もしも アフィリエイト amazon。 【もしもアフィリエイト】楽天とAmazonの売れた商品を簡単に確認する方法

【もしもアフィリエイト】楽天とAmazonの売れた商品を簡単に確認する方法

もしも アフィリエイト amazon

すでにAmazonと提携の場合は、の項目に進んで下さい。 まだ、もしもアフィリエイトでAmazonと提携していない場合は先に提携申請をしましょう。 提携しないと、Amazonプライムのリンクは作成できません。 Amazonと提携の手順は以下の通りです。 にログインしたら、上の検索ボックスに「Amazon」と入れて検索します。 いくつか検索結果が出てきますが、タイトルが【 「Amazon. jp」商品購入…】となっているものを探して下さい。 見つかったら右側の「提携申請する」をクリックして、申請をします。 提携申請の結果、無事に承認されたら、リンク作成が利用できるようになります。 「承認されました」というメールが届くのを待ちましょう。 この上の部分には各プログラムの報酬額も書いてあるのでチェックしておこう! ここに掲載されているURLを使ってリンクを作成すると、Amazonプライム報酬の対象になります。 現在は以下の通りです。 amazon. amazon. amazon. amazon. amazon. amazon. amazon. amazon. リンク先のURLを決めたらページの一番上に戻り「どこでもリンク」をクリックします。 ここでリンク先URL・リンクテキストを入力します。 「リンクテキストは自由です」と書いてあるので、わかりやすいようなテキストを設定しましょう。 よければ下の「どこでもリンクを作成する」をクリックすると、プレビューが確認できます。 プレビューを確認し、よければ下のソースをコピーして自分のサイトに貼り付けます。 サイトに広告リンクを貼り付ける WordPressなら、記事投稿画面で右上の「テキスト」タブをクリックしてから、コピーしたコードを貼り付けます。 コードを貼り付けたら、右上のタブを「ビジュアル」に戻します。 すると広告が表示されています。

