高齢出産。 高齢出産

高齢出産と胎児の障害の関係|出産前に可能性とリスクを知る方法は?

高齢出産

もちろん不倫は文化ではない。 (「石田純一公式サイト」より) タレント・石田純一(58)の妻、東尾理子(36)が、血液検査の結果、おなかの子にダウン症の可能性があることを明かしたブログには、賛否両論、大きな反響があった。 元マラソンランナーで熊本市議の松野明美(44)は、自身の次男がダウン症であることから複雑な胸中をにじませたものの、東尾のブログに寄せられた約5000件のコメントは、概ね好意的な内容だった。 しかし、医療界からは落胆と呆れ声が聞こえてくる。 高齢出産のリスクを、まったくといっていいほど無視しているからだ。 現在40代のある女性神経内科医は、35歳で第三子を授かった。 東尾より1つ下の年齢だが、周りの医師仲間は一様に「どうするの?」と心配顔だったという。 医師であれば、当然、産むことを躊躇する年齢です」と話す。 10年で高齢出産は倍増 厚生労働省の人口動態統計によると、この10年で35歳以上の高齢出産はほぼ倍増している。 2000年時点で35〜39歳の出産者数は約12万6000人だったが、2010年は22万人、40〜44歳は約1万5000人から3万5000人、45〜49歳も、約400人から約800人に増えている。 ある私立大産婦人科の主任教授は「高齢出産が増えてからは、医療事故も増えて現場は悲惨だよ。 マスメディアの報道も少し考えてほしい」とこぼす。 大きく報道で取り扱われるタレントの例を見ると、神田うのの36歳、戸田菜穂の38歳は序の口で、田中美佐子の43歳、兵藤ゆきの46歳など、高齢出産は花盛りである。 しかし、マスメディアはリスクを伝えない傾向がある。 38歳で婚活中のあるOLは「ジャガー横田は45歳で産んだじゃん。 私もまだ大丈夫」と無邪気な様子だ。 そんな能天気な高齢出産ブームとは裏腹に、日本産婦人科医会からは驚くべきデータが発表されている。 胎児異常が理由とみられる中絶数が、10年前と比べて倍増しているというのだ。 しかも、ダウン症に限ってみれば3倍近くにもなっている。 このデータは、横浜市大先天異常モニタリングセンター(センター長=平原史樹・同大教授)が日本産婦人科医会所属の約330施設を対象に調査したもの。 無脳症(脳と頭蓋骨の大半が欠けた状態)や水頭症(髄液がたまり脳室が大きくなる病気)、ダウン症といった胎児異常が理由とされる中絶の総数は、90~99年で約5400件だったが、00~09年には約1万1700件に増加している。 ダウン症は最も増加率が高く、370件から1100件に増えていた。

次の

高齢出産の定義~妊娠時の年齢は?初産でも二人目でも同じ?

