布団ダニ取り。 布団のダニを完全駆除!今すぐ試して欲しい2つの解決策 | クジョカツ

本当に布団乾燥機でダニ退治できる?ダニ退治のオススメ方法

布団ダニ取り

布団のダニ対策としての「掃除機」を使用するメリット• ダニを日常的に、小まめに取り除ける• ダニの死骸や糞が表に出てこないで済む 掃除機を使用すれば、手軽なので日常的に頻繁にダニを吸い取る事が可能に。 チリダニの増殖を防ぐ事で、布団のダニ対策としての効果が期待できるのです。 私はハウスダストのアレルギー持ちなので、布団専用掃除機でとても快適な気がしています! 一方で、デメリットもあります。 生きたダニは吸いにくく、死なせる事はできない• 週に1回以上掃除機をかける必要がある• 回数だけ行っても意味がない ダニ専用掃除機を使えば、布団のダニを全て駆除できる!というイメージ、強いですよね。 しかし実は、 掃除機で吸えるのは生きたダニの5分の1程度。 (少ない!!) 生きたダニは、どんなに強い吸引力を持つ掃除機で吸っても、自分の手を布団の繊維に引っ掛けて吸われないように踏ん張ります。 小さいくせに、なんて奴等なんでしょうね…。 では、布団乾燥機はどうなのでしょうか? よくテレビショッピングなどで、布団のダニ対策として紹介されている布団乾燥機。 高温でダニを死滅させる事ができるのが魅力ですよね。 布団のダニ対策に、この布団乾燥機を使用するメリットとしては、 値段・手間が気になりつつも、ダニを死滅させるには効果的! 私は、この布団乾燥機は重くて扱いづらいという勝手なイメージがありました。 しかし調べてみると案外コンパクトなものもあって驚き! でも…気になったのが、やっぱり時間がかかる点。 そのままずっと放ったらかしで良いのなら良いですが、表裏をひっくり返さなければいけません。 ガサツな私は絶対に忘れて、片面しか乾燥できない気が…笑 掃除機と違って、ダニを死滅させる事ができるので、きちんと使用できれば効果的でしょうね。 1回のスプレーで、布団の洗濯2回しても 効果が持続!• 殺虫成分不使用! 口に触れても安心• アロマ成分配合でお花畑の香り• 楽天だと税込1,620円。 もちろん 送料無料 布団のダニ対策で、このダニ退治用のスプレーを使用するメリットとしては、 値段もお手頃さではピカイチ!単品使用よりも、死骸を掃除する為に掃除機との併用で効果が期待できる。 使用しすぎて大量に吸ってしまうと、コショウを吸い込んだように喉の奥がヒリヒリし た感覚を感じる事もあります。 害はないとは言っても、不快なので注意が必要です。 また人に害が無いと言っても、小さい子どもがいる家庭では抵抗があるかもしれません。 寝る数時間前に使うなど正しく使用して、より快適な睡眠環境を作っていきましょうね。 やはり、スプレーは根本的な退治にはならないのです。 お手頃だし、手軽な方法ではありますが、対処的な方法なんですよね。 私はまだ購入をした事がありませんが、1つ家にあっても無駄にはならない気がしています。 主婦としては、とても身近で大抵一家に一台はあるものですよね。 私もほぼ毎日使用しているアイテムです。 そんなアイロンも、布団のダニ対策に効果を発揮するんです。 布団のダニ対策でアイロンを使用するメリットとしては、• 最大効果を得るには、細かい手順があり面倒 アイロンでの布団のダニ退治効果を最大限得るには、細かい手順が必要となります。 スチームアイロンをかける前に、一度掃除機をかける( 布団の表面についている、ダニの糞や死骸などを取り除く)• 布団のある部屋を1時間暗くする( 暗い所が大好きなダニが活動し始め、布団の奥から出てくる)• タオルを濡らして固く絞り、当て布にする• スチームアイロンを強にしてかける(最強 の温度にして、ダニを徹底的に死滅させる)• 最後にもう一度掃除機をかける( 死滅したダニを吸い取る) この手順、なかなか面倒な所がデメリットと言えるでしょう…。 注意点としては、 ・まず布団が高温に耐えられるか確認する ・フケや髪の毛の多い頭周辺は念入りにかける ・マットレスは1平方メートル辺り20秒かけてゆっくりと 布団の中には、高温に耐えられない素材のものもあります。 