国際人材育成共済協同組合。 第97回国際協同組合デー

【全国初】特定技能外国人専用の共済商品を新開発。充実の保障・共済期間12か月で7,680円から:イザ!

国際人材育成共済協同組合

国際人材育成共済協同組合 ~設立10期の節目を迎えるジェイウェック共済は、「IHD共済」に名称変更~ 国内唯一の技能実習生向け共済制度を運営する国際人材育成共済協同組合(略称:「IHD共済」、代表理事:及川正明)は、全国初の特定技能制度に特化した共済制度を開発し、経済産業大臣・国土交通大臣・農林水産大臣・厚生労働大臣の商品認可を取得いたしました。 今後も当組合は、技能実習・特定技能専用の共済協同組合として、外国人の日本における生活保障基盤の確立を目指し、より一層取り組んで参ります。 また、2019年11月1日、全国を事業地域とする定款変更を機に、国際人材育成共済協同組合に組合名称を変更するとともに、東京都中央区日本橋に本店を移転しましたので、お知らせいたします。 この改正法により創設されたのが、新たな在留資格 「特定技能」です。 介護や建設、農業、特定の製造業等の分野において、人手不足が深刻化しています。 これらの分野に一定の専門性・技能を有した即戦力の外国人材を受け入れる施策として、「特定技能」の在留資格が創設され、既に昨年4月から受け入れを開始しています。 しかしながら、母国を離れ、慣れない地で就労する外国人には、生活にまつわる多くの不安があります。 その最たるものが、病気やケガ、万が一の際の補償です。 そこで当組合は、 技能実習生専用の共済「外国人技能実習生等総合共済」で培ったノウハウと、 約5,000の中小・小規模事業者(技能実習生受入れ企業)の組合員による相互扶助のネットワークを活用し、 国内初の「特定技能」専用の共済を開発いたしました。 そしてこの度、経済産業大? 、国土交通大? 、農林水産大? 、厚生労働大? の認可を取得いたしました。 あわせて、弊組合は創立10期の節目を迎えるに当たり、組合名称を「国際人材育成共済協同組合(略称: IHD共済)」と改め、事務所を東京都中央区日本橋へと移転し、新たなスタートを切る運びとなりました。

次の

協同組合ビルダーズ

国際人材育成共済協同組合

〜設立10期の節目を迎えるジェイウェック共済は、「IHD共済」に名称変更〜 国内唯一の技能実習生向け共済制度を運営する国際人材育成共済協同組合(略称:「IHD共済」、代表理事:及川正明)は、全国初の特定技能制度に特化した共済制度を開発し、経済産業大臣・国土交通大臣・農林水産大臣・厚生労働大臣の商品認可を取得いたしました。 今後も当組合は、技能実習・特定技能専用の共済協同組合として、外国人の日本における生活保障基盤の確立を目指し、より一層取り組んで参ります。 また、2019年11月1日、全国を事業地域とする定款変更を機に、国際人材育成共済協同組合に組合名称を変更するとともに、東京都中央区日本橋に本店を移転しましたので、お知らせいたします。 この改正法により創設されたのが、新たな在留資格「特定技能」です。 介護や建設、農業、特定の製造業等の分野において、人手不足が深刻化しています。 これらの分野に一定の専門性・技能を有した即戦力の外国人材を受け入れる施策として、「特定技能」の在留資格が創設され、既に昨年4月から受け入れを開始しています。 しかしながら、母国を離れ、慣れない地で就労する外国人には、生活にまつわる多くの不安があります。 その最たるものが、病気やケガ、万が一の際の補償です。 そこで当組合は、技能実習生専用の共済「外国人技能実習生等総合共済」で培ったノウハウと、約5,000の中小・小規模事業者(技能実習生受入れ企業)の組合員による相互扶助のネットワークを活用し、国内初の「特定技能」専用の共済を開発いたしました。 あわせて、弊組合は創立10期の節目を迎えるに当たり、組合名称を「国際人材育成共済協同組合(略称:IHD共済)」と改め、事務所を東京都中央区日本橋へと移転し、新たなスタートを切る運びとなりました。 相互扶助の共済制度で、割安な共済掛金を実現 2. 病気やケガをした場合、治療費用の健康保険3割負担分も全額補償 3. 不慮の事故等が生じた場合、母国のご家族が来日する費用等、緊急時に手厚い補償を提供 4. ihd-kyosai. jp 「全国」をもっと詳しく.

次の

ジェイウェック共済は国際人材育成共済協同組合に変わりました

国際人材育成共済協同組合

国際人材育成共済協同組合 ~設立10期の節目を迎えるジェイウェック共済は、「IHD共済」に名称変更~ 国内唯一の技能実習生向け共済制度を運営する国際人材育成共済協同組合(略称:「IHD共済」、代表理事:及川正明)は、全国初の特定技能制度に特化した共済制度を開発し、経済産業大臣・国土交通大臣・農林水産大臣・厚生労働大臣の商品認可を取得いたしました。 今後も当組合は、技能実習・特定技能専用の共済協同組合として、外国人の日本における生活保障基盤の確立を目指し、より一層取り組んで参ります。 また、2019年11月1日、全国を事業地域とする定款変更を機に、国際人材育成共済協同組合に組合名称を変更するとともに、東京都中央区日本橋に本店を移転しましたので、お知らせいたします。 この改正法により創設されたのが、新たな在留資格 「特定技能」です。 介護や建設、農業、特定の製造業等の分野において、人手不足が深刻化しています。 これらの分野に一定の専門性・技能を有した即戦力の外国人材を受け入れる施策として、「特定技能」の在留資格が創設され、既に昨年4月から受け入れを開始しています。 しかしながら、母国を離れ、慣れない地で就労する外国人には、生活にまつわる多くの不安があります。 その最たるものが、病気やケガ、万が一の際の補償です。 そこで当組合は、 技能実習生専用の共済「外国人技能実習生等総合共済」で培ったノウハウと、 約5,000の中小・小規模事業者(技能実習生受入れ企業)の組合員による相互扶助のネットワークを活用し、 国内初の「特定技能」専用の共済を開発いたしました。 そしてこの度、経済産業大? 、国土交通大? 、農林水産大? 、厚生労働大? の認可を取得いたしました。 あわせて、弊組合は創立10期の節目を迎えるに当たり、組合名称を「国際人材育成共済協同組合(略称: IHD共済)」と改め、事務所を東京都中央区日本橋へと移転し、新たなスタートを切る運びとなりました。

次の