹痛 他の病気が原因であることがあります 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ 循環器 脈のみだれ 精神神経系 気がとおくなる感じ、ひきつけ けいれん その他 気分が悪くなったり、だるくなったり、発熱してのどが痛いなど体調異常があらわれる。 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。 関係部位 症状 ショック アナフィラキシー 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 皮膚粘膜眼症候群 スティーブンス・ジョンソン症候群 、中毒性表皮壊死融解症 高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 横紋筋融解症 手足・肩・腰等の筋肉が痛む、手足がしびれる、力が入らない、こわばる、全身がだるい、赤褐色尿等があらわれる。 肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸 皮膚や白目が黄色くなる 、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 腎障害 発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛 節々が痛む 、下痢等があらわれる。 間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。 血液障害 のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたのうらが白っぽくなる、出血しやすくなる 歯茎の出血、鼻血等 、青あざができる 押しても色が消えない 等があらわれる。 誤って定められた用量を超えて服用してしまった場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。 便秘、軟便、下痢、口のかわき 用法・用量 胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきの症状があらわれた時、次の量を、口中で溶かして服用するか、水またはお湯で服用して下さい。 年齢 1回量 1日服用回数 成人 15歳以上80歳未満 1錠 2回まで 15歳未満 使用しないこと 高齢者(80歳以上) 使用しないこと ・服用後8時間以上たっても症状が治まらない場合は、もう1錠服用して下さい。 ・症状が治まった場合は、服用を止めて下さい。 ・3日間服用しても症状の改善がみられない場合は、服用を止めて、医師又は薬剤師に相談して下さい。 ・2週間を超えて続けて服用しないで下さい。 【用法・用量に関連する注意】 1 用法・用量を厳守して下さい。 2 本剤は口腔内で容易に崩壊しますが、口腔の粘膜から吸収されることはないので、口中で溶かした後、唾液で飲み込むか、水又はお湯で飲み込んで下さい。 通常の錠剤と同様、そのまま水やお湯で服用しても効果に変わりはありません。 3 本剤を服用の際は、アルコール飲料の摂取は控えて下さい。 誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります 成分・分量 本品は白色の錠剤で、1錠中に次の成分を含有しています。 成分 分量 分量 ファモチジン 10mg 胃酸の出過ぎをコントロールします。 添加物 エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸Na、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、l-メントール、D-マンニトール、アスパルテーム L-フェニルアラニン化合物 、アメ粉、ステアリン酸Ca 保管および取扱い上の注意 1 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。 2 小児の手の届かない所に保管して下さい。 3 他の容器に入れ替えないで下さい。 誤用の原因になったり品質が変わります 4 表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。 この薬は決められた時間ごとに服用する薬ではなく、症状が出た時に服用する薬です。 食事による影響はありませんので、食前・食後・食間いつ服用いただいても結構です。 1回1錠で約8時間胃酸の出過ぎをコントロールしますので、1日2回服用する場合は8時間以上あけて下さい。 このような食生活は避けましょう。 また、定期的に健康診断を受けましょう。 お問い合わせ先 第一三共ヘルスケア株式会社 お客様相談室 103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10 電話:0120-337-336 受付時間:9:00-17:00 土、日、祝日を除く 製造販売元 第一三共ヘルスケア株式会社 東京都中央区日本橋3-14-10 リスク区分等 第1類医薬品 JANコード;4987107600011 広告文責 Q美ワールド TEL:0120935478 薬剤師:吉村善みず.