きちんと高温を当てても傷まないかを、事前に調べて置く必要があるのです。 また、ダニは人のフケや髪の毛を餌としています。 頭周辺は特にダニが集まりやすい場所。 アイロンをかける際には、特に頭周りを念入りにかけて徹底的にダニを死滅させる事が大切なのです。 ダニ退治に、掃除機(死骸・糞対策)はマスト。 後は生きたダニ対策として、• 乾燥機• スプレー• アイロン• コインランドリー のいずれか、自分のライフスタイルに合わせて組み合わせると、ダニ対策としては100点満点になるのではないでしょうか。 家でしてる「あれ」はダニ対策にならない 布団のダニ対策として考えがちな、天日干しをして布団を叩く方法ですが、布団を叩く事で、生きているダニが布団の中へ逃げるだけ。 その上布団を叩くことで、中に溜まったハウスダストやダニの糞や死骸布団の表面に出てきて、アレルギー症状を悪化させる可能性もあり、少々危険です。 もしダニに刺されてしまったら… 布団のダニ対策を行うのは、何かきっかけがあって始める人がほとんどではないでしょうか。 そのきっかけの中でも、「ダニに噛まれた」というのは大きなきっかけになるはずです。 ではもし、ダニに噛まれてしまった時はどうしたら良いのでしょうか? そもそも、ダニには人を噛んだり刺したりするダニと、直接的には無害なダニなど様々な種類が存在します。 アウトドアや屋外作業をした際についてきて、家にダニ が入り刺される事があります。 畳の上で寝ていると刺されてしまう事もあります。 これらのダニは、身体の柔らかい部分を好んで刺します。 例えば、二の腕や太ももの裏、脇の下など。 刺されると、少ししてから痒み、腫れが起こってきます。 蚊に刺された痒みよりも強い痒みのため、かき壊さないように注意が必要です。 万が一、ダニに刺されてしまった時の対処法 掻かないようにする 先ほども言ったように、ダニに刺された時の痒みは、とても強いです。 特に子どもは、痒くて掻きこわしてしまいがち。 掻きこわしてしまうと、そこから雑菌が入り込んで傷が悪化してしまう可能性があるんです。 傷跡が残ってしまう事もあるので注意! 病院に行く もしダニに刺されたと思ったら、速やかに病院に行くことが大切です。 万が一吸血性のダニに刺されていた場合は、なんらかのウイルスが入ってしまっているかもしれません。 一緒に住んでいる他の家族も対応が必要な場合もあるので、刺されたらすぐに皮膚科を受診しましょう。 肌に吸い付いているダニの場合は、無理に引き剝がさない 吸血性のマダニなどのダニに刺された場合、皮膚に吸い付いている事があります。 自分の皮膚にダニが吸い付いていると、気持ち悪いので取りたくなるもの。 しかし自分で取ってしまうと、ダニの一部が皮膚に残ってしまう事があるのです。 気持ちが悪いですが、もし皮膚にダニが吸着していたら、そのままにして、皮膚科を受診し適切な対処をしてもらいましょう。 病院に行く前に、自然にダニが離れたとしても、必ず病院を受診しましょう。 またダニに刺されたその後は、数週間は体調の変化に注意が必要です。 発熱などの変化が現れた場合は、速やかに病院を受診しましょうね。 私も幼い頃、古い畳に布団を敷いて寝ている間にダニに刺された事があるような、 本当に痒くてたまらなかった気がします。 親がかいてはいけないと怒るので、我慢していました。 その時は病院に行くなど考えもつかなかったですが、皮膚科で一度診てもらえば安心だったな…と思います。 そして、刺されたダニが吸血性では無くて本当に良かったです! まとめ このように、布団のダニ対策は様々な方法があり、 それぞれの方法に、メリットもデメリットもあります。 自分に合った方法を選んだり、組み合わせたりできると良いですね。 そんな中で私のおすすめは、コインランドリーの高温乾燥機にかける方法。 私も今度乾燥機にかけに行きます。 専業主婦である私は、同じような形で同じような機能であれば安い方が良い、ノズルだけでOKならその方が安く揃えられる…と考えました。 私みたいに、自分の布団は掃除機をかけているから大丈夫!と油断は禁物です。 ダニ対策は徹底的にして、万が一刺された時の対処法も、頭に入れておきましょうね!.