高齢出産

結婚しても仕事をバリバリ続ける女性が増えている今、特に都市部で女性の初産年齢が高齢化しているといわれています。 妊娠を考えているILACY(アイラシイ)世代は、35歳以上の出産が増加していることに勇気をもらう一方、高齢出産のリスクに不安を感じることがあるのではないでしょうか。 仕事は続けたいけど子供も欲しい... という女性にとって気になるのが、「出産は何歳までできるのか」ということ。 若いうちに出産したほうがいいのはわかっているけど、キャリアも捨てたくない。 「30代後半から40代での出産にはリスクしかないの?」など、高齢出産のあれこれについて、医療系ライターのオリビアさんが解説してくれました。 【PROFILE】 オリビアさん(43歳) 自身も妊活を経験して授かった1児を育てながら、今も現役で働く医療系ライター。 さまざまな学会にも足を運び、ドクターと仲良くなるのが得意。 産後に始めたヨガにハマり、最近のリフレッシュ方法はもっぱらヨガスタジオに通うこと。 何歳から高齢出産なの? 心地良い風が吹く初夏の朝。 保育園に向かうオリビアさんが、我が子を抱いてエントランスを出ると、後ろから声をかけられました。 同じマンションに住む、同い年のキャリアウーマン・よしえさんです。 同じ時期にマンションの役員になったことがきっかけで仲良くなりましたが、最近はお互いに忙しく、ほとんど会っていませんでした。 よしえさん 「オリビアさん、お久しぶり!わあ、お子さん、大きくなったね~。 かわいい!」 オリビアさん 「本当に久しぶり。 同じマンションでも、なかなか会えないわね」 よしえさん「最近は新しいプロジェクトに参加していたから、朝も早かったし残業続きで... 」 オリビアさん「たいへんだったのね。 だいぶ落ち着いた?」 よしえさん「うん。 実は今、妊娠3ヵ月なんだ。 ちょっと働き方を変えなきゃと思って、余裕のあるプロジェクトに回してもらったの」 オリビアさん「きゃー、おめでとう!良かったわね!」 よしえさん「そうなんだけど...。 私、もう43歳じゃない?会社では高齢出産なんだから気を付けるようにって言われて、なんだか不安になっちゃった。 そもそも、何に気を付けていいかわからないし... 」 オリビアさん「うーん、それは不安になるわね。 一般的には、 1人目なら35歳以上、2人目以降なら40歳以上の出産が高齢出産なの。 でも、初婚の年齢が上がっている今、35歳以上の出産は決して珍しくないわ。 ただ、35歳以上から医学的なリスクが上がるのは確かだから、知識をつけて準備をしておく必要はあるわね。 それに、高齢出産は一概にデメリットばかりじゃないのよ。 高齢出産の正しい知識、教えてあげるわ!」 高齢出産はなぜリスクが高い? 高齢出産は、なぜリスクが高いといわれるのでしょう。 それは、 35歳を過ぎると生殖機能の低下やホルモンが減少し、妊娠・出産にさまざまなトラブルが起きやすくなるからです。 よく知られているのが、卵子や精子の老化による染色体の異常。 例えば21番目の染色体が1本多いことによって起きる ダウン症の子供が生まれる確率は、妊婦さんの年齢が上がるほど高まることがわかっているんです。 また、染色体異常は、流産の原因にもなります。 初期の流産は胎児側に原因があることがほとんどで、妊婦さんが責任を感じる必要はまったくまったくないのですが、 流産の確率は妊婦が高齢になるほど上がり、残念ながら有効な予防策はありません。 それから、妊娠中や分娩中の産科異常の確率も上がります。 むくみや蛋白尿、高血圧といった症状が現れる妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など、妊婦特有の病気にもかかりやすくなりますね。 特に妊娠高血圧症候群は、胎児の発育不全や機能不全につながる可能性があるので、注意が必要です。 高齢出産に際して、準備しておくべきこととは? 高齢出産のリスクを少しでも軽減するためには、病院選び、費用の確保、産後の環境づくりという3つの事前準備が肝心です。 病院選び 高齢出産の病院選びは、緊急時の対応がポイント。 病院の規模ではなく、産科が24時間体制である(当直医がいる)か、NICU(新生児集中治療室)があるかなど、 母体や胎児が急変したときに対応できる医療設備を備えているか、といった点をチェックするといいですね。 費用の確保 出産一時金などが出る自治体もありますが、高齢出産で想定外の入院などがあった場合、一時金だけでは賄えないかもしれません。 できるだけ余裕を持たせた金額を用意しておきましょう。 産後の環境づくり つい目の前のことに気を取られて忘れがちですが、 高齢出産は体へのダメージが大きく、回復に時間がかかります。 両親や信頼できる友人・知人、ベビーシッターなど、産後の生活をサポートしてくれる人がいると助かりますよ。 もちろん、家事・育児の分担について、パートナーと話し合っておくことも忘れずに! <こちらもCHECK> 高齢出産はデメリットだけ? 高齢出産というと、デメリットばかりがクローズアップされますが、 決して悪いことばかりではないのです。 高齢出産の場合、「母親になりたい」「子供を生みたい」という強い思いで妊娠を待ち望み、不安や恐れよりも「やっと母親になれる」という喜びを抱いて出産に臨む人が多いようです。 精神的にも落ち着いていて、産後も穏やかに子供と向き合える傾向があります。 若いころからキャリアを積んできて経済的に安定していれば、ベビーシッターや託児所といった第三者の助けも利用しやすいですよね。 心身ともに余裕を持って子育てできるのが、高齢出産のいいところです。 <こちらもCHECK> 「安全なお産」は存在しない!心と体の準備を整えて 高齢出産になると染色体異常などが発生する確率が高まるのは確かですが、年齢が若ければ確実に安全に生めるわけではありません。 すべての出産には等しくリスクがあり、リスクのないお産というものは存在しないのです。 高齢出産をやみくもに恐れるのではなく、正しい知識を得る努力をしましょう。 出産時のトラブルや、産後の回復の遅れを念頭に置いて、心と体の準備を整えたいですね。