次の

ファモチジン:ガスター

ガスター10

胃炎や胃潰瘍の治療に用います。 けれど、胃壁が弱っていると、胃粘膜を荒らし、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)の原因にもなります。 このお薬は、胃酸の分泌を強力におさえます。 結果的に、胃炎や潰瘍の治りがよくなり、痛みもやわらぎます。 鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを防ぐのにも用います。 【薬理】 胃粘膜のヒスタミン受容体(H2)を遮断することで、胃酸の分泌をおさえます。 胃酸による胃粘膜への刺激が弱くなるので、胃炎や胃潰瘍の治癒につながります。 ヒスタミン受容体拮抗薬に分類されます。 一般的には、H2拮抗薬とかH2ブロッカーと呼んでいます。 この系統の開発により、胃潰瘍の治癒率が大きく向上しました。• H2拮抗薬は、各科で広く用いられています。 現在でも、消化性潰瘍の治療に第一選択されます。• 作用時間が長いので、1日1回もしくは2回の服用ですみます。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 服用中の薬は、医師に伝えましょう。 【注意する人】 腎臓の悪い人や、高齢の人は、薬の排泄が遅れがちです。 少量を用いるなど、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。 薬でアレルギーを起こしたことのある人も慎重に用います。 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、心臓病、薬でアレルギーを起こしたことのある人、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 胃酸が少なくなる関係で、他の薬の吸収に影響する可能性があります。 服用中の薬は市販薬も含め、必ず医師に報告しておきましょう。 【使用にあたり】• 決められた飲み方を守ってください。 症状、年齢、製剤によって飲み方が違います。 症状が重いときは多めになりますし、逆に軽い胃炎では半分の量になります。• 食後のほか、寝る前に飲むことも多いです。 夜間の胃酸分泌による潰瘍生成を防ぐためです。• 自分だけの判断で飲むのをやめてはいけません。 急にやめると反発的に胃酸の分泌が増え、潰瘍が悪化したり再発するおそれがあります。 中止するときは、医師の判断で、徐々に減量しなければなりません。• 潰瘍に非常によい効果を発揮する反面、やめると再発しやすいという欠点があります。 潰瘍の場合、症状がよくなった後も、再発予防のため少量を続けることがあります。 【検査】 長期に続けるときは、定期的に血液や肝機能の検査が必要です。 【備考】 潰瘍の多くは、胃に住み着く「ピロリ菌」が原因。 ピロリ菌を除菌すれば、難治性の潰瘍でも、たいてい完治できます。 再発を繰り返す場合は、医師と相談のうえ除菌療法を試みるとよいでしょう。 効能 【効能A】 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群。 【効能B】 次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善//急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期。 【応用】 医師の判断で別の病気に応用されることがあります(膵炎、じん麻疹など)。 用法 【効能A】 通常、成人はファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口服用する。 また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口服用することもできる。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口服用に切りかえる。 【効能B】 通常、成人はファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口服用する。 また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口服用することもできる。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用は少ないほうです。 人によっては、肝機能値に異常があらわれたり、便秘がちになったりします。 ごくまれですが、不安感や無気力感、混乱や幻覚、けいれんなど精神神経系の副作用を生じる可能性があります。 とくに、もともと腎臓の悪い人や高齢の人は注意してください。 特異な副作用として、白血球や血小板が減少する血液障害も知られています。 そのほか、肝障害、腎炎、皮膚障害などの報告もあります。 これらは、きわめてまれな副作用ですが、定期的な検査でチェックする必要があります。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 意識障害、けいれん..意識の乱れ、筋肉のぴくつき、筋肉の硬直、手足けいれん、全身けいれん。• 横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。• 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。 【その他】• 発疹、肝機能値の異常• 乳首の腫れや痛み、生理不順• 眠気、頭痛、めまい、不安感、無気力感• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