次の

布団のダニは掃除機や布団クリーナーで吸い取れる?【掃除機のダニ駆除の効果】

布団ダニ取り

ダニの特徴 繁殖条件 家屋内にいるダニは少数ならそれほど問題にならないものが多いです。 そこで気になるのがダニが繁殖する環境です。 一般的に6月~9月がこの条件に当てはまる期間ですが、これ以外にも冬期間に加湿器と暖房器具を使った屋内でも繁殖が確認されています。 また、餌となる人の皮膚や髪の毛やチリが豊富にある環境でも増えやすいです。 湿気と髪や皮膚などが豊富な寝具はダニにとって、これ以上ない生活環境と言えます。 感染経路 ダニが人に感染する経路は大きく分けて2つあります。 ひとつは 動物が媒介するケースです。 まず家屋内のネズミや鳥類がダニに寄生されます。 その次に、動物の血を吸ってダニが急激に増加するか、動物が死ぬと他の寄生先を探してダニが家屋内を這いまわります。 そして人間に感染します。 もうひとつは人 間どうしの接触で感染するケースです。 医療機関で起きることが多く、ダニに感染した人に長時間触れることで感染します。 また、感染者のシーツや布団を使うことで感染するケースもあります。 ダニ退治もできて布団も暖まって一石二鳥の布団乾燥機 マンションなどで布団をなかなか干すことが難しい家庭などでよく使われる布団乾燥機は、湿気がこもりやすい布団を手軽に乾燥させることが出来る今非常に需要が高まっている家電です。 布団乾燥機はただたんに布団を乾燥させるだけではなく、布団を温めることが出来るので冬場の寝る前に使用することでフカフカの温かい布団にすることが出来ます。 そんな布団乾燥機は、ダニ退治機能が搭載されているものも多いのです。 布団を乾燥、温めることで快適な睡眠を得ることが出来ますし、ダニ退治をすることも出来ますので布団乾燥機1台あるだけで一石二鳥の働きをしてくれます。 タイプも色々あるので、それぞれの使用環境にあったものを選ぶことが出来るでしょう。 布団乾燥機でダニを退治する方法 布団乾燥機でダニを退治する方法ですが、布団乾燥機の種類にもよりますが袋を使う乾燥機であればそのままダニ退治モードなどで使用するだけでダニ退治が可能です。 ホースとアタッチメントを使う袋を使うタイプでは無い場合には、布団を移動させながら各場所ごとに温風を当ててダニを退治するという形です。 温風を当てることによってダニにダメージを与えて退治するということになります。 そのため、袋を使うタイプ以外の布団乾燥機は全体的に温風で熱を与える必要があるので必要に応じて布団の位置をズラしながら退治しなければならないのです。 布団乾燥機を使う際のポイントと使用頻度 布団乾燥機でダニを退治する時のポイントですが、布団乾燥機によるダニ退治はおおよそ1時間以上使用しなければならないと言われています。 多くの布団乾燥機に搭載されているダニ退治モードも2時間程度が目安となっているものが多いです。 また、熱が当たっていない部分のダニは退治することが出来ませんので、布団を全体的に熱する必要があります。 また、ダニは死骸もアレルギーの原因となるので、布団乾燥機でダニ退治をした後は掃除機をゆっくりとかけてダニの死骸も除去しましょう。 ダニを退治するなら 1日2回を3日連続行い、抑制したい場合には 夏場などのダニシーズンは1~2週間に1度、 冬場は1ヶ月に1度程度が目安です。 布団乾燥機でどのくらいのダニが死滅する? 布団乾燥機でどれくらいのダニが死滅するのかですが、残念ながら布団乾燥機をいくらかけてもダニを完全に死滅させるのは難しいと言われています。 夏や梅雨の時期に週に1回1ヶ月間の使用を行った場合、ダニの3分の2は死滅すると言われています。 