次の

高齢出産の子供は幸せなのか?子供が直面する現実とは・・・

高齢出産

近年、芸能人の方などで40歳を過ぎて第一子を妊娠した、40代後半で出産した、という嬉しいニュースをよく聞きますよね。 そういった高齢出産のニュースを聞くと、 「40歳を過ぎてもまだまだ妊娠の可能性がある」 と励まされますよね! では実際に、 どれくらいの人が高齢出産をしているのでしょうか? 35歳・40歳を過ぎて妊娠・出産できる確率は、どのくらいなのでしょうか? 詳しくみていきましょう。 高齢出産とは? 何歳から? まずは、『高齢出産』とは何歳からを指すのでしょうか? 日本産科婦人科学会によると、 「 高齢出産とは、初産が35歳以上の場合」 と定義されています。 WHO(世界保健機関)でも、同じように35歳以上に定義されています。 『35歳』という根拠は、女性の体の能力として、10代後半から30代前半までが、一番妊娠・出産する力がある、ということです。 一般的に、30代後半からは卵子や子宮の妊娠力が下がっていき、妊娠できる確率も低くなるということがわかっています。 こればかりは、高齢出産が増えた現代でも、根本的には変わりありません。 35歳・40歳以上の高齢出産数 妊娠できる確率は昔と変わらないとはいえ、最近高齢出産が増えているなぁ、という実感がありますよね。 では 実際に、35歳、さらに40歳を過ぎて高齢出産した女性は、どれくらいいるのでしょうか? 2016年を例にとってみてみましょう。 日本では、2016年の一年間、97万6976人の赤ちゃんが生まれました。 そのうち、 35歳以上の出産は、全体の約 28%にのぼります。 そして、超高齢出産といわれる 40歳以上の出産が一年間で54,875人で、全体の 5. 6%、さらに、そのうち 45歳以上が 1,401人もいます。 日本のどこかで、 毎日 40歳以上のママたちから 150人の赤ちゃんが、 45歳以上のママたちから 3. 8人の赤ちゃんが生まれている計算になりますね。 すごい数だと思いませんか? ちなみに、2000年には、40歳以上の出産数が 15,250人、45歳以上の出産数が 402人でした。 どちらも 16年間でおよそ 3倍に増えています。 これは、晩婚化や不妊治療の発達が理由だと思われ、高齢出産は今後も増えていくでしょう。 😀 〜33歳 約20% 😀 38歳 13% 😀 40歳 7. 7% 😀 44歳 1. 3% 40歳では自然妊娠だと 1. 8%ですが、体外授精だと 7. 7%まで出産率が上がっています。 年齢が進むほど、不妊治療が有効になるということがわかりますね。 30代後半なら3~6ヶ月程度、40代なら3ヶ月待って、自然妊娠しなければ、不妊治療を受けることを考えた方がよい、と言われる理由がここにあります。 しかし、いくら高度な不妊治療を行っても、40代半ばになると、やはりなかなか望む通りに出産までいたらないケースが多いようです。 40歳を過ぎると、それまで以上に、一年一年の過ごし方がとても貴重になりますね。 閉経の10年前くらいから生理が乱れ始め、卵巣の機能が徐々に低下していくからです。 日本人女性の平均閉経年齢は、50~51歳です。 ですので計算上は、40~41歳くらいが、平均的な出産可能の最終年齢と言えるでしょう。 ただし、閉経時期には個人差があります。 45歳くらいで閉経する方もいれば、56~57歳くらいまで生理がある方もいます。 (中には早発卵巣不全といって、もっと早く閉経してしまう方もいます。 過度なストレスや、無理なダイエットなどが原因のことが多いようです。 ) ですので、「 何歳まで出産できるの?」という質問の答えは、 🙂 「 平均は 40〜41歳くらい、人によって 35歳~47歳くらい」 となるでしょう。 ちなみに、世界の出産最高齢のギネス記録は、 1997年に59歳で自然妊娠して出産した、イギリスのドーン・ブルックさんです。 その他にも、85歳で自然妊娠したというアメリカの女性や、70歳で不妊治療を経て妊娠したインドの女性の話などがありますが、本当かどうかは定かではありません。 しかし実際には、20代で何度も体外受精を繰り返してもなかなかできない人もいれば、40代でパッと妊娠出産してしまう人もいますよね。 妊娠は、 『体質・生活習慣・その時の体調・タイミング・卵子の状態・男性側の受精力』 など、さまざまな要素が重なって成立します。 ですので、 何歳で妊娠出産できるかどうかには、大きな個人差があります。 高齢出産した方をテレビで見たり、身近な友人にいたりすると、 「まだまだ急がなくても、40代後半でも妊娠している人もいるし、大丈夫なのかも?」 と思ってしまうかもしれませんね。 しかし、自分が 20代でも妊娠しづらい体なのか、45歳を過ぎても産める体なのかは、明らかな不妊の原因でもない限り、医師でも確実にはわからないのです。 「自分はきっと大丈夫」 と 過信をして、何も対策をせずに1日、1カ月、1年と時間を無駄に過ごしてしまうのは、あまりにリスクが大きいことかもしれませんね。 年齢に不安を感じすぎる必要はありません。 ただし、高齢出産できるようにするには、それなりに努力が必要です。

次の