医療用医薬品 : ガスター

ガスター10

もちろん胃酸が原因となって胃の働きが悪くなってしまうケースもありますが、もし胃の症状がはっきりしている場合にはその症状に合った胃薬を選ぶようにしましょう。 逆流性食道炎の場合 長期的な胸やけや不快感がある場合は 逆流性食道炎の可能性があります。 逆流性食道炎とは胃酸が食道に逆流してしまう結果、食道に潰瘍を起こしてしまう病気です。 症状としては胸やけの症状が続き胃の不快感やこみ上げてくる感じ、咽頭部の違和感が主な症状となります。 もちろんガスターにも胃酸を抑える効果がありますが、ガスターでは逆流性食道炎の症状に十分に対応できない場合も多く、また長期で使用する必要がある事も多いため、ガスター10より強い薬が必要となる場合がありますので一度病院の受診が必要です。 感染性胃腸炎の場合 もし自分の周りの身近な人で胃痛や下痢・おう吐などを訴える事がある場合は「ノロウイルス」や「ロタウイルス」などの感染性胃腸炎の可能性があります。 この場合は治療法が全く異なりますし、脱水症状になる可能性もあるので水分を補給しつつ、症状がひどい場合場合は病院を受診しましょう。 胃の症状が悪化している ガスター10は胃炎などに効果がありますが、胃炎が悪化している状態である 「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」ならば病院の受診が必要です。 ただし「胃炎」と「潰瘍」の区別は検査をする以外はなかなか見分けがつきません。 ただ潰瘍の症状の目安としては ・ガスター10を3日飲んでも効かない ・出血がある ・胃痛が異常にひどい などが挙げられます。 ここでの出血とは 口から吐く吐血と便から出る下血になりますが、いずれも色は血の色ではなく黒っぽい色になっています。 これは血液が胃液などと反応して黒く変色してしまっているためです。 ですからもしガスター10を3日飲んでも胃の痛みが続いている時や吐血や嘔吐がある場合、また便が黒くなっている時は、それらの時は潰瘍と思っていただいて結構です。 なるべく早めに病院に行きましょう。 ガスター10の服用を途中で止めてしまう もし胃の症状にガスター10が合っていたとしても、飲んだらすぐに胃の症状が改善するわけではありません。 胃の不快感を感じている段階で胃自体はそこそこのダメージを受けていますので、それが改善するまである程度薬を続けて服用する必要があるんです。 ただし病院でガスター10と同じ薬を貰っている人もいると思いますが、その場合は医師の監視の下使用されるため問題はありませんので安心して使用してください そして妊娠中や授乳中の方も使わないようにしてください。 妊婦の服用での安全性の確立がされておりませんし、薬が母乳に移行する事が報告されています。 その他では肝臓が悪かったり心臓系の疾患がある人もガスターの使用を避けましょう。 またすでに他の胃薬を飲んでいる人も注意してください。 特に病院で胃の治療を受けている人はガスター10と同じ効果の薬を飲んでいる可能性が非常に高いです。 もし自分が飲んでいる胃薬がある場合は一緒に飲んで問題ないか薬局に尋ねてみましょう。 ガスター10の副作用 ガスター10は目立った副作用はありませんが、副作用として注意が必要なものがありますので紹介していきます。 肝機能障害:体がだるい、食欲がない、黄疸がでるなど 血液異常:貧血、続く発熱、内出血 重い皮膚症状:水ぶくれ、発疹、ただれ ショック:息苦しい、顔面蒼白、しびれ、意識低下 頻度としてはかなり低いですが重めの副作用が起きることもありますので、これらの症状がある時は注意してください。 ガスター10を2錠飲んでもいいのか 市販のガスター10は1回1錠の薬ですが「一度に2錠飲んでしまった」「1日に3回飲んでしまった」「2倍の量を飲んだ方が効くのでは?」という人もいるかもしれません。 確かに病院で使用するガスターは1回に20㎎(ガスター10を2錠分)を1日2回飲むことが基本量になります。 つまり1日に40㎎のガスターをとる事になります。 では市販のガスターも多く飲んだ方が効きも良いのでは?と思われるかもしれませんが、自己判断で量を過剰にとってしまうと、副作用が出た場合に医薬品副作用被害救済制度と言う副作用が起きた時の保証がなくなってしまう可能性があります。 ですから市販のガスターを飲むときは必ず用法用量を守って服用するようにしましょう。 市販のガスター10が高いと思った時の裏技 ガスター10は効果が高い薬である一方で値段が高いのがネックな胃薬です。 ガスター10は 定価で1580円(12錠入り)になりますので、なるべく使用を控えてしまって十分な効果を得られない場合もあるでしょう。 そこでおすすめな方法をいくつか紹介します。 1つは ガスター10と同じ効果で値段が安い薬を使用するということ。 もう1つは 症状にあった他の胃薬を選択するということです。 これにより値段をかなり安く抑える事が可能となります。 具体的な薬の紹介はこちらで詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。 そして逆にガスター10が効かない場合にダラダラ長期間で使用しても意味がありませんので、服用期間を3日程度を目安に効果の判定を行うようにしましょう。 また効果が実感できる場合も、頻繁に胃の症状がある時は一度病院を受診する事をおすすめします。

次の