しかし、逆に言えば3分の1は残っているということになりますので、定期的に作業を行うことで少しでもダニの数を少なくするということが大切です。 布団乾燥機をかけても布団は厚みがあるので、熱のない方にダニはどんどん逃げていきます。 したがって、布団乾燥機をかけて反対側に逃げたダニを掃除機で吸い取ってしまうなども有効です。 特にダニが発生しやすいとされている頭部近辺は念入りに行う必要があるでしょう。 布団乾燥機以外のダニ退治方法 布団乾燥機以外のダニ退治方法ですが、ダニが一番弱いのは熱なので熱を与える方法で家庭でも行いやすい方法となると アイロンがあります。 布団の素材によっては使用することが出来ませんし、きちんとあて布などを使用する必要はありますが直接熱を与えることが出来るので効果的です。 スチームアイロンでも構いませんが、スチームアイロンを使用した後は干すようにしましょう。 市販されているダニ対策シートやダニ対策スプレーなども効果的です。 ダニ対策シートは布団の下に置いておくだけでダニ退治が可能ですが、即効性には欠けると言われているのでその他の方法と併用すると効果的です。 ダニ対策スプレーは噴霧するだけでダニの駆除をすることが出来ますが、死骸はそのままなので必ず掃除機をかけるようにしましょう。 ダニが大量発生した際には… 稀にダニに刺されてしまったというぐらいなら、対策次第でダニの被害がそこまで広がることはないでしょう。 しかし、寝る度に刺されているといった場合は、ダニが大量発生しているので、早急に駆除を行わなければなりません。 ダニが大量に発生した場合に有効な駆除方法をご紹介します。 燻製剤を使う 燻煙剤とは殺虫成分が含まれた煙を屋内に充満させてダニを死滅させる殺虫剤を指します。 スプレータイプの殺虫剤より広範囲に効くのでダニ退治に最適です。 ただしダニの卵には効きませんから、処置した後しばらしくてダニ被害が再発する可能性があります。 そのため燻煙剤を使った後は部屋と寝具やソファー、カーペットなどダニの生息域は徹底的に掃除しましょう。 また、燻煙剤を使用する場合はガス報知器や火災報知器をカバーして煙に反応しないよう対処するのを忘れないで下さい。 ダニを退治して快適な睡眠を ダニは対策を取らずに放置してしまうと、どんどん増殖してしまい、アレルギーの原因となったり刺されてしまって痒くなるなどツライ思いをすることになってしまいます。 布団乾燥機などを上手に活用しダニを退治することで、アレルギー症状が軽減されたりアレルギー症状が無くなるということもあります。 したがって、健康面においてもダニの対策というのは非常に重要となるのです。 布団乾燥機によってダニを退治すれば、ダニによるアレルギーやかゆみなどといった不快な症状が無くなるだけではなく、布団乾燥機の本来の使い方をすることで温かい布団で快適に眠ることが出来ます。 最近では健康な体は良質な睡眠からなどと、睡眠の質を高めることが非常に重要とされてきています。 ダニをしっかりと退治することによって、快適な睡眠と健康な体をゲットしましょう。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の

布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団ダニ取り