次の

【最新】もしもアフィリエイトのamazon審査期間&報酬をアップさせる裏ワザ公開|すみっこから

もしも アフィリエイト amazon

「もしもアフィリエイトに会員登録したけど、Amazonと楽天のリンクはどうやって作るんだろう?」 「Amazonアソシエイトの審査に落ちた・・・。 」 この記事は、上記のような方に向けて、もしもアフィリエイトでAmazon・楽天と提携する方法を画像付きで詳しく解説しています。 Amazonアソシエイトの審査は厳しいことで有名ですので、審査に落ちてしまって途方に暮れている方も少なくないと思います。 そんな方でも、もしもアフィリエイト経由でAmazonと提携する方法をおすすめします。 私ももしもアフィリエイトからAmazonに提携申請しましたが、翌日には提携承認のメールが届きました。 この記事ではついでに提携後の商品リンクの作り方まで解説していますので、参考にしてみてくださいね。 もしもアフィリエイトでAmazon・楽天と提携する方法 もしもアフィリエイトに会員登録が済んでいれば簡単に提携することができます。 まだもしもアフィリエイトへの会員登録が済んでいない場合は、下の記事を参考に会員登録を済ませましょう。 もしもアフィリエイトへの会員登録が完了したらログインをして、トップページにある「かんたんリンク」をクリックします。 楽天市場とAmazonの提携が必要である旨のメッセージが表示されますので、「かんたんリンクを使ってみる」をクリックします。 提携申請ボタンが表示されますので、楽天市場・Amazonそれぞれの「提携申請する」をクリックします(どちらが先でもOKです)。 下の画像では、楽天市場がすでに「提携済み」になっていますが、楽天の場合、もしもアフィリエイトの会員登録時に一緒に提携申請ができてしまうからです。 ちなみに、楽天は審査がありませんので、提携申請すれば即承認されます。 楽天・Amazonそれぞれのリンク先で、「提携申請する」をクリックします。 なお、もしもアフィリエイトに複数のサイトを登録している場合は、提携申請するサイトを選択してから「提携申請する」をクリックします。 楽天の場合は審査がないため、提携申請するとすぐに提携が承認され、「提携中」の表示になります。 Amazonの場合は審査がありますが、サイトの中身がスカスカだったり、公序良俗に反していない限りは承認されると思います。 私の場合は申請時点でブログの記事数が10前後でしたが、翌日には下のような提携承認のメールが届きました。 これでAmazon・楽天との提携が完了です。 おめでとうございます! もしもアフィリエイトでAmazon・楽天の商品リンクを作成する方法 Amazon・楽天との提携が完了しましたので、それぞれの商品リンクを作成してみましょう。 まず、 にログインして、「かんたんリンク」をクリックします。 「かんたんリンクを使ってみる」をクリックします。 検索ボックスに任意のキーワードを入力して「検索」をクリックします。 例えば、「PS4」で検索すると、下のような検索結果が表示されます。 左側が楽天、右側がAmazonの検索結果です。 同じ商品を値段比較しながら見ることができ、とても便利ですね。 楽天とAmazonそれぞれの商品検索結果の中から紹介したい商品を選び、「選択する」をクリックします(複数選択可)。 商品を選択したら、画面下の種別・画像サイズを選んで、「アフィリエイトリンクを作成」をクリックします。 すると、下のように商品紹介タグが生成されます。 あとは商品紹介タグをコピーしてご自身のサイト・ブログに貼り付ければ、商品を紹介することができますよ。 おまけ:「カエレバ」を使って商品を紹介する方法 Amazon・楽天の商品をより手軽に紹介できるブログパーツがあるので紹介したいと思います。 それは「」というものです。 カエレバを使ってAmazon・楽天の商品を紹介する手順は次のとおりです。 Amazonと楽天のもしもIDを取得する• カエレバでAmazon・楽天のもしもIDを入力する 手順1:Amazonと楽天のもしもIDを取得する AmazonのもしもIDから取得してみましょう。 もしもアフィリエイトにログインして、メニューの「プロモーションを探す」から「提携中のプロモーション」を選んでクリックします。 提携中のプロモーションの一覧が表示されますので、その中からAmazonのプロモーションを探し、「広告リンク取得」をクリックします。 手順2:カエレバでAmazon・楽天のもしもIDを入力する 続いて、に、手順1でメモしたAmazonと楽天のもしもIDをそれぞれ入力します。 入力したら、フォーム下の「保存」をクリックします。 カエレバのトップページ右上の検索ボックスにキーワードを入力して「検索」をクリックします。 Shopping、もしもから選べますが、メインの商品画像とリンクはここで選択した検索先のものを使用することになるため、リンク切れの少ないAmazonがおすすめです。 検索結果の一覧が表示されるので、紹介したい商品を選んで「ブログパーツを作る」をクリックします。 すると下のように、もしもアフィリエイト経由の商品リンクタグが作成できます。 デザインは変更できますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。 タグをコピーしてサイト・ブログに貼り付けると下のようになります。 ちなみに、「カエレバ」と同じ形式でAmazonや楽天の本などを紹介できる「」も、上記と同様の手順で使うことができます。 まとめ 今回は、もしもアフィリエイトでAmazon・楽天と提携する方法と商品リンクの作成方法、そしてカエレバを使った商品リンクの作成方法について解説しました。 審査の厳しいAmazonですが、もしもアフィリエイト経由で提携申請するとすんなり提携できるのは本当にありがたいですね。 またカエレバを使うと、もしもアフィリエイト経由でのAmazon・楽天の商品リンクを手軽に作れるので非常に便利です。 もしもアフィリエイトを利用するメリットは他にもありますので、下の記事を参考にしてください。

次の

すぐ完成!もしもアフィリエイトでAmazonプライムのリンクを作る方法

もしも アフィリエイト amazon

つまり、 Amazonの商品を売るだけなら、もしも経由とAmazonアソシエイト両者の優劣はありません。 ただし、Amazonギフト券AmazonEchoなどの報酬を見れば、Amazon本家の方が優れているのが一目瞭然。 そのため、稼ぎやすさに関しては、Amazon本家の方がもしも経由よりも軍配があがります。 Amazonアソシエイトの方がおすすめな人 結論、下記の商品を紹介する場合は、もしも経由ではなく本家Amazonアソシエイトの方がおすすめ。 Fire TV・キンドルペーパーホワイト• Amazon購入金額の4. 【結論】商品を紹介するだけならもしも経由で問題なし はじめにも説明しましたが、 もしも経由とAmazon本家の料率は全く同じ。 そのため、普通に商品を紹介する分ではもしも経由だろうとAmazon本家だろうと差はありません。 つまり、 Amazonギフト券やAmazonEcoなどの特殊な物以外は、もしも経由で問題ないということです。 正直Amazonギフト券やAmazonEcoを狙って紹介する人は少ないと思うので、ほとんどの人はもしも経由でも損はしません。 なので、Amazon本家の審査がムリならもしも経由から申し込むといいでしょう。 なので、上記以外に報酬面での違いはないので、普通に商品をアフィリエイトする分には同じになります。 そのため 、Amazon本家の審査が通らない人は、もしも経由からAmazonと提携しましょう。 審査に通す労力を記事作成に回した方が、圧倒的に早く収益化できるので、迷う理由はないですね。 Amazonの商品は貼っておくだけで、勝手に売れていくので、その利点を是非体感してみてください。 今回は以上です。 \Amazon・楽天・Yahoo! 3つをまとめて紹介できる/.

次の