布団が干せないと気になるのは 温度や湿度などがダニにとって快適な環境となってしまう布団は、定期的なお手入れが必要です。 ところが、さまざまな理由で布団干しができない日が続くこともありますよね。 ダニは卵から成虫になるまでの期間が短い上に、毎日のように産卵するという繁殖力の強さで、完全に撃退することが難しい生き物として知られています。 どんなに気をつけてお手入れしていても、その方法が間違っていれば、いつのまにか布団がダニだらけということも珍しくはありません。 死んでいても油断ができない ダニの寿命は2~3か月とも言われていますが、短命だからと言って油断は禁物。 なぜなら、ダニはその死骸やフンまでもがアレルギー症状の原因になるとされているため、それらも含めて徹底的に掃除する必要があるのです。 しかも、人の血を吸うイエダニや、皮膚を刺して痒みをもたらすツメダニ、アレルギー症状の原因になるというチリダニの死骸など種類も多く、小さな子供や高齢者のような抵抗力の弱い人がいる家庭では、特に警戒が必要と言えるでしょう。 布団掃除機でダニは退治できる? 布団を干すことは、ダニを撃退したり予防したりするために有効とされますが、それでもただ干すだけでは、溜まってしまったダニのフンや死骸を除去することは不可能です。 そこで気になるのが布団掃除機。 布団掃除機は、すぐれた吸引力でダニそのものはもちろん、布団に残ったダニの死骸やフンまで吸引してくれる優れものと言えます。 たたき出しタイプでも難しい しかし、布団の奥深くに残った死骸やフンまで残さず吸い取ってくれるかというと、なかなかそういうわけにもいかないようです。 たたき出し機能のあるものや湿気を取り除いてくれるタイプの製品もありますが、たたき出してすべてを吸い取らなければ、死骸やフンを布団の表面に移動させただけということにもなりかねませんし、毎日使う布団なので、湿気を取り除くといっても限界はあるでしょう。 UV照射はダニに効果ないの? UV(紫外線)照射機能がついた布団掃除機と聞くと、たいへん効果がありそうですが、実際はどうなのでしょうか。 結論から言いますと、紫外線でダニを死滅させることはなかなか難しいようです。 時間をかけて丁寧に布団にUVを照射していけば、一定の効果は望めるかもしれません。 ただ、布団の内部に潜むダニにまでしっかりと効き目を届けることは簡単ではないと言えます。 完全にダニを取り除ける? しかもUV機能に注力して開発された布団掃除機は、吸引の性能がもうひとつだったり、吸引力が強い製品は布団を傷めてしまったり、布団掃除機にも製品ごとにそれぞれ一長一短がありそうです。 仮にUV照射によってダニを弱らせることができても、吸引力が足りない布団掃除機であれば、アレルゲンになりかねないダニの死骸をそのまま放置させるという困った結果になってしまいます。 布団掃除機はかけてもムダ? 完全にダニやダニの死骸・フンを取り除くことができないのだとしても、布団掃除機を使用しない方がいいとは言い切れません。 布団掃除機をかける目的は、ダニの退治だけではないからです。 日常的なお手入れとして、布団に付着したちりや埃をこまめに吸い取れば、毎日気持ちの良い布団で眠ることができるほか、アタッチメントなどが充実している製品なら、布団だけでなく、ソファや車のシートなど、衛生状態が気になる場所を清潔に保つこともできます。 ダニ退治の補助として使える また、定期的な本格的ダニ退治と布団掃除機を併用することによって、より効果的に自分自身や家族をダニの被害から守ることができるでしょう。 あくまで布団掃除機は、ダニ撃退の補助的なツールとしてとらえることをおすすめします。 ダニは〇〇に弱い 布団に特化した掃除機でもダニを完全に退治することができないのだとしたら、どうすればダニは布団からいなくなってくれるのでしょう。 ダニを徹底的に退治するには、ダニの本当の弱点を知る必要があります。 ダニを死滅させるのに必要なのは紫外線でも水洗いだけでもなく、高温です。 50度を超えるとダニはかなり衰弱し、65度以上の環境下なら死滅するとされています。 また、コインランドリーの大型乾燥機も、死んだダニの死骸やフンは残ったままなので、これも不安が残る方法です。 スチームアイロンでダニ退治 スチームアイロンはスチーム噴出温度が100度になるため、65度以上で死滅するダニには効果てきめんです。 手順はまずスチームアイロンを使う前に掃除機をかけておく事から始めます。 これは布団の表面についているダニの死骸やダニのエサになるフケを取り除いておくためです。 部屋を暗くしておく またダニ退治の前には1時間ほど部屋を暗くしておく事で、布団の中に潜んでいるダニが表面に出てきます。 事前準備が終わったら、濡らして固く絞ったタオルを当て布にしてスチーム温度を最強にして念入りに布団に当てていきます。 スチームアイロンをかけた後は布団が湿った状態なので天日干しをして乾かし、最後は再び掃除機をかけて終了です。 注意点 ただ布団の生地にシルクが使われているものや、ウレタンなどで作られているマットレスは生地を劣化させてしまうため、スチームアイロンでのダニ退治はNGとなります。 薬剤を使ってダニを退治 気軽に布団を外に干せないような梅雨時などは、ダニ駆除剤を使うと便利です。 薬剤を使うメリットは、生きた状態のダニを駆除できるという点です。 スプレーで布団に直接吹きかける事ができ、速乾性もあるので使用後に布団がベタつく事もありません。 スプレーしたら掃除機で吸い取る そしてスプレーした後は1時間ぐらいするとダニが死滅するため、そのセカンドステップとして死骸やフンを掃除機で吸い取るようにします。 ちなみに薬剤の成分は人体に影響が無いように作られていますが、薬剤をふりかけた上に直接寝るのは控えた方が安心です。 そのため薬剤を使う際はシーツやカバーを外した状態でスプレーし、終わった後は再びシーツやカバーをかけて横になるようにします。 肌が敏感な人は防水シーツを使用しても良いかもしれません。 天日干しでダニ退治 天日干しでのダニ退治は昔から馴染みのある、いわゆる王道の方法です。 よく晴れた日に外で布団を干しておくと、布団もフカフカになって気持ち良くなります。 ただ天日干しはダニを死滅させるほどの高温にはならず、長時間干していてもダニが駆除できるのも表面のみと考えられています。 スチームアイロンや薬剤を使った方法より効果は薄くなりますが、ただ全く意味が無いという訳ではありません。 ダニの増加を防ぐ 布団を天日に干すと湿度が低くなり、布団の中でダニが増加する事を防ぐ事が出来ます。 ちなみに天日干しのコツですが、目安は30分から1時間程度で、裏面も忘れずに行います。 また布団を取り込む時に布団叩きを使う家庭が多いですが、これはダニの死骸やフンを細かくまき散らし、布団自体を傷める原因にもなるので逆効果になります。 思い切ってクリーニングへ さまざまなメーカーから出ている布団掃除機も、ダニ退治という観点では十分とは言えないかもしれず、また、高温となる場所での布団干しや大型乾燥機でのメンテナンスも、衛生面などでの心配が残るということをお伝えしてきました。 このような点を踏まえた上で、布団のダニ退治に最もおすすめな方法は専門業者にお任せする方法と言えるでしょう。 専門業者とは、高温でダニを死滅させてくれるのはもちろん、丸洗いでダニやダニの死骸・フンを一掃させ、なおかつふんわりと乾燥させてくれる布団専門のクリーニングです。 布団の悩みを解決しよう さらに、布団のメンテナンスや保管などのサービスが充実しているケースも多いので、こうしたクリーニング業者に依頼すれば、ダニ退治だけに留まらない布団全般の悩みが解決できそうです。 季節ごとにクリーニング業者の本格メンテナンスを受けていれば、日々の布団掃除機の使用も、より意味のあるものになっていくのではないでしょうか。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の